« 一歩@川口上青木 ~ スジチゲ定食 | トップページ | 高知のいも天@日曜市・大平商店 »

2024.02.22

シャリアピンソースハンバーグ定食@松屋

Syariapin2402002

 松屋が2024年2月20日より期間限定発売中の「シャリアピンソースハンバーグ定食(890円)」を試食。

 「ふっくらジューシーなハンバーグと魔法のソース『シャリアピンソース』がフュージョンします。『シャリアピンソース』はあめ色になるまで煮詰めた玉ねぎとにんにくの旨味が決め手のガツンと系。洋食では定番のソースですが、ごはんに合うように"和風仕立て"で、まろやかな味わいも感じられるソースに仕上げています。さらにこの度、フランスの郷土料理であるじゃがいものグラタン『ドフィノワーズ』を松屋流にアレンジし添えており、お肉の旨味もお芋の旨味もたまらない逸品です。」というのが松屋のウリ文句。

Syariapin2402001

 「シャリアピンソース」って洋食では定番のソースらしいのですが、恥ずかしながら完全に初耳。「あめ色になるまで煮詰めた玉ねぎ」とあるので甘めの味なのかな?と思ったのですが、どこに由来するのか甘いどころか酸味強め。そして「にんにくの旨味が決め手のガツンと系」というフレーズから察せられるように、結局のところいつもの松屋の味という気がしないでもなく。

 ただそれは悪い意味ではなく、安心安定、信頼と実績という意味での「いつもの松屋の味」。ちょっと濃すぎるくらいの味ゆえご飯がやたら進み、並盛だとご飯が足りなくなるのは必定。余ったソースをサラダにかけると良い箸休めになります。

「ドフィノワーズ」は箸休めには重く、単なるかさ増し要因な気がしてなりませんが、単なるポテサラと違ってグラタンらしい少々チーズ臭い面白い味で、これはこれで一興。

 そして松屋のハンバーグは相変わらずファミレスのそれと比べても遜色ないどころか、値段を考えれば上出来と言えるのは過去何度も経験済み。ジューシーというのはやや誇大表示だと思いますが「ふっくら」な仕上がりのは間違いなし。
 
 ソースをあれこれ変えて何度も登場してきますが、松屋のハンバーグ系定食にハズレなし。今年もお世話になります。

|

« 一歩@川口上青木 ~ スジチゲ定食 | トップページ | 高知のいも天@日曜市・大平商店 »