« とりかご@池袋 ~ 鶏醤油 | トップページ | 多繋@池袋 ~ 黒豚 »

2024.02.13

シュクメルリ鍋ライスセット@松屋

Syukmeruri2402001

 松屋が2024年2月6日より期間限定発売中の。「シュクメルリ鍋定食」の廉価版「シュクメルリ鍋ライスセット(930円)」を試食。「シュクメルリ鍋定食」は2019年12月にテスト販売、2020年1月に全国販売を開始したところ結構売れたようで、2021年1月に期間限定で復活。そして2023年7月に実施した「第3回松屋復刻メニュー総選挙」にて1位を獲得し、この度の復活販売となったようです。

 なお「シュクメルリ鍋ライスセット」はサラダが付かない廉価版という位置づけで、ちゃんと簡易コンロ付きの鍋で出てきます。

 松屋によると「シュクメルリ」は世界一にんにくを美味しく食べるための料理とも称されており、やわらかな鶏肉を食欲そそるガーリックの効いたホワイトソースとチーズで煮込んだジョージア国の郷土料理とのこと。

 そして「松屋の『シュクメルリ鍋定食』は日本のごはんに合うようにソースにこだわり開発。また甘味のあるサツマイモと、レッドチェダーやゴーダ、モッツアレラチーズをブレンドしたとろ~りチーズはジューシーな鶏肉とも相性抜群。ガーリックテイストでありながら、ソースと具の一体感をお楽しみいただけます。」というのが松屋のウリ文句。

Syukmeruri2402002

 個人的にはチーズもホワイトソースもご飯のおかずとしては乳臭くてやや苦手ですが、「シュクメルリ」はニンニクをたっぷり利かせたせいか、苦手な乳臭さが抑えられてなかなかいい感じに。また松屋名物の「ごろごろチキンカレー」に匹敵するレベルで鶏肉がごろごろ。

 その一方、この「ニンニクをたっぷり利かせた」というのは松屋の得意技すぎて、いつものというか、何度も食べたことがある松屋の味に落ち着いている気もします。悪く言えばチーズといい、ホワイトソースといい、そして悪い意味で松屋名物と化している淡白すぎる鶏もも肉といい、過去松屋の商品で何度も使いまわされている食材なり調味料なりを上手く再転用して、「ジョージア料理」という極めて目新しいパッケージで包み直し、再構成しただけに過ぎない気も少々。
 
 またホワイトソースにジャガイモではなくサツマイモというのが個人的には結構違和感。ジョージアで南方的な芋=サツマイモなんて食うんか???という疑問が拭えませんが、駐日ジョージア大使が「シュクメルリ鍋定食」をガチ推ししているところを見るとそんな細かいことは気にしていないのかも(苦笑)。

|

« とりかご@池袋 ~ 鶏醤油 | トップページ | 多繋@池袋 ~ 黒豚 »