2020.06.30

眞久中@御茶ノ水 ~ (二郎系)ラーメン・小

Makunaka002

 中央線御茶ノ水駅御茶ノ水橋口から明治大学へ向けて坂を下る。向かいにカレー屋「エチオピア」あり。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客6、開店後7人。黄色い看板で察しが付くように、二郎系のラーメン屋です。

 タッチパネル式券売機にはラーメン、つけ麺、マゼソバとあり、ラーメンを押すとサイズ(大・中・小)が選べ、その後に麺固さ・野菜の量・あぶらの量・にんにくの量を指定する方式になっています。今回は「ラーメン・小(870円)」を「麺固さ:普通、野菜:そのまま、あぶら:あり、にんにく:少な目」で頼みました。なお野菜・あぶらの「マシ」は有料なので注意。

 なおもともとは極太麺or中太麺も選べたようですが、往訪時には中太麺は選択できないようになっていました。

 この手のラーメン屋にしては随分とこぎれいな店内は縦長L字型カウンター10数席。卓上にはらーめんのタレと胡椒(?)のみ。水セルフで、しかも券売機近くに給水器があるだけなのはともかく、レンゲもそこに積んであるのはチト面倒。

Makunaka001

 うーん、野菜の量があまりにも少なくてびっくり!!! ひょっとして「野菜少な目」と間違ってないかな??? モヤシが山をなしてそれをある程度片付けないと麺にたどり着けないのは困りものですが、逆にはっきりとスープどころか麺すら見えているっちゅーのには拍子抜けしました。野菜はわずかにキャベツ混じり。

 一方スープは豚骨の旨味たっぷり!! 一口目は「これは美味い!!」と思ったのですが、残念ながら豚骨出汁の濃さに比例するかのようにカエシもきつくて、すぐに飲む気を削がれました。脂から来ると思しき甘みもあって単にしょっぱいわけではありませんが、味が濃すぎると思ったのは確か。チャーシューも崩れやすくなるくらいしっかり煮込まれていますが、これも当然ながら濃すぎ味付け。

 茶褐色の麺は紛れもなく超極太。配膳まで15分以上もかかるくらい長々と茹でていたにも関わらず、超硬めの仕上がり。口当たりにややざらつきがあることも相まって「吉田うどん」と非常に食感が似ている気も。もう「ワシワシ」どころではなく、しっかりと噛みしめながら食べ進むしかありません。スープの味が濃すぎるのはこの麺に合わせたからでしょうな、たぶん。

 「小」だと麺の量は150gしかなく、先述のように野菜も少ないので、この手のラーメンにしては極めて異例なことに腹9分目にしかなりません。まぁ身体にはそのほうが良いのでしょうが、この界隈だとコストパフォーマンスはものすごく悪い気がしました。それでもあの超ハードな麺が好きな方には支持されるのでしょう。またこの感じだと個人的にはラーメンよりつけ麺orマゼソバのほうが良いかも。

|

2020.06.28

にしき@小川町 ~ 鴨だし醤油ラーメン

Nishiki001

 都営新宿線小川町駅から靖国通りを西へ。但し店は靖国通りに面しておらず、「成都正宗担々麺 つじ田」の手前で北に入った非常に判り辛いところにあります。自然体ではあまりにも判り辛いので、靖国通りに案内板を出していました。先客・後客ともゼロ。

 店内の券売機ボタン先頭の「鴨だし醤油ラーメン(850円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「鯛だし塩ラーメン」など。

 店内は厨房前に縦長カウンター6+6席。卓上には山椒、黒胡椒、七味。店主と若いねーちゃんで切り盛り。

Nishiki002

 うーん、スープは醤油がかなり前に出ていて、しかも鶏油も多めなせいか、鴨出汁らしさは、特にその甘みがすっかりかき消されて、ごく普通の鶏ベースの醤油味のように感じました。

 麺は中細&ごく緩い縮れ入りで、黒い粒々が目立つことから蕎麦のような感じ。。やや硬めの仕上がり&汁気をあまり吸わなさそうな感じで、スープに対してちょっと強すぎる印象。

 チャーシューはいかにも鴨っぽい弾力が楽しめるもの。他に穂先メンマ、白髪ねぎ、かいわれ。

 悪くはないのですが、もはや新奇性は全くないジャンルですし、場所の不利を補う+αも特にないとなると行く末が案じられます。

|

2020.06.25

天天有@神田 ~ (鹿児島・豚骨醤油)らーめん

Tentenyu001

 山手線神田駅西口から外堀通りへ出て、鎌倉橋交差点のそば。先客ゼロ、後客6。てっきり京都・一乗寺の店が都心に進出してきたものと思っていたら、鹿児島の店みたいで。でも店先には「鹿児島らーめん」とは書かずに「南九州大衆らーめん」と銘打っているのが謎。

 券売機は無く、卓上のメニューを見て「らーめん(650円)」と「めし小(50円)」を注文。後会計制。

 メニューは極端に絞られていて、麺類はらーめんに味玉やチャーシューを増やすだけ。

 店内はL字型カウンター7席と4人卓×2、さらに壁に向かってカウンター2席。卓上には漬物用の甘口醤油、焙煎七味黒、胡椒、豚味噌、きざみニンニク。さらに鹿児島のラーメン店にありがちなサービスとして大根のお漬物を出してくれます。ただ漬物は予めカウンターに置かず、客が来る毎に出す形になっていました。

Tentenyu002

 スープは判りやすい豚骨醤油味。店のサイトによれば「鹿児島産黒豚の豚頭を下茹でし、血抜きやアク抜きなどを行います。丁寧に下処理した豚骨を24時間程しっかり煮込みます。豚頭ならではのトロリとした甘みとコクがある豚骨スープに、しいたけ、昆布、鯖節、落花生、ニンニクを使った独自のタレと、チャーシューの煮汁(醤油ダレ)を加えて仕上げます。」とのことですが、豚骨をがっつり効かせた濃厚タイプではなく、むしろあっさり目&やや甘目。

 麺は並太ストレート。「麺硬め」を頼む後客が目立ちましたが、デフォルトでも特に柔らかすぎという印象は受けず。

 具は薄いばら肉チャーシューと、細モヤシ、刻み青ネギ。値段相応なので仕方ありませんが、ご飯のおかずにはちょっと厳しい。ご飯を付けるならせめて「チャーシュー(750円)」にすべきかと。

 卓上の豚味噌は「田舎味噌に奄美産黒糖、チャーシュー、ニラ、生姜、大蒜の旨味を加えた」ものとのこと。ご飯のお供として物産展等で売っている豚味噌よりは明らかに「具」が少なくて相当味噌寄りですが、味変アイテムとしては文句ない出来で、少量入れるだけで甘目の味噌味に一変。入れすぎるともともとのあっさり目の味わいが失われるので注意。

 この場所でこの値段、そしてこの出来なら大満足。メニューにバリエーションがないのが唯一かつ最大の難点かな?

|

2020.06.06

すする@水道橋 ~ 担担麺

Susuru002

 水道橋駅東口を出て白山通りを挟んで真向かいのガード下。先客ゼロ、後客3。

 担々麺専門店のようで、店内の券売機ボタン先頭の「担担麺(900円)」を注文。。辛さは0辛~5辛の6段階で指定でき、標準の「3辛」でお願いしました。また17時までライス無料サービス付き。

 メニューは他に排骨担担麺、黒胡麻担担麺、汁なし担担麺、汁なしカルボナーラ担担麺等。また往訪時は期間限定の「海老香る担担麺」を売り出していました。

 店内はL字型カウンター8席と4人卓×2、2人卓×2。卓上には花椒、香味酢、ラー油。ジャスミン茶がセルフ。また着席するとおしぼりのサービスあり。

Susuru001

 若干とろみがあるスープはとにかく痺れがきついのが特徴。汁なしならともかく、汁ありで痺れがきついタイプは珍しい気が。わざわざ「痺れが苦手な方はお申し付けください」という注意書きがあるのも納得。ただこれなら辛さのランクと痺れのランクを別建てにしたほうが客の好みに合わせやすいと思います。

 辛さのほうは胡麻だれに巧く包み隠されているのか、3辛は辛さ耐性の高くない私でも十分美味しく頂ける範囲内。その反面、店が「香り豊かに濃厚胡麻スープ」と謳うほど胡麻だれの存在感はないと思っていたのですが、終盤急激に胡麻の味わいと香りが強くなってきたところから察するに、単に胡麻だれが底に随分溜まっていただけのようで。良くかき混ぜてから食べるべきだったと思うも時すでに遅し。

 麺は三河屋製麺のストレート中細タイプ。割と噛み応えがしっかりした上々の仕上がりでしたが、残念なことに麺が玉になっていて最初は食べづらいのなんの。東南アジア系の若者3人で店を回しているようですが、まだまだ細かいところまでは仕事が行き届かないのかなぁ。

 具は肉味噌、ナッツ、干し海老、刻み青ネギ。いずれも食べている最中は麺にほとんど絡まず、悉くスープの中に沈殿してしまいます。そこで最後は穴あきレンゲでサルベージしてご飯に載せて、ようやく具の美味さが判るみたいな。麺だけだと量的に物足りないこともあり、サービスライスは必須。

|

2020.05.13

風来居@淡路町 ~ しおらーめん

Furai

 丸ノ内線淡路町駅/都営新宿線小川町駅から靖国通りを東へ。須田町交差点傍。昔「交通博物館」があったところの近く。ほぼ6年ぶりの再訪。西新宿の店にも3年前に行ったきり。先客ゼロ、後客4。

 入口脇の券売機ボタン先頭の「しおらーめん(800円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他にみそらーめん、しょうゆらーめん、まぜ麺、旨辛しおらーめん、王道のまぜそば、肉味噌つけ麺など。しばらく来ないうちに随分メニューが増えた気がします

 店内は案外奥行きがあり、縦長L字型カウンター12席。卓上には胡椒、一味す、酢。

Furai2

 白ゴマの浮いた白濁スープ。甘目、かつ豚骨ベースと思しき出汁の旨味が過多な感じは相変わらず。また見た目以上に脂が多くてこってりとした味わいで少々くどく、終盤飽きが来やすいのも相変わらず。

 麺は小林製麺の細めほぼストレート。丼がやや小さいためか、丼の中で玉になっていて最初は食べづらい上にスープの絡みも良くなくて参りました。心持ちごわごわした独特の食感が特徴的。落ち着いてしまえばスープとの絡み、相性は悪くありません。

 バラ肉チャーシューは脂身多めで濃い目の煮込み加減。他に大きなキクラゲ、白髪ネギ、刻み青ネギ、メンマ。

 大昔の人気店「山頭火」の流れを汲むと言われる「風来居」。「山頭火」は多店舗展開の末にすっかりガタガタになってしまいましたが、「風来居」ももう悪い意味であんまり「山頭火」と変わらない感じになっちゃったかなぁ・・・

|

2020.04.21

麺魚@神保町 ~ サーモンらーめん

Mengyo002

 神保町駅A3出口から靖国通りを西へ。かなり昔に「角中中華そば店」があったところかな? 11時開店ですが、先客6、後客5と早くから結構な賑わい。

 海産物を前面に押し出した店で、店内は魚臭いのなんの。なんか焼き魚定食がウリものの、ぼろい居酒屋兼定食屋にありがちな臭いにそっくりな気も。店内の券売機を見ると真鯛orサーモンor甘えびという構成で、他店ではあまり見かけたことがない「サーモンらーめん(880円」を注文。

 トッピングにスモークチャーシューかスモークサーモンを選べるらしいので、スモークサーモンにしてもらいました。なお元々はスープも塩or醤油を選べたようですが、往訪時は塩一本になっていました。

 真鯛/サーモン/甘えび、いずれもらーめんorつけ麺or油そばを選べるメニュー構成。

 店内は壁に向かったカウンター8席と店奥にカウンター3席で、カウンターの背後はかなり手狭。卓上には黒胡椒のみ。薬味のわさび、柚子胡椒、生姜はスタッフに頼めば出してくれるようです。

Mengyo001

 少しとろみがかったスープは黄金色というにはちょっと赤みが勝っていておよそラーメンのスープっぽくない色合いですが、これがとにかくサーモン風味全開!! 若干ざらつきを感じる「何か」はサーモンをすり潰したものなのかどうか? とにかくびっくりするくらいサーモン味。塩気を控えめにしてぐいぐいサーモンで押しまくる辺りに好感がもてました。

 ただこれまたサーモンらしく、脂が結構きついので終盤ちょっとくどさを感じなくもありません。また魚臭さも否めないので、味変を兼ねて生姜を頼むのが正解だったと思うも時すでに遅し。店が狭すぎることもあって、忙しそうな店員に途中から声をかけづらいというのも。

 麺は細めのほぼストレート。全粒粉混じりらしい、若干ざらつきがある口当たりが特徴。「麺硬め」を頼んでいる後客がいましたが、見た目よりコシがしっかりしていてスープに負けておらず、個人的には硬めを頼む必要は感じられず。

 サーモンはデフォルトで乗っているほぐしサーモンより、オプションのスモークサーモンのぼうがスープと味わいが重ならずにアクセントになって面白いかと。他に青菜、柚子。

 当たり外れのでかい海鮮系ラーメンとしては上出来の部類でしょう。

|

2020.04.02

孫鈴舎@東京 ~ つけ(並)

Magorin002

 東京駅丸の内南口からガード沿いに南へ。はとバス乗り場の先。11時の開店直前に到着したところ先客1、開店までに2人と出足はさほどでもなかったのですが、店が開くとわらわら客がやって来てすぐに満席に。ただ外待ちは出来ず。

 店内のタッチパネ式券売機で「つけ(750円)」を注文。麺量は並盛300g、中盛450g(+100円)、大盛600g(+200円)、社長750g(+250円)、会長9000g(+300円)、株主1050g(+350円)という構成で、これなら並で十分。またつけ汁に天敵大葉が入っているとの注意書きがあったので、大葉を抜いてもらいました。

 なお残念ながら「らーめん」は17時からの販売とのこと。またつけ麺も辛つけがある他、トッピングでバリエーションをつけているだけで、いかにも回転を良くして客数をこなすべくかなりメニューを絞り込んでいます。

 店内は壁に向かってカウンター4+4席と、店中央に島式カウンター8席。卓上には胡椒、酢、一味。

Magorin001

 開店直後の初回ロットは10分くらい待って登場。見た目と違ってつけ汁にとろみはあまりありません。またここのつけ汁は「魚介を抜き『鶏・豚・野菜』本来の旨味と 醤油のキレで喰わす!」というのをウリにしています。

 魚介を抜いたことでずっしりと重い感じになるのかな?と思ったのですが、それは全くの杞憂に。その辺は野菜が巧く作用しているのかも。ただ「醤油のキレで喰わす」のは悪いほうに転んだのか、個人的にはやや味が濃すぎ。もっともつけ汁なので大過はありませんが。

 麺は中太ストレート。適度な弾力を保った「つるつる&もっちり」という形容がぴったりくる麺です。

 具は細長く切ったチャーシュー、メンマ、海苔。そしてなぜか粗く刻まれたネギがやや多めに添えられていました。

 いかにも六厘舎の系譜らしい、食べ手を選ばない無難な一杯です。

|

2020.03.28

しじみ軒@水道橋 ~ しじみ塩そば

Sizimi001

 総武線水道橋駅東口から白山通りを南へ。たい焼き屋の先。先客1、後客5。

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「しじみ塩そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは「中華そば」との二本立て。なおなぜか券売機がやたら高いところに設置されているため、踏み台が置かれていました。

 店内はL字型カウンター10数席と、窓際に2人卓×2。卓上には黒胡椒、一味、山椒。

Sizimi002

 透明度の高いスープは「宍道湖のしじみと清湯スープを合わせた」との触れ込みですが、正直しじみの風味は私の舌ではほとんど感じられず。二日酔いの時に飲むしじみ汁の美味さを知る者なら大抵の方はがっかりすると思います。ただ「しじみ」を前面に出しさえしなければ、動物系出汁が効いたあっさり&優しい味わいは悪くはありません。塩ダレも控えめなので、飲み進む気にもなりますし。

 麺は中細ストレート。「全粒焙煎粉を使用した自家製麺」とのことで麺に粒々が見えますが、そのせいか若干ごわついたような食感。量はちょっと少な目かなぁ? スープが良く言えば優しく、悪く言えば単調で飽きやすいので、途中で黒胡椒を投入。

 チャーシューは豚と鶏が一枚ずつ。共に淡白かつ柔らか仕上げ。その中に癖の強いミョウガを添えるのはないわ・・・ 他にかいわれ、笹切りねぎ。

 学生向きの外食店が多い界隈では珍しく中高年向きの店のせいか、その狙い通りの客が集まっていましたが、このレベルだとちょっとどうかなぁ・・・

|

2020.03.25

旨辛ラーメン 表裏@水道橋

Hyouri002

 総武線水道橋駅東口の南側に広がる飲食店街の一角。東京歯科大学水道橋病院の裏辺り。先客・後客ともゼロ。ほぼ9年ぶりの再訪。大昔は総武線ガード下に店を構えていましたが、紆余曲折の末に現在地に落ち着いたようです。

 店内の券売機を見ると相変わらず「あんかけDX」が一押しのようですが、いかにも胃もたれしそうなから揚げなんてそもそもラーメンに不要だと思うので、人気No.2の「旨辛つけ麺(800円)」を注文。並盛・中盛同値段なので中盛で(学生は大盛も同値段)。頼めば辛さも調整できるようですが、今回はデフォルトで。

 メニューは多彩で、あんかけDXに加えてあんかけ拉麺、鷹の爪拉麺、及びその3品のピリ辛&極辛バージョン、W鶏拉麺、旨辛冷麺、旨辛味噌拉麺、油そば、カレーつけ麺、旨辛濃厚つけ麺、旨辛味噌つけ麺など。またちょい飲み利用に向けてちょっとしたつまみも用意。

 店内は厨房に向かって横長カウンター5席と壁沿いにカウンター3席、さらに店中央に4人卓×2。卓上には酢、醤油、ラー油、ブラックペッパー、白ごま。水セルフ。

Hyouri001

 とろみが強いつけ汁は熱々で登場。「旨辛」といっても旨さより辛さにベクトルを振ったタイプで、痺れこそないものの、唐辛子の辛さがストレートに押し寄せてきます。つけ汁が赤みがかっているのは唐辛子からくるものでしょう。また酸味も少々。といっても、辛さや酸味が旨味をかき消してしまうほどではなく、動物系出汁の旨味やコクもはっきり感じられます。

 麺は中太ストレート。つるつるとした口当たり、そして程よいコシと歯応えが気に入りました。茹でもやしがたっぷりと添えられていますが、麺ともやしを絡めながら食べるとつけ汁の辛さが緩和されて旨味だけが残って実に良い感じに。

 またどういうわけか麺のほうにも餡が乗っています。この意味がよく判りませんでしたが、先に餡を麺に絡めてからつけ汁に浸るともやし以上に味わいがマイルドになって、これまた結構。一方、レモン片は味変アイテムとしてはほとんど何の役にも立ちませんでした。

 具は他に味玉半個と海苔。チャーシューはひとかけらも無いというのはチト寂しい。

 悪くはありませんが、拉麺類のほうがより無難かなぁ・・・

|

2020.03.20

つじ田 味噌の章@飯田橋 ~ バリ味噌らーめん

Misonosyo002

 飯田橋駅東口から目白通りを南へ。ほぼ1年ぶりの再訪。隣の「つじ田」は早くから行列が出来ていて終始賑わっていましたが、こちらは出足が遅く、先客ゼロ、後客9と言う感じ。

 戸外の券売機で、前回は「味噌らーめん(820円)」を注文したので、今回は数量限定の「バリ味噌らーめん(870円)」を注文。味噌らーめん同様、麺の硬さや油の量を調整できるはずですが、店のほうからは特に聞いて来ませんでした。メニューは他に辛味噌らーめん、

 店内は縦長L字型カウンター13席のみ。卓上には青のり、おろしニンニク、胡椒、一味、柚子七味。大昔は青のりがデフォルトでかかっていましたが、今は好みに応じて入れるみたいで。

Misonosyo001

 「バリ味噌らーめん」のスープはかなりのドロドロ系。「数種類の味噌をブレンドした濃厚なスープ」で「味噌ラーメンはバリ味噌より味はまろやか」と能書きにありましたが、「バリ味噌」も「味噌」同様わりと甘目の味わい。白髪ネギに少々辛味や山椒をまぶしてアクセントにしているかな?といった程度。

 「味噌」はニンニク、そしてそれ以上に生姜の効きが強くて、店が「やさしい味わい」というのはちょっと違和感がありましたが、「バリ味噌」にはニンニクや生姜を効かせてはいないので、むしろ「バリ味噌」のほうがマイルドな感じさえします。しかも脂っこくもないので、ドロドロ系スープの割には重さ、くどさは一切感じず。

 麺は平打ちっぽい太麺ほぼストレート。硬くはないものの太麺らしく歯応えがっしり。ドロドロスープをがっつりと受け止めてくれます。量は200gと多め。「味噌」は並太縮れ麺&160gなので、ここは「バリ味噌」と決定的に違います。

 後乗せのチャーシューは濃厚スープの味わいに負けて存在感薄め。他にメンマ、もやし。スープが麺に絡みまくってどんどんなくなってゆくので、味噌ラーメンには珍しくスープを完飲。うーーーん、塩分摂り過ぎ(つД`)

 美味いことは美味いのですが、これなら「味噌」で十分だったという気がしないでもなく。

|

より以前の記事一覧