2018.08.15

中華 凛凛@赤羽 ~ スープ入りやきそば

005

 赤羽駅東口から南東へ。大日本印刷の関連工場が固まって建っている一帯で、店の近くに北運動公園。かつて「ほうきぼし」があったところです。先客ゼロ、後客5。 店先の感じからテイクアウトやデリバリーがメインの店と思い込んでいたのですが、後から三々五々客がやってきました。

 この店の特徴は那須塩原のご当地グルメとしても知られている「スープ入りやきそば(800円)」を出していること。那須塩原では「釜彦」で試食済みですが、都内でこのメニューを出している店があるとは驚きました。

 ただ店の実態はラーメン・焼きそば・各種炒め物を出すごくごく普通の街の中華料理屋さんで、那須のアンテナショップでもなんでもありません。券売機はなく後会計制。

 店内は厨房前にカウンター5席のみ。かなり狭小かつ厨房の熱気が直撃。さらに店内が雑然としていて落ち着きがなく、やっぱりあんまり店内での食事に力を入れているような気がしないんだよなぁ・・・

001

 提供時に「最初にスープを飲んでその後で麺を食べて見て下さい。その方が味の変化が分かりやすいです」とのアナウンスあり。確かにスープはスパイシーさこそほとんど感じられないものの、そこそこ酸味があっていかにもソース交じりといった味わい。しかし脂っぽくはない上にベースの出汁がしっかりしているのか、飲んでも案外美味く、ソース味のラーメンスープといっても差し支えないくらい。。

 明らかに焼きそば然とした麺は細めのほぼストレート。見た目はちょっと頼りないもののスープを吸ってへたってしまうわけではなく、またスープ同様脂臭くないので、スープとの相性も良好。超細かく刻まれた豚肉・キャベツ・ニラ・玉ネギ・タケノコ・ニンジン・キクラゲなどと一緒に炒めているのかな?

 そしてビジュアルがちょっとしょぼい具の中でむきエビと紅ショウガが燦然と輝きを放っています。麺の量はさほどでもありませんが、具沢山なので全体のボリュームはやや多め。

 B級感は拭えないものの非常にユニークな一品なのは間違いなく、都内で食べられるのなら一度試してみる価値はあります。ただこの環境だとレギュラーメニューを食べる気にはならないのが残念。

| | トラックバック (0)

2018.08.09

一六八@十条 ~ 一六八味噌

005

 埼京線十条駅の南側の踏切を西へ歩いてすぐ。先客ゼロ、後客1。隣もラーメン屋。

 店内の券売機ボタン先頭の「一六八味噌(780円)」を注文。ランチタイム小ライスサービス付きですが、店からは聞いてきませんでした。

 メニューは他に海老味噌、旨辛オロチョン、つけ麺、海老つけ麺、鉄火麺、油そばなど。さらに往訪時は期間限定で鉄火ガーリックたん麺、黒マー油味噌を提供。

 店内は広く壁に向かって縦長カウンター8席、店中央にテーブル4人卓×2、2人卓×2、さらに店右奥に小上がり6人卓×3、2人卓×1。卓上には醤油、酢、ラー油、黒胡椒、黒七味、ニラ元気。盛夏期ということもあってか、途中でおしぼりを出してくれました。

003

 スープは味噌の粒々が目立つ合わせ味噌っぽい感じですが、残念ながらやたらしょっぱく、しょっぱいのを堪えて飲み進みたくなるような旨味も感じられず。炒め物のもやし&ひき肉がどっさり乗っている割にはさほど脂っぽくないのが救い。途中で「ニラ元気」を投入して平板な味わいに喝入れ。

 麺は小林製麺製の並太強い縮れ入り。味噌ラーメンにありがちな黄色い麺です。食べ始めは「いくらなんでももうちょっと茹でたほうがいいんじゃないの??」と訝しくなるくらい堅くて難儀でしたが、食べ進むにつれて急速にスープに馴染んでいきました。

 チャーシューは意外に厚みがあり、かつほどよく脂が差してとろっとしており、若干甘めの煮込み加減。これだけは秀逸の出来。逆にもやしは炒めすぎてくったり&水っぽくなっていました。他に後乗せのメンマ、笹切りネギ、この手のラーメンになぜか入っているワカメ。

 ラーメンのビジュアルと言い、味わいと言い、なんだがチェーン店っぽいラーメン屋にありがちな感じ。近くの十条銀座に似たようなコンセプトのラーメン屋が出来ちゃいましたが、どうなることやら。

| | トラックバック (0)

2018.08.07

天@十条 ~ 中華そば&からし焼きセット

006

 埼京線十条駅の南側の踏切を西へ歩いてすぐ。先客ゼロ、後客3。予定していた店がなぜか閉まっていたので、近隣のこちらへ転進した次第。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「中華そば(750円)」に十条界隈のローカルフード「からし焼き」とライスが付いた「Aセット(240円)」を頼んでみました。「からし焼き」は店先の看板や提灯にもデカデカと掲げられていて、この店のウリなのかも。メニューは他に濃厚背脂中華そば、カレーラーメンなど。

 店内は入り口近くに縦長カウンター6席と店奥に2人卓×4。さらに店奥に小部屋がある模様。卓上には白胡椒、黒胡椒、一味、にんにく、豆板醤、酢、ラーメンのタレなどゴテゴテと。

004

 出てきた一品は見た目通りの古典的なというか昭和臭漂う醤油ラーメン。ただ残念なことに出汁が効いているとは言い難く、またかえしでなんとか持たせているというわけでもなく、よく言えば超あっさり、悪く言えば非常に物足りない感じ。卓上の調味料でなんとかしてくれということなのかも。

 麺は若干細目のストレート。柔らかめで好みに合わず。

 具は薄いチャーシュー数枚、メンマ、ワカメ、ナルト、刻みネギ。

005

 からし焼きは初体験ですが、端的に言って「ピリ辛の肉豆腐」に近く、ネーミングに反して「焼き」の要素は感じられません。ご飯のおかずにもビールのアテにもなりそうですが、生のきゅうりを添えているのが謎すぎました。

| | トラックバック (0)

2018.07.23

鶏八朗@十条 ~ まぜ朗醤油

004

 埼京線十条駅南側の踏切がある大通りを東へ出てすぐ。斜向かいに「さくららん」あり。約2年ぶりの再訪。先客1、後客6。

 いつの間にかメニュー構成が二郎ライクな「とり朗」+「期間限定商品」の2商品を提供する形式に変わっており、往訪時の期間限定商品は「まぜ朗醤油」。前回はレギュラーメニューの「とり朗」だったので、今回は「まぜ朗醤油・ふつう(800円)」を注文しました。「ふつう」で200g、大盛り(900円)だと300gあります。

 なお「とり朗」だと野菜マシ等のオプションをあれこれ聞いてきますが、「まぜ朗」にはオプションはない模様。

 店内はL字型カウンター8席のみで席間はやや狭め。水セルフで入口近くに水タンクあり。店はご夫婦で切り盛りしているのかな? 卓上には七味、唐辛子とコショウしかなく、まぜそば向きの調味料が全然ないので不思議に思いましたが、配膳時にラー油・酢・白ごま・ニンニクが出てきました。

 この手の店にありがちなことですが、麺の茹で時間が長いので配膳まで15分ほど待たされ、回転もよくありません。また「まぜ朗」が「とり朗」より先に出てくる、あるいは遅れて出てくるということも無さげ。

002

 またこの手の店なので半ば覚悟していましたが、これで麺量200gとは信じ難い凄まじいボリューム感!! 大量の茹でもやしに加え、キャベツや青ネギ、メンマ、白ごま、なぜかゆで卵が1個。さらにこの店の売り物である焼きたての鶏肉がゴロン。これだけボリュームがあると天地をひっくり返しながらまぜまぜするのも一苦労。

 能書きには「醤油とオイスターソースと背脂、お酢とゴマの相性抜群なまぜそば」とありましたが、タレの量はさほど多くなく、また茹でもやしから水が出るせいか、まぜそばにしてはかなり薄味。従って自分でラー油なりニンニクなりで好みの味に仕上げることを前提としているのかも。ただ個人的には「油そば」みたいにくどくなってしまうよりはよほど好み・

 麺は自家製の太麺ストレート。以前「とり朗」を食べた時は平打ちっぽい太麺でしたが、麺を変えたのかな? でもしっかりとした歯応え、つるつるとした食感ともに大満足。ここはとにかく麺が美味い。

 期間限定商品が変わったのを見計らって再訪します。

| | トラックバック (0)

2018.07.20

ほうきぼし@赤羽(3) ~ 汁なし担々麺

003

 赤羽駅東口から南へ。商店街も尽きようとする最南部に位置。先客1。後客5。チャリで遠出しようと思ったら案外南風がきつくて、新荒川大橋を渡ったところで心が折れてこちらへ転進。約1年ぶりの再訪。

 店内の券売機ボタン先頭の「汁なし担々麺(880円)」と「小ライス(60円)」を注文。辛さの程度は特に聞かれませんでした。ランチサービスはなし。相変わらず担々麺専門店というわけではなく、正油らーめんやオクラ納豆まぜ麺といったメニューもあり、実際正油らーめんを頼んでいる客もいました。なお往訪時は「煮干らーめん」は売切れ表示。

 店内はくの字型カウンター6席と2人卓×2、4人卓×1。水セルフ。卓上にはにんにくチップ、酢、胡椒、一味、ラー油、山椒等々。

002

 もやしがやたら目立つのに加え、ベビーラーメンみたいなのが大量にちりばめられていますが正体不明。他に肉味噌、ナッツ、青菜。

 タレが底に溜まっているので、天地をひっくり返しながら何度もまぜまぜ。ラー油が多いのかかなり脂っこいのが特徴。また辛さはほどほどで辛さ耐性の低い私でも何の問題もありませんでした。スパイス類に凝っている様子はなく、痺れ感は全くと言っていいほどありません。事前に辛さ等を聞いて来ないことと合わせ、辛さや痺れは卓上の調味料で好みに応じて自分で変えてくれということなのかも。

 麺は太い緩い縮れ入りの太麺。もちもちっとした食感が実に心地よい。麺が秀逸なので、汁ありより汁なしを推しているのは判る気がします。またもっちりした麺の中にナッツやベビーラーメン(?)のゴリゴリ、ボリボリとした食感が混じって、食感に変化が加わるのも面白いもの。もちろんナッツは味わいの上でもアクセントが付きますし。

 混ぜる前はもやしが多いように見えましたが、混ぜて油まみれになってしまうと箸休めにはならず。量的には小ライスがなくても問題ありませんが、飽きずに食べきるには小ライスをつけたほうが良さげ。最後はどうしても肉味噌が底に溜まってしまうので、その消化にも役立ちますし。

 赤羽という土地柄を考えるとやや高いのが残念ですが、この出来ならリピート確実。早い時間帯なら行列が出来るほど混まないのも高ポイント。

| | トラックバック (0)

2018.07.06

博多ラーメン 虎@王子神谷 ~ 純製らーめん

005

 東京メトロ南北線の王子神谷と志茂の中間、北本通にあるニトリ赤羽店の対面にあります。当初予定していた店の営業日が変更されていて休みだったので、近隣のこちらへ転進した次第で、なんと約9年半ぶりの再訪。先客5、後客3。

 メニューは相変わらず「純製ラーメン(650円)」のみで、それにトッピングを加える形式ですが、デフォルトで注文。また麺の硬さ等は何も聞いてきませんでしたし、後客も特に注文を付ける気配はありませんでした。

 店内はL字型カウンター11席のみ。入口に近い座席は背後の余裕があまりないのが難。卓上には生にんにく、紅ショウガ、辛味もやし、白ごまなど。辛子高菜がないと思ったら有料トッピングでした。またせっかく辛味もやしがあるのに小皿を置いてないっちゅーのもなんかセコい感じが。

004

 「豚骨を長時間煮出した白くクリーミーなスープ」とのウリ文句ですが、とんこつ臭は全くなくて出汁自体もかなりライトな出来。その割には塩気がやや強め。

 麺は定番の細麺ストレートで心持ちざらつきがあるタイプ。デフォルトでも「硬め」くらいの仕上がりだったので、これなら何の注文を付けなくても個人的には問題ありません。替え玉(150円)は平ざるから丼へいきなりドボン。水切りがちょっと甘いのか、ただでさえライトなスープが一層薄くなったような・・・それを意識してか「ラーメンのたれ」を合わせて出してきました。

 デフォルトだと具は小さいチャーシューとキクラゲ、万能ネギだけ。

 替え玉無料のワンコイン博多ラーメンよりは美味いと思いますが、その分高いのでトータルではこれといった惹きもありません。この辺はこれといったラーメン店がないのが幸いなのかも。

| | トラックバック (0)

2018.03.26

梶原製麺所 上中里本店@尾久

003

 JR宇都宮線尾久駅から、駅前を走る明治通りを北へ。昭和町交差点角にあり、隣が「富士丸」。先客・後客ともゼロ

 券売機は無く後会計制。どう見てもつけめん推しっぽい店ですが、卓上のメニューを見て「ラーメン(700円)」を注文。ラーメンは並盛(150g)大盛(220g)同値段なので大盛りにしてもらいました。メニューは他に生姜ラーメン/つけめん、辛ラーメン/つけめん等、にんにくラーメン/つけめん等。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター10席。卓上には胡椒、白ごま、酢。

002

 スープは少しとろみがかった魚粉大量混入型の動物魚介醤油味。わずかにざらつきがあるのはともかく、かなり甘ったるい上にいかにも旨味過多でくどいのが困りもの。

 麺は細めの緩い縮れ入り。なんでわざわざ細麺を採用したのか意図を図りかねますが、現状ではスープに負け気味。また大盛りだとスープとの量的バランスも崩れ気味になるようです。

 チャーシューは煮込み過ぎて崩れやすくなっている感じ。メンマは筋っぽくて難儀。他に水菜、海苔、大根おろし。

 店の推し通り、つけめんを食べたほうが無難だったみたいで。

| | トラックバック (0)

2018.01.17

机上の空論@東十条 ~ 中華そば

003

 京浜東北線東口から伸びる東十条銀座商店街内。信号を2つ渡った商店街の東端近くにあるので駅からはやや距離があります。11時半の開店直前に到着したところなんと先客5。開店後6~7人やって来てすぐに外待ちが出来ました。

 店内の券売機を見るとメニューは基本的に「中華そば」と「煮干中華そば」の2本立て。ボタン先頭の「中華そば(720円)」を注文。ランチサービスなし。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター7席。実にこじんまりした店で席間は狭め。厨房内は店主とちょっと日本語の怪しげなアシスタント。卓上にはブラックペッパーと辛子高菜。

002

 一ロット2~3杯ゆえ15分ほど待たされてようやく登場。表面の鶏油のてかりが目立ちますが、程よくコクを加える程度で味わいはむしろあっさり目。鶏&豚の動物系がベース。「日本一しょうゆ」を使っている旨が貼ってありましたが、これが徒に自己主張することなく、野菜から来ると思しき出汁と相まってやや甘みを感じます。古典的な醤油ラーメンとルックスが似ているけれども内実は全然違う「新古典派」で、ついつい惹きこまれてスープを完飲。

 麺は細めのストレート。あっさり目の優しいスープに合わせてか柔らか目の仕上がりでスープが良く絡み、啜り心地も楽しめます。

 チャーシューはバラとロースの2枚でしょうか。メンマは細い割にコリコリとした食感が嬉しい。他にメンマ、ナルト、海苔、きざみネギ。

 この駅からやや離れていることもあって競合店も少なく、早々と地元民の強い支持を受けるのも当然と思われる納得の一杯でした。

| | トラックバック (0)

2018.01.11

吉岡 田端店@田端

006

 田端駅北口改札を出て陸橋を東へ。東田端郵便局の裏辺り。尾久へと延びる東北本線に挟まれた雑然とした一角に立地。「光らーめん」の跡地で先客1、後客1。

 目白の「わたみん家」のランチタイムに間借り営業している「自家製熟成麺 吉岡」の支店です。支店を出すのに本店は相変わらず間借り営業のままというのが謎すぎますが。本店は約2年半前に往訪済み。

 メニューは絞り込まれていてラーメンとつけ麺のみ。今回は「ラーメン並(800円)」を注文。本店同様スープが曜日替わりで、「月土:マイルド魚介、火水:濃厚鶏豚、木金:濃厚魚介」という構成で、往訪した日は「マイルド魚介」でした。ただスープが曜日替わりなことを券売機近くに貼りだしておらず、戸外に小さく貼っているだけなのが気になりました。ランチサービスはなし。

 また麺は打ち立て中太麺と熟成細麺から選べます。屋号に「自家製成熟麺」を冠していることに敬意を表して後者を選択。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席と2人卓×2、4人卓×1。水セルフ。卓上には白胡椒のみ。

003

 「マイルド魚介」と称していますが、スープは動物系出汁もかなり強く、魚粉大量混入型のいわゆる一昔前の「またお前か」系。もっともスープは若干とろみがある程度でドロドロではなく、魚粉のざらつきも感じません。これで「マイルド」なら「濃厚」はどんなんやねん?という気もしますが、食べている最中は重くもくどくもなく、食べ手を選ばない出来だと思います。もっともスープを飲み進むのは遠慮しましたし、食後はそれなりに胃もたれが。

 一週間寝かせて熟成されたとの触れ込みの麺は「細麺」と言うほど細くはなく、せいぜい並太のストレート。但し噛み応えが非常に強いのが特徴で濃厚スープに全く負けていません。

 チャーシューは極薄で崩れやすいタイプ。他にメンマ、ナルト、海苔、きざみねぎ。

 麺が抜群に美味く、トータルでも無難と言えば無難な出来ですが、具がこの程度にしてはチト高いかと。駅近なのに周囲にあまりこれといったラーメン屋がないところへの出店という点は本店とそっくりですが、本店と違って人通りが多くはないので先々どうなるか?

| | トラックバック (0)

2017.12.22

夏海@赤羽(3) ~ 豊穣清湯醤油ラーメン

001

 赤羽駅東口から北へ2分ほど。「ゆうひ屋」の先。4年半ぶりの再訪。先客6、後客ゾロゾロ。一時は外待ち客も出た模様。

 戸外に設置してある券売機で「豊穣清湯醤油ラーメン(750円)」を注文。ランチサービスなし。麺は細麺と手もみ麺が選べるとのことで、細麺をチョイス。

 メニューは他に豊穣清湯塩、煮干豚骨、つけ麺など。券売機ボタン先頭はつけ麺で、かつつけ麺のみ中盛り無料のせいか、つけ麺の注文が目立ちました。

 店内はL字型カウンターのみ10席。水セルフでカウンター背後に給水器を設置。店内外とも汚い貼り紙だらけで著しく美観を損ねていますが、どういうつもりなのか?

003

 鶏ベースと思しきスープはやり過ぎ感が出ない程度に生姜が効いていてなかなかの出来ばえ。「あっさり」を謳っている割には表面の脂が多くて「あっさり」というのは当たらない気がしますが、これはこれでコク深くて悪くありません。もっとも飲み進むにつれてかえしのきつさが気になりだしたので、完飲には至らず。

 麺は並太より若干細めといった程度のストレート。やや水気が少なそうな歯切れのいい麺で、スープの絡みは至って良好。

 チャーシューは2種類でいずれも柔らか目の仕上がり。他にかいわれ、海苔、白髪ネギ、ほうれん草、メンマ。

 久しぶりの往訪でしたが、この界隈では頭二つぐらい抜けているのを再確認。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧