« ザンギカレー炒飯@大阪王将 | トップページ | タルタルガパオ盛り定食@からやま »

2024.06.23

【観戦記】24年第19節:浦和 2-2 鹿島 ~ 結果は出ないがエンタメ性抜群すぎて辛い

 あんまりな前半の内容でヘグモ解任論が噴出しはじめるのもやむなしと思っていましたが、後半一変!そして武田の大活躍でありとあらゆる問題が有耶無耶に(苦笑)。実に浦和らしい。

《スタメン》

 浦和は前節出場停止だったショルツが佐藤に代わってスタメンに復帰した他、前田→ソルバッケンとスタメン2枚入れ替えのみ。前節故障した伊藤は無事スタメンに。

 前田がベンチスタートになったのに加えてエカニットがベンチ入り。故障の興梠はともかく酒井がベンチ外になったのはサプライズ。

 ヘグモは試合前の記者会見で怪我人の状況をやたら長々としゃべっていました。ヘグモは過去の発言を見る限り怪我人の状況をえらく楽観的に話す傾向があって全然信用できないのですが、この試合に関して言えばメンバー入りできる可能性があると伝えられた関根が結局間に合わなかったくらいで、それ以外は会見から推察できる範囲内でした。

 一方鹿島のスタメンはいつもの面々。浦和とは対照的にリーグ戦はスタメン固定で何試合もこなしています。

Kashima2406005

《試合展開》

 鹿島のフォーメーションは基本4-2-3-1ですが、守備時はたいして前からプレスをかけず、高い位置に4-4-2のタイトな守備ブロックを形成して浦和にボールを持たせる策を取ってきました。

 そんな鹿島に岩尾に代えて安居をアンカーに配した浦和がどう挑むのか?とのんびり構えていたら、3分いきなりカウンターをくらって失点。最初の師岡のシュートは西川が防いだものの、こぼれ玉を鈴木に詰められてしまいました。

 西川の弾いた位置が悪いのが失点の直接の原因ですが、それ以前にもこの試合の浦和のダメさ加減がてんこ盛り。ショルツが簡単に鈴木にポストプレーを許しているのはショックでしたが、至るところで球際で負けまくってカウンターを許すようでは話になりません。そして鈴木にボールが収まった時の鹿島攻撃陣の迷いの無さが見事。

 10分には鈴木のサイドチェンジから濃野クロス→師岡シュートの大ピンチも。鹿島は監督が代わっても悪く言えば「鈴木優磨と愉快な仲間たち」に過ぎず、鈴木がフリーダムに動いて試合を組み立てながらフィニッシュにも関わるというスーペルな仕事ぶりを見せていました。ヘグモも試合後「前半は鈴木優磨選手が支配したと思います。彼の素晴らしいFWぶりを見せられました。彼が前半で違いを生んでいた選手でした。」と絶賛。

 そしてそんなに判りやすいキーマンがいるチームにも関わらず、浦和守備陣は鈴木を全然捕まえられず。ヘグモは「プレスのところで苦しんだ試合」と試合後総括していましたが、プレスが全然ハマらずにぽっかり空いたサイドへ大きく展開される場面が繰り返されるのにはホトホト参りました。

 現場では浦和の選手たちの動けなさっぷりから「ヘグモが練習をやりすぎて試合ではもはや力が残っていないのでは?」と「昔の広島カープ」みたいな残念疑惑がムクムクと巻き起こったのですが、試合後安居は「前も二度追いするでもなく、どうハメるのかも曖昧なまま行っている感じがあって」と語っていて、身体の問題ではなく、それ以前にチーム内に迷いがあったことを吐露。それはそれで何のために練習しているのか疑惑が・・・

 守備もダメなら、攻撃はそれに輪をかけてダメダメ。浦和は前節C大阪戦同様大久保を左WGに配して中島ばりに自由にやらせ、左サイドは渡邊がぽつんと一人いるだけになりがち。当然ながら組み立ては右サイド偏重になり、そこからサイドチェンジして渡邊を使おうという意図は伺われましたが、それが決定機に繋がったのは12分の一回こっきり。

 安居のアンカー起用は相当無理があって良い形で縦パスはほとんど入れられず。というか、無理に縦パスを入れるとボールの受け手が鹿島守備陣にガツンと当たられてカウンターを食らうのがミエミエで怖いのでしょうなぁ・・・よって浦和がボールを保持している時間が長いだけで何も起こらずじまい。鹿島の高い最終ライン裏狙いも全く実りませんでした。

 そして42分珍しく自陣に押し込まれた時間帯に鹿島左サイドから安西クロス→鈴木に決められて追加点を許してしまいました。最も警戒すべき鈴木が終始フリーなのが謎すぎ。「ボールくれ!!」と言わんばかりにボックス内で手ぶりで要求している鈴木にやられるかね、フツー・・・ その前に伊藤が左サイドで佐野と対峙する羽目になっているのかも謎。

 ATには師岡スルーパス→裏抜けした鈴木がシュート、西川がはじいたボールを鈴木が拾って名古シュートと立て続けに決定機がありましたが、ここは西川が奮戦。

 あんまりな前半の試合内容を受けてヘグモは後半頭から不振&ちょっと傷んだ大久保に代えて大畑を投入し、渡邊を左WGへ。ここまでは定番でしたが、面白かったのは安居を前に上げて岩尾を下げるだけでなく伊藤の位置まで下げて、ヘグモは4-4-1-1、安居は4-2-3-1と表現は若干違いますが、要するに4-1-2-3を諦めてダブルボランチを採用。

 安居の弁ではこれは事前に練習した形ではないそうですが、昨年の遺産がここで活きたようで浦和は攻守ともに立て直しに成功。早速47分カウンターからソルバッケンの折り返しをボックス内でどフリーで安居が受けたものの、シュートは枠外。

 フォーメーション変更と大畑投入はそれなりに効果があって攻撃の左右のバランスが良くなり、ソルバッケンも活きはじめて、65分にはソルバッケンのパスを受けて伊藤がボックス内に突入するも、シュートはGK早川がセーブ。

 その直後にヘグモは脚がつったソルバッケンに代えて前田、さらにサンタナ→リンセンと交代。これまた効果があって、69分相手を押し込んだ状態からアーク付近で渡邊がボックス内右のリンセンへ展開→リンセンのシュートがディフレクトしてポスト直撃!!!

 73分ショルツが傷んで佐藤との交代を余儀なくされたのは誤算でしたが、76分足がつった岩尾に代えて武田を投入したところ、これが大当たり。

 投入直後の77分に石原の縦パスを受けて裏抜けに成功した伊藤の折り返しを武田がぶち込んでようやく反撃開始。その後は鹿島の時間潰しにあって攻め手を欠きながらも90+2分には遠目の位置から武田がGKの逆を突く形で直接FKを決めて同点に。

 さらに90+3分には伊藤の縦パスをヘッドでリンセンが押し返し、渡邊がボックス内に投入して切り返し一発からシュートを放ちましたがわずかに枠を捉えきれず。両者傷み分けのドローで試合終了。

Kashima2406003

《総評》

 とにかく前半が酷すぎました。武田の奮戦で辛うじて勝ち点1を拾いましたが、あのまま負けていたらさすがにゴール裏の堪忍袋もブチ切れてヘグモ解任論が噴出していたと思います。

 C大阪戦で良いところなしに終わった大久保左WGはまたしても失敗。スタメン発表を見ててっきり大久保右WG、ソルバッケン左WGにすると思ったのですが、ヘグモはソルバッケン右WGに賭けたのでしょう。

 当然ながら「大畑左SB、渡邊左WG」という代案が脳裏に浮かびましたが、「歩夢もまだ90分プレーしていないという状況」だったので頭から使うのはリスキーだった模様。さらに「トモも膝に少し痛みを抱えていました」のでこれまたハナから90分は無理で、その結果が大久保スタメン、後半から大畑投入になったようで。WGに怪我人が多すぎて他に打つ手がなかったのでしょうが、残念ながら結果は案の定大久保左WGはまたしても機能せず、おまけに前半途中で傷んでしまいました。

 そして試合後ヘグモが「本日はプレスのところで苦しんだ試合でした。相手にスペースを与えてしまったと思います。特に中盤でうまくいかなかったので、そこには戦術的な理由があります。それを修正するのは私の責任です」と率直に認めるように、大久保一個人を責めても仕方がないくらい浦和はチームとして体をなしていませんでした。怪我人だらけで試合に出る面子がコロコロ代わるのでチームの熟成がなかなか進まないせいかもしれませんが、それにしても「強度がやたら高いと噂される練習で何をやっているのか???」といぶかしくなるくらい選手たちは動けませんでした。それもしんどくて動けないのではなく、迷いがあって動けないとは。

 この試合の「良かった探し」はとうとうヘグモがグスタフソン不在時の4-1-2-3を放棄したこと。過去の試合でも途中から4-4-2になるケースがあり、ヘグモがいたずらに4-1-2-3に固執し、選手の向き不向きを考えずに無理やり4-1-2-3に当てはめていた訳ではないと思いますが、さすがに前半のダメっぷりを見て4-1-2-3を諦めたのは今後の浦和にとって一大ターニングポイントになるかもしれません。もちろんグスタフソンがスタメンに復帰すればすぐに4-1-2-3に回帰するのでしょうが。

 そして布陣変更後の後半は浦和が鹿島を圧倒したとまでは言えないにしても、鹿島に何もやらせなかったのは確か。まるで神戸戦の前後半の変貌ぶりの再現でしたが、神戸戦は中島&グスタフソンの投入効果が絶大だったのに対し、この試合は中島&グスタフソン抜きでもここまで出来たのは自信を持っていいと思います。やはり浦和のポテンシャルは底知れないものがあると。

 一方鹿島は出方を変えてきた浦和に対して、矢継ぎ早に選手を代えてはみたものの、どれもこれもノーインパクト。前半と違って前からプレスをかけて来た風でしたが、かえって陣形がルーズになるだけで浦和の攻勢を助長させるだけのチグハグさ。

 所詮ポポビッチ、修正能力はイマイチみたいで。さらに言えばスタメン固定が祟って「選手を代えれば代えるほど悪くなる」傾向にあるのかも。絶対に勝てる試合がまさかの引き分けに終わって試合後は鹿島サポから大ブーイングが鳴り響きましたが、追いつかれる要素はそこかしこに見え隠れ。

 今の浦和が全然強くないのは見ての通りですが、町田といい、神戸といい、鹿島といい、G大阪といい、上位陣が浦和より明らかに強いかとなるとそうでもないと思うけどなぁ。今季の負けではっきりとした力負けは広島と瓦斯くらいでしょう。でも怪我人が多すぎてそのちょっとの差を埋められずに今日に至る感じ。

 それにしてもあんまりな前半の出来が悔やまれる試合でした。

Kashima2406001

《選手評等》

・C大阪戦のアシストに続いて、この試合では2ゴールの武田。浦和復帰後もなかなかベンチにも入れない日々が続きましたが、ついに「終盤の切り札」という居場所を見出したようで。長い修業を経ての浦和帰還の甲斐がありました。おめでとう!そしてありがとうございました。

・ソルバッケンはスピードではなく、相手との間合いというかちょっとした挙動とか、なんか相手の意表を突くような恰好で抜いちゃうタイプみたいで。後半のソルバッケンの出来なら、確かに契約延長する価値あると思いました。頑張れ、ホ・リ・ノウチ!!

・前田は「俺はエゴイストになる!!」と言った割には勝負しなかったなぁ・・・お前が対面の奴らをぶち抜かんでどうする!!最後の石原へのパスはないわ・・・

・怪我でもないのに酒井がベンチ外ってやっぱり移籍絡みだろうなと思っていたら、案の定試合翌日に「決定的」とは(´・ω・`)ショボーン

・成績がしょっぱい割には今季の浦和の客入りが良いのはやっぱエンタメ性が無駄に高くてリピーターを呼びやすいせいかもしれんなぁ。今のところ雨の試合も少ないし。この試合は48,638人もの大入り。ビジターが非常に多くてメインアッパーのビジター指定席までぎっしり。不自然な白シャツもメインスタンドの南寄りには多く見られました。

Kashima2406004


大久保--サンタナ--ソルバッケン
--岩尾----伊藤--
-----安居-----
渡邊-マリウス--ショルツ-石原
-----西川-----

(得点)
77分 武田
90+2分 武田

(交代)
HT 大久保→大畑
66分 ソルバッケン→前田
66分 サンタナ→リンセン
73分 ショルツ→佐藤
76分 岩尾→武田

Kashima2406002
-----鈴木-----
仲間---名古---師岡
---知念--佐野---
安西-関川--植田-濃野
-----早川-----

(得点)
3分 鈴木
42分 鈴木

(交代)
71分 仲間→チャヴリッチ
81分 師岡→柴崎
88分 鈴木→藤井
88分 名古→樋口

|

« ザンギカレー炒飯@大阪王将 | トップページ | タルタルガパオ盛り定食@からやま »