2020.04.02

孫鈴舎@東京 ~ つけ(並)

Magorin002

 東京駅丸の内南口からガード沿いに南へ。はとバス乗り場の先。11時の開店直前に到着したところ先客1、開店までに2人と出足はさほどでもなかったのですが、店が開くとわらわら客がやって来てすぐに満席に。ただ外待ちは出来ず。

 店内のタッチパネ式券売機で「つけ(750円)」を注文。麺量は並盛300g、中盛450g(+100円)、大盛600g(+200円)、社長750g(+250円)、会長9000g(+300円)、株主1050g(+350円)という構成で、これなら並で十分。またつけ汁に天敵大葉が入っているとの注意書きがあったので、大葉を抜いてもらいました。

 なお残念ながら「らーめん」は17時からの販売とのこと。またつけ麺も辛つけがある他、トッピングでバリエーションをつけているだけで、いかにも回転を良くして客数をこなすべくかなりメニューを絞り込んでいます。

 店内は壁に向かってカウンター4+4席と、店中央に島式カウンター8席。卓上には胡椒、酢、一味。

Magorin001

 開店直後の初回ロットは10分くらい待って登場。見た目と違ってつけ汁にとろみはあまりありません。またここのつけ汁は「魚介を抜き『鶏・豚・野菜』本来の旨味と 醤油のキレで喰わす!」というのをウリにしています。

 魚介を抜いたことでずっしりと重い感じになるのかな?と思ったのですが、それは全くの杞憂に。その辺は野菜が巧く作用しているのかも。ただ「醤油のキレで喰わす」のは悪いほうに転んだのか、個人的にはやや味が濃すぎ。もっともつけ汁なので大過はありませんが。

 麺は中太ストレート。適度な弾力を保った「つるつる&もっちり」という形容がぴったりくる麺です。

 具は細長く切ったチャーシュー、メンマ、海苔。そしてなぜか粗く刻まれたネギがやや多めに添えられていました。

 いかにも六厘舎の系譜らしい、食べ手を選ばない無難な一杯です。

|

2020.03.28

しじみ軒@水道橋 ~ しじみ塩そば

Sizimi001

 総武線水道橋駅東口から白山通りを南へ。たい焼き屋の先。先客1、後客5。

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「しじみ塩そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは「中華そば」との二本立て。なおなぜか券売機がやたら高いところに設置されているため、踏み台が置かれていました。

 店内はL字型カウンター10数席と、窓際に2人卓×2。卓上には黒胡椒、一味、山椒。

Sizimi002

 透明度の高いスープは「宍道湖のしじみと清湯スープを合わせた」との触れ込みですが、正直しじみの風味は私の舌ではほとんど感じられず。二日酔いの時に飲むしじみ汁の美味さを知る者なら大抵の方はがっかりすると思います。ただ「しじみ」を前面に出しさえしなければ、動物系出汁が効いたあっさり&優しい味わいは悪くはありません。塩ダレも控えめなので、飲み進む気にもなりますし。

 麺は中細ストレート。「全粒焙煎粉を使用した自家製麺」とのことで麺に粒々が見えますが、そのせいか若干ごわついたような食感。量はちょっと少な目かなぁ? スープが良く言えば優しく、悪く言えば単調で飽きやすいので、途中で黒胡椒を投入。

 チャーシューは豚と鶏が一枚ずつ。共に淡白かつ柔らか仕上げ。その中に癖の強いミョウガを添えるのはないわ・・・ 他にかいわれ、笹切りねぎ。

 学生向きの外食店が多い界隈では珍しく中高年向きの店のせいか、その狙い通りの客が集まっていましたが、このレベルだとちょっとどうかなぁ・・・

|

2020.03.25

旨辛ラーメン 表裏@水道橋

Hyouri002

 総武線水道橋駅東口の南側に広がる飲食店街の一角。東京歯科大学水道橋病院の裏辺り。先客・後客ともゼロ。ほぼ9年ぶりの再訪。大昔は総武線ガード下に店を構えていましたが、紆余曲折の末に現在地に落ち着いたようです。

 店内の券売機を見ると相変わらず「あんかけDX」が一押しのようですが、いかにも胃もたれしそうなから揚げなんてそもそもラーメンに不要だと思うので、人気No.2の「旨辛つけ麺(800円)」を注文。並盛・中盛同値段なので中盛で(学生は大盛も同値段)。頼めば辛さも調整できるようですが、今回はデフォルトで。

 メニューは多彩で、あんかけDXに加えてあんかけ拉麺、鷹の爪拉麺、及びその3品のピリ辛&極辛バージョン、W鶏拉麺、旨辛冷麺、旨辛味噌拉麺、油そば、カレーつけ麺、旨辛濃厚つけ麺、旨辛味噌つけ麺など。またちょい飲み利用に向けてちょっとしたつまみも用意。

 店内は厨房に向かって横長カウンター5席と壁沿いにカウンター3席、さらに店中央に4人卓×2。卓上には酢、醤油、ラー油、ブラックペッパー、白ごま。水セルフ。

Hyouri001

 とろみが強いつけ汁は熱々で登場。「旨辛」といっても旨さより辛さにベクトルを振ったタイプで、痺れこそないものの、唐辛子の辛さがストレートに押し寄せてきます。つけ汁が赤みがかっているのは唐辛子からくるものでしょう。また酸味も少々。といっても、辛さや酸味が旨味をかき消してしまうほどではなく、動物系出汁の旨味やコクもはっきり感じられます。

 麺は中太ストレート。つるつるとした口当たり、そして程よいコシと歯応えが気に入りました。茹でもやしがたっぷりと添えられていますが、麺ともやしを絡めながら食べるとつけ汁の辛さが緩和されて旨味だけが残って実に良い感じに。

 またどういうわけか麺のほうにも餡が乗っています。この意味がよく判りませんでしたが、先に餡を麺に絡めてからつけ汁に浸るともやし以上に味わいがマイルドになって、これまた結構。一方、レモン片は味変アイテムとしてはほとんど何の役にも立ちませんでした。

 具は他に味玉半個と海苔。チャーシューはひとかけらも無いというのはチト寂しい。

 悪くはありませんが、拉麺類のほうがより無難かなぁ・・・

|

2020.03.20

つじ田 味噌の章@飯田橋 ~ バリ味噌らーめん

Misonosyo002

 飯田橋駅東口から目白通りを南へ。ほぼ1年ぶりの再訪。隣の「つじ田」は早くから行列が出来ていて終始賑わっていましたが、こちらは出足が遅く、先客ゼロ、後客9と言う感じ。

 戸外の券売機で、前回は「味噌らーめん(820円)」を注文したので、今回は数量限定の「バリ味噌らーめん(870円)」を注文。味噌らーめん同様、麺の硬さや油の量を調整できるはずですが、店のほうからは特に聞いて来ませんでした。メニューは他に辛味噌らーめん、

 店内は縦長L字型カウンター13席のみ。卓上には青のり、おろしニンニク、胡椒、一味、柚子七味。大昔は青のりがデフォルトでかかっていましたが、今は好みに応じて入れるみたいで。

Misonosyo001

 「バリ味噌らーめん」のスープはかなりのドロドロ系。「数種類の味噌をブレンドした濃厚なスープ」で「味噌ラーメンはバリ味噌より味はまろやか」と能書きにありましたが、「バリ味噌」も「味噌」同様わりと甘目の味わい。白髪ネギに少々辛味や山椒をまぶしてアクセントにしているかな?といった程度。

 「味噌」はニンニク、そしてそれ以上に生姜の効きが強くて、店が「やさしい味わい」というのはちょっと違和感がありましたが、「バリ味噌」にはニンニクや生姜を効かせてはいないので、むしろ「バリ味噌」のほうがマイルドな感じさえします。しかも脂っこくもないので、ドロドロ系スープの割には重さ、くどさは一切感じず。

 麺は平打ちっぽい太麺ほぼストレート。硬くはないものの太麺らしく歯応えがっしり。ドロドロスープをがっつりと受け止めてくれます。量は200gと多め。「味噌」は並太縮れ麺&160gなので、ここは「バリ味噌」と決定的に違います。

 後乗せのチャーシューは濃厚スープの味わいに負けて存在感薄め。他にメンマ、もやし。スープが麺に絡みまくってどんどんなくなってゆくので、味噌ラーメンには珍しくスープを完飲。うーーーん、塩分摂り過ぎ(つД`)

 美味いことは美味いのですが、これなら「味噌」で十分だったという気がしないでもなく。

|

2020.03.04

龍の製麺所@末広町 ~ 鶏中華そば・醤油/細麺

Ryuseimen001

 銀座線末広町駅から蔵前橋通りを西へ。妻恋坂交差点近く。「龍の眼」のリニューアルかな? 「龍の眼」は大塚の人気店「鳴龍」の齋藤店主がプロデュースした店で開店時は大行列が出来たそうですが、どうも人気は長続きしなかったみたいで。先客1、後客2。

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「鶏中華そば・醤油/細麺(850円)」を注文。鶏中華そばは醤油/塩、細麺/太麺の選択が可能。さらに並(約130g)、中盛(約200g)、大盛(約260g)が同値段なので中盛にしてもらいました。さらに券売機を見ると白ご飯も無料とありましたが、中盛/大盛無料サービスと併用かなのかどうかは判りませんでした。

 メニューは他に担々中華そば。自家製麺で中盛/大盛無料サービスをやっているのに、メニューにつけ麺がないのは珍しい気も。

 店内はJ字型カウンター10席強。卓上にはペッパーミル入りの黒胡椒があるだけ。この辺は以前と変わらず。

Ryuseimen002

 スープは大山鶏のガラ、丸鶏をベースに昆布、煮干、サバ節、焼あごなどからとった出汁を合わせた」ものだそうで、しかもどれ一つ突出することなくバランスを重視したつくり。醤油だれも控えめで、よく言えば優しい味わいですが、悪く言えば甚だ物足りない気も。

 麺は自家製のストレート中細タイプ。つるつるした食感ですが、しなやかと形容するにはコシが甘すぎる茹で上がりで好みに合わず。スープに合わせた結果なのでしょうが。中盛でもスープとの量的バランスが崩れている感じはしませんでしたが、スープの物足りなさと相まって途中から黒胡椒をゴリゴリと投入。

 チャーシューは低温調理の大山鶏もも肉と国産豚ロースの塩チャーシューだそうですが、共に薄くて淡白な味わい。メンマも若干筋っぽくてイマイチ。他に刻み青ネギ。この内容だと白ご飯は合いそうにありません。

 あれこれ無料サービスが付いているので辛うじて割高感は免れていますが、あれこれ無料サービスをつけないと激戦区では話にならないともいえ・・・

|

2020.03.01

紬麦@秋葉原 ~ (動物魚介系)ラーメン

Tumugi002

 秋葉原駅から昭和通りを渡って三菱UFJ銀行秋葉原駅前支店脇。目立たないビルの地下1Fにあり、一見さんはまず入る気にならないロケーションです。6年半ぶりの再訪でしたが、劣悪な場所でも先客ゼロ、後客7とまずまずの客入り。なお、5年前に水道橋三崎町店に行ったことがありますが、そちらは長持ちしなかったようです。

 店外の券売機でボタン先頭の「ラーメン(820円)」を注文。超久しぶりに来るとメニューがえらく増えていて、塩ラーメン、つむぎラーメン、味噌ラーメン、中華そば、つけ麺各種。さらにわらじかつ丼もウリにしている模様。

 店内は特段変わりなく、L字型カウンター10席と2人掛けテーブルが2卓。さらに一人掛けのテーブルが1卓。卓上にはラー油と胡椒のみ。水セルフ。

Tumugi001

 スープは「丸鶏・げんこつ・和風ダシをバランスよく合わせた」という触れ込み通り、動物系と魚介系のバランスがよく、しかもかえしが無意味にでしゃばらないので非常に飲みやすい。かつては無化調を謳っていましたが、その辺今はどうなんだろう?

 国産小麦「さぬきの夢」を使用した麺は太めのストレート。つるつるとした食感ですが、柔らかめの仕上がりでもっちりにはほど遠い感じ。硬めを注文している後客もいましたが、それも納得。食感が中華麺というよりはうどんぽいのも相変わらず。

 チャーシューは3枚も入っている上に、グダグダに崩れてしまうギリギリ一歩手前のところまでしっかり、かつしょっぱくならない程度にしっかり煮込まれていてなかなかの出来。他にメンマ、刻みネギ、ナルト。

|

2020.01.30

わいず製麺@水道橋 ~ (豚骨醤油)ラーメン

001_20191017145101

 総武線水道橋駅東口から白山通りを南へ。「三崎町」交差点角。先客1、後客3。予定していた店がまさかの臨時休業だったので、近隣のこちらへ転進した次第。神田の人気店「わいず」の関連店のようです。

 店入口脇に設置された券売機で「ラーメン・並盛(780円)」を麺堅めで注文。ランチサービスはなし。他に「つけ麺」も用意。

 店内はL字型カウンター12席。神田の「わいず」と違って店内はさほど手狭ではありません。卓上にはブラックペッパー、生にんにく、無臭にんにく、豆板醤、黒七味、酢、レモン汁。 水セルフ。

003_20191017145101

 とろみが強めのスープは出汁の旨みが強烈。店外までトンコツ臭が漂っていましたが、そこから来る期待感を全く裏切らない出来。その反面かなりしょっぱく、ご飯が欲しくなるくらい。もっともこの手のスープは全く飲み進む気が起こらないので大過はありませんが。元々の出来が良いので卓上のニンニクや豆板醤などで変に手を加えないほうが良さそう。しょっぱい代わりに脂は特に過不足感なく、胃にもたれずに食べ進められました。

 麺は太め縮れ麺で、家系らしく短め。「堅め」で出されたものの、さほど堅いというほどのことはありませんでしたが、スープに負けているわけでもなし。

 チャーシューはペラペラ、しかも海苔が1枚なのは寂しい。他にほうれん草、刻みネギ少々。

 クオリティーに大きな問題はありませんが、「安くてとりあえずお腹いっぱいになり、しかもそこそこ美味い」武蔵家みたいなのに慣れてしまうと、ライスサービスがないこの店の割高感は否めないかと。サラリーマン中心の神田と違って、学生の多いこの界隈ではどうかな?

|

2020.01.03

他力@神田 ~ 白丸 濃厚地鶏中華そば

Tariki001

 神田駅東口から目の前の「神田駅前」交差点を渡って、ガード沿いに北へ。向かいに「餃子の王将」あり。先客ゼロ、後客1。

 券売機は無くメニューを見て「白丸 濃厚地鶏中華そば(880円)」を注文。ランチサービスはないようですが、店先に置いてあったチラシのクーポンを使って大盛にしてもらいました。後払い。

 メニューは他に「清湯 地鶏中華そば」「赤丸 濃厚地鶏中華そば」など。メニューを見ても、手元のチラシを見ても、なんかウンチク先行で各メニューの違いを的確に書いてないんだよなぁ・・・

 店内はJ字型カウンター9席と2人卓×3。卓上には醤油、酢、ラー油、おろしニンニク、ブラックペッパー、さらに辛子高菜。

Tariki0021

 心持ちとろみがあるスープは「名古屋コーチンをベースに数種類の部位を2日間かけて煮込んだ」ものだそうですが、良くも悪くもあまり鶏出汁っぽくありません。それどころか「数種類の醤油と厳選された煮干などを漬け込みじっくり旨味を出し角が取れるまで寝かした無化調カエシ醤油」の自己主張が強いためか、鶏よりも魚介系の味わいが目立つ感じに。

 麺は中細ストレートで水気の少なそうな少々ざらつきのある食感。スープに負けることなく、美味しくいただけましたが、量的にはとても大盛とは思えないのですが・・・ 無料サービスなのでとやかく言いませんでしたが、めっちゃ悪印象。

 鷄チャーシューは淡白すぎてスープに合っていないかと。逆に炙り入りの豚チャーシューは旨味十分。他にメンマ、刻み青ネギ、白ごま。

 現状この内容でこの値段だとかなり割高に感じます。外食店だらけのこのエリアではちょっと厳しそう。

|

2019.12.11

ぼん蔵@岩本町 ~ みそ

001_20191114143301

 都営新宿線岩本町駅の南東、靖国通りの南を走る「神田平成通り」沿い。先客ゼロ、後客2。屋号は「ぼんくら」ではなく「ぼんぞう」と読むようです。

 店先に「みそ」と大書してあり通り味噌らーめん専門店で、入り口脇の券売機で基本の「みそ(820円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に辛みそ、みそつけ麺、辛みそつけ麺等。

 店内は縦長カウンター5席と2人卓×4、4人卓×1。卓上には胡椒、一味、そして山椒油。水セルフ。

0031_20191114143301

 厨房から中華鍋でせっせと炒め物を作っている音が良く聞こえてきますが、少々とろみがかったスープは野菜や豚肉とスープを炒め合わせる札幌スタイルなのかな? その割にあまり脂っこくないのは良いのですが、味噌が前面に出過ぎてかなりしょっぱくて閉口。正直割りスープが欲しくなるレベル。当然全く飲み進む気は起らず。動物系出汁は美味そうなのに残念。

 麺はかなり太目の縮れ入り。これなら濃すぎるスープに負けることなく、もっちりした噛み応えで気に入りました。

 炒め野菜はキャベツ&モヤシが主体でわずかにニラ混じり。豚肉はひき肉ではなく、非常に細かくほぐしたチャーシューでした。でも肉の量はかなり少な目。他に後乗せのメンマ、青ネギ、白ごま。メンマは蛇足のような・・・

 秋葉原駅や神田駅周辺と違ってこれといったラーメン屋がない界隈なので、近所で働いている方々に重宝されるかもしれませんが、「みそ」しかないので普段使いに向かないのが致命傷にならなければいいのですが・・・

|

2019.12.10

シン・アジト@御茶ノ水 ~ まぜそば(醤油)

006_20191112142401

 御茶ノ水駅聖橋口を出てすぐ。「魂心家」の地下。「なおじ」の隣。11時の開店10分前に到着したところ先客1。開店までに後客4。しかし、その後が続かず後客3止まり。「asito ism 0(大井町)base」のセカンドブランドだそうですが、残念ながら大井町のほうは未訪。

 店内の券売機ボタン先頭の「まぜそば・醤油(790円)」を注文。小(150g)・並(200g)同値段なので、「並」にしてもらいました。ランチタイムは「〆の豚ライスボール」が無料サービスですが、その要否を店からは積極的に聞いてきませんでした。

 メニューは他にまぜそば(味噌)、油そば(塩バター)、さらに往訪時は期間限定で油そば(弐号醤油)を販売していました。

 店内は縦長カウンター8席のみ。卓上には特製醤油ダレ、ブラックペッパー、にんにくのみじん切り、タバスコ、酢、白ごま。

005_20191112142401

 あっさり醤油味のスープと味変用のソースが付いて登場。 麺の上にはまぜそばにしてはでかいチャーシューの他、卵黄、キャベツ、茹でもやし、紫玉ねぎ、揚げ玉、刻みネギなが乗って結構賑やか。往々にして茶一色になりがちな油そばとはビジュアルが全然違います。

 とりあえず一頻りまぜまぜしましたが、タレは魚介系の味わいが卓越した和風醤油味で、背脂混じりのまぜそばにしては異例なくらいあっさりかつ薄味。やたらしつこいとか、やたらしょっぱいまぜそばよりははるかにマシですが、これはこれで少々物足りない気も。途中から別添のソースなり、卓上の調味料などで味変して楽しんでくれということなのでしょう。

 ちなみに別添のソースは「カレーマヨ」。これを混ぜると確かにまぜそばらしいジャンキーな味わいに一変。

 麺は菅野製麺所製の太麺緩い縮れ入り。生パスタ(パスタフレスカ)に使用する小麦粉「ファリーナ・ダ・サローネ」を使用した特注麺だそうですが、やや硬めの仕上がりでがっしりとした噛み応えが大いに気に入りました。

 200gなら飽きることなく一気に完食。最後に無料サービスの「〆の豚ライスボール」を入れてもらいましたが、自然体で食べていてもタレは底にあんまり余りそうになかったので、チャーシューをわざと残しておかず代わりに。

 往々にして胃もたれの元になるまぜそば・油そばの類は好んでは食べませんが、ここは大当たりでした。

|

より以前の記事一覧