2019.05.11

つじ田 池袋西口店@池袋 ~ 濃厚らーめん

005

 いつの間にか池袋西口二又交番近くに出来ていた「つじ田」。今でも小川町の店では行列を見かける「つじ田」ですが、知らん間にえらく増殖していて、今や各地のSCどころか福岡空港にも出店しているんですなぁ・・・ 「奥の院」や「担々麺」には往訪したものの、「つじ田」本体の系列店はなんとほぼ10年ぶりの往訪。先客2、後客3。

 つけ麺推しの店ですが陽射しがなくて寒かったので、店外の券売機で「濃厚らーめん(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 店内は縦長L字型カウンター20席程度。席間はかなり狭め。なのに、ガラガラのうちから奥から詰めて座らせるというのは心証が良くありません。卓上には黒七味、ブラックペッパー、酢、タレ。

0041

 とろみが強めのスープは「国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、野菜、他合計十数種類の食材を元に」作ったとのことですが、丼の淵にうっすら魚粉が付いていることから推察できるように、節系の旨味がやや前に出ているように感じますが旨味は抜群。それなりに濃厚ですが、この手のスープにありがちなくどさ、しょっぱさは全くなくて実に飲みやすい。単につけ麺のつけ汁を薄めて出すような低レベルの店とは完全に一線を画しています。といっても、味が濃いことは濃いので健康を考えて半分くらい残しました。

 麺はの三河屋製麺製で心持ち太め&緩いちぢれ入り。つるつるもちもちとした食感で、スープとの相性は文句なし。麺量は160gとの事。

 具はやや堅めのロース肉チャーシュー、刻みネギ、メンマ、海苔。昔よりメンマが随分しょぼくなったような気がしますが・・・

 今や似たようなラーメンが随所にあるので並んでまで食べようとは思いませんが、多店舗展開しているにも関わらずいつでも安心して美味しく頂けるものを出せる安定感はさすがです。JR駅から近いとは言い難い立地ですが中休みなしで営業しているのが便利なので、おいおいつけ麺で再訪することもあろうかと。

| | トラックバック (0)

2019.04.26

ソラノイロ食堂@池袋 ~ ラーメン(塩・こってり)

002_2

 池袋駅西口から有楽町線要町駅へ伸びる「乱歩通り」沿い。但し、店は通りには直接面しておらず、「和牛研究所たなか」のある角を曲がった先にあって判りにくいので、乱歩通りの歩道に案内板が出てきました。先客、後客ともゼロ。

 店先のメニューや券売機を見ると、ラーメンは塩と醤油の2種類で、共にあっさりorこってりを選べるという仕様。今回は「塩・こってり(830円)」を注文。他にカレーラーメンがありましたが、往訪時は販売されていませんでした。またここは純然たるラーメン店ではなく、カレーライスや餃子定食、唐揚げ定食などもある気軽な食堂であり、かつ夜はちょい飲み需要にも応えるというコンセプトのようです。

 店内は厨房に向かってL字型10席と4人卓×3、2人卓×1。卓上には旨一味、ホワイトペッパー、餃子のたれ。水セルフ。厨房にはオッサンが一人と若いねーちゃんが3人。

007

 スープは「ゲンコツ・和豚もち豚の背脂・煮豚用の肉をじっくり低温で炊き上げた」豚清湯で、豚の旨味をしっかりと堪能できる優れもの。背脂を含めて表面の脂がかなり多いものの、脂の質が良いのか変に脂臭くもなく、しつこくもなく、食後の胃もたれ感もなし。ただこの手のスープにしては大人しいとか迫力不足な気もしたので、途中でコショウを投入。

 麺は茨城県つくば製麺所の特注麺で細めのほぼストレート。つるつるとした食感で啜り心地が良く、スープとの相性・絡み具合とも良好。ただ若干柔らかめの仕上がりで、しかもやや足が早そうな感じがしました。

 チャーシューは自家製の「吊るし焼き」だそうですが、柔らかい以上の特徴は感じられず。他にナルト、刻み青ねぎ。

 クォリティーはまずまずですが、店のロケーションは良いとは言い難く、また乱歩通りが外食店だらけで、しかもこの手のコンセプトの店の、この手のラーメンにしては値段が強気すぎると思いますがねぇ・・・

|

2019.03.26

舎鈴 池袋南口店@池袋 ~ つけ麺・並

001

 池袋駅西口、ルミネの南。地下道で南池袋交差点へと抜ける大きな道路沿いという、繁華街から外れた妙なところに立地。「トナリ」→「林檎舎」と長持ちしなかった場所ですが、「舎鈴」にリニューアル後すっかり落ち着いた模様。往訪時はほぼ満席でしたが、それがピークだったようで、退店時には7割くらいの客入りに。

 店内のタッチパネル式券売機で基本と思しき「つけ麺・並(730円)」を注文。並盛が300gで、100g増える毎に100円アップ。なおここはつけ麺専門店ではなく、中華そばや油そばも用意。

 店内は壁際及び厨房に向かって縦長カウンターのみ20席強。案内された席は椅子が高い上にやたらぐらついて参りました。卓上にはラー油、酢、ゆず粉、焙煎七味、ホワイトペッパー。焙煎七味の補充が追い付かずに中身はスッカラカンでした(´・ω・`)ショボーン 水セルフ。

004

 繁盛しているので茹で置きの麺がさっと出てくるのかと思いきや、客足に麺茹でが追いつかないのか、それなりに待たされてました。

 つけ汁は粘度があまりない「魚介出汁を軸にして、豚・鶏の動物スープの旨味を重ねた」もので魚粉のざらつきは皆無。この手のつけ汁にしては割とあっさり目で、麺にもさっと絡む程度ですが、それでも最後まで味が薄まることなく楽しめました。甘目なのが個人的にはちょっと苦手ですが甘酸っぱいタイプよりははるかにマシ。

 麺は太めのストレートでコシがしっかりしており、つるつるした食感もまずまず。

 具はそこそこ厚みがあるチャーシューが1枚とメンマ、ナルト、刻みネギ、海苔。スープ割は卓上のポットから。

 SCや駅近・駅ナカ、さらにはオフィスビル内にまで多店舗展開している「舎鈴」。今時のつけ麺にしては安いほうで、しかもそこそこ美味いのですから客入りが良いのは当たり前。マニア受けなんて捨てて、「毎日食べられる美味しいつけめん」を目指した結果は大正解。実に無難な一杯に仕上がっています。

 

| | トラックバック (0)

2019.01.29

昭和歌謡ショー@庚申塚 ~ 白タンメン

001

 都電庚申塚電停から南へ。庚申塚交差点そば。約2年半ぶりの再訪で先客1、後客4。相変わらず店先に「わ」の看板が掛かっていますが何かの判じ物なんでしょう。

 前回は「中華そば」を注文したので、今回は「白タンメン(910円)」を注文。えらく高いな!と思って過去の記録を見たところ、中華そばも2年半の間に800円から880円へと大きく値上がりしていました。ランチサービス無し。

 メニューは他に白醤油そば、地球の塩、(限定)女のニンニクラーメンなど。後払い。

 店内はI字型カウンター5席のみと狭小で、カウンター裏のスペースもあまりありません。卓上に調味料なし。

 厨房はオヤジ一人が奮闘。BGMとしてこれまた相変わらず屋号通り昭和の歌謡曲が流れています。「昭和」を売り物にする店って30年代をイメージするところが多いのですが、この店は50年代が基調の様子。30年代みたいな貧乏臭さがない昭和は実に良い!

004

 「白タンメン」が面白いのは塩味ではなく白醤油を使っていること。当然ながら塩味のタンメンにありがちな塩の尖りは一切なし。鶏ベースのようですが、むしろ野菜から来ると思しき甘みが終盤になると急速に強くなってきます。無化調が売りものですが、無化調にありがちな物足りなさは一切感じられず、むしろ味はやや濃い目なくらい。また野菜をせっせと中華鍋で炒めているのが良く見えますが、その割には意外なくらい脂っ気が全然ありません。

 麺は細麺ストレートでつるつるとした口当たり。細麺ながらそこそこ噛み応えがあり、スープの絡み具合、相性、共に文句なし。

 野菜はキャベツともやしが主体でニンジンとニラがわずかに確認できる程度。さらに角切りのチャーシューをおまけしてくれたようですが、八角(?)みたいな中華系のスパイスが感じられてちょっと苦手。

 「トナリ」みたいなやたらギトギトしたタンメンが増殖する中で、伝統的なタンメンを幾分今風に昇華させたような一杯です。美味いことは美味いけれども、この値段になっちゃうと一回で良いかなぁ・・・ というか、年寄りだらけのこのエリアでマニア向けにシフトして店が持つのかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.01.25

カイミーオ@大塚 ~ 醤油RAMENネオクラッシック

005

 山手線大塚駅の北西。飲食店や東横インなどが連なる通りを進んで、空蝉橋通北交差点を過ぎたさらに先にあり、都電巣鴨新田電停のほうが近いくらい。「K's Garden」の跡地。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭は「醤油RAMENカイミーオ」でしたが、その下の「醤油RAMENネオクラシック(750円)」を注文。メニューは「塩RAMEN UMI]との3本立て。ランチタイムには半ライスの無料サービスをやっていましたが、店からは積極的に勧めてきませんでした。

 店内はL字型カウンター11席と店奥に2人卓×3。卓上にはミル入ミックスペッパーのみ。店は若い店主とホール係のオッサンで切り盛り。外観は前店そのまんまですが内装は大改装されており、夜はワインバーとして営業しているせいか、客席とカウンターにいるオッサンとの距離がやたら近いのが気になりました。

004

 スープは鶏ガラベース。かえしが控えめで良く言えば見た目通りのあっさり&優しい味わいですが、かえし控えめを補えるほど出汁の旨味が強いとは言い難く、無化調をウリにする店が陥りがちな物足りなさを感じずにはいられませんでした。

 麺は「多加水・平打ち手揉み風麺」との触れ込みですが、あまり手揉みっぽくはなく、ごく普通の並太緩い縮れ入りといったところ。つるつるした口当たり、もっちりした食感は悪くありません。量がやや少な目な感じなので半ライスサービスはありがたいのですが、ライスに合うようなタイプのラーメンではないという皮肉さ・・・

 薄いチャーシューはスープに合わせて淡白な仕上がり。他に刻み青ネギ、メンマ、海苔。海苔は「たそがれ」という有明海の養殖海苔を使っているそうですが、そんなところに凝る以前の問題のような・・・

 無化調なのにやたらしょっぱかった前店とは正反対の出来ですが、場所にそぐわない妙な気どりが感じられる点は前店とそっくりでちょっと嫌な予感。

| | トラックバック (0)

2018.12.30

はやし田@池袋 ~ 醤油らぁ麺

001

 池袋駅東口から明治通りを北へ。松屋の先を左折。「博多天神」や「節骨麺」などラーメン屋の並ぶ一角。「博多一幸舎」の跡地。新宿本店の2号店です。先客ゼロ、後客1。新宿本店に往訪した際は開店前から行列が出来ていましたが、こちらはガラガラ。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油らぁ麺(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは相変わらず絞り込まれていて、他に「つけ麺」と数量限定販売の「のどぐろそば」のみ。但し平日夜は「まぜそば」が加わるようです。

 店内は縦長L字型カウンター20席弱。卓上には調味料一切なし。水セルフで、しかもポットを置く代わりに回転寿司屋などでよく見かける給水サーバーを設置しているのは新宿本店と同じ。客入りは芳しくないのに厨房内外にスタッフが5名もいるのが気になります。

0031

 卓上の能書きによると、スープは「鴨と大山鶏を惜しげもなく使用し」のこと。新宿で食べた際にはとにかく醤油ダレがきつくて出汁が全部ぶち壊しになっていましたが、あれはたまたまのブレだったのか、その後改善されたのか、醤油の尖りは随分抑えられてスープの味わいを楽しめるようになっていました。ただ依然として鴨出汁らしい甘み、まろやかさはよく判らず、能書きがなければ単純に鶏ベースだと思い込んでいたでしょう。

 表面の脂が案外多くてスープは最後まで熱々。といっても脂っぽさを感じさせるほどではなく、程よくコクを加える程度。

 麺は菅野製麺の細めストレートタイプ。全粒粉入りで、蕎麦に似た心持ちざらつきのある食感で喉越しが良く、そしてそれなりにコシもあるバランスの取れた仕上がり。

 豚肩ロースと鷄むね肉のチャーシューは低温調理の柔らか仕上げでいずれもかなり淡白な味わい。他に穂先メンマ、刻み青ねぎ。

 新宿で食べた時の悪印象を完全に払拭する出来栄え。ただ場所柄を考えればちょっと高いのが玉に瑕。前店「博多一幸舎」が長持ちしなかったのは割高感ゆえと思われるだけにはたしてどうなることやら。

| | トラックバック (0)

2018.12.25

茜ノ舞@池袋 ~ 炎の濃厚味噌らーめん

003_2

 山手通りと川越街道が交わる「熊野町」交差点を東へ。すぐ近くにドン・キホーテあり。「博多らーめんかしはら」の跡地。池袋駅からはかなあり距離があり、もはや北池袋駅のほうが近そう。先客3、後客3。

 味噌ラーメン専門店で、卓上のメニューを見て基本と思しき「炎の濃厚味噌らーめん(800円)」を注文。ランチサービスなし。先会計制。メニューは他に濃厚海老味噌らーめん、濃厚黒胡麻クリーミー担々麺など。

 店内は前店の居抜きそのまんまで厨房を囲むL字型カウンター7席。卓上には一味のみ。ねーちゃん一人で切り盛りしており、巨大な炎を上げながら中華鍋でせっせと炒め物を作っているのが客席から丸見え。会計の手間を省くため、せめて前店が置いて行ったと思しき券売機くらい使えば良さそうなものですが・・・

002

 もやしとキャベツを中華鍋で炒めて、さらにスープを炒め合わせる札幌スタイルゆえスープが脂っぽいのは当然。ただ脂が層をなすほどでもなく、またニンニクや生姜をがっつり効かせるわけでもないので、この手のスープにしてはマイルドな印象。味噌もちょっと甘目かな。わざわざ「濃厚」と冠するほど濃厚な気はしませんが、味噌が前面に出過ぎてやたらしょっぱくて飲み進む気が起こらないような奴よりは遥かにマシ。良い意味で中庸。

 なおメニューにわざわざ「辛くない」と付してあるのが不思議でしたが、「濃厚味噌らーめん」に「炎の」を冠したのが間違いのもとのような・・・

 麺は小林製麺の太目縮れ入りのたまご麺。つるつるした口当たりといい、もちもちっとした弾力感といい、大のお気に入り。

 後乗せのチャーシューとメンマは冷えていて、せっかくのスープをぶち壊すだけなので、これらを止めて炒め野菜を増やすなり、ひき肉を炒め物に加えたほうが良いと思うのですが。他に刻み青ネギ。

 特に難点はなく、万人受けする出来だと思いますが、味噌ラーメンはロードサイドやSCに幅広く展開するような店でもそれなりの出来のものが出てくるので差別化が難しく、店の前を車はバンバン通るけれども人通りは少ないというこの立地では少々心配。

| | トラックバック (0)

2018.11.17

鶏の穴@池袋 ~ (期間限定)はい、チーズ!

001

 池袋東口から明治通りを北へ。旧豊島区役所向かい。約4ヶ月ぶりの往訪。先客4、後客6。

 普段はレギュラーメニューばかり頼んでいますが、今回は月替わりの限定メニュー「はい、チーズ!(880円)」を注文。しかし他に限定を頼んでいる人は先・後客ともいませんでした。レギュラーメニューより100円以上も高いとなると、よほどの好事家じゃないと手が出しづらいかも。

004

 「はい、チーズ!」は鶏白湯スープにホワイトスープを混ぜ、さらに麺の上にとろとろの炙りチーズをたっぷりと絡めたという、なんとも乳臭さそうな意欲的というか実験的な一品。

 といってもスープは鶏出汁の味わいがはっきりと感じられ、「鶏の穴」の売り物である鶏白湯スープの原型をほぼ保っているみたい。少なくともクリームシチュー風へベクトルを振ったような感じではありません。

 一方、麺の上にたっぷりと添えられた炙りチーズの存在感はとにかく強烈!! 餅のようにというかピザのように糸を引きながらまったりともっちりと麺に絡みついて来ます。

 個人的にはご飯と牛乳や生クリーム、チーズ等乳製品の相性は最悪だと思っていますが、不思議や不思議、この炙りチーズと麺がスープとの相性は全然悪くありません。おそらく鶏白湯スープに加えられたホワイトスープが炙りチーズの個性の強さを受け止めるのに良い仕事をしているのでしょう。

 もっとも相性こそ悪くありませんが、とろとろというよりどろどろの炙りチーズは結構胃にずっしり来ます。具は細かく刻まれた鶏肉が目立つくらいで野菜がほとんどない(ニンジン?のみじん切りが確認できる程度)のも重さに拍車をかけている気も。

 ラーメンというよりパスタ、言うなればカルボラーナ的な何かという感じの一品ですが、地雷かなと思って頼んだら予想外に美味く、文字通りのポジティブサプライズでした。

| | トラックバック (0)

2018.08.16

瞠@池袋 ~ (濃厚魚介)らーめん

004

 池袋駅東口、旧豊島区役所を越えて高速道路高架沿いに立地。6年ぶりの往訪。先客4、後客2。

 入口脇の券売機で「らーめん(830円)」を注文。6年もの間に80円値上がり。並盛or中盛と聞かれたので中盛にしてもらいましたが、量は明示されず。昔はスープを「こってり」にできたはずですが、そのオプションはなくなっていました。

 メニューは他につけそば、あぶらそば、比内地鶏のあぶらそば、煮干し次郎のらーめん/つけめん、期間限定の「煮干しとニンニクのあぶらそば」など。随分メニューが増えただけでなく、なんかあぶらそば推しっぽい店にコンセプトが変わっており、実際あぶらそばを注文する客が目立ちました。

 店内は縦長L字型カウンター10席ちょっと。照明を落として落ち着きを演出した店内、そして脚高でなんだか不安定な椅子はあい変わらず。卓上には胡椒、一味、酢、ラー油、揚げネギ。

001

 うーん、中盛にしたのはどう見ても失敗。スープをもともとけちっている店なのか、スープと麺の量的バランスが崩れています。「カツオや宗田節を大量に使って化学調味料不使用で仕上げた濃厚魚介スープ」というのがウリ文句ですが、このバランスの悪さが致命的なのか、味わいに無化調にありがちな物足りなさを覚えました。 単にすっかりあぶらそば推しの店になってしまって、スープの劣化が著しいだけかもしれませんが・・・

 もっとも「またお前か」的なアレと違って魚粉のざらつきも感じませんし、スープに粘り気もなく、この手のスープにしては上品な出来。

 麺は並太ストレートで心持ち固めの茹であがり。

 メンマは大ぶりでかなり甘めの味付けなのはともかく、筋っぽいのには参りました。チャーシューは堅めで周囲が炙り入りかな? 他に海苔、刻み青ネギ。

| | トラックバック (0)

2018.08.08

やじま@駒込 ~ 味噌タンメン

002

 駒込駅東口から北側へ伸びる商店街の一角。先客ゼロ、後客8。もともと「きみはん」→「もり田」→「泰然」→「ちぇるしー」のあったところ。

 店内の券売機ボタン先頭の「味噌タンメン(800円)」を注文。終日ライスサービスをやっていますが、先方からは特に聞いてこないせいか、ライスを頼む後客は一人しかいませんでした。 

 メニューは他に辛味噌タンメン、醤油そば、味噌つけ麺、醤油つけ麺800円、(夏季限定)冷やし中華など。

 店内は「ちぇるしー」時代と変わらず、店内はV字型カウンター10席でカウンターの背後がやや狭め。水セルフ。卓上にはおろしニンニク、胡椒、醤油、酢、豆板醤。

 厨房内には店主が一人いるだけでしたが、この体制は客入りからすればかなり無理があるようで、当方が注文したライスはラーメン配膳に「あとで出します」と言っておきながら催促するまですっかり忘れ去られ、また後客の注文も前後する始末。

001

 「味噌タンメン」と称していますが、中華鍋で野菜(キャベツ、もやし、ニンジン、ニラ)や豚肉を炒め、さらに動物系スープを加えて炒め煮するスタイルなので限りなく札幌風の味噌ラーメン。この手のラーメンなら大外れはなさそうなものですが、この店はどういうわけか極端に出汁が弱くて旨味不足。炒め物の脂だけがやたら目立ってしまい、たまらず卓上のにんにくと豆板醤を投入。うーん、なんでこうなるのかなぁ??? 麺&炒め物の量に比べてスープが少なくて食べづらいのにも参りました。

 麺は菅野製麺製の強い縮れ入り太麺。つるつるした食感でやや硬めの仕上がり。後客の「硬め」の注文をやんわりと断っていましたが、それも納得。でも今の店の状況で細かい注文を付けるのは自殺行為のような・・・

 炒め物の他に後乗せのチャーシューと海苔、刻みネギ。後からチャーシュー乗せるくらいなら、最初から炒め物の肉増やしたほうが良いような・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧