2020.12.12

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者@池袋 ~ (濃厚魚介豚骨)ラーメン

Ganzya001

 池袋駅ビル西側の「東武ホープセンター」の一角。コクーン店には何度か行ったことがありますが、こちらはなんと9年ぶりの再訪。先客3、後客3。

 大昔はつけめん専門店だったはずですが、券売機ボタンを見るとコクーン店同様こちらも「ラーメン(830円)」を出していることに気づいて注文。麺の量は150g、200g、250gが選べるので、今回は200gで。

 メニューは他につけめん、つけめんライト、辛つけめん、辛つけめんライト、ラーメンライト、担々あえめん等。

 店内は7人掛けと5人掛けのカウンターを向かい合わせに配置。さらに4人掛けテーブルが3卓。卓上には胡椒、一味、酢。

Ganzya002

 とろみ強めのスープは昔のウンチク書きには「豚骨、鶏がら、モミジなどを大量に使い・・・仕上げにサバ節、カツオ、煮干し、昆布等の魚介食材を大量に加えました」とありましたが、その頃と全く変わっていないかな? 

 海苔の上の魚粉を最初から混ぜてしまうと旨味過多でくどくなってしまうことが経験的に判っているので極力崩さないよに食べ進みましたが、その甲斐あってかやたら魚粉のざらつきが必要以上に目立つことなく、見た目ほどには重くもくどくも感じずに食べられました。もっとも最後は魚粉まみれになってしまいますが。

 麺は自家製の太麺ほぼストレート。心持ちざらつきのある口当たりで、しっかりとした噛み応えが嬉しいもの。濃厚スープとの相性も文句なし。M200gでもスープとの量的バランスは崩れず、むしろバランスがちょうどいい気がしました。

 チャーシューは崩れやすいタイプですが、肉の旨味十分でなかなかの出来。他に白髪ねぎ、海苔、ナルト、黒胡麻が少々。大昔はプラムが乗っていましたが、やがて頼めば入れる方向になり、今は完全に止めてしまったようです。

 コクーン店のラーメンの出来はイマイチと思ったのですが、ここのは上々。頑者は店によるブレがでかいのか、たまたまなのか判りませんが・・・

|

2020.11.21

LOKAHI@大塚 ~ 地蛤中華蕎麦

Lokahi002

 山手線大塚駅北口から「ぼたん」や「汁なし破顔」のある飲食店街を進んで「空蝉橋通り北」交差点の手前。隣に「太陽のトマト麺」あり。先客ゼロ、後客5。

 券売機はなく、店内のメニューを見て「地蛤中華蕎麦・醤油(880円)」を注文。ランチサービスなし。後払い。

 地蛤中華蕎麦は「塩」もあり、他に中華蕎麦(醤油/塩)。また往訪時は限定メニューとして「大山鶏と真鯛と煮干しの濃厚中華蕎麦」を出していました。夜はちょい飲み屋になる感じ。

 店内はL字型カウンター8席と4人卓×1。卓上に調味料類はなし。

Lokahi001

 スープは「蛤の潮出しと鶏、煮干し、節の出しを合わせた」ものとのこと。食べ始めは個性の強いハマグリの味わいが前面展開しますが、すぐに他の出汁を馴染んでゆきました。個人的には醤油をもう少し抑えてもらったほうが出汁の旨味がより楽しめる気がしますが、現状でも許容範囲内。

 麺は中細ストレートタイプ。心持ちざらつきのある口当たりで、しなやかに持ち上がる見た目よりは噛み応えがしっかりしていて気に入りました。スープとの相性も文句なし。

 ハマグリの身を食べようとしたら、まるで梨のようにスープがブシャー!! 鶏チャーシューは超淡白。他にカイワレ、三つ葉。

 出てくるものが純和風なのに屋号がハワイ風なのかが謎ですが、珠玉の一杯でした。

|

2020.11.14

鶏の穴@池袋 ~ 白鶏らーめん

Toriana002

 池袋東口から明治通りを北へ。ハレザ池袋(旧豊島区役所)の斜向かい辺り。ほぼ2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客ゾロゾロ。退店時には店内に待ち客3。

 このところ月替わりメニューばかり頼んでいたので、基本に立ち返って「白鶏らーめん(760円)」を注文。他に赤鶏らーめんやつけ麺も用意。

 店内はU字型カウンター20席程度。但し、コロナ感染防止策の一環として1席置きにしか使用していないので、稼働しているのは10席程度。稼働している席の間には衝立を設置。卓上には一味と胡椒。

Toriana001

 小口ネギが多数浮いたスープはかなりどろっとして、食感・味わいともまるでポタージュのよう。鶏臭さはほとんど感じられない反面、鶏の旨味はぎっしり。しかもかえしは控えめで、鶏の旨味が存分に楽しめます。これぞ濃厚白湯スープ!! 単に味が濃いだけの「濃厚スープ」をあざ笑うかのような会心の出来。

 麺は中太ストレート麺。やや麺が短い気がしましたが、気のせいかな? わずかにざらつきがある口当たりで、程よい噛み応えが気に入りました。どろっとしたスープがよく絡み付いてきます。

 鶏モモ肉を使ったチャーシューはやや淡白な味付けで、濃い目に味付けられた鶏そぼろと好対照。やや大ぶりのメンマはサクサク&ざっくりとした歯ごたえが楽しいタイプ。

 定番商品の安定した美味さを久しぶりに堪能。

|

2020.11.12

ソラノイロ@池袋 ~ (生姜醤油)中華そば

Soranoiro_ik002

 池袋駅西口から有楽町線要町駅へ伸びる「乱歩通り」沿い。但し、店は通りには直接面しておらず、「中華酒菜たなか」のある角を曲がった先にあって判りにくいので、乱歩通りの歩道に案内板が出てきました。「ソラノイロ食堂」が「ソラノイロ 池袋店」にリニューアルしたと聞いて再訪。リニューアル前は1年半前に往訪したきり。先客2、後客8。

 店内のタッチパネル式券売機で基本と思しき「中華そば(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他につけ中華、油そば、旨辛中華そば、旨辛つけ中華、旨辛油そば、キノコのベジソバ(限定10食)など。

 以前は屋号通り純然たるラーメン店ではなくカレーライスや餃子定食、唐揚げ定食などもある気軽な食堂で、かつ夜はちょい飲み需要にも応えるというコンセプトでしたが、リニューアル後はラーメン主軸に転換して、ラーメンメニュー自体も見直し。またどう見ても割高感があった価格設定も下方修正されたようです。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター10席(2席毎に間仕切りを設けているので、実際は5席分しか稼働させていないかも)と4人卓×5。卓上に調味料類は無し。水セルフ。

Soranoiro_ik001

 スープは判りやすい豚ベース。ただナルトの裏にたっぷり生姜が添えられているのがポイント。最初から生姜をかき混ぜず、食べ進むうちに自然と生姜が崩れてゆくままに任せておきましたが、次第に生姜の効きが強まってゆくのがよく判って実に良い塩梅に。といっても、終盤になって背中がスースーするほどのやり過ぎ感もなく、全体のバランス感を逸しない程度に抑えられています。

 背脂が非常に目立ち、スープも結構テカテカしていますが、生姜効果ゆえに脂っこさは微塵も感じられず。かえしも出汁の旨味を損なわない程度に抑えられていて、これまたバランスが良く考えられています。

 麺は従来の茨城県つくば製麺所の特注麺から自家製麺に変わったようで、中太ストレートタイプ。箸で持ち上げるとへなっとしていて不安でしたが、その見た目に反して弾力性を保ったもっちりした食感は悪くなく、スープに全く負けていません。つるつるした口当たりも心地よし。

 チャーシューは柔らかくて若干スモーキーなところも。他にメンマ、青菜、海苔、刻みネギ。

 個人的にはリニューアルは大正解。これなら他のメニューを試してみる価値あり。

|

2020.11.04

ごとう@駒込 ~ (動物魚介系)ラーメン

Gotou002

 駒込駅南口斜向かいにある松屋やマクドの先。半地下にある店で、ほぼ6年ぶりの再訪。11時の開店直前に到着したら先客ゼロ、後客7と早い時間帯から相変わらず繁盛していました。

 券売機ボタン先頭の「ラーメン(750円)」を注文。6年前から20円しか値上がりしてないのは嬉しいもの。ランチサービスなし。

 どちらかというと「もりそば」がウリの店と思っていましたが、後客の注文は意外にもラーメン系ともりそば系が半々くらいでした。

 店内はL字型カウンター7席と4人掛けテーブルが1卓。卓上にはラー油、酢、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、おろしニンニク、豆板醤。

Gotou001

 わずかに魚粉のざらつきを感じるスープは動物系と魚介系の合わせ技。わずかに魚介が強めに出てはいますが両者のバランスが絶妙。ただ昔よりちょっと醤油がうるさく、味が濃くなったような気がしました。麺を絡める分には何の問題もありませんが、飲むのはどうかと。

 麺は太いストレート麺でややざらつきのある口当たり。いかにも密度が高そうな麺でしっかりした噛み応えが気に入りました。東池袋大勝軒の流れをくむ店って概して必要以上に麺の量が多いので、麺が不味いと終盤持て余しがちになりますが、ここのは上々。また麺の量に比例してスープもたっぷりなのも嬉しいところ。とはいえ、やや飽きてきたところで卓上のブラックペッパーを投入。

 チャーシューがちょっとパサつき加減でイマイチ。メンマも割りとたっぷりめ。他に刻みネギ、小さい海苔。昔は煮玉子が半個乗っていましたが、値段据え置きの代わりに無くなってしまったようで。

 おいおい「もりそば」で再訪します。

|

2020.09.05

千石自慢らーめん@西巣鴨

Sengoku002

 都営三田線西巣鴨駅から明治通りを南へ。大正大学の先、堀割交差点角。千石自慢ラーメンは9年以上前に今は無き鶯谷店に行って以来。先客4、後客6。

 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「らーめん(700円)」を注文。ランチタイムは麺大盛かご飯一杯が無料サービスなのでご飯を付けてもらいました。

 券売機ボタンは各種トッピングやご飯もの、アルコール類も含めて随分賑やかですが、意外にもらーめん類のバリエーションはなく、「つけめん」がある程度。また店では「半らーめん+角煮+おにぎり」からなる「ひるの定食(800円)」を推していました。

 店内は横長カウンター10席強。卓上にはブラックペッパー、ブラック&ホワイトペッパー、酢、ラー油、おろしニンニク。

Sengoku001

 スープは豚骨ベースですが残念ながらかなりしょっぱい。「濃厚豚骨」を謳っていますが、濃厚なのは豚骨出汁ではなく単に味が濃厚なだけ。背脂がスープ全面を覆っていますが背脂の甘みはさほど感じられず、ただただしょっぱい。ご飯を付けて大正解でした。もちろん全く飲む気に慣れず。

 麺は中太緩い縮れ入りで、デフォルトでもやや硬め。また量もやや多めでわざわざ大盛にしなくて正解でした。

 バラ肉チャーシューはグダグダに崩れやすいタイプ。他に茹でもやし、メンマ、刻みネギ。

 いかにも大昔に流行った風の一杯ですが、今となってはもういいかなぁ・・・

|

2020.08.31

ぼたん@大塚 ~ (博多風トンコツ)ラーメン

Botan002

 大塚駅北口から徒歩2分ほど。猥雑という形容がぴったりな外食店だらけの商店街の中にある半地下の店です。約8年ぶりの再訪。先客1、後客2。

 早速「ラーメン(750円)」をバリカタで注文。券売機はなく後払い。麺類メニューは極端に絞り込まれていて、後はトッピングが増えるだけ。ご飯ものも明太子ごはんとねぎ肉ごはんが目立つくらいで、壁の舌代はどちらかといえば酒類とおつまみ類が目立ちます。

 店内は縦長L字型カウンター13卓と5~6人掛けくらいの丸テーブルが2卓、4人卓×1で、都心の店の割にはゆったりとした店構え。水がセルフなのはともかく、カウンターに水ポットを全く置いていないのはチト不便。卓上には紅生姜、辛子高菜、ニンニク、すりごま、ブラックペッパー、一味、替え玉のタレ。

Botan001

 少しとろみがかったスープは東京向けにアレンジしていない、武骨というか直球ど真ん中勝負というか、良くも悪くも混じりけの少ない博多風トンコツで、もちろん豚骨臭もきつめ。ただ残念なことにかえしが随分きつくなったような気が・・・これだと足立区鹿浜の「いっき」の出来には及ばないかも。とはいえ、比較的近場で食べられる博多風トンコツの中では依然として美味いほうです。

 麺はもちろん極細ストレート。バリカタだと個人的にはちょっと粉っぽすぎるように感じたので、替え玉(100円)はカタにしてもらってちょうどいい塩梅に。また替玉を入れるとしょっぱすぎたスープも良い感じに薄まってジャストフィット。早速紅生姜やすりごまを投入。

 具はきくらげ、刻みネギ、薄いチャーシューが一枚。ネギが多めなのがちょっとだけ嬉しい。

 なお昔は帰り際に替玉サービス券をもらえたはずですが、そのサービスは無くなったのかな?

|

2020.08.23

【期間限定】本田商店@池袋 ~ ホンダラーメン1号純味

Honda002

 池袋駅東口、駅前のドンキホーテの裏あたり。池袋楽園タウン内。大昔は地方のラーメン店が期間限定で入れ替わり立ち替わり出店していたものの、途中から東京のラーメン屋が現地風のものを出す趣向に変わってしまったのでしばらく放置していましたが、久しぶりに地方のラーメン店が出てきたと聞いて久しぶりに往訪。といっても海外も含めて多店舗展開している、東京ラーメンショーの常連さんらしいのですが。先客ゼロ、後客2。

 店内の券売機ボタンを見て、初心者にオススメの定番「ホンダラーメン1号純味・味玉無し(750円)」を注文。ランチサービスなし。食券を渡すと「麺の硬さは普通で良いですか?」と聞かれますが、あんまり麺硬め等を勧めていないのか、あるいはオペレーション的に面倒なのでやりたくないのかどうか。

 メニューは他に「ホンダラーメン2号元味」「ホンダラーメン3号眞味」の三種類。2号元味は、本田商店原点の「丸福」の味を再現したものでにんにくチップ入り、3号眞味は黒マー油・白マー油・唐辛子味噌入り。

 店内は何の変りもなく横長I字型カウンター9席のみ。時節柄席間に衝立で仕切りを設けていますが、もともと椅子の間隔が狭い店なので一段と狭小に感じます。卓上にはニンニク醤油と紅生姜のみ。白胡椒や辛子高菜は見当たらず。。

Honda001_20200706135201

 若干とろみがあるスープは店外までほんのり漂う豚骨臭から来る期待感を裏切ることなく、豚骨の旨味が凝縮された一品。食後お腹にずっしりとくる「大砲」には遠く及びませんが、博多ラーメンに比べるとかえし共々濃厚でやや重い久留米ラーメンらしい味わいです。終盤はちょっとかえしのきつさが嫌みになる嫌いがあり、いかにも量産・多店舗展開に向いた味わいな気もしますが。

 麺は自家製の中細ストレートで、やや水気の少なそうなごわついた食感が特徴。量はちょっと少な目かなぁ? よって替玉も用意してありますが、博多ラーメンほど麺は細くないので、本来は替え玉ではなく最初から麺大盛で対応してほしいところ。

 チャーシューは濃い目の煮込み加減。他に海苔、刻み青ネギ。

|

2020.08.19

○惠中華そば@巣鴨 ~ 中華そば

Marue002

 山手線巣鴨駅南口を出て、やよい軒の先の交差点を南へ。店の真ん前がラブホ。代々木上原へ移転した「蔦」の跡地らしいのですが、「蔦」は大行列店になってから全く行かなくなった上にボケも重なって、その記憶はほとんど残っていません(苦笑)。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客3。開店後さらに6人。退店時には店内に待ち客2人。

 店内の券売機で基本の「中華そば(850円)」を注文。ランチサービスなし。現状メニューは基本「中華そば」しかなく、後はトッピングでバリエーションを付けているだけ。

 店内はL字型カウンター8席。卓上にはブラック&ホワイトペッパーと酢だけ。厨房の中には兄ちゃんが二人だけ。しかも店主が2杯ずつ丁寧に作っているので、運が悪いとちょっと待たされそう。

Marue001

 やたら広口で、しかもずっしりと重い大きな丼で登場。もちろんその中にスープがたっぷり入っており、その中で麺が泳ぎまくり。単価が高いのか何だか知りませんがスープをケチりまくって麺がスープからおもっきり顔を出してコンニチハしているようなラーメンをせせら笑うかのよう。

 「中華そば」と言えば普通醤油味で出てきそうなものですが、ここは見た目通り塩味。ただその塩に妙な尖り、変な自己主張がなく、出汁の美味さを活かそうとしている辺りに好感が持てました。その肝心の出汁は鶏ベースかな??? 良くも悪くも癖がなく、バランスの良い味わいが特徴です。

 ただ表面の脂層が案外厚く、味わいの上ではコクを加える程度でこってりした感じは受けませんが、食後はちょっと口周りがべたつきます。

 麺は新宿だるま製麺製でごく緩い縮れ入りの中太タイプ。脂層のせいか口当たりはつるつるしていますが、もっちりと形容するにはちょっと噛み応えがありすぎる感じ。

 チャーシューは概して薄めの味付けでほんのりスモーキーな、肉の旨味を活かしきった優れもの。券売機ボタンを見る限りチャーシューを40枚まで売り出しているところを見るとチャーシューにはよほど自信があるようで。他にメンマ、刻みネギ。

 メニューが増えると再訪のインセンティブになってなお良いのですが。

|

2020.07.28

いいかお@庚申塚 ~ 天然醸造醤油ラーメン

Iikao001

 都電庚申塚電停から南へ。庚申塚交差点そば。「昭和歌謡ショー」の跡地。11時の開店直前に到着したところ先客2、後客2。

 券売機はなく後払い。店内に貼りだされたメニュー先頭の「天然醸造醤油ラーメン(850円)」、ランチサービスなし。メニュは他に「煮干しが薫る白醤油ラーメン」があるだけで、たまたまかもしれませんが他客は皆「煮干し」を注文していました。

 店内は横長I字型カウンター4席のみと狭小(感染対策ののためか「昭和歌謡ショー」の時より1席減)で、カウンター裏のスペースもあまりありません。卓上には一味と胡椒のみ。厨房には店主のみですが、3杯ずつ作っているので回転は速そう。

Iikao002

 スープは鶏&豚の動物系ベースながら、それ以外の旨味も相応に。ただそれが何なのか自分の駄舌では析出できず。でもかえしが妙にでしゃばらないのが幸いして出汁の旨味を存分に堪能できます。無化調らしく後味もいたって良好。それでいて無化調にありがちな物足りなさなんて微塵もなし。

 麺は中細ストレートタイプ。心持ち柔らかめの仕上がりでつるつるした口当たり。

 チャーシューは肉の旨味をストレートに楽しめる低温調理系と軽く煮込んだ豚バラの2種。メンマ代わりにゼンマイを入れているのはラーメン屋には珍しいかと。他に海苔、刻み青ネギ。

 文句のつけようがない一杯。次は「煮干し」で。

|

より以前の記事一覧