2018.04.07

博多拉担麺 まるたん 池袋店@池袋

005

 池袋駅東口から旧豊島区役所方面へ歩いて、五差路の高速道路をくぐった先。ローソンの横。先客3、後客2。福岡県内で店舗展開している店が東京へ初進出したものだそうで。

 基本メニューの「ラータンメン」が500円と非常に安いのが特徴。さらにランチライムは格安のご飯ものとのセットメニューを出しているので、ラータンメンにミニチャーシュ-ライスが付いた「Aセット(650円)」を注文。食券を渡すと麺の固さを聞かれたので「硬め」で。

 店内はくの字型カウンター7席。カウンターの背後が狭くて奥へ進むのが難儀。卓上には高菜、辛味噌、食べるラー油、ふりかけ?

001

 この店のウリは典型的な博多ラーメンのような豚骨スープではなく「香味野菜スープにゴマペーストをブレンドした植物系のスープ」という点。ただそれ以上にごまだれの味わいが強くてベジポタみたいな野菜っぽさ、青臭さはほとんど感じられず、かなり甘目。ラー油を少し垂らしていますが、担々麺と言ってしまうには全然辛くありません。総じてマイルドというか、なんだか物足りないというかちょっと微妙なところ。致し方なく食べるラー油を少量投入。

 麺は博多ラーメンにありがちな極細ストレート。「硬め」で注文してもさほど硬い感じはしませんでしたが、マイルドスープにあまり硬い麺も合わないでしょうし、こんなものかと。量はかなり少なく、間違いなく替え玉orライス追加が前提。でもこのスープに替え玉はきつそうなので、ライスが無難。

 具は肉味噌と刻みねぎだけとしょぼく、この辺は値段相応。

 ミニチャーシュ-ライスは肝心のチャーシューの味わいが淡白で、しかもそれを補うようなタレがかかってるわけでもなさそう。

 ユニークな一杯ですが、安くてとりあえず腹一杯になればいいと割り切ったラーメン屋と比べると位置づけ・コンセプトが中途半端な気が。場所も良くないのでどうかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.02.19

依々恋々@池袋 ~ 中華そば・大盛

001

 池袋東武レストラン街スパイス13F。レストラン街は知らん間に大改装したようで、かつてラーメン店が順繰りに出店していた12Fとは別の場所に出店。往訪日は連休中だったので昼間は混むと思い、開店10分前に往訪したところ先客1、後客9。長野にルーツがあり、都内にも「烈士洵名」「魚雷」「チラナイサクラ」を出店しているグループの店です。

 店内の券売機で基本と思しき「中華そば」の「大(880円)」を注文。タッチパネル式券売機ですが、メニューが一覧できるのであれこれ迷わずに便利。もっともメニューは基本の中華そばにトッピングでバリエーションを付けているだけのようにも窺えましたが。

 百貨店内の店で家族連れないしグループ客が多いせいか、店内はテーブル席主体でカウンターは厨房に向かってわずか4席。

003

 分厚い油層の上に刻みネギが多数浮かんだルックス。能書きによるとスープは「生醤油をベースに信州の溜まり醤油と極上再仕込み醤油の3種の醤油と丸鶏、赤鶏など100%鶏だけで仕上げた」ものだそうですが、やや醤油が正面に出たような味わい。また表面の油層が分厚い割には案外あっさりした味わいで、店が「淡麗中華そば」と称するのもぎりぎり頷ける範囲。底に柚子皮が少々。

 麺は並太のほぼストレート。若干柔らか目でつるつる、もっちりとした食感。大盛りでもスープとの量的バランスが崩れた感じはしませんでしたが、底のほうで少し麺が玉になって食べづらく、当然ながらその部分はスープの絡みもイマイチ。この感じだと「普通盛(780円)」のほうが良さげ。

 チャーシューは具は鶏と豚が一枚ずつ。共にスープに合わせて淡白な仕上げ。他にハンペン、三つ葉、紫玉ねぎ。 

 いかにも万人受けしそうな百貨店レストラン向けの一杯ですが、それ以上でもそれ以下でもないかと。

| | トラックバック (0)

2017.12.18

六坊担担面@池袋 ~ 日式汁なし担々麺

004

 池袋駅東口、駅前のドンキホーテの裏あたりにある池袋楽園タウン1F。隣が期間限定店を入れ替わり立ち代わり出しているラーメン屋ですが、こちらは汁なし担々麺専門店。もっともこちらも"WATANABE STYLE"の麺箱が見えるので、同系列と推察が付きます。

 店内の券売機でボタン先頭の「日式汁なし担々麺(830円)」と「小ご飯(50円)」を注文。辛さ・痺れをそれぞれ0~5段階から選べるので、共に標準の3で。

 メニューは「成都式汁なし担々麺」との二本立て。日式は「胡麻ペーストをベースにして数種類のスパイスをブレンドの特製日式ラー油を合わせた濃厚な味わい」で、成都式は「シンプルな特製・成都式ラー油がベースで中国唐辛子、花椒を感じる鮮烈な味」とのこと。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席で、横長カウンターだった隣の店とはレイアウトが違います。店隅にある券売機が邪魔で、食券を買っている人がいると店奥に進めないのが難儀。ウーロン茶セルフですが、コップを券売機近くに固めて置いてあるだけなのも難儀。

001

 「おいおい、これで汁なしかよ!!!」とびっくりするくらいタレが多いのが最大の特徴。さらに肉味噌とかいわれがたっぷりと添えられて登場。

 胡麻ペーストがベースのはずですが、そんな味わいはさほど感じられずむしろラー油がかなり支配的で成都式と間違ったのではないかと思ったくらい。辛さよりもやや痺れが強めかなといったところですが、辛さ耐性の低い自分としてはこれくらいで丁度いい感じ。干し海老やナッツはあるにはあるといった程度で、アクセントとしてはあまり機能していません。

 麺はやや太目のストレート麺。硬めの仕上がりで歯応えが強くて個人的には好みですが、「もちもちの太麺」という触れ込みとはだいぶ違うような。

 ご飯がないと食べづらいほどではありませんが、肉味噌が余りまくるので小ご飯は付けたほうが無難。というか、小ご飯くらい付けないと量が少ないように感じました。

 卓上に刻みにんにくの他、怪しげな調味料2つが置いてましたが、怖くて(苦笑)手を出せず。

 ハズレではありませんが、この程度の出来ならわざわざ池袋まで来るほどのこともなかったなとも。

| | トラックバック (0)

2017.11.22

麺屋 清@東長崎 ~ (濃厚鶏魚介系)清そば

005

 西武池袋線東長崎駅南口を出てすぐの長崎銀座商店街の中ほど内。カネキッチンとオリオン食堂の間に位置。先客1、後客7。窓際に製麺機があり、自家製麺であることをアピールしています。

 店内の券売機ボタン先頭の「清そば(750円)」を注文。並盛(150g)、中盛(180g)同値段なので中盛にしました。といっても中盛りと称するには微妙すぎる増量ですが。ランチサービスはなし。メニューは他につけそば、辛つけそば、釜玉そば等。

 店内は厨房を囲む縦長L字型カウンター10席。厨房内には店主とアシスタントの2人体制。

003

 若干とろみのあるスープは「比内地鶏をベースに魚介を組み合わせ」とのことですが、残念ながらかえしがきつすぎてせっかくの出汁の旨味をかき消しています。「5種類の醤油をブレンド」とのことですが、なんか力の入れ処を間違っているとしか思えず。こうしょっぱくては「化学調味料不使用」という謳い文句も全く意味がないかと。揚げネギで少々アクセントを付けたり、刻みタマネギを箸休めに入れたりと工夫は伺えますが。

 麺は並太ほぼストレート中太。やや柔らか目の茹で上がりで、これも好みに合わず。

 チャーシューは柔らか目かつ弾力性があるタイプで秀逸。他にメンマ、味玉半個、海苔、刻みネギ。

| | トラックバック (0)

2017.10.29

神宮@池袋 ~ (濃厚ベジポタ?)らーめん

006

 池袋駅東口から徒歩5分くらい。「長山」の跡地で「鶏の穴」の奥、「一蘭」の斜向かい辺り。先客1、後客3。

 店内の券売機で基本と思しき「らーめん(750円)」を注文。ランチサービスなし。他につけ麺、まぜそばなど。

 席はやや手狭でJ字型カウンター10席ほど。水セルフ。厨房は奥にあって見えませんが兄ちゃん姉ちゃんの2人で切り盛りしている模様。

003

 「豚骨と野菜を組み合わせた濃厚ベジポタスープ」が売り物で、卓上の能書きには「スープはげんこつ・背ガラ・モミジなどの動物系に、数種類の香味野菜を加えてじっくりと炊き上げることで旨みを絞り出した“ベジポタ”スープ」とありますが、背脂をたっぷり入れたのが良くないのか、ベジタブル感、ポタージュ感は全然しません。かえしのせいか酸味も強く、ベジポタどころか二郎系寄りの豚骨醤油という感じ。

 麺は三河屋製麺製で、ごく緩い縮れ入りの太め。これまた残念なことに柔らか目の仕上がりで、わずかにもっちり感が残っている程度。スープに負け勝ちで好みにも合わず。

 薄いチャーシューに変に炙りを入れて堅くなってしまうっちゅーのもどうかと思いますが、それ以前に妙なのが卓上のウンチクにはなぜか「低温調理チャーシュー」の文字が。野菜はキャベツともやしが主体で、ニラが少々。ニラの上になぜか一味が少々。

 ものすごく「羊頭狗肉」感のする店です。

| | トラックバック (0)

2017.10.25

【閉店】柴田商店@池袋 ~ とんこつ醤油

005

 池袋駅北口から徒歩5分ほど。西一番街のさらに北。飲食店がぐっと少なくなり、ラブホテルが目立つ一角に立地。先客、後客ともゼロ。

 店内の券売機ボタン先頭の「とんこつ醤油(600円)」を注文。麺の硬さ・スープの濃さ・味の濃さを指定できるので「麺堅め」で注文。開店からだいぶ経つのに「オープンセール替玉2玉無料」サービスを継続中でした。メニューは「とんこつみそ」との二本立て。

 店内は縦長カウンター7席のみ。厨房内にオッサン一人。水セルフ。卓上にはおろしにんにく、紅生姜、辛子高菜など。

003

 ほんのわずかにとろみが感じられるスープは「とんこつ醤油」と銘打っているものの豚骨出汁でぐいぐい押すタイプではなく、魚介系他何かプラスアルファを相当加えている様子。総じてかなり甘目というか旨味過多で、かえしもきつめのせいか終盤急速にくどく感じられるようになってしまいました。くどさを緩和する意図でか、刻みタマネギをたっぷり添えてありますが、さしたる効果なし。

 麺は細麺ストレート。堅めで注文したところ、水分が少なそうな相当ゴワゴワした食感で、これなら個人的には「普通」で十分でした。また量は替玉前提なのかやや少な目。無料サービスということもあって替玉を注文しましたが、替玉を入れるには若干スープが少ないのか、急激に温くなるのは困りもの。温くなるとますますスープのくどさが浮き彫りに。よって量を欲するなら替え玉よりライスのほうが良さげ。もちろんライスは有料ですが。

 チャーシューは柔らか目で崩れがちなタイプ。他にきくらげ、海苔。

 現状だとワンコインラーメンよりはややマシで、「安くて腹一杯になればそれで良し」というニーズを満たすには十分な出来だと思いますが、それだけが生命線なので「替玉2玉無料サービス」は止められないのかも。

| | トラックバック (0)

2017.10.12

麺処 花田@池袋(3) ~ 味噌ラーメン

004

 池袋東口から徒歩5分強。上野店や潰れた神田店には足を運んだことがありますが、池袋店はなんと6年ぶりで3度目の往訪。開店3分前に到着したところ既に先客3。開店までに5名やって来て、その後もゾロゾロ。20分も経たずに満席になり、退店時には外待ちが5、6人。

 超久しぶりなので定番の「味噌(830円)」を注文。野菜大盛、ニンニク増しの要否を聞かれ、野菜大盛り&ニンニク増しにしてみました。さらに平日は小ライス無料サービスもあるので、それも追加。

 メニューは他に「辛味噌」「味噌つけめん」「辛味噌つけめん」など。ただ客の注文はほとんどが味噌で、他は辛味噌が2人、つけめんが一人いただけかな。

 店内はコの字型カウンター15席くらい。極太麺で茹で時間がかかる上に、よく言えば作りが丁寧なので着席してから品が出てくるまでの時間が長いのは相変わらず。なお辛味噌の注文が少ないせいか、後客の注文なのにそれだけ先にまとめて作って出してしまうっちゅーのはどうなんだろ?

 また炒め物の油煙が結構きつくて、空調もガンガン効かせてはいますが、炒め物に近い席は衣服に注意。そのためもあってか、紙エプロンをサービスしていました。

003

 多角錐状の深い丼で登場。野菜増しといっても二郎系にありがちな、もやしをある程度片づけないと麺に辿り着けないというほどの量ではなく、これなら野菜増しにしないと損みたいな。野菜はもやしがほとんどで若干玉ねぎが見受けられる程度。他に白髪ネギ、メンマ。

 スープはドロドロの超濃厚タイプで、かなり甘め。かつ脂のこってり感が強めに出ているのは相変わらず。濃すぎてスープを飲む気にはなりませんが、麺を絡める分には濃さ、しょっぱさが気にならない程度にまとまっています。ニンニク増し分は小皿で出てくるので途中で入れてみましたが、どうもスープに上手く馴染まず失敗でした。ニンニク増しを止めて、卓上の一味を入れたほうがよさげ。

 麺は三河屋製麺の極太で断面が丸いタイプで緩い縮れ入り。このスープにはこれしかないという相性のよさ。もちもちとした食感も嬉しいもの。

 チャーシューが一枚。柔らかめで、ぐだぐだになってスープの中に崩れゆくタイプ。

 スープを飲む気にならないといっても麺なりもやしなりにドロドロスープが相当量絡みつくので、自然体でも食べ終わりにはスープが相当減ってしまいます。濃すぎて体に悪い感は否めませんが、たまに食べたくなるタイプなのは確か。

| | トラックバック (0)

2017.09.12

一龍庵@池袋 ~ ポルチーニオイルのまぜそば・大盛

006

 池袋駅西口を出て「中本」池袋西口店の向かい、「武蔵野アブラ学会」のある角の路地を南へ。開店直前に到着したところ先客4、後客5。割烹「一龍庵」がランチタイムにまぜそばを提供しだしたもので、ランチ営業は水・木しかやっていないにも関わらずそこそこ人気を集めているようです。

 最もシンプルな「ポルチーニオイルのまぜそば(850円)」を注文。並盛(200g)、大盛(250g)同値段なので大盛りにしてもらいました。後客は「特製(鶏・豚チャーシューが1枚追加&生卵のせ)」を注文している人が目立ちました。なお限定わずか25食。まぜそばは「冷やし」もできるようです。

 さらに限定で「イタリア産ボッタルガのまぜそば」も用意。こちらは何食なのか判らず。

 店内はL字型カウンター8席のみ。テーブル席は昼間は使っていない模様。かなりくたびれた外観と違って内装は相当手を加えて小奇麗に仕上げています。カウンター内ではねーちゃんが接客に当たっていますが、厨房は奥まったところにあって様子は伺えず。接客は実に手慣れたもの。

004

 一度に2杯ずつしかできないようで、20分以上待ってようやく登場。麺の上に鶏&豚チャーシュー、紫玉ねぎ、カイワレ、きざみ青ねぎ。うーん、台湾まぜそばに慣れてしまったせいか、まぜそばにしてはちょっと寂しいビジュアル。

 せっせと天地をひっくり返しながら何度もまぜまぜ。麺の底に醤油タレがあるにはありますがあまり量は多くなく、大盛でぎりぎり足りるかどうかといったところ。ポルチーニオイルというのがそもそも何なのか全然判っていないのですが、タレが多くはない割にはややオイリーで、具が少ないことと相まって限りなくまぜそばというより油そばという印象を受けました。

 麺はほぼストレートの太麺で池袋東口の「麺屋六感堂」のものでしっかりした噛み応えが気に入りました。。

 追い飯(100円)を追加している客もいましたが、大盛だと追い飯を入れるほど具もタレも残りません。

 総じて悪くはないのですが、まぜそばというよりほぼ油そばと考えれば割高感は否めず。

| | トラックバック (0)

2017.09.09

博多一幸舎 池袋東口店@池袋 ~ 博多水炊き鶏つけ麺

006

 池袋駅東口から明治通りを北へ。松屋の先を左折。「博多天神」や「節骨麺」などラーメン屋の並ぶ一角に立地。先客1、後客3。

 博多一幸舎は既に博多駅近くの博多本店で試食済。正直博多でもぶっちぎりに美味いわけではなく、しかも博多ラーメンとしては高いという印象しか残らなかったので、池袋に支店が出来た際もパスしていたのですが、「つけ麺」が出来たと聞いてようやく足を運ぶ気になりました。

 店内の券売機で、ラーメン、赤ラーメン、黒ラーメン、塩とんこつラーメン等の後にある「博多水炊き鶏つけ麺(850円)」を注文。並200g、大盛300gが同一価格サービスのようで大盛りでお願いしました。

 店内は入口近くにL字型カウンター8席、さらに店奥に相当座席を用意している風でしたが、暇な時間帯のため手前のカウンターだけが一人客で混雑。。

 つけ麺だけ提供する時間がかかるせいか、出来上がるまでの間につけ汁のベースとなっている鶏スープが出てきます。スープにはまさに鶏出汁だけで味が付いていないので、一緒に出された塩&柚子胡椒を微妙加えて見たところ、鶏の旨味全開で実に美味い! 

003

 10分くらいかかってようやくつけ麺が登場。若干とろみがついたつけ汁は「博多水炊き」の謳い文句に反して茶色く濁っており、しかも鶏出汁だけでなく。カツオ節、煮干し、うるめ干し、サバ節などをもブレンドしているとのこと。しかもその魚介系の味わいが思いのほか強くて、これを「博多水炊き」というのはなんか違う気が。

 ごく普通の鶏魚介つけ麺だと思えば違和感は全くありませんが、先に出てきた鶏スープが美味かっただけにちょっと拍子抜け。もっとも純然たる水炊き風鶏出汁だと麺に絡ませるつけ汁としては弱いのでこうなったのでしょうが。

 麺はこのメニュー専用に開発されたストレート太麺。小麦がぎっしり詰まったような、噛み応えの強い麺で気に入りました。

 具は鶏チャーシュー3枚、メンマ、海苔、薬味ネギ、つけ汁の中に鶏つくね3個。

 割りスープはカウンター上にポットで用意。スープ割りにするとつけ汁の甘さが引き立ちます。

 「博多水炊き」という触れ込みさえ気にしなければ、つけ麺メインではない店にしては上出来で割高感もありません。

 なお食後に替え玉サービス券をもらいました。やっぱりそれくらい付けないとラーメンは割高で思うように客足が伸びなかったのでしょうなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.08.13

蜀伝@要町 ~ 蜀伝汁有担々麺

005

 有楽町線要町駅から池袋駅方面へ。光文社のさらに先。先客、後客ともゼロ。

 担々麺専門店で、店内の券売機を見てボタン先頭&女性一番人気の「蜀伝汁有担々麺(850円)」を注文。平日ランチタイムは小ライスサービス付き。他に「蜀伝汁無担々麺」「蜀伝火山」など。

 担々麺を注文すると、辛さを聞かれます。辛さは1~5辛が無料で、6辛~11辛が+100円。店のお勧めは「2辛」でしたが、今回はとりあえず3辛で。っちゅーか、ここまで辛さのレベルを刻む意味があるのかな???

 また別料金ですがパクチートッピングを勧めていました。個人的には絶対無理ですが(苦笑)

 店内はカウンター4席と4人卓×1、2人卓×2。厨房は奥まったところにあって様子は伺えませんでしたが、声からすると2人で切り盛りしている模様。

004

 いかにも担々麺らしい赤々とした姿で登場。ゴマだれがほど良く効いていますが甘ったるいわけではなく、むしろ「ちょい辛」と形容するよりはもうちょっと辛いかなといったところ。

 20種類以上の香辛料を使用しているラー油が効いているのが結構ストレートに辛い反面、デフォルトだと痺れはさしたることはありません(その割に看板に「しびれる旨さ」と書いてあるのが謎ですが)。卓上に花山椒が置いてあって、客の好みに応じて適宜調整してくれとのスタンスみたい。なお山椒は「貢椒」という最高級品を原産地から取り寄せているとのこと。

 麺はやや細めのストレート。良く言えばしなやかな口当たりが特徴ですが、悪く言えば少々頼りなく、個人的には好みから外れていました。汁無しでこの麺だとたぶんアウト。麺量は150g。

 白髪ねぎと糸唐辛子に隠れて見えませんが、その下に団子状の肉味噌。少々ナッツを忍ばせたくらいでさほど香辛料に凝った風ではない、比較的シンプルな作りの肉味噌です。担々麺専門店らしく穴あきレンゲが置いてあり、麺を食べ終わった後は底に溜まったひき肉をサルベージしてご飯を食べるのが愉しみですが、思いのほかひき肉が少なくってがっかり。

 その代わりといってはなんですがスープが美味い。鶏&豚のベースがよほどしっかりしているのでしょう。辛いのを堪えてついつい飲み進んでしまいました。

 池袋駅からだとかなり遠く、しかも池袋駅周辺には中華料理屋を含めて担々麺を出す店がアホほどあるので、この感じだとちょっと微妙。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧