2024.02.14

多繋@池袋 ~ 黒豚

Takei2401002

 池袋駅西口から歩いて西池袋公園の先、立教大学の手前。大昔に「ごとう」があった建物内。先客ゼロ、後客6。
 
 店内のタッチパネル式券売機で「黒豚(850円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは豚ベース+魚介と鶏ベース+魚介の2種類あって、それぞれに醤油と塩があるという構成。「黒豚」は「豚ベース+魚介」&「醤油」という塩梅。ただ往訪時はどういうわけか塩味はお休みでした。
 
 店内はコの字型カウンター9席のみ。卓上にはホワイトペッパーのみ。

Takei2401001
 
 「黒豚」は「豚ベース+魚介」&「醤油」という構成ですが、丼の縁にうっすらと魚粉が付いていることから察せられるようにやや節系が前に出た感じ。ただスープにざらつきは一切なく、いたってサラサラ。また若干かえしがうるさめですが、しょっぱく感じるほどではないので個人的には許容範囲内。

 自家製多加水を謳う麺は中太の強い縮れ入り。つるつる&もっちりという形容がしっくりくる麺で、噛み応えもかなり強め。店が麺硬めを断っているのも道理。麺量は並でも200gと多め。
 
 チャーシューは炭火吊るし焼きだそうですが、ちょっとスモーキーな味わいが楽しめました。また意外に厚みがあるのも好印象。具は他にメンマ、刻み青ネギ、海苔。
 
 久しぶりに大当たりの逸品でした。

|

2024.02.12

とりかご@池袋 ~ 鶏醤油

Torikago2312002

 池袋駅西口から立教通りに入ってすぐ。斜向かいにファミマ。先客ゼロ、後客1。

 店内のタッチパネル式券売機を見て「鶏醤油(780円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは「白湯」との二本立て。他にサイドメニューの牛すじカレーを推していました。

 店内は縦長カウンター6席と4人卓×3。卓上にはブラックペッパーのみ。店は店主一人で切り盛り。

Torikago2312001

 麺量と丼のサイズが全く合っていなくて食べづらいのなんの。第一印象は最悪。

 スープは名古屋コーチンから取ったとのこと。ただその出汁よりもかえしのほうがやや前に出ているかなぁ。しょっぱさを覚えるほどではありませんが。また表面の鶏油もやや多めで、店が言うほど「あっさり」した印象は受けませんでした。でもトータルではこれはこれでアリでしょう。
 
 麺は中細ほぼストレートタイプ。つるつるした口当たりで、スープとの相性や絡み具合は文句なし。ただ量は見た目通り少な目で、ランチだと何かご飯ものを付けないと寂しいこと限りなし。

 チャーシュー&鶏チャーシューは笑えるレベルの極小サイズ。細長い草みたいなのはなんだろう?他にみじん切りの赤玉ネギ。
 
 値段を抑えるために質は落とさず量を抑えた結果なのでしょうが、昨今のラーメンのコスパの悪さを象徴するような一杯でした。

|

2024.02.10

R+@池袋 ~ 中華そば

Rplus2410002

 池袋駅東口、サンシャイン60通りのニトリ(旧東急ハンズ)の向かいのビルの4F。しかも韓国料理店「さえずり」を間借りしている立場のためか、エレベーター前の案内板に小さく店名が掲げられているだけ。先客、後客ともゼロ。
 
 券売機はなく卓上のメニューを見て「中華そば(960円)」を注文。先会計制。

 メニューは他に「ブラックラーメン」と「黒の汁なし」。もともとはつけそばをやっていたようですが、「黒の汁なし」に変わったようです。
 
 もともと韓国料理屋なので店内は広々としていますが、ラーメン屋が使っているのはL字型カウンター8席のみ。卓上にはブラックペッパーのみ。店長一人で切り盛りしており、しかも厨房が壁の裏にあって客から見えないせいか、カウンターに呼び鈴も用意。

Rplus2410001
 
 スープはちょっと放置していると表面に薄く膜が張るくらいこってり加減。出汁は動物系に煮干しを重ねたような塩梅で、やや後者が前に出た印象を受けましたが、残念ながらかえしの自己主張が強くて個人的には味が濃すぎ。かろうじてしょっぱくは感じない程度に収まっているのが救いですが。

 麺は中太ストレートタイプ。わずかにざらつきを感じる口当たりで、もっちりと形容するにはコシがやや甘い気もしますが、スープとの相性や絡み具合は文句なし。

 チャーシューはロースとバラが一枚ずつ。ロースは薄くて特筆事項なし。バラはたまたま端っこに当たったようでやや厚みがあったのは嬉しかったのですが、残念ながら明らかにタレに浸かりすぎてしょっぱいレベルに突入。他に細切りメンマ、刻み青ネギ、海苔。

 正直なんでこんな場所でラーメン屋をやっているのかなぁ・・・

|

2024.01.04

東京ラーメンショーセレクション極み麺@池袋 ~ 豆天狗・中華そば

Mametengu001

 池袋駅東口、駅前のドンキホーテの裏あたり。池袋楽園タウン内。昔は地方のラーメン屋が期間限定で入れ替わり立ち代わり出店していた「東京ラーメンショーセレクション極み麺」ですが、近年は地方のラーメン屋監修の下で「渡なべスタイル」が運営するという変則的なスタイルを取っています。今回監修にあたる「豆天狗」は飛騨高山の人気店。先客1、後客3。
 
 店内の券売機ボタン先頭の「飛騨高山中華そば(950円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に「豚骨魚介つけめん」「タンメン」など。共に「極み麺」限定。

 店内は何の変りもなく横長I字型カウンター9席のみ。卓上にはおろしニンニク、胡椒、一味。

Mametengu002

 スープは豆天狗高山本店のWEBサイトによると「だしは、とんこつ、鶏がら、野菜、削り節、煮干を長時間釜で炊き出す」「取っただしに、代々受け継いだ秘伝のたれで、その場で全部味付けをしてしまう。うなぎのたれのように、新しいスープを付け足し付け足し使っていく。」とのことですが、この店ではどこまで再現されているかどうか。
 
 最初に魚介系出汁の味わいが前に出てくるのには意表を突かれましたが、残念ながらかえしが強め。最初は「ちょっとうるさいかな?」といった程度でしたが、食べ進むにつれてしょっぱさを覚えるくらいに。
 
 麺は三河屋製麺製の中細タイプで細かい縮れい入り。心持ちごわついた食感。
 
 バラ肉チャーシューはスープに合わせてかなり濃い煮込み加減。刻みネギや細メンマが結構入っていて全体の量もちょっと多めかな?

|

2023.12.06

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者@池袋 ~ (濃厚魚介豚骨)ラーメン

Ganzya2308001

 池袋駅ビル西側の「東武ホープセンター」の一角。ほぼ3年ぶりの再訪。先客12、後客7~8。

 どう見てもつけめん推しの店ですが、あえて「ラーメン(930円)」を注文。ラーメンだと麺の量は150g、200g、250gが選べるので、今回は200gで。

 メニューは他につけめん、つけめんライト、辛つけめん、辛つけめんライト、ラーメンライト、担々あえめん等。

 店内は7人掛けと5人掛けのカウンターを向かい合わせに配置。さらに4人掛けテーブルが3卓。卓上には胡椒、一味、酢。
 
 たまたま一時に客がどっとやって来たせいか、配膳まで結構待たされました。しかもラーメンを頼む客がまれなせいか、つけめんが先に出てきてラーメンは後回しに。

Ganzya2308002

 「濃厚魚介豚骨」と称するとろみ強めのスープ。昔のウンチク書きには「豚骨、鶏がら、モミジなどを大量に使い・・・仕上げにサバ節、カツオ、煮干し、昆布等の魚介食材を大量に加えました」とありましたが、その頃と全く変わっていないかな? 

 海苔の上の魚粉を最初から混ぜてしまうと旨味過多でくどくなってしまうことが経験的に判っているので魚粉を極力崩さないよに食べ進みたかったところですが、かつては魚粉が海苔の上にちょこんと綺麗に盛り付けられていたのに、今やすっかり仕事が雑になってまさに「のり面」崩壊状態。よってスープは最初から旨味過多でざらつき強め。
 
 麺は自家製の中太麺ほぼストレート。心持ちざらつきのある口当たりで、しっかりとした噛み応えが嬉しいもの。濃厚スープとの相性も文句なし。麺200gでもスープとの量的バランスは崩れず、むしろバランスがちょうどいい気がしました。

 チャーシューはやや崩れやすいタイプですが、肉の旨味十分でなかなかの出来。他にメンマ、白髪ねぎ、海苔、ナルト、黒胡麻が少々。
 
 ここのラーメンはつけ麺のつけ汁を薄めて出すような手抜きバージョンとは感じられず、これはこれで十分評価に値すると思います。

|

2023.11.20

野中家@大塚 ~ (家系)ラーメン

Nonakaya2310001

 山手線大塚駅から新大塚駅方面へ向かう緩い坂を登る。餃子の王将や福しんなど外食チェーン店が並ぶ一角。屋号通り家系の店です。結構な人気店のようで、11時の開店10分前に到着したところ先客2、開店までに後客8。開店直後に満席になり、退店時外待ち8。客層は見事なまでにオッサンだらけ。
 
 券売機ボタンを見て「ラーメン・並(800円)」を麺硬めで注文。店先の自販機に「ライス食べ放題」と大書してありますが、ここはライス無料サービスはなく、100円で食べ放題(ジャーからセルフ)という方式。よってライスも付けて見ました。着席すると空の茶碗を渡されます。
 
 またメニューはラーメン一本でトッピングでバリエーションを出しているだけ。
 
 店内はL字型カウンター9席と4人卓×1。卓上にはブラックペッパー、おろしニンニク、豆板醤、煮干酢、マヨネーズ、にんにく醤油、極にんにく、極しょうがといったところ。「武蔵家」と違ってキュウリの漬物は見当たらず。

Nonakaya2310002
  
 「野中家のスープは濃く作ってますので濃い時はスタッフに言ってください」との貼り紙があったので恐れをなしたのですが、とろみがかったスープは確かに濃いことは濃いものの、心持ちざらつきを覚えるくらい豚骨の旨味がぎっしり詰まっているだけで辛うじてしょっぱくは感じないくらいにまとまっていて気に入りました。デフォルトの完成度が極めて高いので、下手に豆板醤とかおろしニンニクとかいれない方が良さげ。
 
 麺は家系定番のやたら短い酒井製麺製で、やや平たい感じの中太タイプで緩い縮れ入り。
 
 チャーシューは薄くてところどころスモーキーな味が。他にほうれん草、海苔3枚。
 
 チャーシューや海苔でご飯を半分くらい片付けて、残りは極にんにくとマヨネーズというジャンキー丸出し風味でフィニッシュ。
 
 正直家系ラーメンって良くも悪くもそれほど差は付かない(強いて言えば味が濃すぎてしょっぱすぎるハードパンチャーが個人的には苦手)と思っていましたが、ここはちょっと上に突き抜けた印象を受けました。

|

2023.11.18

縁@要町 ~ 醤油ラーメン

En2310002

 山手通りの北を東西に走る「中丸中央通り」沿い。東京メトロ有楽町線要町駅が最寄りですが、千川駅からのほうがわかりやすいかと。住宅地のど真ん中にあるラーメン屋ですが結構な人気店のようで、11時の開店5分前に到着したところ先客1。開店後すぐに満席になり、退店時外待ち1。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て一番人気の「醤油ラーメン(850円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に背脂醤油ラーメン、油そば、昔ながらの中華そば、濃厚ラーメン、濃厚つけ麺など。

 店内は横長なカウンターたった4席のみ。小さい店なのに店長ワンオペではなく、アシスタントを一人付けていました。卓上には酢、ブラックペッパー、ラー油、一味、醤油。

En2310001

 店の案内によるとスープは「国産放し飼い地鶏のみを使用し、24時間以上低温で煮出した当然自慢の清湯スープを使用」とのこと。心持ち甘目ながらもかえしが無意味にでしゃばらず、鶏出汁の旨味をじっくり堪能できる優れもの。ひとしきりスープを楽しんだ後はこの手のスープにはなぜか良く合うブラックペッパーを途中から投入。
 
 麺は中細ストレートタイプ。つるつるした口当たりでのど越しがよく、それでいて噛み応えも意外にしっかりしていて、スープとの相性や絡み具合も文句なく、全く非の打ち所がありません。
 
 具はチャーシュー、メンマ、水菜、刻みネギ、海苔といったところ。あえて難を上げればメンマがちょっと筋っぽいかな。
 
 古典的な醤油ラーメンをブラッシュアップしたような一杯ですが、これとは別に「昔ながらの中華そば」があるのが不思議で、次はそれにチャレンジかな?

|

2023.09.22

つじ田@池袋 ~ 濃厚らーめん

Tujita2307002

 池袋西口二又交番近く。ほぼ4年半ぶりの往訪。先客2、後客4。

 つけ麺推しの店ですが、店外の券売機ボタンを見ると値上がり著しくてプレーンな「濃厚つけ麺」でも1050円するのに少々気が萎えて、「濃厚らーめん(980円)」を注文。ランチサービスなし。他客は全員つけ麺を注文。

 店内は縦長L字型カウンター20席程度。席間はかなり狭め。さすがにコロナ禍を経てガラガラのうちから奥から詰めて座らせるのは止めていました。卓上には黒七味、ブラックペッパー、酢、タレ。

Tujita2307001

 とろみが強めのスープは昔の能書きだと「国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、野菜、他合計十数種類の食材を元に」作ったとありましたが、その頃から大きな変化はないのかな?丼の淵にうっすら魚粉が付いていることから推察できるように、節系の旨味がやや前に出ているように感じますが旨味は抜群。それなりに濃厚ですが、この手のスープにありがちなくどさ、しょっぱさは全くなくて実に飲みやすい。単につけ麺のつけ汁を薄めて出すような低レベルの店とは完全に一線を画しています。

 麺はの三河屋製麺製で心持ち太め&緩いちぢれ入り。つるつるもちもちとした食感で、スープとの相性は文句なし。

 具はやや堅めのロース肉チャーシュー、刻みネギ、メンマ、海苔。
 
 多店舗展開しているにも関わらずいつでも安心して美味しく頂けるものを出せる安定感はさすがです。でもさすがに割高感は否めなくなって来たかと。

|

2023.08.03

そば~じゅ@池袋 ~ 塩らぁ麺

Sobajyu001

 池袋駅東口から明治通りを南へ。南池袋の東通り商店街内の「ココイチ」の隣。「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」の跡地。11時半の開店3分前に到着したところ先客2。開店後も三々五々客がやって来て満席になり、退店時中待ち1。
 
 外にあったメニューや券売機ボタンを見て基本と思しき「塩らぁ麺(950円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他にしょうゆらぁ麺、つけ麺の3本立て。

 店内縦長カウンター7席のみ。都心店の割には席間広めなのは嬉しいところ。卓上にはミル入りブラックペッパーのみ。

Sobajyu002
 
 スープは黒さつま鶏と赤鶏さつまをブレンドしたものだそうで、じんわりと鶏の旨味が伝わってくる優れもの。塩だれも鶏の旨味をかき消さないように変な自己主張がなく、実に控えめ。

 麺は細麺ストレートタイプ。全粒粉入りらしい黒い粒々が見えます。噛み応えもしっかりしていて麺自体は悪くないのですが、スープに対して麺が強すぎるというか、スープを飲む分には非常に完成度が高いものの麺に絡ませる用途には優しすぎるという、塩ラーメンにありがちなバランスの悪さを露呈している気も。
 
 鶏チャーシューは部位の異なるものが1枚ずつ入っていますが、共に淡白な味わい。わずかに花かつおみたいなのが乗っていましたが正体不明。他に水菜と刻みネギ。
 
 前店の「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」とはどう考えても顧客層が真逆ですが、池袋・東通りでこういうお上品な一杯にニーズがあるのかなぁ??

|

2023.07.21

田坂屋@池袋 ~ 味噌ラーメン

Rasakaua002

 池袋駅西口、東京芸術劇場から大通りを渡ったところに広がる飲食店街内で、キッチンABCのある通りの先。 かつて「えるびす」があったところ。11時の開店10分前に到着したところ先客5、開店までに後客7。退店時外待ち10人と結構な人気店です。
 
 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「味噌ラーメン(900円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に辛味噌ラーメン、あえめん、IWGP激辛ラーメンなど。「限定」や汁なし味噌ラーメンのボタンもありましたが、往訪時には×が点灯していました。また他客はプレーンな味噌よりも辛味噌や激辛の注文が目立ちました。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター9席のみ。卓上には胡椒、一味、刻みニンニク、酢。水セルフ。店内に炒め物の油煙が少々こもりがちなので服装には注意。

Rasakaua001
 
 とろみ強めのスープは白味噌ベースのようですが、味噌の甘さや豚骨出汁などの旨味よりもしょっぱさがはるかに卓越しており、ニンニクが効いていて、さらに背脂も少々混じっているのか胃にずっしり来ます。スープを極力飲まないように注意を払うものの、とろみがかっているので麺をすすっているうちにそれなりにスープはなくなってしまうのが困りもの。

 新宿だるま製麺の麺は中太ほぼストレート中太タイプ。わずかにざらつきを感じる口当たりで、スープに負けないように若干硬めの仕上がり。途中で卓上の一味やおろしニンニクを加えてパワーアップ。

 炒めもやしはシャキシャキというよりやや青臭さが残ったようで仕上がり。チャーシューが意外にも厚みがあって実に良い感じ。他にメンマ。

 塩分高すぎ、脂多すぎでどう考えても身体に悪そうですが、それでもたまに食べたくなる魔性の一杯です。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ごらんアウェー ココログ被害者の会 サッカー一般 丼もの&ランチ等 我が街川口 旅行・地域 日本代表 浦和レッズ 浦和観戦記&プレビュー 浦和観戦記&展望2009 浦和観戦記&展望2010 浦和観戦記&展望2011 浦和観戦記&展望2012 浦和観戦記&展望2013 浦和観戦記&展望2014 浦和観戦記&展望2015 浦和観戦記&展望2016 浦和観戦記&展望2017 浦和観戦記&展望2018 浦和観戦記&展望2019 浦和観戦記&雑談2020 浦和観戦記&雑談2021 浦和観戦記&雑談2022 浦和観戦記&雑談2023 浦和観戦記&雑談2024 浦和雑談 浦女 温泉(北東北) 温泉(南東北) 温泉(埼玉・東京) 温泉(甲信越) 温泉(神奈川・伊豆) 温泉(群馬・栃木) 語るも相場 都内徘徊 駅弁 麺類万歳! 麺類万歳(さいたま市) 麺類万歳(その他埼玉県) 麺類万歳(その他東京都) 麺類万歳(中央区) 麺類万歳(北区) 麺類万歳(千代田区) 麺類万歳(台東区) 麺類万歳(川口・戸田・蕨) 麺類万歳(文京区) 麺類万歳(新宿区) 麺類万歳(板橋区) 麺類万歳(渋谷区) 麺類万歳(港区) 麺類万歳(草加・越谷) 麺類万歳(荒川区) 麺類万歳(豊島区) 麺類万歳(足立区)