2020.06.17

キッチンさかい@川口

Sakai001

 川口駅東口から続く商店街も尽きた住宅地のど真ん中、食品スーパー「ベルク」の裏辺り。いかにも「自宅を改装しました!!」という感じの建物で老夫婦がランチタイムのみひっそりと営業している店です。先客2、後客3。どの辺が主要顧客層なのかさっぱり判らない立地ですが、警備員姿の方が入れ替わり立ち替わりやってきました。とにかく安いのでそれなりに固定客が付いているのかも。

 いつも3品ほどメニューが玄関先に掲示されており、一番無難そうな「かしわ丼+もりそば(550円)」を注文。往訪時の他のメニューは「天ぷら」「天ぷらそば+半カレー」で共に550円也。後払い。

 店内は縦長カウンター6席と4人卓×3、2人卓×1。

Sakai002

 「かしわ丼」というネーミングだと鶏肉メインであることしか伝わってこないので、出てくる品に一抹の不安がありましたが、要は鶏の照り焼き丼っぽい感じ。そこにほうれん草のごまダレ和えともやしのナムルが添えてあるみたいな。構成は無難ですが、驚いたのは川口の定食屋にしては薄味なこと。かしわ丼はそれでなんら差し支えありませんが、白菜主体の味噌汁なんて、薄味好きの当方ですら「いくらなんでも薄すぎじゃね?」と思うくらい。

 もりそばはまぁ「これ付けなくてもいいからかしわ丼の量を増やしたほうが・・・」と思われる残念なクォリティー。スーパーで売っている流水麺かなぁ・・・ 他にきゅうりのぬか漬けとお新香。

 また下げ膳はセルフサービスなことにびっくり!! 

|

2020.06.15

Mr.シェフ@西川口 ~ Bランチ(ミニステーキとハンバーグ)

Syefu001

 西川口駅西口から西川口陸橋のほうへ。近くに担々麺の「永吉」あり。中華を中心にアジア系の料理店が多い西川口には珍しい「街の洋食屋さん」です。約1年3ヶ月ぶりの再訪。先客ゼロ、後客7。コロナ禍のため、かつてのような11時の開店後まもなくテーブルがすぐに塞がってしまうほどの勢いはなくなってしまいましたが、今でもそこそこの人気を保っているようです。

 定番の各種ランチメニューに加えて、日替わりの「Aランチ(730円)」と週替わりの「Bランチ(880円)」があり、Bランチを注文。前回往訪時よりAランチは70円、Bランチは50円値上がり。

 往訪時のBランチは「ミニステーキとハンバーグ」でした。ランチメニューにはライスとスープが付き、しかもライスは大盛り無料サービス。ちなみにAランチは「ポークカツ+チーズオムレツ+カレースパ」。注文はAのほうが圧倒的。

 落ち着きのある店内は入口側に4人掛けテーブル3卓、店奥に2人掛け2卓。さらに厨房に向かってカウンター3席(1席減らしていました)。御夫婦で切り盛りしている感じ。なおこの店は川口にありがちな「街の洋食屋さん」と違って箸がなく、味噌汁を出さないことも含めてちょっと違いを出しています。

Syefu002

 人気メニューである程度作り置きしてあるのか、あっという間に登場。ハンバーグはファミレスっぽい超柔らかタイプ。うーん、こういう店ならもうちょっと肉肉しいのを期待したいのですが、これだとステーキハウスのハンバーグどころか松屋のハンバーグにも及ばないような・・・

 一方ミニステーキのほうはサイズこそ文字通りミニなものの、ハンバーグとは対照的にナイフがないと切り分けられず、しっかり肉の弾力性と味わいを噛みしめながら食べるような感じ。こっちのほうが期待には即しています。なおこの店はミックスベジタブルも含めてソースや塩加減がやや味濃いめなのも難。

 ランチメニューは定番ものも含めてハンバーグ含みのメニューが目立ちますが、個人的な好みからすればハンバーグのないメニューのほうが良さげ。その意味でもAランチのほうがベターだったなと思うも時すでに遅し。値上がりしたのでコストパフォーマンスもガタ落ちでしたし・・・

|

2020.06.14

菜来軒@川口 ~ 焼肉定食

Sairaiken001

 京浜東北線川口駅東口、そごうの裏あたり。先客5、後客ゼロ。典型的な「町中華」の佇まいで、BS-TBS「町中華で飲ろうぜ」でも紹介されたようで、往訪したのは日曜日だったせいか、開店早々飲んでいる客も。

 この店は800円の日替わり定食が一種、850円のが3種あり、今回は800円の「焼肉定食」を注文。

 店内はかなり狭く、4人卓×3と2人卓×1をぎっしり詰めた感じ。但し、2Fもあるようです。

Sairaiken002

 焼肉は自家製ダレに漬けた豚肉を柔らかく焼き上げたもの。しょうが焼きの生姜抜きみたいな和風寄りの味付けであまり中華っぽくありませんが悪くはありません。ただかなり濃い目の味付け。

 また中華スープだろうと思っていたスープは中にいちょう切りの大根が入っていて、これも和風寄り。川口は中国人が経営している現地風の中華料理屋がやたらあるので、あえてジャパナイズされたものを出しているのかも。

 揚げ物はお弁当箱に入ってそうな白身魚のフライでした。

 近所の「珍来」と比べるとクォリティーやコストパフォーマンスについては大差ありませんが、定食にバリエーションがあるのが取り柄かな?

|

2020.06.12

わらじ亭@川口 ~ わらじとんかつ

Waraji002

 川口駅東口・ふじのいち商店街にあるこじんまりとしたとんかつメインの定食屋さん。約6年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客4。

 高層マンションに挟まれ、しかも店の周囲に不自然な空き地があるという、いかにも再開発に取り残されたような変なロケーションでお爺さん一人で切り盛りしている店ですが、固定客が結構いるのか、いつ見てもそれなりに客がいます。

 定食屋なのにメニュー構成が変わっていて、ナントカ定食というメニューはなく、ナントカ単品に御飯セット(味噌汁+漬物+煮物付:335円)をつけるというスタイル。今回も「わらじとんかつ(500円)」を注文。前回からわらじとんかつが30円値上がりしただけでなく、前回は内税だったのに、いつの間にか外税になってしまいました(計918円)。

 とんかつメインの店ですが、メンチカツ、海老フライ、、アジフライ、かきフライ、しょうが焼、そしてハンバーグなども用意。

 店内はL字型カウンター8席のみ。

Waraji001

 注文を受けてからとんかつを揚げるので出てくるのに15分くらいかかります。「わらじ」を冠していますが、サイズも味わいも秩父名物の「わらじかつ」っぽい要素は特にありません。普通のとんかつよりやや大きい程度で、あえて言えばやや厚みがあるくらいでしょうか。割と軽い仕上がりで簡単にかみ切れます。

 ソースはどろっとしたのが一つ置いてあるだけで、さらにからしをつけるなり、レモンを絞るなりと食べ方もごくごくフツー。キャベツはたっぷり添えてあり、他にマカロニサラダが少々。味噌汁&お新香の他に酢のものが付いてくるのが少々謎。御飯は多くも少なくもなく、わらじとんかつと合わせてちょうど良いくらいかな?

 外税になったことでコストパフォーマンスはガタ落ちですが、それでもクォリティー相当といって良いでしょう。おいおい他のメニューを試してみます。

|

2020.06.11

二幸@西川口 ~ 日替わりランチ(カツ丼+おろしそば)

Niko002 

 京浜東北線西川口駅西口のバスロータリーを挟んでほぼ正面。セブンイレブンやすき家のある並び。先客ゼロ、後客2。

 見た目通り昭和然とした古典的な街の蕎麦屋さんで、蕎麦・うどんに加えて各種丼ものも充実し、それ以上に軽い飲み屋としても使える店です。今回は無難そうな「日替わりランチ(880円)」を注文。往訪時は「カツ丼+おろしそば/うどん」といった構成。しかも温・冷とも可ということなので冷たいおろしそばにしてもらいました。

 店内は意外と奥行きがあり、店の左側に4人卓×6、右側の小上がりに4人卓×4といった感じでしょうか。

Niko001

 配膳されてびっくり!!! 明らかに思てたんとちゃう!! おろしそばはともかくカツ丼はミニでもなんでもなく、ほぼ一人前じゃないのかなぁ、これ?? カツ丼単品だと1000円するのでひょっとしてこれでミニサイズなのかもしれませんが、おろしそばと合わせると結構ボリュームがあります。さらに酢ものとお新香付き。

 ただクォリティーはやはり店の見た目通りごくごく庶民的なお蕎麦屋さんのそれといった感じ。カツ丼は卵とじがユルふわ系ではなくしっかり閉じる系。その割にカツはあんまりがっつり煮込まない感じで、その分味が変に濃くなくて食べやすいかと。おろしそばのほうはもり550円のお店なので蕎麦本体もつゆもまぁそれなりのゴニョゴニョ。ちなみに「越前おろしそば」のつもりで注文すると、出てくるのはただの大根おろし乗せなので愕然とします。しかも大根おろしが全然辛くない。

 とはいえ、駅の真ん前で交通至便。かつ「富士そば」等立ち食い蕎麦屋系よりは格段に落ち着いて食べられるし、割と安くてとりあえずお腹一杯にはなる。そういうニーズに目一杯応えた良い店だと思います。この手の古典的な街の蕎麦屋さんは川口駅のほうにはないんだよなぁ・・・

|

2020.05.23

珍来@川口 ~ 中華丼

Chinrai002

 埼玉県南に幅広く店舗展開している「珍来」。看板に「らーめん」と大書してありますが、ここでらーめんを食べる気なんて全く起こらず、いつもご飯ものを注文しています。1年8ヶ月ぶりの再訪。先客1、後客5。

 ここは日曜日・祝日以外のランチタイムに日替わりで格安メニューを提供しています。往訪した土曜日は「中華丼」の日だったのでそれを注文。本来750円の品を630円で出しているので結構なサービス品です。というか、個人的には普段中華丼なんてまず食べませんし、めっちゃ割安なことに気づいてようやく食べる気になったというのが正直なところ。

Chinrai001

 「中華丼」ってどう見ても八宝菜をご飯にぶっかけただけだと思うのですが、「八宝菜丼」でも「八宝丼」でもなく、なぜか「中華」を代表するかのように大きく出たネーミングなのが最大の謎。

 また珍来の中華丼は見た目で判るように白菜だらけ。ニラ・ニンジン・豚肉・うずら卵・きくらげと他の具材もあるにはあるのですが、白菜のウェイトがでかすぎて「八宝菜」ではなく「1.5宝菜」みたいな。また海老・イカ、せいぜいカマボコといった海産物系の具は見当たりませんでした。

 で、白菜だらけの具がたっぷりした飴に包まれて出てきます。飴は中華っぽい旨味で推すというよりはちょっと塩気で推している感じで、好みから外れていました。また珍来らしく中華丼もやはり量が多い。飽きてきたところでちょっとラー油を差してフィニッシュ。

 珍来の日替わりサービスは、昔はサービス品が終日500円だったのですが、やがてランチタイムだけになり、さらに徐々に値上がりしてしまいましたが、安くて腹一杯になるのは確か。ただどのメニューも好みから少し外れているんだよなぁ・・・

|

2020.05.19

蕎麦の澤@西川口 ~ サーモン小丼ランチ

Sawa002

 京浜東北線西川口駅の南西、済生会川口総合病院よりさらに南。仲町小学校西交差点近く。西川口駅からも川口駅からも徒歩20分くらいかかるところにあり、ほぼ地元の方向けの店だと思います。先客、後客ともゼロ。

 卓上のランチメニューの中から「サーモン小丼ランチ(900円)」を注文。ランチメニューは週替わりで「コロッケランチ」との2択でした。普通の蕎麦は「せいろ」が650円なのでごく一般的な街の蕎麦屋さんだと思います。但し丼ものは天丼だけ。またうどんはやっていません。

 店内は4人卓×1、2人卓×3と非常にこじんまり。店外には日本酒の一升瓶がやたら置いてありますが、酒の種類が多いというわけではなさげ。

Sawa001

 「サーモン小丼ランチ」は蕎麦、サーモン小丼、それになぜかキャベツ主体のサラダが付いて来るセットもの。

 蕎麦は若干黒みがかった&口当たりにややざらつきがあり、かつしっかり冷水で締まった若干硬めで噛み応えがあるタイプで気に入りました。近所でこのレベルを出してくれるなんて誠にありがたいもの。東京の蕎麦屋にありがちな、白っぽくて細いタイプじゃないだけでも個人的には高評価。なお蕎麦らしくない、丼みたいな容器で出てくるのが謎ですが、深さがあるので量が少ないわけではありません(多くもないですが)。

 汁もこれまた東京にありがちなやたら辛いタイプではなく、良い意味で中庸。

 サーモン小丼のサーモンは小さくて極薄。その上にわずかに魚粉がかかっていますが、それでもご飯のおかずとしては力不足なので、醤油の力を借りることに。わさびが添えてあるので、醤油をかけるのを前提としているのでしょう。

 特に際立った何かがあるわけではありませんが、普段使いに徹した近所の蕎麦屋という意味では十分合格点です。

|

2020.05.16

イタリア食堂@川口 ~ ボロネーズスパゲティ

Italia002

 川口・樹モール商店街内「ヤマイチ」のある角を東へ。駅近マンションの立ち並ぶ住宅地の中に立地。近隣に「明香音」あり。約2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客1。

 ランチメニューのパスタの中から、メニュー先頭の「ボロネーズスパゲティ(700円)」を「大盛り(+100円)」で注文。大盛は1.5倍とのこと。

 ランチメニューはパスタ中心にピッツァやリゾットもあるといった格好。この2年もの間にメニューを大幅に見直したようで、パスタはメニュー数がほぼ半減し、以前食べた「ミートソーススパゲッティ」「チキンカレースパゲッティ」はなくなってしまいました。リゾットのメニュー数も幾分減り、その代わりにピッツァに力を入れたようです。

 ただパスタは相変わらず700~800円程度のメニューを数多く取り揃え、値上げもせずに頑張っているのはたいしたもの。

 また店内も手を入れたようで、カウンター席を入口近くの3席だけに減らしてボックス席に改装していました(4人卓×6)。あまり一人客は来ないということなのかも。

 食前にちょっとしたサラダとコンソメスープが付いてきます。

Italia001

 ボロネーズは「粗ひき肉とトマトをじっくり煮込んだ」ものだそうですが、一般論で言えば正直昭和の香り漂う「ミートソーススパゲティ」との違いがよく判りません!! でもソースは妙に甘くはなく、逆にやたら酸味が強いわけでもなく、良い意味で中庸で評価できます。

 またここで以前食べた「ミートソーススパゲティ」はなぜか麺も炒めてしまうタイプなので脂がめちゃ多いのが難点でしたが、「ボロネーズ」はフツーの茹でパスタに変わっていました。もちろんこれも評価ポイント。「ナポリタン」がメニューから消えたのを見ると、客層に合わせて「炒め物」系のパスタをきれいさっぱり止めたのかも。

 麺はラーメン基準だと(苦笑)若干細目、かつ心もち硬めの仕上がり。大盛だと量的にも十分満足。汁なし担々麺と違って、最後にひき肉がやたら余るような事態に陥らないのは不思議なもの。

 パスタはサイゼリヤで大満足なくらいの評価基準しか持ち合わせていませんが(^-^; この出来なら度々来ることになるかも。

|

2020.05.15

とん喜亭@川口 ~ Bランチ

Tonkitei002

 川口駅西口から「コモディイイダ」のある角を南へ。再開発地区「リプレ二番街」の一角。先客1、後客2。オッサン達が切り盛りしているとんかつメインの定食屋です。

 格安のランチタイムサービスがA~Cランチ(全部780円)の3種類あって、「Bランチ」を注文。券売機はなく、後払い。 メニューはこれら以外にもいろいろあって、先客はカツカレー定食を頼んでいました。

 店内は4人卓×2、2人卓×2、小上がりに4人卓と2人卓が一つずつ。いかにもランチ営業がメインっぽく、狭い店に目一杯テーブルを並べた感じ。

Tonkitei001

 「Bランチ」のメインはロースしょうが焼き。さすがプロの仕事だけあって柔らかく仕上がっています。ただ生姜をガッツリ効かせるどころか、単なる隠し味に留めたような味付けなのは超意外でした。ご飯が進むようにやや濃い目の味付けなのは半ばお約束でしょうか? 千切りキャベツが山盛りで出てくるのはありがたいもの。

 ご飯は川口のこの手の店にありがち丼ぶりで出てくるので個人的には量はこれで十分。もっとも先・後客とも大盛を頼んでいましたが、そういう客層がメインの店なのかも。

 おかずに高菜&たくあんと味噌汁が付いてくるのはともかく、なぜか刻み海苔をまぶしたゆで卵が半個付いてくるのが不思議でした。

 川口駅西口は高層マンションが林立するばかりで飲食店が非常に少ないので、ここは貴重なお店かも。クォリティーはともかく「安めでとりあえずお腹一杯になる」点では良い店だと思います。

|

2020.04.26

うどん日和 ひこどん@蕨 ~ ひこどんセット

Hikodon002

 蕨駅東口の北側にある「蕨陸橋東」交差点を北へ。「麺屋永太」の先の交差点を東へ。商店街から外れた、駅近くとはいえちょっと場末っぽいところに立地。先客ゼロ、後客2。屋号通りうどん専門店で蕎麦はありません。なお最寄り駅は蕨ですが、店の住所は「川口市芝」です。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「ひこどんセット(780円)」を注文。要するにうどんに天ぷら、かやくご飯を付けたセットものです。うどんは温/冷とも可能なので「温」で。

 メニューは非常に幅広ですが、鍋焼きうどん類に力を入れている模様。また往訪時は数量限定ながら「釜玉うどんフェア」をやってきました。

 店内は縦長カウンター6席と4人卓×2、2人卓×2。さらに2階にお座敷がある模様。卓上には一味のみ。これだけの規模の店なのに店主一人で切り盛りしているのは新型コロナ禍で客足が激減したせいなのかどうか?

 注文を受けてから天ぷらを揚げているので、配膳まで結構時間がかかりました。揚げ玉を別皿にするのは嬉しい心遣い。

Hikodon001

 つゆは出汁が良く効いた、醤油が無意味にでしゃばらない関西風。これが実に良い!! 麺は自家製でやや太目。丸亀製麺の麺に慣れるとかなり太く感じます。口当たりはもちろんつるつる。噛み応えは「もっちり」と形容するにはもうちょいコシが強めかな? ゆえに麺は柔らかい関西風ではなく明らかに讃岐寄りで、これまた文句なし。

 天ぷらは海老、なす、かぼちゃ、さつまいも、いんげんまめ。塩をほんのちょっとだけ付けていただく趣向。揚げたてなのでそれで十分。

 かやくご飯は半ライスよりも一回り小さい感じですが、その割に鶏肉が大きくて得した気分。

 この内容でこの値段ならケチのつけようがありません。近所のうどん屋としては最高峰といっても良いでしょう。

|

より以前の記事一覧