2019.10.11

愛絆@十条 ~ 會津山塩らーめん

004_20190912142701

 埼京線十条駅の南側を通るバス通りを西へ。「帝京大学入口」の信号の手前。先客4、後客11となかなかの繁盛ぶり。屋号は「すずな」と読むようです。

 店内の券売機ボタンを見て、店お勧めの「會津山塩らーめん(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは「喜多方らーめん」との2本立てのようですが、「喜多方」は「山塩」より130円も安いという謎の価格設定。ちなみに「山塩」とは磐梯山の麓にある大塩裏磐梯温泉の温泉水を煮詰めて作った塩のこと。熱塩温泉とかあるもんなぁ、あの辺。

 店内は縦長カウンター5席と2人卓×5、4人卓×1。卓上には酢、ラー油、ブラックペッパー、醤油。

0031_20190912142701

 いかにも体に優しげな透明度の高いスープは豚骨ベースでしょうか。全く尖りがなく、まろやかな味わいで、塩なのにむしろ甘みがほんのり感じられるくらい。ついついぐいぐいと飲み進んでしまいますが、麺を絡ませるとなると些か弱いような気も。そこでブラックペッパーを少量投入し、かつほど良く煮込まれたばら肉チャーシューをちびちび齧って旨味を補完しながら食べ進みました。

 麺は太目の強い縮れ入り。つるつるもっちりとした、いかにも喜多方っぽい麺です。

 具は他にメンマ、刻みねぎ。

 十条駅の反対側にある「喜多方食堂」がちょっと残念な感じになってきただけに、この手のラーメンが美味しく頂ける店が出来たのは嬉しい限り。次は「喜多方らーめん」で再訪します。

|

2019.10.06

夏海@赤羽 ~ 醤油らーめん

004_20190906133401

 赤羽駅東口から北へ2分ほど。「ゆうひ屋」の先。約2年ぶりの再訪。相変わらずの人気店で、11時半の開店直前に到着したところ既に先客8。開店後すぐに満席になり、退店時には外待ち7。

 戸外に設置してある券売機でボタン先頭の「醤油ラーメン(800円)」を注文。うーん、前回往訪時より50円も値上がりか・・・ ランチサービスなし。また前回往訪時には細麺と手もみ麺が選べましたが、そのオプションもなくなってしまいました。

 メニューは他に塩、煮干豚骨、つけ麺など。また往訪時は本日限定メニューとして「塩玉まぜそば」を出していました。他客の注文は煮干しとつけ麺の注文が目立ちました。

 店内はL字型カウンターのみ10席。卓上には一味、ブラックペッパー、酢、魚粉。水セルフ。店内外とも相変わらず汚い貼り紙だらけで著しく美観を損ねています。

003_20190906133401

 2、3杯ずつ作っているようですが、メニューが多い上に茹で時間がかかるつけ麺を頼む客が多いせいか、回転はあまり良くなく、入店してから20分くらいかかってようやく登場。

 スープは「丸鶏、鶏ガラを大量に使い生姜をベースに身体に優しい香味野菜を煮込んで作り上げた」とのことですが、やり過ぎ感が出ない程度に生姜が効いていてなかなかの出来ばえ。「あっさり」を謳っている割には表面の脂が多くて「あっさり」というのは当たらない気がしますが、これはこれでコク深くて悪くありません。但し、醤油ダレが結構きつくて飲み進む気にはなれず。全然身体に優しくありません(苦笑)

 麺は並太より若干細めといった程度のストレート。口当たりはつるつるしていますが、心持ち水気が少なそうな歯切れのいい麺で、スープの絡みは至って良好。

 チャーシューはちょっとハムっぽい感じで旨味十分。他にかいわれ、海苔、白髪ネギ、メンマ。

 次は「煮干豚骨」で再訪してみます。

|

2019.09.19

TOKYO豚骨BASE@赤羽 ~ 豚骨白

Tokyobase001

 赤羽駅構内。先客6、後客9。屋号に「MADE by 一風堂」と付されている通り、一風堂がプロデュースしているラーメン店ですが、運営しているのはNRE(日本レストランエンタプライズ)で赤羽店以外にも池袋・大船・品川などの駅内外で多店舗展開しているようです。

 店外のタッチパネル式券売機で、基本と思しき「豚骨白(690円)」を麺硬めで注文。ここの券売機はタッチパネル式にしては珍しく階層化せずに一面にボタンをゴテゴテ並べているので、判りやすいといえば判りやすい反面、見辛いと言えば見辛い。

 メニューは他に「豚骨黒」「豚骨赤」、季節限定の「節とんこつの醤油つけ麺」など。メニューにどの程度一風堂が関与しているのか判りませんが、値段は一風堂より明らかに安め。

 店内は縦長L字型カウンターを2本(9席+7席)並べた感じ。卓上にはらーめんだし、酢醤油、白ごま、ブラックペッパー、紅生姜、生にんにく。一風堂に置いてある辛味もやしはなく、辛子高菜も見当たらず。

Tokyobase003_1

 スープは一切豚骨臭がない超ライト&マイルドな味わい、かつやや甘み強め。

 面白いのは麺。細麺ほぼストレートで、ちゃんと指定通り「硬め」で出てきましたが、なぜかわざわざ加水率高めの麺を使っているようで、口当たりが妙につるつるして、なんか博多ラーメンっぽくありません。スープ同様万人受けを考えたつもりなのでしょうが。

 バラ肉チャーシューは悲しいほどペラペラ。他に細モヤシ、キクラゲ、刻み青ネギ。具のしょぼさは値段相応。

 駅構内で安めのラーメンをサクッと食べられるというニーズに特化したような店で、それ以上でもそれ以下でもありません。

|

2019.09.10

流。@十条 ~ 煮干そば+メンマめし

007_20190809131301

 十条駅北側の踏切を東へ渡って、線路沿いの路地を南へ。ほぼ1年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客5。

 メニュー&券売機ボタン先頭の「煮干そば・並(750円)」を注文。さらにランチタイムには「メンマめし」が100円と格安なのでそれも付けてみました。他にアブラ煮干そば、つけそば、アブラつけそば、辛つけそば、油そばなど。

 店内は縦長L字型カウンター8席。ただでさえ狭い入口が券売機でますます狭くなっているあたりは相変わらず。卓上にはラー油、酢、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、一味。水セルフ。店主が少々どん臭いアシスタントを客の前で叱りつけるのはどうかと。

004_20190809131301

 すっきりとした外観とは裏腹にスープは煮干しがかなり効いており個人的にはツボにはまりました。しかも辛うじて食べ手を選ばないレベルに抑えてありますし、味もやたら濃いわけではないのでついつい飲み進んでしまいました。なおメニューに「あっさり」と記されてる割には表面の脂が多い気がしましたが、たっぷりと添えられた刻みタマネギや刻みネギが良い箸休めに。

 麺は自家製でやや太めのごく緩い縮れ麺。つるつるとした食感としい、しっかりとしたコシといい、これは大いに気に入りました。スープとの相性も文句なし。

 チャーシューは配膳前に少し炙りを入れてあるのかな?他にナルト、メンマ。

005_20190809131301

 「メンマめし」はごま油でピリ辛仕上げ。麺の量は並でも170gとやや多めなので、量的には特に付けなくても良かったかなと思いましたが、これ自体は悪くありません。

 次はつけそばを試してみます。

|

2019.07.05

竹千代@尾久 ~ 中華そば

001_35

 JR東北本線尾久駅を出て目の前を走る明治通りを渡り、東へ歩いてすぐ。先客1、後客6。結構な人気店だと聞いていましたが、ラヲタ需要も一巡したのか、落ち着いた客足に。

 メニューは極端に絞り込まれていて、なんと中華そばとチャーシュー麺、そして白飯しかありません。「中華そば(700円)」を「大盛(+100円)」で注文。

 店内は縦長カウンター7席のみ。卓上には胡椒のみ。店奥に給水器があって「水はアルピナウォーター」と謳っていますが、それを紙コップで飲ませるというバランス感覚がこの店を象徴しているような気がしました(結果論ですが)。店はオヤジとラーメン屋らしくない可愛い小娘とで切り盛り。

0031_1

 店内に干し椎茸の香りが強く漂っていてあまりラーメン屋っぽくありませんが、ここのスープは鶏ガラ・豚骨不使用で、出汁は椎茸と利尻昆布がベースとのこと。その割にはわずかに豚っぽい感じがしましたが、それはチャーシューから滲み出た分のかも。

 ただ出汁がしっかりしているとはいえず、かといってカエシの個性が強い「醤油を飲ませる」ようなスープでもないので、優しい味わい、じんわりとくる味わいと思えるのも最初のうちだけ。すぐに物足りなくなって、卓上の胡椒のミルをゴリゴリ回してしまいました。この時点で大盛にしたことを激しく後悔。

 麺は群馬県小林製麺所製でやや細目&ほぼストレートタイプ。つるつるした口当たり、かつ柔らかめの仕上がり。スープに合わせるとなるとこんなもんでしょう。

 チャーシュー麺を頼む客が多かったのでチャーシューに特徴があるのかと思いきや、薄くて脂身多めでさしたることはなし。一方、愛媛県産の孟宗竹を使ったとされるメンマは普通のメンマよりも硬めのシャキシャキとした食感が面白くて気に入りました。他に刻み青ネギ。中華そばが700円と安めの価格設定なのは量が少ないためと思い込んでいたのですが、単に具がしょぼいだけだったみたいで。

 5年をかけて全国各地から食材を探して作り上げたそうですが、現状では店主の自己満足に過ぎないような気がする一杯でした。

|

2019.06.18

キング製麺@王子 ~ 山椒らーめん

004_18

 京浜東北線王子駅から明治通りの急坂を登って北区区役所の先。結構な人気店と聞いて11時の開店15分前に到着したところ、さすがに先客ゼロ。開店までに6人やってきて、開店後すぐに満席となり、退店時には中待ちも出来ていました。

 店内の券売機ボタン先頭は「白だしラーメン」でしたが、その横の「山椒ラーメン(800円)」を注文。麺の量(並/中)を聞かれたので「中」でお願いしました。ランチサービスなし。メニューは基本上記2本立てのようで、海老ワンタンや肉ワンタンもウリ。

 店内は厨房を囲むコ字型カウンター10席程度。卓上はコショーのみ。水ポットすらないのですっきりとしていますが、店の片隅に給水器が置いてあるだけなのはチト面倒。

0031

 「山椒らーめん」は「シビレではなく、華やかな山椒の香りをお楽しみください。麺をすすった後の鼻から抜ける香りが醍醐味です」との触れ込み通り、どうしてもシビレ重視になりがちな担々麺等の山椒の効きとは全然異なる、絶妙に計算された山椒の清涼感が楽しめる逸品です。

 スープは「煮干し、昆布、かつお節」などを使用した「白だし」とベースは同じなのかな?? いかにも魚介ベースっぽい和風の味わいに香味油を多めに添えてコクを加えています。惜しむらくはやや塩気が強くて、飲み進む気は起らず。

 麺は手もみっぽい並太縮れ麺。つるつるした食感ながらピロピロ系ではなく、高密度で歯応え強め。スープの絡み、相性とも文句なし。なお麺量は「中」でもさほど多くはなく、それゆえスープとの量的バランスも崩れず。

 チャーシューはしっとりタイプ。他に青菜、ナルトと超シンプル。

 これといったラーメン屋がなかったエリアですし、この出来なら早々と人気店になっているのは当然でしょう。

|

2019.05.29

満月@赤羽 ~ ざる満月らーめん

005_7

 赤羽駅西口正面に建つ「ビビオ」の北向かい辺り。松屋や三忠食堂など飲食店の並ぶ一帯ですが、店は通りから引っ込んだところにあってうっかり通り過ぎがちかも。もともと赤羽駅東口にあった店が2019年3月に西口へ移転したもので、先客7、後客ゾロゾロと常連と思しき方々、移転を機に久しぶりにやって来たっぽい方々で店は早くから賑わっていました。個人的にはほぼ6年半ぶりの再訪。

 券売機は無く、卓上のメニューを見て「ざる満月らーめん(800円)」を「中盛(100円)」で、かつ麺硬めで注文。つけだれは正油と味噌を選べるので正油を選択。メニューは多彩で、メニューブック先頭は「らーめん」、他に白味噌らーめん、カレーつけめん、季節限定のカルボらーめん、とうふらーめん等々。昔この店の名物だった「ベーコンラーメン」は季節限定で、しかも往訪時は休止中でした。

 店内は壁に向かってカウンター5+2席。店中央にでかい8人卓×1、店奥に2人卓×5。卓上には七味、酢、醤油、ラー油。

0041_1

 つけだれには具を一切入れず、チャーシュー、もやし、かいわれ、白ごま、刻み海苔、そして味玉半個を麺のほうに乗せるというスタイル。さらに薬味として刻みネギ、おろししょうが、スライスレモンがついてきます。

 つけだれは見た目は透明感があって「あっさり・さっぱり系」と思ったのですが、うーんどうも妙に甘くて「思てたんとちゃう!」感が強いのなんの・・・これは好みから外れていました。

 「厳選した小麦粉で保存料とたまごを一切使用せずに、水とカン水と少量の塩だけで練り上げた」というのが謳い文句の手打ち麺は、平たくピロピロつるつるもっちりした食感が楽しい逸品。ただ麺硬めを注文したのに特に硬いとか歯応えが強いという感じはせず、せいぜい並堅といったところ。デフォルトが柔らかめなのかも。

 チャーシューが冷たいのはともかく脂多めで、しかもその脂が冷えて固まってラード状になっているのはちょっとげんなり。

 麺が悪くなさそうなので、この感じだと温かいらーめん系のほうが個人的には合いそう。メニューが多いので、店が落ち着いたら再訪します。

|

2019.04.16

尾久家@尾久 ~ 豚骨醤油ラーメン

004

 宇都宮線・高崎線尾久駅から明治通りを西へ。「昭和町2丁目」交差点の近く。向かいに安楽亭あり。先客3、後客1。予定していた店の開店が所用のため大幅に遅れる旨の貼り紙があったので、こちらへ転進した次第。残念ながらこの辺りは転進しようにもあまり選択肢がありません。もともと「元や」という店だったことが看板からうっすら確認できます。

 店内の券売機ボタン先頭の「豚骨醤油ラーメン・並(650円)」を「麺硬め」で注文。麺量は判りませんでしたが、ランチタイムは半ライスサービス付きなので「並」で十分と判断。基本メニューは他に「豚骨塩」があるだけ。

 店内は縦長カウンターが10数席。卓上にはニンニク、豆板醤、白ごま、ブラックペッパー、一味。水セルフ。店のサイズの割に厨房には店主一人だけなのは客入りに合わせた結果なのかも。

002_3

 屋号から推察できるように「豚骨醤油」といっても家系っぽいタイプ。ただ豚骨・醤油ともかなりライト。「濃厚」と称してやたらしょっぱいだけの奴よりは格段にマシですが、ここまでライトだと物足りなさは否めないのでたまらず卓上のニンニクと豆板醤を少量投入。

 麺は若干太目のほぼストレートですが、一般的な家系の麺よりは心持ち細い気がしました。わずかにざらつきのある食感で、しっかり硬めで登場。

 チャーシューは薄くて淡白な味わい。この手のラーメンの具にメンマが入るのは珍しいかも。他にほうれん草、刻みネギ、海苔。半ライスのおかずには十分。

 スクランブルであまり気乗りしない店に入ったら、案の定といった感じ・・・

| | トラックバック (0)

2019.04.12

Chu-Ru-Ri@十条 ~ 芳醇塩ラーメン

001

 埼京線十条駅の南にあるバス通りを西へ500mほど。あるいは「雨ニモマケズ」や「讃岐うどん いわい」のある十条仲通り商店街を抜けた先。先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機ボタン先頭の「芳醇塩ラーメン(800円)」を注文。メニューは他に「ちゅるり醤油ラーメン」「濃厚味噌ラーメン」「MAZE油そば」など。

 ランチサービスはありませんが、ラーメン屋としては非常に珍しいことにおちょこサイズのアイスコーヒーのサービス付き。さらに卓上のお新香(といっても白菜中心の超浅漬け)が食べ放題。。

 店内はL字型カウンター7席と4人卓×1。卓上にはコショーのみ。店は若夫婦で切り盛りしているのかな?

006

 スープは動物系出汁がベースであることは判るものの、それ以上は判然とせず。塩ダレは妙に自己主張せず、表面の脂がちょっと目立つものの味わいの上ではコクを加える程度に抑えられて、非常にバランスが良く整えられた逸品。わずかに柚子でアクセント。

 麺は三河屋製麺製の細めストレート。麺に黒い粒々が目立つ全粒粉入りで、心持ち水気が少なそうで蕎麦っぽい食感ながらも啜り心地は至って良好。

 チャーシューは若干硬めかつパサつき加減。具は他にメンマ、三つ葉、ラディッシュ、ほうれん草、白髪ネギ。

 クォリティーは十分満足できるレベルですが、十条という場所柄、しかも駅&商店街からも外れたところにあり、かつ近隣の人気店と比べても若干高いのが難点。マニア需要が一巡した後はどうなるかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.01.21

喜多方食堂 麺や玄@十条 ~ 醤油らーめん

004

 埼京線十条駅南側の踏切がある大通りを東へ。約2年9ヶ月ぶりの再訪。かつては「朝ラー」をやっていましたが、高齢化が進む住宅地という立地での「朝ラー」は無理があったようで、今はランチタイムからの営業、しかも実態は11時半からの開店になっていました。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機先頭の「醤油らーめん(650円)」を注文。ランチサービスなし。稲荷町店では「すっきり」と「まったり」の別がありましたが、こちらはその別はないようです。また以前は背脂や玉ねぎを無料で入れられたはずですが、それもなくなっていました。

 メニューは他に「塩」と「味噌」、さらに夏季限定で「醤油つけ麺」と「辛つけ麺」を提供しはじめたようです。以前は月替わりで提供していた「限定麺」はなくなっていました。なお「醤油・塩・味噌」から一つと「ねぎとろ丼orちゃーしゅー丼」から一つを選べる「ランチメニュー(900円)」が用意されています。

 店内はカウンター8+3席をL字型に配置。但し店主一人で営業しているためか、厨房から配膳しづらい奥2席は使わないように仕切られていました。卓上にはホワイトペッパー、一味、醤油。券売機横にすりごま、酢、ラー油、フライドガーリック。水セルフ。

003

 スープは動物系ベースといった感で、煮干等魚介系はあまり感じられず。かえしも控えめ。背脂は完全になくなってしまい、少々脂の層が目だつものの割とあっさり味。要するに「すっきり」に一本化したみたい。出汁が強いとは言い難く、やや平板な味わいなので、途中で白胡椒を投入。

 麺は強い縮れ入りの太麺で、噛み応えといい、つるつるした食感といい、スープの絡み加減といい、これは大のお気に入り。

 薄めのばら肉チャーシューはあっさり目のスープをぶち壊さない程度の控えめの味付けで、これもまずまず。他にメンマ、刻みネギ。

 麺は相変わらず旨いのですが、スープが前回往訪時より劣化したように感じられ、この出来なら近隣の坂内系チェーン店「小法師」で十分な気がしました。店もすっかり元気がなくなったように見受けられましたし。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧