2018.01.17

机上の空論@東十条 ~ 中華そば

003

 京浜東北線東口から伸びる東十条銀座商店街内。信号を2つ渡った商店街の東端近くにあるので駅からはやや距離があります。11時半の開店直前に到着したところなんと先客5。開店後6~7人やって来てすぐに外待ちが出来ました。

 店内の券売機を見るとメニューは基本的に「中華そば」と「煮干中華そば」の2本立て。ボタン先頭の「中華そば(720円)」を注文。ランチサービスなし。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター7席。実にこじんまりした店で席間は狭め。厨房内は店主とちょっと日本語の怪しげなアシスタント。卓上にはブラックペッパーと辛子高菜。

002

 一ロット2~3杯ゆえ15分ほど待たされてようやく登場。表面の鶏油のてかりが目立ちますが、程よくコクを加える程度で味わいはむしろあっさり目。鶏&豚の動物系がベース。「日本一しょうゆ」を使っている旨が貼ってありましたが、これが徒に自己主張することなく、野菜から来ると思しき出汁と相まってやや甘みを感じます。古典的な醤油ラーメンとルックスが似ているけれども内実は全然違う「新古典派」で、ついつい惹きこまれてスープを完飲。

 麺は細めのストレート。あっさり目の優しいスープに合わせてか柔らか目の仕上がりでスープが良く絡み、啜り心地も楽しめます。

 チャーシューはバラとロースの2枚でしょうか。メンマは細い割にコリコリとした食感が嬉しい。他にメンマ、ナルト、海苔、きざみネギ。

 この駅からやや離れていることもあって競合店も少なく、早々と地元民の強い支持を受けるのも当然と思われる納得の一杯でした。

| | トラックバック (0)

2018.01.11

吉岡 田端店@田端

006

 田端駅北口改札を出て陸橋を東へ。東田端郵便局の裏辺り。尾久へと延びる東北本線に挟まれた雑然とした一角に立地。「光らーめん」の跡地で先客1、後客1。

 目白の「わたみん家」のランチタイムに間借り営業している「自家製熟成麺 吉岡」の支店です。支店を出すのに本店は相変わらず間借り営業のままというのが謎すぎますが。本店は約2年半前に往訪済み。

 メニューは絞り込まれていてラーメンとつけ麺のみ。今回は「ラーメン並(800円)」を注文。本店同様スープが曜日替わりで、「月土:マイルド魚介、火水:濃厚鶏豚、木金:濃厚魚介」という構成で、往訪した日は「マイルド魚介」でした。ただスープが曜日替わりなことを券売機近くに貼りだしておらず、戸外に小さく貼っているだけなのが気になりました。ランチサービスはなし。

 また麺は打ち立て中太麺と熟成細麺から選べます。屋号に「自家製成熟麺」を冠していることに敬意を表して後者を選択。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席と2人卓×2、4人卓×1。水セルフ。卓上には白胡椒のみ。

003

 「マイルド魚介」と称していますが、スープは動物系出汁もかなり強く、魚粉大量混入型のいわゆる一昔前の「またお前か」系。もっともスープは若干とろみがある程度でドロドロではなく、魚粉のざらつきも感じません。これで「マイルド」なら「濃厚」はどんなんやねん?という気もしますが、食べている最中は重くもくどくもなく、食べ手を選ばない出来だと思います。もっともスープを飲み進むのは遠慮しましたし、食後はそれなりに胃もたれが。

 一週間寝かせて熟成されたとの触れ込みの麺は「細麺」と言うほど細くはなく、せいぜい並太のストレート。但し噛み応えが非常に強いのが特徴で濃厚スープに全く負けていません。

 チャーシューは極薄で崩れやすいタイプ。他にメンマ、ナルト、海苔、きざみねぎ。

 麺が抜群に美味く、トータルでも無難と言えば無難な出来ですが、具がこの程度にしてはチト高いかと。駅近なのに周囲にあまりこれといったラーメン屋がないところへの出店という点は本店とそっくりですが、本店と違って人通りが多くはないので先々どうなるか?

| | トラックバック (0)

2017.12.22

夏海@赤羽(3) ~ 豊穣清湯醤油ラーメン

001

 赤羽駅東口から北へ2分ほど。「ゆうひ屋」の先。4年半ぶりの再訪。先客6、後客ゾロゾロ。一時は外待ち客も出た模様。

 戸外に設置してある券売機で「豊穣清湯醤油ラーメン(750円)」を注文。ランチサービスなし。麺は細麺と手もみ麺が選べるとのことで、細麺をチョイス。

 メニューは他に豊穣清湯塩、煮干豚骨、つけ麺など。券売機ボタン先頭はつけ麺で、かつつけ麺のみ中盛り無料のせいか、つけ麺の注文が目立ちました。

 店内はL字型カウンターのみ10席。水セルフでカウンター背後に給水器を設置。店内外とも汚い貼り紙だらけで著しく美観を損ねていますが、どういうつもりなのか?

003

 鶏ベースと思しきスープはやり過ぎ感が出ない程度に生姜が効いていてなかなかの出来ばえ。「あっさり」を謳っている割には表面の脂が多くて「あっさり」というのは当たらない気がしますが、これはこれでコク深くて悪くありません。もっとも飲み進むにつれてかえしのきつさが気になりだしたので、完飲には至らず。

 麺は並太より若干細めといった程度のストレート。やや水気が少なそうな歯切れのいい麺で、スープの絡みは至って良好。

 チャーシューは2種類でいずれも柔らか目の仕上がり。他にかいわれ、海苔、白髪ネギ、ほうれん草、メンマ。

 久しぶりの往訪でしたが、この界隈では頭二つぐらい抜けているのを再確認。

| | トラックバック (0)

2017.11.21

雨ニモマケズ@十条(2) ~ 蟹らーめん

007

 十条駅の西「十条銀座・西通りアーケード街」から続く仲通り商店街内。2年半ぶりの再訪。先客2、後客6。

 店内の券売機ボタン先頭は「つけめん」でしたが、2段目の「蟹らーめん(800円)」を注文。ランチサービスはありませんが、学生には終日中盛りorライス無料サービス。

 他に「鶏そば(醤油・塩)」も。また往訪時には期間限定で「重ね昆布水のつけそば」を提供しており、それを注文している客も2、3人いました。

 店内はL字型カウンター10席で若干手狭。水セルフ。客入りの割には厨房内は店主だけでちょっと大変そう。

005

 わずかにとろみがついたスープは「殻ごと粉砕したワタリガニ強火で炊き上げたスープを濃厚鶏白湯スープをブレンド」したとのこと。海老とか蟹とか甲殻類を売り物にした店はもはや珍しくなく、しかも往々にしてその味わいが前面に出過ぎて食べ手を選ぶくらいになってしまう店が少なくない中、ここはバランス感覚に優れ、万人受けする出来に仕上がっています。とは言っても、蟹が卓越していて鶏白湯は下支えの役回りに。

 また味噌ダレに甘口の信州味噌と中辛の越後味噌をブレンドしたようですが、前者の味わいが強いのか、スープは甘目。蟹の味わいと相まってともすればくどくなりそうなところを茹でキャベツや刻みタマネギが上手く救っています。チャーシューの上に生姜がちょこんと乗っていて、途中でこれを崩すと蟹っぽさが後退して味わいがマイルドになり、その変化を楽しむのも一興。

 麺は心の味食品製で太目のストレート麺。硬くはないもののしっかりとした噛み応えのある麺でスープとの相性も文句なし。麺量は150gとのこと。

 柔らかくて淡白な味わいのチャーシューはこのラーメンには合わないというか、ちょっと浮いた感じ。他に大ぶりのメンマ、海苔。

 レギュラーメニューでも年を重ねるにつれて味わいを変えているみたいなので、次は「鶏そば」で。

| | トラックバック (0)

2017.11.09

さくららん@十条(2) ~ 鶏白湯(醤油)

005

 埼京線十条駅南側の踏切がある大通りを東へ。約1年半ぶりの再訪。先客、後客ともゼロ。

 前回は券売機ボタン先頭の「二段仕込み醤油そば」を注文したので、今回は「鶏白湯・醤油(750円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「鶏白湯(塩・味噌・魚介)」「塩そば」「つけそば」「鶏と魚介のつけそば」など。

 店内はL型カウンター8席のみ。

004

 つば広帽子みたいな丼で登場。見た目が少々かっこいいだけで、食べにくい上にスープも少なくなるので食べ手には全くメリットのない丼です。

 能書きを読むとスープは「国産の鶏ガラ、丸鶏を使用」とのことですが、残念ながらかえしが強くてせっかくの鶏出汁の旨味がかき消されがち。飲めないほどではありませんが、少々しょっぱくて難儀。これだと鶏白湯は「塩」が正解かも。

 麺は三河屋製麺のやや平たい太めの緩い縮れ入り。食感はつるつるしていますが、もっちりと形容するには少々硬めの仕上がり。もっともスープがしょっぱめなのでこの程度の仕上がりのほうが却って相性良さげ。

 メンマは相変わらず筋っぽくてイマイチ。チャーシューも硬め。他に刻みネギ、海苔。

 この感じだと前回の「醤油そば」のほうがはるかに好み。ただ前回往訪時にあった手書きの案内板がなくなっている上、客がいないせいもあってか接客態度に元気がないのが気になりました。

| | トラックバック (0)

2017.09.19

流。@十条(2) ~ アブラ煮干そば

002_2

 十条駅北側の踏切を東へ渡って、線路沿いの路地を南へ。2年半ぶりの再訪。先客3、後客3。屋号は「る。」と読みます。

 前回はメニュー&券売機ボタン先頭の「煮干そば」を注文したので、今回は「アブラ煮干そば(780円)」を注文。他に「つけそば」「アブラつけそば」「汁なしまぜそば」「辛つけそば」など。また限定メニューにも取組んでいる模様。なお「煮干そば」が一番人気で「アブラ」が二番人気とのことでしたが、客の注文は半数が「つけそば」系でした。

 ランチタイムには通常200円の「メンマめし」を100円でサービス。ただ並でも麺の量が案外多いのが前回判ったので、今回はメンマめしは割愛。

 店内は縦長L字型カウンター8席。ただでさえ狭い入口が券売機でますます狭くなっているのでどんなに狭い店なのか?と思いましたが、中はそうでもありません。明るい照明は好印象。水セルフ。厨房内は店主、オッチャン、ねーちゃんの3人体制。

004

 「アブラ」を冠するだけのことはあって、スープの表面が分厚い油層をなしてテカテカと光っています。ただ見た目に反してしつこさを感じないのが面白いところ。売り物の煮干しもかなり効いており、しかもそれでいてかろうじて食べ手を選ばない程度に効き具合を抑えています。また前回来た時はちょっとかえしがきついかなと思いましたが、その辺のバランスも格段に良くなっていて、ついつい飲み進んでしましました。

 麺は自家製(入口近くに製麺室が見えます)でやや太めの縮れ麺。つるつるとした食感としい、しっかりとしたコシといい、程よいもっちり感といい大いに気に入りました。スープとの相性・絡み具合も文句なし。

 チャーシューは小さ目のバラ肉が2枚入っていましたがちょっと硬くてイマイチ。他に刻み玉ねぎ、かいわれ、ナルト、メンマ。

 次回はあまり間隔を開けずに再訪したいもの。

| | トラックバック (0)

2017.08.31

GANCON NOODLE@駒込(3) ~ 醤油ラーメン

002

 駒込駅東口から山手線を潜って南側へ。「アザレア通り」商店街の一角。近隣にローソンあり。3年半ぶり3度目の往訪。先客6、後客7となかなかの客入りで、店内に絶えず待ち客が出来ていました。

 店内の券売機で基本と思しき「醤油ラーメン(720円)」を注文。ランチサービスなし。つけ麺のみ大盛り無料サービス。

 月日を経るに従ってメニューもどんどん増え、他にえび塩ラーメン、濃厚えびつけ麺、辛シビ油そば、レモンそば、冷やし中華など。客の注文は醤油ラーメンとつけ麺が半々くらい。海老の匂いが店内に立ち込めているので、それが苦手な方は要注意。

 店内はくの字型カウンター9席。麦茶セルフ。厨房内には兄ちゃん、姉ちゃんの2人で共に手際よく仕事をこなしていましたが、運悪く先客が誰も食べていないタイミングだったので、なんだかんだと20分くらい待たされました。

001

 スープは鶏がらベースの清湯醤油味。表面に脂が浮いていますが、総じて無化調っぽいあっさり、すっきりとした出来。「4種類の醤油をブレンドした」と看板に大書してありましたが、かえしと鶏出汁のバランスが非常によく、出汁の旨味をしっかり生かしています。よってついついぐいぐいと飲んでしまいました。

 麺は細めのほぼストレート麺。スープの絡みは至って良好で、啜り心地も文句なし。

 具は細いメンマと青菜、チャーシュー、刻みネギとシンプルな構成。

 派手な店の外観とは裏腹に、いたって正統派の一杯。いつの間にか人気店になったのも納得。次は「濃厚えびつけ麺」で再訪してみます。

| | トラックバック (0)

2017.07.29

麺屋 坂本01@王子神谷 ~ 珠玉の(?)ワンコイン中華そば

001

 地下鉄南北線王子神谷駅から北本通りを下り、「王子4丁目」交差点を西へ。住宅地の中にぽつんと建っており、しかも店先に表札が出ているだけなので遠目には非常に判りにくい。しかも往訪時はまだ前店のものと思しき「お好み焼ゆめや」の看板が付いたままなので、なおさら判りにくくなっていました。

 開店5分前にに到着したところ先客ゼロ。しかし開店前に4人やって来て、開店後さらに6人と相当な人気店の模様。退店時には店の内外に待ち客発生。

 店内の券売機を見ると、麺類メニューは「中華そば」と「特製ワンタン麺」の2つだけ。しかも前者は500円と非常に安いのに対し、後者は900円と他店並みの値段になっていてかなり不思議な価格体系。500円だと量が少ないかもと思い、「中華そば・中盛(600円)」を注文。後客の注文は中華そば・中盛とワンタン麺が半々といった感じでした。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター8席。卓上調味料はなく、箸とレンゲが置いてあるだけ。厨房が丸見えで、中では兄ちゃん二人が手分けしながら作業。

003

 スープは動物系ベースと推察されますが、牛の香りや旨味を強く感じました。黒っぽい色の割にはかえしはさほどきつくなく、ついついぐいぐいと飲み進んでしまうだけの惹きがあります。ただなぜかデフォルトで山椒がかかっているのが難儀。香りといい味わいといい、こういう自己主張が強い香辛料は客の好みでかけられるようにしてほしいもの。

 麺は細麺ストレート。つるつると啜り心地が良く麺自体は悪くありませんが、スープはさっと絡む程度でスープの美味さが十分乗ってこないのが惜しい。また中盛りだと終盤飽きがちなので、ここでこそ味変用に山椒が欲しいもの。

 ピンク色の柔らかいチャーシューは配膳前にバーナーで炙っていましたが、効果のほどは不明。ただ値段の割には良質かつ手間をかけているのは確か。他にメンマ、刻み玉ねぎ。

 細かい難点はありますが、ワンコインにしては破格の美味さなのは確か。むやみに食材に凝ったり、果ては丼などどうでもいいところに金をかけたりしていい値段を取る割には、値段に見合わない内容の一杯しか出せないような店に強烈なアンチテーゼを叩きつける一杯です。

| | トラックバック (0)

2017.07.19

I am ラーメン漢@滝野川1丁目電停 ~ 肉煮干しラーメン

003

 王子駅から明治通りの坂を登って池袋へ向かう途中。都電の「滝野川1丁目」電停が最寄りですが、かえって判りにくかも。屋号の「漢」は「かん」でも「はん」でもなく、なぜか「まん」と読むようです。先客ゼロ、後客5。

 以前は炒め物たっぷりの脂っこいラーメンを出していましたが、年寄りが多いこのエリアには合わなかったのか、メニューを一新して煮干しラーメンを軸に変えたと聞いて約2年ぶりの再訪。

 店お勧めの「肉煮干しラーメン(800円)」を注文。店内に券売機はありますが使わなくなったようで、口頭で注文して後払い。「つけめん」を注文している後客もいましたが、ほとんどの人が煮干しラーメンの系列を注文。

 店内はL字型カウンター10数席。椅子は相変わらずボロボロで、店内も小汚いまま。店の大きさの割には厨房内に店主が一人いるだけなので混んでくると大変そう。水セルフ。

001

 大き目の丼で登場。煮干しを正面に打ち出している割には、煮干しの効かせ具合はほんのりといった程度。スープに魚粉は全く見当たらずさらさらタイプ。かえしも抑え気味。背脂が目立つ割にはスープが脂っぽいわけでもなく、総じてすっきりとした味わい。

 濃厚と称するやたら味が濃い煮干しラーメンには箸休めとなる刻みタマネギが付き物ですが、ここのようなあっさりめのラーメンには却って違和感が。

 麺は平打ちっぽい太め。つるつる、もっちり系なのは結構ですが、かなり柔らか目の茹で上がりで好みに合わず。スープもさっと絡む程度で相性が良いとも思えません。

 チャーシューは厚みがあるものの、若干パサつき気味で、かつ崩れやすいタイプ。これなら肉増しではない「煮干しラーメン(650円)」で十分だったなぁと思うも時すでに遅し。他にメンマ、海苔、ほうれん草。

 この感じだと個人的にはメニュー一新前のほうがはるかに良かったなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.07.03

ほうきぼし@赤羽 ~ 汁なし担々麺

005_2

 赤羽駅東口から南へ。商店街も尽きようとする最南部に位置。先客2。後客5。約1年ぶりの再訪。

 店内の券売機ボタン先頭の「汁なし担々麺(880円)」と「小ライス(60円)」を注文。辛さの程度は特に聞かれませんでした。ランチサービスはなし。ラインナップに「プレミアム豆乳担々麺」というのが増えていましたが相変わらず担々麺専門店というわけではなく、正油らーめんやにぼしらーめん、オクラ納豆まぜ麺といったメニューも。でもこれらを頼んでいる客を見たことがないような。

 店内はくの字型カウンター7席と2人掛けテーブル3卓。水セルフ。今は母娘で切り盛りしているみたい。卓上にはにんにくチップ、酢、胡椒、一味、ラー油、山椒等々。

003

 もやしがやたら目立つのに加え、ベビーラーメンみたいなのが大量にちりばめられていますが正体不明。他に肉味噌、ナッツ、青菜。

 タレが底に溜まっているので、天地をひっくり返しながら何度もまぜまぜ。ラー油が多いのかかなり脂っこいのが特徴。また辛さはほどほどで辛さ耐性の低い私でも何の問題もありませんでした。スパイス類に凝っている様子はなく、痺れ感は全くと言っていいほどなし。タレは特に余るでもなく、不足を覚えるほどでもなし。

 麺は太いストレート麺。わずかにざらつきがあり、かつもちもちっとした食感が実に心地よい。麺が秀逸なので、汁ありより汁なしを推しているのは判る気がします。またナッツに加えてベビーラーメン状の何かがさくさくっと食感的に面白いかと。

 混ぜる前はもやしが多いように見えましたが、混ぜてラー油まみれになってしまうと箸休めにはならず。量的には小ライスがなくても問題ありませんが、飽きずに食べきるには小ライスをつけたほうが良さげ。最後はどうしても肉味噌が底に溜まってしまうので、その消化にも役立ちますし。

 赤羽という土地柄を考えるとやや高いのが残念ですが、この出来ならリピート確実。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧