2018.03.29

シェーンズバーグ@西川口 ~ 手こねハンバーグ

006

 西川口駅西口ロータリーを挟んで駅の正面。ただ店が雑居ビルの2Fにあって目立たないのが難。看板はチェーン店のそれっぽいのですが、中華料理屋だらけになってしまった西川口駅界隈には珍しい洋食店です。先客ゼロ、後客4~5。

 数あるランチメニューの中から、メニュー先頭の「手こねハンバーグ 150g(700円+税=756円)」を注文。なお往訪時はランチタイム100円引きのクーポンが使えて激安でした。ソースは5種類から選べ、デミグラスソースをチョイス。

003

 ハンバーグにはライス・サラダ・スープが付き、ライスとスープはお替り無料サービス。スープは1種類だけで、往訪時はオニオンコンソメスープでした。またご飯は最初から大きな茶碗というか小さめの丼で出てくるので、お替りの必要は微塵も感じませんでした。

 で、肝心のハンバーグですが、肉汁じゅわっとジューシータイプというわけでもなく、硬めで肉の旨味をしっかりと味わえるタイプでもなく、うーん今一つ旨味に乏しくて安いけど安いなりのクォリティーかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.03.14

しゃぶしゃぶすき焼 どん亭@南鳩ヶ谷 ~ チキン南蛮定食

004

 「しゃぶしゃぶすき焼 どん亭」。「ステーキのどん」や「フォルクス」等と同じく吉野家傘下のファミレスで、埼玉県や都内を中心に店舗展開していますが、それほど店舗数は多くはなく、知名度はなんとも微妙。

 ここはメインの「しゃぶしゃぶすき焼」とは何の関係もないランチメニューが割と充実していることに気づいて、近所の鳩ケ谷店を訪れてみました。なお週末・休日でもランチメニューをやっているようです。

 さらに平日午前中&数量限定ながら格安の「お昼の特別おしながき(600円+税=648円)」というのを8種類の週替わりで提供。しかもご飯大盛り無料(おかわり不可)・味噌汁おかわり無料!! 往訪時のメニューは「チキン南蛮定食」だったので、早速注文。

003

 チキン南蛮は甘酢とタルタルソースが味わいを全面支配してしまうため、ファミレスで食べようが宮崎の有名店でもそんなに差はなく、良くも悪くも当たり外れがない無難な一品。

 「やより軒」のチキン南蛮定食と比べると、小鉢が付いて来ないせいかやよい軒より安く、また巨大ジャーにご飯が入れっぱなしのやよい軒より飯が明らかに美味い。やよい軒と違ってご飯のおかわりはできないものの、大盛りなら量も十分で、かえって食べ過ぎなくて良いくらい。

 週替わりメニューは公式サイトで予め確認できるので、無難そうなメニューの時に再訪してみます。

| | トラックバック (0)

2018.01.23

Tallou@川口

006

 川口市役所と川口市役所第二庁舎の間。近所に担々麺の「彩たまや」あり。先客ゼロ、後客9。外観はまさに古色蒼然、一見さんお断りっぽい雰囲気を醸し出していますが、正午近くになると場所柄ワイシャツ姿の市役所職員っぽい方が三々五々やってきます。屋号の綴りは「Taro」ではなく、なぜか「Tallou」。

 店先にでかでかと掲げられた「サービス定食(600円)」を注文。メニューは少なく、しかも後客全員が「サービス定食」を注文。オバチャン二人で切り盛りしており、定食用の小皿や小鉢をせっせとカウンターに積み上げているところを見ると、「サービス定食」以外のものを頼むとえらく待たされそうな感じ。

 店内はテーブル席のみ。何の統一感もないテーブルが店内に目一杯詰め込まれています。壁際の本棚にコミックスがぎっしりなのはともかく、この店の異様なのは陳列されたフィギュアの数々。誰の趣味でこうなったのか判りませんが、これまた統一感皆無・・・

004

 この日の「サービス定食」は揚げどりの甘酢あんかけをメインに冷奴、味噌汁、漬物といったところ。店の外観はレストランなんですが、出てきた定食に洋食っぽい要素は全くありません(苦笑) ビジュアルと言い味わいといい、オカンが作ってくれた昼飯そのものといったところ。味噌汁がちょっと薄いと思える反面、たくあんがしょっぱかったりするアンバランス感もなんとなく家庭的。

 鶏唐揚げは4個もあってボリューム満点。それゆえかライスを「軽め」で注文する人が続出。クォリティーはともかくこの値段でこのボリュームはさすが川口といったところでしょうか。 

| | トラックバック (0)

2018.01.13

餃子バル ココチーノ 川口店

005

 川口駅東口から続く商店街、「すき家」や「武蔵家」の並び。但し店は2Fにあって目立ちにくく、もともと何だったのか、いつ店が出来たのか皆目判らず。先客、後客ともゼロ。

 ランチメニューの中からメニュー先頭の「餃子定食(690円)」を注文。餃子バルといっても全然中華料理色はなく、他のメニューも餃子スープパスタとか餃子ドリアとかなんかイタリアン的。

 店内は4人卓×3、2人卓×3、カウンター3卓。ランチタイムは客入りが悪いのか、店員一人で営業していました。卓上に餃子専用のタレはなく、自分で醤油、酢、ラー油を合わせる形。

004

 餃子定食は餃子12個とミニサラダ、スープ、麦飯のセット。餃子はやや小ぶりながら肉がしっかり詰まった、いかにもビールに合いそうなタイプ。野菜多めのあっさり系や、ホワイト餃子みたいな厚皮系よりは個人的には好み。

 ミニサラダやスープも付いてくるし、白米ではなく麦飯を出す辺り、ちょっとした健康志向なのかもしれませんが、餃子食べに来て中途半端に気をつかうくらいなら「餃子の王将」でがっつり食ったほうが良いわなぁ。

 また回りがラーメン屋だらけ、外食チェーン店だらけの場所でランチ営業は続かない気がします。

| | トラックバック (0)

2017.11.02

ステーキやるじゃん@川口(2) ~ ハンバーグBランチ

005

 川口駅から京浜東北線沿いに南へ。真向かいにケーヨーD2あり。外観が非常に地味で飲食店にすら見えませんが、いわば街のステーキハウスです。約1年ぶりの再訪。

 相変わらず人気店のようで、開店からあっという間にほぼ満席に。親戚一同なのか10人以上の団体さんも登場。一人客はまだがらがらの時点から3席しかない小さなカウンターに詰め込まれますが、混んできてからテーブル席に相席を余儀なくされるよりはいいかと。

 ランチメニューの中からサラダとスープが付いた「ハンバーグBランチ(890円)」を注文。さらに前回もらったドリンク無料券でアイスコーヒーを注文。アイスコーヒーの提供は食前でも食後でも可なので、食後にしてもらいました。

 これまた相変わらず店内の換気が良くないようで、油煙がこもりまくり。従って服装には要注意。

004

 出来上がりに15分くらいかかり、ようやくやってきたハンバーグに店員がオニオンソースっぽいものをかけて再度じゅじゅっと焼き上げます。一応ハンバーグの上にナプキンをかぶせて飛び散りを防いではいますが、鉄板からの煙が店内にこもるのかなぁ・・・

 ビーフ100%のハンバーグは230gあって結構な厚さ。中までしっかり焼き上げるタイプのようで、ジューシーさこそありませんが、肉質はファミレスのそれと比べるのもおこがましいくらい。ただちょっとソースのニンニクがきついかも。

 自宅から歩いて行ける、並ばなくていいくらいの混みよう、安い、そしてそれなりに美味い! しっかり焼き上げるタイプなので「川口のさわやか」と言ってしまうのはちょっと無理がありますが(苦笑)、実に良い店です。

| | トラックバック (0)

2017.10.30

肉じろう@川口 ~ ビビンバ

003

 川口駅東口・樹モール商店街の中ほどにあるホルモン焼屋がランチ営業を始めたのに気づいて往訪。先客ゼロ、後客3。

 ランチメニューの中から「ビビンバ(880円)」を注文。わかめスープとポテトサラダ付き。メニューは他に炙り握り寿司・焼肉ホルモン・日替わり丼(豚丼)・日替わり定食(豚しょうが焼き定食)。

 店内はコンロが乘った4人掛けテーブルが9卓ほど。間仕切りが一切ない、大衆居酒屋みたいな開放的な作り。またカウンターも8席ほど。着席するとおしぼりが出てきましたが、水を出し忘れるというのはちょっとなぁ・・・

001

 メニューにはビビンパと表示してありますが、出てくるのは見ての通り「石焼ビビンパ」。卵黄の上に海苔等がかかってビジュアルが著しく損なわれているのが残念ですが、味は可もなく不可もなし。コチュジャンをちょっと足したくても、片手間で営業している悲しさか卓上になし。

 他にクッパ類があると嬉しいのですが、現状ではランチメニューが少なくて再訪の動機に乏しいのが難。日替わり系は別にここで食べなくてもよさそうな類ですし、焼肉ランチなら安モン焼肉界の絶対王者「安楽亭」で十分だし。

| | トラックバック (0)

2017.10.17

きかわ@川口 ~ 親子丼

004

 川口駅西口にある「リプレ」の先。ハローワークの向かい。約1年ぶりの再訪。先客1、後客2。店先の看板に「日本料理 しゃぶしゃぶ すき焼」とあってなんか敷居高そうですが、昼間は単なる和風の定食屋さんといった趣。近所のオッサンが三々五々やってきます。

 店先に天婦羅定食、焼魚定食、牛柳川定食など5種類のメニューが掲示されていますが、昼メニューはそれだけではなく、着席してから渡されたメニューを見ると約20種類を品揃え。しかもそのうち半分は1000円未満で、この手の店にしては安め。最も安い「親子丼(750円)」を注文。

 一人客なのでカウンターに通されましたが、7席あっても半ば作業台扱いなので実質5人くらいしか座れず。見通しが効かない個室主体の店なのでキャパ不明。客席するとおしぼりが出てきました。

002

 おお、親子丼に味噌汁、お漬物、そして小鉢(往訪日はごぼうのきんぴら)が付き、さらに茶碗蒸しまで登場して思いの外卓上は賑やか。親子丼は好みよりもちょっと味が濃すぎというかしょっぱすぎですがなんとか許容範囲内。適度にふわっとした仕上がり具合で気に入りました。「ご飯少な目承ります」との貼り紙があるので量が多いのかと思いましたが、丼は広口ながら底が浅いタイプなのでむしろ若干量は少な目といってもいいくらい。客が高齢者だらけなのかも。

 値段を考えれば上々の出来。川口駅西口は再開発地区にボコボコ高層マンションが建っているだけで商業施設も飲食店も少ない殺風景なところですが、そんなところに川口でも多くはない格安の和食料理屋があるとは驚きです。

| | トラックバック (0)

2017.10.14

キッチンオニオン@川口(2)

004

 川口駅東口・樹モールにある「マルイチ」の角を東へ入る。先客ゼロ、後客5。半年ぶりの再訪。

 屋号や看板の挿絵を見ると野菜が売り物の店っぽいのですが、メニューを見るとハンバーグ、ポーク焼肉、チキンソテーを中心とするごく普通の洋食店です。店先に「新メニュー」の幟が揺れていますが、どれがそれに相当するのか判らず、以前はなかったような気がする「ハンバーグタルタルペッパーソース&メンチカツ(850円)」を注文。味噌汁付きで、さらにご飯大盛無料サービスあり。前回往訪時とメニューを見比べたら、各種ともちょっと値上げしたみたいで。

 店内は縦長カウンター9席と4人掛けテーブル2卓。

002

 ご飯は皿でなく丼で登場。売り物のハンバーグは小さく見えますが厚みがかなりあって食べ応え十分。堅めの焼き上がりでパン粉臭さもなくて個人的には好みのタイプ。いかにもお子様向けなヤワヤワのファミレスのハンバーグとは対照的。ただタルタルペッパーソースがかかると正直見栄えが悪い上に、タルタルソースも黒胡椒も自己主張が強いので、せっかくのハンバーグの味わいを打消している気が。

 といっても定番の「オニオンバターソース」のほうもちょっと濃すぎてくどい嫌いがあって、悪い意味で良い勝負かなぁ。こういうはっきりした味つけが川口の客層の好みなのかも。

 メンチカツはハンバーグより格段に大きい上に、これまた厚みがそこそこあって、サイズ的にはこちらのほうがメインに見えるくらい。ハンバーグだけでもボリューム十分なのでメンチカツまで付けるともうお腹一杯。

 細かい難点はありますが、近所に使い勝手の良さそうな洋食屋があるのはありがたいもの。

| | トラックバック (0)

2017.10.04

フジイ@川口元郷(2)

003

 川口郵便局のはす向かい辺り。本一通り沿いでひっそりと営業している洋食店です。川口駅からは遠く、川口元郷駅が最寄りとはいえやはり近くはないので、専ら近所の方向けの店といった風。"since1950”とあって川口だとかなり古い部類なのかも。自宅からはチト遠いので約2年ぶりの再訪。先客3、後客1。

 いつから放置状態なのか見当もつかない食品サンプルがなんともいえない味を出しています。売り物が全く判らないので今回も無難そうな「本日のランチ(750円)」を注文。この日は豚スタミナ&串カツ or 焼魚定食だったので前者を選択。

 メニューを見るとドライカレーやチキンライス、オムライスといったご飯ものが先頭。つづいてカツライスやカニコロッケライスといった「ライス+一品」みたいな品々。メニューからは定食類に力を入れているようには見えず。

 さして広くもない店にテーブルをぎっしり詰め込んでいる(4人掛け4卓、2人掛け4卓)ので店内はやや手狭。この店の最大の難点は今時珍しくランチタイムでも喫煙可なことですが、往訪した日は喫煙者がおらず助かりました。

001

 ランチには漬物と味噌汁が付属。ご飯は川口の大衆洋食店らしくなくお皿で登場。豚スタミナの上にさらに目玉焼きが載ってくるのには意表を突かれましたが、正直これはいらんから野菜の炒め物を増やしてボリュームを嵩上げして欲しいもの。豚スタミナはご飯が進む濃い目の味付けで、その上に串カツがゴロリ。串カツは専ら豚肉でした。

 クォリティー的にもコストパフォーマンス的にも可もなく不可もなく、食べ過ぎない程度の量で出てくるのがある意味ありがたいかな。

| | トラックバック (0)

2017.07.09

100時間カレー 川口店@川口

100005

 川口駅東口・樹モール商店街のラーメン屋の跡地にに首都圏でチェーン展開しているカレー専門店「100時間カレー」が出店。店が落ち着いたころ合いを見計らって往訪。先客1、後客ゼロ。

 トッピングの種類が豊富なため券売機のボタンが賑やか過ぎて参りましたが、最もシンプルな「プレーンカレー(590円)」を注文。ルーは100時間カレー(濃厚ビーフ)/バターチキン/キーマカレー/ハヤシの4種類から選べ、基本の「100時間カレー」で。また辛さは基本/中辛/辛口の3種類から選べるので、中辛にしてもらいました。また平日ランチタイム大盛り無料サービスをやっているので、大盛りにしてもらいました。

 店は縦長カウンター6席と店奥に2人掛けテーブル3卓。水セルフ。卓上に福神漬けがあるものの、らっきょうはありませんでした。

100004

 「濃厚」の名に違わぬ、とろみの強いタイプ。香味野菜と果物、さらに和牛の旨味を溶け合わせた旨味溢れる欧風カレーで、中辛にしてもさほど辛くはなく旨味を十分楽しめました。ただプレーンだと本当にプレーンで肉片もなにもありません。ゆえに何かトッピングを加えないとかなり寂しいかと。

 またライスもちょっと堅くてパサつき加減。大盛りでもさほど量が多いようには見えず、ルーが足りなくなることもなし。

 川口にはインド人っぽい方がやっているご当地風のカレー屋さんがいくつもありますが、そこのカレーよりもこの手のカレーのほうがずっと好みでハズレではありません。でも樹モールの先にある超地元向けの小さなカレー屋「Curry庵 味蕾」ほど割安感はないのも確か。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧