« トマたまカレーライス@丸亀製麺 | トップページ | カレーからあげ定食@からやま »

2022.05.29

【DAZN観戦記】22年第16節:福岡 0-0 浦和 ~予定調和のようなスコアレスドロー

 福岡は攻撃力が乏しいので「上位には行けない」という意味では強くないものの守備はやたら堅いので、福岡同様攻撃力がない浦和との試合はスコアレスドローになる可能性が非常に高いと思っていたら案の定その通りの結果に。

《スタメン》

・共に中2日&長距離移動付きという厳しい日程。

・浦和は平野→伊藤、関根→明本、ユンカー→小泉とスタメン3名入れ替え。不振の江坂&関根は共にベンチスタート。

・前節故障したユンカーがベンチ外になったのはともかく、モーベルグも3試合連続でベンチ外となり、小破している可能性大。おまけに前節途中投入の柴戸や馬渡がベンチ外となったのは驚きで、過密日程の中で小破ないしコンディション不良が続出しているのかも。

・そのため松崎が柏戦以来のベンチ入り。

・福岡は宮→奈良、湯澤→前嶋、金森→クルークス、北島→田中、ルキアン→ファンマとスタメン5名を入れ替え。傍目には予定通りのローテーションと思ったのですが、試合後の長谷部監督のコメントによると「コンディション重視という基本的な考えを逸脱して、このメンバーでいきたいという私の考えの下で、ベンチメンバーを含めて決めました。」とのこと。

Fukuoka2022003

《試合展開》

・福岡は意外にもたいして前から追って来ず、基本的には高い位置に4-4-2の守備ブロックで迎撃姿勢。一方浦和は基本的に宮本を高く押し上げ、明本を中へ入れる右肩上がり型でビルドアップ。そしてボールは早々と浦和が一方的に保持する格好に。

・スタートから松尾をCFに起用する形はリーグ戦では初めて。序盤はその松尾がボールの受け手として良く機能して、6分バイタルエリアでショルツの縦パスを受けた松尾がシュート。そのこぼれ玉を明本が拾ってシュートを放つもポスト直撃!!さらに14分伊藤縦パス→アーク付近で前を向いた松尾のドリブルは相手に止められたものの、そのこぼれ球を拾った小泉が巻いたようなミドルシュートと良い形を2度作りました。

・堅守の福岡が浦和に縦パスを通されまくったことは予想外だったようで、この原因については試合後長谷部監督が前述の「コンディション重視という基本的な考えを逸脱」したスタメン構成にやや無理があって「選手に疲れが少しあった。スプリントも含めて出足のところが少し悪かった」と総括しています。

・その後も浦和が一方的にボールを支配。しかしバイタルエリアで松尾が良い形でボールを受ける機会は次第になくなり、浦和の攻撃はサイド一辺倒に。26分シャルクとの連携プレーで大畑が左サイドを突破してボックス内に突入。決定的なクロスを供給するもニアの松尾には合わず。おまけに真ん中にもファーにも詰めている選手はいないという残念さで決定機逸。ボールは良く回るが誰が点を取るのか判然としない、とにかくフィニッシャー不在がという昨年ユンカー獲得以前とそっくりの光景がまたしても再現された格好に。

・また前半は大きなサイドチェンジや西川のロングフィード一発で福岡の最終ライン裏を狙う形が何回か見られましたが、これも次第に沙汰止みに。

・福岡は30分くらいから一転してかなり前からプレスをかけてくるようになり、浦和の攻撃はさらに低調に。39分前→山岸への縦パスを契機にクルークスが右サイドからクロス→山岸ヘッドで最初の決定機を作りましたが、シュートは枠外。

・浦和はCK&FKをアホほどもらいましたが、これが全く決定機にならないのが実に辛い。福岡はもともとプレーが荒っぽく、一際荒いファンマにイエローが出ないのが不思議でなりませんでしたが、福岡にしてみれば浦和のセットプレーは全く怖くないので危ない場面はファウルで止めればOK、無理せずCKに逃げてもOKと割り切れるのは気分的に楽だったでしょう。

・さらに難儀だったのは荒木主審。59分グローリが岩尾を削った際のこぼれ玉が前線の明本に繋がり、浦和がショートカウンターを発動しそうになったところで流さずに笛を吹いてグローリにイエローを提示。前半にも流して欲しいところで笛を吹く場面があり、浦和の良い流れを主審が要所要所でぶつ切りにした感も。

・後半になると福岡は前に出てくる勢いもなくなって再度浦和が敵陣でボールを一方的に支配。しかしいくら押し込んでも福岡守備陣を崩しきれないのは相変わらず。57分には小泉サイドチェンジ→シャルクが左サイドからカットインしてミドルシュートを放つもGKがセーブ。65分宮本が右サイドからカットインしてミドルシュートを放つも枠外。

・面白かったのは70分岩波の縦ポンに反応した伊藤が福岡最終ラインの裏抜けに成功。GK村上をも交わした伊藤が放ったシュートはこれまたポスト直撃!! しかも伊藤の飛び出しはなぜかオフサイドと判定されて、その後のプレーはそもそもなかったことになりましたが、3列目の選手の飛び出しなんてあまり見かけない光景なだけに面白いと思いました。

・中2日という厳しい日程にも関わらず内容は悪くはないのでリカは動くに動きづらかったのか、76分になってようやくシャルク→大久保、宮本→関根と2枚替え。その直後79分関根→松尾のくさびのパスを契機に小泉がミドルシュート!そのこぼれ玉を関根が拾ったところまでは良かったものの、その後が続かず。

・残念ながらその後の関根は対面の志知に手も足も出ず、守っては田中相手に苦戦気味。大久保にいたってはフィジカルの弱さが祟ってガツガツ来る福岡相手には力不足でした。

・リカはさらに80分小泉に代えて江坂を投入し、86分明本が左サイドに流れた江坂へ展開→江坂クロス→ファーに明本が詰めるもシュートは志知を直撃!

・後半の福岡は防戦一方。64分にファンマに代わって投入されたルキアンは全く良いところがなく、ようやく84分ショートカウンターの好機があったもののルキアンのシュートは西川の正面。赤者の心臓が止まりかかったのは88分中村FKに対して西川が派手に被ってしまった場面。幸いFKは枠を逸れましたが、あれがゴールマウスに吸い込まれていた日には今年の浦和は全崩壊を余儀なくされたかもしれません。

・ATはお約束のカウンター合戦となりましたが、それでもよりゴールに近かったのは浦和。AT+2分左サイド江坂(?)のクロスにFKからの流れで前残りしていた岩波がファーに飛び込むもシュートに持ち込めず。最後はショルツがアーク付近まで駆け上がる場面がありましたが、疲労困憊のショルツのシュートは力なくGKの元へ転がって試合終了。

Fukuoka2022001

《総評》

・シュート数3対12、CK数1対8、FK数9対17。イエローカード3対0。DAZNのスタッツだと浦和のボール支配率は71%にも及び、SPORTERIAのゴール期待値なんて浦和は福岡の4倍近くある。スタッツ的にはどこからどう見ても浦和が福岡を圧倒し、福岡には何もやらせていない試合でしたが、浦和にそんなに決定機があった訳でもありませんでした。よってスコアレスドローは至極妥当な結果だと思います。

・ゾーンディフェンスを高いレベルで実装している堅固な福岡守備陣相手に対して、いとも簡単にファーストディフェンスを突破し、かつ縦パスを差し込むところまでは出来ている。浦和のビルドアップ能力はかなり高いのは間違いありませんし、それはリカが1年半かけて仕込んだ賜物だと思います。

・ところが「残り30m問題」は一向に解消される気配はありません。リカは記者会見では「重要とされる最後の30mのプレーの質をさらに高め、考えを共有していければと思っています」とテンプレ的な回答しかしてくれないので、記者が別途選手を掴まえてあれこれ聞き出したところによると、リカは「残り30m問題」を選手個人に丸投げするタイプという訳でもなさげ。よって今後3週間程度の中断期間で何がしかの改善がみられるかもしれません。

・リカも今の惨状について「我々にとって練習する時間が足りない」「外国籍選手の到着が遅れて考えを共有する時間がなかった」等々言い訳をつらつらと述べていますが、この試合を見た個人的な率直な感想は、点が取れないのは単に「前目の選手の実力がJ1レベルではないから」だと感じました。この2年間コロナ禍やらシュータン禍やらで金がなかったのである程度仕方ありませんが、フロントは「J2オールスターズ」で夢を見過ぎました。

・横浜Mもかつて「J2コレクター」をやっていて、当時は「コンセプトがはっきりしていると、チームにフィットしやすい選手を格安で幅広く集められて羨ましい」と思っていたのですが、実はその後生き残ったのがめちゃ少なくて(CB畠中くらい?)、結局J2に再放流して生態系を乱すだけに終わったという話を聞いたことがあります。浦和も同じ道を歩むことになるのかも・・・

・戦績が戦績なので監督更迭の話が沸々と湧き上がるのは不思議ではありませんが、監督交代はチーム浮上の早道でもなんでもないでしょう。早速今朝のスポーツ紙に「フェイエノールトのFWリンセンの獲得見込み」との記事が出ましたが、それが正しい方向かと。もっともリンセンが出場可能なのは夏の移籍期間に入ってからなので、それまではモーベルグやシャルクのリカ流へのフィットに賭けるしかないのが辛いところ。

・西野TDが中断期間中に錯乱してリセットボタンを押すことはないでしょうが、この惨状をどう捉え、どう修正してゆくつもりなのか、ある意楽しみです。

Fukuoka2022004

《選手評等》

・ユンカーが前節故障。代わって投入された江坂はさっぱり。ショルクはリカ流へのフィットにしきれてない様子で、CFへの途中投入機会が多かった松尾がとうとう頭からCFに。松尾はもはや「大東亜決戦機」扱いで浦和の末期感はハンパありません。松尾は案外ボールが収まって悪くはありませんでしたが、頭から使うと一瞬のキレなりスピードなりで勝負するようなことは難しいようですし、そもそも火力不足気味。うーん・・・

・前目にいる明本はある程度ボールキープが出来、ハイボールにもそれなりに競ってくれ、おまけに裏を狙ってくれる等何かと便利で、左SBよりははるかに適任でしたが、惜しむらくは明本自身は点取り屋ではない。これが実に辛い。

・一番得点意欲があるシャルクを真っ先に下げたのがホンマ謎。前節C大阪戦も67分に交代を命ぜられましたが、まだ90分使えるコンディションではないのかなぁ???

・ショルツの「モーゼ攻撃」が一番迫力があるのに、あれが決定機に繋がらないのは実に不思議。これまた練習不足で相手どころか味方すらどう使って良いのか戸惑っている状態なのか???

・浦和は最後の最後までセットプレーに全く可能性を感じないのが実に辛かった。せめてキッカーを代えるくらいの工夫は出来なかったのかなぁ・・・

・長谷部監督は試合後「相手のCBが2人とも上手です。そこだけを切り抜いたらおそらくリーグでトップだと思います。皆さんデータをお持ちだと思いますが、縦パスの本数、縦パスの成功率は、あの2人はめちゃくちゃ高いです」とショルツはともかく岩波まで賞賛。確かにこの試合の岩波は良かった。自分で持ち運ぶ場面もありましたし。

Fukuoka2022002

-----松尾-----
シャルク---小泉---明本
---伊藤--岩尾---
大畑-岩波--ショルツ-宮本
-----西川-----

(交代)
76分 シャルク→大久保
76分 宮本→関根
80分 小泉→江坂

Fukuoka004_20220529093601

---山岸--ファンマ---
田中--------クルクス
---前---中村---
志知-グロリ--奈良-前嶋
-----村上-----

64分 フアンマ→ルキアン
76分 クルークス→金森

※写真は試合とは全く関係ありません。

|

« トマたまカレーライス@丸亀製麺 | トップページ | カレーからあげ定食@からやま »