« 厚切り黒豚角煮めし@出水・松栄軒(新大阪駅・新幹線改札内で購入) | トップページ | 【観戦記】23年第20節:浦和 0-0 FC東京 ~ 今季の名物「スコアレスドロー」再び・・・ »

2023.07.08

【閉店】ジンジャーヘッドバッド@板橋 ~ ジンジャーヘッドバッド

Jinger2305002

 埼京線板橋駅西口を出てすぐ。西口周辺は未だ再開発途中で方向感覚を失いがちですが、駅を出た先の飲食店街内。鯛塩そば縁の隣で「板橋パーコーパーコー」の跡地。先客3、後客1。大山でほぼ1年営業しただけで板橋へ移転したものですが、浮き輪が「営業中」の札の代わりなのは「板橋パーコーパーコー」と同じなので、両者は何らかの関係があるのでしょう
 
 今回も基本と思しき「ジンジャーヘッドバッド(900円)」を注文。大山時代から50円値上がり。ランチサービスなし。店では「ジンジャーヘッドバッド」のことを単に「ラーメン」と呼んでいました(苦笑) なお大山時代は「基本醤油ベースですが+50円で塩に変更できる」との表示がありましたが、こちらでは見当たらず。

 メニューは他につけそばボストンクラブ、冷やしジンジャーまぜそば、冷やしジンジャーそばなど。「冷やし」は大山時代は限定メニューという位置づけでしたが、レギュラーに昇格したのかな?また店では相変わらずラーメンに唐揚げとライスが付いた「唐揚げ定食」を推していましたが、どう見ても食いすぎな上にラーメン屋の定食で1350円は高いんじゃないかなぁ・・・
 
 店内はL字型カウンター8席のみ。椅子は硬い木製で腰に良くありません。またカウンターの背後が狭いのも難儀。卓上にはミル入り胡椒と酢。店は若いねーちゃんが一人で切り盛りしていてかなりしんどそう。

Jinger2305001

 スープは鶏ベースの清湯醤油味。デフォルトでもかなり生姜が効いていますが、よくかき混ぜると底にたっぷり溜まっていたおろし生姜がどどっと浮かび上がって来てまさしく生姜まみれに!! さすがに「脳天直撃」とまではいかず、背中がスースーするほどでもありませんが、生姜を前面に押し出した店だけのことはあります。また見た目と違って醤油がうるさくない辺りも気に入りました。

 麺は村上朝日製麺所製の平打ち&中太縮れ入り。手もみらしいピロピロ&ツルツルした口当たりですが、大山時代で試食した際よりも明らかに硬めの仕上がりに。また大山時代は「麺量に比べて丼がやや小さいため少々食べづらい嫌いも」という感想を抱きましたが、丼を変えたのか、麺量が減ったのか、今回はそんな感じはせず。

 具としてフライドチキンが2つゴロンと転がっているのが異色。大山時代にあった能書きによると「特製タレで下味を付けた鶏もも肉を揚げたもの」だそうです。具は他に極太メンマ、手毬麩、白髪ネギ、刻み青ネギ、海苔。
 
 相変わらず大満足の一杯でした。

|

« 厚切り黒豚角煮めし@出水・松栄軒(新大阪駅・新幹線改札内で購入) | トップページ | 【観戦記】23年第20節:浦和 0-0 FC東京 ~ 今季の名物「スコアレスドロー」再び・・・ »