2021.03.19

ウミのチカラ@秋葉原 ~ 3種類の貝出汁塩らーめん

Uminovhikara001

 秋葉原駅の北、蔵前橋通りを東へ進んで昭和通りを渡り、「小諸そば」の先。1年4か月ぶりの再訪。先客ゼロ、後客2。

 「日本近海の旬の魚、海鮮にこだわったラーメン」がウリの店ですが、前回往訪時からメニューをリニューアルしたようで、券売機ボタン最上段で店お勧めの「3種類の貝出汁塩らーめん(780円)」を注文。ランチタイムは半ライスが無料サービスになっていました。

 ボタン3段目にある「真鯛らーめん」は前回試食した「真鯛らーめん・塩」と同じなのかどうか。メニューは他に「3種類の貝出汁醤油らーめん」「魚介鶏白湯らーめん」「魚介鶏白湯つけ麺」など。前回往訪時に2本柱を形成していた「鯖だし」は影も形もなし。また前回は日によって異なると思しき魚介の仕入れ先を黒板に大書していましたが、それも止めてしまったようです。近所の方しか来なさそうな立地で微妙にマニア志向というコンセプトが災いして苦戦しているのかも。

 店内はL字型カウンター12席のみ。卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、えびごま七味。

Uminovhikara002

 3種類の貝出汁とはあさり、ホタテ、そしてホンビノスという謎の貝から成っているとのこと。やや濁りが入ったスープは麺を絡める分には悪くないのですが、飲むと貝出汁の旨味を堪能するには塩気が強すぎるかなぁ? 飲んで美味いと思える程度に塩気を抑えると逆に麺に絡めるには弱いという感じになりがちで、この手のスープはそのバランスが非常に難しいと思います。ちょっとしょっぱいので半ライスがいきなり活躍。

 麺は中細ストレート。つるつるした食感でスープが絡みまくり、程よいコシも相まってこれは文句なし。途中でえびごま七味を入れてみましたが、味変アイテムとしては当たりでした。

 極薄チャーシューは低温調理のしっとりタイプ。小松菜はしゃっきりしすぎて辛味が残るタイプ。他にあさり、細切りねぎ、糸唐辛子。

 個人的には前回試食した「真鯛らーめん・塩」が気に入っていただけに、残念な方向へリニューアルしちゃった感じです。

|

2021.03.04

魚と豚と黒三兵@御徒町 ~ 魚豚骨ラーメン

Kursanhei002

 御徒町駅南口から南へ伸びるガード下「らーめん横丁」内。チラナイサクラの跡地。西新宿5丁目の「魚と豚と黒三兵」の2号店。西新宿のほうには1年半前に行って好印象を抱いたのですが、新宿駅からちょっと距離があるのが難で再訪しないままでいたところ、一転して御徒町駅から至近距離に2号店が出来たと聞いて往訪。先客5、後客4。

 店内の券売機ボタンを見て、最上段の「魚豚骨ラーメン(900円)」を注文。西新宿で試食時より50円値上がり。ランチサービスなし。

 メニューは他に魚出汁ラーメン、魚つけ麺、中華そば、カレーラーメン、汁なし担々麺など。メニューは西新宿より若干増えていました。

 店内は手前に縦長カウンター7席と4人卓×2、さらに店奥にもカウンターやテーブル席がある模様。卓上には一味、胡椒、辛子高菜。

Kursanhei001

 とろみ強めのスープは「魚豚骨ラーメン」のネーミング通り魚介系出汁(サバ・ウルメ・アゴ・焼アゴ)と豚骨出汁をブレンドしたもののようですが、豚骨臭こそないものの若干豚骨が前面に出ているかな? また辛うじてしょっぱく感じない範囲内に収まってはいますが、かえしがちょっとうるさくて味濃すぎなのも難。無添加・無化調だそうですが、こう味が濃いとほとんど意味がないような・・・

 麺は自家製の並太ストレートタイプ。口当たりは全粒粉らしく心持ちざらつきがあり、噛み応えもしっかり。スープとの相性は文句なし。

 チャーシューは低温調理風の柔らか仕上げですが超ペラペラで濃厚スープの中で存在感を見出せず。他にゆで卵半個、かいわれ、白髪ネギ、刻み玉ネギ。

 帰りしなに店員が「おおきに!」と挨拶するところから察するに関西系の店なのかな?

 ハズレではないのですが、全般に西新宿よりも劣化して「またお前か」っぽい感じに寄ってしまった気がするのと、それ以上に内容からすれば割高感が否めないのが気になりました。

|

2021.02.25

博多一風堂 浅草橋本舗@浅草橋 ~ 江戸式醤油ラーメン

Ippudo02

 総武線浅草橋駅東口を出て、目の前の通りを南へ。浅草橋の手前。先客5、後客6。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て他店では見かけたことがない「江戸式醤油ラーメン(869円)」を注文。後払い。

 メニューは他に一風堂定番の「白丸元味」と「赤丸新味」とこの店限定の「博多もんじゃそば」。

 なお一風堂のWebサイトによると、「本舗」という名を冠した店舗は福岡市にある「一風堂 塩原本舗」に次ぐ2店舗目で、「一風堂 浅草橋本舗」はスープやチャーシューなど「店仕込み」にこだわった、東京版“拉麺発信所”として営業するとのこと。そのため定番の「白丸元味」と「赤丸新味」も「浅草橋本舗」限定版としてアレンジされており、スープは豚頭骨のみを使用したシンプルな味わいに仕上げたとのこと。

 店内はカウンター4+3席と4人卓×2、2人卓×5。卓上にはコショウ、白ごま、辛味モヤシ。紅生姜・にんにく・高菜は必要があればスタッフに言ってくれとのこと。

Ippudo01

 「江戸式醤油ラーメン」は創業当時に「一風堂 大名本店」で販売していた醤油ラーメンを復刻したものだそうで「豚骨清湯と煮干しやあごなどの魚介ダシを合わせたスッキリしたスープが特徴。ほっとするような王道中華そばに仕上げています。」と言うのが一風堂のウリ文句。豚骨のほうがかなり前に出ているのはともかく、九州産の数種類の醤油を使っているせいかやや甘めのかえしがちょっとうるさいかなぁ。細かい背脂が目立ちますが、見た目ほど脂っこくは感じず。

 麺は並太ストレートタイプ。このメニュー専用のようですが、つるつるした口当たりはともかく、柔らかめの仕上がりで博多うどんのようにフニャフニャなのは好みに合わず。

 一方チャーシューは見かけによらずトロっとした食感かつ甘みがあるタイプで上々の出来。他に海苔、カイワレ、白髪ネギ、刻みネギ。

 おそらく豚骨ラーメン好きの福岡の人が食べてナンボの一品で、東京の人がわざわざ好んで食べるようなレベルではないかと。やはりこの店は無難に白丸/赤丸で済ませておくべきだったと反省するも時すでに遅し。

|

2021.02.15

中本@御徒町 ~ 蒙古タンメン

Nakamoto01

 山手線御徒町駅南口から歩いてすぐの「ラーメン横丁」内。「中本」は草加店に約6年前に行って以来。御徒町店に至ってはなんと10年ぶり。予定していた店の開店が知らぬ間に30分も繰り下がっていたので、近隣のこちらへ転進した次第。

 往訪したのは11時過ぎで先客が5、6人いたのはともかく、食べ終わって帰る客までいたのでびっくりしましたが、なんとこの店は9時から開店しているようで。店を満席にしないように運営していることもあってか、退店時には外待ちが3人。

 久しぶりということもあって定番の「蒙古タンメン(820円)」を注文。個人的にはこれが美味しく食べられる限界。「北極」なんて食べようものならスコット隊よろしく遭難しかねません。あっ、スコット隊が遭難したのは南極ですね(^-^;

 メニューは他に味噌タンメン、五目蒙古タンメン、塩タンメン、冷し醤油タンメン、各種つけ麺等。また往訪時には期間限定で「北極あんかけ」を出していました。草加店では「蒙古タンメン」を始め、いくつかのメニューで「辛さおさえめ」を用意していましたが、こちらではそのような表示は見当たらず。

 店内は大小のカウンター10数席と店奥に2人卓×3。卓上に調味料類なし。

Nakamoto02

 相変わらず辛美味いとしか良いようがない蒙古タンメン。麺はやや太目のストレート麺。チャンポンの麺に良く似た水っ気の少ない麺が特徴。

 スープ単体だとそれほど辛くはない(家で食べているキムチ鍋と大差ないか・・・)ので、つい麺だけ食べて楽をしてしまいがちですが、そうするとどうしても上のあんのかかった野菜や豆腐が余ってしまいます。そしてこいつらが結構辛いんですな。従って野菜と麺をいかにバランス良く、適度な辛さを保ちつつ食べるかが「中本道」を極めるコツなんでしょう。大きなきくらげがちょっとだけ箸休めに。

 辛いあんかけを美味しくいただくには+190円で辛子麻婆豆腐と小ライスがついた「定食」にするというのも一手ですが、単品でも結構量があるので「定食」だと明らかに食い過ぎ。

 食べられないほど辛くもなく、かといってこれ以上の辛さを求める気もせず。ほど良い加減の「からうま」。あえて難を言えばもやしや白菜が煮込みすぎてくたくたなところかなぁ。でも厳冬期のためか食べ終わっても全く汗はかかず、鼻水がダラダラ流れることもなく、当然ながらスープはほぼ全部残して楽々フィニッシュ。水は随分飲みましたが(苦笑)。

 

|

2020.12.08

サムライ@入谷 ~ らーめん醤油

Samurai001

 日比谷線入谷駅1番出口から言問通りを渡ってすぐ。言問通り沿いの「松屋」のある角を南へ入ってすぐ。「俺麺山田」→「喜粋 入谷店」の跡地。先客、後客ともゼロ。

 店内の券売機で基本と思しき「らーめん醤油(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「らーめん塩」「白湯らーめん(醤油・塩)」といったところ。

 店内はL字型カウンター10席。卓上にはミル入り黒胡椒のみ。

Samurai002

 スープは動物系の魚介混じりでやや甘目といったところでしょうか? わずかに焦がしネギのような風味も。良く言えば優しい味わいですが、店頭の幟にある「毎日食べれるらーめん」と取るか、優しすぎて何だか物足りないと取るかは微妙なところ。

 麺は浅草開化楼製の並太緩い縮れ入り。どういうわけか硬めの仕上がりで明らかにスープに対して強すぎ。

 メンマは意外に厚みがあるのはともかく少々筋っぽくてイマイチ。一方周囲に少々焦げが入ったチャーシューは肉の旨味がしっかり保たれていて上々の出来。もっとも店頭で「燻製」を謳っている割にはスモーキーな感じはしません。他に味玉半個、三つ葉、細切りねぎ。

 どちらかと言えば飲んだ後の一杯っぽい仕様で、現状ではランチにはやや物足りないかと思います。言問通りからちょっと引っ込んでいて良いとは言い難い立地ですが、果たしてどうなることやら。

|

2020.12.01

麺屋武蔵 武骨相伝@上野 ~ 白つけ麺

Bukotusouden002

 上野駅しのばず口から駅前の大きな交差点を渡ってすぐ。スギドラッグから南へ延びる線路と線路に挟まれたような狭いガード下に店を構えています。約8年半ぶりの再訪。先客1、後客7。

 タッチパネル式券売機ボタンを見るとどう見てもつけ麺推しの店。一応「らー麺」もあるにはありましたが、最も無難そうな白つけ麺(900円)を注文。麺量は並(200g)からなんと3倍盛り(600g)まで同料金のようで、大(300g)を注文。

 つけ麺は白が魚介豚骨、黒が「タマネギやニンニク、コーヒー豆をオーブンで炭化させた物を使用」したビターな味わい、赤が辛味を効かせたタイプ。他にまぜそばも用意。

 店内は厨房に沿って屈曲したカウンターが15席くらい。卓上には消毒用のハンドジェルがあるだけで、着席時に水ポットを配置。調味料類は要望があれば出すとのこと。スープ割りをやっているのかどうか判りませんが、少なくとも店からは勧めてきませんでした。紙おしぼりサービスあり。

 コロナ対策にあれこれ気を遣っているせいか、武蔵系列店でありがちだった店員の奇声や馬鹿声はすっかりなくなってしまい、照明を落とした店内は実に良い感じに。

Bukotusouden001

 つけ汁は少々魚粉が目立つもののざらつきを覚えるほどではなく、少々とろみがかっているものの粘り気はありません。一応豚骨魚介系ですが、魚介の味わいはあまり強くなく、全体的にやや甘目。食べ進むにつれて酸味を感じるようになってきました。つけ汁の中には刻みネギとサイコロ状のチャーシューが少々。もっとも焦げて堅くなったチャーシューの端っこを刻んだ感じでしたが。

 麺は太麺ストレートタイプ。つるつる&もっちりという形容がしっくりくる麺で、硬くもなく柔らかくもなく、それでいてしっかりした噛み応えを感じるあたりは気に入りました。つけダレの絡みもいたって良好。

 麺の上にバカでかいチャーシューが乗っていますが、これはつけ汁に浸けずにちびちび齧ることを前提としているのかなぁ? でも薄味なのに肉の旨味を存分に引き出しているというわけでもなさげで、良くも悪くも印象に残らず。他にメンマ。

 細かい難点はありますが、武蔵系列らしい食べ手を選ばない無難な一杯です。駅近なので再訪することもあるでしょう

|

2020.11.16

高ひろ@蔵前 ~ 丸鶏醤油らーめん

Takahiro002

 大江戸線蔵前駅を出て寿3丁目交差点から国際通りを南へ。「麺屋上々」より若干南の蔵前神社通り沿い。先客ゼロ、後客5。

 券売機はなく卓上のメニュー先頭の「丸鶏醤油らーめん(800円)」を注文。後払い。ランチサービスはありませんが、おにぎりやライスなどを格安で売っていました。

 メニューは他に「煮干しとしらすのらーめん(塩・醤油)」の基本2本立て。後客の注文は「丸鶏」が圧倒的でした。

 店内は厨房前に縦長カウンター4席と4人卓×2、2人卓×1。卓上に調味料類はなし。

Takahiro001

 スープは国産丸鶏と大山身つきガラを使ったものだそうで、配膳時にいかにも鶏ガラ出汁らしい香りがふわっと漂ってきます。その香りから想像できる通り、スープは鶏の旨味たっぷり。醤油はちば醤油メインに数種のしょうゆをブレンドしたものだそうですが、いたずらに自己主張せずちゃんと出汁とのバランスを考えられてはいますが、総じてやや甘目かな? 鶏油がちょっと多くて気になりますが、これもコクを加えるのに一役。

 麺は中太で細かい縮れ入り。水気の多そうなタイプでつるつるとした口当たりは悪くないのですが、弾力性に乏しくてもっちりという形容からも遠く、ちょっと軟すぎで好みから外れていました。

 小さくて薄いチャーシューは豚肩ロースを一週間タレに浸けこんだ後に低温のオープンで焼いたものとのことですが、手間がかかっている割には特に印象に残らず。他に穂先メンマ、ナルト、海苔、九条ネギ、刻みネギ。

 スープが傑出して美味いので、もうひと頑張りといったところでしょうか。

|

2020.09.16

ぱちぱち@田原町 ~ 俺達の肉冷やちゅう

Pachipachi002

 銀座線田原町駅を東へ出て、浅草通りの一本北側の通りを東へ。先客1、後客ゼロ。

 券売機はなく後払い。卓上のメニューを見ると、基本「俺達の肉冷やちゅう」と「NEOたんたん麺」の2本立てで、他に夜限定のラーメンを始める模様。「NEOたんたん麺」はニュータンタンの派生形のようですが、ニュータンタンはあまり好きではないので「俺達の肉冷やちゅう(880円)」を注文。

 ランチサービスはありませんが、サイドメニューのカレーとのセットを格安に販売しているようです。ちなみにカレーは店主の趣味とのこと。

 店内は厨房前に縦長7席と4人卓×1。卓上には酢のみ。

Pachipachi001

 うーーーん、天敵大葉がこんなにてんこ盛りで出てくるとは!!! これには参りました。とりあえず大葉をささっと除染。

 「冷やちゅう」と銘打っているので当たり前と言えば当たり前ですが、味わいは汁なし中華でもまぜそばでもなく、そのまんま冷やし中華。冷やし中華らしくタレも案外多くて、食べ終わってもがっつりタレが残ります。しかも甘酸っぱいの「酸っぱい」ほうにめっちゃ寄せた感じ。

 麺は浅草開花楼の中太ほぼストレートタイプ。冷水でしっかり締められてて噛み応えもなかなかのもの。

 具はしゃぶしゃぶ風の茹で豚バラ肉を中心に紅生姜と細切りメンマ。総じてさっぱりとした味わいで悪くはないのですが、麺量がやや多めなのに加えて酸味が卓越し過ぎて飽きやすいのは否めず。自家製の食べる辣油が味変用に付いて来ますが、味変には力不足。大葉を絡めながら食べると感想は全然違うのかもしれませんが。

 ここまで冷やし中華に寄せたのなら大量の大葉ではなく、冷やし中華の具としてより一般的なキュウリを添えたほうが良いのになぁ・・・

|

2020.08.04

上々@蔵前 ~ 鴨清湯煮干塩味

Zyozyo002

 大江戸線蔵前駅から春日通りを西へ。国際通りと交わる寿3丁目交差点そば。先客3、後客4。

 店内の券売機ボタン先頭の「鴨清湯煮干塩味(800円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「鴨清湯煮干醤油」と「いくらのせ油そば」の基本3本立て。屋号に「らぁめん食堂」を冠していますが食堂っぽい要素はなく、純然たるラーメン屋です。

 店内はL字型カウンター8席と2人卓×2。卓上には山椒ピュアオリーブオイル、ローリエを漬け仕込んだ穀物酢、ミル入り胡椒。さらに頼めば柚子胡椒を出してくれるようです。

Zyozyo001

 スープは「鴨清湯煮干」を謳っていますが、正直かなり煮干し寄りでわずかに鴨出汁っぽい甘みを感じる程度。言われなかったらたぶん気づかないレベル。煮干しは見た目通りどろどろザラザラとがっつり効かせたタイプではなく、かといってほんのりというほど軽くはなく、良い意味で中庸。塩ダレが変に自己主張しないのも好印象。

 麺は菅野製麺所製のストレート中細タイプ。水気が少なそうな若干ごわついた食感が特徴で、歯応え強め。追い玉を用意しているので麺量が少ないのかなと思いましたが、食べてみるといたって標準的でした。

 鴨チャーシューはブロック状のとスライス状のとをトッピング。食感は柔らかいのに弾力性がありすぎて、噛み切るのにやたら力が要るのでイマイチ味わいを楽しめないのが残念。他にナルト、刻み青ねぎ、刻み玉ねぎ。

 スープもチャーシューも鴨の使い方に難がある印象を受けましたが、可能性を感じる店でした。

|

2020.07.10

MANNISH@蔵前 ~ 昆布の塩らー麺

Mannish002_20200608134201

 都営新宿線蔵前駅を南へ出て、蔵前1丁目交差点近く。11時の開店5分前に到着したところ先客ゼロ、開店までに後客3。開店後一人。

 店内のタッチパネル式券売機でボタン先頭の「昆布の塩らー麺(850円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは極端に絞り込まれていて、他は最近始めたらしき「冷たい昆布の塩らー麺」のみ。往訪時は「昆布の塩つけ麺」「昆布の塩まぜそば」は非売品扱いになっていました。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上には昆布酢、ホワイトペーパー、一味。たいして大きくもない店なのにスタッフが3人もいて、うち一人はいかにも最近入ったばかりといった風。

Mannish001

 店内にほのかに昆布の香りが漂っていましたが、透明度の高いスープは香りから来る期待感を全く裏切ることなく初手から昆布の旨味がしっかり。食べ始めはちょっと塩気がうるさいかな?と思いましたが、それもすぐに慣れて気にならず。予めほぐしてある鶏チャーシュー自体は淡白なのに、スープとは全くベクトルが違う味わいなのでスープの旨味を引き立てるのに一役買っています。またあられや揚げネギも程よいアクセントに。

 麺は三河屋製麺の中太&の平打ちっぽい縮れ入り。典型的なつるつる&もっちりタイプでスープが絡みまくりなのは嬉しいのですが、ちょっと茹でムラが酷いのが残念。食べ始めはちょっと柔らかめかな?と思ったのですが、終盤になって硬めなのが出てくるとは・・・

 店では途中で卓上の昆布酢を勧めていましたが、これが思った以上に「酢」でして、ちょっと入れすぎてスープのバランスを崩してしまいました(苦笑)。味の変化を確認しながらちびちび入れるべきだったと思うも時すでに遅し。

 青菜は茎の部分が野沢菜のようにピリ辛でしたが、これはわざとなのかな? 他に刻みネギ、海苔。

 大満足の出来でしたがメニューが少ない上に概して高めで、「冷たい昆布の塩らー麺」は1000円もするのでしばらく放置かなぁ。

|

より以前の記事一覧