2018.07.21

あす花@水道橋

001

 総武線水道橋駅西口から南へ。三崎町2丁目交差点近く。「ちゃんぽん亭総本家」を過ぎた先にあり、斜向かいに「麺一筋」。先客1、後客7~8。

 店内の券売機ボタン先頭の「らーめん(750円)」を注文。「スープで炊いただし炊きご飯」を無料サービス。メニューは他に「赤いらーめん」「しおらーめん」など。

 ここは厨房に食券を出し、番号を呼ばれたら厨房で商品を受け取り、さらに食後は返却口へ食器を戻すというフードコートみたいな方式を採用しています。人出不足ゆえ致し方ないのですが、狭い店なので混んでくると座席の背後でちょろちょろ人が出入りするだけなく、配膳された人と食器を下げる人の動線が輻輳するので正直鬱陶しいのなんの。

 席は壁に向かったカウンター5席と4人卓×1、2人卓×2。卓上には一味、黒胡椒、花椒。

007

 スープは大山鶏をベースに昆布や煮干しに鰹節など合わせた出汁に7種類の醤油に乾物を合わせたかえしを加えたものとのことですが、優しげな見た目と違って塩気が案外強くて飲み進む気にならず。ベースは良さげなのになんとももったいない。

 麺はあさひや製麺の細目ストレート。やや柔らかめの仕上がりで、しなやかでのど越しがいいこの麺に合わせるならなおのこともうちょっとスープに気を使うべきかと・・・まぁやたら汁が辛い東京のお蕎麦とパラレルな構造なのかもしれませんが。

 具は薄いバラ肉チャーシュー、穂先メンマ、青菜、刻みネギ、海苔。

「スープで炊いた出汁炊きご飯」はほんのり生姜が効いて面白そうでしたが、スープで舌がやられてしまった後なのでご飯本来の味わいがよく判らず。白ご飯でも正直差し支えないと思いますが・・・

 この店の最大の特徴は若女将が割烹着姿で切り盛りしていることで、これがこの店の世評を嵩上げしているような気がします(苦笑)

| | トラックバック (0)

2018.07.18

ごくまる@淡路町 ~ 熊本まぜそば

001

 丸の内線淡路町駅から徒歩2分。須田町交差点近く。「磯野」の跡地。先客2、後客2。

「熊本まぜそば」という初めて見るジャンルを売り物にしている店で、店内の券売機ボタンを見ても麺類は「まぜそば」のみ。普通盛200g、大盛300g(+120円)とのことで、「まぜそば・普通盛(650円)」を注文。さらに「一口ご飯(20円)」をつけてみました。台湾まぜそばだと追い飯無料サービスのところが多いような気がしますが、ここは麺が安いからかなぁ?

 店内はL字型8席のみ。カウンターの背後が狭いのは「磯野」の時と変わらず。卓上には一味のみで、まぜそば・油そばがウリの店にありがちなラー油だの酢だのといった調味料をごてごてを置かないみたい。

003

 千切り玉ねぎの白、刻みネギの緑、そして糸唐辛子の赤と、卵黄なしでもまぜそばにしてはそこそこ華やかなビジュアルで登場。とりあえずせっせとまぜまぜ&天地をひっきくりかえしているうちに、底にあったはずのタレを麺がどんどん吸ってしまうようで、混ぜた後には底にタレがほとんど残らないのが特徴。

 麺はストレート細麺。弾力性はそこそこ保ってはいますが、やはりまぜそばにしてはかなり頼りなくていかにもチープなのが難。カップ焼きそばに似ていなくもない気が・・・そこに白ゴマや魚粉が絡みつくので食感は絶えずざらざら、ごわごわ。タレは甘酸っぱいというか、より酸味が強い感じ。魚粉とのバランスは良く、タレに過不足感もありませんが、普通盛ですら終盤は単調さは否めず。大盛だとしんどそう。

 底に余った肉味噌を活かすには一口ご飯が最適。「一口」といってもせこい店の「半ライス」くらいあったので、量的には十分満足。なおスプーンは頼めば出してくれるようです。

 ユニークな一杯ですが、首都圏で一般的なまぜそば・油そばとはかけ離れているのがどうかなぁ・・・味に変化がつけられず、かつ麺に食べ応えがないというのは先々辛いかも。

| | トラックバック (0)

2018.07.12

下松ラーメン 五ッ星@小川町

005

 小川町交差点の西、靖国通りより2ブロック南へ入った路地に立地。北隣が「THANK」というか同じビルの裏表。先客ゼロ、後客3。

 屋号に「下松ラーメン」を冠していますが、東京では下松自体の知名度が皆無でしょうなぁ・・・山口県の東南部、近隣の徳山・新南陽・光などとともに化学コンビナートが瀬戸内海に面して並ぶような街です。そしてそんなところにご当地ラーメンがあるなんて全然知りませんでした。

 店内の券売機を見ると麺類のメニューは「ラーメン」と「チャーシュー麺」だけ。麺量が並だと110gとかなり少ないので、80円増しで165gの「ラーメン・中(760円)」を注文。ランチサービスなし。

 席内は壁に向かって縦長カウンターが2本(9席+5席)。卓上に「寒漬」と言う山口県の伝統的な大根の漬物が置いてあるのが目を惹きました。

004

 9時間以上煮込み一晩寝かしたとされるスープは少しとろみがかっていますが、都内では珍しい牛骨ベースなのが最大の特徴。いかにも牛らしい甘みも感じられて食べ始めは面白いと思ったのですが、残念ながら塩ダレがきつすぎ。最初は味が濃すぎて飽きが来るのが早いなと思った程度でしたが、終盤はその塩気に嫌気が。

 麺は菅野製麺所製で細めのストレート。水気の少なそうな、心持ちごわつきの感じられるタイプで若干硬めの仕上がり。スープが絡みまくるため、「中」でも食後は案外いにずっしり。

 具はチャーシュー、もやし、青ねぎとシンプル。ただもやしが広島ラーメンによくある細もやしではないのに少々びっくり。

 都内では類例がないユニークな一杯なので一度食べる分には良いのですが、この感じだとリピートはないなぁ・・・マニア需要が一巡した後、この激戦地でどのような展開を見せるのか見ものです。今の感じだとラーメンを並にして、しょっぱいラーメンに合わせるべくライスをつけたほうがよさげ。卓上に漬物もあることですし。

| | トラックバック (0)

2018.06.19

つじ田 奥の院@飯田橋 ~ 煮干しらーめん

002

 飯田橋駅東口から目白通りを南へ。人気店「つじ田」の裏にあり、なんだか一見さんでは非常に入りにくい店構えです。先客ゼロ、後客3。ほぼ3年ぶりの再訪。

 戸外の券売機で「煮干らーめん・並(780円)」を注文。以前は「煮干蕎麦」と称していたはずですが、何かと紛らわしいので改称したのかな? 他に「煮干つけ麺」。

 ほんのりと煮干し臭漂う小料理屋風の店内はL字型カウンター8席。厨房内には店員一人だけでしんどそう。水セルフ。以前は温かいお茶もあったはずですが、無くなっていました。

006

 以前は受け皿付きでしたが、丼のサイズをやや大きくした代わりに受け皿を止めたのかな?人手が足りないのか、コストセーブなのか、細かいところに変化がみられます。

 スープは煮干ががっつり効いていて、えぐみこそ感じませんが少々食べ手を選びそうなレベル。丼の淵に魚粉がめだちますが、ざらざら感はありません。以前食べた時よりかえしが弱くなって、食べ進んでもしょっぱさは感じないどころか、スープの旨味にぐいぐいと惹き込まれて行きました。
むにつれてち

 麺は三河屋製麺の細いストレートで、この手のラーメンにありがりな僅かにぼそぼそとした食感が特徴。堅め・柔らか目の指定もできるようですが、スープとの相性・絡み具合ともデフォルトで全く問題なし。硬めにするとスープに対して強すぎる感も。少々飽きてきたところで卓上の黒七味を微量投入。

 チャーシューは意外にもそこそこ厚みがある反面、やや硬めかつ脂身ほとんどなし。他に刻みネギ、細いメンマ、海苔。以前はやや苦手な白ネギが不必要なくらいたっぷり入っていて閉口しましたが、その辺のバランスも大きく改善。

 細かい難点があるとはいえクォリティー的には大満足なんですが、目白通り沿いにある近隣の「つじ田」「味噌の章」が早い時間帯から行列が出来ているのに対し、明らかにここの客足が悪いのが気になります。客足が伸びないのはロケーションのせいでもあり、人を寄せ付けない外観のせいでもあり、食べ手を選びそうな味のせいでもあり・・・

| | トラックバック (0)

2018.06.14

肉そば総本山 神保町 けいすけ@神保町 ~ 肉そば・醤油

004

 神保町交差点から白山通りを北へ。すぐ近くに「麺屋33」あり。約5年ぶり3回目の往訪。先客3、後客6~7。

 店内のタッチパネル式の券売機で基本の「肉そば・醤油(790円)」を注文。タッチパネル式券売機はメニューの全貌がわかりにくいのが難。店外の看板を見てもセットメニューやらスペシャルメニューやら店の売りたいものがごてごてと紹介されているだけで、メニュー全貌を捉える手助けになっていないのは困ったもの。ランチサービスなし。

 基本の「肉そば」は醤油・味噌・塩・背脂の4種類(以前は3種類で「背脂」を追加)。さらに往訪時は期間限定で「濃厚肉にぼそば」を売り出していました。以前は「つけ麺」との二本立てでしたが、「つけ麺」の位置づけが随分下がったのかな?

 店内は広く、コの字型カウンター約20席。厨房は店奥にあって様子は伺えず。

002

 スープは判り易い豚骨ベースで表面に脂がたっぷり浮いています。以前食べた時は脂臭さが猛烈に気になりましたが、その辺は大幅に改善された模様。真っ黒な見た目に反してさほどしょっぱくはないのは助かりますが、飲み進みたくなるほどの誘因もなし。生姜が少し添えられていますがアクセントになる程度で、「生姜を効かせた」というほどでもありません。

 麺は並太縮れ麺でつるつるとした食感。自然体でもやや堅めの仕上がりでスープとの相性はまずまず。量は若干多めのような気も。

 「肉そば」を称する割にはさほど肉の量が多いわけではなく、しかも旨味がすっかり抜け落ちてパサついたような肉ばかり。今時こんな肉では学生も喜ばないのでは? 口直しの刻みタマネギをもう少し増やしてほしいところ。他にかいわれ、メンマ、なると。

 以前は割安感があったのでまぁいいかと思いましたが、時が経つうちに値上げして割安感もなくなってしまいました。「けいすけ」系列も玉石混交というか、石のほうが多くなってきたような気がします。

| | トラックバック (0)

2018.01.10

大申@神保町 ~ 汁なし担々麺

003_2

 神保町交差点の北西。ラーメン二郎神保町店と道路を挟んだ並び、用心棒の斜向かい。先客ゼロ、後客8。

 ほぼ担々麺専門店で店内のボタン先頭は「汁なし」だったのでそれを注文しましたが、あとで店外に置かれたメニューをよく見ると「汁あり」のほうが店のお勧めでした。後客の注文は汁なし・汁あり半々くらい。

 汁なし・汁ありとも辛さ控えめの「ひまご」から大辛の「おや」まで4段階あり、今回は辛さ普通の「まご(780円)」で。辛さによってそれぞれ値段が違います。

 また嬉しいことに麺大盛&ライスとも無料サービスなので、共にお願いしました。この辺は神保町ならでは。というか、近隣が量自慢の店なので自然とそうなってしまうのかも。

 辛いメニューでは他に「麻辣麺」があり、辛くないメニューとして「鶏豚白湯正油」のラーメンを用意。

 席はL字型カウンター8席と壁に向かったカウンター6席。お茶セルフ。

001

 後客で大盛りを頼んでいる人がほとんどいなかったので嫌な予感がしたのですが、汁なし担々麺ににしては多すぎるくらいの麺量で登場。300gくらいありそう。よって混ぜるのにも一苦労。どうしても最後は肉味噌が底にあまるのでご飯は必須だけれども、どう考えても大盛りは無駄だったなと反省するも時すでに遅し。

 大盛りにした結果バランスが崩れたのかもしれませんが、「汁なし」の中でもタレはかなり少ないほう。ゴマだれっぽさはほとんど感じられず、ストレートに辛さと痺れが襲ってきます。どちらかといえば痺れがきついタイプ。辛さ耐性が低いので、個人的にはこれが限界。

 麺は並太ストレート麺。口当たりは柔らいものの弾力性が強く、びよーーんと伸びる感じの麺で個人的にはあまり好みではありませんし、この麺なら汁なしではなく汁ありを推すのも納得。

 具はたっぶりの肉味噌と青菜が主体で、モヤシやネギが少々。ナッツとか干しえびみたいなアクセントとなりうる具材はなく割とシンプルな構成。

 痺れきつめゆえ少々咳ごみ、終盤は酢を微量かけて味をマイルドにしながら一応完食。大盛にしたのは失敗でしたが 汁なしかつ具がシンプルなためか、食後の胃もたれ感は全くありませんでした。

 今時の担々麺にしては安めで、量が食えるいかにも神保町っぽい店です。

| | トラックバック (0)

2018.01.01

くにまつ@神保町 ~ 汁なし担担麺

003

 神保町駅の北側。白山通りの東を併行する錦華通りの中ほど。斜向かいに「勝本」あり。先客2、後客4。

 広島の汁なし担担麺専門店「くにまつ」が都内に進出したもので、券売機を見るとメニューはメニューは「汁なし担担麺」と「KUNIMAX」のみ。後者は激辛バージョンらしく恐れをなして、「汁なし担担麺(650円)」と「ミニライス(40円)」を注文。今どきの担々麺にしてはかなり安い価格設定です。なお「KUNIMAX」の超激辛バージョンとして「DEATHMAX」というのを最近始めた模様。

 店内はカウンター6席のみ。背後の壁沿いに立ち食い用のカウンターらしきものもありましたが、使ってるのかどうか不明。卓上には鎮江香酢(黒酢)、担担麺のタレ、ラー油、花山椒。水セルフ。

007

 水飲みコップが紙コップなのはともかく、なんと丼まで紙製。うーん、屋台じゃあるまいし・・・手間と値段を抑えるための工夫なのかもしれませんが、飲食店としてはどうなのかという疑問を抱きつつ、麺を一頻りまぜまぜ。タレは一見多いように見受けられましたが、麺が急速にタレを吸ってゆくようです。店の人によると、最後にミニライスを投入して楽しむんであれば、あまり混ぜないほうが良いみたいで。

 麺はぱっと見まるでカップ焼きそばのように頼りないストレートな細麺ですが、意外にもびよーんと伸びるようなコシがあって悪くはありません。辛さ・痺れとも耐性の低い私にとってもさしたることはなく、途中で卓上のラー油と花山椒を投入。具は肉みそと刻み青ねぎだけと値段相応にシンプルですが、タレとのバランスがよほど良いのか全く飽きは来ず。

 ライスを付けないと食べづらいほど味が濃いわけではありませんが、麺の量が少ないので量的にライスは必須かと。

 広島のつけ麺は首都圏ではあまり定着しないまま店が出来ては潰れを繰り返していますが、ここの広島汁なし担々麺はどうかなぁ??? ファストフード感覚で出しているのが飲食店だらけのこの界隈で吉と出るか凶と出るか。

| | トラックバック (0)

2017.12.23

可以@神保町 ~ 背脂煮干しラーメン

005

 神保町A3ないしA4出口からすぐ。靖国通りから一本北へ入った、小さなオフィスビルの奥まったところにあるので少々判りにくいかも。4年半ぶり3度目の往訪。先客5、後客10。

 開店後しばらく試行錯誤した末、「二色つけめん」がウリに落ち着いたようだったのでそのまま放置していましたが、たまたま近所を通りかかったところ新潟燕三条風の「背脂煮干しラーメン(750円)」を出していることに気づいたので超久しぶりに往訪。

 驚いたことに券売機ボタンは「背脂煮干し」が上で「つけめん」がその下。ただ客の注文はつけめんのほうが多かったかと。つけめんは大盛無料サービスがある一方、ラーメンは何もなし。

 店内はL字型カウンター12席のみ。椅子が高い上に席間がやや狭くて難儀。厨房内には若いスタッフが2名。

004_3

 都内でも新潟燕三条風のラーメンを出す店が増えてきましたが、この店にはその中でもかなり煮干しきつめ。それでも辛うじてやり過ぎ感が出ない範囲内に留めてはいますが。

 またデフォルトでも背脂たっぷりなのも特筆すべき点。ただ背脂が良質なのか、見た目ほどしつこくないし、食後の胃もたれ感もなく、スープに適度に甘みを増すのに一役買ってます。なお後で戸外の看板をよく見たところ、背脂の多寡を調整できるとのこと。

 かえしがきつくはなく、また刻みタマネギが良い箸休めになって、飲み進むのも苦にならず。さすがに完飲は遠慮しましたが。

 麺は太めの平打ち縮れ麺。やや硬めの仕上がりで、噛みごたえが強く、こってりスープによく逢います。量は200gとの表示でしたが、そんなにあるかなぁ?

 チャーシューはしっかり焼き上げられ、周りに焦げが入ったタイプ。この手のラーメンは柔らかしっとり系ではなく、このタイプでなければ!他にメンマ。

 終盤は卓上の黒胡椒を微量投入し、変化を付けながら完食。

 ラーメンがこれ一種類しかないので再訪の動機付けが難しいのですが、文句なしの出来でした。

| | トラックバック (0)

2017.12.20

なおじ@御茶ノ水 ~背脂中華そば

007

 御茶ノ水駅聖橋口を右へ出てすぐ。「とんこつらーめん 一心」→「ひのとり」の跡地。先客2、後客4。

 隣のカレー屋と一軒の2階建て店舗を無理やり縦に分割して借りているような非常に妙な店で、当然ながら物凄く狭くて、しかも1Fは立ち食い。

 なお新潟が本拠の「なおじ」は昔目黒など都内に何店舗かあったように思いますが、いつの間にか全部なくなって今回再進出した格好。

 入口脇の券売機でボタン先頭の「背脂中華そば(720円)」を注文。入口にいる店員は2Fに案内しようとしますが、1Fの立ち食いを選ぶと味玉か半ライス無料サービスなので1Fへ。味玉をつけてもらいました。他に味噌らーめん、つゆなし、期間限定の台湾まぜそば等。もうブームはとうに終わった感のある台湾まぜそばをなんでこの期に及んで始めたのか?

 1Fの立ち食いスペースも広くはなく、4人も入れば一杯かな? しかもカウンターの背後が狭いので奥の客が出入りすると鬱陶しいこと限りなし。卓上には一味と黒胡椒。

004

 岩海苔が乗っていないのでビジュアルは貧相。スープは片口鰯、ウルメニボシを水だしし、そこにゲンコツ&肉の清湯スープを合わせたWスープだそうですが、煮干は万人受けする範囲内での効かせ具合で、動物系出汁とのバランスが崩れないように気を使ってる感じでややしょっぱめ。ただ背脂が少なく、見た目と違って全くと言っていいほどこってり感はありません。背脂の量を増やせるといいのですが。背脂が少ないので、箸休めの刻みタマネギも浮き気味。

 麺は緩くねじれの入った太麺で、やや硬くて噛み応えが強いタイプ。麺自体は好みですが、如何せんこってり感がないスープにはちょっと強すぎる印象も。

 バラ肉チャーシューは値段相応に薄くてチープな味わい。味玉はほぼ固ゆでで濃厚な味付け。他に穂先メンマ。

 同じく新潟・燕三条系ラーメンが売り物のく「潤@蒲田」と比べるとだいぶ見劣りする出来で、それ以外の都内にポツポツある新潟ラーメンが売り物の店と比べても特に出来が良いとも思えず。この場所ではまたしても苦戦しそうな気がします。

| | トラックバック (0)

2017.12.11

海老丸@神保町

005

 神保町駅と水道橋駅のほぼ中間で白山通り沿い。日大経済学部3号館の向かい。先客、後客ともゼロ。

 屋号通り海老スープが売り物のラーメン屋ですが、ちょい飲みにも使えるようにおつまみ類も揃えています。店内の券売機で基本と思しき「元祖(850円)」を注文。
ランチタイムはライス無料サービス付き。他は「元祖」をベースとした「青のり」とか「野菜たっぷり」

 店内は厨房を囲む縦長L字型カウンター10席と、4人掛けテーブルが1卓、6人掛け2卓。厨房内は兄ちゃんが3人。

001

 つば広帽子をひっくり返したような、容量が少なそうな上にただただ食べにくいだけの丼で登場。

 スープは「ロブスターの殻とみそを贅沢に使い、フランス料理仕込みの技術で創りあげた、オマールヴィスクスープ」との触れ込みですが、とろみが強くてざらつきもそれなり。海老の味わいが強いので苦手な人はそれなりに出そう。

 またこのスープの特徴は無化調どころか動物系を全く使わないところ。その割には味わいは濃厚でスープ自体は悪くありません。ちょっと甘ったるい気もするので、好みに応じて卓上のラー油を。

 麺は細めのストレート麺。水気の少なそうな心持ちざらざら、ごわごわしたタイプで、当然のようにスープが絡みまくり。替え玉もできるとのことですが、スープの量がそもそもそんなに多くない上に、自然体で食べていてもそれなりにスープが減ってしまうので替え玉は不向きでしょう。またスープが甘いので、ご飯を合わせるのもこれまた微妙。

 このラーメンで非常に難儀なのはどっさり盛られた水菜やネギ。そもそも白ネギがあまり好きでないからだとは思いますが、とにかくスープに一向に馴染まず、別盛りの野菜サラダを青臭さに悩まされながらワシワシと食っているような感じしかせずに困りました。野菜なら炒め物を乗せてくれたほうがよほどマシだと思いますが。他にメンマ、キクラゲ。

 驚いたことにチャーシューなし。スープに動物系を使わないことからチャーシューもなしにしたそうですが、いくらなんでもこの値段でチャーシューなしは無いわ。女性客の見込めそうな立地ならともかく、周囲が外食店だらけの学生街ではとても受け入れられそうにないにないかと。

 スープ自体は悪くないのに、その他のいろんなところに店主の独りよがりが垣間見られる残念な一杯でした。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧