2024.06.05

スターマッスル@神田 ~ 醤油マッスルラーメン・ポーク

Starmusl2405001

 山手線神田駅西口から外堀通りへ出て、鎌倉橋交差点のそば。かつて「天天有」や「孫鈴舎」があったところ。先客7,後客ゾロゾロ。食べている最中に店内に待ち客も発生。

 店内のタッチパネル式券売機ボタンを見て「醤油マッスルラーメン・ポーク(880円)」を注文。ランチサービスなし。券売機で食券買うと厨房にそのままオーダーが通り、出来上がると食券に書いてある番号で呼び出される松屋みたいなシステムを採用しています。当然食後は下膳口へ自分で運びます。

 メニューは他に塩マッスルラーメン、 マッスルサラダ麺など。いずれのメニューもチャーシューはポークとチキンが選べます。なお店外や券売機の上に各メニューのカロリー、タンパク質、脂質、炭水化物、食塩相当量が表示されていて、食塩相当量なんて見ると「スープ全部飲んだら身体に悪い」のが一目瞭然(つД`)

 店内は厨房前に縦長カウンター5席と壁沿いに縦長カウンター10席。卓上には紅生姜、ニラ味噌、酢、胡椒。

Starmusl2405002

 わずかにとろみ&ざらつきを感じるスープは非常に判りやすい豚骨醤油味。しかも心持ち生姜を利かせているみたい。ライトな家系に似ていなくもないのですが、かえしが全然うるさくなくて旨味が遥かに強いので家系でもないかな?

 麺は中太ほぼストレートタイプ。濃いめのスープとの相性は文句なし。味変アイテムはニラ味噌でピリ辛に仕上げるのが非常に気に入りました。

 薄くて柔らかいチャーシューがたっぷり入っているのがこの店の最大のウリかな?他に細切りメンマ、ナルト、ニラ、刻みネギ。

 コスパはかなり良く、近所の家系人気店よりは身体に悪くはなさそう(五十歩百歩でしょうが)ので、早い時間帯から混んでいるのも納得。

|

2024.06.01

一元堂@神保町 ~ 笠岡ラーメン・醤油

Itigendou2405002

 建て替え中の三省堂神保町本店から続く靖国通り沿いの古本屋街に立地。先客ゼロ、後客1。岡山県の西部にあるご当地ラーメン「笠岡ラーメン」がウリの店です。個人的には現地の笠岡ラーメンは「いではら」で試食済

 店内の券売機ボタンを見て「笠岡ラーメン・醤油(900円)」を注文。ラーメンの食券をを渡すと、麺の固さをバリカタ・普通・柔らかめから聞かれましたが、デフォルトでもやや硬めと言われたので「普通」でお願いしました。ランチサービスなし。

 メニューは「塩」との二本立て。

 席は壁に向かった縦長カウンターが2本(6席+5席)。卓上には鶏醤油、特製ニラダレ、かつお節。カウンターの引き出しに胡椒、唐辛子、ガーリック、山椒。

Itigendou2405001

 笠岡ラーメンは一般的に「親鶏のみを使って出汁をとる」そうですが、この店は「コクと旨味の強い国産親鳥を使用し、鶏ガラ、国産椎茸、利尻昆布などで丁寧に出汁を摂り」とのこと。でも鶏の旨味が圧倒的に卓越しています。「厳選濃口醤油を数種類ブレンドした」かえしがやや前に出ていますが、しょっぱく感じるほどではなく辛うじて出汁とのバランスが保たれています。鶏油のてかりが目立ちますが、特に脂っこい感じは受けず。

 麺は笠岡・丸新麺業製の細目ストレートタイプ。水気の少なそうな麺で、確かにデフォルトでもやや硬め。「硬め」で頼むとスープに対して強すぎでしょう。そして食べているうちに急速に麺がスープに馴染んでゆきます。

 豚チャーシューの代わりに「濃口醤油で炊き、薄く刻んだ親鳥のもも肉」を乗せるのが笠岡流。具は他に穂先メンマ、白髪ネギ、笹切り青ネギ、白ごま。

 卓上のニラダレは味変アイテムとして気に入りました。唐辛子も混ぜてスタミナラーメン風にしてフィニッシュ。

 笠岡は岡山県の最西端にあって岡山駅からでもかなり距離があり、かつ何かのついでに行けるようなところでもないので都内で笠岡ラーメンを試食できる店としては非常に貴重。ただ普段使いに向かない店をこの場所に出したのはどうかな?

|

2024.04.27

わいず@神田 ~ (家系)ラーメン

Waizu2402001

 山手線神田駅西口を出て正面の「神田駅西口通り商店街」内。ほぼ2年半ぶりの再訪。10時半から開店しているせいか、11時に到着した時には既に店内満席で外待ち2に接続。退店時外待ち8と相変わらずの人気を誇っていました。とはいえ、客層のほとんどはサラリーマン風の男性なので回転はすこぶる良いのですが、退店時に若い女性が二人も並んでいるのには驚きました。なお食券を買ってから並ぶ方式なので要注意。

 店入り口脇に設置された券売機で「らーめん(900円)」を麺硬めで固めで注文。屋号からは想像つきませんが、バリバリの家系の店です。
 
 メニューは台湾まぜそばとの2トップですが、台湾まぜそばを注文している方は見当たらず。ご飯が有料なのは都心店で値段を抑えている以上仕方ないかな?

 10数席あるカウンター背後のスペースが狭い上に席間もタイト。卓上には豆板醤、おろしニンニク、酢、ブラックペッパー。水セルフ。

Waizu2402002
 
 スープは典型的な家系の濃厚醤油とんこつ。しかも豚骨出汁がとにかくがっつりと濃いのが特徴で、これが人気の秘訣なのでしょう。昔は一般的な家系よりはスープがかなりしょっぱい気がしましたが、今は豚骨の旨味がはっきりと判る程度に塩気が抑えられています。それでもかえしがきついことはきついのですが、ご飯が無くても辛うじて美味しく頂ける範囲内。これならでスープを多少飲む気にもなります。

 麺は中太&強めの縮れ入り。濃厚スープをがっちり受け止め、かつつるつるした口当たりも悪くありません。
 
 チャーシューは意外に厚みがあり、かつ家系には珍しいしっとりした仕上がり。そしてわずかにスモーキー風味。他に海苔、ほうれん草、刻みネギ。

|

2024.04.07

武蔵神山@神田 ~ らー麺

Musasikamiyama2403002

 山手線神田駅西口を出て正面の「神田駅西口通り商店街」内。ほぼ1年半ぶりの再訪。先客2、後客11と早い時間帯でも相変わらず人気があるようです。

 どう見てもつけ麺推しの店ですが「らー麺(990円)」を注文。並盛(150g)・中盛(200g)・大盛(250g)・特盛(300g)同値段なので大で。

 タッチパネル式券売機なのでメニューの全貌が判りにくいのですが、大括りとしては濃厚つけ麺、つけ麺、辛つけ麺、らー麺、味噌らー麺、千住葱らー麺/つけ麺といった構成。他に「期間限定麺」のボタンもありましたが、往訪時はそれが何なのか明示されず。

 店内はL字型カウンターが20席近く。2Fへ階段が伸びていますが、そちらは使っていない模様。前回往訪時にあった席間の衝立や除菌用アルコールはなくなり、卓上にミル入りミックスペッパーや辛味調味料が復活。ただ混んでくると席間の狭さは否めず。また大昔は厨房内では幾人もののスタッフが湯切りの度に大声を張り上げながらパフォーマンスに興じていましたが、さすがにコロナ禍を受けて止めたようです。

Musasikamiyama2403001

 スープは鶏ガラと豚骨を主体とした「動物系スープ」と、かつお節、煮干しでとる「魚介系スープ」のWスープでやや魚介が強めに出たような感じ、かつ総じてやや甘目。とろみや魚粉のざらつきはほとんど感じず。いかにもつけ麺のつけ汁を伸ばしたような、ちょっとコクなり深みなりを欠いたような感じがなくはないのですが悪くはありません。

 麺は太目のごく緩い縮れ入り。もっちりと形容するにはちょっと噛み応えが強いかな?といった食感で気に入りました。また大盛なら食べ応えも十分。丼は小さめですがスープをけちってはおらず、大盛でも麺とスープとの量的バランスがちゃんと保たれています。

 分厚い角煮風のチャーシューがこの店のウリ。店の案内によれば「豚バラ肉を、長時間蒸して余分な油を落とし、タレに浸けこみ、サラマンダーという焼き機で、表面をカリッと焼き上げています。 新たな手法で作られたチャーシューは今までにない外はカリッと中はジューシーでトロトロな新食感です。」とのこと。意外に脂分が少なく、わずかに焦げ目のついた部分も香ばしく、ちびちび齧る分には飽きもせず。他にメンマ、刻みネギ。

 いかにも武蔵系列らしい食べ手を選ばない無難な一杯ですが、来るたびにちょろちょろ値上がりしていて、プレーンな商品でもちょっと目に痛い金額になってきたのが辛いかなぁ。

|

2023.12.26

為セバ成ル。@淡路町 ~ 牛肉つけ麺

Nasebanaru2310002

 丸ノ内線淡路町駅から淡路町交差点を南へすぐのセブンイレブンのある角を東へ。「九州じゃんがらプラス」の跡地。先客1、後客ゼロ。
 
 店内の券売機ボタンを見て「牛肉つけ麺・大(990円)」を注文。麺量は小210g、並280g、大380gとのこと。なお生玉子が1個無料サービスあり。
 
 メニューは牛肉つけ麺とぶた肉汁そばの二本立て。
 
 店内はL字型カウンター11席のみ。卓上にはラー油、酢、一味、七味。

Nasebanaru2310001
 
 麺の上に牛バラ肉、笹切りネギ、刻み海苔、白ゴマと賑やかなルックスで登場。
 
 店ではつけ汁にいきなり卓上の調味料類を入れず、まずはつけ汁デフォルトの状態で食べることを勧めていますが、デフォルトだとラー油っぽい辛さや脂っぽさはほとんど感じられず、牛バラ肉が甘い味付けなのも相まって甘辛の「甘」に寄ったような味がするだけで、かなり物足りないというかなんというか。そこでラー油と七味を投入するとぐっと刺激が増して食べやすくなりました。
 
 食べ進んでややかえしがうるさいなと感じ出したところで卵を溶いてつけ汁に加えて味をマイルドに。これはこれで一興ですが、卵入りつけ汁に浸けるのではなく。つけ汁全体を丼にぶっかけて食べるほうが一段と美味いような気がしました。
 
 麺は自家製麺の断面が丸い中太ストレートタイプ。つるつるした口当たりですが、氷水でしっかり締められただけあってもっちりというよりは噛み応えがぐっと強め。大380gとの麺量表示はおそらく茹で後でしょうなぁ。なんら箸が止まることなく一気に完食。

 食べ終わるのを見計らってスープ割りがポットで出てきましたが、スープで割るとつけ汁の甘さが一段と際立つ格好に。

 端的に言って「なぜ蕎麦にラー油」の中華麺版以外の何ものでもありませんが、これはこれで悪くありません。ただ店が非常に目立たないところにあるのが気になります。

|

2023.12.22

革新家@東京 ~ (家系)ラーメン

Kakusinya2311001

 東京駅八重洲口「東京ラーメンストリート」内。観光客やら出張族やら、まだ11時前という早い時間帯から先客10、後客ゾロゾロとやたら賑わっていました。
 
 店外のタッチパネル式券売機で基本の「ラーメン(900円)」を「麺硬め」で注文。屋号から察しが付くように家系の店ですが、家系お馴染みのオプションは「麺の硬さ」があるだけで「脂多め」は有料、「味濃い目」は卓上のタレで各自調整となっていました。ライスの無料サービスもなし。
 
 メニューは他にカラシめん、ガーリックめん、芳醇ちーゆそばと変わり種だらけ。往訪時は「限定ラーメン」には×印が点灯。

 店内は席は壁に向かって縦長カウンター6+8席と店中央に4人卓×2。卓上にはラーメンタレ、コショウ、特製旨辛醤、おろしニンニク、ニンニク味噌、さっぱり生姜。そして「スティーブジョブ酢」と名付けられたリンコ酢はそのうち怒られる気が・・・

Kakusinya2311002

 若干とろみがかったスープは「豚げんこつ・ロース骨・背脂・熊本天草大王の鶏ガラ・国産鶏ガラ」からベースとのことですが、鶏油の量は控えめで、しかも醤油ダレもいたずらに出しゃばらないことも手伝って出汁の旨味が存分に楽しめる優れもの。スープが心持ち温めなのも良い方に作用している気も。家系では極めて珍しいことにスープを飲み進みたくなりました。
 
 麺は中太ほぼストレートタイプ。家系定番の酒井製麺ではないようですが、麺が短い点はよく似ています。つるつるした口当たりはさておき、「硬め」で頼んでもそんなに硬くはなく、もっちりに近い食感だったのでデフォルトが柔らかめなのかも。
 
 チャーシューは薄くて大判の豚もも肉ですが、吊るし焼きでスモーキーなのが特徴。野菜はほうれん草ではなく江戸菜だそうですが、茎しかないのはさすがに違和感全開。海苔は「青まぜ海苔」だそうですが、いかにも高級そうな香り高さが楽しめる反面、2枚しかありません。
 
 スープの出来が非常に良いので卓上の調味料類を試す気は全く起こらず、そのままフィニッシュ。やたら食材に凝っている家系ってちょっと自己矛盾な気もしなくもなく、まぁいかにも「東京ラーメンストリート」で出す一杯ですが、美味いことは美味いのでそれなりに満足。
 

|

2023.11.08

マルショー@秋葉原 ~ 中華そば

Marusyo2310001

 秋葉原駅前の「ヨドバシAkiba」8Fレストランフロア内。先客6、後客ゾロゾロ。退店時には外待ち8人と早い時間帯から大賑わい。「ヨドバシAkiba」自体はもはや完全に外国人観光客目当ての店になっていますが、さすがにラーメン屋までやってくる外国人観光客らしき方は見当たらず。

 店外の券売機で「中華そば(880円)」を注文。ライス無料サービスあり。但しライスの要否は店からは積極的には聞いてこないので注意。

 メニューは他につけ中華、唐し中華など。

 店内は4人卓×4と島式カウンター4人卓×3。卓上にはニンニク、ラー油、酢、一味、コショウ、餃子のタレ。どうも一人客が多いようで、最初は島式カウンターに一人客をぎゅうぎゅう詰めに。4人卓は当然ながら柄相席に。

Marusyo2310002

 「当店の中華そばは、じっくり炊き出した豚骨の旨みがあふれるコク深いスープに、継ぎ足しで作られている特製ダレを合わせ完成します。なみなみと注がれた熱々のスープと、のど越しのよい自家製麺を是非ご賞味ください。」というのが店のウリ文句。

 若干とろみがかったスープは確かに豚骨の旨味が満ち満ちています。また脂っ気もかなり強め。卓上には「こってりも出来ます」とのポップが揺れてましたが、これ以上こってりにするとどうなるんだろう??
 
 それはともかく「特製ダレ」が強すぎて、味が濃すぎを通り越してしょっぱく感じるようになってしまい鬱。豚骨出汁は良さげなのに飲み進む気を削がれます。また最初からコショウがたっぷりかかっているのも正直好みではありません。
 
 麺は中細ストレートタイプ 。心持ち水気の少なそうな感じ。スープとの相性は悪くありません。量はやや少な目でご飯を付けるのが前提っぽい。
 
 ぺらぺらのチャーシューが4枚も乗っている代わりに刻みネギが少な目で、メンマがないあたりで値段とのバランスをとっているのかも。他に海苔。

 外観と言い、出てきた一品と言い、「ちゃん系」を強く意識しているのが丸わかり。しかも「ちゃん系」の個人的にはあまり評価できないところまでしっかり受け継いだようで残念。

|

2023.10.14

海冨道@神田 ~ 炭火焼濃厚中華そば・鯖

Seafood2307002

 JR神田駅北口を出て中央通りを北へ。メトロ銀座線神田駅4番出口を出てすぐのところに立地。ほぼ2年ぶりの再訪。先客2、後客3。

 「炭火焼濃厚中華そば」がウリの店で、店内の券売機ボタン先頭の「鯖(950円)」を注文。2年前より100円値上がり。ランチサービスなし。

 メニューは他に海老、鰯、鮭、烏賊といったところは変わりなし。他に数量限定で「海冨そば」というボタンもありましたが、往訪時には販売なし。+50円で辛いバージョンもお勧め。ご飯や佃煮などがついた「定食」を頼む客もちらほら。

 店内は縦長カウンター12席のみ。カウンターの背後が非常に狭いのが難儀。卓上に調味料は無し。以前は店内の魚臭さが気になりましたが、換気が良くなったせいか、臭いは全く気にならなくなりました。水セルフ。

Seafood2307001

  相変わらず具(バラ肉チャーシュー、焼きネギ、刻み玉ねぎ、海苔)は別皿で登場。中華そばの温度を高温に保つためだそうですが、スープの温度に影響があるほどチャーシューが分厚いわけでもなく、具の量が多いわけでもなく、あんまり意味がない趣向だと思います。また山椒も別添。なおチャーシューは配膳前にバーナーで炙っていました。

 とろみもざらつきも強めのスープは炭火焼を全面に掲げる通り、まるで焼き鯖を食べているような錯覚に陥るくらい味わいが酷似。濃厚なのに辛うじてしょっぱくは感じない程度に収められていて気に入りました。

 麺は三河屋製麺の中細ストレートタイプで、水気の少なそうな若干ざらつきのある口当たり。でも濃厚スープに全く負けることなし。自然体で食べていてもどんどんスープがなくなってゆきます。

 超駅近ですし、他のメニューにもチャレンジしてみます。

|

2023.10.12

麺屋武蔵 巌虎@秋葉原 ~ (濃厚動物魚介系)らー麺

Iwatora2309001

 秋葉原電気街口から中央通り・万世橋交差点を西へすぐ。ちょうど3年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。

 外観は完全につけ麺推しの店ですが、「らー麺(920円)」を注文。並(170g)・中(220g)・大(250g)・特盛(340g)同値段なので「大盛」でお願いしました。さらにニンニクの要否を選べるので「あり」で。
 
 タッチパネル式の難点=メニューの全容が判り辛いのですが、大まかな分類には濃厚つけ麺、つけ麺、七味つけ麺。ニンニクつけ麺、まぜ麺、期間限定麺、そして夏季限定の冷やし濃厚つけ麺とありました。

 店内はL字型カウンター15席。卓上にはライム酢とタバス粉。

Iwatora2309002
 
 スープは判りやすい動物魚介系ながら魚介というか節系の旨味がかなり前に出た感じ。ただ魚粉のざらつきは感じず。背脂たっぷりのこってり系なのはともかく、醤油がきつすぎて味が濃すぎてこのままでは全く飲む気が起こりません。

 麺は平たい太麺。しかもデフォルトでもかなり堅めで、まるで二郎系のようにワシワシと食べ進む感じに。ほぼストレートながら強いねじれが入っていますがつけ麺と同じ麺なのかな? スープはさっと絡む程度なので濃すぎるスープも麺をいただく分には全く支障ないどころか、もうちょっと絡んでも良いのではないかと思うくらい。なお大盛でもスープとの量的バランスは保たれている代わりに、250gもあるのかと少々訝しくなるレベル・・・
 
 チャーシューは程よく脂が差して、しかも肉の旨味をちゃんと残した煮込み加減で悪くありません。茹でもやしは量が少なくて箸休めにはちょっと力不足。その代わりにメンマが多め。他に刻みネギ、海苔。

 つけ麺メインだけれども品揃えの一環としてラーメンを出している店の割にはマシなほうと思いましたが、やはりこの店はつけ麺が無難そう。

|

2023.09.21

新福菜館@秋葉原 ~ 中華そば

Sinfukusaikan2307001

 秋葉原駅から昭和通りを渡って北へ。「富士そば」の先を東へ入る。京都の人気店の支店で、ほぼ1年ぶりの再訪。予定していた店が開店予定時間を10分過ぎても開店の気配がないのでこちらへ転進した次第。先客8、後客7と早い時間帯から繁盛していました。

 ここは中華そばに焼きめしをつけた「セットメニュー」が人気ですが、運動量がどうしても落ちる夏場には明らかに食い過ぎなので、今回は「中華そば・並盛(880円)」だけを注文。前回往訪時より130円も値上がり。
 
 店内はテーブル席のみで4人卓×4、2人卓×2。卓上には醤油、酢、ラー油、胡椒、一味、おろしニンニク、辛味。雑然というか殺伐とした本店と比較すると雰囲気はかなり落ち着いています。秋葉原でも観光客が集うエリアから外れているせいか、客層は近隣のサラリーマンだらけ・・・と思っていたらこんなところまで外国人観光客もくるのか・・・

Sinfukusaikan2307002
 
 黒々としたスープがこの店の最大の特徴。見た目ほどしょっぱいわけではなく、豚骨&鶏がら中心の出汁の味がちゃんと楽しめます。ただ本店より心持ち出汁が弱い気が・・・
 
 麺は並太ストレート麺でわずかにざらつきにある口当たり。老舗だと麺柔らかめの店が多い京都の中では新福菜館は割としっかりとした麺を出すのが好きで、ここもその傾向をしっかり受け継いでいます。

 刻み青ネギや茹でもやしが多めに添えられてる他、薄いながらもバラ肉チャーシューも多め。肉の旨味は辛うじて残っている程度ですが、値段を考えればその辺はやむを得ないかと。
 
 ここはFC店だそうですが、都内で長続きしているだけあってそれなりに満足できます。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ごらんアウェー ココログ被害者の会 サッカー一般 丼もの&ランチ等 我が街川口 旅行・地域 日本代表 浦和レッズ 浦和観戦記&プレビュー 浦和観戦記&展望2009 浦和観戦記&展望2010 浦和観戦記&展望2011 浦和観戦記&展望2012 浦和観戦記&展望2013 浦和観戦記&展望2014 浦和観戦記&展望2015 浦和観戦記&展望2016 浦和観戦記&展望2017 浦和観戦記&展望2018 浦和観戦記&展望2019 浦和観戦記&雑談2020 浦和観戦記&雑談2021 浦和観戦記&雑談2022 浦和観戦記&雑談2023 浦和観戦記&雑談2024 浦和雑談 浦女 温泉(北東北) 温泉(南東北) 温泉(埼玉・東京) 温泉(甲信越) 温泉(神奈川・伊豆) 温泉(群馬・栃木) 語るも相場 都内徘徊 駅弁 麺類万歳! 麺類万歳(さいたま市) 麺類万歳(その他埼玉県) 麺類万歳(その他東京都) 麺類万歳(中央区) 麺類万歳(北区) 麺類万歳(千代田区) 麺類万歳(台東区) 麺類万歳(川口・戸田・蕨) 麺類万歳(文京区) 麺類万歳(新宿区) 麺類万歳(板橋区) 麺類万歳(渋谷区) 麺類万歳(港区) 麺類万歳(草加・越谷) 麺類万歳(荒川区) 麺類万歳(豊島区) 麺類万歳(足立区)