« 政家 新潟駅南店 ~ 並盛かつ丼 | トップページ | ガリマヨ丼@から好し »

2022.09.07

ぎょうざ定食@リンガーハット

Gyouza_ringer002

 リンガーハットのサイドメニューにぎょうざがあることはよく知られていると思いますが、驚いたことにそのぎょうざをメインにした「ぎょうざ定食」というメニューがあることを知って、半ば怖いもの見たさで試食してみました。ちなみにリンガーハットではいつもちゃんぽんだけでお腹一杯になるのが判り切っているので、合わせてぎょうざを頼んだ記憶は全くありません。なおリンガーハットではなぜか「餃子」ではなく「ぎょうざ」とひらがな書きです。
 
 ぎょうざ定食は個数を選べるので、MAXレベルの「15個(680円)」を注文。ご飯大盛無料なので「大盛」にしてもらいました。ぎょうざ定食はスープ、漬物付き。

Gyouza_ringer001  

 「リンガーハット自慢のぎょうざ。米粉をブレンドした皮はパリッとサクサク!!」というのがリンガーハットのウリ文句。それはともかく配膳されたぎょうざを見ると、どう見ても「餃子の王将」のぎょうざと比べてやや小ぶり。15個頼んでも餃子の王将の2皿(12個)よりボリュームはなさそう。
 
 ちなみに大盛にしてもらったご飯も円筒形の小さめのお茶碗に目一杯入っているだけなので、さほど多くはありません。
 
 また薄皮を謳っていますが、「ホワイト餃子」よりは明らかに薄いといった程度で「餃子の王将」や「ぎょうざの満洲」と比べて特に薄いとは感じず。「パリッとサクサク」した食感に拘ったのか、硬めに焼き上がっているので薄いようには感じないのかも。
 
 にんにく不使用なので野菜多めの軽い味わいなのかな?と思ったのですが、意外にも案外肉肉しくてジューシーという形容もあながち誇張とは言い切れない感じで気に入りました。
 
 リンガーハットのぎょうざ定食の面白いところは味変アイテムとして柚子胡椒が付いてくること。「ぎょうざのタレを付けてそのままでも結構ですが、付ける前に『ゆず胡椒』をほんの一つまみのせていただくと、鮮烈な香りと辛さを楽しめます。」というのがリンガーハットのウリ文句で、これは餃子専門店でも見かけないアイデアです。
 
 サイドメニューの位置付けでしかない割には善戦していると思いましたが、やっぱり「餃子の王将」や「ぎょうざの満洲」といった餃子がメインの店には遠く及ばないというごくごく当たり前の感想を抱いてフィニッシュ。

|

« 政家 新潟駅南店 ~ 並盛かつ丼 | トップページ | ガリマヨ丼@から好し »