2018.10.15

珍来@川口 ~ 麻婆丼

002

 埼玉県南に幅広く店舗展開している「珍来」。看板に「らーめん」と大書してありますが、ここでらーめんを食べる気なんて全く起こらず、いつもご飯ものを注文しています。

 珍来の最大の特徴は何を食ってもとにかく量が多いこと。特に餃子がでかく、下手にチャーハンに餃子を付けようものなら間違いなく量が多すぎて悶絶します。量が多いことを知らずに一度チャーハン大盛を頼んだら死にかかりました。ただ量が多い分、日高屋や餃子の王将と比べると単価がやや高めで、そんなに割安感はないと思います。

001

 この日頼んだのは「麻婆丼(750円)」。写真には写っていませんが中華スープ付き。そして相変わらず量が多い。それはともかく、驚いたことに麻婆が全然辛くない。川口~西川口は大陸系というか、もはやアウェー感すら漂う激安中華料理店だらけで、そんな店で出てくる四川風の激辛麻婆に慣れてしまったせいか、全然辛くない麻婆って良くも悪くも新鮮な気が。でも、やっぱり物足りずに途中でラー油をひと回し。

 隣で同じ麻婆丼を食べていたオッサンもやっぱり物足りないのか、ラー油を回し掛けしていました。

| | トラックバック (0)

2018.06.18

凜や@川口 ~ 板蕎麦・特大

004_2

 東京中心に外食店を幅広く手掛けている「クレア」がアリオ川口リニューアル時に拡張されたフードコートに出店したもの。隣が「いきなりステーキ」。「凜や」の店舗数は多くはなく、ブランド力どころか知名度も皆無と言っていいかと。

「蕎麦つけ麺」が売り物のようですが、オープン記念特別価格で格安の「板蕎麦・特大(680円+税=734円)」を注文。温かい蕎麦も各種ある他、「鶏中華」や「中華そばつけ麺」も。前払いで、注文後はポケベルを渡されてしばし待機。開店してかなり経っているのに、なんだか未だに厨房内が混乱しているような・・・

001_2

 普通のめんつゆの他にごまだれも付いてくるのは、「飽きさせない」という意味では嬉しいもの。薬味にネギはあれどもわさびが付いていないので不審に思っていたところ、どうも配膳口で箸と一緒に各自取ってゆく方式みたいで、この辺がいかにもフードコート。当然蕎麦湯も同じ。

 「のど越し爽やかな自社製麺所直送の蕎麦」と謳っていますが、うーんコシが弱くてふにゃふにゃでイマイチかな・・・もちろん普段首都圏で板蕎麦ないしざる蕎麦を食べることなんてまずなく、長野や山形へ出かけた際に食べるのが普通なので比べる相手が悪いといってはそれまでですが。

 それより落ち着きのないフードコートで蕎麦という選択自体が失敗だったかも。

 蕎麦ははずれなことが判ったので、次は「鶏中華」を試してみます。

| | トラックバック (0)

2018.06.17

キッチンいさつ@川口中青木(2) ~ オムカレー

004

 川口警察署と幸並中学校の間の通りを東へ。最寄り駅は西川口ですが、産業道路を越えてなおかなり距離があります。住宅地の一角にある地元民向けの洋食屋さんで、ほぼ3年ぶりの再訪。先客2、後客4。いかにも近所で働いている風のオッサンが三々五々やってきます。

 なんでもありのメニュー群から今回も「オムカレー(700円)」を注文。店内は壁沿いにカウンター6席と小上がりに4人掛けテーブル2卓。厨房はしっかり仕切られているのですが、開け放ちになっているドアから油煙が客席に流れ込んでくるのか、店内がかなり脂臭いのが難。また喫煙可なのも困りもの。日替わり定食もあり、次週のローテーションが表示されているのは実に親切。

003

 味噌汁付で登場。カレーは昔懐かしいというか昭和の香り漂うというか、なんか高校の学食、あるいは大昔のスキー場やサービスエリアで出てきそうな片栗粉がやたら多くてどろっとしていて、その割にはコクなり旨みなりはもう一つといったタイプ。具も玉ねぎが目立つ程度なのでカレー単体なら評価は今一つだと思います。別にカレーがウリというわけではないので、近所にアホあるインド人・ネパール人がやってるカレー店の影響を全然受けないのは致し方ないと思いますが。

 ただオムライスと合わせるとなると別。ライスはべちゃっとしていてこれまた昭和風ですが、カレーをかけることを念頭に置いてかオムライスとしてはやや薄味。そして具のチキンなりマッシュルームなりがカレーによく合います。

 そしてこの店の最大の特徴はとにかく量が多いこと。並盛でも普通の店の大盛並みか、やや多いくらい。ゆえに壁には「残食のお持ち帰りお断りします」とか「お一人様一人前の御注文をお願いします」とかの注意書きが貼られています。

 まぁ美味い不味いを超越した「ザ・昭和の味」を堪能しに行く店と割り切ってゆくのが吉かと。

| | トラックバック (0)

2018.05.18

からやま 川口西青木店@西川口 ~ からやま定食

004

 産業道路沿い。市立県陽高校の北。「ステーキハンバーグKEN 川口青木店」の跡地ですが居抜き出店ではなく、ファミレス然とした2階建ての建物をぶっ潰して平屋の店舗で出店。「かつや」と同じグループのため、内装は「かつや」そっくりです。

 初めてなので定番の「からあげ定食」ならぬ「からやま定食(590円+税=637円)」を注文。ご飯は大盛無料サービス。往訪した時期は期間限定で「秘伝ニンニクからあげ」を猛プッシュ中で、ノーマルな唐揚げとの「合い盛り定食」を頼んでいる客が目立ちました。

 郊外店らしくボックス席&テーブル席主体で、近隣の「かつや」より広々しているせいかグループ客が目立ちましたが、客入りと比べてどう見ても店員が不足気味。おまけにテイクアウトの客も少なくないため、かなり待たされました。

003

 ただ待つだけのことはあって、揚げたての唐揚げは見た目と違って脂臭くなくパリパリとした食感が楽しめる優れもの。しかも食後の胃もたれ感皆無。キャベツの千切りがてんこ盛りなのも胃もたれ解消に一役買っているのでしょう。一方味噌汁はとろろ昆布メインでかなりショボショボ。

 唐揚げにタレが2種類付いてきますが、ニンニク味噌だれっぽいのがなかなか美味。シンプルな醤油ダレのほうは甘くてイマイチ。いずれにせよ唐揚げ自体は薄味でタレをほんのちょっと浸けて食べることを前提としているのかも。

 また「かつや」と違って卓上に塩辛があるのも高ポイント。なんか福岡の「ひらお」みたいな感じですが、唐揚げに飽きたところで良い箸休めになります。

 「かつや」と違ってメニューが少なく、リピートのきっかけをつかみづらいのが難ですが、事前の期待値が著しく低かっただけにポジティブサプライズでした。

| | トラックバック (0)

2018.05.11

るもんど@川口青木 ~ 日替わり定食

004

 川口市役所の南東。住宅やマンションと工場が混在する、いかにも川口らしいところに自宅を改装したと思しき店がポツンと建っています。先客1後客4。

 無難そうな「日替わり定食(700円)」を注文しようとしましたが、この店は日替わりといってもメインのおかず3品とサブのおかず5品からそれぞれ一品ずつ選ぶという変わったシステムを採用しています。今回は「ポークヒレカツ」と「あじフライ」を選択。後客はカレーが2人、オムライスが1人、定食が1人とバラバラで店の一押しは判らず仕舞い。

 店内はカウンター4席と小上がりに4人卓×2。狭い店なのに喫煙可なのは鬱。また温かいお茶を頼んだら、なんと回転寿司にありがちなお茶の粉末を湯で溶く方式で全然食堂らしくありません。

 また困ったことに先に仕出しの大量注文でも入っていたのか、出てくるまで30分以上待たされました。これではランチ用の店としては失格と言わざるを得ません。運が悪かったのかもしれませんが・・・

003

 ようやく出て来た品は凄まじいボリューム!! ポークヒレカツは思いの外厚みがあるのが3個も!これだけでもおかずとして十分なのに小さいながらもあじフライが2個。おまけにシュウマイやらきんぴらやらマカロニサラダやらが付いて、しかも大きめの味噌汁にはワカメがたっぷり。おかずに合わせてご飯は丼というか小さなおひつに目一杯盛られて登場。いやはやこれだけ量があると最後は箸が止まり気味に。

 安くて、アホほどボリュームがあって、クォリティーもそれなりと、いかにも工場街川口向きの定食屋です。

| | トラックバック (0)

2018.05.08

浅草グリルバーグ@ララガーデン川口 ~ 赤ナポリターン

001

 ララガーデン川口にいつの間にか出来ていた店で、外観からSCに幅広く出店している店かと思いきや、田原町に本店があるだけというちょっと位置づけが良く判らない店です。

 店先に「ナポリターン」とデカデカと掲げられているのに惹かれて入店しましたが、屋号通り「パンチョ」みたいなナポリタンでか盛りがウリの店でも何でもなく、むしろ店の一押しは「手こねグリルバーグ」みたいでした。でもナポリタンのメニューの中から基本と思しき「赤ナポリタン(815円+税=880円)」を注文。終日大盛り1.5倍を無料サービスしているようです。

 ナポリタンは他にデミグラスソースを合わせた「黒」と生クリームソースを合わせた「白」がありました。

0051

 鉄板で出てきましたが、麺の下に玉子の薄皮を敷く名古屋風ではありません。この店の一大特徴は「茹で上げで1日寝かせるという極太麺」を使うこと。それゆえあまり一般的なナポリタンらしくないもっちりとした食感が楽しめます。極太麺なので鉄板に触れた部分が焦げたり、ぱりぱりになったりすることなく、最後までもちもち感が楽しめます。

 麺の水分と相まってか、全体があんかけっぽく粘りっこいのも特徴。でか盛りがウリのナポリタンにありがちな油臭さはない反面、甘ったるい上に酸味も強くて、それはそれで胃にずっしりもたれます。

 この内容だとパスタのチェーン店で食べるほうが割安でしょう。ゆえにここでは一押しの「手こねグリルバーグ」を食べたほうが良いのかもしれませんが、それはそれでハンバーグがウリのチェーン店が他にアホほどあるからなぁ・・・これでは週末のランチタイムなのに終始ガラガラなのも致し方ないような・・・

| | トラックバック (0)

2018.03.29

シェーンズバーグ@西川口 ~ 手こねハンバーグ

006

 西川口駅西口ロータリーを挟んで駅の正面。ただ店が雑居ビルの2Fにあって目立たないのが難。看板はチェーン店のそれっぽいのですが、中華料理屋だらけになってしまった西川口駅界隈には珍しい洋食店です。先客ゼロ、後客4~5。

 数あるランチメニューの中から、メニュー先頭の「手こねハンバーグ 150g(700円+税=756円)」を注文。なお往訪時はランチタイム100円引きのクーポンが使えて激安でした。ソースは5種類から選べ、デミグラスソースをチョイス。

003

 ハンバーグにはライス・サラダ・スープが付き、ライスとスープはお替り無料サービス。スープは1種類だけで、往訪時はオニオンコンソメスープでした。またご飯は最初から大きな茶碗というか小さめの丼で出てくるので、お替りの必要は微塵も感じませんでした。

 で、肝心のハンバーグですが、肉汁じゅわっとジューシータイプというわけでもなく、硬めで肉の旨味をしっかりと味わえるタイプでもなく、うーん今一つ旨味に乏しくて安いけど安いなりのクォリティーかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.03.14

しゃぶしゃぶすき焼 どん亭@南鳩ヶ谷 ~ チキン南蛮定食

004

 「しゃぶしゃぶすき焼 どん亭」。「ステーキのどん」や「フォルクス」等と同じく吉野家傘下のファミレスで、埼玉県や都内を中心に店舗展開していますが、それほど店舗数は多くはなく、知名度はなんとも微妙。

 ここはメインの「しゃぶしゃぶすき焼」とは何の関係もないランチメニューが割と充実していることに気づいて、近所の鳩ケ谷店を訪れてみました。なお週末・休日でもランチメニューをやっているようです。

 さらに平日午前中&数量限定ながら格安の「お昼の特別おしながき(600円+税=648円)」というのを8種類の週替わりで提供。しかもご飯大盛り無料(おかわり不可)・味噌汁おかわり無料!! 往訪時のメニューは「チキン南蛮定食」だったので、早速注文。

003

 チキン南蛮は甘酢とタルタルソースが味わいを全面支配してしまうため、ファミレスで食べようが宮崎の有名店でもそんなに差はなく、良くも悪くも当たり外れがない無難な一品。

 「やより軒」のチキン南蛮定食と比べると、小鉢が付いて来ないせいかやよい軒より安く、また巨大ジャーにご飯が入れっぱなしのやよい軒より飯が明らかに美味い。やよい軒と違ってご飯のおかわりはできないものの、大盛りなら量も十分で、かえって食べ過ぎなくて良いくらい。

 週替わりメニューは公式サイトで予め確認できるので、無難そうなメニューの時に再訪してみます。

| | トラックバック (0)

2018.01.23

Tallou@川口

006

 川口市役所と川口市役所第二庁舎の間。近所に担々麺の「彩たまや」あり。先客ゼロ、後客9。外観はまさに古色蒼然、一見さんお断りっぽい雰囲気を醸し出していますが、正午近くになると場所柄ワイシャツ姿の市役所職員っぽい方が三々五々やってきます。屋号の綴りは「Taro」ではなく、なぜか「Tallou」。

 店先にでかでかと掲げられた「サービス定食(600円)」を注文。メニューは少なく、しかも後客全員が「サービス定食」を注文。オバチャン二人で切り盛りしており、定食用の小皿や小鉢をせっせとカウンターに積み上げているところを見ると、「サービス定食」以外のものを頼むとえらく待たされそうな感じ。

 店内はテーブル席のみ。何の統一感もないテーブルが店内に目一杯詰め込まれています。壁際の本棚にコミックスがぎっしりなのはともかく、この店の異様なのは陳列されたフィギュアの数々。誰の趣味でこうなったのか判りませんが、これまた統一感皆無・・・

004

 この日の「サービス定食」は揚げどりの甘酢あんかけをメインに冷奴、味噌汁、漬物といったところ。店の外観はレストランなんですが、出てきた定食に洋食っぽい要素は全くありません(苦笑) ビジュアルと言い味わいといい、オカンが作ってくれた昼飯そのものといったところ。味噌汁がちょっと薄いと思える反面、たくあんがしょっぱかったりするアンバランス感もなんとなく家庭的。

 鶏唐揚げは4個もあってボリューム満点。それゆえかライスを「軽め」で注文する人が続出。クォリティーはともかくこの値段でこのボリュームはさすが川口といったところでしょうか。 

| | トラックバック (0)

2018.01.13

餃子バル ココチーノ 川口店

005

 川口駅東口から続く商店街、「すき家」や「武蔵家」の並び。但し店は2Fにあって目立ちにくく、もともと何だったのか、いつ店が出来たのか皆目判らず。先客、後客ともゼロ。

 ランチメニューの中からメニュー先頭の「餃子定食(690円)」を注文。餃子バルといっても全然中華料理色はなく、他のメニューも餃子スープパスタとか餃子ドリアとかなんかイタリアン的。

 店内は4人卓×3、2人卓×3、カウンター3卓。ランチタイムは客入りが悪いのか、店員一人で営業していました。卓上に餃子専用のタレはなく、自分で醤油、酢、ラー油を合わせる形。

004

 餃子定食は餃子12個とミニサラダ、スープ、麦飯のセット。餃子はやや小ぶりながら肉がしっかり詰まった、いかにもビールに合いそうなタイプ。野菜多めのあっさり系や、ホワイト餃子みたいな厚皮系よりは個人的には好み。

 ミニサラダやスープも付いてくるし、白米ではなく麦飯を出す辺り、ちょっとした健康志向なのかもしれませんが、餃子食べに来て中途半端に気をつかうくらいなら「餃子の王将」でがっつり食ったほうが良いわなぁ。

 また回りがラーメン屋だらけ、外食チェーン店だらけの場所でランチ営業は続かない気がします。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧