2020.10.10

アイアン麺@十条 ~ 醤油メン

Iron001

 十条駅の西「十条銀座・西通りアーケード街」から続く仲通り商店街内。商店街の先に「なるみや」や「雨ニモマケズ」あり。先客ゼロ、後客5。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油メン(500円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「ウシジロメン」「アブラメン」など。往訪時は「つけメン」には×印が点灯。なお「醤油メン」は「塩」にも出来るとのこと。後客の注文は二郎系を意識したと思しき「ウシジロメン」が圧倒的でした。

 店内は厨房前縦長カウンター4席、壁際に4席。さらに3人卓×1、4人卓×1。卓上には七味、ブラックペッパー、酢、ラー油、ラーメンのタレ。水セルフ。おしぼりサービスあり。

 もともと「アメリカンダイナーバッキーズ」というステーキ屋がラーメン専門店になったものだそうですが、店内はステーキ屋にしてはやたら狭くてショットバーみたいな雰囲気。そこに座席を目一杯詰め込んだ、今時珍しい密なスタイルなので、そういうのを気にする方は避けたほうがいいでしょう。

Iron002

 元ステーキ屋らしく牛肉から取ったスープが自慢。食べ始めはすき焼きの旨味と甘みに非常によく似た味わいが新鮮で、良くも悪くも牛骨スープにありがちな癖は一切感じられず。ただかなり脂がきつい上に、食べ進むにつれて少々醤油がうるさく感じられるようになり、甘さも悪いほうに作用して飽きやすいかも。揚げネギみたいな風味はどこから来ているのかな?

 麺はいわい製麺製の中細ストレートタイプで若干ざらつきのある口当たり。やや柔らかめの茹で上がりなのに、スープの絡みがイマイチなせいか、なんだか粉っぽい味わいなのは残念。麺量は170gとのことですが、そんなにあるかなぁ??

 牛肉のチャーシューは見た目通りの柔らかしっとり仕上げ。他にナルト、メンマ、海苔、刻みネギ。

 細かい難点はあるものの、これでワンコインとは驚愕すべき出来。おいおい他のメニューを試してみます。

|

2020.09.14

机上の空論@東十条 ~ 煮干し中華そば

Kizyou002

 京浜東北線東口から伸びる東十条銀座商店街内。信号を2つ渡った商店街の東端近くにあるので駅からはやや距離があります。約2年半ぶりの再訪。11時半開店の5分前に到着したところ先客ゼロ。開店までに後客2。開店後3人。

 前回は券売機ボタン先頭の「中華そば(720円)」を注文したので今回は「煮干中華そば(750円)」を注文。ランチサービスなし。

 2年半の間にメニューが増えていて、他に「机上のネギ味噌中華」「津軽煮干し中華そば」など。「週二限定の魚群煮干し中華そば」というメニューもありましたが往訪時には販売されておらず、そもそも「週二」とは何時なのかもよく判らず。また往訪時には限定メニューとして「冷や牡蠣蕎麦」を売り出していました。なお「麺の固め・大盛りは不可」「食券は口にくわえないよう」と券売機に注意書きあり。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター7席。実にこじんまりした店で席間は狭めなので今時かなり違和感があります。厨房内は店主と若いねーちゃんの二人だけ。卓上にはブラックペッパーと辛子高菜、唐辛子主体の辛味。相変わらず一ロット2~3杯ずつ丁寧に作っています。カウンターに水ポットではなく、でかいやかんが置いてありますが、やかんに目一杯水が入っていると使いづらくて困りもの。

Kizyou001

 おそらく鶏&豚の動物系をベースとする「中華そば」に煮干し系出汁を合わせたものと思われますが、予想以上に煮干しががっつり効いていてむしろ煮干しが前面に出て動物系は下支えに留まる感じ。それでいて煮干しにやり過ぎ感はなく、苦みやえぐいは皆無。少々濃い味わいながらもしょっぱく感じるほどでもなし。「日本一しょうゆ」を使っている旨が貼ってありましたが、これも徒に自己主張することなく、わずかに甘みを感じます。表面の脂層が目立ちますが、これまた程よくコクを加える程度で実にバランスが良い。

 麺は平たい並太ストレート系。細めのストレート麺だった「中華そば」とはあえて麺を変えているのかな? つるつる&しこしこといった形容がしっくりきますが、若干硬めかな?

 チャーシューは肉の旨味を殺さない程よく煮込み加減。メンマは細い割にコリコリとした食感が嬉しい。他にかまぼこ、岩海苔、三つ葉。


 メニューが増えたので再訪の意欲が俄然沸いてきました。

|

2020.09.10

GANCON NOODLE@駒込 ~ 醤油ラーメン

Gancon002

 駒込駅東口から山手線を潜って南側へ。「アザレア通り」商店街の一角。斜向かいにローソンあり。前回往訪は奇しくもちょうど3年前。先客ゼロ、後客2。

 店内の券売機で基本と思しき「醤油ラーメン(780円)」を注文。前回往訪時より60円値上がり。ランチサービスなし。

 月日を経るに従ってメニューもどんどん増え、他に鶏しおラーメン、エビ塩ラーメン、花椒塩ラーメン、えび味噌ラーメン、エビつけ麺、辛シビ油そば、塩レモンそば、冷やし中華、韮香菜麺など。なおつけ麺のみ大盛サービスあり。

 店内はくの字型カウンター7席(従来の9席から減らして運用中?)。麦茶セルフ。卓上にはミル入り黒胡椒のみ。厨房内には店主とねーちゃんの2人で共に手際よく仕事をこなしていました。

Gancon001

 スープは匠の大山鶏と煮干しを合わせたものとのこと。前回往訪時は醤油と出汁のバランスが非常に良いと思いましたが、久しぶりに試食してみるとちょっと醤油がきつくなったかなぁ? ただ醤油がうるさく感じられるほどではなく許容範囲内。総じて無化調っぽい雑味がない味わい。表面の脂がやや多めながらもコクを加える程度で嫌みにはならず。ほんのり揚げネギみたいな香りがしますがネギ油かな?

 麺は細めのほぼストレート麺。つるつるとした口当たりでやや柔らかめ。スープの絡みは至って良好で、啜り心地も文句なし。

 チャーシューは柔らか&しっとりタイプで、この手のチャーシューにしては厚みもあるほう。他に具は細いメンマと茎に辛味がある青菜、刻みネギとシンプルな構成。

 次はあまり間を置かずにつけ麺で再訪してみます。

|

2020.09.04

浮間食堂@浮間舟渡 ~ 中華そば

Ukima001

 埼京線北赤羽駅と浮間舟渡駅の中間辺り。浮間4丁目交差点を南へ下ってすぐ。「ブタゴリラ」のリニューアル。「ブタゴリラ」は半年前に訪れたばかりでしたが、G系はもう飽和状態で早めに見切りを付けたのかな?

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「中華そば(700円)」を注文。セルフですが終日ライス無料&食べ放題。

 基本メニューは中華そばにトッピングでバリエーションを付けているだけのようですが、往訪した日は限定品として「煮干し香る和風冷しラーメン」を売り出していました。

 店内はL字型カウンター8席と4人卓×1。「ブタゴリラ」の時よりカウンター席を減らしてテーブルを置いた模様。卓上には酢、ブラックペッパー、七味、オニオンパウダー、ジンジャーパウダー。さらにライス用のたくあんとパリパリきゅうり。

Ukima002

 ライス無料サービスで漬物付き、しかも具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、刻みねぎというルックスから家系っぽいラーメンが想起されますが、味わいは家系とは真逆のあっさりすっきり系。鶏がら中心の動物系ベースでしょうか。そんな味わいなのにわざわざ背脂を加えているのが不思議。コクを加えたいのなら鶏油で良さそうなものですが。

 麺は中太もほぼストレートタイプ。つるつる&もっちりという形容がしっくりくるタイプで悪くはないのですが、このスープに合わせるなら中細がベターな気が。途中でラーメン屋には珍しいジンジャーパウダーを入れてみましたが、これは大当たり。

 チャーシューは極薄。メンマ、ほうれん草、海苔、刻みねぎといったところを合わせてもご飯のおかずにはちょっと力不足。スープもご飯を欲するタイプではないので、卓上の漬物が大活躍。というか、このラーメンに終日ライス無料&食べ放題というのはなんか違うような・・・

 ベースは悪くないのに、あちこちなんかいろいろとズレている気がしてなりませんが、果たしてどうなることやら。

|

2020.08.10

逆流@板橋本町 ~ 背脂煮干しラーメン

Gyakuryu002

 都営三田線板橋本町駅からから環七通りを東へ。姥ヶ橋陸橋近く。老朽化著しい都営団地の1Fに入居したもので、近所にローソンあり。もともと十条の人気店「煮干そば 流。」が本来定休日である火曜日に2nd Brand「逆流」として通常とは異なるメニューで営業していたのですが、今般晴れて2号店として独立した模様。独立前は8ヶ月前に往訪済。先客ゼロ、後客2。

 移転前に「ラーメン」を試食したので、今回は「背脂煮干しラーメン(900円)」を注文。ランチ無料サービスはありませんが、ランチ時にはメンマめしや肉めしを100円割引しています。

 メニューは他に肉煮干しラーメン、つけめん、野菜つけめん、納豆ラーメン/納豆つけめん、汁無しラーメン、夏季限定の冷やし中華など。券売機に「限定」のボタンがいくつか用意されていますが、往訪時には限定メニューの販売はなし。

 店内は縦長L字型カウンター9席と2人卓×1。さらに入口近くにおよそラーメン屋には似合わない6人掛けくらいのソファーが据えられています。卓上にはラー油、酢、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、一味。水セルフ。今年7月に開店したせいか、カウンター席間の間仕切りは随分しっかりしたものが据え付けられていて、このまま恒常化するつもりなのかも。

Gyakuryu001

 「背脂煮干し」を冠してはいますが、スープにさほど背脂が多いようには見えず。また見た目通り味わいもやたら脂でギトギトするわけでもありません。麺をあらたか片付けて初めて背脂の多さに気づくくらい。スープは相変わらず煮干しがしっかり、しかも食べ手を選ぶほどやり過ぎ感が出ない程度に効いており、個人的にはツボにはまりました。ただ個人的な好みよりは若干醤油がうるさいかなぁ。

 麺は自家製で太めのストレートタイプ。つるつるとした食感としい、しっかりとしたコシといい、これは大いに気に入りました。スープとの相性も文句なし。量は200gと多め。

 チャーシューは意外に厚みがあって肉の旨味も十分保たれていますが、スープ同様煮込みすぎてややしょっぱいのが難。岩海苔を乗せてちょっと燕三条系ラーメンに寄せた感じでしょうか? 他にメンマ、刻みネギ、刻み玉ねぎ。

 

|

2020.08.03

鶴田@赤羽 ~ 冷し担々麺

Turuta002

 赤羽駅東口のアーケード街「ララガーデン」に入って日高屋がある交差点を北へ。外観どおり夜は居酒屋で、ランチタイムにラーメンを出している店です。しかもランチ営業は水・金・土のみと変則的。約3年半ぶりの再訪。先客1、後客1。

 店外に記されている「お昼のメニュー」を見て、「冷し担々麺(800円」を注文。。辛さ(普通、1~3辛)を選べるので1辛にして見ました。後払い。なお大盛はやっていないとのこと。

 メニューは「汁なし担々麺」との2種類のみ。前回往訪時は塩ラーメンや醤油ラーメンも出していましたが、客の注文はほとんど担々麺なのでそれに絞ったのかも。

 店内は縦長カウンター7席。店奥のテーブル席はランチタイムには使っていない模様。卓上には酢、一味、白ごま、山椒。店は店主とねーちゃんの二人で切り盛り。

Turuta001

 意表を突かれたのは実質的にほぼ「汁なし担々麺」なこと。汁なし担々麺の麺やタレをキンキンに冷して出しているのかな? でもそのひと手間をかけているにも拘らず値段は「汁なし」と同じとは恐れ入ります。

 ほぼ汁なしなので天地をひっくり返しながら一頻りまぜまぜして試食。ごまだれがかなり支配的なためか、あるいは冷やしているので辛さを感じにくくなるせいか、1辛だとピリ辛よりは若干辛めといった程度。痺れはほとんどなく、わずかに鼻がムズムズする程度。辛さや痺れといった刺激ではなく、ごまだれ主体の旨味で押すタイプです。

 麺は平打ちの緩い縮れ入り。かなり歯応えが強くて気に入りました。

 その麺にたっぷり添えられた肉みそがどんどん絡みついてゆきます。これだけ肉味噌があるのなら、小ライス(50円)をつけても良かったかも。肉味噌にはカシューナッツや小エビがちょっと混じっていて、面白いアクセントに。

 他にミニトマト、水菜、刻み青ネギ・・・と思ったらなんと天敵大葉が混じっていました!! 混ぜる前に気づいて除染すれば大過はなかったはずですが、まぜまぜしてしまうともはや除染不可能(´・ω・`)ショボーン

 相変わらず居酒屋の兼業にしては破格の旨さ。同じ赤羽の担々麺店「ほうきぼし」より安いのも高評価ポイント。次は「汁なし担々麺」にチャレンジ。

|

2020.07.29

藤むら@王子 ~ 白湯煮干しそば

Fujimura002_20200611134901

 京浜東北線王子駅北口を出て、権現坂を少し登った辺り。半年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客4。

 前回は基本と思しき「中華そば」を注文したので、今回は「白湯煮干しそば(850円」を注文。ランチサービスなし。

 前回往訪時より若干メニューが増えていて、昼の部の火・土・日曜日限定で「塩そば」が登場。その代わり「濃厚つけ麺(数量限定)」が夜の部&昼の部の水・木・金曜日限定になっていました。往訪日は濃厚つけ麺の日でしたが、後客の注文は見事にバラバラ。

 店内はコ字型カウンター13席。卓上にはブラックペッパー、一味、酢。 水セルフ。

Fujimura001_20200611134901

 ややとろみがあるスープは煮干をがっつり効かせたタイプではなく、動物系出汁と煮干し系出汁のバランスをとったもの。ウンチク書きにある「国産丸鶏、鶏ガラ、もみじ、手羽先をメインに三崎まぐろのアラ、豚、羅臼昆布、椎茸、節、野菜などを使用」したスープに煮干系を合わせたものと目されます。

 「中華そば」のスープもバランス重視という味わいでしたが、「白湯煮干しそば」も同様。くどくもなく、重くもなく、しょっぱくもない、いたってマイルドな味わい。かえしは「鮪の魚醤と数種類の醤油と乾物などとと塩としろたまり」を使用したようですが、これも必要以上にでしゃばることなく、むしろ全体として甘目というか尖ったところが全くない出来。バランスが良すぎてふた昔前の「またお前か」とは完全に一線を画しているような気も。

 麺は心の味食品のストレート中細タイプ。つるつるした口当たりですが、どういうわけか硬めの仕上がりで噛み応え強すぎ。これはさすがにもうちょっと茹でて欲しいところ。

 吊るし塩豚チャーシューと鶏むねチャーシューは共に超淡白な味わい。他に太目のメンマ、海苔、刻み青ネギ。

 「中華そば」同様、全く食べ手を選ばない無難な一杯です。次は「つけ麺」を試してみたいところ。

 

|

2020.07.22

伊藤@王子神谷 ~ (煮干し系)肉そば

Ito002

 京浜東北線王子駅あるいは地下鉄南北線王子神谷駅が最寄といっても駅からかなり遠いのが難。王子神谷駅からだと王子消防署交差点を東へ約1km進んで、「豊島中央通り商店街」に入って100mほど南へ。幟や暖簾など遠目に判りやすいものが一切掲げられていないので、うっかり通り過ぎそうになるかも。

 赤羽の「伊藤」には何度も往訪していますが、こちらはなんと約12年ぶりの再訪。11時の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客4、開店後7人(退店時外待ち2人)と相変わらずの人気でした。

 メニューも相変わらず「そば」と「肉そば」の2種類のみで、「肉そば(750円)」を注文。券売機はなく、後払い。

 煮干しの香りが漂う店内はカウンターが5席+2席と4人卓×1。卓上にはブラックペッパーと一味のみ。水セルフ。店内にはホール係が一人いるだけで店主の姿は見えず。

Ito001

 この手の店にありがちなことですが、麺の量に比べてスープが物凄く少ない。夏季はともかく冬季でこれきついだろうなぁ。しかも並でこれだと大盛(+150円)ならラーメンというより限りなくまぜそばになってしまうような気がしてなりませんが、大盛を頼んでいる客で合わせてつゆ増し(+150円)を頼む客はいませんでした。

 店内外に漂う煮干しの香りからするとやや意外なことに、スープは煮干しをがっつり効かせた感じはせず、動物系出汁とのバランスを取りながら万人受けする範囲内に留めた感じ。煮干しのえぐみ・苦みはいっさいなく、無化調を謳っているだけのことはあって後味もいたって良好。マニア受けを狙った「煮干しやりすぎ感」ありありなタイプとは対極をなしています。

 麺は自家製の中細ストレート麺で、心持ちざらつきを感じる口当たりですが、それほど堅くもなく柔らかくもない茹で上がりなのに麺にやたら歯ごたえ、噛み応えがあるのが特徴。スープとの相性は抜群。

 チャーシューが角切りなのにも意表を突かれましたが、あくまでもスープを生かすようにあっさり目の煮込み加減。これはこれで悪くはないのですが、「肉そば」と大きく出た割にはチャーシューが多い訳ではありません(「そば」だとチャーシューすらない!)。他には刻みネギが少々載っている程度でメンマも海苔もなく、具が少ないのもこの店の特徴。

 スープが非常に少ない点も含め、値段を抑えるためにやむを得ないのでしょうが、ちょっと無理が来ているかも。もっともこの店は麺を食いに来ているようなものですが・・・

|

2020.07.17

金字塔@赤羽 ~ しおそば

Kinjitou002

 赤羽東口から線路沿いに北へ。駅に近い「ゆうひ屋」や「夏海」と同じ通り沿いですが、赤羽の商店街・飲み屋街も尽きようとする北外れで、赤羽岩淵駅のほうが近いくらい。ほぼ半年ぶりに再訪。先客・後客ともゼロ。

 前回は「味噌そば」を試食してイマイチ好みに合わなかったので、今回は基本メニューと思しき「しおそば(800円)」を注文。ランチタイムは大盛サービスをやっているので大盛にしてもらいました。また前回もらった「大盛 or トッピング券」で煮玉子を付けてもらいました。というか大盛サービスとトッピング券が併用できるとはびっくり! なおラーメンは並盛で150g、大盛225gと量は標準的。

 メニューは他に「塩つけそば」各種と「味噌そば」各種。さらに往訪時は月替わり商品として「金字塔まぜそば」と「特選鴨だししおそば」を提供していました。前者はテイクアウトが前提かもしれませんが。

 店内は縦長L字型カウンター10席と壁沿いに2人掛けテーブルが3卓。さらに店奥にも客席がある模様。卓上にはガーリックチップ、白ごま、胡椒、七味。最初に「コーヒー油」がサーブされるのは相変わらず。

Kinjitou001

 表面の脂がやや多めのせいか、どんよりと曇った「しおそば」らしくないルックス。鶏ガラ・もみじ・げんこつ及び香味野菜をベースに白トリュフを加えたそうですが、妙に塩が尖っていないのが幸いして出汁の旨味を存分に楽しめて上々の出来。わずかに甘い香りがするのが白トリュフなのかな?

 麺は三河屋製麺の細麺ほぼストレート。スープの量が特に少ないわけではないものの、細麺でボリュームを出すことに無理があるのか、大盛だとちょっと玉になりがち。それでもスープの絡みは良好で、つるつるとした食感、啜りごちも悪くありません。コーヒー油は前回試食時に個人的には「しおそば」にはイマイチ合わないと思ったので今回は使わず、途中で胡椒を投入。

 チャーシューの代わりに自家製ベーコンを使っているのは面白い変化球。他に鶏つみれ、白髪ネギ、メンマ、ほうれん草、そしてサービス券で付けてもらった煮玉子(半熟)。昔は糸唐辛子をアクセントにつけていたはずですが、いつの間にかなくなってしまいました。

 赤羽で長持ちしているだけあって店の雰囲気・接客態度も妙な気どりがなくなってすっかり丸くなり、ラーメンのクォリティーもそこそこのレベルを維持している模様。次回は「塩つけそば」を試してみます。

|

2020.07.11

はやし田@赤羽 ~ 醤油らぁ麺

Hayashida002

 赤羽駅東口から北へ。飲食店街「赤羽一番街」に入ってすぐ。もともと「福しん」があったところ。先客2、後客4。「はやし田」は1年半以上前に池袋店で試食して以来。その前に新宿本店でも試食していますが、今や横浜や武蔵小杉にも店があるようです。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油らぁ麺(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは相変わらず絞り込まれていて、他に「つけ麺」「まぜそば」と数量限定販売の「のどぐろそば」のみ。池袋店で試食した際は「まぜそば」は平日夜のみ販売でしたが、終日販売に昇格したのかな?

 店内は縦長コ字型カウンター16席。卓上には調味料一切なし。水セルフで、しかもポットを置く代わりに回転寿司屋などでよく見かける給水サーバーを設置しているのは新宿本店や池袋店と同じ。

Hayashida001

 卓上の能書きによると、スープは「鴨と大山どりの丸鶏を惜しげもなく使用し」のこと。新宿本店で食べた際にはとにかく醤油ダレがきつくて出汁が全部ぶち壊し。その後池袋店で食べた際は醤油の尖りは随分抑えられてスープの味わいを楽しめるようになったと評価を改めたものの、今回はまた新宿本店で受けた感じに戻ってしまいました。「はやし田」はかなり出来のブレが激しい店なのか、多店舗展開に伴う劣化なのかは判りませんが、いずれにせよ能書きにある鴨出汁らしい甘み、まろやかさはよく判らず、能書きがなければ単純に鶏ベースだと思い込んでいたでしょう。

 麺は菅野製麺の細めストレートタイプ。全粒粉入りで、蕎麦に似た心持ちざらつきのある食感で喉越しが良く、そしてそれなりにコシもあるバランスの取れた仕上がり。

 豚肩ロースと鷄むね肉のチャーシューは低温調理の柔らか仕上げでいずれもかなり淡白な味わい。他に穂先メンマ、刻み青ねぎ。

 便利な場所で中休みなく営業しており、しかも混んでいないのは評価できるので、つけ麺かまぜそばで再訪すると思います。

|

より以前の記事一覧