2018.09.26

鳳仙花@西武新宿 ~ (金目鯛アラ出汁)らぁ麺

003

 西武新宿駅向かいの飲食店街の一角。既にそこそこの人気店になっているようで、11時半の開店5分前に到着したところ先客3。開店前に一人やってきて、さらに後客4。

 券売機ボタン先頭の「らぁ麺(800円)」を注文。メニューは極端に絞り込まれていて、麺類は「らぁ麺」と「つけ麺」のみ。ランチサービスなし。

 席はV字型カウンター16席。水セルフで回転寿司によくある給水器がカウンターに設置されていますが、水が酷くぬるいのには参りました。卓上調味料は無し。厨房に4人もスタッフがいて、さらに接客係が一人。

0021

 黄金色に輝くスープは「金目鯛のアラをメインに炊いたアラ出汁スープ」とのこと。金目鯛は伊豆に行った時によく出てくる魚という印象しかなく、個人的には日常的に食べる魚ではありませんが、旨味たっぷりそして若干甘い、いかにも金目鯛!という非常に判りやすい味わい。それでいて魚臭さはなく、また塩気も金目鯛の旨味をぶち壊さない程度に抑えられているので、飲み飽きません。

 麺は菅野製麺製の細目ほぼストレートで若干柔らかめの仕上がり。表面に黒い粒々が目立つ全粒粉入りゆえか、心持ちざらつきにある食感ですが喉越しは良く、スープの絡みも至って良好。

 具は豚肩ロースの低温調理チャーシュー、穂先メンマ、紫玉ねぎ、きざみ青ねぎ。

 量がちょっと寂しいこともあってか、貝出汁の割りスープ付きの「金目鯛茶漬け」を頼む客も目立ちました。「替え玉」も用意しているようですが、さすがにこのスープに替え玉は合わないのではないかと。

| | トラックバック (0)

2018.08.13

十二分屋@早稲田 ~ 十二分屋そば

001

 高田馬場駅から早稲田通りを東へ。明治通りを越えた先にあり、「らぁ麺 やまぐち」の近く。滋賀県で数店展開しているチェーン店の東京進出店で、先客1、後客7。

 券売機を見て基本とおぼしき「十二分屋そば(680円)」を注文。十二分屋なんとかとかKOHAKUなんとかとか近江鶏白湯なんとか、さらにつけ麺や油そばまであってやたらメニューが多彩で券売機ボタンが随分とごてごており、一見さんにはめっちゃハードル高そう(苦笑)。ランチサービスはありませんが、麺類とご飯ものをセットにした「ランチセット」を売り出していました。

 店内はL字型カウンター8席と2人卓×1、階段下に1人卓×1。カウンター背後とテーブル席の間がやや狭くて難儀。水セルフ。卓上には一味、甘酢、酢、餃子のタレ、黒胡椒、白胡椒。

004

 黄金色に輝く少々派手なルックスで登場。メニューの能書きによると、かえしに滋賀県の水谷醤油醸造場の本醸造しょうゆ「生地なり」を使っているそうですが、このかえしの自己主張が強いのが一大特徴。他のメニューも能書きにかえしのことを長々と謳っているところを見ると、ここのスープはおしなべてかえしで持たせる系なのでしょう。

 ただかえしの自己主張が強いといってもしょっぱいわけではなく、出汁の出来がいいのかついついぐいぐいと飲み進んでしまいそうな惹きを持っています。ただ能書きでは「昆布とハマグリを中心とした魚貝スープ」と称していますが、表面の鶏油が多すぎるせいか鶏出汁にしか感じられないのですが・・・それはそれで悪くはないのですが。

 麺は若干細目のストレートでつるつるした食感。ほど良い噛み応えで、スープの絡みも良くて気に入りました。

 バラ肉チャーシューは薄いながらも肉の旨味を保っていてまずまず。他に穂先メンマ、九条ネギ。

 安くて、チェーン店にしてはそれなりに美味いものを出すラーメン屋の王道を歩んでいる店なので、この出来なら競争の激しいこの界隈でも長続きしそう。小ライスが50円くらいで売っていれば文句なしですが。

| | トラックバック (0)

2018.08.10

ばりちゃん@高田馬場 ~ 博多ラーメン

006

 山手線高田馬場駅から早稲田通りを東へ。東西線東端の出口よりさらに東にあり、TSUTAYAやドコモのあるビルの角を北へ入ってすぐ。先客ゼロ、後客1。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「博多ラーメン(690円)」を「かた」で注文。というかメニューは事実上「博多ラーメン」一本であとは具でバリエーションをつけているだけ。ご飯もの、あるいはランチ用のセットメニューに力を入れている風でもなく、どちらかといえば夜の軽い居酒屋的利用を期待している店なのかも。後払い。

 店内は厨房前に縦長カウンター11席。卓上にはラーメンのタレ、餃子のタレ、おろしニンニク、すりごま、辛子高菜、紅生姜、いりごまなど。 スタッフが5人もいて客入りに全く見合わないのが気になりました。

004

 スープは若干しょっぱめながらも豚骨の旨味たっぷり。豚骨の臭みや癖はなく、濃厚とは言い難いものの、マイルドと片付けてしまうのは惜しいような、食べ手を選ばない範囲で豚骨の旨味をぎゅっと凝縮したような感じ。

 麺は極細ストレート。「かた」の指定通り、粉っぽくならない程度の、適度な硬さで登場。

 具はチャーシューと青ねぎだけ。きくらげがないのが残念。

 替玉(120円)は別皿で登場。すりごま、辛子高菜、紅生姜を入れて一気に完食。

 総じてこの界隈におられる方なら十分満足できる出来だと思います。ただこの手の店にありがちな、次回来店時に使える「替え玉無料券」みたいなものをもらえない分、やや割高な気もしますが。

| | トラックバック (0)

2018.07.24

951@大久保 ~ 牛肉汁つけ麺

001

 総武線大久保駅南口からファミマのある角を南へ。立ち飲み屋が並ぶ通りに入ってすぐ。「らーめん 五ノ神製作所」の跡地。先客ゼロ、後客7。

 昼と夜でメニューが違っていて昼は「牛肉汁つけ麺」のみ。夜は「牛塩ラーメン」と「煮干醤油ラーメン」という構成。今回は「牛肉汁つけ麺・中盛(800円)」を注文。なおつけ麺の量は小盛180g、中盛240g、大盛300gとのこと。

 店内は前店の居ぬきのようで、厨房に沿って縦長カウンター12席。水セルフ。前店はカウンターの背後が狭いのに給水器が入口近くに置いてあるだけなのがチト面倒でしたが、この店はカウンターにポットを置いて楽になりました。卓上には、一味ちペッパーミル入り胡椒。

005

 つけ汁は牛肉の旨味全開で、いかにも牛らしい甘さが支配的。またこれまた牛っぽい脂っぽさも少々。見た目と違って粘り気はあまりありません。途中でレンゲに添えられたトマトジュレを溶かし込んでみると味わい一変。当然ながら酸味がぐっと強まって(妙な例えですが)、つけ汁に薄い牛肉が散りばめられていることとに相まってハヤシライスみたいな味わいに。これはこれで面白いのですが、全部溶かすと酸味強すぎかも。なおつけ汁の中のメンマに妙な臭みがあったのが甚だ残念。

 麺は太麺ストレート(つけ麺んしては若干細目か?)でつるつるとした口当たりは心地よいものの、もっちりと形容するにはコシが甘すぎてくにゃっとした感じで好みに合わず。つけ汁に麺が負けてるわけではありませんが。

 「牛肉汁」ってあまり類例がないだけに面白い一杯ですが、細かいところでちょっとずつ損しているような感じ。

| | トラックバック (0)

2018.05.22

悠@大久保 ~ 味噌そば

004

 大久保駅南口を出て南へ。ファミマなどがある飲食店の多い通りではなく、その1本西側の通りに位置。こちらは飲食店がほとんどなくて実に寂しい。
約1年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客2。

 前回は店内の券売機ボタン先頭の「支那そば(700円)」を注文したので、今回は「味噌そば(850円)」を注文。いつのまにか「味噌そば」が店お勧めになっていました。また平日は半ライス無料サービスあり。

 メニューは他につけそば、辛味噌そばといったところ。

 店内はL字型カウンター7席のみ。席間も狭めのこじんまりした店です。卓上にはミル入りの胡椒と一味。今は店主一人で切り盛り。

002

 一口すすってびっくり!まるで味噌汁のような、脂ギトギト&ニンニク効かせまくり味噌ラーメンとは対極的な優しい味わいに驚きました。店外に貼られた週刊誌の切り抜きによるとスープのベースは「大山鶏やゲンコツなどの動物系と、鯖や宗太節などの魚介系を合わせた」とのこと。また味噌は徳島の御膳みそを中心に各種ブレンドしているようですが、総じてかなり甘目。

 もっとも味噌汁っぽいといってもそれなりに脂が多かったり、揚げネギの香りが強かったりするあたりはやっぱりラーメンスープかなと。

 「大栄食品」の箱が見える麺は緩い縮れ入りの細麺。およそ味噌ラーメンの麺らしくありませんが、優しい味わいのスープには細麺が良く合います。量は少な目なので、半ライスは必須。

 周囲を炙ったようなチャーシューはちょっとハムっぽい味わい。他に細メンマ、大きめに刻んだネギ、海苔。

 「支那そば」よりかなり高いのが難ですが、クォリティーは文句なし。暑くなったら「つけそば」で再訪します。

| | トラックバック (0)

2018.03.20

コヨシ@市ヶ谷 ~ 中華そば

003

 市ヶ谷駅から外堀通りを東へ。市ヶ谷田町交差点を北へ入ってすぐ。先客1、後客6。屋号に「風来居」を被せているところを見る限り、その関連店のようです。

 店内のタッチパネル式券売機で「中華そば(770円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは基本つけ麺との二本立て。

 タッチパネル式は往々にしてメニューの全容が判りにくかったり、注文したいものに辿り着きにくかったしていて、ぱぱっと注文したいラーメン屋には不向きだと思いますが、ここは券売機上にメニューを貼りだしてある分マシなほう。

 店内は窓に向かったカウンター4席、店中央に島式カウンターに4席×2、4人卓×4。卓上には酢、胡椒、七味唐辛子。厨房は店奥にあって様子は伺えず。

002

 「風来居」といえば豚骨を中心とする動物系出汁が効いた甘ったるい白濁スープが売り物ですが、ここのは全く趣を異にしていて煮干しを中心とする魚介系の香り高い清湯醤油味。ただ表面の油が多いのと動物系出汁が下支えになっているためか、見た目と違って案外こってりとした味わい。また油層効果で最後まで熱々。惜しむらくはちょっとかえしがきついかな。でも飲むのを躊躇するほどではありません。

 麺は細めのほぼストレートでやや柔らか目の仕上がり。スープは意外にもさっと絡む程度でしたが、かえしのきつさを思えばそれがかえって良いのかも。

 具は薄くて柔らかいチャーシュー2枚、穂先メンマ、刻みネギ。

 この値段でこの内容だとこの界隈の学生にはまず受けないと思いますが、クォリティーは悪くないのでオッチャンオバハン向けに十分やってゆけそう。

| | トラックバック (0)

2018.03.02

はやし田@新宿3丁目 ~ 醤油らぁ麺

003

 新宿マルイ本館の真裏。「玉五郎」の跡地。開店直前に到着したところ先客2、開店後に4人。

「醤油らぁ麺(800円)」を注文。メニューは他に「つけ麺」と限定販売の「のどぐろそば」。

 店内は厨房を囲む縦長コ字型カウンター16席。奥から詰めて座らせるので相当な人気店なのかと思いきや、後続に勢い無し。また運が悪いことに隣の兄ちゃんの香水がきつくて悶絶。

 カウンターには調味料一切なし。また水セルフで、しかも回転寿司屋などでよく見かけるサーバーを設置。

002

 卓上の能書きによると、スープは「鴨と大山鶏を惜しげもなく使用し」のことで、確かに鶏出汁っぽい香りが強くてめちゃ期待したのですが、残念ながら醤油ダレがきつくて全部ぶち壊しになっているような。鴨らしい甘さ、まろやかさなんて皆目判らず。当然飲み進む気も起こらず。

 麺は菅野製麺の細めストレートタイプ。全粒粉入りらしいのですが、柔らか目でしっとりとした仕上がりなのであまり全粒粉入りっぽくありません。量はちょっと少ないかなぁ。

 具は低温調理の豚&鷄のチャーシュー。他に穂先メンマ、刻み青ねぎ。

 ビジュアルは上品なのに味わいは全然上品ではない上に、どう見ても現状では割高ですなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.02.28

柳屋銀次郎@早稲田 ~ 塩そば

002

 地下鉄東西線早稲田駅から早稲田通りを西へ。「西早稲田」交差点の手前。先客ゼロ、後客4。

 店内の券売機ボタン先頭&一番人気の「塩そば(780円)」を注文。ランチタイムは半ライスサービス付き。メニューは他に「醤油そば」と「赤塩そば」。どういうわけか「赤塩そば」のみ麺の太さが選べるようです。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター7席と壁沿いにカウンター7席、店奥に4人卓×1。水ではなくジャスミン茶を用意。ホール係の姉さんはなぜか和服姿。

001

 スープはいわゆる「またお前か」的な濃厚鶏白湯タイプではなく、若干とろみがある程度で、かつ塩ダレも控えめ。それは良いのですが肝心の鶏出汁も強いとはいえず、何だか物足りない感じ。卓上には胡椒や一味、おろしにんにくがある程度で気の利いた味変アイテムはなさそうなので参りました。

 麺は極細の緩い縮れ入りで、淡白なスープに合わせたのかやや柔らか目の仕上がり。量も若干少な目。

 チャーシューは鶏ではなくややとろっとした豚バラ主体でこれまた割と淡白な味付け。他に穂先メンマ、水菜、軽く炙ったような白ネギ。量的には半ライスをつけないとランチには辛いものの、ライスのおかずにするには具が少なく、スープもライスを欲するタイプではないというのがいやはやなんとも。

 帰り際には店のオヤジが戸外に出て呼び込みをやっていましたが、場所の割には全然学生向けではないのが気になりました。

 また「またお前か」的な濃厚鶏白湯ってもう飽き飽きしたとはいえレシピが確立していてハズレがなく、良く言えばいつでも安心て食べられる一方、作り手が思い切ってあれから一歩踏み出そうとすると結構苦難を強いられることを感じさせる一杯でした。

| | トラックバック (0)

2018.01.15

黒蠍@四谷三丁目(3) ~ 汁なし黒担々麺

009

 地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から外苑東通りを南へ。四谷警察署の向かい辺り。先客3、後客3。ほぼ1年ぶりの再訪。

 店左奥にある券売機で、今回も店の看板メニューである「汁なし黒胡麻坦々麺(780円)」を注文。大盛り無料サービスとのことで大盛にしてもらいました。さらに配膳される直前にライスサービスが付くとの話があり、それもつけてもらいました。

 辛さのレベルは全く聞かれませんでしたが、貼り紙を見ると0.5辛~3辛まであるようです。 後客も特に辛さに注文を付けている人はおらず、卓上に辛口辣油や花山椒が置いてあって、辛さを加減したい人はそれで適当にやってくれというのが実態なのかも。

 他に「汁あり黒胡麻担々麺」「汁あり白胡麻担々麺」「生姜香る醤油麺」「黒蠍風まぜそば」「白胡麻担々つけ麺」、さらに「黒勝浦タンタン麺」など。「汁あり」だと一気に値段が900円に跳ね上がります。

 店内は横長L字型カウンター11席程度。水セルフ。厨房内にはオッチャンと中国人っぽいねーちゃんがいましたが、まだ不慣れなのはともかく日本語も怪しくて「小ライス」が上手く発音できず、何を言っているのか良く判らず苦笑。

006

 随分と大きな皿というかボールに近い器で登場。麺の上にはもやし、ひき肉、糸唐辛子。

 まぜまぜすると麺はたちまち黒々。ウンチク書きによるとタレは「クリーミーな黒ごまペーストに、2種類のラー油と2種類の花山椒、それに特製の醤油ダレを合わせた、辛さと香り豊かなタレ」とのこと。

 麺は口当たりが柔らか目でもっちりした平打ちっぽい麺で、見た目と言い、食感と言い、なんだかじゃじゃ麺にそっくり。もっとも味わいは全然違いますが。量は茹で上がり時で並:350g、大:525gと特に多いわけではありません。

 またデフォルトだと辛さ、痺れともほとんど無く、ゴマだれが強く自己主張して甘目なので少々がっかり。そこで卓上の辛口辣油を少量追加。すると辛さはぐっと増して担々麺らしくなります。また大盛りだと麺と具の量的バランスが崩れてしまうのか、肉味噌やもやしが今一つ麺に絡んで来ず、ひらすら麺を食っているような印象。しかも前回往訪時よりもやしが減っているような気が。

 食べ終わっても底にほとんど何も残りません。その意味ではわざわざライスをつける必要はないのですが、ないならないで単調で飽きやすいかも。

 担々麺自体は専門店としては今一つかなと思いますが、今時の担々麺としては安めで、そこそこ美味くてお腹一杯になるという地元民が普段使いしやすい店だとは思います。

| | トラックバック (0)

2018.01.03

はな火屋@新宿(3) ~ 醤油らーめん

004

 新宿駅西口から小滝橋通りを北へ。ほぼ2年ぶりの再訪。夕方の中途半端な時間のせいか先客、後客ともゼロ。

 戸外の券売機でボタン先頭の「醤油らーめん(650円)」を注文。他に味噌、各種つけめん、夜限定の背脂げんこつなど。普通、中盛、大盛まで無料ですが、今回は中盛で。

 店内は厨房に向かってカウンター6席と壁沿いに2人掛けテーブル2卓。着席時にコップだけ渡されて水セルフ。厨房内にはオヤジが2名。

 かなり手狭な店ですが、注文品を席まで持ってくるのはたいしたもの。カウンター越しに、時には頭からラーメンをかぶってしまいそうな高い位置から配膳して平気な店があまりにも多すぎますな、昨今は。

001_3

 相変わらず広口で浅い丼で登場、以前は必要以上にでかいレンゲが特徴的でしたが、それは止めたのかな?

 スープは豚骨清湯ベース。スープの出汁にはあまり金をかけずに焦がしネギと表面の脂とかえしとでなんとか持たせているような気がしますが、それでも飽きさせない範囲内に仕上がっています。

 麺はやや細めのほぼ太ストレートで若干固めかつごわごわ。少々安っぽい味わいなので、しゃきしゃきのもやしを適宜絡めながら食べるのがよさげ。量の明示はありませんでしたが、量的には中盛で十分満足。大盛りだとスープとのバランスが崩れそう。

 チャーシューは脂が適度に乗ってまずまず。他にメンマ、九条ネギ、海苔。

 それなりに満足が行くクォリティーで、コストパフォーマンスが抜群に良く、駅近&中休みなしと非常に使い勝手のいい店です。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧