2020.12.08

サムライ@入谷 ~ らーめん醤油

Samurai001

 日比谷線入谷駅1番出口から言問通りを渡ってすぐ。言問通り沿いの「松屋」のある角を南へ入ってすぐ。「俺麺山田」→「喜粋 入谷店」の跡地。先客、後客ともゼロ。

 店内の券売機で基本と思しき「らーめん醤油(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「らーめん塩」「白湯らーめん(醤油・塩)」といったところ。

 店内はL字型カウンター10席。卓上にはミル入り黒胡椒のみ。

Samurai002

 スープは動物系の魚介混じりでやや甘目といったところでしょうか? わずかに焦がしネギのような風味も。良く言えば優しい味わいですが、店頭の幟にある「毎日食べれるらーめん」と取るか、優しすぎて何だか物足りないと取るかは微妙なところ。

 麺は浅草開化楼製の並太緩い縮れ入り。どういうわけか硬めの仕上がりで明らかにスープに対して強すぎ。

 メンマは意外に厚みがあるのはともかく少々筋っぽくてイマイチ。一方周囲に少々焦げが入ったチャーシューは肉の旨味がしっかり保たれていて上々の出来。もっとも店頭で「燻製」を謳っている割にはスモーキーな感じはしません。他に味玉半個、三つ葉、細切りねぎ。

 どちらかと言えば飲んだ後の一杯っぽい仕様で、現状ではランチにはやや物足りないかと思います。言問通りからちょっと引っ込んでいて良いとは言い難い立地ですが、果たしてどうなることやら。

|

2020.12.01

麺屋武蔵 武骨相伝@上野 ~ 白つけ麺

Bukotusouden002

 上野駅しのばず口から駅前の大きな交差点を渡ってすぐ。スギドラッグから南へ延びる線路と線路に挟まれたような狭いガード下に店を構えています。約8年半ぶりの再訪。先客1、後客7。

 タッチパネル式券売機ボタンを見るとどう見てもつけ麺推しの店。一応「らー麺」もあるにはありましたが、最も無難そうな白つけ麺(900円)を注文。麺量は並(200g)からなんと3倍盛り(600g)まで同料金のようで、大(300g)を注文。

 つけ麺は白が魚介豚骨、黒が「タマネギやニンニク、コーヒー豆をオーブンで炭化させた物を使用」したビターな味わい、赤が辛味を効かせたタイプ。他にまぜそばも用意。

 店内は厨房に沿って屈曲したカウンターが15席くらい。卓上には消毒用のハンドジェルがあるだけで、着席時に水ポットを配置。調味料類は要望があれば出すとのこと。スープ割りをやっているのかどうか判りませんが、少なくとも店からは勧めてきませんでした。紙おしぼりサービスあり。

 コロナ対策にあれこれ気を遣っているせいか、武蔵系列店でありがちだった店員の奇声や馬鹿声はすっかりなくなってしまい、照明を落とした店内は実に良い感じに。

Bukotusouden001

 つけ汁は少々魚粉が目立つもののざらつきを覚えるほどではなく、少々とろみがかっているものの粘り気はありません。一応豚骨魚介系ですが、魚介の味わいはあまり強くなく、全体的にやや甘目。食べ進むにつれて酸味を感じるようになってきました。つけ汁の中には刻みネギとサイコロ状のチャーシューが少々。もっとも焦げて堅くなったチャーシューの端っこを刻んだ感じでしたが。

 麺は太麺ストレートタイプ。つるつる&もっちりという形容がしっくりくる麺で、硬くもなく柔らかくもなく、それでいてしっかりした噛み応えを感じるあたりは気に入りました。つけダレの絡みもいたって良好。

 麺の上にバカでかいチャーシューが乗っていますが、これはつけ汁に浸けずにちびちび齧ることを前提としているのかなぁ? でも薄味なのに肉の旨味を存分に引き出しているというわけでもなさげで、良くも悪くも印象に残らず。他にメンマ。

 細かい難点はありますが、武蔵系列らしい食べ手を選ばない無難な一杯です。駅近なので再訪することもあるでしょう

|

2020.11.16

高ひろ@蔵前 ~ 丸鶏醤油らーめん

Takahiro002

 大江戸線蔵前駅を出て寿3丁目交差点から国際通りを南へ。「麺屋上々」より若干南の蔵前神社通り沿い。先客ゼロ、後客5。

 券売機はなく卓上のメニュー先頭の「丸鶏醤油らーめん(800円)」を注文。後払い。ランチサービスはありませんが、おにぎりやライスなどを格安で売っていました。

 メニューは他に「煮干しとしらすのらーめん(塩・醤油)」の基本2本立て。後客の注文は「丸鶏」が圧倒的でした。

 店内は厨房前に縦長カウンター4席と4人卓×2、2人卓×1。卓上に調味料類はなし。

Takahiro001

 スープは国産丸鶏と大山身つきガラを使ったものだそうで、配膳時にいかにも鶏ガラ出汁らしい香りがふわっと漂ってきます。その香りから想像できる通り、スープは鶏の旨味たっぷり。醤油はちば醤油メインに数種のしょうゆをブレンドしたものだそうですが、いたずらに自己主張せずちゃんと出汁とのバランスを考えられてはいますが、総じてやや甘目かな? 鶏油がちょっと多くて気になりますが、これもコクを加えるのに一役。

 麺は中太で細かい縮れ入り。水気の多そうなタイプでつるつるとした口当たりは悪くないのですが、弾力性に乏しくてもっちりという形容からも遠く、ちょっと軟すぎで好みから外れていました。

 小さくて薄いチャーシューは豚肩ロースを一週間タレに浸けこんだ後に低温のオープンで焼いたものとのことですが、手間がかかっている割には特に印象に残らず。他に穂先メンマ、ナルト、海苔、九条ネギ、刻みネギ。

 スープが傑出して美味いので、もうひと頑張りといったところでしょうか。

|

2020.09.16

ぱちぱち@田原町 ~ 俺達の肉冷やちゅう

Pachipachi002

 銀座線田原町駅を東へ出て、浅草通りの一本北側の通りを東へ。先客1、後客ゼロ。

 券売機はなく後払い。卓上のメニューを見ると、基本「俺達の肉冷やちゅう」と「NEOたんたん麺」の2本立てで、他に夜限定のラーメンを始める模様。「NEOたんたん麺」はニュータンタンの派生形のようですが、ニュータンタンはあまり好きではないので「俺達の肉冷やちゅう(880円)」を注文。

 ランチサービスはありませんが、サイドメニューのカレーとのセットを格安に販売しているようです。ちなみにカレーは店主の趣味とのこと。

 店内は厨房前に縦長7席と4人卓×1。卓上には酢のみ。

Pachipachi001

 うーーーん、天敵大葉がこんなにてんこ盛りで出てくるとは!!! これには参りました。とりあえず大葉をささっと除染。

 「冷やちゅう」と銘打っているので当たり前と言えば当たり前ですが、味わいは汁なし中華でもまぜそばでもなく、そのまんま冷やし中華。冷やし中華らしくタレも案外多くて、食べ終わってもがっつりタレが残ります。しかも甘酸っぱいの「酸っぱい」ほうにめっちゃ寄せた感じ。

 麺は浅草開花楼の中太ほぼストレートタイプ。冷水でしっかり締められてて噛み応えもなかなかのもの。

 具はしゃぶしゃぶ風の茹で豚バラ肉を中心に紅生姜と細切りメンマ。総じてさっぱりとした味わいで悪くはないのですが、麺量がやや多めなのに加えて酸味が卓越し過ぎて飽きやすいのは否めず。自家製の食べる辣油が味変用に付いて来ますが、味変には力不足。大葉を絡めながら食べると感想は全然違うのかもしれませんが。

 ここまで冷やし中華に寄せたのなら大量の大葉ではなく、冷やし中華の具としてより一般的なキュウリを添えたほうが良いのになぁ・・・

|

2020.08.04

上々@蔵前 ~ 鴨清湯煮干塩味

Zyozyo002

 大江戸線蔵前駅から春日通りを西へ。国際通りと交わる寿3丁目交差点そば。先客3、後客4。

 店内の券売機ボタン先頭の「鴨清湯煮干塩味(800円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「鴨清湯煮干醤油」と「いくらのせ油そば」の基本3本立て。屋号に「らぁめん食堂」を冠していますが食堂っぽい要素はなく、純然たるラーメン屋です。

 店内はL字型カウンター8席と2人卓×2。卓上には山椒ピュアオリーブオイル、ローリエを漬け仕込んだ穀物酢、ミル入り胡椒。さらに頼めば柚子胡椒を出してくれるようです。

Zyozyo001

 スープは「鴨清湯煮干」を謳っていますが、正直かなり煮干し寄りでわずかに鴨出汁っぽい甘みを感じる程度。言われなかったらたぶん気づかないレベル。煮干しは見た目通りどろどろザラザラとがっつり効かせたタイプではなく、かといってほんのりというほど軽くはなく、良い意味で中庸。塩ダレが変に自己主張しないのも好印象。

 麺は菅野製麺所製のストレート中細タイプ。水気が少なそうな若干ごわついた食感が特徴で、歯応え強め。追い玉を用意しているので麺量が少ないのかなと思いましたが、食べてみるといたって標準的でした。

 鴨チャーシューはブロック状のとスライス状のとをトッピング。食感は柔らかいのに弾力性がありすぎて、噛み切るのにやたら力が要るのでイマイチ味わいを楽しめないのが残念。他にナルト、刻み青ねぎ、刻み玉ねぎ。

 スープもチャーシューも鴨の使い方に難がある印象を受けましたが、可能性を感じる店でした。

|

2020.07.10

MANNISH@蔵前 ~ 昆布の塩らー麺

Mannish002_20200608134201

 都営新宿線蔵前駅を南へ出て、蔵前1丁目交差点近く。11時の開店5分前に到着したところ先客ゼロ、開店までに後客3。開店後一人。

 店内のタッチパネル式券売機でボタン先頭の「昆布の塩らー麺(850円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは極端に絞り込まれていて、他は最近始めたらしき「冷たい昆布の塩らー麺」のみ。往訪時は「昆布の塩つけ麺」「昆布の塩まぜそば」は非売品扱いになっていました。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上には昆布酢、ホワイトペーパー、一味。たいして大きくもない店なのにスタッフが3人もいて、うち一人はいかにも最近入ったばかりといった風。

Mannish001

 店内にほのかに昆布の香りが漂っていましたが、透明度の高いスープは香りから来る期待感を全く裏切ることなく初手から昆布の旨味がしっかり。食べ始めはちょっと塩気がうるさいかな?と思いましたが、それもすぐに慣れて気にならず。予めほぐしてある鶏チャーシュー自体は淡白なのに、スープとは全くベクトルが違う味わいなのでスープの旨味を引き立てるのに一役買っています。またあられや揚げネギも程よいアクセントに。

 麺は三河屋製麺の中太&の平打ちっぽい縮れ入り。典型的なつるつる&もっちりタイプでスープが絡みまくりなのは嬉しいのですが、ちょっと茹でムラが酷いのが残念。食べ始めはちょっと柔らかめかな?と思ったのですが、終盤になって硬めなのが出てくるとは・・・

 店では途中で卓上の昆布酢を勧めていましたが、これが思った以上に「酢」でして、ちょっと入れすぎてスープのバランスを崩してしまいました(苦笑)。味の変化を確認しながらちびちび入れるべきだったと思うも時すでに遅し。

 青菜は茎の部分が野沢菜のようにピリ辛でしたが、これはわざとなのかな? 他に刻みネギ、海苔。

 大満足の出来でしたがメニューが少ない上に概して高めで、「冷たい昆布の塩らー麺」は1000円もするのでしばらく放置かなぁ。

|

2020.07.04

参食堂@TX浅草 ~ (濃厚煮干)ラーメン

Sansyokudou003

 TX浅草駅を出て「公園六区入口」交差点を東へ。「奥山おまいりまち」へ入ってすぐ。目の前に「まるごとにっぽん」の巨大なビル。先客ゼロ、後客1。屋号通りもともと定食屋さんだった店がラーメン屋にリニューアルした様子。

 券売機は無く卓上のメニューを見て「ラーメン(800円)」を注文。また破格のサービスとして「今日のきまぐれ」なるミニ丼を無料提供。往訪時は「スタミナ納豆丼」でした。

 メニューは他につけめん等。つけめんは麺の量を小(140g)・中(200g)・大(280円)から選べると明記されていますが、ラーメンでも麺の量を聞かれたのには完全に意表を突かれました。ミニ丼を付けたので「普通」でお願いしましたが。

 店内は厨房前に縦長カウンター5席(席を減らし間隔を開けて運用中)。卓上にはブラックペッパー、醤油、一味、タバスコ。水セルフ。店は店主一人で切り盛り。

Sansyokudou001

 灰褐色のスープはとろみ強め&魚粉が目立ちまくりの判りやすい濃厚煮干醤油味。かなり魚臭く、煮干しらしい苦みも強くて癖があるハードパンチャーなので相当食べ手を選びそう。でも濃厚なのにしょっぱくはない辺りはさすが! やたらしょっぱいだけの「濃厚」が少なくないだけに。

 麺は中細ストレートタイプ。水気が少なそうなで、しかも硬めで噛み応え強めというこの手のラーメンにありがちな麺です。

 チャーシューは逆にこの手のラーメンには珍しく厚みがそこそこあって、しかもしっかりと煮込まれた優れものが3枚も! 他に刻み玉ねぎ、刻み青ねぎ。

Sansyokudou002
 
 スタミナ納豆丼はひきわり納豆にニンニクとニラを混ぜただけでなく、半熟玉子ともやしのおひたしを添えたもので、量的にも質的にも完全にサイドメニューのレベルを超えており、無料サービスなのがまことに恐れ多いくらい。ただ煮干しスープとは完全に喧嘩してしまうようで、ラーメンと併行して食べるのは少々辛く、ラーメンを片付けた後に卓上の醤油を少々垂らしていただきました。そして完全に食い過ぎでした(苦笑)

 次回は「つけめん」にチャレンジしてみます。

|

2020.03.15

六厘舎@上野 ~ つけめん痺れ

Rokurin001

 上野駅山下口を出てすぐ。もともと「舎鈴」と「トナリ」があったところに出店。東京駅地下街の「六厘舎」はいつ見ても長蛇の列を成しているので未訪のままでしたが、こちらはコロナ禍の余波で外国人観光客が激減したためもあってか、往訪時は外待ち行列はなく先客10数名といったところ。それでも後客はゾロゾロやって来て、退店時外待ち4。

 店内のタッチパネル式券売機で上野店限定の「つけめん痺れ・並盛(900円)」を注文。麺量は並盛で280g、大盛425g(+100円)、特盛560g(+200円)。ランチサービスなし。着席すると紙エプロンの要否を聞かれます。

 メニューは他に「つけめん」「辛つけめん」「中華そば」など。

 席は横長カウンター14席と4人卓×3。卓上には魚粉、胡椒、黒七味、ゆず粉、ライム酢。「痺れ」の場合はさらにつけ汁や麺と一緒にミル入り花椒が出てきます。

Rokurin002

 とろみが強いつけ汁は「痺れ」をウリにするだけあって、デフォルトで花椒が結構効いており、配膳されると同時にやたら鼻がムズムズ。ただやたら舌が痺れて味わいを損なうというほどではなく、あくまでもアクセント程度。あまり痺れがきつくない汁なし担々麺と同様のレベルでしょうか。

 まぁ食べ慣れた濃厚動物魚介の味わいですが、何よりやたら甘ったるいとか、くどいとか、しつこいとか、魚粉がざらざらしぎるとか、そんな妙な癖がなくて非常にバランスが良く、食べ手を選ばないのが人気の秘訣でしょうか。この手のつけ汁にしては食後もあまり胃にもたれませんし。つけ汁の中にはチャーシュー、メンマと刻みネギが少々。元々のバランスが良すぎるので、変に卓上のアイテムを投入しないほうが良さげ。

 麺はストレート太麺でつるつる&もっちりした食感が楽しい逸品。10分強待たされたところから察するに茹で置きは出してないのかな? つけ汁が麺に絡みまくるせいか、量的には並で十分でした。

 普段つけ麺はそんなに食べないので、「六厘舎」と「舎鈴」がどの程度違うのが判断できないのが我ながら残念過ぎますが(苦笑)、待たなくていいなら次は「中華そば」で再訪したいものです。

|

2020.02.24

寿限無@御徒町 ~ 担々麺

Jugem001

 御徒町駅北口から昭和通りを北へ。春日通りとの交差点の少し北にあります。先客ゼロ、後客3。担々麺がウリの店です。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「担々麺(880円)」を注文。「辛さ」のみならず「麺の硬さ」も調整可能なので「中辛&麺硬め」でお願いしました。またライスの終日無料サービス付き。

 メニューの配置から見て、担々麺は汁なしより汁ありがお勧め。他に酸辣麺、冷やし中華そばなど。

 店内は4人卓×5とカウンター5+2席。卓上にはブラックペッパー、酢、醤油、ラー油。さらに刻みたくあん。

Jugem002

 広口の丼で登場。とろみが強めのスープはごまだれをたっぷり利かせているようですが、中辛にしただけあって辛さもそれなり。痺れはなく、各種スパイスを組み合わせたような味わいの複雑さもなく、辛さがストレートに伝わってくる感じ。その辛さをごまだれが包み込んでなんとか美味しく食べられるレベルを保っています。

 麺は細麺ストレート。麺硬めの割には多少硬いかな?といった程度。担々麺には珍しく水気の少なそうな心持ちざらつきを感じる麺ですが、とろみ強めのスープに負けていません。

 具は小さいチャーシューと細かく刻んだチンゲン菜、そして刻みネギと実にしょぼい。サルベージすべきものは何もなし。うーん担々麺とはいえ、この内容では割高と言わざるを得ません。ご飯代込みでの価格設定なのでしょう、たぶん(苦笑)

|

2020.02.20

双麺@浅草橋 ~ 双麺らーめん・醤油

Soumen001

 総武線浅草橋駅西口と東口の間にあるガード下(北側)の飲食店街。耐震工事か何かのついでに周囲のガード下店舗を一斉にリニューアルした感じです。先客2、後客1。

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「双麺らーめん・醤油(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「双麺らーめん・塩」「双麺らーめん・味噌」「極太平打ちつけ麺(醤油・塩・味噌)」など。また卓上のメニューを見るとスタンプを10~40個集めると各種限定メニューに挑戦できる模様。でも肝心のスタンプ用紙は渡されませんでした(要らんけど)

 店内はL字型カウンター8席のみ。2階もあって居酒屋兼業っぽい店ですが、昼間から2階を使っているのかどうか不明。卓上には醤油、酢、胡椒、フライドガーリック、自家製海老辛具入りラー油、自家製激辛具入りラー油。水セルフ。

Soumen002

 麺の量と丼のサイズが合っておらず、小さな海苔も中へ倒れてしまい、ビジュアルが非常に残念。

 卓上の能書きは「数種類の煮干しをこれでもかというほど使い、更に荒鯖や昆布を加え作ったダシをベースに鶏がら、もみじ、豚の背骨、豚足、貝柱、椎茸と数種類の香味野菜から作るダシを絶妙なバランスで合わせることで双麺にしかできない味の広がりと香りを実現。飲み干したくなるスープをご堪能ください」とえらく大仰ですが、まあ良く言ってせいぜい「よくありがちな動物魚介系」で、特に煮干しをがっつり効かせた感じはしませんでした。とろみはほとんどなく、魚粉のざらつきも特に感じられず。

 麺はやや太めのストレートで、つるつる&もっちりした食感。ただスープがそんなに強くないので、並太くらいの麺のほうが良さげ。

 飽きが来たところで「自家製海老辛具入りラー油」を投入してみましたが、あんまり海老の味はせず、限りなくただのラー油。

 チャーシューは薄い上に小さい。具は他にカイワレ、メンマ、刻み玉ねぎ。

 無難な一杯ですし、駅近&無休&中休みなしでやっているので、とりあえず何かさくっと食べたい時には便利な店ですが、それ以上のものではありません。

|

より以前の記事一覧