2019.03.24

厨ボーです。くまヰ@川口

001

 川口本町通りを挟んで川口郵便局の向かい辺り。通りからは少し引っ込んだところにあるので、歩道に案内板が出ています。見た目そのまんま、熊井さんが自宅を改装してランチ営業しているもので、玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えてから入店。オバチャンが作ってくれる昼食を台所脇で下宿人が食っているような昭和感満点の店です。先客ゼロ、後客1。

 限定20食で提供している「本日のサービスランチ」のうち、明らかに格安の「生姜焼き定食(730円→600円)」を注文。「オカンが作る昼飯」なのでメニューは鍋焼きうどん、鯖味噌、カツカレー、オムライス、ナポリタンと家庭料理っぽいものならなんでもありで、強いて言えば中華系がないくらい。

 店内は4人卓×4、2人卓×1。ほぼオバチャン一人で切り盛りしていて、あんまり接客業に向いてなさそうなオヤジは配膳を手伝っているだけなのかな?と思っていたところ、後からヘルプのオバチャンが一人やってきて、代わりにオヤジは何処へか出かけてゆきました。

004

 キャベツのサラダとお新香、おから、そしてお味噌汁付きで登場。生姜焼きはちょっと濃い目の味付けで、生姜ががっつり効いています。対照的に味噌汁は薄味でした。オヤジからご飯のお代わりを勧められましたが、生姜焼きを食べ終わった頃に言われてもなぁ・・・

 営業形態が変わっているのが最大の特徴で、料理自体は可もなく不可もなし。川口の定食屋の中では若干安めなのが取り柄かも。

| | トラックバック (0)

2019.03.08

焼肉 一歩@川口上青木

004

 青木町公園の東、中央道路「青木中央」交差点の北。隣に吉野家あり。最寄り駅は西川口になりますが、駅からはかなり距離があります。焼肉屋のランチ営業で、先客ゼロ、後客5。

 ランチタイムは卓上のランチメニュー4種しかないのか?と思っていたら別のメニューも渡され、その中から「スジチゲ定食(730円)」を注文。明らかに別メニューのほうがそそる品が多く、後客もそちらからの注文がほとんどでしたが、なんでこちらのメニューを予め各テーブルに置かないのだろう?? スジ肉がウリものなのか、スジオムライスやスジナポリといった焼肉屋らしくないメニューも。

 店内は4人卓×4、6人卓×1、壁に向かってカウンター5席。昼間はご夫婦だけで切り盛りしている感じ。

002

 まっ赤っ赤な鍋がぐつぐつ煮えたぎった状態で登場。唐辛子が大量に投入されてるため辛さは相当なものですが、甘いスジ肉がたっぷり入っているため、スープはストレートに辛いというより甘辛いという形容がぴったり。また豆腐も案外多い他、小さめながら生卵も入っていて辛さの緩和&旨味アップに一役。キムチチゲではないのでキムチは見当たらず、野菜はネギが少々といったところ。

 ご飯はデフォルトでどんぶり飯。後客の注文したスジオムライスを見ると他のメニューもボリューム多めみたいで。

 焼肉屋のランチ営業にしてはメニュー構成が変わっていますし、川口らしい安めの価格設定なので再訪必至です。

| | トラックバック (0)

2019.02.25

Mr.シェフ@西川口 ~ Bランチ

005

 西川口駅西口から西川口陸橋のほうへ。近くに担々麺の「永吉」あり。中華を中心にアジア系の料理店が多い西川口には珍しい「街の洋食屋さん」です。ほぼ2年ぶりの再訪。開店直後の入店でしたが先客3、後客ゾロゾロと退店時には満席近く、相変わらず賑わっています。

 定番の各種ランチメニューに加えて、日替わりの「Aランチ(650円)」と週替わりの「Bランチ(830円)」があり、Bランチを注文。この日は「スペシャルハンバーグ(ビーフ100%)とエビフライ」でした。ランチメニューにはライスとスープが付き、しかもライスは大盛り無料サービス。ちなみにAランチは「ポークカツ+ミートオムレツ+カレースパ」。注文はAのほうがやや多いかな?

 落ち着きのある店内は入口側に4人掛けテーブル3卓、店奥に2人掛け2卓。さらに厨房に向かってカウンター4卓。御夫婦で切り盛りしている感じ。川口の洋食屋さんには珍しいことに箸が置いてありません。個人的にはちょっと残念。

004

 人気メニューである程度作り置きしてあるのか、あっという間に登場。ハンバーグはファミレスっぽい柔らかタイプ。「バターを伸ばして食べてください」とのことでしたが、うーんこのバターがイマイチなのか、ちょっと味が濃すぎるというかしつこいというか・・・ フツーにさらっとソースをかけてくれたほうがいいのに。というか、ミックスベジタブルもそうだけど、この店って前から味濃いめだったっけ?

 またご飯もちょっと堅めというか、パサつき加減。うーん、たまたまの下ぶれなのかもしれませんが、久々に来たら聊か残念な感じになっていました。

| | トラックバック (0)

2018.10.15

珍来@川口 ~ 麻婆丼

002

 埼玉県南に幅広く店舗展開している「珍来」。看板に「らーめん」と大書してありますが、ここでらーめんを食べる気なんて全く起こらず、いつもご飯ものを注文しています。

 珍来の最大の特徴は何を食ってもとにかく量が多いこと。特に餃子がでかく、下手にチャーハンに餃子を付けようものなら間違いなく量が多すぎて悶絶します。量が多いことを知らずに一度チャーハン大盛を頼んだら死にかかりました。ただ量が多い分、日高屋や餃子の王将と比べると単価がやや高めで、そんなに割安感はないと思います。

001

 この日頼んだのは「麻婆丼(750円)」。写真には写っていませんが中華スープ付き。そして相変わらず量が多い。それはともかく、驚いたことに麻婆が全然辛くない。川口~西川口は大陸系というか、もはやアウェー感すら漂う激安中華料理店だらけで、そんな店で出てくる四川風の激辛麻婆に慣れてしまったせいか、全然辛くない麻婆って良くも悪くも新鮮な気が。でも、やっぱり物足りずに途中でラー油をひと回し。

 隣で同じ麻婆丼を食べていたオッサンもやっぱり物足りないのか、ラー油を回し掛けしていました。

| | トラックバック (0)

2018.06.18

凜や@川口 ~ 板蕎麦・特大

004_2

 東京中心に外食店を幅広く手掛けている「クレア」がアリオ川口リニューアル時に拡張されたフードコートに出店したもの。隣が「いきなりステーキ」。「凜や」の店舗数は多くはなく、ブランド力どころか知名度も皆無と言っていいかと。

「蕎麦つけ麺」が売り物のようですが、オープン記念特別価格で格安の「板蕎麦・特大(680円+税=734円)」を注文。温かい蕎麦も各種ある他、「鶏中華」や「中華そばつけ麺」も。前払いで、注文後はポケベルを渡されてしばし待機。開店してかなり経っているのに、なんだか未だに厨房内が混乱しているような・・・

001_2

 普通のめんつゆの他にごまだれも付いてくるのは、「飽きさせない」という意味では嬉しいもの。薬味にネギはあれどもわさびが付いていないので不審に思っていたところ、どうも配膳口で箸と一緒に各自取ってゆく方式みたいで、この辺がいかにもフードコート。当然蕎麦湯も同じ。

 「のど越し爽やかな自社製麺所直送の蕎麦」と謳っていますが、うーんコシが弱くてふにゃふにゃでイマイチかな・・・もちろん普段首都圏で板蕎麦ないしざる蕎麦を食べることなんてまずなく、長野や山形へ出かけた際に食べるのが普通なので比べる相手が悪いといってはそれまでですが。

 それより落ち着きのないフードコートで蕎麦という選択自体が失敗だったかも。

 蕎麦ははずれなことが判ったので、次は「鶏中華」を試してみます。

| | トラックバック (0)

2018.06.17

キッチンいさつ@川口中青木(2) ~ オムカレー

004

 川口警察署と幸並中学校の間の通りを東へ。最寄り駅は西川口ですが、産業道路を越えてなおかなり距離があります。住宅地の一角にある地元民向けの洋食屋さんで、ほぼ3年ぶりの再訪。先客2、後客4。いかにも近所で働いている風のオッサンが三々五々やってきます。

 なんでもありのメニュー群から今回も「オムカレー(700円)」を注文。店内は壁沿いにカウンター6席と小上がりに4人掛けテーブル2卓。厨房はしっかり仕切られているのですが、開け放ちになっているドアから油煙が客席に流れ込んでくるのか、店内がかなり脂臭いのが難。また喫煙可なのも困りもの。日替わり定食もあり、次週のローテーションが表示されているのは実に親切。

003

 味噌汁付で登場。カレーは昔懐かしいというか昭和の香り漂うというか、なんか高校の学食、あるいは大昔のスキー場やサービスエリアで出てきそうな片栗粉がやたら多くてどろっとしていて、その割にはコクなり旨みなりはもう一つといったタイプ。具も玉ねぎが目立つ程度なのでカレー単体なら評価は今一つだと思います。別にカレーがウリというわけではないので、近所にアホあるインド人・ネパール人がやってるカレー店の影響を全然受けないのは致し方ないと思いますが。

 ただオムライスと合わせるとなると別。ライスはべちゃっとしていてこれまた昭和風ですが、カレーをかけることを念頭に置いてかオムライスとしてはやや薄味。そして具のチキンなりマッシュルームなりがカレーによく合います。

 そしてこの店の最大の特徴はとにかく量が多いこと。並盛でも普通の店の大盛並みか、やや多いくらい。ゆえに壁には「残食のお持ち帰りお断りします」とか「お一人様一人前の御注文をお願いします」とかの注意書きが貼られています。

 まぁ美味い不味いを超越した「ザ・昭和の味」を堪能しに行く店と割り切ってゆくのが吉かと。

| | トラックバック (0)

2018.05.18

からやま 川口西青木店@西川口 ~ からやま定食

004

 産業道路沿い。市立県陽高校の北。「ステーキハンバーグKEN 川口青木店」の跡地ですが居抜き出店ではなく、ファミレス然とした2階建ての建物をぶっ潰して平屋の店舗で出店。「かつや」と同じグループのため、内装は「かつや」そっくりです。

 初めてなので定番の「からあげ定食」ならぬ「からやま定食(590円+税=637円)」を注文。ご飯は大盛無料サービス。往訪した時期は期間限定で「秘伝ニンニクからあげ」を猛プッシュ中で、ノーマルな唐揚げとの「合い盛り定食」を頼んでいる客が目立ちました。

 郊外店らしくボックス席&テーブル席主体で、近隣の「かつや」より広々しているせいかグループ客が目立ちましたが、客入りと比べてどう見ても店員が不足気味。おまけにテイクアウトの客も少なくないため、かなり待たされました。

003

 ただ待つだけのことはあって、揚げたての唐揚げは見た目と違って脂臭くなくパリパリとした食感が楽しめる優れもの。しかも食後の胃もたれ感皆無。キャベツの千切りがてんこ盛りなのも胃もたれ解消に一役買っているのでしょう。一方味噌汁はとろろ昆布メインでかなりショボショボ。

 唐揚げにタレが2種類付いてきますが、ニンニク味噌だれっぽいのがなかなか美味。シンプルな醤油ダレのほうは甘くてイマイチ。いずれにせよ唐揚げ自体は薄味でタレをほんのちょっと浸けて食べることを前提としているのかも。

 また「かつや」と違って卓上に塩辛があるのも高ポイント。なんか福岡の「ひらお」みたいな感じですが、唐揚げに飽きたところで良い箸休めになります。

 「かつや」と違ってメニューが少なく、リピートのきっかけをつかみづらいのが難ですが、事前の期待値が著しく低かっただけにポジティブサプライズでした。

| | トラックバック (0)

2018.05.11

るもんど@川口青木 ~ 日替わり定食

004

 川口市役所の南東。住宅やマンションと工場が混在する、いかにも川口らしいところに自宅を改装したと思しき店がポツンと建っています。先客1後客4。

 無難そうな「日替わり定食(700円)」を注文しようとしましたが、この店は日替わりといってもメインのおかず3品とサブのおかず5品からそれぞれ一品ずつ選ぶという変わったシステムを採用しています。今回は「ポークヒレカツ」と「あじフライ」を選択。後客はカレーが2人、オムライスが1人、定食が1人とバラバラで店の一押しは判らず仕舞い。

 店内はカウンター4席と小上がりに4人卓×2。狭い店なのに喫煙可なのは鬱。また温かいお茶を頼んだら、なんと回転寿司にありがちなお茶の粉末を湯で溶く方式で全然食堂らしくありません。

 また困ったことに先に仕出しの大量注文でも入っていたのか、出てくるまで30分以上待たされました。これではランチ用の店としては失格と言わざるを得ません。運が悪かったのかもしれませんが・・・

003

 ようやく出て来た品は凄まじいボリューム!! ポークヒレカツは思いの外厚みがあるのが3個も!これだけでもおかずとして十分なのに小さいながらもあじフライが2個。おまけにシュウマイやらきんぴらやらマカロニサラダやらが付いて、しかも大きめの味噌汁にはワカメがたっぷり。おかずに合わせてご飯は丼というか小さなおひつに目一杯盛られて登場。いやはやこれだけ量があると最後は箸が止まり気味に。

 安くて、アホほどボリュームがあって、クォリティーもそれなりと、いかにも工場街川口向きの定食屋です。

| | トラックバック (0)

2018.05.08

【閉店】浅草グリルバーグ@ララガーデン川口 ~ 赤ナポリターン

001

 ララガーデン川口にいつの間にか出来ていた店で、外観からSCに幅広く出店している店かと思いきや、田原町に本店があるだけというちょっと位置づけが良く判らない店です。

 店先に「ナポリターン」とデカデカと掲げられているのに惹かれて入店しましたが、屋号通り「パンチョ」みたいなナポリタンでか盛りがウリの店でも何でもなく、むしろ店の一押しは「手こねグリルバーグ」みたいでした。でもナポリタンのメニューの中から基本と思しき「赤ナポリタン(815円+税=880円)」を注文。終日大盛り1.5倍を無料サービスしているようです。

 ナポリタンは他にデミグラスソースを合わせた「黒」と生クリームソースを合わせた「白」がありました。

0051

 鉄板で出てきましたが、麺の下に玉子の薄皮を敷く名古屋風ではありません。この店の一大特徴は「茹で上げで1日寝かせるという極太麺」を使うこと。それゆえあまり一般的なナポリタンらしくないもっちりとした食感が楽しめます。極太麺なので鉄板に触れた部分が焦げたり、ぱりぱりになったりすることなく、最後までもちもち感が楽しめます。

 麺の水分と相まってか、全体があんかけっぽく粘りっこいのも特徴。でか盛りがウリのナポリタンにありがちな油臭さはない反面、甘ったるい上に酸味も強くて、それはそれで胃にずっしりもたれます。

 この内容だとパスタのチェーン店で食べるほうが割安でしょう。ゆえにここでは一押しの「手こねグリルバーグ」を食べたほうが良いのかもしれませんが、それはそれでハンバーグがウリのチェーン店が他にアホほどあるからなぁ・・・これでは週末のランチタイムなのに終始ガラガラなのも致し方ないような・・・

| | トラックバック (0)

2018.03.29

シェーンズバーグ@西川口 ~ 手こねハンバーグ

006

 西川口駅西口ロータリーを挟んで駅の正面。ただ店が雑居ビルの2Fにあって目立たないのが難。看板はチェーン店のそれっぽいのですが、中華料理屋だらけになってしまった西川口駅界隈には珍しい洋食店です。先客ゼロ、後客4~5。

 数あるランチメニューの中から、メニュー先頭の「手こねハンバーグ 150g(700円+税=756円)」を注文。なお往訪時はランチタイム100円引きのクーポンが使えて激安でした。ソースは5種類から選べ、デミグラスソースをチョイス。

003

 ハンバーグにはライス・サラダ・スープが付き、ライスとスープはお替り無料サービス。スープは1種類だけで、往訪時はオニオンコンソメスープでした。またご飯は最初から大きな茶碗というか小さめの丼で出てくるので、お替りの必要は微塵も感じませんでした。

 で、肝心のハンバーグですが、肉汁じゅわっとジューシータイプというわけでもなく、硬めで肉の旨味をしっかりと味わえるタイプでもなく、うーん今一つ旨味に乏しくて安いけど安いなりのクォリティーかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧