« 鴨&葱@巣鴨 ~ 鴨らーめん | トップページ | 鉄板にんにくからあげ定食@からやま »

2022.11.27

延喜@南与野 ~ 特製かれぇつけめん

Engi004

 埼京線南与野駅から埼大通りを西へ。首都高大宮線をくぐった先にあるヤマダ電機の北に立地。先客3、退店時にウェイティングリストを見たら10人強の待ち行列が出来ていました。一応南与野駅が最寄りとはいえ2km近く離れており、ほとんどの客は車や自転車で来ているようです。
 
 うどん専門店で「特製かれぇうどん」が人気らしいのですが、まだカレーうどんが食べたくなるほど寒くはなく、またこの店はもともと手打ちの武蔵野うどんがウリっぽいので、太目でやたらコシが強いというか硬くて力強いうどんをしっかと噛みしめながら食べ進むのも楽しいと考えて「特製かれぇつけめん・並(900円)」を注文しました。他の客もほとんど特製かれぇつけめんを注文していた模様。後払い。
 
 平日ランチタイムには半ライスのサービスがあるようですが、往訪したのは残念ながら祝日。また頼めば「辛味スパイス」を出してくれるようです。

Engi001

Engi003

  店内は厨房前に横長カウンター5席と4人卓×1、2人卓×1と郊外立地の人気店にしては意外なくらい小さい店です。またこの店の最大の特徴は浦和レッズレディースをガチ推ししていること。レッズレディースの練習拠点=レッズランドが近いせいか、選手達が度々この店に来るようです。

Engi002
 つけ汁がぐつぐつと煮えたぎった状態で登場。うどんのつけ汁にしてはかなりとろみが強く、ちょっと放っておくとたちまち表面に油膜が出来るくらいこってり度高め。店の案内によると「十数種類の野菜と果物をゆっくりと時間をかけて炒め、その後二日間じっくり煮込みカツオ出汁とミルクで味を調えたまるでシチューのようなかれぇうどんです」とのこと。野菜等はわずかに玉ねぎの食感を感じるくらいでほぼ完全にカレーの中に溶け込んでいて、具らしい具は豚バラ肉だけ。
 
 また辛さは「ピリ辛」にも及ばず、さしたる刺激もなく、痺れに至っては全く感じられず、総じてかなり甘目でひたすら旨味で押すタイプ。といっても蕎麦屋でありがちな和風出汁が効きまくったカレーとも全然違った、ちょっと洋風寄りな味わいなのはミルク入りのためかも。「辛味スパイス」を頼む客がちらほらいたのも納得。

 そしてこのドロドロのつけ汁には力強い武蔵野うどんが良く合います。並だと明らかにつけ汁が余るので、半ライスをつけて最後はつけ汁の中にぶち込んでフィニッシュが最善手なのでしょうが、前述のようにつけ汁は全然辛くないのでとろみが強いスープカレーと見做して飲んでしまいました(^-^;
 
 寒くなったら「特製かれぇうどん」で再訪してみます。

|

« 鴨&葱@巣鴨 ~ 鴨らーめん | トップページ | 鉄板にんにくからあげ定食@からやま »