2022.11.26

鴨&葱@巣鴨 ~ 鴨らーめん

Kamotonegi002

 山手線巣鴨駅から白山通りを南へ100m強。吉野家の先、セブンイレブンの手前辺り。御徒町の人気店「らーめん鴨to葱」の姉妹店という位置づけのようで、11時の開店15分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに4人。開店後に6人といきなり行列が出来るほどではないものの早い時間帯から賑わっていました。
 
 店内のタッチパネル式券売機で基本と思しき「鴨らーめん(850円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 また屋号通りネギがウリなのか、国産丸太白葱or千葉産極三わけねぎ葱、北海道産玉葱塩昆布和えの3品から2品選べるという面白いオプションがあります。鴨といえば一般的には「丸太白葱」を合わせるのが王道だと思いますが、個人的にはあれが苦手なので自動的に後2者を選択。またネギは月替わりのようです。
 
 メニューは他に鴨ワンタン麺、鴨コンフィ麺、鴨汁つけそば。タッチパネル式券売機としては珍しくパネルが階層をなしておらず、全メニューが一覧表示されます。年寄りが多い街ゆえ、タブがやたら多いタッチパネルを入れると混乱して何度も店員を呼ぶ羽目になるのが目に見えているからなぁ(苦笑)。
 
 店内は厨房前と壁際に縦長カウンターが2本(6+7席)。但し、厨房側の端っこの席は厨房から丼を上げ下げする窓口と化していて実際は使って無さげ。卓上には醤油、胡椒、自家製香り一味、柚子胡椒。

Kamotonegi001  

 小ぶりな丼で登場。しかも「巨大な御猪口」と形容しても良いような、丼にしては珍妙なくらい長めの脚が付いています。
 
 スープは無化調、しかも「鴨・葱・水」のみから出来ているのがウリで、「毎朝、京都、青森、埼玉などの各地から厳選した国産合鴨を丸ごと1羽からさばき、その鴨と水のみで数日間、じっくりスープを炊き込んでいます。」というのが店のウリ文句。

 醤油ダレは「濃口生醤油、淡口醤油、再仕込醤油を鴨と葱と合わせてタレを仕込んで」いるそうですが、残念ながらこの醤油ダレがやや強く出てしまい、せっかくの鴨出汁の旨味なり甘みなりをかき消し気味。以前御徒町で試食した時は「スープを飲むのは少々きつく、ご飯が欲しくなるレベル」という感想を抱きましたが、さすがにそれよりはかなりマシ。でもしょっぱい、うるさいと感じるほどではないとはいえ、やはりバランスはあまり良くありません。
 
 麺は細めのストレートタイプ。全粒粉配合ですが口当たりにざらつきはほとんどなく、実にしなやか。スープとの相性や絡み具合はは文句なし。スープの味が濃すぎて飽きやすいので、柚子胡椒が良い味変に。
 
 具は鴨肉チャーシューは薄いのが2枚。しっとりした仕上がりでまずまず。青ネギはともかく、刻み玉ねぎはちょっと刺激が強すぎてこのラーメンには正直合いませんでした。でも太い白ネギ好きじゃないんだよぉ・・・ 他に穂先メンマが入っていました。

|

2022.11.08

無敵家@池袋 ~ 本丸-X

Mutekiya002

 池袋駅東口から明治通りを南へ。西武百貨店のさらに南、「南池袋一丁目」交差点角。コロナ禍前は外国人観光客が長蛇の列を成していて、あまりの行列の長さに恐れをなして長らく放置していましたが、浦和のFWユンカーがこの店で「1ポンドドカ盛りちゃうしゅう麺」を試食している姿をTwitterで紹介し、その後紆余曲折の末に今夏無敵家様が浦和のスポンサーになったことを記念して超久しぶりに再訪。
 
 外国人観光客の戻りはまだ鈍いようですが、内需が堅調なせいか、往訪時は既にほぼ満席で空いているラスト1席に辛うじて潜り込み。その後も終始ほぼ満席をキープしていて、退店時には外待ち2。
 
 券売機はなく、卓上のメニューを見て「無敵家の定番商品」とある「本丸-X(950円)」を注文。麺量は並(210g)、大盛(320g)同値段でしたが、並にしました。後払い。
 
 メニューは非常に多彩ですが、豚コク醤油スタンダードなラーメンを基本に、旨辛麺、カニみそ麺、本丸-Black、まぜそば、各種つけ麺など。
 
 店内はかなり手狭で縦長のカウンターが2本、20席弱といったところ。テーブル席はないのでグループ客はそのつもりで。席間は狭めで、しかも天井から吊り下がっている気休めの仕切り板がうざくて居心地はあまりよくありません。卓上には酢、ラー油、醤油、ミル入り胡椒、辛子高菜、ブレンド節粉、ラーメンのたれ、ジャスミン茶の濃縮。生ニンニクは有料(50円)。

Mutekiya001  

 スープは判りやすい豚骨ベースですが、豚骨臭は一切なし。ちょっと放っておくと表面に油膜が出来るので脂はそれなりに多そうですが、食後は全くと言って良いくらい胃にもたれず。店では「国内最高品質の豚骨を使用して、数時間おきに炊き上げている甘みたっぷりでフレッシュな背油がたっぷりと入っています。こってりとした味わいにもかかわらず、くどさがなく、いくらでも食べられてしまいます。」と説明していますが、それもあながち誇張ではなさげ。
 
 また醤油がいたずらに自己主張せず、豚骨の旨さをちゃんと活かせる範囲内に抑えてあるのも気に入りました。旨味はしっかりしているけれども総じてマイルドな味わいなので、味変アイテムとして辛子高菜が大活躍。
 
 麺は中太ストレートタイプで、心持ちざらつきのある口当たり。このスープに対してだともうちょっと硬めでも良いかな?と思いましたが、デフォルトでも悪くはありません。
 
 チャーシューはぱっと見小さく見えますが案外厚みがあり、若干甘目かつ濃い目にぐだぐだに崩れない程度にしっかり煮込まれています。ただ食感がちょっとパサつき気味なのが残念。他にメンマ、青菜、刻みネギ、半熟玉子半個。
 
 なお屋号で非常に誤解されやすいのですが、無敵家はいわゆる「家系ラーメン」ではなく、店でもその旨をメニューに明記してあります。家系に必須の海苔が入ってないとか、麺が家系ほど短くないとか、麺の硬さ・味の濃さ・脂の多寡などを店からは積極的に聞いてこないとか、確かに家系とは違うところも目につきますが、味わいの上ではマイルドな家系とそんなに違いはありません。安物のマイルドな家系よりは遥かに美味く、かえしがきつくてやたらしょっぱいハードパンチャー系の家系よりは万人受けする、そんなところでしょうか。

|

2022.11.03

じもん@駒込 ~ 勝浦式坦々麺

Jimon2209002

 駒込駅東口から北側へ伸びるさつき通り商店街の一角。かつて「とん駒」や「さくら」があったところ。先客ゼロ、後客2。

 店内のタッチパネル式券売機でこの店のウリである「勝浦式坦々麺(850円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 辛さは無料で0~3辛まで選べ、味のお勧めは2辛でしたが、「非常に辛いです」という言葉に恐れをなして一番人気の1辛にしました。
 
 なお後客が「たまねぎ無しで花椒マシ」というマニアックな注文を付けていましたが、これは常連さんだけができる注文というわけではなく、玉ねぎ無しの代わりに100円相当のトッピング増しないしひき肉2倍というオプションがある旨を壁に貼ってありました。

 メニューは他にまぜそば、さらに勝浦式坦々麺の具をご飯にかけた「どろめし」というのを新メニューとして売り出していました。

 店内はL字型カウンター7席と2人卓×1。卓上には酢のみ。内装はかなり手を加えたようですが、それでも店内は「さくら」の頃の名残を強く留めています。 

Jimon2209001
 若干とろみがかったスープは、確かに辛い。個人的には1辛で十分で、2辛だと美味しくいただける範囲を超えていたかも。ただひたすら辛いのではなく旨味も十分で、辛さを堪えてスープを飲み進みたくなります。動物系出汁と炒めた豚ひき肉の旨味、そして玉ねぎの甘さがスープに溶け出して実に良い感じ。さらに辛さはひたすらラー油で押すのではなく、ちょっと辛味噌っぽい要素も加わっている気が。
 
 麺は中太緩い縮れ入りで、若干水気の少なそう些かチープな食感ですが、スープには全く負けていません。

 ニラがたっぷりと浮かんでいる上に。写真では判り辛いですが水面下の豚ひき肉と刻み玉ねぎの量は案外多くてボリュームも十分。券売機の横に穴あきレンゲがあるので、予め取っておくと何かと便利。
 

|

2022.10.27

アナタゼッタイセアブラタリテナイ@巣鴨 ~ 塩セアブラ

Anatasearabura002

 山手線巣鴨駅南口を出て、やよい軒の先の交差点を南へ。店の真ん前がラブホ。「○惠中華そば」の定休日=水曜日に間借り営業しているもの。11時半の開店10分前に到着したところ先客2、開店までに2人。開店後ほどなく満席になり、退店時中待ち1と結構な人気店になっている模様。
 
 店内の券売機で基本と思しき「塩セアブラ(900円)」を注文。セアブラの量を多め、普通、少なめから選べるので「普通」で。ランチサービスなし。

 メニューは他に「超塩っぱい塩セアブラ」「塩肉セアブラ」「月見セアブラ」「最後の晩餐(限定5食)」「つけセアブラ」など。往訪時は「まぜセアブラ」に×印が点灯していました。
 
 店内はL字型カウンター8席。卓上にはホワイトペッパーとブラックペッパー。

Anatasearabura001  

 「なりたけ」や「ごっつ」のような「背脂チャッチャ系」を連想させる屋号ですが、出てきたのはそれらとは全く似ても似つかない上品なビジュアル。背脂を混ぜる前のスープを飲んでみると、豚骨ベースとしては珍しいくらいビジュアルそのまんまに穏やかな味わい。塩気も控えめ。そこに背脂が混じるとぐっと甘みが増すもののギトギトにはほど遠くて依然お上品なまま。従って「アブラ多め」を頼む客が多かったり、「超塩っぱい」というメニューがあったりするのも判る気がしますが、個人的にはデフォルトで大満足。。
 
 一方麺はまるで二郎系で出てきそうな強いねじれ入りの太麺。当然ながらワシワシという形容がぴったりのしっかりした噛み応えですが、少々スープに対して強すぎる気がしないでもなく。
 
 ばら肉チャーシューは案外厚みがあり、しかも角煮っぽく甘目にしっかり煮込まれている上に脂がとろっと実に良い感じに。細目のメンマもこれまた甘目の煮込む加減。他に大ぶりに刻まれたネギ。

 水曜日しか営業していないのが非常に勿体ない気がする極上の一杯でした。

|

2022.10.25

六感堂@要町 ~ 豚そば

Rockando2210002

 有楽町線要町駅から池袋駅方面へ。光文社のさらに先。近くにある「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」の黄色い看板が非常に目立ちます。メニュー等をリニューアルしたと聞いてほぼ3年半ぶりに再訪。11時半の開店5分前に到着したところ先客2、開店までに2人。開店後4人と相変わらずの繁盛ぶり。


 店内の券売機ボタン先頭の「豚そば(900円)」を注文。ランチサービスなし。リニューアル前に「中華そば」を試食した際には麺は細麺/手もみ麺を選べたのですが、そのようなオプションはなくなったようです。

 メニューは他に、煮干そば、背脂煮干そば950円、煮干油そば。さらに往訪時は限定メニューとして「復刻 担々麺」を出しており、それを注文する客が非常に目立ちました。
 
 店内はL字型カウンター6席のみ。卓上にはブラックペッパー2種とサンショウパウダー。こじんまりした店ですが、オッサンとオバハンの二人で切り盛り。

Rockando2210001  

 スープは豚ガラベースの清湯醤油味。すっきりとした外観からは想像しがたいのですが、豚の旨味がしっかり伝わってきます。表面の脂のてかりが目立ちますが、味わいはその見た目に反してあっさり目。ちば醤油の白醤油を使っているそうですが無意味に出しゃばることなく、むしろやや甘めに感じるくらい。
 
 麺は中細ストレートタイプ。全粒粉を配合したような黒い粒々が散見されますが、口当たりにざらつきを感じるほどではなく、どちらかと言えば啜り心地滑らかという形容がしっくりくるかと。ただスープに合わせてかやや柔らかめの仕上がりなのはともかく、どういう訳かスープの絡みがちょっと弱い面がままあったかと。
 
 具は国産豚バラローストのチャーシュー、細メンマ、刻み青ネギといたってシンプル。
 
 クォリティー的には悪くはないのですが、諸物価高騰の折りやむを得ない面は多々あるとは言え、内容からしればやや割高感は免れないかと。

|

2022.09.17

鶏の穴@池袋 ~ 白鶏らーめん

Torinoana2208002

 池袋駅東口から明治通りを北へ。ハレザ池袋(旧豊島区役所)の斜向かい辺り。ほぼ1年ぶりの再訪。先客1、後客ゾロゾロ。退店時には店内に待ち客3。

 往訪時の月替わりメニュー「冷やし担々麺」は昨年食べたのと同じっぽかったので、今回は基本に立ち返って「白鶏らーめん(790円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に赤鶏らーめんやつけ麺も用意。但し、後客のほとんどが「白」を注文していました。

 店内はU字型カウンター20席弱。但し、コロナ感染防止策の一環として二人客以外は隔席で案内しているので、稼働しているのは10席程度。卓上には一味と胡椒。

Torinoana2208001

 小口ネギが多数浮いたスープはかなりどろっとして、食感・味わいともまるでポタージュのよう。鶏臭さはほとんど感じられない反面、鶏の旨味はぎっしり。しかもかえしは控えめで、鶏の旨味が存分に楽しめます。これぞ濃厚白湯スープ!! 単に味が濃いだけの「濃厚スープ」をあざ笑うかのような会心の出来。

 麺は中太ストレート麺。わずかにざらつきがある口当たりで、程よい噛み応えが気に入りました。どろっとしたスープがよく絡み付いてきます。やや麺が短い気がしましたが・・・

 鶏モモ肉を使ったチャーシューはやや淡白な味付け。以前は濃い目に味付けられた鶏そぼろと好対照だったのですが、今回はその鶏そぼろの味もそれほど濃くはなく、結構ブレがあるのかも。やや大ぶりのメンマは甘目の味付けですがちょっと筋っぽくて残念。

|

2022.07.24

俺の空@池袋 ~ 本節らあめん

Orenosora2207002

 池袋駅東口、ハレザ池袋の裏あたり。予定していた店の開店が遅れたのでこちらへ転進した次第。ほぼ3年ぶりの往訪。先客ゼロ、後客8(退店時中待ち2)。

 かつてのメニューは「掛け豚そば」「浸け豚そば」「和え豚そば」の3本立てでしたが、いつの間にか「本節らあめん」「本節つけめん」「本節まぜそば」という形に変わっており、「本節らあめん(880円)」を注文。大盛無料サービスをやっていたので大盛にしてもらいました。また味の「全辛」「半辛」というオプションも無料で出来るようです。

 店内は無駄に奥行きがあり、しかも途中に微妙な段差がいくつもあって酔っぱらいは非常に躓きやすい造りなのは相変わらず。座席は縦長L字型カウンター12席ですが、席間が広いとは言いがたいせいか一人客は隔席で案内しているようです。卓上には胡椒とフライドガーリック。隔席に回転寿司にありがちな給水器が設置されていますが、水がぬるいのは夏季には困りもの。紙おしぼりサービスあり。

Orenosora2207001  

 先客ゼロなのになぜか15分以上も経ってようやく配膳。とろみ強めのスープは節系の味わいが強めに出た動物魚介系といったところでしょうか。魚粉のざらつきはほとんど目立たず。かえしが強めで味が濃すぎるせいか、終盤はちょっときついかなぁ?箸休めの刻み玉ねぎはもうちょっと欲しいところ。

 麺は細麺ストレートで心持ちざらつきのある口当たり。堅くはないのに粉っぽい感じがするのが不思議。大盛でも特に量が多いとは感じませんが、丼が円錐形なのが良くないのか、食べ始めは麺が玉になりがちで食べづらいのが鬱。また重た目のスープが麺に絡みついて、量の割には食後結構胃にずっしり来ます。

 豚角煮を細かくほぐしたようなものが入っていて、これをちびちびつまみながら食べるのも一興。他に細メンマ、刻み青ネギ、海苔。

 以前試食した「掛け豚そば」とどう違うのかよく判りませんでしたが、この感じだとつけ麺やまぜそばのほうが無難かなぁ・・・

|

2022.06.21

ヌードルボイス@池袋 ~ 濃厚ホタテそば

Noodlevoice002

 池袋駅に隣接するメトロポリタンプラザ南向かいにあるファミマの斜向かい。近隣に「舎鈴」あり。ほぼ3年ぶりの再訪。11時の開店直前に往訪したところ先客2、後客9(退店時中待ち3)といつの間にか結構な人気店になったようです。

 全開は「中華そば」を試食したので、今回は店内の券売機ボタン先頭「濃厚ホタテそば(900円)」を注文。ランチタイムは麺増量サービスをやっていて並・中・大が同料金とのことなので「中」でお願いしました。
 
 メニューは他に濃厚ホタテつけそば、中華つけそば、淡麗ホタテそば、濃厚魚介そば。濃厚魚介つけそば、カレーつけそばなど。

 店内はくの字型カウンター9席と4人卓×3。椅子がクッションもなにもないただの板っちゅーのはちょっと辛い。卓上にはブラックペッパー、ピンクロックソルト、酢。

Noodlevoice001

 かなりとろみが強いスープは「北海道産のホタテ貝柱を大量に使用」と謳うだけのことはあって、食べ始めはホタテの味わいがはっきりと判ります。「鶏ガラ&豚骨、鰹&昆布のWスープにタイ、コマイ、姫タラや香味油で香りを引き出していく」とも謳っていますが、味わいの上では濃厚鶏白湯が卓越していて、ホタテも次第にかき消され気味に。
 
 塩ダレ控えめなのは多いに結構ですが、出汁の旨さだけで食べ進めるほどには出汁が強くなくてなんだか物足りないので、卓上のピンクロックソルトをゴリゴリと投入。

 麺は中太ストレート。黒い粒々が確認出来る全粒粉混じりらしくわずかにざらつきのある口当たりでもっちりとした食感。中盛(250g)だとスープとの量的バランスは辛うじて保たれています。個人的にはこの麺ではスープに対してちょっと強いかな?という印象を受けました、さらにとろみが強い濃厚スープが太麺に絡みつくので量の割には胃にもたれ、終盤は箸が止まり勝ちに。「麺硬め」を頼んでいる客がいましたが、個人的にはその必要は全く感じず。

 チャーシューは切り置きで、予めバーナーで炙っていました。メンマは大ぶり。他に海苔、柚子皮、刻み玉ねぎ、刻み大根。かいわれ。

|

2022.06.15

福袋@池袋 ~ (家系)ラーメン

Fukubukuro001

 池袋駅西口、東京芸術劇場から大通りを渡ったところに広がる飲食店街内で、キッチンABCや蒙古タンメン中本のある通りの先。先客、後客ともゼロ。
 
 家系の店で、店内の券売機ボタンを見て基本の「ラーメン(750円)」を麺硬めで注文。ランチサービスなし。
 
 「あご塩ラーメン」を併売していたり、サイドメニューに「キャべチャー」があったりするのが特徴的。

 店内は縦長カウンター8席のみ。卓上には胡椒、酢、おろしニンニク、豆板醤。

Fukubukuro002

 スープの豚骨出汁はしっかり効いていて豚骨臭も強め。ややしょっぱめで、スープにほとんどとろみこそありませんがマイルドタイプではないどころか、どちらかといえばハードパンチャー寄り。
 
 麺は平打ち中太の緩い縮れ入り。一般的な家系の麺とは全く違いますが、スープに全く負けていません。
 
 チャーシューは薄くて小さめ。他に海苔、ほうれん草、わずかに刻みネギ。
 
 悪くはないのですが、斜向かいに「武蔵家」があるところにわざわざ家系の店を出すかなぁ?というのが正直な感想。

|

2022.06.08

三原色@北池袋 ~ 塩そば

Sangensyoku002

 池袋の北、首都高の高架をくぐってさらに先の住宅地の中に商店が点在するようなエリアに立地。先客、後客ともゼロ。
 
 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「塩そば(880円)」を注文。ランチサービスなし。「塩そば」は、麺を低加水ストレート麺と中細平打ち麺から選択できるので前者を選択。

 メニューは他に豚そば、まぜそば、赤まぜそばなど。また往訪時には夏季限定商品として「青唐辛子と花山椒の冷し白湯ラーメン」を売り出していましたが、逆に「豚そば」は販売停止になっていました。

 店内はL字型カウンター5席のみ。卓上にはブラックペッパーとかえし(?)。小さい店なので店主一人で切り盛り。

Sangensyoku001

 店の案内によるとスープは「根昆布と徳島産地鶏『神山鶏』の出汁に宗太鰹・鯖・帆立・烏賊を加えた塩だれを合わせました」とのこと。塩だれがいたずらに出しゃばらないどころか、出汁の旨味を巧みに引き出していてぐいぐいと惹き込まれます。
 
 麺は中細ストレートタイプ。口当たりは柔らかいものの、コシはしっかり保たれていて、スープとの相性&絡み具合は悪くありません。ただ丼が急激に窄まった円錐状な上にスープがやや少ないせいか、麺があまり泳がず少々食べにくい嫌いも。
 
 2枚のチャーシューはそれぞれ厚みと調理法が異なるものの、共に淡白な味わい。他に刻みネギ、味玉半個。

 およそ近所の方しか来そうにない立地ですが、面白い一杯でした。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ごらんアウェー ココログ被害者の会 サッカー一般 丼もの&ランチ等 我が街川口 旅行・地域 日本代表 浦和レッズ 浦和観戦記&プレビュー 浦和観戦記&展望2009 浦和観戦記&展望2010 浦和観戦記&展望2011 浦和観戦記&展望2012 浦和観戦記&展望2013 浦和観戦記&展望2014 浦和観戦記&展望2015 浦和観戦記&展望2016 浦和観戦記&展望2017 浦和観戦記&展望2018 浦和観戦記&展望2019 浦和観戦記&雑談2020 浦和観戦記&雑談2021 浦和観戦記&雑談2022 浦和観戦記&雑談2023 浦和雑談 浦女 温泉(北東北) 温泉(南東北) 温泉(埼玉・東京) 温泉(甲信越) 温泉(神奈川・伊豆) 温泉(群馬・栃木) 語るも相場 都内徘徊 駅弁 麺類万歳! 麺類万歳(さいたま市) 麺類万歳(その他埼玉県) 麺類万歳(その他東京都) 麺類万歳(中央区) 麺類万歳(北区) 麺類万歳(千代田区) 麺類万歳(台東区) 麺類万歳(川口・戸田・蕨) 麺類万歳(文京区) 麺類万歳(新宿区) 麺類万歳(板橋区) 麺類万歳(渋谷区) 麺類万歳(港区) 麺類万歳(草加・越谷) 麺類万歳(荒川区) 麺類万歳(豊島区) 麺類万歳(足立区)