« 【観戦記】22年第11節:浦和 3-3 横浜M ~ 良くも悪くも浦和の何かが壊れた試合かも | トップページ | 一○そば@駒込 ~ 太蕎麦+ジャンボゲソ天 »

2022.05.19

玉丼とネギ香味だれの唐揚げ定食@大戸屋

Tamadonkaraage002

 大戸屋が2022年5月8日から6月7日までの期間限定で発売中の「玉丼とネギ香味だれの唐揚げ定食(780円)」を試食。大戸屋は2022年1月8日「大戸屋・定食の日」をもって創業65周年目を迎えたのを契機に1ヶ月ごとに過去の人気メニューを復刻し続々販売中で、「玉丼とネギ香味だれの唐揚げ定食」はその一環です。
 
 大戸屋に来るのは超久しぶり。いつの間にか注文はタッチパネル式になっていました。白ご飯は大盛(270g)まで無料サービス。

Tamadonkaraage001  

 「玉ねぎとたまごの甘みが広がる昔ながらの優しい味わいの玉丼とネギの香りが食欲をそそるジューシーな唐揚げは相性抜群!お箸が止まらなくなること間違いなしのボリューム満点の定食です。」というのが大戸屋のウリ文句。

 確かにご飯大盛だと玉丼単品でも昼食がそこそこ成り立ちうる量なのに、さらに唐揚げが4個も付いて大戸屋には珍しいボリューム指向の定食です。
 
 ただ単体ならともかく、唐揚げに合わせるとなると玉丼の出汁がちょっと濃すぎて唐揚げと喧嘩しているような気も。唐揚げを目一杯活かすなら単なる白ご飯のほうが良さげ。またなか卯や吉野家の親子丼に慣れてしまうと玉丼ってやっぱり具が寂しくて単調な感じは否めず。山椒が別に付いてきますが、これまた味変アイテムとしてはなんとも微妙。
 
 ボリュームが多くて、やたら味が濃くて、しかも今の大戸屋のメニューとしては割と安めの価格設定。要するに昔の大戸屋ってやよい軒とあまり立ち位置が変わらなかったことを如実に示したような「復刻商品」でした。
 
 もっともその後の健康指向&高価格シフトは個人的には大戸屋から足が遠ざかる主因になってしまいましたが・・・

|

« 【観戦記】22年第11節:浦和 3-3 横浜M ~ 良くも悪くも浦和の何かが壊れた試合かも | トップページ | 一○そば@駒込 ~ 太蕎麦+ジャンボゲソ天 »