« 武蔵神山@神田 ~ らー麺 | トップページ | 栄養軒@宮崎神宮 ~ 肉デラ »

2024.04.08

【観戦記】24年第7節:浦和 3-0 鳥栖 ~ 浦和桜が満開じゃ!!!

 赤者は「相手の嫌がる位置をとってきっちり崩す」「リスクをコントロールしながら点を取りにゆく」みたいなお利口さんなサッカーではなく、とにかくワーワー、前へ前へが大好きなんだよなあ。上手く行ってる時のヘグモはめっちゃ浦和向き。上手く行ってる時は!!

《スタメン》

 浦和は監督から「FC東京戦で膝を少し痛めた」との話が合った酒井がベンチ外になって石原がスタメンに抜擢された他、大畑→松尾と入れ替え。安居がついにベンチ入り。

 鳥栖は丸橋→木村、冨樫→アラウージョとスタメン二枚入れ替え。キム・テヒョンは丸橋に代わって本職の左SBへ戻った格好。

 なお鳥栖は例年オフに主力が大量に引き抜かれる「賽の河原状態」でリーグ開幕を迎えるのが通例。しかし、もはや引き抜かれて然るべき選手も少なくなったのか、今季は昨季の主力からCF小野(新潟)、ファンソッコ(蔚山)、岩崎(福岡)がいなくなった程度で、代わりにCFヒアン(横C)、CBキムテヒョン(仙台)、丸橋(C大阪)などを補強。よって例年ほどの賽の河原状態ではない模様。

Tosu2404004

《試合展開》

 立ち上がりの浦和は左サイドから松尾&渡邊のコンビネーションプレーで大攻勢。4分渡邊のシュートはブロックされたものの、それで得た岩尾CK→サンタナヘッドで浦和が早々と先制。サンタナがマークについていた長沼を上手く交わしてどフリーになりましたが、これはサンタナの前後にいたマリウスや佐藤を含めてのデザインされた形だったようです。

 しかしその後の試合内容はやや塩分高め。浦和の前ハメは何とも微妙で鳥栖もビルドアップにそれなりに困ってはいましたが、浦和は高い位置でのボール奪取によるショートカウンターの好機を活かしきれず。

 また浦和は前ハメを交わされて自陣に押し込まれる場面も少なくありませんでしたが、鳥栖はボールを握ったところで右サイドからしょっぱいクロスを入れるのが精一杯。結局浦和のカウンターに晒される場面が目立ちましたが、残念ながら浦和はこれも活かせず。

 10分石原→サンタナポスト→石原スルーパス→前田ボックス内突入は鳥栖のプレスを交わしまくった見事なものでしたが、前田がわずかにオフサイド。20分グスタフソンのボール奪取から始まるロングカウンターで石原縦パス→岩尾ヘッドで落としてボックス内に前田突入という好機がありましたが、前田はシュートを撃ち切れず。

 浦和が先制点を取った後の最大の決定機は珍しく鳥栖を自陣に押し込んだ時間帯で、42分伊藤スルーパス→サンナタがシュートを放ちましたが、ここはGKセーブ。というか、サンタナの坊主頭が一つ前に出ていてそもそもオフサイド。

 一方鳥栖はしきりに渡邊の裏を突いていましたが、前半曲がりなりにも攻撃の形になったのは意外にも左サイドからで37分菊地クロス→長沼ヘッド。長沼は上手くマリウスの前に入りましたが、身体が伸び切っているのかヘッドが力なく西川のもとへ。

 塩分高めの戦況を打開すべく先に動いたのは1点ビハインドの鳥栖。後半頭から福田→横山、アラウージョ→富樫の2枚替えで、左SH横山、右SH長沼、CH菊地と配転。しかし、その甲斐もなく53分菊地の緩すぎるパスをカットした佐藤がそのまま前進してセンターライン付近からふんわり浮き球で前方へ展開→裏抜けに成功した松尾がGKすら交わして難なくゴール!!

 前半26分にもマリウスの縦パスを受けて松尾が裏抜けした場面があり、鳥栖の高い最終ラインの裏を狙うのは戦前からの狙い通りだったと思われますが、それにしてもCB佐藤の持ち出し&正確で受け手に優しいフィードは見事でした。

 その後は浦和の前ハメが猛威をふるって、ほぼ一方的な浦和ペースに。56分マリウスがハイボールを跳ね返したのが伊藤に繋がって前田→伊藤の決定機となりましたが、ここはGKセーブ。

 ヘグモは三連戦を考慮してか、64分前田→大久保、71分岩尾→小泉、松尾→中島、さらに81分サンタナ→興梠、伊藤→安居と矢継ぎ早に選手を代えましたが、選手交代が悉く不発だった前節FC東京戦とは一変してやることなすこと全てが上手く行く好循環に。

 80分小泉スルーパス→中島シュートはやや角度が厳しくてGKにセーブされましたが、83分大久保→中島→大久保のコンビネーションプレーがハマって3点目。右からカットインしてきた大久保を中島が上手く使えるのはヴェルディ育ちだからこそ判りあえる何かなのか・・・北関東ではダメだったのか・・・

 90+4分にも小泉スルーパス→大久保の決定機がありましたが、大久保はGKとの一対一でシュートを仕様通りにGKにぶつけてしまい「夢のドッペルパック」ならず。

 後半の鳥栖は選手を替えれば替えるほど悪くなり、昨季まではGKを巧く使って得意としていてビルドアップが全く出来なくなって浦和相手に手も足も出ず。デュエルでも概して劣勢で、全然鳥栖らしくなくなってきたみたいで・・・ そして既に2点ビハインドなのにグスタフソン・中島・興梠とめっちゃ寄せてもボールなかなか奪えない選手が浦和には3人いると判った時の鳥栖の絶望感はハンパなかったでしょうなぁ・・・そして3点目を取られて事実上試合終了。

Tosu2404003

《総評》

 DAZNのスタッツを見るとシュート数浦和21対7、うち枠内8対2。しかも浦和のシュートはボックス内から撃っているのが大半。鳥栖はGKパク・イルギュの奮戦でなんとか3失点に留まったと言っても過言ではないくらいの、結果・内容とも浦和の圧勝でした。

 前節FC東京戦はサンタナの超ロングシュートが決まってなんとか先制したものの、後半の失点の仕方が酷い上に立て続けの失点で逆転された後はこれといった反撃も出来ず、選手交代は悉くハマらず試合終了。「負けは負けでも負け方にも程があるだろう!!」と憤懣やるかたない赤者にガソリンをぶちまけるような酷い負けだったので続くホームゲーム鳥栖戦で連敗したらヘグモ監督は一気に逆風の嵐に見舞われること必定と思っていました。

 ところがふたを開けてみたら前節とは一変してケチのつけようがないほぼ完全無欠の完勝。正直鳥栖の出来が酷すぎたからとは思いますが、FC東京戦でにわかにかき曇った暗雲を吹き飛ばすかのようなほぼ100点満点の快勝でした。悪く言えば今季は試合による出来不出来が激しいシーズン、失点は少ないがスコアレスドローだらけだった昨季とは一転して安定して勝ち点を積めないシーズンになるかもしれません。

 試合前の会見でヘグモは「最終ラインは低すぎない?」「GKどうすんねん?」「チンタラ戻っている敦樹をどう考えとるん?」「守備に約束事はあるんか?」等々とにかく守備が酷い件について厳しい質問に晒されていましたが、ヘグモなりに修正したのでしょう。

 この試合後の会見で「前線のプレスがハッキリする」→「DFたちはより状況を読みやすくなって、自分のゾーンに入っている相手に対して強く行くことができる」と、この試合で良くなった点を雄弁に語っています。アンカーの周りのスペースを使われがちな問題点に対する一つの解は「CBが前に出て潰す」なのですが、CBが前に出られるようにするには前からのプレスが効かないと意味がありません。そこまで短期間でよくヘグモが立て直したと思いました。

 また浦和のもう一つの課題=ビルドアップも鳥栖の前ハメが効かなかったことを川井監督が嘆いているのを見ると、歩みは遅々としながらも改善している模様。10分の好機はその一例。ヘグモはそれに加えて「攻撃の面では、後ろからつないでプレーするところがさらに発展していると思います。後ろからつないで組み立てていって、それをゴールにつなげることもできますし、その中で相手がマンツーマン気味にマークをしてきたときに前線の選手を使う判断もすごく良かったです。」と細かく繋ぐ場面と一気に裏を狙う場面の使い分けが出来てきたことを称えています。

 前半自陣に押し込まれる時間帯もそこそこありましたが、この試合の浦和は総じて前がかり。赤者は「相手の嫌がる位置をとってきっちり崩す」「リスクをコントロールしながら点を取りにゆく」みたいなお利口さんなサッカーではなく、とにかくワーワー、前へ前へが大好き。そしてこの試合ではその前がかりな姿勢がハマりました。上手く行ってる時のヘグモはめっちゃ浦和向き。上手く行ってる時は!!

Tosu2404005

《選手評等》

・酒井の故障を受けてついに浦和でスタメン出場を果たした右SB石原は出色の出来!!一対一に強くて強度マシマシ系な辺りはいかにも湘南育ち。石原はガンガン前からハメに行く守備でこそ活きるタイプなのでしょう。低い位置で守備ブロックを組んだ時の評価はまた別かもしれませんが、それはそもそもヘグモ流ではありませんし。石原はイケメンだから出番増えると人気でしょう。

・石原は妻子を湘南エリアに残して単身赴任しているそうですが、やっと家族に「パパ、試合に出たよ!!」って胸を張って報告できそうでなにより。そして試合後のインタビューでは常に降格の危機と背中合わせだったチームから優勝を狙えるチームにステップアップ出来た喜びが迸っていました。だからサブでも全然腐らなかったのでしょう。そしてようやく回ってきた出番で大ブレイク。本当におめでとう!!

・そして石原と共に「仕方なく使ってみたら滅茶苦茶良かった!!」の両巨頭になっているCB佐藤。単にハイボールを跳ね返すのが得意なだけでなく、後方から縦パス突きさしまくるわ、おまけに前が空いてたらガンガン持ち運ぶわとショルツ不在を全く感じさせない獅子奮迅の働きぶり!! 松尾へのアシストなんてショルツがいくら試しても全然上手くいかない「モーゼ攻撃」がハマったようなもんだからなぁ・・・これが「シン・モーゼ攻撃」なのか!!!そしてこの佐藤の出番がなかったG大阪のCB陣ってどんなに凄かったんだろう???

・サンタナはようやくコンディションが100%整ったようで、開幕来外しまくったヘディングシュートがようやく炸裂。そして守備面での貢献度も案外高く、ポストプレーもボックス内で踏ん張れるほど得意ではないにせよ組み立ての過程でそれなりに使えることも判明。またJリーグ歴が長くなったせいか、CBに抱え込まれるなどのファウルを全然取ってくれない残念な主審にぶちきれないのが良い。カンテはなんか知らんけど突然スイッチ入って一発レッドもらってたからなぁ・・・そこそこ点を取ってくれる上に攻守のバランスを考えればユンカーはもちろんカンテよりも良いCFかも。

・献身的にボールを狩りに行く中島って何かのバグかよ!!って思いました(苦笑)良い意味で調子乗りの若者みたいなプレーぶりでした。

・鳥栖時代の仙頭が岩波の頭目掛けて繰り出したライダーキックをイエローどまりにした事案に象徴されるように、とにかく判定基準が滅茶苦茶なことで悪名高い笠原主審。昨年もFC東京との開幕戦で東のファウルやりたい放題を放置。そしてこの試合では27分石原のテヒョンとのイーブンな競り合いにはイエローが出て、松尾がCB山﨑の裏を取って抜け出しかかったところで、足をかけて止めた山﨑にイエローが出ない不可解さ。Jリーグの残念さを象徴するとにかく残念な主審です。

Tosu2404001


松尾---サンタナ---前田
--岩尾----伊藤--
-----グスタフ-----
渡邊-マリウス--佐藤-石原
-----西川-----

(得点)
5分  サンタナ
53分 松尾
83分 大久保

(交代)
64分 前田→大久保
71分 岩尾→小泉
71分 松尾→中島
81分 伊藤→安居
81分 サンタナ→興梠

Tosu2404002

-----アラウージョ----
長沼---堀米---菊地
---河原--福田---
テヒョン-木村--山﨑-原田
-----イルギュ-----

(交代)
HT 福田→横山(左SH横山、右SH長沼、CH菊地へ)
HT アラウージョ→富樫
57分 堀米→ヒアン(ヒアンCF、富樫トップ下へ)
65分 原田→中原
79分 山﨑→丸橋(丸橋左SB、テション左CBへ)

 

|

« 武蔵神山@神田 ~ らー麺 | トップページ | 栄養軒@宮崎神宮 ~ 肉デラ »