« 【DAZN観戦記】23年第1節:FC東京 2-0 浦和 ~ 負けたらあかん、負けたらあかんで東京に・・・ | トップページ | 羹と麺 嘉六田@御茶ノ水 ~ 光・中華麺のラーメンセット »

2023.02.19

牛すき焼きとチキンカツの合い盛り定食@かつや

Gyusukikatu002

 「かつや」が2023年2月10日から期間限定で発売中の「牛すき焼きとチキンカツの合い盛り定食(880円+税=968円)」を試食。これは全くの新商品ではなく5年ぶりに再販されたものだそうですが、以前試食した「チキンカツの牛すき丼」と同じ流れなのかな?
 
 「これまで販売した実績と比較して牛肉量20%増量し割り下を一新した牛すき焼きは、甘みと牛肉の旨味が相まってご飯のおかずとしてそのままはもちろん、次に合い盛りにしたサクサク衣のチキンカツと一緒に頬張り、さらに卵をからめて味わいの変化を楽しみながらお腹も満足する一品です。」というのがかつやのウリ文句。

Gyusukikatu001

 うーーーん、頼んでから気づいたのですが、牛すき焼きって「焼肉」ではなく「煮物」なんですなぁ・・・完全に失念していました。メニューや広告の写真を見れば一目瞭然ですが、チキンカツは割り下の中にどっぷり浸かっており、当然ながらサクサク感皆無。チキンカツ自体は超淡白な味わいなので、汁を吸いまくって味が濃くなりすぎる弊こそ免れましたが、これならチキンカツなんて入れずにネギや焼き豆腐などを入れて、完全に「牛すき焼き定食」にしたほうが満足度が高そう。「かつや」なのでどうしてもカツを入れたいんだろうけど、本業に拘るのが裏目に出た典型かと。
 
 この感じならチキンカツが汁に浸からない「合い盛り丼」のほうが良かったかも。でも以前「チキンカツの牛すき丼」を試食した際には「牛すぎ煮の甘辛たれが中途半端にチキンカツに染み込んで、せっかくのサクサク感すら失わせてしまう辺りがいかにも残念」という感想だったので大差はないかもなあ・・・
 
 牛すき煮とチキンカツって上手く噛み合えば破壊力抜群の2トップになるはずですが、実際は連携が悪くてお互いポジションが被り勝ちというか、お互いにスペースを消し合っているというか、そんな残念な2トップでした。

|

« 【DAZN観戦記】23年第1節:FC東京 2-0 浦和 ~ 負けたらあかん、負けたらあかんで東京に・・・ | トップページ | 羹と麺 嘉六田@御茶ノ水 ~ 光・中華麺のラーメンセット »