2022.08.04

いし川@本駒込 ~ 鯖醤油らーめん

Ishikawa2207002

 地下鉄南北線本駒込駅からすぐ。本郷通り・駒本小学校前交差点脇。「四代目けいすけ」→「初代けいすけ」の跡地ですが、「けいすけ」が完全撤退したわけではなく、「けいすけ」と同じ会社が運営しています。先客ゼロ、後客1。
 
 店内の券売機で基本と思しき「鯖醤油らーめん(820円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは基本的に鯖醤油らーめん一本で後はトッピングでバリエーションを付けているだけのようですが、券売機ボタンを見ると「塩」に変更可能になったようです。また往訪時は数量限定で「鯖味噌つけ麺」を出していました。
 
 なお「鯖味噌定食」というメニューもありますが、これはラーメンにご飯がついた類ではなく、単純に鯖味噌にご飯や味噌汁が付いたものみたいで。でもそういうのを食べたい人がわざわざラーメン屋に来るかなぁ?しかも定食屋で食べる「鯖味噌定食」よりどう見てもかなり高いですし。

 店内は「四代目」からほとんど変わっていないようで、若干S字型に屈曲した縦長カウンター12席のみ。卓上には胡椒、一味など。

Ishikawa2207001  

 スープは「鯖節、かたくち、あじ煮干し、日高昆布の魚介系と鶏ガラを合わせたWスープ」とのこと。やたらと鯖を前面に打ち出している割にはそんなに鯖臭い感じはせず、煮干しがかなり前に出た動物魚介系といったほうが実態に即しているかと。表面には背脂が香味油がたっぷりと加わっており、そこに岩海苔や刻み玉ねぎなどを添えてルックスは燕三条系背脂煮干しラーメンを意識した風。
 
 麺はカネジン食品製の平打ち中太縮れタイプ。つるつる&もっちりといった形容が実にしっくりきます。スープとの相性&絡み具合は文句なし。
 
 チャーシューは「自家製の醤油ダレで長時間煮込んだトロトロチャーシュー」と能書きにありますが、味わいは淡白かつちょっと旨味が抜けてしまったような塩梅。「トロトロ」という要素は一切なく、どうしたものか? 一方大ぶりのメンマは甘目の味付け。

 総じて悪くはないのですが、ここの店はリニューアルする度に客足が落ちているような気が・・・ランチタイムなのにワンオペでしたし。
 

|

2022.07.28

大至@御茶ノ水 ~ ラーメン

Daishi2207001

 御茶ノ水駅から聖橋を渡って北へ徒歩5分ほど。蔵前橋通り・清水坂下交差点そば。約2年半ぶりの再訪。11時の開店直前に到着したところ先客3で驚きましたが、後客は2人のみ。

 前回は冬の定番「味噌ラーメン」を注文したので、今回は券売機ボタン先頭の「ラーメン(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「背油ラーメン」「担々麺」「つけ麺」「冷やしつけ麺」など。「冷やしつけ麺」は季節限定かな?

 席は縦長カウンターが2本並んでいて手前に6席、奥に数席。さらにその奥に厨房があって様子は伺えず。卓上には胡椒のみ。

Daishi2207002

 ぱっと見は昔ながらの東京ラーメンそのものですが、内実は随分違います。さしずめ「新古典派」。スープは鶏&豚骨主体かな?と思ったのですが、「丸鶏と豚骨を使った動物系スープと、昆布・椎茸・鰹節などの乾物系スープを営業前にあわせたダブルスープ」という話も。古典的な東京ラーメンのスープと比べるとやや甘味があります。また鶏油が表面を覆っているので見た目よりも心持ちこってり。かえしとのバランスも良く、ついつい飲み進んでしまいました。

 麺は浅草開化楼の並太のほぼストレート麺。若干柔らか目の茹で上がりでしたが、つるつるとした口当たりやもっちりとした食感が心地よく、かつスープの絡みも申し分なし。

 部位の異なるチャーシューが2枚乗っていますが、共にスープに合わせて薄めの味わい。他に海苔、青菜、ナルト、メンマ、ゆで卵半個。

 平凡なようで非凡。足しげく通いたくなるほどの中毒性はないが、いつ食べても飽きは来ない。そんな珠玉の一杯です。

|

2022.07.15

ほんま@駒込 ~ しおラーメン

Honma002

 山手線駒込駅東口を南へ出て、アザレア通り商店街を抜けた先の住宅街の中にポツンと立地。先客ゼロ、後客7。
 
 券売機ボタンを見て基本と思しき「しおラーメン(850円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 基本は醤油ラーメンとの二本立てですが、それ以外のメニューが非常に多彩で梅塩、貝塩、旨辛、担々麺、しょっつるそば、塩白湯醤油等々。さらに季節限定メニューも用意しているようです。
 
 ラーメン屋というより寿司屋ないし小料理屋っぽい佇まいの店内はコ字型カウンター10席のみ。卓上に調味料類はなし。小さな紙おしぼりサービスあり。

Honma001  

 とろみがかった黄金色のスープは無化調かつ「大山鶏の丸鶏と鶏ガラを贅沢に使用した鶏白湯スープに、国産野菜から取ったポタージュスープ」を加えたものとのこと。無化調にありがちな物足りなさなんて微塵も感じないどころか、食べ始めは旨味過多にすら感じられるくらいの出来。塩ダレも無駄に出しゃばらず、非常にバランスが取れていて気に入りました。
 
 自家製の麺は中細ストレート。わずかに黒い粒々が確認出来るタイプで心持ちざらつきのある口当たり。見た目より噛み応えが強いのは嬉しいのですが、丼が円錐形なのが災いしてか若干玉になりがちで自然体ではスープの絡みが良くないこともあるので、かき混ぜながら食べ進みました。
 
 具は鶏つくね、白髪ネギ、水菜、なぜかわずかにプチトマト。
 
 およそ通りすがりの一見さんなんて来そうもない立地にも関わらず、近在と思しき方々が三々五々やって来て早い時間帯から賑わっているのも納得の一杯でした。

|

2022.06.06

喜粋@根津 ~ 醤油拉麺

Kisui2204002

 千代田線根津駅から不忍通りを北へ。根津小学校入口交差点そば。5年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客8。

 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「醤油拉麺(900円」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に薄口醤油拉麺、塩拉麺、鷄つけ麺、梅肉拉麺、鶏白湯拉麺。但し往訪時は鶏つけ麺以下のメニューはいずれも×印が点灯していました。後客の注文はほとんどが醤油。店のウリであるワンタンを頼んでいる方も目立ちました。
 
 また平日は朝拉麺をやっているようですが純然たるラーメン専門店ではなく、夜は鶏料理主体の居酒屋になるようです。

 店内は縦長カウンター8席と4人掛けテーブル2卓。厨房は店奥にあって様子は伺えず。ラーメン屋らしくない非常に明るくてすっきりした内装が特徴的。卓上にはブラックペッパーのみ。紙おしぼりサービスあり。

Kisui2204001

 スープは「煮干しと鶏のみを使用し、煮干しはスープの支えとして鶏のコクと旨味を感じてもらえるように作ってあります」という店先のウンチク書き通りの出来。かえしとのバランスも絶妙で、かえしが出汁の旨味を邪魔もしなければ物足りなさを感じさせることもない。「醤油拉麺は醤油感が強いのが特徴」とあって年配客にはしょっぱいと言われることがあるそうですが、ままありがちな「醤油飲ませる系」に比べれば大人しいのなんの。出汁のコクと旨味にぐいぐい惹き込まれ、ついつい飲み進んでしまいました。

 麺は細めのほぼストレート。しっとり&しなやかな口当たりで細めにしては歯ごたえが良く、スープの絡みも申し分なし。

 チャーシューは小さく見えますが意外に厚みがあって煮込まれ具合も適度。細メンマはコリコリ、青菜はシャキシャキした歯応えが嬉しい仕上がり。他に味玉半個、ナルト、海苔、かいわれ、刻みネギ。

 これは文句なしの出来。年寄りが多いエリアにジャストフィットした一杯でした。

|

2022.03.18

MENSHO@護国寺 ~ 醤油らぁめん

Mensho002

 東京メトロ有楽町線護国寺駅から大塚警察署を越えて南へ。大昔に「ちゃぶ屋本店」があったところ。先客ゼロ、後客5。
 
 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「醤油らぁめん(950円)」を注文。最近値上げしたようでプレーンな商品でもなかなか目に痛いお値段に。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に「奥能登の塩らぁめん」「挽き立て小麦つけめん」「和牛チャーシュー麺」など。
 
 店内はコの字型カウンター10席ちょっと。いかにも椅子を減らして席の間隔を広げた感じ。卓上に調味料類はなし。水セルフですが、水ボトルは店の片隅に固めて置いてあるだけなのでチト面倒。

Mensho001

 店がオンラインで販売している「醤油らぁめん」の能書きを見ると、スープは「真昆布と貝の出汁が支える国産親鳥の清湯スープ。タレに使用するのは小豆島のヤマロクさんの再仕込醤油。約2年の熟成期間を経て完成した生醤油を、商品にすることなくもう一度樽に戻し、再び原料(塩以外)を加えて、さらに2年仕込む二度仕込みです。これに、富士山麓に湧く清水と澄んだ空気の中で添加物を一切使用せず穀物だけでじっくりと手作りされた天野醤油の再仕込醤油を合わせました。」とのこと。
 
 出汁も何か一つが強く前に出ることはなく、しかも出汁とかえしのバランスも良好。少々甘目でまろやかな味わい。辛うじて旨味過多とか味が濃すぎという弊を免れている感じ。
 
 麺は中細ストレートタイプでやや柔らかめの仕上がり。スープの表面の鶏油も手伝ってかつるつるした口当たりで、しなやかな啜り心地が楽しめます。
 
 青ネギの横にあるのは「タマリンドペースト」というインドの調味料。梅肉のような酸味があり、ちびちび溶かしながら食べ進んだものの、全部溶かすと思った以上にスープに酸味が広がりまくり。デフォルトの出来が良いので、こういう味変アイテムは別添にして客の好みに任せてほしいところ。
 
 豚バラチャーシューは程よく脂がさしてとろける感じ。他に炭火焼きレアチャーシュー、穂先メンマ、ほうれん草。

 お値段に見合ったハイクオリティーな一杯。恐れ入りました。

|

2022.03.12

魚雷@春日 ~ 本枯中華そば

Gyorai001

 都営三田線春日駅から白山通り「西片」交差点を西へ。「こんにゃくえんま交差点」を南へ曲がってすぐ。店入口上に掲げられた巨大な魚雷のオブジェが目印。約8年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客4。

 入口脇に券売機があり、ボタン先頭の「本枯中華そば(850円)」を注文。この店は「季節の具材」を含む11種類のトッピングから3種類が選べるのが特徴で、炙り豚バラチャーシュー、炙り鶏チャーシュー、うずら卵をチョイス。なお往訪時の「季節の具材」は菜の花でした。
 
 麺類メニューは他に「つけめん」があるだけで、後は「本枯中華そば」にあれこれトッピングでバリエーションをつけただけのシンプルな構成。

 店内はカウンター3席と、2人卓×3、4人卓×1。

 うーん、デフォルトの具は青菜しかないのか・・・ これだと追加トッピングのうち一つは野菜系にすべきだったと気付くも時すでに遅し。

Gyorai003  

 「鹿児島県枕崎産の二年熟成最高級本枯節と一年物の粉骨節をサイフォンで抽出」というのがこの店のウリ。店内には鰹節の香りが強く漂っており、スープも節系の味わいが全開。動物系、魚介系を合わせたWスープだそうですが、動物系のほうは正直言われないと判りません。辛うじて旨味過多に陥る弊を免れており、醤油もいたずらに自己主張せず、全体にいたってあっさりすっきり。雑味が無くて、全く飽きが来ません。なお青菜の上の泡は知らん間に消えてしまい、味わいに与える影響は良く判らず。

 麺はやや細めのストレート麺で、心持ち柔らかめの仕上がり。スープはさっと絡む程度で、なんだか蕎麦に似た食感が少々。

Gyorai002

 鶏チャーシューはスープを邪魔しないように薄めの味付けで、鶏自体の旨味も存分に楽しめた秀作。一方豚バラのほうがいかにもバラらしく脂身がとろっとしていますが、ちょっと濃い目の煮込み加減でこのスープだとうるさく感じるかも。

|

2022.03.02

くにまつ@上野広小路 ~ 汁なし担担麺・新味KUNIMAX

Kunimatu_ueno002

 銀座線上野広小路駅から春日通りを西へ。ただ店は広い通りに面しておらず、叙々苑やJOY SOUNDなどが入ったビルの先の小路を南へ入った先にあるので判り辛いかも。先客ゼロ、後客1。広島・八丁堀に本店がある汁なし担々麺の人気店が都内へ進出してきたものですが、1年前に往訪した人形町店はあっという間に潰れてしまったようです。
 
 店内券売機ボタンを見て「汁なし担担麺・新味KUNIMAX(750円)」に「温玉+ミニライスセット(100円)」を付けました。
 
 メニューは人形町店の頃からかなり変わっていて汁なし担々麺が元味と新味の2系統となり、それぞれについてノーマルとKUNIMAXがある計4種類に整理したようです。
 
 元味は「くにまつ」の定番で中細麺&日本人の舌に合うように醤油や味噌を使ってタレを作ったもの、新味は細麺&豆鼓や黒酢といった中華の調味料を醤油タレに使用したとのこと。
  
 また人形町店では辛さのレベルを0.5辛~4辛まで調整可能でしたが、ここはそれを止めて辣油・花椒MAX&広島産青ネギMAXのKUNIMAXにレベルアップできるだけにしたようです。
 
 さらに人形町店は温玉やライスといったサイドメニューに割高感が著しかったのですが、その辺も見直したようです。
 
 店内は横長カウンター4席、4人卓×1、2人卓×1、そしてテーブルを壁に付けて事実上のカウンターとしたものが2+2+1+1席。卓上には花椒、担担麺のタレ、酢、辣油、そして鎮江香酢という黒酢。

Kunimatu_ueno001

 麺がほとんど見えないくらい青ネギがてんこ盛り!! 麺は玉になっているだけでなく、少々ごわついた状態で出てきます。麺とタレとをまぜまぜしているうちに、タレを吸って麺がほぐれ、しんなりして来ていい塩梅に。たっぷり目に入っていたはずのタレがノーマルタイプだとまぜまぜしているうちにどんどんなくなって行きましたが、KUNIMAXだと青ネギが多いせいか思いのほか底にタレが残りました。
 
 で、肝心の味ですが、恥ずかしながらそんなに従来版と変わった感じはせず。黒酢が効いてもうちょっと酸味強めかなと思ったのですが・・・そしてなによりがっかりしたのは「激辛」と大書されているにも関わらずたいして辛くないこと。むしろ痺れのほうがやや強めかな・・・

 麺はストレート&細目で、しかもぱっと見まるでカップ焼きそばのようにチープで頼りない麺ですが、それなりにコシというかびよーんと伸びる弾力性があって悪くはありません。具は肉みそとたっぷりの刻み青ネギねぎだけといたってシンプル。

 そこで味わいに変化をつけるために、温泉玉子がマストアイテム。これで味わいがぐっとマイルドに。玉子の旨味も加わって良い味変になります。店では薄いと思う方は卓上のタレを加えるよう勧めていましたが、特に薄いとは思えず。

 ノーマルと違って麺を食べ終わっても底にタレがそれなりに残り、さらに青ネギも残るのでライスを入れて締めるのが最善手。
 

|

2021.07.02

五瞭@本郷三丁目 ~ 牛骨白湯(コムタン)

Goryou001

 丸ノ内線本郷三丁目駅から春日通りを西へ歩いて、「ねむ瑠」のちょっと先。先客・後客ともゼロ。

 店内の券売機ボタン先頭の「牛骨白湯・コムタン並(830円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「牛骨白湯・燻製醤油」「辛牛骨白湯(ユッケジャン)」「岡崎白湯(数量限定)」など。さらにハヤシライスを推しています。

 店内は厨房を囲む縦長L字型カウンター7席。卓上にはミル入り粒胡椒のみ。カウンターのウンチク書きには調味料として唐辛子やにんにくについて触れているので、頼めば出してくれるのかな?

Goryou00299

 ややとろみがかったスープは非常に判りやすい牛骨ベースの塩味。スープ麺に絡ませてナンボであるせいか、焼肉屋や韓国料理店で出てくるコムタンよりは味わい濃い目。またやや甘めで飽きが来やすい嫌いがあるので、卓上の黒胡椒をゴリゴリして刺激を加えると食べやすくなります。

 麺はストレート中細タイプ、つるつるした口当たりでコシもそれなりに強く、スープとの相性も抜群。量は並で150g、大で225gとのこと。

 具の一部は日によって違うようで、白板には「大根、赤トマト、黄トマト、じゃがいも」とありましたが、青臭いプチトマトは蛇足以外の何者でもないかと。またじゃがいもは堅くなってしまったフライドポテトの失敗作みたいな出来ですし。一方レタスや水菜は箸休めに最適。牛そぼろのサルベージ用に穴あきレンゲが添えられるのは嬉しい配慮。他に味玉半個。

 ユニークな一杯なので次はユッケジャンを試してみます。

|

2021.04.24

満鶏軒@本郷三丁目 ~ 鴨中華そば塩

Manchiken002

 丸ノ内線本郷三丁目駅を出て本郷通りを南へ。三菱UFJ銀行の隣。先客ゼロ、後客7。錦糸町にある人気店の2号店のようです。

 店頭の券売機ボタンを見て、基本と思しき「鴨中華そば塩(870円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に鴨中華そば醤油、鴨中華つけそば醤油など。但し、鴨中華つけそば醤油は往訪時は「近日リリース」となっていました。

 店内はカウンター3+2席と4人卓×1、2人卓×4。但しテーブル席はいずれも壁際へ寄せて事実上カウンター席として使っていました。卓上に調味料は無し。但し、わさび、生姜、柚子胡椒、山椒は店に頼めば出してもらえるようです。

Manchiken001

 スープは「鴨と水だけで炊いた100%純鴨スープ」というのがウリ。見た目通りあっさりした味わいで、しかも塩ダレに変な尖りがなく、鴨出汁の旨味を心行くまで楽しめます。フォアグラ油を一滴垂らしてあるとのこと。そう言われても全く判りませんが・・・

 麺は並太ストレートタイプ。つるつるした口当たりですが、案外コシが強いのが特徴。スープの絡み、相性とも文句なし。途中から柚子胡椒で変化を付けたくなりますが、いちいち店の人に頼むのもなぁ・・・ 店も正直面倒なので出したくないのでしょうし・・・

 チャーシューは低温調理の燻製鴨肉ですが、角切り状のほうは弾力性が強すぎてまるでゴムのようで、個性が強すぎてちょっとラーメンの具としてはどうかな?薄いほうはハムみたいでしたが。他に青菜、粗めの刻みネギ、柚子皮。

|

2021.04.06

ぷれじでんと@本郷三丁目 ~ 塩ラーメン

President001

 丸ノ内線本郷三丁目駅を出て本郷通を南へ。壱岐坂上交差点の手前。隣に「我流担々麺 竹子」あり。11時半の開店10分前に到着したところなんと既に営業中。聞いたところ往訪時は11時から店を開けていたとのこと。先客1、後客8。

 店内の券売機ボタン先頭の「塩ラーメン(900円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に汁あり担々麺、酸辣湯麺など。どういうわけか餃子とのセットものを積極的に推してます。

 店内は手前にくの字型カウンター9席と、店奥にL字型カウンター4席。2人卓×2。卓上にはホワイトペッパー、ラー油、醤油、酢、一味。水セルフですが、卓上に水ポットがなく給水器が店中ほどに一つあるだけなのがチト面倒。箸や紙ナプキン等をカウンター内の引き出しに収納して卓上をすっきり見せているのは良いのですが。

President002

 塩ラーメンらしい透明度の高いスープは魚介類がやや前に出た鶏混じりといったところでしょうか。お上品な味わいで麺を絡める分には申し分ないのですが、飲むとなるとちょっと塩気がうるさいかな?

 麺は細目のストレートタイプで、全粒粉混じりっぽく、わずかに口当たりのざらつきを感じます。細目の割に案外噛み応えはしっかりしており、スープの絡みも文句なし。

 チャーシューは低温調理の柔らかしっとり系。その下に鶏団子、青菜、刻みネギが隠れています。

|

より以前の記事一覧