« リカルド ロドリゲス監督の監督職解除 | トップページ | 豚かば焼き丼@すき家 »

2022.11.01

始まりの肉チャーハン@大阪王将

Nikuchar2210001

 大阪王将から期間限定(2022年10月13日~11月27日までの予定)で売り出し中の「始まりの肉チャーハン(790円)」を試食。

 「始まりの肉チャーハン」は、「豚肉たっぷりの肉野菜炒めで玉子炒飯を豪快に覆いつくした一品。ニンニク風味の醤油ベース味、ジューシーな豚肉とキャベツの食感が食欲をそそる、ボリューム満点の炒飯です。」というのが大阪王将のウリ文句。

 なお「未来に食べつないでいきたいと想いを込め、大阪王将・国宝級お宝めし第1弾として発売いたします。」とのことですが、先日第3弾まで展開していた「絶滅危惧めし」シリーズとどう違うのかなぁ・・・

Nikuchar2210002

 「キャベツの食感が食欲をそそる」とあるものの、どう見てもキャベツよりチンゲン菜の茎みたいなのが目立ちます。それはともかく非常に難儀だったのは豚肉や野菜を炒めたタレが若干あんかけ交じりで、しかもそのタレが玉子炒飯にまでたっぷり沁み込んでいること。当然炒飯はべちょべちょになってしまい、全然炒飯らしくありません。これなら肉野菜炒めを無理に玉子炒飯に乗せずに、白米やスープとセットにした「肉野菜炒め定食」で売り出したほうが遥かにマシでしょうに。
 
 また豚肉はあまり細かく刻まれている訳ではないので、炒飯なのにレンゲだけでは食べづらいなのも困りもの。豚肉自体は非常に柔らかく仕上がっていて簡単に噛み切れるものの、さすがにレンゲで切り分けるのは無理すぎ。
 
 「ニンニク風味の醤油ベース味」はやや濃い目というかしょっぱめの味付けで、これも少々苦手。
 
 大阪王将の新商品開発スタンスは京都王将よりずっとチャレンジングな分、ハズレた時の下ブレは結構でかいかなぁ、概して。

|

« リカルド ロドリゲス監督の監督職解除 | トップページ | 豚かば焼き丼@すき家 »