« 永屋@足立区加賀 ~ 醤油らぁ麺 | トップページ | 【DAZN観戦記】23年第1節:FC東京 2-0 浦和 ~ 負けたらあかん、負けたらあかんで東京に・・・ »

2023.02.18

【閉店】万世麺店@有楽町

Manzementen2212002

 有楽町駅日比谷口目の前の有楽町ビルB1F。約3年ぶりの再訪。隣の有楽町電気ビル共々、この界隈の大型ビルではかなり古いせいか地下の食堂街はちょっと新橋っぽい雰囲気を醸し出しています。先客5、後客7~8。
 
 店先のタッチパネル式券売機で基本メニューの「排骨拉麺(パーコーメン:980円)」を注文。この3年の間に130円も値上がりした上に、以前あった大盛無料サービスはなくなっていました。

 店内は多少屈曲した横長カウンター席がずらずらっと伸びていてテーブル席皆無。卓上にはラー油2種類、酢、テーブルコショー、ミル入り胡椒。

Manzementen2212001

 スープは本業の食肉業で毎日出てくる大量の豚や鶏のガラがベースの模様。いかにも伝統的というか古典的な醤油ラーメンで、よく言えばあっさりすっきりした味わい、悪く言えばなんだか物足りない感じがして、早々とコショウをぶっかけたくなります。

 麺は中太ほぼストレートタイプで、つるつるもっちりしたし食感。スープに合わせるなら中細麺で良さそうなものですが、パーコーに合わせたのかも。

 パーコーとは薄めの衣をつけて揚げた豚のスペアリブ。万世のウリだけあって、これは相変わらず傑出して美味い。ラーメンに浸かっていても衣はべちょっとしませんし、からっとした揚げ具合といい、豚の味わいといい、文句の付けようがない出来。さすが本業は肉料理屋。

 他に具は茹でもやし、薄切りメンマ、青菜、刻みネギ。

 諸般の事情でだいぶ値上がりしてしまい、この界隈でランチを1000円以下で収められる店は非常に限られてきました(´・ω・`)ショボーン

|

« 永屋@足立区加賀 ~ 醤油らぁ麺 | トップページ | 【DAZN観戦記】23年第1節:FC東京 2-0 浦和 ~ 負けたらあかん、負けたらあかんで東京に・・・ »