« 千秋@高知 ~ 鍋焼きラーメン | トップページ | 珍珍珍 高島通り店@蓮根 ~ トンコクラーメン »

2024.04.21

【観戦記】24年第9節:浦和 0-1 G大阪 ~ この程度の相手にすら負けるのか・・・

 そんなにうまく行っているようには見えないG大阪にすらたいして決定機を作れず、派手なやらかしからカウンターを食らって失点し、その後はロクに反撃も出来ずに負ける。しかもホームで。これで荒れるな!!って言われてもなぁ・・・

《スタメン》

 浦和は前節から佐藤→ショルツ、小泉→大久保、松尾→中島とスタメン3枚入れ替え。前節ベンチスタートだったショルツは満を持してスタメン復帰。代わりに不振のマリウスがベンチに回ると思いきや、ベンチスタートになったには佐藤のほう。

 また松尾は「腰痛を持っていますので、練習も参加したりしなかったりということがありました。」という状態なので無理はさせられなかった模様。

 今節は堀内に代わって早川がベンチ入り。ベンチに若手枠、事実上の見学者枠みたいなのを一つ設けたのかも?

 G大阪は前節から倉田→唐山の入れ替えのみ。G大阪は故障者が多くてGK東口、右SB半田、右SB松田、OMF山田、SHアラーノが離脱中。ネタラヴィがベンチ外なのは謎。

《試合展開》

 G大阪の布陣は昨季の4-1-2-3から4-2-3-1へ変更。ただ1トップはフリーダムな宇佐美なので事実上ゼロトップに近い感じ。しかも宇佐美をスタメン起用しているせいか、G大阪はほとんど前からプレスをかけて来ないので浦和は楽に両サイドの高い位置までボールを運べました。しかし前半は笑えるくらいそこから何も起こらずじまい。

 この試合で面白かったのは中島の左WG起用。しかし、自由人中島はWGらしくタッチ際に張っている訳ではなく、しょっちゅう中へ入り勝ち。左IHに起用された大久保が中島と入れ替わって左大外に出るならそれはそれで一理ありでしょうがそんな場面は多くはなく、大外には高い位置を取る左SB渡邊がポツンといるだけ。結構リスキーなやり方だと思いましたが、リスクをかけている割には決定機が出来ないという割の合わなさ・・・

 でも左サイドは何かが起きそうな気がするだけマシで、右サイドは沈黙したまま。よって浦和がボールを持ってG大阪を押し込んでいる時間こそ長いものの決定機は全く作れず。

 一方G大阪は浦和の前プレに苦しんでボールを前に運べず、浦和以上に上手く行ってない様子。DAZNのスタッツでは両チームのゴール期待値は奇しくも共に0.11。やたら高いゴール期待値って現場の印象と著しく乖離していることがよくありますが(リカ時代に顕著)、非常に低いゴール期待値はほぼ現場の印象そのまんま。正直あまり上手く行ってないチーム同士の塩試合で前半終了。

 そんな塩試合を最初に打破しかかったのは浦和。48分マリウスのサイドチェンジを契機に前田→伊藤→グスタフソンとこの試合初めて右サイドからの見事な崩しが決まりましたが、ボックス内に突入したグスタフソンのシュートはわずかにバーの上。55分左サイドから渡邊クロス→ファーで伊藤ヘッドとこれまたヘグモ流らしい崩しが決まりましたが、伊藤ヘッドはポスト直撃。

 そして結局浦和が良かったのはこの2回こっきり。66分前田→松尾、中島→安居と代えて以降は再び戦況はグダグダ模様に。ヘグモ流4-1-2-3で適性ポジションがなさげな安居はともかく、松尾は腰痛のためにロクに練習出来ていないせいか完全にキレを失っていて投入した意味は全くありませんでした。

 さらにヘグモは76分大久保→小泉、ショルツ→佐藤と交代。試合後のコメントを読むとどちらもフル出場は無理で半ば予定通りの交代だったようですが、残念ながら結果的に選手を代えれば代えるほど悪くなるヘグモお馴染みのコースにずっぽり。

 そして78分グスタフソンの横パスを伊藤が収め損ねたのを契機にカウンターを食らって、柏戦とそっくりな形で浦和左サイドからのウェルトンのクロスを坂本に蹴りこまれて失点。坂本に付いていたのは奇しくも安居と佐藤=共に後半投入の選手。要するにショルツがいたらあの失点はなかったでしょうが、ショルツをフル出場は無理な段階で出したんだから受け入れるしかないのかも。でもこれが「選手を代えれば代えるほど悪くなるヘグモコース」。

 その後は興梠を投入するも反撃らしい反撃もできずにそのまま試合終了。

Gosaka2404013

《総評》

 DAZNだとシュート数13対5(うち枠内5対2)、CK数11対0。しかも本来ボールを持ちたがるポヤトス相手に浦和のボール支配率が63%。試合終了時のゴール期待値は1.02対0.46となかなかに凄まじいスタッツが並んでいますが、勝ったのはG大阪のほう。

 90分を通じてG大阪にはほとんど何もやらせておらず、ワンチャンスを決められての敗戦。まぁそのワンチャンスがあまりにも判りやすい大失態を契機とするカウンターからの被弾で、それだけでも十分に腹立たしいのですが、どう見てもうまく行っているようには見えない相手にすらたいして決定機を作れずにホームで負けるのは心底堪えました。

 いかにもカウンターには脆そうな終始前がかり、前のめりの姿勢を取っていながら決定機が作れないってこの監督なんなん??ってさすがに思います。WGはけが人だらけ、IHはそもそも適任者が岩尾しかいない、左SBは魔改造された選手と監督のやりたいことと手駒がマッチしていない点は同情の余地はありますが、そんな編成を組んだ、そしてそんな監督を招聘したFB本部の幹部はいきなりトンズラで、もう「責任者出てこーーーい」って人生幸朗ばりに叫ぶのも虚しくなりました。

 皮肉なことにヘグモがしきりに言っている「ハイプレスの文化」=「前のめりな守備」とそれがはまらなかった時の守備ブロック形成への切り替えだけは徐々に成果が出てきたと思います。でもヘグモを招聘したのはそっちが主眼ではなかったはずでしょうに。興梠が「守備の練習ばかりしてる」とこぼしていたのはどうやら本当みたいで・・・

 ヘグモは会見の最後で「オラ ソルバッケンもジョギングをはじめましたので、トンネルの奥から光が見えてきた気がします」と語っていますが、なんか映画「ヒトラー ~ 最期の12日間」でヒトラーがありもしないなんとか師団にベルリン防衛を命じていたのと似たような絶望感を覚えました。

 この敗戦を受けてルヴァン杯@鳥取はGKも含めてほぼフルターンオーバーでしょう。中3日でホーム名古屋戦を控えている以上仕方ありません。

 一方ポヤトスは昨季浦和に4連敗したのが相当堪えていて、この試合は自分がやりたいことを捨てて「浦和に勝ちやすいやり方」で臨んだのかも。ゆえにあれで負けてたらチームが壊れるのはG大阪のほうだったかも。ホンマ低調なチーム同士ながら、紙一重の差でG大阪が勝った印象しか残らない残念な試合でした。

《選手評等》

・伊藤は攻守とも決定的に悪目立ちしてしまいましたが、2度の決定機に絡んだ場面だけ取り出すと復調の兆しをわずかに掴みつつあるだけまだマシと思いました。伊藤よりも小泉のほうがもはやどうしようもないかと・・・

・自由人中島のコンディションが上がっていて、強度高めのプレスがかけられていたのは今日の良かった探し。

・西川のフィードは簡単にタッチを割る場面が連発していた頃よりは格段にマシになっていたかと。これも良かった探し。

・西村主審が少々の交錯ではファウルを取らないのはともかく、後方からのファウルまで取らないのはヤバすぎ!! もっとも後半裏を取られた渡邊が途中投入の岸本をボックス内で倒したのをノーファウルにした(なぜかVARも介入せず)ので、西村主審の笛で得をしたのは浦和だったかも。

・前売りで4万枚売れていて、実際の入場者も4万人ちょっと。好天のためかノーショーが少ないという最近の浦和には珍しい結果に。でもビジターがアホほど来ないと4万人超は難しいみたいで。今年はGWのホームゲームが2試合もあるという、浦和には非常に珍しい日程が組まれていますが、こんな残念な試合を受けて果たしてどうなることやら?

Gosaka2404002


中島---サンタナ---前田
--大久保---伊藤--
-----グスタフ-----
渡邊-マリウス--ショルツ-石原
-----西川-----

(交代)
66分 中島→安居
66分 前田→松尾
76分 大久保→小泉
76分 ショルツ→佐藤
83分 伊藤→興梠

Gosaka2404001

----宇佐美-----
ウェルトン---坂本---唐山
---ダワン--鈴木---
黒川-中谷--三浦-福岡
-----一森-----

(得点)
78分 坂本

(交代)
58分 唐山→岸本
72分 福岡→中野
88分 ウェルトン→山下
88分 坂本→倉田

|

« 千秋@高知 ~ 鍋焼きラーメン | トップページ | 珍珍珍 高島通り店@蓮根 ~ トンコクラーメン »