« 鉄板にんにくからあげ定食@からやま | トップページ | 漬け烏賊ユッケ丼@なか卯 »

2022.11.28

【TV短感】カタールW杯E組第2戦:日本 0-1 コスタリカ ~ 案の定というかなんというか・・・

 ドイツ戦の短感を「日本の本来の目標はドイツに勝つことではなくあくまでもグループリーグ突破。ドイツに勝ったのは良いがコスタリカ&スペインに負けてグループリーグで敗退なんてことになったら目も当てられません。でも試合中に酒井が故障した臭いですし、途中投入の冨安の状態も怪しげ。はてさてどうなることやら。アトランタの再来は避けたいなぁ・・・」というパラグラフで締めくくったのですが、残念ながらその危惧通りの結果になってしまいました。
 
 シュート数14対4、CK5対0というスタッツ通り日本が優勢だったのは間違いなく、「優勢だったほうが負けた」という意味ではドイツ戦と同じ構図です。しかし、前日のドイツと違って日本は山のように決定機を作っていたわけではありませんから「不思議な負け」でもなんでもなく、サッカーにおいて十分起こりうる範囲内での負け。運が悪かったのではなく、自らの力不足を嘆くほかないでしょう。
 
 コスタリカは「堅守&カウンターが鋭い」というほどのことはなく、特に攻め手は非常に限定的だったので日本は最低引き分けで終わらせることは十分可能だったはずですが、それすらも出来ずに自爆ボタンをポチッとな。

Tihahan1

 敗戦の原因を煎じ詰めれば「コスタリカ戦の準備不足」に尽きる気がします。とにかく緒戦のドイツから勝ち点を奪わなければ話にならないので、まずはそこに全力を注ぐのは悪くはないのですが、それ以上に重要な「コスタリカには必勝を期す」ことへの準備が足りなかったように思えてなりません。奇襲に成功して「トラ、トラ、トラや!!Vやねん!!!」と狂喜乱舞した挙句に索敵を怠って正規空母4隻轟沈!!という何にちょっと似た気もしますが。

 日本のスタメンは前田→上田、伊東→堂安、久保→相馬、田中→守田、酒井→山根と5人も入れ替え。酒井がドイツ戦で故障してしまったので山根の起用はやむを得ませんが、他の4人の入れ替えは果たして事前の計画通りだったのかどうか。そして残念ながらこのスタメンはほとんど機能することなく前半を終える羽目に。
 
 上田を1トップに据えたのは「対コスタリカならボールが持てる=相手を押し込める」と想定したからでしょうが、その上田は全くボールを収めることが出来ず、完全に期待外れに。この出来なら「なんで大迫を入れなかったんだ!!」という話が吹き上がるのは無理もありませんが後の祭り。
 
 まぁ前半の不出来の責任を上田一人に押し付けても仕方ありませんが、自陣に引いて5-4-1の守備ブロックを敷いて守るコスタリカを日本は攻め倦み、コスタリカはコスタリカでボールを奪っても速攻に転じる風はなく、だらだらと攻めてはボールロストという、当事国以外には退屈極まりないであろう内容で前半終了。
 
 前半森保監督は全くの無策だったわけでなく、35分あたりから山根を高く押し出して3バック気味に修正していましたが、後半になって頭から長友→伊藤、上田→浅野と代えて本格的に3バックへシフト。これは多少効果があって後半頭に遠藤の際どいミドルシュートが生まれましたが、ドイツ戦共々こんなに3バックを多用することを前提にメンバーを選んでいたのかどうかという疑問が沸々と・・・
 
 さらに三笘、伊東と快足アタッカーを次々と投入し、好位置でFKを得る場面も増え始めましたが、残念ながら今の日本って頼りになるプレースキッカーがいないみたいで・・・相馬が蹴っているようではなあ・・・

Tihatan3
 
 そして運命の81分、コスタリカの右サイドからの遅攻で、伊藤のヘッドでのクリアを吉田が大きく蹴り出せば何事もなかったのになぜか吉田はクリアでもしっかり繋ぐでもない超アバウトな蹴り出し。守田が必死に尻ぬぐいしようとするも及ばずに17番に拾われ、17番→4番(フレール)への縦パスには伊藤が残っていてオフサイドが取れず。さらに4番のシュートは吉田にわずかに当たってディフレクトする不運もあってゴール左上隅に突き刺さってしまいました。
 
 この場面権田はなぜか両手でセーブしに行っており、まるで「目測を誤ってバンザイしながら頭上を抜かれてしまう外野手」みたいなマヌケな格好でゴールを決められているのが実に権田らしくて微笑ましかったのですが。
 
 日本は最後に南野を投入して反撃に転じ、88分左サイドから三笘が斬りこんで鎌田シュートなどゴール前での混戦模様となりましたが、最後はGKナバスががっちりキャッチ。日本は攻めに攻めながら最後まで一点が遠くて試合終了という、なんか今年の浦和で良く見た光景が遠いカタールの地で再現されるとは(つД`)

 後半頭が痛かったのはせっかく切り札三笘を投入したのに、その後ろにいる伊藤との連携が良くなかったこと。っちゅーか、なんでこれまで代表戦で実績を積み上げた訳でもない伊藤をこの大一番で長時間使ったのかなぁ・・・こんなことなら旗手を連れてくるべきだったんじゃね?とこれまた誰もが思うであろう疑問が沸々と・・・

 繰り返しになりますが、ボールを持たされる羽目になった時の打開策だとか、そうなった場合に投入すべき選手だとか、「森保監督はコスタリカ戦を真面目に考えたのかね???」という印象しか残らなかった残念な試合でした。
 
 ドイツvsスペインは引き分けに終わったので、日本は第3戦スペインに勝てば文句なく、引き分けでもドイツの結果次第ではグループリーグ突破の可能性がありますが、神風は2回も吹かないでしょうなぁ、たぶん・・・ 
 
 
-----上田-----
相馬---鎌田---堂安
---守田--遠藤---
長友-吉田--板倉-山根
-----権田-----

(得点)
81分 フレール

(交代)

HT 長友→伊藤
HT 上田→浅野
62分 山根→三笘
67分 堂安→伊東
82分 相馬→南野

|

« 鉄板にんにくからあげ定食@からやま | トップページ | 漬け烏賊ユッケ丼@なか卯 »