« 伯爵邸@西川口 ~ 伯爵邸大宮ナポリタン | トップページ | 大雪地ビール館@旭川 »

2024.06.17

油そば 小島流@板橋本町 ~ 葱油そば

Kojimaryu2404001

 都営三田線板橋本町駅から旧中山道を北へ。「どらっぐぱぱす」の斜向かいから北へ延びるしょぼい商店街へ入ってすぐ。隣がお団子屋。近隣の人気店「麺庵 小島流」の系列店「酒肴 小島流」がランチタイムに油そばを出しているもの。先客1、後客2。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て先頭の「葱油そば(900円)」を注文。後払い。

 メニューは他に鶏油そば、麻辣油そばなど。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター5席と窓際にカウンター2席。卓上にはミル入りブラックペッパーと酢。油そばが本業ではないせいか、マヨネーズなど調味料をゴテゴテと置いていません。

Kojimaryu2404002

 メニュー名から勘違いしがちですが、「葱油そば」は具にネギがたっぷりという訳ではないんですなぁ・・・メニュー名は「自家製ネギ油使用」から来ているようで。具は薄いチャーシュー、刻み玉ねぎ、海苔、かいわれ、刻み青ネギ、薄切りメンマ、糸唐辛子、魚粉といったところ。チャーシューは配膳前にバーナーで軽く炙っていましたが、どっちみちぐちゃぐちゃ混ぜてしまうチャーシューにひと手間かける意味あるかなぁ?

 とりあえず店の案内に従って麺の天地を何度もひっくり返しながらまぜまぜ。油そばの中では水気少な目なほうですが、「自家製ネギ油使用」をわざわざ謳うだけあってその香りが心地よく、かつ水気が少ない割には結構オイリーな印象を受けました。それでも無化調なせいか、油そばにしては全然重さを感じません。

 麺は三河屋製麺の中太ストレートタイプ。やや硬めで噛み応えしっかり。

 町中華っぽい鶏ガラ(?)スープが付いてくるのがこの店の面白いところですが、これが少々しょっぱくて箸休めにならず、個人的には存在意義不明。

 随分お上品に作った油そばという印象を受けましたが、それが油そばを求める客層に良いことなのかどうか。

|

« 伯爵邸@西川口 ~ 伯爵邸大宮ナポリタン | トップページ | 大雪地ビール館@旭川 »