2020.10.17

創始麺屋武蔵@新宿 ~ らー麺・あっさり

Musashi002

 新宿駅西口から小滝橋通りを北へ。西新宿七郵便局の手前。

 一時外国人観光客だらけの店になってしまったので長らく放置していましたが、屋号を「創始麺屋武蔵」とマイナーチェンジしてリニューアルオープンしたと聞いて10年ぶりに往訪。先客2、後客ゾロゾロ。退店時にはほぼ満席となり、外国人観光客がいなくなった現在でもそれなりの人気を博しているようです。

 店内のタッチパネル式券売機は最初に紹介されるのがつけ麺なので、そちらが推しっぽいのですが、らー麺のパネルへ遷移して「らー麺・あっさり(900円)」を注文。並(150g)、大(200g)同値段なので「大」にしました。なお「らー麺」はあっさり味、こってり味、にんにく味の3種類。

 店内はL字型カウンター20席ほど。椅子が高くて席の間隔が狭く、いかにも長居お断りといった感。しかも席間に仕切り板を設けたのでますます窮屈に。「武蔵」系列の店は店員がバカ声でがなり散らすのが鬱でしたが、マスク着用&時節柄かなり小声になっていました(苦笑)。

Musashi001

 スープは動物系ベースに魚介を合わせたものですが、醤油がややうるさいのが難。リニューアルに際してサンマ節を復活させたのがウリと聞いていましたが、醤油がうるさいのが災いしてかサンマらしさは全く感じられず。池袋の「生粋」みたいないかにも食べ手を選びそうなサンマ臭さを想像していると間違いなく肩透かしに合います。

 「あっさり」を選んだせいか、スープに脂っ気はほとんど感じられず、魚粉のざらつきもなし。全体のバランスは悪くないだけにつくづく醤油がうるさいのが惜しまれます。

 麺は中太平打ちストレートタイプ。つるつるとした口当たり、かつもちもちっとした食感ながらもコシが強くて噛み応えがあり、濃い目のスープに負けておらず気に入りました。また大盛でもスープとの量的なバランスが崩れた感じがしないのも評価できます。

 売り物の角煮はこれまたちびちび齧りながら麺を食べ進む相棒としては絶妙の煮込み加減。張り切って煮込みすぎて妙に甘しょっぱくなってはいない辺りが良い。具は他に細メンマ、刻み青ネギ、海苔。

 相変わらずやや割高で、ラーメン屋だらけのこのエリアでわざわざここに行く必要はまるでないと思いますが、角煮の旨さだけは捨てがたいといったところでしょうか。

|

2020.10.02

リンダ軒@新宿 ~ (豚骨醤油)ラーメン

Rinda001

 新宿駅西口から小滝橋通りを北へ。龍の家の隣。先客・後客ともゼロ。

 店内の券売機ボタン先頭の「ラーメン(700円)」を注文。こってりorあっさりを選べるので「こってり」で。ランチサービスなし。

 メニューは他につけ麺、油そば等。から揚げや餃子、ミニ麻婆とのセットものを推しています。

 店内は半円形カウンター8席と2人卓×4、4人卓×2。卓上には一味、ブラックペッパー、おろしニンニク。

Rinda002

 背脂たっぷりのスープは判りやすい豚骨主体の醤油味。ただ配膳時にニンニク臭がはっきりと漂ってくるあたりで想像がつくように、出汁をニンニクやその他諸々で補強している感じ。ただ見た目と違ってやたらしょっぱいとか味が濃すぎる弊は免れています。

 麺はストレート中細タイプ。水気が少なそうでややざらつきを感じるのはいいのですが、かなり硬めの仕上がりでもうちょっと茹でてほしいかと。ただ食べ進んでいるうちに次第にスープに馴染んでゆきました。

具は小さめのバラ肉チャーシュー、細メンマ、茹でもやし、刻みネギ。

 はやし田系の店らしいのですがはやし田本体とは似ても似つかない一杯で、場所柄に合わせて、あるいはコロナ禍による不景気を受けて低価格帯ラーメンにチャレンジした結果なのかなぁ? まぁ値段相応の一杯だと思います。

|

2020.03.17

破壊的イノベーション@西早稲田 ~ 煮干しラーメン&和え玉

Hakaiteki003

 副都心線西早稲田駅から明治通りを北へ。馬場口交差点の手前。明治通りを挟んで「麺屋こころ」あり。開店当初は大行列が出来たそうですが、往訪時は11時半の開店10分前に到着したところ先客1。開店までに4人やって来て開店時にちょうど満席となり、退店時に外待ち6人とかなり落ち着いていました。

 店内の券売機で基本と思しき「煮干しラーメン(850円)」と和え玉を注文。ランチサービスなし。

 往訪時のメニューは「濃厚煮干しラーメン」との2本立てで、ほとんどの客が「濃厚」を注文。また券売機ボタンには限定メニューとかまぜそばも用意されていましたが、往訪時には×印が点灯。

 店内は厨房前に横長カウンター6席のみ。カウンターの背後にあるテーブル席使用せず。卓上には一味と酢。水セルフ。

Hakaiteki001

 うーーん、この手のラーメンにありがちなことですが、スープが少なくて結構な量の麺が水面上でこんにちは。厳冬期だとこれだけで萎えそう。

 煮干しをウリにする店の中でも煮干の効きは結構きついほうで、しかも動物系出汁とのバランスを取ることなく、ストレートに煮干を押し出している感じなので癖が強くて明らかに食べ手を選びます。フツーの「煮干しラーメン」でこれだと「濃厚」の破壊的イノベーションは推して知るべし・・・しょっぱくはないのは助かりましたが、あまり飲み進む気にはなれず。

 麺は中細のストレートタイプで、これまたこの手のラーメンにありがちな、水気が少なくて少々ごわついたタイプ。

 チャーシューは豚と鶏が一枚ずつ。共に淡白な味わいでしたが、この手のラーメンにしては珍しいことに割と厚め。他に刻み玉ねぎ、刻み青ネギ、海苔。

Hakaiteki002

 この手のラーメンの通弊として量が少なかろうと思って「和え玉」を頼んだのですが、和え玉は案外量があってビックリ。角切り状のチャーシューと刻み玉ねぎを添えた上に魚粉をかけた感じですが、底に溜まっているはずのタレが非常に少なくて、いくらまぜまぜしても麺(たぶんラーメンと同じ麺)はごわついたまま・・・ まぁそのままでも食べられないことはないのですが、卓上の酢をかけるなり、余ったラーメンスープを少量かけるなりしたほうが食べやすくて美味いかと。

 明らかにマニア狙いの一杯で個性が強く、一度食べる分には面白いのですが、一度で十分かな・・・

|

2020.03.08

しろ八@新宿御苑前 ~ 海老味噌らーめん

Shirohachi002

 丸の内線新宿御苑駅2番出口から東へ。新宿通りから1本北側へ入ってすぐ。ちょうど9年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。

 店内の券売機ボタンを見て、冬季限定の「海老味噌らーめん(840円)」を注文。昔は味噌の銘柄を明記していましたが、今は止めたようです。ランチサービスなし。

 メニューは他に追鰹醤油らーめん、塩らーめん、まったりらーめん、つけ麺、、まったりつけ麺、(冬季限定)ごま味噌らーめんなど。初めての客には追鰹醤油or塩がお勧めとのこt。

 店内は縦長L字型カウンターのみ10席。あれ? 以前より席がだいぶ減ったような・・・ 卓上にはごまと七味のみ。

Shirohachi001

 スープはとろみがかっている上に若干ざらつきを感じるタイプ。海老をウリにしている店ではないにも関わらず、海老の味わいが思いのほかしっかりしている上、食べ手を選びそうな海老臭さは最小限に抑えるというバランス感が素晴らしい!! 味噌は白味噌主体なのでしょうか、やや甘めの味わい。そこに唐辛子を少々加えてピリ辛に仕上げています。さらに糸唐辛子がほんのちょっとアクセントに。

 麺は自家製で太目&平打ちっぽい強い縮れ麺。つるつるした口当たりで、しかも歯応え十分、濃厚なスープを力強く受け止めてくれます。

 毎月トッピングの野菜を変えるのも相変わらずで、往訪時は静岡県産の冬蜜キャベツ。生のようなので、しばらくスープの中へ。チャーシューはぐだぐだに崩れ行く寸前のところでまとまっている感じ。サービスで付けてくれた味玉は見た目通り程よい煮込み加減。他にもやし、刻みネギ。

 とても無化調とは思えないくらい旨味十分な上に塩気は抑えられているので、ついついスープを飲み進んでしまい、とうとう完飲。個人的には味噌らーめんでは極めて珍しいことです。もっとも麺にスープが絡みまくって、スープがたいして残らないがゆえでもありますが。

 文句なしの出来。もうちょっとマメに来ないと(苦笑)。

|

2020.02.15

ひらくら@四谷三丁目 ~ (豚煮干し)中華そば

Hirakura002

 丸の内線四谷3丁目駅から外苑東通りを北へ。杉大門通りとの交差点角。激狭のこの店は長らく「灯花」グループが実験的な店舗と割り切ったかのように短期間で何度もリニューアルを繰り返していましたが、とうとうその路線も放棄して単なる個人店になった模様。先客ゼロ、後客1。

 店外の券売機で「中華そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「味噌らーめん」のみ。

 カウンター5席しかない狭小な店舗は相変わらずで、食券を買って一旦外へ出てガラス戸を開けてから着席。水セルフ。卓上にはブラックペッパーと一味のみ。

Hirakura001

 スープは豚出汁に瀬戸内産白口煮干しを合わせたものとのこと。店内に煮干しの香りが漂っていますが、煮干しをがっつり効かせたタイプではなく、あくまでも豚とのバランスを重視した風。見た目通りのあっさり味ですが、残念なことにしょっぱくて飲み進む気が起こらず。「毎日でも食べられる中華そば」を目指しているそうですが、これを毎日食ったら間違いなく体壊しそう・・・

 麺は平打ちっぽい並太緩い縮れ入り。つるつるした食感でやや柔らかめの仕上がり。スープの絡みも良好ですが、如何せんスープがしょっぱいのでその絡み具合がかえって仇となるとは皮肉というかなんというか。

 具はバラ肉チャーシュー、メンマ、刻み青ネギ。

 具の内容や激狭すぎて居心地が悪いことを考えると、少々割高であることは否めません。

|

2020.01.22

くろ渦@新宿三丁目 ~ 醤油らぁ麺

Kurouzu001

 地下鉄新宿三丁目駅からすぐ。末広亭の真向かい。先客ゼロ、後客9。

 店内の券売機を見て、基本と思しき「醤油らぁ麺(800円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「限定」と記された「のどぐろそば」や、つけ麺、まぜそばなど。

 店内は縦長L字型カウンター11席と4人卓×1。卓上に調味料類は無し。

Kurouzu002

 スープはウンチク書きによれば「大山鶏の丸鶏を惜しげもなく使い、鴨ガラ、鶏ガラを加えることで味に深い厚みを加えたスープ」とのことですが、正直「生揚げ醤油をメインに角長濱口醤油、数種類の厳選醤油を配合」したとされる醤油がかなり前面に出ているような感じ。もっともしょっぱ過ぎたり、必要以上に醤油の自己主張が強かったりするわけではなく、辛うじて「醤油を飲ませているだけ」としか思えないスープに陥る弊は免れています。

 麺は菅野製麺製の中細ストレート。タピオカ粉配合とのことですが、つるつるした口当たりでしなやかな食感。やや柔らかめなのが残念ですが、スープとのバランスを考えればこんなものかも。

 チャーシューは豚肩ロースと鶏むね肉のが一枚ずつ。共に低温調理されたもので、小さめかつ淡白な味わい。

 穂先メンマは妙な臭みがあってイマイチ。ナルトは竹炭と黒ゴマを練りこんで真っ黒にしたそうですが、こんなところに手間をかけてもそのビジュアルが食欲を損ねるだけで何のメリットもないかと。他に小松菜、刻みネギ。

 細かい難はありますが、食べ手を選ばない無難な一杯です。

|

2020.01.04

三ん寅@江戸川橋 ~ 味噌らーめん

Santora002

 江戸川橋駅1b出口を出て、江戸川橋通りを南へ。三菱UFJ銀行の先の角を西へ入る。小さな事務所や住宅が並んだような地味なエリアに立地。11時の開店10分前に到着したところ先客ゼロ。開店までに一人やって来て、さらに後客5。

 店内の券売機でボタン先頭の「味噌らーめん(850円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に塩らーめんと醤油らーめん。

 店内は厨房前に縦長カウンター6席と店奥にカウンター3席、さらに4人卓×1、2人卓×2。卓上には胡椒と一味のみ。店の大きさの割に店長含めて若いスタッフが4人もいるのが気になりました。厨房でせっせと炒め物を作っている音が店内に響き、しかもニンニクの臭気が結構強烈。

Santora001

 スープは表面のラード層が蓋になっているせいか、結構熱々。ただ味わいの上ではさほど脂っぽい印象は受けず。また味噌味自体はかなり濃いものの、スープを飲む意欲を削がれるほどしょっぱい系ではなく、むしろ若干甘目で助かりました。チャーシューの上にちょこんと乗せられた生姜をちびちび溶かしてゆくと良い味変に。なお、この手の味噌ラーメンには珍しく、魚粉と思しきざらつきが目立ちました。

 麺は西山製麺製の黄色い並太縮れ入りでやや硬めの仕上がり。この手のらーめんには定番の麺です。

 炒め物の音が派手な割にはラーメンの中にはもやしも玉ねぎもえらく少なくてびっくり!またひき肉は確認できず。その代わりなのか、後乗せチャーシューがスライス系と細かく刻んだ系の2種類をトッピング。他に細切りメンマ、刻み青ネギ。

|

2019.10.15

塩つけ麺 灯花@四谷三丁目 ~ 塩つけ麺

002_20190919153001

 丸ノ内線四谷三丁目駅を出て新宿通りを東へ。津之守坂入口交差点の先。先客ゼロ、後客5。かつて外苑東通り沿いの激狭店で営業していた「塩つけ麺 灯花」が時を経て、場所を変えて復活したもの。激狭店を訪れたのはもうかれこれ7年も前。

 店外のメニュー及び店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「塩つけ麺(800円)」を注文。ランチサービスどころか、つけ麺がウリの店にしては珍しく中盛なり大盛なりの無料サービスもありません。

、メニューは他に醤油つけ麺、濃厚魚介つけ麺、鶏塩そば、昔ながらの中華そば、ブラック中華そば等。但し往訪時はメニューを絞って営業していて濃厚魚介つけ麺と鶏塩そばは販売されていませんでした。

 店内はL字型カウンター13席。卓上には一味、酢、ブラックペッパー。

0041_20190919153001

 つけ汁は鶏出汁と魚介出汁のブレンドのようですが、どういうわけか滅茶苦茶しょっぱくて出汁の旨味を完全にかき消していました。ひょっとして東京の老舗蕎麦屋のやたら辛い汁みたいに、麺の先っちょだけチョンチョンと浸けて食べることを想定しているのかな?

 またばら肉チャーシューから染み出る脂も重なってかつけ汁は案外脂っぽい。メニューには「淡麗」と表示されていましたが、これを「淡麗」と呼ぶこの業界の言語感覚が謎すぎます。つけ汁の中には他に薄いメンマと刻み青ねぎ。

 麺は太目でちょっと平たい感じのストレートタイプ。つるつるした食感で、コシもしっかりしていてまずまず。麺の上に刻み海苔、さらに脇に柚子胡椒が添えられていて、ちょっとざるうどんっぽいルックス。。

 スープ割りをお願いすると「ライスも入れられますが?」と聞かれましたが、さすがにやたらしょっぱいつけ汁にご飯は無理すぎるのでスープ(といっても昆布そば湯とのこと)だけ入れてもらいましたが、ちょっと割った程度で塩加減がマシになるはずもなく、二口すすってギブアップ。

 「ブラック中華そば」を併売しているところを見ると、もうそういうのが好きな人向けの店になってしまったのかも。

|

2019.10.14

石器ラーメン@高田馬場 ~ 石器ラーメン

001_20190917151101

 JR高田馬場駅から早稲田通りを東へ。東西線高田馬場駅の東端出口近く。先客ゼロ、後客2。

 店先のメニューを見て基本と思しき、かつ店内の券売機ボタン先頭の「石器ラーメン(750円)」を注文。麺大盛&もやし大盛が無料サービスなので、共にお願いしました。

 メニューは他に原人ラーメン、マンモスラーメン、氷河ラーメン等々、ネーミングから内容が全く推察できないものだらけですが、要するに原人ラーメンはニンニク辛い系、マンモスラーメンは痺れ辛い系で、氷河ラーメンは両者の最上級みたいです。

 店内は縦長カウンター12席のみ。卓上に調味料類はなし。水セルフ。

0051

 「300度以上の高温で熱した石鍋に、麺と具材をのせ、お客様の目の前でスープを注ぎ入れ、麺とスープを熱々な状態でご提供します。」というのがこの店のウリ。店員が石鍋にスープを注ぐともうもうと湯気が立ち上るだけでなく、そこそこスープが飛び散ってしまうので、客が卓上に置いてある紙を捧げ持って跳ね返りをセーブ(ステーキハウスでよくある感じ)。そして、1分ほど経ったら、残りのスープを自分で注いでくれとのこと。

 うーん、もやし大盛で頼んだはずなのに、全然大盛に見えない・・・これにはがっかり。

 スープは豚骨醤油のようですが、ぐつぐつと高温で煮込みすぎたのが良くないのか、旨味がことごとく飛んでしまったような感じで残念無念。ニンニクや辛味などを入れて食べることを前提にベースを薄めにしてあるのかもしれませんが・・・

 麺は太麺でほぼストレート。こちらは長い時間ぐつぐつ長時間煮込んでもへたらない、しっかりした仕上がり。もやしと違ってこちらはちゃんと大盛なので、スープとの量的バランスが良くありません(写真はスープを継ぎ足す前なので一層バランスが悪く見えます)。スープの出来が残念過ぎることと相まって、麺が味気ないのなんの・・・ しかもそんな出来なのに、なぜ卓上調味料がない・・・

 具はバラ肉チャーシュー、固ゆで玉子半個、ほうれん草、もやし。

 最後に無料の「追い飯」を勧められましたが、さすがに遠慮しました。

 パフォーマンス重視というか、コケ脅しというか、そんな感じの一杯でした。

|

2019.09.08

はな火屋@新宿 ~ 醤油らーめん

001_20190710141501

 西新宿の老舗ラーメン店「はな火屋」が移転したと聞いて往訪。移転したといっても旧店からさほど離れてはおらず、新宿駅西口から新宿大ガード西交差点を渡って小滝橋通り「タリーズコーヒー」のある交差点を左へ入ってすぐ。隣が「博多天神」。旧店からは約1年半ぶりの再訪。先客3、後客5。

 店内の券売機でボタン先頭の「醤油らーめん(700円)」を注文。普通、中盛、大盛まで無料ですが、今回は中盛で。メニューは他に味噌、各種つけめん、夜限定の背脂げんこつなど。

 店内はL字型カウンター9席のみ。卓上には自家製っぽい辛味調味料とブラックペッパー、酢、一味。カウンターを厨房の間の仕切り壁が高くて中の様子は伺えませんが、壁越しに頭上から配膳せず、ちゃんと客席まで持ってくるのは旧店から続く親切なところ。水セルフ。

004_20190710141501

 かつては広口で浅い丼で出していましたが、中盛以上は普通の深めの丼で出すことにしたのかな? また大昔は必要以上にでかいレンゲが特徴的でしたが、それは止めて久しくなりました。

 スープは豚骨清湯ベース。スープの出汁にはあまり金をかけずに焦がしネギと表面の脂とかえしとでなんとか持たせているような気がしますが、それでも飽きさせない範囲内に仕上がっています。最初は焦がしネギが随分と減ったような気がしましたが、たまたま片隅に固まっていただけで、食べ進むにつれていい塩梅に。

 店外に菅野製麺所の麺箱が見えた麺は並太ストレートで若干固め。少々安っぽい味わいなので、茹でもやしを適宜絡めながら食べるのがよさげですが、残念ながらもやしも若干茹ですぎてしゃきしゃき感が失われかかっていました。量の明示はありませんでしたが、中盛は確かに一般的な麺量よりはやや多く、個人的にはこれで十分満足。大盛りだとスープとのバランスが崩れそう。単調に思えてきたところで卓上の辛味を投入。

 チャーシューは若干崩れやすいタイプながら旨味は十分。他にメンマ、九条ネギ、海苔。

 相変わらず場所の割には値段が安くてそれなりに満足が行くクォリティーで、コストパフォーマンスは抜群。メニューも豊富で駅近&中休みなしと非常に使い勝手のいい店です。もはやマニア受けには程遠いでしょうが、個人的には高く評価しています。

|

より以前の記事一覧