« ひょうたん ミント神戸店@三ノ宮 ~ 味噌だれ餃子 | トップページ | 【観戦記】24年第19節:浦和 2-2 鹿島 ~ 結果は出ないがエンタメ性抜群すぎて辛い »

2024.06.22

ザンギカレー炒飯@大阪王将

Currychahan2406001

 大阪王将から55周年記念メニューとして期間限定(2024年6月19日~2024年7月25日)で売り出し中の「ザンギカレー炒飯(890円)」を試食。

 ザンギカレー炒飯とは、大阪王将ならではのパラパラ食感が楽しめるカレー炒飯に、北海道のソウルフードであるザンギをたっぷりトッピングしたもの。ボリュームはともかく、とんでもなくカロリーが高そうな一品です。

Currychahan2406002

 「炒飯は、玉葱・ピーマン・コーン、さらに小さいザンギが入っており具沢山、カレーソースで炒めてスパイシーな香りが食欲をそそります。炒飯の上に盛り付けられたザンギは、醤油ベースの下味がしっかり染み込んだ鶏肉を、皮はカリッと、中はジューシーに揚げ、大阪王将特製の葱だれをかけて濃厚な味に仕上げました。」というのが大阪王将のウリ文句。

 でも残念ながら画竜点睛を欠くというかなんというか、最後に「大阪王将特製の葱だれをかけて濃厚な味に仕上げ」たのが大失敗。どう見てもタレをかけすぎて底に汁が溜まってしまい、カレー炒飯のパラパラ感を完全に損なっています。ザンギはコロモが盾になって皮のカリッと感、サクサク感が失われずに済んでいますが。

 また葱だれは妙な甘酸っぱさ、特にその酸味が妙に自己主張するのも難儀。ザンギが意外なくらい薄味でカレー炒飯の味を邪魔せず、トッピングとして良い仕事をしているのと対照的。なんかあのスタジアムの超人気ハム焼きの残念さ(=ハム自体は美味そうなのに塩コショウかけまくって台無しに)に相通じるような感じ。

 大阪王将の新商品って企画開発段階では何の問題もなさそうなのに、現場がその実力を引き出しきれない例が結構多いような気がします。

|

« ひょうたん ミント神戸店@三ノ宮 ~ 味噌だれ餃子 | トップページ | 【観戦記】24年第19節:浦和 2-2 鹿島 ~ 結果は出ないがエンタメ性抜群すぎて辛い »