2017.07.29

麺屋 坂本01@王子神谷 ~ 珠玉の(?)ワンコイン中華そば

001

 地下鉄南北線王子神谷駅から北本通りを下り、「王子4丁目」交差点を西へ。住宅地の中にぽつんと建っており、しかも店先に表札が出ているだけなので遠目には非常に判りにくい。しかも往訪時はまだ前店のものと思しき「お好み焼ゆめや」の看板が付いたままなので、なおさら判りにくくなっていました。

 開店5分前にに到着したところ先客ゼロ。しかし開店前に4人やって来て、開店後さらに6人と相当な人気店の模様。退店時には店の内外に待ち客発生。

 店内の券売機を見ると、麺類メニューは「中華そば」と「特製ワンタン麺」の2つだけ。しかも前者は500円と非常に安いのに対し、後者は900円と他店並みの値段になっていてかなり不思議な価格体系。500円だと量が少ないかもと思い、「中華そば・中盛(600円)」を注文。後客の注文は中華そば・中盛とワンタン麺が半々といった感じでした。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター8席。卓上調味料はなく、箸とレンゲが置いてあるだけ。厨房が丸見えで、中では兄ちゃん二人が手分けしながら作業。

003

 スープは動物系ベースと推察されますが、牛の香りや旨味を強く感じました。黒っぽい色の割にはかえしはさほどきつくなく、ついついぐいぐいと飲み進んでしまうだけの惹きがあります。ただなぜかデフォルトで山椒がかかっているのが難儀。香りといい味わいといい、こういう自己主張が強い香辛料は客の好みでかけられるようにしてほしいもの。

 麺は細麺ストレート。つるつると啜り心地が良く麺自体は悪くありませんが、スープはさっと絡む程度でスープの美味さが十分乗ってこないのが惜しい。また中盛りだと終盤飽きがちなので、ここでこそ味変用に山椒が欲しいもの。

 ピンク色の柔らかいチャーシューは配膳前にバーナーで炙っていましたが、効果のほどは不明。ただ値段の割には良質かつ手間をかけているのは確か。他にメンマ、刻み玉ねぎ。

 細かい難点はありますが、ワンコインにしては破格の美味さなのは確か。むやみに食材に凝ったり、果ては丼などどうでもいいところに金をかけたりしていい値段を取る割には、値段に見合わない内容の一杯しか出せないような店に強烈なアンチテーゼを叩きつける一杯です。

| | トラックバック (0)

2017.07.19

I am ラーメン漢@滝野川1丁目電停 ~ 肉煮干しラーメン

003

 王子駅から明治通りの坂を登って池袋へ向かう途中。都電の「滝野川1丁目」電停が最寄りですが、かえって判りにくかも。屋号の「漢」は「かん」でも「はん」でもなく、なぜか「まん」と読むようです。先客ゼロ、後客5。

 以前は炒め物たっぷりの脂っこいラーメンを出していましたが、年寄りが多いこのエリアには合わなかったのか、メニューを一新して煮干しラーメンを軸に変えたと聞いて約2年ぶりの再訪。

 店お勧めの「肉煮干しラーメン(800円)」を注文。店内に券売機はありますが使わなくなったようで、口頭で注文して後払い。「つけめん」を注文している後客もいましたが、ほとんどの人が煮干しラーメンの系列を注文。

 店内はL字型カウンター10数席。椅子は相変わらずボロボロで、店内も小汚いまま。店の大きさの割には厨房内に店主が一人いるだけなので混んでくると大変そう。水セルフ。

001

 大き目の丼で登場。煮干しを正面に打ち出している割には、煮干しの効かせ具合はほんのりといった程度。スープに魚粉は全く見当たらずさらさらタイプ。かえしも抑え気味。背脂が目立つ割にはスープが脂っぽいわけでもなく、総じてすっきりとした味わい。

 濃厚と称するやたら味が濃い煮干しラーメンには箸休めとなる刻みタマネギが付き物ですが、ここのようなあっさりめのラーメンには却って違和感が。

 麺は平打ちっぽい太め。つるつる、もっちり系なのは結構ですが、かなり柔らか目の茹で上がりで好みに合わず。スープもさっと絡む程度で相性が良いとも思えません。

 チャーシューは厚みがあるものの、若干パサつき気味で、かつ崩れやすいタイプ。これなら肉増しではない「煮干しラーメン(650円)」で十分だったなぁと思うも時すでに遅し。他にメンマ、海苔、ほうれん草。

 この感じだと個人的にはメニュー一新前のほうがはるかに良かったなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.07.03

ほうきぼし@赤羽 ~ 汁なし担々麺

005_2

 赤羽駅東口から南へ。商店街も尽きようとする最南部に位置。先客2。後客5。約1年ぶりの再訪。

 店内の券売機ボタン先頭の「汁なし担々麺(880円)」と「小ライス(60円)」を注文。辛さの程度は特に聞かれませんでした。ランチサービスはなし。ラインナップに「プレミアム豆乳担々麺」というのが増えていましたが相変わらず担々麺専門店というわけではなく、正油らーめんやにぼしらーめん、オクラ納豆まぜ麺といったメニューも。でもこれらを頼んでいる客を見たことがないような。

 店内はくの字型カウンター7席と2人掛けテーブル3卓。水セルフ。今は母娘で切り盛りしているみたい。卓上にはにんにくチップ、酢、胡椒、一味、ラー油、山椒等々。

003

 もやしがやたら目立つのに加え、ベビーラーメンみたいなのが大量にちりばめられていますが正体不明。他に肉味噌、ナッツ、青菜。

 タレが底に溜まっているので、天地をひっくり返しながら何度もまぜまぜ。ラー油が多いのかかなり脂っこいのが特徴。また辛さはほどほどで辛さ耐性の低い私でも何の問題もありませんでした。スパイス類に凝っている様子はなく、痺れ感は全くと言っていいほどなし。タレは特に余るでもなく、不足を覚えるほどでもなし。

 麺は太いストレート麺。わずかにざらつきがあり、かつもちもちっとした食感が実に心地よい。麺が秀逸なので、汁ありより汁なしを推しているのは判る気がします。またナッツに加えてベビーラーメン状の何かがさくさくっと食感的に面白いかと。

 混ぜる前はもやしが多いように見えましたが、混ぜてラー油まみれになってしまうと箸休めにはならず。量的には小ライスがなくても問題ありませんが、飽きずに食べきるには小ライスをつけたほうが良さげ。最後はどうしても肉味噌が底に溜まってしまうので、その消化にも役立ちますし。

 赤羽という土地柄を考えるとやや高いのが残念ですが、この出来ならリピート確実。

| | トラックバック (0)

2017.06.09

雄山@王子 ~ (見た目は二郎っぽい)らーめん

004

 王子駅の北側改札口から西側へ出てすぐ。線路沿いに並ぶ飲食店街の中にあります。「えんや」がリニューアルしたもので、先客1、後客6。隣もいつの間にかラーメン屋の「たいぞう」になっていました。

 店内の券売機で「ラーメン・250g(780円)」を注文。二郎っぽいラーメンを出す店で麺量は並250g、中350g、大450gの3段階。100g増すごとに100円アップという価格設定。メニューは他にまぜそばのみ。但し、客の大半の注文はラーメンでした。

 無料トッピングはラーメンがヤサイ・ニンニク・アブラ・ネギ・ショウガ、まぜそばがニンニク・アブラ・マヨネーズ・ネギ・ショウガ。マシマシまで対応。配膳直前に聞かれ、「ヤサイ&ニンニク」のみ注文。

 店内は前店にちょっと手を加えたようで店奥厨房沿いに縦長カウンター5席、手前壁沿いにカウンター3席、入口近くに4人掛けテーブル1卓。水セルフですが、店中央に給水器があるだけなのでチト面倒。

 また前店は券売機回りや店内にあれこれ断り書きの貼り紙が目立って正直不快でしたが、それらはきれいさっぱりなくなりました。厨房内には若いにいちゃんが二人。

 野菜増しの効果は絶大!といってもほとんどが茹でモヤシでわずかに、キャベツが確認できる程度。とりあえずモヤシを半分くらい片づけてからが勝負。

003

 スープはいうまでもなく豚骨ベースですが、脂と混然一体化しておらず、しかも脂自体多くはないので普通のとんこつ醤油に限りなく近い感じ。かえしを濃くしてそれで持たせる風でもなく、二郎系っぽい外観の割にはかなりライトな味わい。それゆえ入れたニンニクのパンチが空回り。これなら生姜のほうが合いそう。

 麺は自家製の強い縮れ入りの太麺。堅めで当然ながら噛み応えが強く、麺自体は好みですが、ライトなスープには強すぎでしょう。無理に二郎っぽい麺にしなくてもよさそうなものを。正直終盤は箸が止まり気味に。

 具は他に厚めのチャーシューとうずら玉子。

 総じてスープと麺のバランスが悪い一杯と感じました。よってモヤシを食いにいったようなものと反省するも時すでに遅し。

| | トラックバック (0)

2017.06.08

きなり@駒込 ~ 醤油そば

003

 駒込駅東口を北側へ出て、駅前の「駒込さつき通り(駒込銀座)」を抜け、紳士服「コナカ」の向いあたり。約2年ぶりの再訪。開店5分前に到着したところ先客ゼロ。開店前に4人やって来て、その後さらに3人。いつの間にか結構な人気店になった模様

 店奥にある券売機でボタン先頭の「醤油そば(750円)」を注文。ランチサービスは特になし。カウンター席の背後が狭いので券売機が店奥にあるというのは正直どうかと思いますが、他に置くところがないのでしょうなぁ。

 メニューは他に「汐そば」「濃口醤油そば」「濃口醤油つけそば」「醤油そば」と「濃口醤油そば」がどう違うのか、店内には明記されていませんでした。後客の注文は「濃口醤油そば」の注文だけなくて、他はほぼ均等。

 店内はL字型カウンター8席のみ。店主と爺さんとで切り盛り。

002

 スープは鶏出汁中心に魚介系を合わせた優しい味わい。心持ち白醤油が前に出ていて、食べ始めはやや甘めに感じましたが、それが嫌味になるほどではなく全体のバランスが良く取れていると思います。表面の脂も程よくコクを加える程度。

 麺は三河屋製麺の細いストレート麺。スープに合わせてかやや柔らか目の仕上がり。一見量が少ないように見えますが、底のほうでちょっと玉になっていました。食べにくくて困りものですが。

 チャーシューは鶏・豚ともかなり淡白な味わい。これまたスープとの相性を考えてのものだと思いますが、味わいよりもその弾力を楽しむような出来。

 三つ葉が目立ちますが、これがやたら香って自己主張せず、彩りを添えるにとどまっているのも気に入りました。他にメンマ、海苔。

 相変わらず素晴らしい出来。他のメニューも試してみないと。

| | トラックバック (0)

2017.04.28

鶴田@赤羽 ~ 担々麺

002_2

 赤羽駅東口のアーケード街「ララガーデン」、ダイエー赤羽店の手前の交差点を北へ。約3年ぶりの再訪で先客ゼロ、後客5。

 外観どおり夜は居酒屋で、ランチタイムにラーメンを出している店です。しかもランチ営業は水・金・土のみと変則的。

 店の推しは「塩ラーメン」ですが、前回往訪時に後客のほとんどは「担々麺(800円)」を注文していたのが印象に残っていたので、今回はそれを注文。但し担々麺は10食限定。辛さ(1~3辛)を聞かれたので2辛にして見ました。さらに「小ライス(50円)」も注文。後払い。

 メニューは他に「醤油ラーメン」や「汁なし担々麺」も。後客の注文もバラバラで、店の推しである塩ラーメンに人気が集中している感じはせず。

 店内は縦長カウンター7席。店奥のテーブル席はランチタイムには使っていない模様。厨房に店主一人だけなので、混んでくるとちょっとしんどそう。水セルフ。

001

 出てきた時には花椒の香りがきつくてちょっとビビりましたが、実際はゴマだれを強く効かせたタイプで辛さ・痺れともさほどのことはなく、辛さ耐性が高くない私でも楽々食べられました。これなら翌日のダメージを心配しなくてもよさげ。辛いもの好きな方には3辛でもどうかという気が。

 麺は心持ち太めの緩い縮れ入りで、わずかにもっちりした感じの歯応え。スープにたいして全くへたることなく楽しめました。ボリュームも過不足なく、量的には小ライスの必要はなかったかと。ただ底に大量に沈みがちな肉味噌のサルベージ用にご飯がかかせなくてね。サルベージ用に穴あきレンゲが欲しいところですが・・・

 担々麺としては特に変わったところはありませんが、居酒屋の兼業にしては破格の旨さ。同じ赤羽の「ほうきぼし」より安いのもポイント。

| | トラックバック (0)

2017.04.25

【閉店】ミライゑ@志茂 ~ TOKYO醤油ラーメン

009

 赤羽岩淵駅と志茂駅のほぼ中間。北本通沿い。4年ぶりの再訪で、先客ゼロ、後客3

 券売機ボタン先頭の「TOKYO醤油ラーメン(780円)」を注文。平日ランチタイムは麺大盛or日替わりごはんor卵かけごはんが無料サービスということで、日替わりごはんを付けてもらいました。メニューは他に「濃厚SILKYつけ麺」「牛煮込みまぜそば」など。

 店内はL字型カウンター10数席で割とゆったりとした造り。厨房内は店主と女性スタッフだけでしたが、女性は銀髪で化粧も完全にラーメン屋離れ(苦笑)。

007

 深めの丼で登場。スープは鶏・豚など動物系ベースで若干甘目。かえしがいたずらに自己主張せず、全体のバランス感が良いため、まろやかで無化調らしいあっさりすっきりした味わいを堪能できました。ともすれば無化調にありがちな物足りなさを大きめのチャーシューから染み出る旨みが巧く救っているような気もしました。

 三河屋製麺の麺は細めのストレートで、見た目よりも噛み応えがあり、スープの絡み、相性ともいたって良好。スープが少ないわけではありませんがあっさり味だけに、大盛りにするとスープとのバランスが崩れそうで、量的に物足りない時はご飯ものをつけたほうが無難。もっともデフォルトだと麺の量が少ないわけではありませんが。

 一方太目のメンマはやや筋っぽくてイマイチ。他にナルト、刻みネギ、海苔。

008

 この日の日替わりごはんは「ピリ辛穂先メンマごはん」。

 前回往訪時は場所柄からすればやや高いと思いましたが、4年間値上げせずに頑張っていたらすっかり割高感は解消され、平日ランチサービス付きならクォリティーに比べてむしろ安いと思える感じに。これなら他のメニューで再訪価値十分あり。

 もっとも場所に似合わない気取った感じは相変わらずでしたが(さらに苦笑)。

| | トラックバック (0)

2017.01.07

えんや@王子 ~ 塩らーめん

004_2

 王子駅の北側改札口から西側へ出てすぐ。線路沿いに並ぶ飲食店街の中にあります。3年ぶり3回目の往訪。先客ゼロ、後客4。

 メニューは塩、醤油、塩煮干しにつけ麺、まぜそばといったところですが、券売機で今回も売り物の「塩らーめん(780円)」を注文。3年の間に80円も値上がり。

 店内は厨房に沿って縦長L字型カウンター6席と、入り口側に4人掛けのテーブルが1卓。厨房内には店主一人だけ。券売機回りや店内にあれこれ断り書きの貼り紙が目立ち、正直あまり気持ち良くはありません。接客自体は特に問題なさそうでしたが。

001_2

 底が極端に窄まった円錐状の丼で登場。

 スープは鶏ベースと思しきあっさり、すっきりタイプ。出汁はしっかり出ていますし、表面の脂も控えめ。塩ダレも妙な自己主張がありません。これといって際立った特徴はありませんが、非常にバランスが良く、最後まで楽しめました。

 麺は細めのストレート麺。つるつるした食感で啜り心地良く、また細めの割には案外噛み応えもしっかり。スープの絡み、相性は至って良好。

 細切りのメンマや茎ワカメは共に歯応えが楽しめるタイプ。小さめのチャーシューは柔らか目ながらも意外に弾力性があって、これまた面白い。

 刻みネギに苦手な臭みが残っていたのが唯一残念だったくらいで、他は文句なし。ただちょっと高いなぁ・・・

2017/1/7(土)を最後に無期限休業とのこと。

| | トラックバック (0)

2016.12.02

一剣@板橋 ~ 煮干し白湯そば

003

 埼京線板橋駅東口から駅前通りを南へ歩いてすぐ。「ココイチ」の先。先客ゼロ、後客4。

 店内の券売機ボタン先頭は新発売の「一剣味噌」でしたが、今回は基本と思しき「煮干し白湯そば(680円)」を注文。ランチサービスはありませんが、「ライス(50円)」が安いので付けてみました。他に「中華そば」。

 横長カウンター6席だけの小さい店ですが、親子でやっている風。息子の出した店を、暇になったオヤジが接客係として手助けしているみたいな。

002

 表面に泡立ちも見られるスープはかなりとろみが強く、しかも煮干し出汁全開。店内に煮干し臭が強く漂っていることからある程度覚悟していましたが、煮干しの苦味が嫌味になる域に突入しており、相当食べ手を選びそう。濃厚だけれどもかろうじてしょっぱくはない範囲に収まっているのが救いといえば救い。

 麺はいかにも水気の少なそうな細麺ストレート。若干堅めの仕上がりでドロドロスープが絡みまくり。それでいてスープに負ける感じは全くせず。

 チャーシューは少々厚めながら脂が多くて、このスープだとくどい感は免れず。他にメンマ、ほうれん草、刻みみ玉ねぎ。

 量はやや少なめですが、煮干しの味わいが強すぎるスープも、脂が多すぎるチャーシューもご飯に合わず。替え玉(150円)を頼んでいる後客もいましたが、トロミが強いこのスープに替え玉が合うのかどうか。

 どう見てもマニア向けで、万人受けをまるで考えていなさそうな一杯ですが、駅から至近距離で便利なのでおいおい「味噌」を試してみます。

| | トラックバック (0)

2016.10.05

豚空海@荒川車庫前

001

 東北本線尾久駅から明治通りを北へ。滝野川第五小交差点そば。都電荒川車庫前電停が最寄りでしょうが、却ってそこからのほうが判りにくいかも。先客・後客ともゼロ。奇怪な似顔絵がでかでかと掲げられているのが嫌でも目に付きます。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て基本と思しき「豚空海らーめん(780円)」を注文。無料のライスもつけてもらいました。他に「豚空海みそらーめん」がある他は肉なり魚介類なりが増えるだけのよう。また夜は事実上居酒屋っぽくなるみたい。

 店内はカウンター5席と4人掛けテーブル2卓、2人掛け1卓。厨房内に2人と接客係のオバハン1人といった構成。

003

 スープは豚骨主体の魚介交じりといったところですが、とろみは全くなく、魚粉も全くといっていいほど目立ちません。ただかえしがきつくてしょっぱくて、出汁の旨みをかき消しているかのよう。

 麺は細めストレート。どういうわけか堅めの仕上がり。基本堅い麺が大好きですが、これはいくらなんでもスープに対して強すぎでしょう。

 分厚いチャーシューが一際目立ちますが、トロトロというより単に脂が多すぎる印象でこれもイマイチ。他に半熟卵半個、刻みネギ、海苔。白いふわふわっとしたものが浮かんでいましたが正体不明。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧