« 【短感】23-24年第21節:I神戸 0-2 浦和L | トップページ | 【アカモク入】ねばとろ定食@やよい軒 »

2024.05.20

【DAZN観戦記】24年第15節:磐田 1-1 浦和 ~ 勝ち点3まであと一方足りず

 自陣にしっかり守備ブロックを敷く相手を崩しきれなかった訳ではないどころか決定機を量産できるようになった辺りに成長を感じましたが、勝ち点3ゲットには肝心なところで精度欠きまくりでした。

《スタメン》

 共に前節から中3日。浦和のスタメンは前節と全く同じ。サブも小泉に代わって堀内が入っただけ。前節故障でベンチ外となったグスタフソンも大久保はこの試合でもベンチ入りできず。

 磐田のスタメンは小破離脱していたGK川島がスタメンに復帰した他、前節から古川→平川と入れ替え。いつの間にか大黒柱扱いになっているジャーメインは依然負傷離脱中。

Iwata004

《試合展開》

 磐田の守備はハイプレスとミドルブロックを併用するどころか、ほとんど浦和最終ラインにはプレスをかけずに自陣にしっかり4-4-2の守備ブロックを敷くことに専念する、やや極端なスタイルを取ってきました。前節京都が猪突猛進的なハイプレスで浦和に挑んで文字通りボコボコにされたのを見て、対浦和スペシャルなやり方に転じたのかもしれません。

 こうなると浦和が序盤から一方的にボールを支配するのは当然。開始早々ショルツが右サイドで持ち上がったのを契機に前田・伊藤とワンタッチパスが繋がって最後はサンタナのシュートで終わる良い形を作りましたが、それ以降は全然縦パスを入れられずに最終ラインでボールをだらだら回すだけに。浦和のチャンスらしいチャンスは25分アーク付近からの中島のシュート2本(最初はDFにブロックされ、2本目は力なく川島の正面へ)くらい。浦和のボールポゼッションは一時80%にも達しましたが、持たされているといっても過言はないかったと。

 一方磐田はサイドチェンジからハイクロス攻撃に活路を見出しているようでしたが、こちらも決定機皆無。

 退屈極まりない前半でしたが、それでも浦和が焦らずじれずに磐田の守備ブロックを左右に動かし続けたのがそれなりに効いたのか、後半になると浦和は決定機を量産。

 47分中島のサイドチェンジを受けて右サイドからカットインした前田のシュートはブロックされたものの、そのこぼれ球を伊藤が拾って反転シュートを放つも川島の正面。56分ボックス内で前田横パス→サンタナシュートは川島との間合いが近すぎて川島が簡単にセーブ。

 さらに60分安居縦パスを渡邊→伊藤→前田とワンタッチパスの連続で繋いで右サイドから前田クロス→ファーでサンタナヘッドの決定機を作りましたが、これがまさかの枠外。さらに66分高い位置でのボール奪取から中島がどフリーの前田に展開するも、前田の巻いたようなシュートは枠を捉えきれず。

 しかし68分中島CK→ファーでマリウスが頭ではなく右足で押し込んで浦和が先制。マリウスは最初はボックス内中央にしましたが、ゾーンで守る磐田のブロックを避けるようにファーへ流れてから押し込んだので、いかにも事前に仕込んだ風。

 浦和先制の直後に磐田は山田→金子、ゴメス→西久保の2枚替え。そして71分磐田のクロス攻撃に対して相変わらずの脆さを見せるのが今年の浦和の残念さ。中島のしょーもないボールロストを契機に右サイドから松本クロス→石原が平川とハイボールを競り合ってのこぼれ玉を拾った上村がどフリーでシュート。それを金子が上手くコースを変えて磐田はあっという間に同点に。

 その後はオープンな試合展開になったのを見て浦和は81分になって石原→酒井、中島→エカニット、サンタナ→興梠の3枚替えを敢行したものの、磐田は逆に勝ち点1でも良しとばかりに腹を括ったかのように再び自陣に守備ブロックを形成したのが奏功して試合は再び膠着状態に。

 磐田は85分CKからペイショットが高い打点のヘッドを放つも西川がセーブ。逆に浦和は90+1分興梠シュートのこぼれ玉を拾った大畑に決定機が生まれましたが、川島が指先で大畑のシュートを僅かに触って難を逃れるビッグセーブを披露してそのまま試合終了。

Iwata002_202405

《総評》

 DAZNのスタッツだとシュート数磐田12対20(うち枠内が6対15)、ボール支配率29%対71%、ゴール期待値1.10対2.12と浦和が優勢だった数値が並んでいます。浦和のシュートはブロックされたものが非常に多かったので枠内シュート15は額面通りには受け取れませんが、試合内容は間違いなく勝てた試合でした。それだけに60分サンタナや66分前田の決定機逸が惜しまれます。最後の大畑の決定機はGK川島を褒めるしかないでしょうが。

 間違いなく勝てた試合なのに決定機逸が祟って勝ち点1に留まった。如何せん守り切れないチームなのでたった1点では勝ち切れない。そう考えるのが一般的かもしれません。

 でもつい先日までビルドアップはままならず、両WGが封じられると何もできないくらい残念だったチームの成長過程を生暖かく見守るくらいのユルユルな目線だとそんなに悪い試合ではなかった、間違いなく浦和は成長しているとポジティブに評価することもできましょう。「志が低い」と言われればそれまでですが。

 前節京都戦は相手が酷すぎたにしても前からハメにくるようなチームに対しては今の浦和はかなり闘えるようになりました。そして今節磐田戦は京都とは真逆のリトリート守備に専念するタイプ。ほぼひと月前の柏戦では相手のタイトな守備ブロックを広げようとする試みすら中途半端に終わって手も足も出ずに完敗を喫しました。

 この試合も前半こそ柏戦の再来になりかかりましたが、後半は一転して決定機を量産。60分の決定機なんて「グスタフソン抜きでもここまで出来た!!」と感嘆する他ない素晴らしい崩しでした。それだけにフィニッシュだけが残念でしたが。

 「以前は出来なかったことは今は出来るようになった」という点で、リカ時代にしばしば実感できた「チームの成長」がヘグモ監督のもとでもようやく実感できるようになったと前向きに捉えてもいいでしょう。ちょっと前まで「3歩進んで3歩下がる」、いや「3歩進んで滑落する」くらいの残念なチームだっただけに。

 一方なかなか状況が好転しないのは怪我人の多さからくる手駒の少なさ。ヘグモは記者会見のコメントを読む限り、何事もなくても連携強化を優先してスタメン固定しがちな監督なのでしょうが、今季はとにかく怪我人が多いのでスタメンを弄ろうにも弄りようがない、選択肢が非常に限られています。

 負傷等による入れ替え以外ではスタメンをほぼ固定していたのが奏功してか、浦和がチームとして確かな成長を遂げるようになりましたが、その副作用としてレギュラー陣の疲弊もこれまた顕著。この試合の決定機逸もその辺が主因なのかも。また選手を代えてギアチェンジしようにも、怪我人が多すぎて替え駒がいかにもしょぼい。しかも連携面で明らかに難があり、「代えれば代えるほど悪くなる」ヘグモコースに陥り勝ち。

 岩尾が典型ですが、ヘグモが「軽い故障」みたいなコメントをしていたのに戦列復帰に予想以上に時間がかかるケースが今季は目立ち、グスタフソンや大久保の復帰はいつになることやら。腰痛に苦しむ松尾、なんで長期離脱しているのかさっぱり判らない関根、そしてもはや幻でしかないソルバッケンと安部。

 酒井がようやく戦列に復帰しましたが、残念ながらこの試合の酒井の出来では石原のスタメンは当面揺るぎそうにありません。しかし石原のみならずレギュラー組の疲弊は明白なので中2日でのルヴァン杯アウェー長崎先戦は大胆なターンオーバーを仕掛けないと、その次のホーム町田戦は球際で負けまくってどうにもならないと思いますが、代えたくても代えがいないのかもなぁ・・・

Iwata003_202405


《選手評等》

・ビルドアップには全く期待できず、かつ案外やらかしが多いのでボロクソに叩かれがちなGK川島ですが、やはりそのシュートストップ能力は侮れませんでした。恐れ入りました。

・この試合で難儀だったのは西村主審。磐田の選手がカニばさみタックルを繰り出そうが、肘打ちしようが全然イエローを出さない。一発レッドの可能性ありとしてVARが介入しても良さそうなものですが、こちらも沈黙。マリウスは2度も悶絶して非常に気の毒でした。

Iwata001

中島---サンタナ---前田
--渡邊----伊藤--
-----安居-----
大畑-マリウス--ショルツ-石原
-----西川-----

(得点)
68分 マリウス

(交代)
81分 中島→エカニット(エカニット左IH、渡邊左WGへ)
81分 石原→酒井
81分 サンタナ→興梠

-----ペイショット----
平川---山田---松本
---上原--ゴメス---
松原-グラッサ--鈴木-植村
-----坪井-----

(得点)
71分 金子

(交代)
70分 山田→金子
70分 ゴメス→西久保(西久保右SB、植村CHへ)
81分 松本→ジョゼ

※写真は試合とは全く関係ありません

|

« 【短感】23-24年第21節:I神戸 0-2 浦和L | トップページ | 【アカモク入】ねばとろ定食@やよい軒 »