« 大阪屋@香登(岡山県) ~ ホルモンうどん定食 | トップページ | 天然うにいくら丼@なか卯 »

2024.01.26

麺処M@十条 ~ 純とんこつ

M001

 埼京線十条駅南側の踏切がある大通りを東へ。「喜多方食堂 麺や玄」や「成り上がれ」などの跡地。先客、後客ともゼロ。
 
 券売機は無く、卓上のメニューを見て「純とんこつ(750円)」を麺カタで注文。ランチサービスなし。後払い。
 
 メニューは他に新とんこつ、辛とんこつの三本立て。純とんこつと新とんこつの違いは店内には明示されていませんでしたが、ネットでは「純とんこつは豚骨100%、新とんこつは豚骨+魚介」との話も。
 
 店内はL字型カウンター11席のみ。卓上にはラーメンのタレ、ブラックペッパー、紅生姜、ごまニンニク、生にんにく。フツーのすりごまや辛子高菜は見当たらず。

M003

 ややとろみがかったスープは豚骨臭皆無。味は濃い目で若干しょっぱいと取るか甘めととるか微妙。豚骨臭満点、豚骨のざらつきを感じるような本番志向ではないものの、首都圏向けにカスタマイズされたマイルドタイプとも言い難く、良い意味で中庸な面白いスープでした。

 麺は極細ストレート。水気が少なそうな麺ですが、「カタ」だとごわつくほどでもなし。量は明らかに替え玉前提で、替玉(+100円)もカタで注文。替え玉は皿で出てきました。
 
 店ではこのままだと味が薄くなるので卓上の「ラーメンのタレ」を勧められましたが、もともとスープの味が濃いめなので個人的には入れなくてもいいかと。

 具にキクラゲではなく細いメンマを入れているのがユニーク。またチャーシューはこの手の一杯にしては厚みがあり、少なくもペラペラではありません。他に海苔、刻み青ネギ。

 博多ラーメンも替え玉すると1000円超えの店が増えてきた中で、かなりコスパが良い店だと思います。ただ駅から少々離れたこの場所は長続きしないんだよなぁ・・・

|

« 大阪屋@香登(岡山県) ~ ホルモンうどん定食 | トップページ | 天然うにいくら丼@なか卯 »