2022.07.01

中路@九段下 ~ 赤味噌ラーメン

Nakamichi002

 東京メトロ東西線九段下駅から北へ歩いて九段下北1丁目交差点を右折。ちょっと先に京王インプレッサあり。先客ゼロ、後客1。
 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「赤味噌ラーメン(950円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に白味噌ラーメン、背脂生姜味噌ラーメン、まぜそば、濃厚牡蠣のまぜそば、明太カルボ、とり辛麺など。但し往訪時は明太カルボととり辛麺は販売されていませんでした。、

 店内は壁際に縦長カウンター5席と入口近くに島式カウンター4席。卓上には一味、ブラックペッパー、唐辛子入りの酢。

Nakamichi001

 スープはかなりとろみが強く、おまけに「当店のラーメンは濃厚なので(特に赤味噌)生卵に麺を浸けてお召し上がり頂くのがおススメ!!」との能書きが付されていたので「割りスープをもらわないと食べづらい系かも???」と恐れをなしたのですが、赤味噌の自己主張が極めて強いもののしょっぱくてそのままでは食べづらいというほどでもなく、むしろ塩分高めの割にはしょっぱさより美味さが上回る感じでぐいぐいと惹き寄せられました。赤味噌に牡蠣を練り込んだのが美味さの秘訣なのかも。デフォルトの出来が良いので、むしろ下手に生卵なんて浸けないほうが良さげ。

 麺は太麺&縮れ入りでつるつるとし口当たり。もっちりと形容できるほどコシは強くありませんが、濃厚スープに全く負けていません。

 チャーシューは薄くてとろけやすいタイプ。炒め物はキャベツ、もやし、ひき肉、そしてわずかにタマネギ。、他に後のせの細メンマ、刻みネギ。値段の割に炒め物が少ない気もしますが、今時仕方ないかなぁ・・・

|

2022.05.07

SEIROU@神田 ~ 生姜醤油らーめん

Seirou002

 JR神田駅東口から中央通りを渡って徒歩5分程度。飲食店と小さなオフィスビルが入り混じったエリアに立地。先客ゼロ、後客1。
 
 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「生姜醤油らーめん(850円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは「背脂醤油らーめん」との二本立て。但し、不思議なことに「背脂醤油」は金・土限定販売で、往訪時は「生姜醤油」一本勝負でした。

 店内はL字型カウンター9席のみ。卓上には胡椒とごはん用の柴漬け。水セルフですが、店内には券売機横に給水器があるだけ。カウンターと厨房の仕切りが高くて厨房内の様子を伺えないのは構わないのですが、立ち上がらないと丼が持てないようなところで配膳するのは正直なんだかなぁと思います。ホール係のオッサンは暇そうなのに・・・

Seirou001  

 配膳されるや否か生姜の香りがふわっと立ち上がるものの、身体がスースーするほど生姜を利かせ過ぎている訳でもなく、良い意味で中庸。やや醤油が前面に出て動物系と思しき出汁をかき消し気味ですが、「醤油飲ませる系」というほどその自己主張が強い訳でもなく、しょっぱくもないので、スープを飲み進む気にはなります。、

 麺は並太の縮れ麺。つるつるとした口当たりといい、「しこしこ」という形容がしっくりくる適度なコシといい、上々の仕上がり。
 ばら肉チャーシューは醤油ダレへの漬かり具合にかなりばらつきがあるような・・・具は他にほうれん草、ナルト、メンマ、海苔。
 悪くはないのですが内容比でやや割高に感じるのと、メニューが少ないので近所の方の普段使いには不向きなのが気になりました。

|

2022.04.20

旬彩china口水@神田 ~ 口水担々麺

Kousui002

 JR神田駅南口から神田金物通りを東へ。今川橋交差点を渡った先に立地。ただ外観が地味なので一度通り過ぎてしまいました(苦笑)先客ゼロ、後客3。
 
 店外に設置された券売機で「口水担々麺(880円)」を注文。辛さは「控えめ/普通/辛口」から選べるそうなので「辛口」にチャレンジしてみました。ランチサービスなし。

 メニューは「醤油雲呑麺」との二本立てで、単なる「中華そば」といったプレーンなメニューはありません。。
 
 店内は縦長L字型カウンター8席と店奥に2人卓×1。卓上にはホワイトペッパー、ラー油、花椒。カウンター背後のスペースが狭くて店奥へは少々入り辛いかと。

Kousui001  

 配膳されるや否やちょっと鼻がムズムズ。軽くとろみを感じるスープにはラー油が少々浮かんでいるものの、これ自体は全然辛くなくてむしろごまだれが卓越気味。辛さや痺れのもとは専ら肉味噌のほうに仕込んであるようで、それをちびちび崩しながら食べ進むと味わいが激変します。
 
 「辛口」を頼んではみたものの、辛さよりもむしろ痺れが強め。辛いというより舌を刺激し続ける力が強いといった感じでしょうか。でも個人的にはこの程度の刺激のほうがスープの旨味やコクも楽しめて実に良い塩梅。物足りなければ卓上のラー油や花椒で各自調整してくれということなのでしょう。
 
 麺は三河屋製麺の細目&ごく緩い縮れ入り。やや柔らかめの仕上がりで、このスープだとちょっと頼りなく感じました。
 
 肉味噌にナッツが少々混じっているのはいかにも今風の担々麺。その下にはもやしとニラが少々。カウンターに穴あきレンゲが置いてあるのは嬉しい配慮。
 
 ラーメン屋だらけの神田駅周辺ですが、今川橋交差点を渡った先はラーメン屋が急減するので近在の勤め人には重宝されるかも。

|

2022.04.13

かんだ橋@神田 ~ 担々麺P

Kandabashi001

 神田駅北口から神田警察通りを西へ。「天下一品 神田店」の裏あたり。先客ゼロ、後客2。
 
 店内の券売機で「担々麺P(900円)」を注文。ランチサービスはありませんが、このメニューにはデフォルトで小ライス付き。担々麺専門店ですが、辛さ等のレベルは聞かれず。
 
 「P」はプレミアムの略のようですが、Pではないスタンダードなメニューがないどころかメニューはこれ一本のみ。往訪時はサイドメニューどころかトッピングすらありませんでした。
 
 店内はコの字型カウンター8席のみ。卓上にはラー油とザーサイ。

Kandabashi002

 店の公式サイトによれば「麻辣より胡麻を感じる。痺れ辛いより香ばしい甘さを味わう。そういった、子供でも食べられるような、でも奥深い。懐かしさと旨味で満ちた『優しい担々麺』」を理想としたものだそうで。とろみ強めのスープは確かにごまだれが支配的ですが甘ったるく感じるほどではなく、わずかに舌を刺激する程度に辛さやスパイシーさで担々麺らしさを醸し出しています。香辛料にはわずかにカレーの顔も。辛さが物足りない方は卓上のラー油で各自調整してくれとのことでしょう。
 
 麺は菅野製麺製の中細ストレートタイプ。水気の少なそうな、心持ちざらつき&ごわつきを感じる麺ですが、スープの絡みは上々で濃厚スープに全く負けていません。
 
 具は肉味噌と水菜、ピーナッツと至ってシンプル。底に溜まったひき肉をサルベージしながら食べ進みましたが、スープが飲みやすいので穴あきレンゲはあってもなくても可。
 
 近所の「鬼金棒」のような辛さや痺れを追求したタイプとはベクトルが真逆、優しさを追求した担々麺としてはなかなかの完成度で気に入りました。ただご飯を欲するタイプでもなく、ご飯のおかずになるほど具が多い訳でもないので、ご飯はオプションにして値段を下げてくれた方が正直ありがたいかと。

|

2022.03.25

札幌飛燕@神保町 ~ 我流札幌塩らーめん

Hien002

 東京メトロ神保町駅A3出口から白山通りを北へすぐ。大昔に「逢縁喜縁」があったところかな? 札幌周辺で多店舗展開している店が都内にFC形式で進出してきたものだそうで。
 
 店内の券売機を見て、一番人気の「我流札幌塩らーめん(950円)」を注文。平日ランチタイムはライス無料サービスあり。但し、店からは積極的にライスの要否を聞いてこないので注意。

 メニューは他に「我流札幌辛塩らーめん」「我流札幌醤油らーめん」「我流札幌辛醤油らーめん」「我流札幌味噌らーめん」「我流札幌辛味噌らーめん」「濃厚鶏煮干醤油つけ麺」など。但し、往訪時は「つけ麺」は×印が点灯していました。
 
 店内は4人卓×5、2人卓×1、島式カウンター8席。卓上には一味とブラックペッパーのみ。厨房は店奥にあって様子は伺えず。

Hien001

「宮城県の森林鶏の首肉だけを使用した、油を極力使わない、ヘルシーかつ濃厚なスープ」というのが店のウリ文句。フライドガーリック交じりでニンニク風味こそするものの、鶏白湯ベースのためかかなり軽めの味わい。厨房から中華鍋をカンカンと叩く音が聞こえてきますが、炒め物乗せの割には脂っ気はあまり感じられず。わざわざ「油を極力使わない」と謳うだけのことはあります。

 麺は並太緩い縮れ入りでつるつるした口当たり。心持ち柔らかめの仕上がりのせいか、後客が「麺硬め」を注文していた方もちらほら。スープが軽いのでこの程度でも特に違和感は感じず。

 チャーシューは薄くてトロトロなタイプ。メンマはやや大ぶりながら甘目にしっかり味付け。炒め物はほとんどモヤシでひき肉が少々、他に刻み青ネギ。
 
 具の内容からすれば正直割高感は拭えませんが、客の年齢層が高いところを見ると若年層向けのラーメン屋が多いこのエリアではその辺りに重宝されているのかも。

|

2022.03.24

わいず@神田 ~ (家系)ラーメン

Waiz2203001

 山手線神田駅西口を出て正面の「神田駅西口通り商店街」内。予定していた店の開店準備が遅れていたのでこちらへ転進した次第。ほぼ8年半ぶりの再訪。店に到着した時点でちょうど満席。後客ゾロゾロ。退店時外待ち7と相変わらずの人気を誇っているようです。

 店入り口脇に設置された券売機で「らーめん(800円)」を麺固めで注文。
 
 メニューは台湾まぜそばとの2トップですが、台湾まぜそばを注文している方は見当たらず。

 10数席あるカウンター背後のスペースが狭いのはともかく、席間が相変わらずタイトなのはちょっと驚かされます。卓上には豆板醤、おろしニンニク、酢、ブラックペッパー。水セルフ。

Waiz2203002  

 ルックス通り典型的な家系の濃厚醤油とんこつ。しかも豚骨出汁がとにかくがっつりと濃いのが特徴で、これが人気の秘訣なのでしょう。昔は一般的な家系よりはスープがかなりしょっぱい気がしましたが、久しぶりに食べてみたら多少改善され、豚骨の旨味がはっきりと判るようになりました。かえしがきついことはきついのですが、ご飯が無くても辛うじて美味しく頂ける範囲内でスープを多少飲む気にもなります。

 麺は中太&強めの縮れ入り。濃厚スープをがっちり受け止め、かつつるつるした口当たりも悪くありません。
 
 チャーシューは意外に厚みがあり、かつ家系には珍しいしっとりした仕上がり。海苔が一枚しかなかったり、ご飯が有料だったりするのは都心店で値段を抑えている以上仕方ないかな? 他にほうれん草、わずかに刻みネギ。

|

2022.03.16

ひらさわ@水道橋 ~ らーめん

Hirasawa002

 水道橋駅南側、西口と東口の中間あたりの飲食店の多い一角に位置。このエリアは線路とは斜めに交差する道が多くて方向感覚を失いやすく、何度来ても迷います(苦笑)。ほぼ8年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客1。

 「九州とんこつらーめん」というアバウトなカテゴリーを掲げる店ですが、店内の券売機で「らーめん(720円)」を麺堅めで注文。もともと安めの価格設定なのに替玉1玉までは無料サービスの上にライスも無料サービス!!
 
 メニューは「らーめん」一本でトッピングでバリエーションを付けているだけ。

 店内はくの字型カウンター8席のみ。水セルフ。卓上には紅生姜、辛子高菜、おろしにんにく、白ごま、コショウ、一味、替え玉のタレ。

Hirasawa001

 「堅め」だと茹で時間25秒とのことで、あっという間に登場。茶濁&若干とろみがかったスープは「巨大な鉄鋳羽釜新鮮なゲンコツや豚の頭などを極限まで炊きあげた白湯スープ」とのこと。とんこつ臭は全くなく、総じて首都圏向けのマイルドな味わい。心持ち甘目なのは九州の醤油から来ているのかな?

 麺は田中製麺製の極細麺。個人的には堅めでちょうど良いくらいで、心持ちごわごわした麺が楽しめました。なお替玉は別皿で提供。

 具はチャーシューが一枚、刻み青ネギ、きくらげ、海苔。
 
 替玉を入れるとデフォルトのスープでは些か弱いので卓上の「替え玉のタレ」を少量投入。さらに辛子高菜も入れて見ましたが、これが実によく合う!!旨味がぐっと増して実に良い感じに。

 「そこそこ美味くて安くてとりあえずお腹一杯になる」という意味でのコストパフォーマンスはとにかく秀逸。おまけに出てくるのが速いとあっては文句のつけようがない良い店です。

|

2022.03.08

ラーメン大戦争@神田 ~ ピストル:関西だし醤油らーめん

Ramendaisenso001

 JR神田駅南口から駅前の交差点を渡ってそのまま高架沿いに南へ。黄色い外壁が遠目からでも目立ちますが外観はあまりラーメン屋らしくないのでうっかり通り過ぎてしまうかも。大阪の人気店が都内に進出してものだそうで。先客2、後客2。

 券売機は無く、卓上のメニュー先頭の「ピストル:関西だし醤油らーめん(890円)」を注文。チャーシューは1~5枚まで追加料金なしで選べるので遠慮なく5枚をチョイス。また替玉(半玉)1回無料サービスあり。後払い。
 
 メニューは他に「平和(大魚醤油らーめん)」「自由(小魚醤油らーめん:数量限定)」「錆びた刃(汁なし醤油らーめん)」など。
 
 店内は縦長カウンター5+5席、2人卓×5,4人卓×1。卓上に調味料類は無し。

Ramendaisenso002  

 うーん、いかにもインスタ映えを意識したような、超極薄チャーシューが丼の縁をぐるり。見栄えはしますが、写真を撮った後にチャーシューを丼に沈めてしまうとスープが冷める弊害がデカいような気が。
 
 メニューの能書きを見るとスープは「名古屋コーチンの鶏ガラ×貝柱によるあっさりの中にもコクのある、フカヒレスープのような滋味深き一杯」とのこと。やや甘目な上に旨味過多というかなんか煮詰まったようなかなり濃い味で、コクはともかくあっさりという印象は皆無。
 
 麺は自家製麺の中太ストレートタイプ。いかにも密度の高そうなしっかりした噛み応えが気に入りました。麺量はデフォルトだとやや少な目かな。替玉を無料サービスしているのは当然かと。
 
 替玉は「注文を頂いてから3~5分かかる」との注意書きがあり、確かにこの麺ならそのくらいかかるだろうと納得して麺を全部食べ終わる前に替玉を注文したところ、あっという間に出てきてびっくり!! ランチタイムは茹で置きを出している疑惑が沸々と・・・
 
 メンマは大ぶりですがしっかり煮込まれて、しかもサクッとした歯応えは残る優れもの。他に笹切りねぎ。
 
 この感じだと「錆びた刃(汁なし醤油らーめん)」が正解だったかも。

|

2022.03.04

王道家@末広町 ~ (家系)ラーメン

Oudouya002

 銀座線末広町駅を出て中央通りを北へ。練成通りを東に入ってすぐ。柏の人気店が都内に進出してきたもので、開店当初は整理券を配るほどの大行列店だったらしいのですが、しばらく放置した上に夕方の中途半端な時間帯に往訪したのが奏功して先客7、後客8と外待ちは出来ない程度の賑わいに落ち着いていました。
 
 店内の券売機器「ラーメン(700円)」と「半ライス(60円)」を「麺硬め」で注文。
 
 メニューは他につけ麺、油そばなど。
 
 店内はL字型カウンター17席と4人卓×1。卓上には酢、コショウ、おろし生姜、マヨネーズ、揚げニンニクチップ、刻みしょうが、無限ニンニク、おろしニンニク等々得体のしれない何かまで含めていろいろごてごてと置いてあります。水セルフですが、給水器が店中央に置いてあるだけなのはチト面倒。

Oudouya001

 軽くとろみがかったスープは「良質なこだわり豚と鳥骨を仕入れ、大量のガラからスープを取る」「一般的なラーメン店の数倍の量のガラを使用」というウリ文句通りの濃厚ガツンタイプ。醤油がかなり前に出てはいますが、麺を食べる分にはしょっぱさはさほど気にならず、飲むのはきついかな?といった程度。「味濃いめ」を頼む客が多いのも納得。むしろ脂の多さのほうが気になりました。
 
 麺は自家製で極端に短い中太ほぼストレートタイプ。個人的には硬めでちょうど良い感じ。スープとの相性は文句なし。

 チャーシューはやや厚めでスモーキーな味わいなのが気に入りました。他にほうれん草、海苔。
 
 ご飯に無限ニンニクを試してみましたがあまり好みに合わず。個人的にはご飯のおかずとして漬物がある家系のほうが好みかなぁ。

|

2022.01.26

第一旭@神保町 ~ (京風とんこつ醤油)ラーメン

1stasahi002

 地下鉄神保町駅から白山通りを北へ。通りを挟んでセブンイレブンあり。京都の人気店「第一旭」が新宿に続いて神保町に店を構えたもので、出来た当初は結構な行列が出来たらしいのですが、それも一段落したのか11時開店5分前に到着したところ先客ゼロ、後客5と拍子抜け。

 店内の券売機で基本の「ラーメン(800円)」を注文。新宿店では麺の硬さを聞かれましたが、ここはそのような様子はなし。
 
 ここは「ヤキメシ」も人気で、後客はことごとく平日15時までやっている「半チャーハンセット(1100円)」を頼んでいましたが、どう考えても食い過ぎになるので自粛(^-^;
 
 店内はL字型カウンター8席。2階にテーブル席がある旨は店外に明記されていましたが、店奥の様子は不明。卓上には一味、胡椒、豆板醤、ラーメンのタレ(?)。

1stasahi001
 

 スープは豚骨ベース。脂のてかりが目立ちますが見た目ほどこってり感はなく、醤油もうるさくなくてまずまず。ただ心持ち出汁が薄い気が・・・

 麺は並太ストレートタイプ。京都のラーメンは往々にして柔らかめなのが好みではないのですが、ここはごくごく普通の仕上がりで全く問題なし。ただ十分に麺がほぐれないまま茹でたせいか、玉になっているどころか強烈な茹でムラが出来ているのには参りました。
 
 ちょっと旨味が抜けがちながら薄いばら肉チャーシューがたっぷり入っているのも第一旭の特徴。そしてその上には九条ネギ。さらに細もやしも少々。

|

より以前の記事一覧