« 天来@東十条 ~ 山椒醤油ラーメン | トップページ | 焦がし焼き海老にんにく炒飯@大阪王将 大井町店 »

2022.11.20

こいけのいえけい@巣鴨 ~ 豚骨醤油ラーメン

Koike_iek002

 山手線巣鴨駅南口から中仙道を渡って南へ。ほっともっとやゴルフパートナーのある角を西へ入って、文京宮下公園の真ん前。駅から徒歩10分弱。
 
 本郷三丁目「にし乃」や王子「キング製麺」などの人気店と同じグループが手掛けた店ということで既に結構な行列店になっていると聞いて、11時の開店25分前に到着したところ先客1、開店までに後客10人強。退店時には外待ち12人と確かに早い時間帯から行列が出来ていました。

 店内の券売機ボタン先頭の「豚骨醤油ラーメン・並盛(850円)」を注文。麺量は並で160gとのこと。ランチサービスなし。食券を渡すと、麺の硬さとニンニクの要否を聞かれたので、「硬め&ニンニクあり」でお願いしました。

 メニューは「魚介MIXつけ麺」との二本立て。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上にはおろしニンニク、豆板醤、ブラックペッパー、マヨネーズ、白米専用ニンニク醤油漬、白米が進むタレ、ラーメンダレ。白米用の調味料が目立ちますが、残念ながらライスは別料金(150円:ハーフ100円)。

Koike_iek001  

 家系にしてはややとろみ強めのスープは「骨を入れてはコトコト・・・漉して骨を入れ、コトコトを3日間かけてエキスを抽出。最後に細かい目のザルで漉してクリーミーな口当たりに仕上げました」というのが店のウリ文句。確かに良くも悪くも家系らしいワイルドさは微塵も感じられず、いたってクリーミー。またかえしは終盤になってややうるさく思えるくらいで、どちらかといえば総じてマイルドな味。しかも脂もさほど多くはなく、豚骨の旨味を存分に味わってもらう趣向のようです。ただ食べているうちはそうでもないのですが、食後は結構胃にずっしり来ました。
 
 麺は中太ほぼストレートタイプで、キング製麺で製造しているとのこと。一般的な家系の麺よりはやや平たく、また「硬め」で頼んでもつるつる&もっちりした家系らしくない食感なのが特徴的。スープとの相性は文句なし。

 チャーシューはこれまた凡そ家系らしくない低温調理タイプ。薄切りにしたのは「スープに浸してご飯を巻いて何回も食べられるように」との考えらしいのですが、このラーメンはそんなにご飯を欲するタイプではなく、むしろチャーシューが冷えていてスープを温くしている弊害のほうが気になりました。
 
 具は他にほうれん草、刻み玉ねぎ、海苔。卓上におろしニンニクがあるのにニンニクの要否を聞いてくるのが不思議でしたが、トッピング用のニンニクは刻みニンニクでした。

 家系ラーメンを非常にお上品に作ってみたらこんな感じになりました!!といったところでしょうか。行列店になっているのも納得の出来でした。

|

« 天来@東十条 ~ 山椒醤油ラーメン | トップページ | 焦がし焼き海老にんにく炒飯@大阪王将 大井町店 »