2020.11.10

堀田家@神田 ~ (家系)ラーメン

Hottaya002

 山手線神田駅西口を出て正面の「神田駅西口通り商店街」内。人気店「武蔵神山」の隣。同じく人気店の「わいず」が近くにあります。先客4
、後客3。

 屋号や外観から察しがつくように家系の店で、店外の券売機ボタンを見て「ラーメン・並(650円)」を注文。ライス無料サービス付き(しかもおかわり自由)。麺の硬さ等好みを聞かれたので「全部普通」でお願いしました。

 麺類メニューはラーメンとチャーシューメンだけと超シンプルですが、この店の最大の特徴は7時から11時まで「朝ラー(500円)」をやっていること。朝からこんな重たいもの食ってよく腹壊さないなぁ(苦笑)

 店内はくの字型カウンター14席のみ。卓上にはおろしニンニク、豆板醤、ブラックペッパー、白ごま、酢。とのことでしたが、卓上に漬物は見当たらず。

Hottaya001

 スープはとろみはあまりなく、ざらつきもほとんど感じられず、デフォルトだと脂も多くはありません。またかえしも必要以上にきつくはなく、総じてマイルドなタイプですが、豚骨の旨味を味わうには十分な出来。パンチドランカーと化したマニア筋には甚だ物足りないでしょうが、個人的はかえしがきつすぎる近所の「わいず」よりは好み。まぁこういうタイプじゃないと「朝ラー」なんて出来ないでしょうし。

 麺は酒井製麺の中太麺のほぼストレートタイプ。「普通」でもそれなりにしっかりとした麺でスープとの相性は文句なく、これならあえて硬めにしなくても個人的には問題なし。

 豚チャーシューは小さめな反面、海苔がかなり大きめ。他にほうれん草。

「わいず」との差別化に留意しているのがあちこち見受けられますが、そもそもこの界隈で2軒も家系にニーズあるのかなぁ・・・

|

2020.10.21

麺屋武蔵 巌虎@秋葉原 ~ らー麺

Iwatora002

 秋葉原電気街口から中央通り・万世橋交差点を西へすぐ。ほぼ7年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客4。

 券売機を見ると数多あるボタンの上半分はつけ麺類で完全につけ麺推しの店のようですが、「らー麺(870円)」を注文。並・中・大盛同値段のようなので「大盛」でお願いしました。さらにニンニクの要否を聞かれたので「あり」で。

 店内はL字型カウンター15席。席間に仕切り板を設け、しかも席毎に水ポット・箸・スープ割り用のポット・割りばし・消毒用アルコールなどを置いた代わりに調味料類は置いてありませんでした

Iwatora001999

 とろみがかったスープは判りやすい動物魚介系ながら魚介というか節系の旨味がかなり前に出た感じ。ただ魚粉のざらつきは感じず。背脂たっぷりのこってり系で、食後にちょっと放置すると油膜が出来るレベル。それは別に構わないのですが、醤油がきつすぎて味が濃すぎてこのままでは全く飲む気が起こりません。そこにニンニクを入れるといかにも味を重ね過ぎた感じで、これは蛇足だったかと。

 麺は平たい極太麺でデフォルトでもかなり堅めで、まるで二郎系のようにワシワシと食べ進む感じに。ほぼストレートながら強いねじれが入っていますが、つけ麺と同じ麺なのかな? スープはさっと絡む程度なので、濃すぎるスープも麺をいただく分には全く支障ありません。もちろん麺もスープに負けることなく、相性はまずまず。なお大盛でもスープとの量的バランスは保たれている代わりに、さほど麺量が多いようにも思えず(つけ麺と違って麺量の明示なし)。

 チャーシューは程よく脂が差して、しかも肉の旨味をちゃんと残した煮込み加減で悪くありません。茹でもやしは箸休めにはちょっと力不足。他に刻みネギ、海苔、メンマ。

 つけ麺メインだけれども品揃えの一環としてラーメンを出している店の割にはマシなほうと思いましたが、やはりこの店はつけ麺が無難そう。

|

2020.10.04

一向@神保町 ~ 焦がし味噌たん麺

Hitasura002

 東西線神保町駅を出て、白山通りから1本西側の通りを北へ。「ラーメン二郎神田神保町店」→「立川マシマシ」の跡地。向かいに「ザボン」と「用心棒」がある激戦区です。先客ゼロ、後客3。の斜向かい辺り。屋号は「ひたすら」と読みます。

 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「焦がし味噌たん麺(850円)」を注文。ランチサービスなし。食券を渡すと辛さ(無・少辛・普通・大辛・激辛)を聞かれたので大辛でお願いしました。なお+150円で「激辛」も可能。またメニューは「焦がし味噌たん麺」一本で、あとはトッピングでバリエーションを付けているだけのようです。

 店内はL字型カウンター9席のみ。卓上にはガラムマサラパウダーと酢。水セルフ。炒め物の油煙が客席までほんのり漂ってきます。

Hitasura001

 スープは動物系出汁がベースで生姜やニンニクでパンチを加えている感じ。また炒め物のせいかかなり脂っぽい。辛さのもとは専ら唐辛子ながら唐辛子を数種類合わせているようで、複雑なスパイシーさが特徴。そこに焦がし味噌の渋みも加わって多層的な味わいを織りなしています。と言ってもあまり飲む気は起りませんが。

 個人的には「大辛」が辛うじて美味しく頂ける上限のようで、正直「普通」で十分だったと思うも時すでに遅し。大汗どころか鼻水まで垂らしながら食べ進む羽目に。

 麺は中太の緩い縮れいり。心持ちざらつきのある口当たりで、しっかりとした噛み応えがあってスープに全く負けていません。

 チャーシューは大きく見えますが厚みはありません。炒めものはもやしだけのようで、刻み青ねぎは後乗せかな? 「たん麺」と称していますが、これではただの「もやしそば」に過ぎないような・・・

 店では「ごはんにスープと卓上のガラムマサラをお好みの量かけて、カレー風おじや」にすることを勧めていましたが、こんな脂っぽいスープでおじやっていかにも体に悪そう。

|

2020.09.22

志奈そば 田なか 明神下店@秋葉原 ~ にぼたん

Tanaka002_20200825141701

 秋葉原駅から電気街口から西へ。昌平橋通り沿い。昌平小・幼稚園近く。「志奈そば 田なか セカンド」→「九十九里煮干つけ麺 志奈田」をさらにリニューアルしたもの。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「にぼたん(880円」を注文。さらに「ごはん小(50円)」を付けてみました。ランチサービスなし。なお辛さと痺れ(共に0~3の4段階)を聞かれたのでそれぞれ「レベル1」で、さらにニンニクの要否を聞かれたので「あり」でお願いしました。

 メニューは他に「鴨にぼ(醤油拉麺)」「裏にぼ(超濃厚煮干拉麺)」。さらに往訪時は限定商品として「岩牡蠣と烏賊の冷やしつけ麺」を売り出していました。

 店内は縦長L字型カウンター10席のみ。卓上にはおろしにんにく、ラー油、酢、ペッパーミル入り黒粒胡椒。

Tanaka001_20200825141701

 「にぼたん」は「汁なし煮干担々麺」との解説が付いていましたが「汁なし」にしては汁が多く、配膳時に汁がしっかりと顔を覗かせています。また「担々麺」といってもごまだれは全然効いておらず、ラー油の辛さと花山椒の痺れで担々麺らしさを演出している感じ。ごまだれの代わりといってはなんですが、煮干しががっつり効いていて担々麺としては実に新鮮な味わい。ナッツも程よいアクセントに。

 辛さ・痺れとも耐性の低い私でももう1ランク上でも十分かなとも思いましたが、煮干しテイストをしっかり味わうのは辛さ&痺れをこの程度に留めたほうが良いのかも。

 麺は断面が角ばった感じの中太ストレート麺。つるつるした口当たり、もっちりした食感とも文句なし。ただ汁が案外多いのが災いして肉味噌が麺にあまり絡まず、食べ終わりには刻み玉ねぎや青菜共々底に余り勝ちなので、それらの処理用にごはん小を付けたほうが良さげ。量的には特にごはんがなくても構いませんが。

 面白い一杯でしたが、近隣の「影武者」と比べて明らかに客入りが悪いのはこのエリアのニーズに合ってないからかなぁ・・・

|

2020.09.15

リュウグウ@神保町 ~ あさりらーめん

Ryugu001

 神保町駅から靖国通りを東へ。さらにマクドのある角を北へ上った錦華通り沿いで「勝本」の並び。「五丿井」の隣。 昔「ねいろ屋」があったところ。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭の「あさりらーめん(860円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他にしじみらーめん、貝汁らーめん、岩のりらーめんなど。夜はちょい飲みにも使えるようアルコール類やおつまみも揃えています。

 席は左右の壁沿いにカウンター5+4席。時節柄席を減らして運用中のようで、席間は余裕たっぷり。卓上にはミル入り胡椒のみ。

Ryugu002999

 スープは「鶏ガラ、しじみ、香味野菜を贅沢に使用し、一晩かけてじっくりと出汁」を取った貝汁に、さらにあさりを投入した「追いあさり方式」とのこと。確かにあさりの旨味満点ですが、少々旨味過多なのか味が濃すぎて飲み進む気にはなれず。

 麺は並太ストレートタイプでわずかに黒い粒々混じり。残念ながらスープの絡みがイマイチで、しかも噛み応えが強すぎて粉っぽいとすら感じるレベル。明らかにスープに対して強すぎで、もうちょっと茹でるなり、細麺に替えたほうが良さげ。

 あさり自体は大満足。他に水菜、穂先メンマ、笹切りネギ。

 なんか飲んだ後の一杯という感じの一杯ですが、この界隈でそういうニーズはあるのかなぁ? ランチタイムは〆の雑炊用に小ライスサービスくらい付けないと先々しんどい気がします。

|

2020.09.03

恋し鯛@水道橋 ~ 汁なし鯛担麺ランチセット

Koishitai001

 総武線水道橋駅西口から水道橋西通りを南へ。三崎町2丁目交差点そば。「尾道ラーメン麺一筋」の跡地。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭は「鯛担麺」でしたが、盛夏期には熱すぎるなと思って「汁なし鯛担麺」に鯛めしが付いた「ランチセット(1000円)」を注文。汁なし鯛担麺単品なら880円、鯛めし280円なのでかなり割安。また鯛担麺は辛さを0~3辛の中で選べる(1辛がスタンダード)ので2辛にしてみました。なお「激辛」は20円増し。商品内容を若いねーちゃんが逐一懇切に説明してくれます。

 メニューは他に「鯛塩濃厚そば」」、夏季限定の「冷やし鯛らーめん」など。また「和え玉」も用意されており、かつ日によって内容が違うのか、往訪日は「めんたいチーズ」と記されていました。

 店内は横長カウンター6席と4人卓×2。卓上にはミル入り黒胡椒のみ。

Koishitai002

 底にタレが溜まっているようなのでまずは一頻りまぜまぜしましたが、一般的な汁なし担々麺よりビジュアルが華やかなのでまぜまぜするのがちょっと勿体ない気も。

 タレがかなりどろっとした感じですが、ごまだれの効いた担々麺テイストの中で鯛の香りと旨味が存在感を醸し出しています。でもしょっぱめでやたら濃い味の中に鯛出汁を混ぜるってなんか鯛出汁の美味さをわざわざ殺しているような気も・・・ 別皿で付いてきた温玉を途中で投入しましたが、必要以上に濃い味わいがマイルドになって食べやすくなるというわけでもなく・・・・

 それはともかく「2辛」にした割には全然辛くないのには参りました。痺れもほとんど感じず。

 大橋製麺多摩の麺箱が見える麺は太麺かつ強めの縮れ入りで、噛み応えしっかり。これは「汁なし」にぴったり。

 チャーシューは鶏と豚が一枚ずつ。共に低温調理の極薄タイプ。網状の揚げ物はフライドポテトに味わいがそっくり。でも蛇足感がハンパない・・・他に肉味噌、穂先メンマ。

Koishitai003

 鯛めしは卓上ポット入りの「鯛めし用出汁」をかけてお茶漬けのようにしていただくことを前提にしているようで、やや硬めの炊きあがり。でもこちらは鯛出汁の旨味をシンプルに味わえてまずまず。食べ進むうちに、真昼間なのに飲み会の〆のような気がしてくるのは「パブロフの犬」ですな、どう考えても(苦笑)。

 そして本体よりサイドメニューのほうが明らかに美味いのは本末転倒だよなぁ・・・・

|

2020.08.06

萬龍@新御茶ノ水 ~ もやしそば

Manryu002

 千代田線新御茶ノ水駅を出てニコライ堂のある坂の途中。駿河台3丁目交差点の南すぐ。先客ゼロ、後客5。

 外観通りラーメン専門店ではなく、「町中華」を意識した何かといった感じの店です。当然券売機はなく、メニュー先頭も中華系の定食類でしたが、麺類の中から「もやしそば(800円+税=880円)」を注文。後払い。メニューは税別表示で、税込み表示が多いラーメン屋のノリに慣れると会計時に衝撃を受けます。

 なお店のお勧めは「ワンタンもやしそば」。「もやしそば」と「ワンタンそば」が最もシンプルなメニューで、なぜかただの「ラーメン」は見当たらず。

 店内は横長L字型カウンター11席と4人卓×3、2人卓×3。広くもない店に目一杯詰め込んだようなレイアウトですが、時節柄カウンターは1席置きに使用、かつ席間に仕切り板と設けていました。卓上には酢、醤油、ラー油、ブラックペッパー。炒め物から来る油煙がカウンター席まで流れ込んでくるのがちょっと鬱。

Manryu001

 「もやしそば」と銘打っているものの、炒め物はもやし以外にニラが案外目立ち、他にニンジン、タマネギ、ひき肉とそのまんま野菜炒め定食に転用できそうなくらい具沢山。ナルトもちょっと添えてラーメンらしさを演出しています。「もやしそば」というより「スタミナラーメン」といったほうが実態に近いかも。

 スープは一応鶏ベースなのかもしれませんが、良くも悪くも町中華にありがちな、めっちゃ化学調味料に頼ってそうな、端的にいえばコクに深みがないラーメンスープ。また炒め物で油まみれなのはともかく、かなりしょっぱくて飲み進む気になれず。焦がしネギがちょっともったいない。

 麺は意外にもやや太目の縮れ入り。口当たりこそつるっとしていますが、密度が高そうな噛み応えがしっかりした麺でした。

 ハズレではないのですが、この界隈にラーメン屋は他にいくらでもあるので、なんとか定食を頼んだほうが無難だと思います。

|

2020.07.24

武将家 外伝@秋葉原 ~ (家系)ラーメン

Busyou002

 秋葉原駅から昭和通りを北へ。外食店がやたら多い一角で、隣がCoCo壱の。近隣に「忍者」や「ごっつ」あり。先客・後客ともゼロ。屋号から察しがつく通り家系の店です。

 店外の券売機で「ラーメン・並(700円)」を麺固めで注文。ライス無料サービス付き。店員から「ライスは普通で良いですか?」と聞かれたので流れでそのままお願いしました。メニューは「ラーメン」一本で、後はトッピングが加わるだけ。

 店は縦長カウンター9+4席。卓上にはブラックペッパー、豆板醤、おろしにんにく、生姜、酢、白ごま、高菜、福神漬。水セルフですが卓上に水ボトルがなく、入口に給水器があるだけなのでチト面倒。厨房内には少々強面の兄ちゃんが二人。

Busyou001

 とろみがかったスープはデフォルトでも脂がやや多め。それはともかく醤油が非常にきついのには参りました。これでは豚骨の旨味も完全にぶち壊し。「味薄め」ならなんとか勝負になるかもしれませんが、時すでに遅し。当然ながら全く飲み進む気になれず。豆板醤などで味を重ねるのは完全に自殺行為。

 酒井製麺の麺箱が見える麺はやや平ための中太ほぼストレートで、例によって極端に短いのが特徴。「硬め」で頼んでやや硬めといった程度。

 チャーシューが薄いのはともかく、わずかに赤みが差しているだけでなくスモーキーな味わいなのには意表を突かれました。他に海苔3枚、ほうれん草。

 ご飯は「普通」で茶碗にちょうど一杯分。これなら過不足全くありません。スープがきつすぎるので、ご飯のお供といい、食後の口直しといい、卓上の漬物が大活躍。

|

2020.07.20

ちえちゃんラーメン@神田 ~ 中華そば

Chie002

 JR神田駅西口を出てガード沿いに北へ歩いてすぐ。「味源」の隣にあるガード下の店です。広島焼の店にありがちな屋号ですが、おばちゃんが店を仕切っているわけではなさそう。先客1、後客3。

 店外のタッチパネル式券売機で「中華そば(850円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは基本的に「もり中華」との二本建て。

 席は縦長コの字型カウンター14席。卓上にはラー油、酢、胡椒、一味、おろしニンニク。水は回転寿司にありがちなブッシュ式蛇口から。座った位置が悪いのか、クーラーの冷気が直撃して寒いのなんの(つД`)

Chie001

 スープは豚骨ベースのようですが、残念ながらかなりしょっぱくてご飯が欲しくなるレベル。また醤油から来ると思しき酸味もうるさくて飲み進む気になれず。卓上に「油なし、油少な目もできます」とポップが躍っているで背脂ギトギト系かと思いましたが全然そんなことはなく、表面の油層が少々分厚いかな?といった程度。

 麺は平打ちっぽい中太ストレートタイプ。つるつるの口当たりといい、しっかりしたコシといい、麺は悪くありません。

 意外にもそこそこ厚みがあるチャーシューが4、5枚も。若干パサつき加減ながら旨味はそれなりに保っており、しかもスープと違って煮込み加減が濃すぎるわけではないのでこれも悪くありません。他に細めのメンマ、刻みネギ。

 ランチタイムに半ライスくらい付けないとこの界隈では勝負にならないような気がしてなりませんが、果たしてどうなることやら。

|

2020.06.30

眞久中@御茶ノ水 ~ (二郎系)ラーメン・小

Makunaka002

 中央線御茶ノ水駅御茶ノ水橋口から明治大学へ向けて坂を下る。向かいにカレー屋「エチオピア」あり。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客6、開店後7人。黄色い看板で察しが付くように、二郎系のラーメン屋です。

 タッチパネル式券売機にはラーメン、つけ麺、マゼソバとあり、ラーメンを押すとサイズ(大・中・小)が選べ、その後に麺固さ・野菜の量・あぶらの量・にんにくの量を指定する方式になっています。今回は「ラーメン・小(870円)」を「麺固さ:普通、野菜:そのまま、あぶら:あり、にんにく:少な目」で頼みました。なお野菜・あぶらの「マシ」は有料なので注意。

 なおもともとは極太麺or中太麺も選べたようですが、往訪時には中太麺は選択できないようになっていました。

 この手のラーメン屋にしては随分とこぎれいな店内は縦長L字型カウンター10数席。卓上にはらーめんのタレと胡椒(?)のみ。水セルフで、しかも券売機近くに給水器があるだけなのはともかく、レンゲもそこに積んであるのはチト面倒。

Makunaka001

 うーん、野菜の量があまりにも少なくてびっくり!!! ひょっとして「野菜少な目」と間違ってないかな??? モヤシが山をなしてそれをある程度片付けないと麺にたどり着けないのは困りものですが、逆にはっきりとスープどころか麺すら見えているっちゅーのには拍子抜けしました。野菜はわずかにキャベツ混じり。

 一方スープは豚骨の旨味たっぷり!! 一口目は「これは美味い!!」と思ったのですが、残念ながら豚骨出汁の濃さに比例するかのようにカエシもきつくて、すぐに飲む気を削がれました。脂から来ると思しき甘みもあって単にしょっぱいわけではありませんが、味が濃すぎると思ったのは確か。チャーシューも崩れやすくなるくらいしっかり煮込まれていますが、これも当然ながら濃すぎ味付け。

 茶褐色の麺は紛れもなく超極太。配膳まで15分以上もかかるくらい長々と茹でていたにも関わらず、超硬めの仕上がり。口当たりにややざらつきがあることも相まって「吉田うどん」と非常に食感が似ている気も。もう「ワシワシ」どころではなく、しっかりと噛みしめながら食べ進むしかありません。スープの味が濃すぎるのはこの麺に合わせたからでしょうな、たぶん。

 「小」だと麺の量は150gしかなく、先述のように野菜も少ないので、この手のラーメンにしては極めて異例なことに腹9分目にしかなりません。まぁ身体にはそのほうが良いのでしょうが、この界隈だとコストパフォーマンスはものすごく悪い気がしました。それでもあの超ハードな麺が好きな方には支持されるのでしょう。またこの感じだと個人的にはラーメンよりつけ麺orマゼソバのほうが良いかも。

|

より以前の記事一覧