« 【SPOOX観戦記】24年ル杯3回戦:長崎 1-0 浦和 ~ 収穫皆無の敗戦 | トップページ | 駒や@馬出九大病院前(福岡) ~ ラーメン »

2024.05.23

チミチュリソースハンバーグ定食@松屋

Timichuri2405002

 松屋が2024年5月21日より期間限定発売中の「チミチュリソースハンバーグ定食 (830円)」を試食。

 「チミチュリソースハンバーグ定食」は松屋の世界紀行シリーズの一環で、今回はアルゼンチンの味。「チミチュリソース」とは「アルゼンチン発祥の南米ではポピュラーなソースで、パセリの鮮やかな緑色と、爽やかな酸味、青唐辛子のピリッとした辛味が特徴です。」とのこと。

 そして松屋の「チミチュリソース」は、「爽やかなトマトの酸味に玉ねぎ、にんにく、鋭さのある辛さをアクセントに、鉄板でジューシーに焼き上げたハンバーグを何倍にも美味しく仕上げる唯一無二の魔法のソースに仕上げています。」と明言はされていませんが、いつものように松屋流の魔改造が施されている臭いがプンプン。それでもテスト販売時にアルゼンチン大使館の外交官が試食し、「美味しい」のお墨付きを得たそうです。

Timichuri2405001

 うーん、ソースではなく「特製旨味オイル」がやたらドバドバかかっているようで、油まみれの見た目に少々食欲が削がれます。

 また松屋は「大変辛いので辛いものが苦手な方やお子様はご注意ください」と注意書きまで添えて辛さを強調していますが、食べ始めに強烈に襲ってくるのは辛さではなく酸味。食べ進んで酸味に慣れると、絶えず舌を刺激してくる辛さが酸味に代わって卓越してくる感じでしょうか。それでも辛さはたいしたことはありません。

 むしろ気になったのはマクドのハンバーガーなどに入っているピクルスに相通じるような味の癖。個人的にはあのピクルスが苦手なので、チミチュリソースは嫌いというほどではないにせよ、正直何度も食べたくなる類のものとは感じませんでした。

 それでもなんだかんだと「いつもの松屋の味」に堕しがちな「世界紀行シリーズ」の中では松屋離れしたチャレンジングな一品と評価されるべきなのかも。

 そして余りまくる「赤いチミチュリソース」と「特製旨味オイル」はご飯には合いそうにないのでサラダのドレッシング代わりに。

|

« 【SPOOX観戦記】24年ル杯3回戦:長崎 1-0 浦和 ~ 収穫皆無の敗戦 | トップページ | 駒や@馬出九大病院前(福岡) ~ ラーメン »