« 豚ハラミのスタミナ炒めとチキンソースカツ丼@かつや | トップページ | 阿佐海岸鉄道DMV試乗記 »

2022.06.21

ヌードルボイス@池袋 ~ 濃厚ホタテそば

Noodlevoice002

 池袋駅に隣接するメトロポリタンプラザ南向かいにあるファミマの斜向かい。近隣に「舎鈴」あり。ほぼ3年ぶりの再訪。11時の開店直前に往訪したところ先客2、後客9(退店時中待ち3)といつの間にか結構な人気店になったようです。

 全開は「中華そば」を試食したので、今回は店内の券売機ボタン先頭「濃厚ホタテそば(900円)」を注文。ランチタイムは麺増量サービスをやっていて並・中・大が同料金とのことなので「中」でお願いしました。
 
 メニューは他に濃厚ホタテつけそば、中華つけそば、淡麗ホタテそば、濃厚魚介そば。濃厚魚介つけそば、カレーつけそばなど。

 店内はくの字型カウンター9席と4人卓×3。椅子がクッションもなにもないただの板っちゅーのはちょっと辛い。卓上にはブラックペッパー、ピンクロックソルト、酢。

Noodlevoice001

 かなりとろみが強いスープは「北海道産のホタテ貝柱を大量に使用」と謳うだけのことはあって、食べ始めはホタテの味わいがはっきりと判ります。「鶏ガラ&豚骨、鰹&昆布のWスープにタイ、コマイ、姫タラや香味油で香りを引き出していく」とも謳っていますが、味わいの上では濃厚鶏白湯が卓越していて、ホタテも次第にかき消され気味に。
 
 塩ダレ控えめなのは多いに結構ですが、出汁の旨さだけで食べ進めるほどには出汁が強くなくてなんだか物足りないので、卓上のピンクロックソルトをゴリゴリと投入。

 麺は中太ストレート。黒い粒々が確認出来る全粒粉混じりらしくわずかにざらつきのある口当たりでもっちりとした食感。中盛(250g)だとスープとの量的バランスは辛うじて保たれています。個人的にはこの麺ではスープに対してちょっと強いかな?という印象を受けました、さらにとろみが強い濃厚スープが太麺に絡みつくので量の割には胃にもたれ、終盤は箸が止まり勝ちに。「麺硬め」を頼んでいる客がいましたが、個人的にはその必要は全く感じず。

 チャーシューは切り置きで、予めバーナーで炙っていました。メンマは大ぶり。他に海苔、柚子皮、刻み玉ねぎ、刻み大根。かいわれ。

|

« 豚ハラミのスタミナ炒めとチキンソースカツ丼@かつや | トップページ | 阿佐海岸鉄道DMV試乗記 »