2022.05.16

デイトセイ@高田馬場 ~ たまり醤油ネオ中華そば・セイ

Daysay001

 JR高田馬場駅正面、早稲田通りを渡ってさかえ通り沿い。セブンイレブンの斜向かい辺り。先客・後客ともゼロ。
 
 店内の券売機ボタンを見て「たまり醤油ネオ中華そば・セイ(950円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは「全粒粉極濃つけ麺・デイ」「香味野菜オリエンタルまぜそば」との三本立て。5月から「山椒麻婆四川まぜそば」を予定とのこと。
 
 店内はL字型カウンター8席。卓上には柚子七味、魚粉、かぼす酢、ラー油、黒胡椒。さらに卵かけご飯用の醤油。 

Daysay002

 スープがかなり黒っぽいのはたまり醤油から来ているのでしょうが、この醤油の自己主張が強いのなんの。典型的な「醤油飲ませる系」で鶏ベースと思しき出汁の旨味はかき消されがち。しょっぱいと感じるほどではありませんがかなり味が濃く、「濃い味が苦手な方はご遠慮ください」と書いてあるのも納得。それはともかく妙な脂臭さはどこから来ているのかなぁ?
 
 麺は中細ストレートタイプ。水気が少なそうで、しかも密度が高そうな歯応えの強い麺で気に入りました。
 
 チャーシューは2種。ピンク色のは判りやすい低温調理のチャーシューで非常に淡白な味わいですが、細かく刻まれている茶色いほうはやや塩気強め。他に刻み青ネギ。
 
 この内容でこの値段。さかえ通りの客層には合わないと思いますが、果たしてどうなることやら。

|

2022.05.12

極ジョー@新宿3丁目 ~ 和歌山ラーメン

Gokujo002

 新宿駅東南口前の飲食店街の一角。ビックロの裏、大塚家具の斜向かい辺り。先客3、後客6。

 店内のタッチパネル式券売機で「和歌山ラーメン(780円)」を麺硬めで注文。和歌山ラーメンは概して量が少ないので、平日限定で格安の「ご飯(50円)」も付けて見ました。
 
 メニューは他に黒和歌山ラーメン、豚骨醤油太麺、辛辛太麺、つけ麺、黒つけ麺、辛つけ麺など。セルフ式の松屋等でも見かける食券を店員に渡さなくてもいい今時らしい最新鋭券売機ですが、使いづらいのはともかく、どうもQRコードだとかICカードだとかの読み取り不良が頻発していたようでなんだかなぁ。
 
 店内は横長カウンター3席と縦長カウンター6+4席。卓上には酢とミル入り胡椒のみですが、券売機近くに無料の風味替えコーナーがあり、秘伝の辛ダレ、おろしにんにく、辛し高菜、紅しょうが、ゆずこしょう、魚粉、辛もやしを設置。でも先客、後客とも利用している様子はありませんでした。こういうのは常連じゃないと最初は気づかないでしょうし、食べている最中に気づいたところでわざわざ取りに行くのは面倒ですし。

Gokujo001

 とろみがかったスープは「大量の豚骨と鶏ガラを強烈な火力で2日にかけて炊き込み続けたコクまろスープ」というのが店のウリ文句。和歌山ラーメンにありがりちな醤油がうるさいタイプではないのは大いに結構と思ったのですが、どういうわけか肝心の出汁がしっかりしているとは言い難く、なんだかぼんやりした甚だ物足りない感じで残念至極。
 
 麺は細目のストレートタイプで水気の少なそうな若干ごわついた食感が特徴。やはり麺量は少な目で替玉を頼む客が目立ちました。なお替玉は現金で受け付けているようです。
 
 具はチャーシュー、カマボコ、メンマ、刻み青ネギ。ラーメンの具だけではご飯のおかずには量的に不足なのはミエミエだったので、風味替えコーナーにあった辛もやしが大活躍。

|

2022.04.27

はな火屋@新宿 ~ 醤油らーめん

Hayabiya2202001

 新宿駅西口から新宿大ガード西交差点を渡って小滝橋通り「タリーズコーヒー」のある交差点を左へ入ってすぐ。ほぼ2年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客4。

 店内の券売機でボタン先頭の「醤油らーめん(700円)」を注文。普通、中盛、大盛まで無料ですが、今回は中盛で。メニューは他に味噌、つけ麺、味噌つけ麺、夜限定の背脂げんこつなど。

 店内はL字型カウンター9席のみ。卓上には自家製っぽい辛味調味料とブラックペッパー、酢、一味。カウンターを厨房の間の仕切り壁が高くて中の様子は伺えませんが、壁越しに頭上から配膳せず、ちゃんと客席まで持ってくるあたりは実に親切。水セルフ。

Hayabiya2202002

 昔は広口で浅い丼で出していましたが今は中盛以上は普通の深めの丼で出すことにしたのかな? また大昔は必要以上にでかいレンゲが特徴的でしたが、それは止めて久しくなりました。

 スープは豚骨清湯ベース。スープの出汁にはあまり金をかけずに焦がしネギと表面の脂とかえしとでなんとか持たせているような気がしますが、それでも飽きさせない範囲内に仕上がっています。

 店外に菅野製麺所の麺箱が見えた麺は平たい並太ストレートで若干固め。量の明示はありませんでしたが、中盛は確かに一般的な麺量よりはやや多く、個人的にはこれで十分満足。大盛りだとスープとのバランスが崩れそう。単調に思えてきたところで卓上の辛味を投入。

 チャーシューは若干崩れやすいタイプながら旨味は十分。他にメンマ、九条ネギ、海苔。

 相変わらず場所の割には値段が安くてそれなりに満足が行くクォリティーで、コストパフォーマンスは抜群。メニューも豊富で駅近&中休みなしと非常に使い勝手のいい店です。もはやマニア受けには程遠いでしょうが、個人的には高く評価しています。

|

2022.02.21

九心@早稲田 ~ 塩らあ麺

Kyusin002

 東西線早稲田駅から早大通りを東へ。先客ゼロ、後客5。

 券売機は無く、卓上のメニュー先頭は「牛骨塩らあ麺」でしたが、より無難そうな「塩らあ麺(890円)」を注文。ランチサービスなし。後払い。
 
 メニューは他に海老塩らあ麺、醤油らあ麺、白味噌らあ麺、そして最近味噌鍋仕立てラーメンというのを始めた模様。またトッピングに鎌倉野菜を推しているのがこの店の特徴です。

 店内は横長カウンター4席と2人卓×3、4人卓×1。卓上に調味料類は無し。お冷はなぜかペットボトルでミネラルウオーターが出てきます。

Kyusin001

 スープは黄土色に濁っていて一般的な塩ラーメンのイメージとはちょっとかけ離れているのはともかく、とにかく滅茶苦茶しょっぱい!! 全く飲む気にならないのはともかく、麺を絡めるだけでもそのしょっぱさに嫌気が差すレベル。動物系出汁を主体にあれこれ加えているようですが、スープを何口もすすって詮索する意欲は全く沸きませんでした。
 
 麺は並太縮れ麺。スープの絡みが良いのがある意味悪い方に作用。

 具におでん状の大根というか「大根のたいたん」が入っているのが極めてユニーク。でもこれを活かすならなおさらやたらしょっぱいスープはないわー。出汁の美味さを前面に押し出した薄口であって欲しいところ。具は他にチャーシュー、メンマ、刻みネギ、岩海苔、味玉半個。

|

2022.01.29

宗@西早稲田 ~ 金色塩らぁめん

Sou_waseda002

 JR高田馬場駅から早稲田通りを東へ。馬場口交差点角に立地。先客1、後客ゼロ。この界隈では老舗ですが、なんとほぼ13年ぶりの再訪。

 店内の券売機ボタンを見て「当店名物」とある「金色塩らぁめん(850円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に「熟成塩濃厚」「至福の旨辛麺」「つけ麺」など。また数量限定で週替わり麺を出しており、往訪時は「濃厚煮干しらぁ麺」でした。
 
 店内はL字型カウンター8席と店奥に縦長カウンター3席。卓上には特製うめ酢とミル入りホワイトペッパー。外観は相変わらず垢抜けていますが、さすがに中はかなり年季が入った模様。また個人的には椅子が低すぎて少々食べにくくて難儀。丼がつば広型なのも食べにくさに拍車をかけている気も。

Sou_waseda001

 スープは鶏ベースの魚介混じりといったところでしょうか。塩がいたずらに自己主張しないのが何より嬉しく、あっさり目のスープの旨味を心行くまで堪能できます。

 麺は中細緩い縮れ入り。つるつるした口当たりで、スープとの相性、絡み具合とも文句なし。

 やや厚め・堅めで適度に脂の乗った炙りチャーシューは洋食屋で出てきても何らおかしくないほどの美味さ。具は他に水菜、刻みネギ、糸唐辛子、穂先メンマ。

 卓上の特製うめ酢を入れると、わずかに残っていた塩ダレの尖りが完全に解消されて、一段と飲みやすくなりました。
 
 次はさほど間を開けずに再訪したいものです。

|

2022.01.27

たけろくらーめん@高田馬場 ~ 牛塩らぁ麺

Takeroku001

 山手線高田馬場駅から早稲田通りを東へ10分弱。馬場口交差点の手前。先客ゼロ、後客4。
 
 店内の券売機を見て、比較的シンプルそうな「牛塩らぁ麺(800円)」を注文。大盛orライスの無料サービスをやっていたので大盛にしてもらいました。

 メニューは他に爆裂牛すじつけ麺、淡麗煮干醤油らぁ麺、焦がし煮干しらぁ麺、濃厚味噌らぁ麺、(限定)辛味噌らぁ麺など。見事に方向性がバラバラでイマイチ何がウリなのか判然とせず。

 店内はコ字型カウンター14席のみ。卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、酢、ラー油、カレースパイス。水セルフなのはともかく給水器が店の片隅に一つあるだけなのでチト面倒。

Takeroku002  

 黄金色に輝く半透明のスープは塩ダレを控えめにしたことも手伝ってか、牛の旨味と甘みがはっきりと判り、牛らしい香りまでほのかに漂ってきます。ただ脂っ気も強めで、食べ進むと口周りが少々べたつく感じも。

 麺は並太の緩い縮れ入り。大盛だとスープとの量的バランスが崩れてしまい、丼の中でやや玉になりがちですが、スープの絡みが悪くなるほどではないのでぎりぎりセーフかな。やや硬めのゆで加減なのに加え、若干水気が少な目なのか食感がちょっとチープな気も少々。飽きて来たところでブラックペッパーを投入すると味がぐっと引き締まります。
 
 牛チャーシューはしっとりとした仕上がりですが淡白な味付けのようで、その味わいはスープにかき消されがち。他にスプラウト、刻み青ネギ。

|

2022.01.20

味噌屋八郎商店@新宿 ~ 味噌らーめん

Misoya2112001

 新宿駅西口から小滝橋通りを北へ。「新宿都税事務所」交差点そば。隣に「ラーメン二郎」あり。「なんつっ亭」グループの店は閉店が相次いですっかり寂しくなってしまいましたが、この店はなぜか長続きしています。ほぼ3年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。

 久しぶりなのでオーソドックスに「味噌らーめん(800円)」を注文。普通盛(150g)・大盛(225g)同料金なので大盛にしてもらいました。

 メニューは他に辛味噌、トマト味噌、カレー味噌、味噌つけ麺等と特に変化なし。

 店内はL字型カウンター9席(感染症対策で従前の12席から減らした模様)。卓上には一味、ブラックペッパー、酢、醤油、ラー油、おろしニンニク。水はなぜか小さめのヤカン入り。

Misoya2112002

 スープに黒々としたマー油が浮かんでいるのが特徴ですが、味噌という強烈な個性の前にその存在はやや霞みがちで、特にその香りはかき消された格好。味噌自体は若干辛目。しかし炒め物のもやしからちょっと水が出ているのか、背脂すら浮いているスープは見た目ほど脂っぽくは感じませんでした。もっとも麺を食べ終わってスープを飲むと否応なしに非常に脂っこいことに気づかされます。
 
 麺は太麺ストレートタイプ。しかもやや硬めの仕上がりで相当噛み応えがありました。超こってりスープに合わせたつもりなのでしょう。

 炒め物はもやしだけのようで玉ねぎやニラ、キャベツ等は確認できず。チャーシューは厚みがあるものの、若干パサつき気味で旨味も抜けかかっているような・・・ 他に刻み青ネギ。

 クォリティー的には可もなく不可もなしといった感じですが、このエリアの味噌ラーメンとしては今や安いほうになり、「安めでそこそこ美味くてお腹一杯になる」という意味でのコスパは良好。これが激戦区で長続きしている理由なのかも。

|

2021.12.11

ぎょらん亭@高田馬場 ~ 十割ラーメン

Gyoranteiw002

 山手線高田馬場駅から早稲田通りを東へ。馬場口交差点を渡った先。先客1、後客2。

 小倉の人気店が都内へ進出してきたものですが、「餃子酒場たっちゃん」のランチタイムの間借り営業に過ぎないので試験的性格なのかも。小倉で試食した際に結構気にいったのでこちらで再訪。

 券売機は無く、メニューを見て「十割ラーメン(750円)」を注文。麺は中太or細麺が選べるので中太で。また硬さも聞かれたので「硬め」でお願いしました。後払い。

 小倉の「ぎょらん亭」は
・十割:豚骨100%
・二八:鶏20%&豚骨80%のブレンド
・どろ:クリーミー&濃厚仕様
の3種類がウリでしたが、ここは「十割」と「二八」だけで「どろ」はやっていませんでした。

 店内はカウンター7席と4人卓×6。卓上にはラー油、胡椒、醤油、酢、餃子の辛味噌。頼めばおろしニンニクも出してくれるようです。水はともかく辛子高菜や紅生姜も店の片隅に固めて置く方式なのでチト面倒。白ごまは見当たらず。

Gyoranteiw001

 小倉で試食した時のメモによれば「十割ラーメン」がぎょらん亭の原点だそうで、「通常の倍量の国産げんこつを長時間炊きあげてつくるド豚骨ラーメン。朝一番のフレッシュなスープを一定の濃度で濾さずに炊き続け、丼に注ぎながら濾すことで軟骨や脂身の旨味を余すことなく抽出。北九州ヤマニ醤油の吟醸薄口をベースにした『かえし』を合わせることで、旨味・濃度・塩分が調和したメリハリのある味わいを生み出します」というのが店のウリ文句。

 とろみがかったスープはクリーミーという形容がしっくりくるタイプでざらつきは感じず、豚骨臭も皆無。それはともかく、どういうわけかかなりしょっぱくてせっかくの豚骨の旨味がかき消されがちなのが残念。当然ながらせっかく手元に用意しておいた辛子高菜は完全に無意味な存在に。小倉ではしょっぱいという印象は全然受けなかったのですが・・・・

 麺は「中太」といっても細麺よりは太いだけで、せいぜい並太程度のストレートタイプ。「硬め」だと生茹でに近くて、スープに対して明らかに強すぎました。後客が「柔らかめ」を頼んでいましたが、たぶんそれが正解。

 バラ肉チャーシューが値段の割にはしっかり煮込まれていてなかなかの出来。他にキクラゲ、刻み青ネギ。

|

2021.11.07

我武者羅@四ツ谷 ~ ラーチャンセット

Gamusyara2110003

 中央線四ツ谷駅から駅前の四谷見附交差点を渡って新宿通りを西へ。通りの対面にホテル京阪あり。先客1,後客5。

 「ラーチャンは文化です」を合言葉にラーメン&チャーハン、あるいはラーメン&カレーライスといったセットものをウリにしている店で、ラーメン単品もあるにはあるのですが、券売機ボタン下段に申し訳程度にある感じ。よって基本の「ラーチャンセット(850円)」を注文。

 麺類は他に背脂ラーメン、タンメン、旨辛タンメン、肉つけ麺とバリエーションがあり、それらにチャーハンorカレーライスをセットにして販売しています。

 席は壁に向かったカウンター6+5席、立ち食いカウンター5席、店奥にカウンター2+2席。卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、一味。またこの店は路面店にしては珍しいことに、食券購入後出来上がったら番号で呼ばれるとか、食後は返却口まで丼を下げるとか、フードコートみたいなセルフ方式を採用しています。

Gamusyara2110001

 スープは煮干し出汁がしっかり効いています。表面の油膜が目立ちますがこってりではなく、むしろあっさりに近い印象。ただ毎日でも飽きない優しい味わいと取るか、なんだか物足りないと取るかは微妙なところ。

 麺は中細ストレート中細タイプでつるつるした口当たり。優しいスープとの相性、絡み具合は文句なし。

 具はバラ肉チャーシュー、メンマ、刻みネギ、海苔。

 端的に言って、ここの中華そばは1年前に「我武者羅 初台店」で食べた新潟・燕三条の背脂煮干し醤油ラーメンを強く意識したような「中華そば」とは全くの別物で、値段を抑えるべく基本設計から見直したものを作った感じ。中華そば単体だとちょっと寂しいかな?

Gamusyara2110002

 チャーハンは玉子・チャーシュー・青ねぎ入りといったごくフツーのもので、ラーメンと合わせて食べることを意識したような若干薄めの味付け。可もなく不可もなし。

 そこそこ安めでそこそこ美味くて、お腹一杯にはなるというコスパ重視の客のニーズに目一杯応えた感じの店でした。

|

2021.11.01

はるま@新宿 ~ (徳島風)中華そば

Haruma002

 新宿西口、損保ジャパン本社(旧安田火災)近くの大歩道橋を渡ってすぐ。昔「あびすけ」があったところかな? 先客2,後客ゼロ。徳島ラーメンがウリの店です。

 店内の券売機で基本の「中華そば(850円)」を注文。ランチサービスなし。徳島ラーメンでは生卵を無料サービスする店が結構ありますが、ここは別料金でした。

 麺類メニューは中華そば一本。つけめんのボタンもありましたが、往訪時は販売していませんでした。

 店内はL字型カウンター7席と島式カウンター4席。卓上にはホワイトペッパー、かえし、すだち果汁、おろしニンニク。

Haruma001

 若干とろみがかった、わずかにざらつきのあるスープは醤油の自己主張が強くてかなりしょっぱめで、ご飯と共に食べることを前提にした感じ。徳島ラーメンのスープってすき焼き風の甘辛いイメージを持っていましたが、ここのはあんまり甘くなくてしょっぱい方向にベクトルを振ったみたいで。それはまだしも豚骨臭とはなんか違った臭みがあって、食べ手を選びそうな癖が多々。

 麺は中細ストレートタイプで、水気の少なそうな若干ざらつきのある口当たり。

 具はスライスされた豚バラ肉と茹でもやし、メンマ、刻み青ネギ。

 中華そばだけだと明らかに量的に物足りず、いかにもご飯をつけてナンボという感じの一品ですが、その割には「安くてそこそこ美味くて腹一杯になる」という意味でのコスパが非常に悪いのが気になりました。

|

より以前の記事一覧