« 【短感】CWC準決勝:浦和 0-3 マンチェスターシティー ~ ぐうの音も出ない完敗 | トップページ | ビーフシチュー@松屋 »

2023.12.20

ナギチャンラーメン@西武新宿 ~ 中華そば

Nagichan2311002

 TOHOシネマズの東、新宿区役所の北。「凪 ゴールデン街店別館」跡地で周囲はホストクラブやギャバクラの広告だらけという歌舞伎町のど真ん中に立地。24時間営業のようですが先客1、後客ゼロと寂しい客入りで、これでは昼間は営業する意味があるのかどうか・・・
 
 店内のタッチパネル式券売機を見るとメニューはなんと「中華そば(890円)」のみ。小滝橋通り沿いの「クマちゃん」同様、券売機下に置いてある緑のプレートを食券と一緒に提示するとご飯が無料サービス。しかもおかわり可。

 店内はくの字型カウンター14席。卓上には酢、白ゴマ、一味、ご飯用と明記されているマヨネーズ、おろしニンニク、そして中BASCOという謎の辛味調味料。さらにカウンター上にバリバリきゅうりと紅生姜。「クマちゃん」に置いてあった「んモーッHOT」は見当たらず。

Nagichan2311001
 
 「クマちゃん」同様、スープは丼になみなみと注がれた状態で登場。動物系出汁はしっかり効いており、しかも「クマちゃん」は「その旨味を完全にかき消してしまうくらい塩気が強い」という感想を抱いたのに対して、こちらはそこまでしょっぱいとは感じず。また「クマちゃん」ほど無駄に熱々でもなく、酔客が多いという客層に合わせてマイルドシフトした感じに。でもさすがに終盤はしょっぱく感じるようになって飲み進むには至らず。
 
 麺は新宿だるま製麺製平打ちほぼストレート中太タイプ。表面の脂も手伝ってつるつるした食感で、若干柔らかめの茹で上がり。この手のラーメンには調味料を入れてナンボなので中BASCOを試してみましたが、これが実に良く合いました。
 
 チャーシューは薄いながらも「チャーシュー麺」と称してもなんら不思議はないくらいたっぷり入っています。しかもたまたまチャーシューの切れ端と思しき塊もあってラッキー島倉千代子。刻みネギも多め。他に細メンマ。
 
 無料のライスは半ライスくらいしかなく、チャーシューだけでおかずには十分すぎるくらい。キュウリの漬物の出番はありませんでした。
 
 「クマちゃん」よりだいぶ高いものの、それでもこの場所でこの値段。「そこそこ安くてそこそこ美味くて、とりあえずお腹一杯になる」という意味で「ちゃん系」らしいコスパが良い店です。

|

« 【短感】CWC準決勝:浦和 0-3 マンチェスターシティー ~ ぐうの音も出ない完敗 | トップページ | ビーフシチュー@松屋 »