« ネギおろしからあげ定食@からやま | トップページ | 坂内@川口 ~ ねぎラーメン »

2022.08.23

【観戦記】ACL2022準々決勝 浦和 4-0 BGパトゥム ~ もっとも面倒だったのはサウジの審判団だったかも・・・

 2度もゴールを取り消されたにも関わらず浦和の選手達に同様の気配は全くなし。終始BGパトゥムを圧倒して堂々の準決勝進出!!

《スタメン》

・共にラウンド16から中2日の一戦。

・浦和のスタメンは大久保→関根の入れ替えのみ。しかも大久保はいきなりベンチ外。大久保は前節前半しか出場していないので「消耗が激しくてベンチ外」とは考えにくく、小破した可能性大。代わって宮本がベンチ入りして、これで怪我人や試合に全然絡めていない選手以外は全員連れてきた格好に。

・ラウンド16でフル出場だったモーベルグをスタメン起用したのは少々予想外でした。

・パトゥムのスタメンは驚いたことに全く入れ替えなし!!パトゥムはラウンド16が16時キックオフだったので消耗度は浦和より高いはずですが・・・

Acl2022_qf012

《試合展開》

・試合開始早々岩波のロングボール一発で裏抜けに成功した松尾がそのままゴール!と思われたが、なぜかVARが介入。裏抜けした際のトラップで松尾のハンドがあったと判定されてノーゴールに。

・しかしこの一発でパトゥムは怯んだのか、その後は前半を通じて4-4-2で自陣ニュートラルな高さでのリトリート主体の守備となり、前からはほとんどプレスをかけて来ないので、浦和が敵陣でボールを回す時間が長めに。11分右サイドからボックス内に突入した松尾がCB30番に倒されたもののPKはなし。どう見ても30番の手が松尾にかかっているのですが・・・

・パトゥムの4-4-2の守備ブロックは結構統制が取れていて、浦和は敵陣でボールを回すものの攻略の糸口が掴めずに暫く苦労。25分左サイドから大畑→岩尾→関根と繋いで関根のアーク付近からのシュートが決まった!!・・・と思われましたが、なぜかノーゴールに。

・現地では何がなんだかさっぱり判りませんでしたが、オフサイドポジション&シュートの軌道上にいた松尾がオフサイドを取られた模様。松尾がGKの視界を遮っていたようには見えないのですが・・・強いて言えば松尾がヒールで流すような素振りをしているのが悪印象だったのかも。

・先のPKを取ってもらえない件といい、松尾は主審にえらく嫌われたみたいで。ただ今季前半に何度もゴール取り消しに見舞われて変に経験を積んでいるせいか、浦和の選手達に動揺する気配は微塵も感じられませんでした。

・前半の浦和は大畑を高く押し出して関根をインサイドに入れる、あるいはそのレーンを入れ替えての左サイドからの攻撃が目立ちましたが、32分ようやくその形からの攻撃が結実。左サイドから関根がカットイン&斜めのパス→松尾スルー→中央に入り込んでいたモーベルグの左足シュートが炸裂してGKの左手を弾く形でゴール。

・さらに浦和は42分岩尾CK→ニアで岩波ヘッドが決まって2点目。アホほどCKをもらっても全く点が入る気がしなかったあの浦和がこんなに綺麗な形で点を取るとは!!もともとニアを守っていた99番がよりによって小さい松尾に釣られて動いてしまい、そのスペースに岩波が走り込んだきっちりデザインされたゴールだと解説林氏も絶賛!!

・パトゥムは8分左サイドからのクロス→99番ヘッドの良い形を作るも枠を捉えきれずと、本来はボールをきちんと繋いでサイドからのクロス攻撃に活路を見出している模様でしたが、如何せん浦和のハイプレスがきつくて思うようにボールを繋げず、苦し紛れに2トップに蹴るだけに。長身FW99番はなかなか面倒な存在でしたが、それでもシャルツや岩波相手に制空権を握れるほどではなし。

・前半のボール支配率がほぼイーブンだったのには驚きましたが、パトゥムがボールの出しどころに困って深い位置でボールを保持している時間が長かったからかも。

・前半いいところなく、しかも2点ビハインドになったパトゥムは後半頭から10番に代えて7番を投入。しかも単純に2トップの片方を変えたのではなくフォーメーションも変えた模様で、攻撃時3-4-2-1風味、守備時は割とはっきりした5-4-1といった感じでしょうか。

・浦和はパトゥムのポジション変更で不意を突かれたのか、特に中盤まで下がってボールを受けに行く7番への対応がえらくアバウトに。またこのフォーメーション変更が効いてパトゥムはようやくボールをサイドから敵陣奥深くまでボールを運べるようになり、得意のクロス攻撃の形を何度か作れるようになりました。

・51分左WBが対面の酒井をスピードで振り切り、左から右、右から左とクロスで振って22番がボレーシュートを放つも枠を捉えきれず。

・この試合パトゥム最大の決定機は55分右サイドからカットインしてきた23番のスルーパスで99番が裏抜けに成功し、ボックス内で西川と一対一になるもシュートは西川の正面。

・そして後半のパトゥムが良かったのはここまで。パトゥムは前がかりになった分、中盤がスカスカになってしまう傾向は否めず、落ち着きを取り戻した浦和がカウンターで反撃。61分西川のキックを受けた伊藤が長い距離を運んで左サイドの関根へ展開→関根がカットイン&ボックス内から放ったシュートは枠を捉えたものの、ここはGKがセーブ。

・65分敵陣で相手の縦パスを伊藤がカット→伊藤の前にはモーベルグも松尾もいましたが、伊藤は左寄りにいた小泉を選択。小泉は非常に珍しいことに全く迷うことなく左足を振り抜いて、相手DFの股抜きでゴール!!GKは一歩も動けず。

・後半半ばで3点リードして勝利を確信したリカは中2日で控える準決勝を睨んだかのように66分松尾→ユンカー、小泉→江坂、モーベルグ→明本と代え、さらに70分には酒井に代えて馬渡を投入して選手の出場時間をコントロール。

・しかし途中投入の選手達はやる気満々!!パトゥムのスカスカ中盤はもうどうにもならず、72分ショルツ縦パスを契機に伊藤がドリブル前進して江坂へ→前でユンカーや関根がパトゥム守備陣を惹きつけているうちにボックス内左でぽっかり空いた明本へパス→明本のシュートは珍しくGKにぶつけることなく豪快にゴール右に突き刺さりました。

・その直後に伊藤にアクシデントがあり、岩波が即座に×を出していたので「ここでまさかの一大事か!!!」とビビったのですが、試合後伊藤はなんとリカと共に記者会見に応じ、「つっただけなので、大丈夫です」と力強くコメント。リカもこんなこともあろうかと一つ残っていた交代枠を使ってすぐに安居を投入し、その後は何の紛れもなく試合終了。

Acl2022_qf017

《総評》

・パトゥムのいたグループGは日本勢なし、韓国勢は2部なのにカップ戦優勝でACL出場の全南(=もちろん過去ACLでの実績皆無)だったという、かなり緩ーーーいグループ。しかもパトゥムのホームスタジアムが試合会場だったというこれ以上ない好条件での首位通過。さらにラウンド16ではこれまた日本勢でも韓国勢でもなく、香港の傑志が相手だったという幸運に恵まれてのベスト8入り。

・おまけにタイ・リーグは秋春制で、パトゥムはチーム始動してまもない時期にノックアウトステージを闘う羽目に。こういう経緯からすればパトゥムと浦和との実力差はかなりあるかな?と戦前予想していたのですが、やはり結果は案の定。

・パトゥムははっきりした得点パターンを持っていて、得意の形を浦和相手に何度か作れていた上に、後半披露したような「プランB」もちゃんと持っている点からすればジョホールよりはだいぶ強い印象を受けましたが、浦和から良い形でボールを奪えなかった点ではジョホールと大差なし。

・ジョホールもパトゥムも彼らのホームで闘ってみないと本当の実力はよく判らないというのも確かで、前年に続いて今年もACLは集中開催という変則的な形となってしまったのが残念でなりません。ただACLがH&A制になった場合、「アウェーゲームはとにかくドローで凌ぐ。少なくともボロ負けはしない」のが勝ち抜けの鉄則。東南アジアのチームは実力向上著しく、かつホームではやたら強いとはいえACLを勝ち抜くにはまだまだ経験不足かも。

・浦和はあれほど点が取れなった頃が嘘のようなゴールラッシュの連続。ゴールパターンも多彩で、「ボールを持ってよし、持たせて良し、セットプレーもあるでよ」状態。「J2オールスターズ」ですらポコポコ点を取り始めるとは!! しかも個人能力任せで無理やり捻じ込んだようなゴールはほとんどなく、点を取らせるように周りの選手が適切に動いて相手守備陣を攪乱している様が実に美しい。

・そして準決勝=東地区のラストゲームの相手は全北現代に決定。浦和とは過去何度も対戦経験があり、2019年にグループステージで対戦した時には埼スタでも負けてダブルを食らっています。浦和同様ACLを2回優勝しており、経験も十分。準決勝に相応しい相手です。

・ラウンド16で全北現代は相変わらずドン引き&カウンター一本鎗の大邱相手に延長戦にもつれ込む羽目になり、延長も終わる寸前に大邱の凡ミスに助けられてようやく勝ち抜け。準々決勝では神戸とこれまた延長戦まで闘うことになってなんとか逆転勝ち。

・ラウンド16→準々決勝の間は中3日で浦和より好条件なものの、ラウンド16・準々決勝とも暑さの残る16時キックオフの試合で延長戦まで闘っているので、身体的にはかなりダメージが大きそう。

・浦和は勝ち抜ければ中2日での3連戦となる過酷なスケジュールを「一戦必勝」とばかりに目下の「ベストメンバー」を2戦続けてスタメン起用。ただ幸いにも延長戦に突入しないどころか、早い時間帯に大差をつけて前目を中心に上手く出場時間をコントロール出来ているのでコンディションは全北現代より良いかもしれません。

・ただ全北現代のフィジカルの強さを前面に押し出したようなゴリゴリサッカーは、ちびっ子が多い浦和にはいかにも相性が悪そう。「上手くはないが強い」。そんな形容がしっくりくる相手にどう立ち向かうか。リカの手腕が試されるところです。

Acl2022_qf021


《選手評等》

・大敗したリーグ戦名古屋戦でのスタメン出場では関根は全く良いところがなく、あろうことか前半だけでお役御免。モーベルグがいる右SHでは勝負にならず、左SHでもすっかり大久保にポジションを奪われた格好になってしまいましたが、久しぶりに巡って来たスタメン出場の機会を関根はがっちり活かしました。

・関根はドリブルの切れ味こそかつてより鈍りましたが、周囲を活かすことについては全く問題なし。ゴールが何で取り消されたのかさっぱり判りませんでしたが、モーベルグへのアシストではなまる!!

・パトゥムは青のユニフォームなのにGKが紫でフィールドプレーヤーと紛らわしいのなんの。

・パトゥムは大敗してもラフプレーは一切なく、試合後は全員で北ゴール裏へ向かって挨拶してほっこり。仙台時代にはラフプレー三昧のチームしか作れなかった手倉森がこんなに好感度マシマシのチームを作るとは!!!

・この試合の主審は2度にわたるゴール取り消しはともかく、球際の競り合いで割と簡単にファウルを取るというACLでは珍しい、どちらかと言えばJリーグの残念な主審と似た感じでした。でもそれで一貫しているならともかく、11分の松尾へのファウル=PKを取らないのはないわなぁ・・・でもPKに限って安易に笛を吹かないのもJリーグの残念な主審あるあるやなぁ・・・

Acl2022_qf013
-----松尾-----
関根---小泉--モーベルグ
---岩尾--伊藤---
大畑-ショルツ--岩波-酒井
-----西川-----

(得点)
32分 モーベルグ
42分 岩波
65分 小泉
72分 明本

(交代)
66分 松尾→ユンカー
66分 小泉→江坂
66分 モーベルグ→明本(明本が左SH、関根が右SHへ)
70分 酒井→馬渡
75分 伊藤→安居(足が攣ったため)

Acl2022_qf010
---99--10---
18--------22
---36---6---
3--30--17-23
-----26-----

HT 10→7
60分 18→15
68分 23→71
68分 17→16
77分 22→9

・FW10番のティーラシンは広島や清水でちょこっと出場していたらしいのだが記憶なし。神戸や横浜Mにいたそこそこ優秀なSBはティーラトンで紛らわしい。デカいFW99番はシンガポール籍。

|

« ネギおろしからあげ定食@からやま | トップページ | 坂内@川口 ~ ねぎラーメン »