« 廣澤@北浦和 ~ (鶏豚骨)らーめん | トップページ | 伯爵邸@西川口 ~ 伯爵邸大宮ナポリタン »

2024.06.16

【DAZN観戦記】24年第18節:C大阪 2-1 浦和 ~ これが「ザ・弱いチーム」ということなのか

 そんなに悪くはない内容だったのに、まさかの失点を喫した後はガタガタに。これが「ザ・弱いチーム」ということなのか・・・

《スタメン》

 浦和のスタメンは前節神戸戦から出場停止のショルツに代わって佐藤が入った他、ソルバッケン→大久保と2名入れ替えのみ。

 浦和の公式戦は6/1のホーム神戸戦以来でちょうど2週間ぶりというスカスカな日程にも関わらず怪我人が全然戻ってこないどころか、よ実戦に復帰したばかりのソルバッケンや神戸戦で後半投入された中島はベンチにも入れず、おまけにグスタフソンはスウェーデン代表での練習中に負傷。

 そこで井上、武田、リンセン、興梠がベンチ入りしましたが、相変わらずWGの人材不足が顕著な陣容で試合に臨む羽目に。

 C大阪は浦和とは対照的にその2週間でルヴァン杯2試合&天皇杯2回戦をこなしてからのリーグ戦再開。天皇杯ではほぼフルターンオーバーだったので、ルヴァン杯プレーオフ第2戦との比較だとスタメンは上門→西尾の入れ替えのみ。、

 C大阪はCB進藤&左SB登里が故障、かつ右SB毎熊が海外移籍準備で戦列離脱。さらに香川や清武は今季リーグ戦あまり試合出ておらず、今節もベンチ外。

Osaka002_20240616083701

《試合展開》

 立ち上がりは共に相手の前プレに苦しんでボールを持っても何も起こりそうにありませんでしたが、徐々に浦和がビルドアップの要領を掴んで12分に前田、16分にサンタナがシュートを放つも精度を欠いて枠を捉えきれず。さらに33分にはマリウスのロングフィードを前田が収めて伊藤に決定機が生まれるも、伊藤のシュートは西尾が辛うじてブロック。

 浦和は大久保が中島を見習ってしょっちゅう中へ入ってくるためか、攻撃は右サイドに偏りがち。良い形は何度も作っていましたが、前田といい石原といいクロス精度を欠いてフィニッシュに至らない場面が目立ちました。とはいえ、似たような面子で何もできなかった神戸戦前半よりは進歩がうかがわれる試合内容でした。

 また浦和は日程スカスカなだけあって総じてコンディションが良さそうで、守っては前プレが効いてC大阪のビルドアップを阻害し続け、またC大阪がカウンターで反撃を試みても素早い攻守の切り替えでなんだかんだとシュートを撃たせず。

 19分CKからレオセアラのヘッドでヒヤリとした以外、これといったピンチもないまま前半を終えようとしていましたが、43分距離のあるところからフェルナンデスにFKを直接ぶち込まれてまさかの失点。西川は直接ぶちこまれることを全く予想していなかったような、下手な外野手が目測を誤ってバンザイして頭上を抜かれるような挙動で残念至極。試合後の西川のコメントでは「ルーカス選手のボールが上に上がって、照明と被ってボールが消えたというか。そこで見失ってしまってああいう動き方になってしまった」ようで・・・

 まさかすぎる失点を喫したせいか、後半立ち上がりは完全にC大阪ペース。48分佐藤が右サイドでレオセアラに簡単にぶち抜かれたことからの決定機はなんとか西川が防いだものの、そこで得たCKの跳ね返りを拾った奥田がミドルシュートを叩き込んでC大阪追加点。カウンターを食らわないように「シュートで終えよう!」とばかりに無理目で気楽に放ったシュートがスーペルゴラッソになってしまうとは・・・

 その後の浦和はビルドアップもままならず、良い形でボールも奪えない最悪状態に。51分にはカウンターからフェルナンデスがシュートを放つもわずかに枠外。57分にはFKから西尾がフリーでヘッドを放つもこれまたわずかに枠外。

 そこで63分前田→大畑、サンタナ→リンセンと代えて流れを変えようとしたところで、今後は伊藤が故障!!やむなく73分伊藤→武田、石原→酒井と交代。

 この攻撃で浦和は最悪期を脱し、77分には右サイドから武田クロス→リンセンヘッドでようやく1点を取ったものの、その後は引いて守る相手に対して84分酒井のシュート性のクロスに可能性があったくらい。

 85分には大久保に代えて興梠を入れて4-4-2にシフトして反撃を試みましたが、C大阪も5-4-1に布陣を変えて何の紛れもなく逃げ切り勝ち。

Osaka001_20240616083701

《総評》

 先制点を取られるまではそんなに悪い内容ではないどころか明らかに優勢だったのに、いったん先制されるとやっていることに自信がないのか、ガタガタっと崩れてしまう。実に弱いチームらしい負け方でした。「久しぶりの公式戦を楽しみにしていたら、このザマかよ!!」という意味では「伝説の夕張合宿後の試合」を彷彿させるものがありました。

 結果は極めて残念でしたが、そんな浦和でも着実に進歩していることが伺われたのが失点までの試合内容。神戸戦前半とほぼ同じ面子、むしろソルバッケン&ショルツから大久保&佐藤に代わったことで駒落ちとさえ言える面子だったにも関わらずビルドアップに困ったのは最初の10分だけ。しかもほとんど何も出来なかった神戸戦前半と比べると決定機もちゃんと作れていました。相変わらずフィニッシュやクロス精度は残念でしたが、ヘグモが2週間で練習してきたことが着実に浸透している様子は伺えました。

 それなのにまさかの失点を喫した後は、それまでの優勢はどこへやら。やっていることに自信がないのか、そして崩れかかったチームを鼓舞する選手がいないせいかなのかどうか。

 またヘグモは「ハーフタイム前に、不運なことに失点をしてしまいました。」と語っていますが、小菊監督は西川の特徴をスカウティングしたのが実ったと語り、フェルナンデスも西川の位置を見て狙ったと語っているので不運で片づけてはいけない話かと。2失点目もディフレクトして入った訳ではないので運の問題ではないと思いますが・・・ しかもそれ以外にもセットプレーで危なかった場面が2度ありました。流れの中での守備のやり方は昨年とは思想的に真逆なので失点が増えるのはある程度仕方ないと思っていますが、セットプレーの守備がここまで脆くなるとはなぁ。

 さらになんともやるせないのは相変わらずの怪我人の多さ。しかも試合中の相手との交錯みたいな、フィジカルコンタクトがしょっちゅうあるサッカーというスポーツの性格上仕方ない怪我ではなく、なんか知らんけど練習中にいつの間にか故障してそのまま長期離脱している選手のなんと多いことか(森田美由紀アナ風)。ようやく戦列に戻ってきた中島やソルバッケンがまた故障者リストに逆戻りしたのには心底参りました。

 そしてこの試合では伊藤が相手との接触のないプレーで故障。試合後の監督会見では「ハムストリングス(の負傷)の可能性はあります。ただつっただけなのか、それより重い症状なのかは、まだ報告を受けていません」とのことですが・・・ ピリオダイゼーションだかなんだか判りませんが、来季の過密日程をこなせるように強度マシマシの練習を積み重ねたところ怪我人続出で成績が上がらず、来季もそんなに過密日程になりそうにないというパラドックス。神戸戦後には「駒が揃ったら無敵!!」と思いましたが、もはや駒が揃うことはないと諦めもつきました。

 そしてその厳しい練習で生き残って試合に出ている選手は全然諦めていない様子。試合後武田と渡邊が何やら言い争いをしていたようですが(渡邊は赤サポ目線で文句を言っている可能性が無きにしも非ず(苦笑))、それは「なんとかチームを良くしたい」という想いの表れだと前向きに受け止めます。本当にダメになったチームは全員下を向いてトボトボ歩いているだけだからなぁ。

 ともあれ、冒頭に記したようにちょっとずつですが浦和が進歩しているのは明白。優勝どころかACL圏入りも現実的ではなくなってきましたが、そんな浦和の日々の成長を生暖かく見守りながら残りのシーズンを過ごすことにします。

Osaka4

《選手評等》

・今日の良かった探しは大畑に尽きましょう。U-23代表帰りから時間がなさすぎて頭から使えなかったのは仕方ありません(といっても大畑と同じ立場のC大阪のCB西尾はスタメン出場)が、今日の大久保の出来なら次節は左WGは渡邊のほうがいいのでは?中島やソルバッケンは次戦も90分使えないでしょうし。

・渡邊は「FB本部からお役御免を告げられるまで浦和にいてくれそう」という妙な信頼感があってええなぁ・・・ユニフォームに安心して背番号を入れられる感・・・左SBの守備もなにげにマシになってるし・・・

・佐藤はショルツ故障でいきなり出番が来た頃が一番よくて、その後守備でのやらかしが目立ち、今日はとうとうビルドアップまで怪しくなってだんだん残念な感じに。なんか自信失っているみたい。そして出番がない井上はこれより下なのか・・・

・移籍話が取り沙汰されている酒井は引き続きベンチ入り。試合後のコメントを読む限り移籍しそうな雰囲気が全然しないのですが、「契約期間中は所属チームのために全力を尽くすのは当たり前」と割り切ってしまえるのが酒井だからなぁ。

Osaka004_20240616083701

大久保--サンタナ---前田
--安居----伊藤--
-----岩尾-----
渡邊-マリウス--佐藤-石原
-----西川-----

(得点)
77分 リンセン

(交代)
63分 前田→大畑(大畑左SB、渡邊左WG、大久保右WGへ)
63分 サンタナ→リンセン
73分 伊藤→武田(故障による交代)
73分 石原→酒井
85分 大久保→興梠

-----レオセアラ-----
カピシャーバ-ブエノ--フェルナンデ
---奥埜--田中---
舩木-鳥海--西尾-奥田
-----ジンヒョン----

(得点)
42分 フェルナンデス
49分 奥田

(交代)
HT ブエノ→上門
81分 カピシャーバ→為田
81分 フェルナンデス→柴山
88分 レオセアラ→山下
88分 奥埜→平野

 

※写真は試合とは全く関係ありません。

|

« 廣澤@北浦和 ~ (鶏豚骨)らーめん | トップページ | 伯爵邸@西川口 ~ 伯爵邸大宮ナポリタン »