« 初夏天丼@てんや | トップページ | 「伊豆の国 大河ドラマ館」&伊豆長岡 »

2022.05.12

極ジョー@新宿3丁目 ~ 和歌山ラーメン

Gokujo002

 新宿駅東南口前の飲食店街の一角。ビックロの裏、大塚家具の斜向かい辺り。先客3、後客6。

 店内のタッチパネル式券売機で「和歌山ラーメン(780円)」を麺硬めで注文。和歌山ラーメンは概して量が少ないので、平日限定で格安の「ご飯(50円)」も付けて見ました。
 
 メニューは他に黒和歌山ラーメン、豚骨醤油太麺、辛辛太麺、つけ麺、黒つけ麺、辛つけ麺など。セルフ式の松屋等でも見かける食券を店員に渡さなくてもいい今時らしい最新鋭券売機ですが、使いづらいのはともかく、どうもQRコードだとかICカードだとかの読み取り不良が頻発していたようでなんだかなぁ。
 
 店内は横長カウンター3席と縦長カウンター6+4席。卓上には酢とミル入り胡椒のみですが、券売機近くに無料の風味替えコーナーがあり、秘伝の辛ダレ、おろしにんにく、辛し高菜、紅しょうが、ゆずこしょう、魚粉、辛もやしを設置。でも先客、後客とも利用している様子はありませんでした。こういうのは常連じゃないと最初は気づかないでしょうし、食べている最中に気づいたところでわざわざ取りに行くのは面倒ですし。

Gokujo001

 とろみがかったスープは「大量の豚骨と鶏ガラを強烈な火力で2日にかけて炊き込み続けたコクまろスープ」というのが店のウリ文句。和歌山ラーメンにありがりちな醤油がうるさいタイプではないのは大いに結構と思ったのですが、どういうわけか肝心の出汁がしっかりしているとは言い難く、なんだかぼんやりした甚だ物足りない感じで残念至極。
 
 麺は細目のストレートタイプで水気の少なそうな若干ごわついた食感が特徴。やはり麺量は少な目で替玉を頼む客が目立ちました。なお替玉は現金で受け付けているようです。
 
 具はチャーシュー、カマボコ、メンマ、刻み青ネギ。ラーメンの具だけではご飯のおかずには量的に不足なのはミエミエだったので、風味替えコーナーにあった辛もやしが大活躍。

|

« 初夏天丼@てんや | トップページ | 「伊豆の国 大河ドラマ館」&伊豆長岡 »