2022.09.29

とりジンジャー@御徒町 ~ とりジンジャー

Torijinger001

 山手線御徒町駅南口から「台東3丁目」交差点で昭和通りを渡ってそのまま東へ。駅周辺の飲食店街から離れたところでポツンと営業していますが、店先のラーメン自販機がやたら目立ちます。先客ゼロ、後客2。
 
 店内のタッチパネル式券売機で定番と思しき「とりジンジャー(880円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に冷やしラーメンとグルテンフリーとりジンジャーなど。
 
 店内はウナギの寝床状で、壁に向かって1人卓×4と壁沿いに2人卓×3、4人卓×1。卓上に調味料類はありませんが、あとでパウダー状の調味料が出てきました。

Torijinger002  

 スープは商品名通り鶏ベースの出汁に生姜を効かせたもの。デフォルトでも生姜の効きは案外強めですが、出汁の旨味をかき消してしまうほどではなく、塩っ気が妙に自己主張しないバランスの良さも相まってついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。チャーシューの上に乗せられた生姜を溶かし込むとどんどんガツン度合いが増してゆきます。フライドオニオンも面白いアクセントに。

 麺は極細のストレートタイプ。博多ラーメンみたいな少々ざらつきがあって水気が少なそうな麺ですが、スープとの相性や絡みぐらいは文句なし。
 
 鶏チャーシューは極薄で超淡白な味わい。他に穂先メンマ、海苔、かいわれ、刻みネギ。

 別添のパウダーは卓上の能書きによると「ウルトラ蒸しショウガ」だそうですが、もともとの生姜の効きがきつめなせいか、生姜の効きに関するマージナルな増分はさほどでもないような。

|

2022.08.27

ウミのチカラ@秋葉原 ~ 淡麗真鯛そば

Umitikara2207001

 秋葉原駅の北、蔵前橋通りを東へ進んで昭和通りを渡り、「小諸そば」の先。先客2、後客ゼロ。もはや秋葉原電気街を回遊する客層が足を延ばすようなエリアではなく、近在の勤め人がメイン顧客のような感じの立地です。

 「日本近海の旬の魚、海鮮にこだわったラーメン」がウリの店で、店内の券売機でボタン最上段の「淡麗真鯛そば(850円)」を注文。ランチタイムは半ライスサービスあり。
 
 メニューは他に「海老白湯らーめん」「海老白湯つけ麺」「塩らーめん(3種の貝出汁)」「醤油らーめん(3種の貝出汁)」など。前回鯛と並んで2トップを構成していた鯖系のメニューはきれいさっぱりなくなっていました。また前回往訪時は魚介の仕入れ先は日によって違っているのか「真鯛は大分産、鯖煮干しは九十九里産」と黒板に記されていましたが、その黒板もなくなっていました。。
 
 なおサイドメニューの丼ものがやたら充実しているのは相変わらず。

 店内はL字型カウンター12席のみ。卓上にはブラックペッパーとホワイトペッパー、えびごま七味。水セルフ。

Umitikara2207002

 スープはとにかく鯛の旨味がガツン!! 鯛がウリもののラーメンって往々にしてお上品で、しかもお上品過ぎて物足りないケースが少なくありませんが、ここのはそれらとは真逆に豪速球をど真ん中に投げ込んでくるタイプ。ただ飲み進むにはちょっと塩気がうるさいかなぁ?
 
 また鯛のほぐし身が乗っていることも相まってか、全体に魚臭さは否めないので好みは分かれそう。柚子のペーストみたいなのが少し乗っていて、それを溶かし込むと多少魚臭さが薄らぐのでいい味変アイテムになる反面、最初から混ぜるのはスープ本来の美味さを損なってしまうので要注意。

 麺は細目のストレート。スープが絡みまくり、程よいコシも相まって文句なし。

 具は他にチャーシュー、小松菜、白髪ネギ、刻み青ネギ、糸唐辛子、海苔。ラーメン自体はご飯を欲するタイプではないので、具がそのまんま半ライスのおかずに。

|

2022.08.18

きみはん総本店@鶯谷

Kimihan2208003

 鶯谷駅南口から東側へ出て陸橋を降り、言問通りを渡って徒歩5分ほど。近くにセブンイレブンあり。約1年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客5。

 店頭に貼ってあるメニューの中で一際大きい夏季限定の「煮干し豚つけめん(940円)」を注文。野菜増し(=400g)無料なので「増し」にしてもらいました。なおレギュラーメニューの「梅香る煮干しつけ麺」は麺大盛・特盛を無料サービスしていますが、「煮干し豚」は大盛・特盛とも別料金のようです。
 
 メニューは他に中華そば(醤油・塩)と前回往訪時から変化なし。
 
 店内はL字型カウンター9席。卓上にはホワイトペッパーと酢のみ。

Kimihan2208002

 「自慢の豚骨スープと炙り煮干しから抽出した香り高き芳醇スープ、特製かえしにたっぷりのにんにくを合わせました。」というのが店のウリ文句。
 
 「野菜増し」にした割にはぱっと見盛りはそんなに多くはなくてがっかりしましたが、野菜(といってももやしがほとんどでキャベツが僅かに混じる程度)が乗っているのはラーメンではなくつけ汁なので見えている野菜はまさに氷山の一角。つけ汁の中にどっさり野菜が浸かっているので実際は結構な量がありました。
 
 ただ茹でもやしから水が出てつけ汁が薄くなってしまう悪影響が相当でかそう。なんせつけ汁がそのまま飲めてしまうレベル。まぁ個人的にはやたらしょっぱいよりは格段に良いのですが・・・ニンニクと背脂がきつくて見た目は結構ギトギトしていますが、もやし問題が響いて豚骨出汁共々ガツンと来るほどでもなく。チャーシューも厚みがなくてちょっと迫力不足。
 
 また魚粉が底に溜まり勝ちなのか、あまり煮干しの味わいも強くありませんでした。良くかき混ぜてから食べるべきだったと終盤に気づくも時すでに遅し。
 
 麺は太目の縮れ入りでつるつるした口当たり。しっかりした噛み応えが気に入りました。
 
 全くのはずれではないものの、やっぱりこの手の一杯はこの手の専門店に行くべきで、この店はレギュラーメニューが無難かな。

|

2022.07.29

麵屋武蔵武骨@御徒町 ~ 白・らー麺

Musasibukotu2206001

 御徒町駅北口から昭和通より一本西側の路地(スタバのある角)を北へ。約2年ぶりの往訪。先客3、後客4。

 店内のタッチパネル式券売機を見て、今回は「白・らー麺(900円)」を注文。ランチサービスなし。

 らー麺メニューは他に「黒らー麺」「赤らー麺」。以前あった「味噌らー麺」は見当たらず。また「つけ麺」「一本チャーシュー麺」「期間限定麺」というタブは確認できるものの、メニューの全貌を示すものが店のどこにもないのでどんなつけ麺があるのか、期間限定麺とはそもそも何なのか判りませんでした。なおほとんどの客はつけ麺を注文していて、いつの間にかつけ麺推しの店になっているのかも。店員が食券を客から回収せず、発券と同時に厨房に注文が伝わる方式を採用しているのはコロナ禍の影響でしょう。
 
 店内はL字型カウンター11席。相変わらずカウンターの背後が手狭。またカウンターの間に柱があるため、西側のカウンターは食券を買って一度外に出ないと着席できません。卓上にあったはずのミル入りのミックスペッパーと辛味噌がなくなったのは値上げ幅を抑制したためかも。

 また昔はなんやかと狭い店内に店員のバカ声が響き渡っていましたが、店員も2人だけになり、しかもすっかり静かになったのはこれまたコロナ禍の影響でしょう。

Musasibukotu2206002

 前回往訪時は結構な量の麺がスープの上に「こんにちわ!」してていかにもスープをケチっているかのような悪印象を抱きましたが、さすがにあれは拙いと反省したのか、今回はそんなに酷くはありませんでした。スープは豚骨中心の動物系ベース。かえしも濃い目ですが、背脂交じりでスープが重いせいか終盤少々飽きが来る程度で全体のバランスは悪くありません。
 
 麺は太麺ストレート。心持ちざらつきがあり、かつ硬めの仕上がり。濃いスープに対してすら少々強すぎる感も。つけ麺と同じ麺なのかな???

 チャーシューはとろとろの角煮風。運が悪いとやたら脂っぽくて食えたもんではありませんが、この日は上出来。ちびちび齧りながら麺を食べ進むことしばし。他にメンマ、キクラゲ、刻み青ネギ。

 黒のようなひねりすぎて暴投に近くなった変化球よりもプレーンな白のほうが個人的には好み。ただ麺とスープの相性があまり良くないと感じたのは「黒」も「白」も同じで、客のほとんどがつけ麺を頼んでいたのは偶然では無さげ。

|

2022.06.30

福籠@浅草橋 ~ 味噌+ライス

Fukukago2205001

 浅草橋駅東口から江戸通りを渡って南へ。江戸通りより一本東側の路地に面しています。ほぼ2年ぶりの往訪。先客1、後客9。早い時間帯から近所から来たと思しき作業着姿の方々を中心に店は賑わっていました。

 この店のウリである「味噌+ライス(750円)」を注文。この店は麺類単品でもライス付きor大盛でも同値段なのが特徴。「味薄め」とか「生姜抜き」とか常連と思しき方の細かい注文も受け付けていました。
 
 メニューは他に醤油、塩など。以前は昼と夜とで券売機のボタンを使い分けていましたが、それは止めた模様。また「限定」のボタンも用意されていますが、往訪時には設定なし。
 
 店内は厨房に向かってカウンター6席と壁際に2人掛けテーブル4卓。カウンター、テーブルとも前回往訪時より減席しているので手狭な感じはなくなりました。換気があまり良くないのか、炒め物の脂やニンニク臭が店内にこもり気味。卓上には酢、胡椒、一味。

Fukukago2205002
 やや浅めの丼で登場。というか、大盛を前提とした丼なのか、量が少なく見えます。スープの表面は厚めのラード層で覆われていて熱々。そしてかなり濃い味なことは確かですが、飲み進むのを躊躇うレベルではありませんでした。

 生姜はチャーシューの上に乗せられての登場。にんにくも結構効いています。まぁ味わいは見た目通りなんですが、類例よりは食べやすいと見るか、やはりやたら脂っぽくてしつこいと見るかは微妙なところ。

 麺は浅草開花楼の中太縮れ麺。やや固めの仕上がりでスープに全く負けていません。

 炒め物はほぼもやしだけでしょうか。チャーシューは薄くて小さくて崩れやすいのが一枚。他に後乗せのメンマ、刻みネギ。値段相応といってしまえばそれまでですが、ライスをつけるには聊か具が少ない。かといってライスなしではちょっと量的に物足りない。よってこの店は大盛が最適解かな?
 
 値段を抑えるべくあれこれカットした結果が現状なのでしょう。

|

2022.05.26

粋な一生@秋葉原 ~ 味噌ラーメン

Ikinaissyou002

 秋葉原駅から徒歩5分強。昭和通りを渡って北へ。蔵前橋通り交差点の手前、アパホテルのある角を東へ入る。なんと11年半ぶりの再訪。先客1、後客9。秋葉原電気街から大きく外れた人通りの少ない一角にあって、専ら近隣の勤め人が主要顧客のようです。

 店内の券売機ボタン先頭は「塩ラーメン」でしたが、その次の「味噌ラーメン(800円)」を注文。ランチタイムは小ライスサービス付き。
 
 メニューは他に醤油ラーメン、塩つけ麺、期間限定の辛味噌ラーメンなど。

 店内は縦長カウンター10席ほどと、4人掛けくらいのボックス席が2セット。卓上には醤油、ラー油、酢、ブラックペッパー、おろしニンニク、柚子胡椒、一味、豆板醤。

Ikinaissyou001

 随分広口で、かつ底が浅めの丼で出てきました。

 若干とろみがかったスープは店の案内によると「赤味噌、白味噌、八丁味噌の3種類の味噌をベースに、20種類以上の素材を加えて作った味噌ダレと12時間以上煮込んだ白湯スープ」とのこと。炒め物はほぼもやしオンリーでわずかにひき肉が混じっている程度のせいか脂っぽい感じはせず。
 
 また食べ始めはちょっと辛いかな?と思ったのですがしょっぱく感じるほどではないのでそのうち慣れてしまい、また出汁の旨味がふんだんに出ているせいか、しまいにはついつちいぐいぐい飲み進んでしまいました(苦笑)。

 麺は黄色い並太ストレートタイプ。堅さは並程度でスープに負けている感じはせず。

 バラ肉チャーシューはホロホロと崩れる寸前のところまでしっかり煮込まれていてまずまず。青菜が茎だらけなのが謎。他に刻みネギ、細メンマ。

 このエリアで年寄りでも安心して食べられるラーメン屋が案外少ないのがこの店が長続きしている所以なのかも。

|

2022.05.17

まるいち@TX浅草 ~ 汁なし麻婆

Maruichi002

 浅草「ひさご通り」の北端。言問通りに面したところに立地。11時開店5分前に到着したところ先客3でびびりましたが後が続かず、開店後に5人。

 券売機ボタン先頭の「汁なし麻婆(900円)」を注文。麺は「極太平打ちウェーブ麺」か「ツルツル・もちもちとした食感の麺」から選べるので、店お勧めの前者にしました。なお汁なしは追い飯付きとのこと。

 メニューは他に「汁なしカレー」「つけ麺」など。さらに「カレーつけ麺」が近日公開になっていました。

 無料トッピングは「にんにく/あぶら(味付け背脂)/マヨネーズ」から選択でき、見るからに味が濃そうな一品にさらに味を重ねまくるのはどうかと思って「にんにく」のみ注文。無料トッピングの要否は食券回収時に聞いてきます。また紙エプロンの要否も聞いてます。

 店内は縦長カウンターが二本(5+5席)と店右奥に2人卓×1。卓上にはかえし、一味、黒胡椒、リンゴ酢。席間が狭いところにぎゅうぎゅうに座らせる辺りは今時の新店らしくないというかなんというか。

Maruichi001

 台湾まぜそばによく似たルックスで登場。具はほぐしチャーシュー、麻婆豆腐、卵黄、鷹の爪、ナルト、刻みネギ、あぶら、ニンニク、魚粉といったところでしょうか。「よく混ぜてから食べてください」との仰せに従ってしばし天地をひっくり返しながらまぜまぜ。汁っ気はほとんど感じません。

 「極太平打ちウェーブ麺」は「麦の風味が強いゴワゴワ・ワシワシした歯ごたえのある」と店が形容する通りの食感で、G系の店にありがちなまぜそばそのまんま。これに麻婆豆腐をベースとする飴状の具が絡みつくまくるので重いのなんの!! 麺量は茹で前200gとさほど多くもないのですが、その割には食後の胃へのダメージは甚大でした(苦笑)。また食べている最中には辛さ・痺れともごく穏やかと思ったのですが、食後思いのほか後を引きました。
 
 麺を食べ終わってもアホほど飴が残るので追い飯を所望。追い飯は半ライスにも満たないサイズで余った飴とのバランスが良くないものの、食べ過ぎないためにはこんなもんでいいかと無理やり納得(さらに苦笑)。

|

2022.03.05

大喜@御徒町 ~ とりそば

Daiki2202001

 秋葉原駅ないし御徒町駅から昭和通りを渡って蔵前橋通りを東へ。昭和通りと清州橋通りの中間あたり。約4年半ぶりの再訪。先客1、後客3。

 久しぶりの往訪なので券売機ボタン先頭の「とりそば(850円)」を注文。またランチタイムにはちゃーしゅー佃煮付きのごはんが50円と格安なので、それも付けてみました。
 
 メニューは他にうめしおらーめん、醤油らーめん、納豆らーめん、煮干しらーめん、醤油つけめん、塩つけめん等。 また往訪時は季節限定&15食限定で「純とりそば」を出していました。

 店は間口が狭くて奥行きが深い造り。縦長カウンターが8席で前回往訪時から2席減。もともと席間が狭めだったので、席間を衝立を立ててちょうどいい塩梅に。但し席の背後が狭いのはどうにもなりません。卓上には醤油、酢、ラー油、一味唐。水セルフ。
 

Daiki2202002

 「とりそば」と称しているものの鶏出汁自体の自己主張はさほど強くはなく、出汁の美味さをじっくりじんわりと味わってもらう趣向。塩ダレもこれまた妙な自己主張はなく、雑味がないすっきりした味わいで後味もいたって良好。ただ柚子は微妙に蛇足感が。

 麺は極細ストレートタイプで若干柔らか目。しっとり&しなやかな仕上がりで。しっとりしなやかなでスープに良く合っています。
 具は鶏チャーシュー、鶏そぼろ、メンマ、白髪葱、かいわれ。麺にネギを絡めて見たり、メンマを添えてみたりと、麺に合わせる具をちょくちょく変えながら食べると、最後まで飽きることなく楽しめます。なお以前あった味玉半個や岩海苔がなくなってしまいましたが、4年半もの間値段据え置きなのでやむを得ないでしょう。
 
 ご飯に乗っている「ちゃーしゅー佃煮」はとりそばの味わいを壊さないように佃煮の割には薄味で、この辺は嬉しい配慮。

|

2022.01.25

亀ちゃん@浅草橋 ~ 黒生姜ラーメン

Kamechan002

 総武線浅草橋駅西口を北側へ出ると目の前。外見通り新潟タレカツ丼がウリの店ですが、長岡生姜醤油ラーメンも出していると聞いて往訪。先客ゼロ、テイクアウト客1。
 
 店内のタッチパネル式券売機で基本と思しき「黒生姜ラーメン(880円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 麺類メニューは「紫生姜つけめん」との二本立てなど。新潟タレカツ丼とのセットメニューはなく、「タレカツ丼・ミニ(480円)」を単品で別途頼むしかないようです。
 
 席は縦長カウンター8席が2本。卓上にはトンカツソース、タレカツソース、生姜酢、胡椒、七味。

Kamechan001

 生姜をウリにしている店らしく、スープに生姜が効いているのははっきりと判ります。適度に体が温まり、それでいて生姜にやり過ぎ感は出さず、動物系出汁の旨味をぶち壊さない程度に抑えた感じ。醤油も妙な自己主張をしないので、美味さに釣られてついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。

 麺は中太ごく緩い縮れ入り。つるつるした口あたりで、噛み応えしっかり。スープも良く絡んで気に入りました。
 
 基本メニューの割はちょっと高いと思ったら丼にはチャーシューがたっぷり。薄いが大き目なものもあれば、いかにもチャーシューの端っこ然とした小さいが厚みがあるものもあり、サイズにかなりバラツキがあるのが面白いところ。味付けはスープと平仄を合わせたような甘辛風ですが、濃すぎないのが気に入りました。メンマは細いながらも歯応え良好。他にほうれん草、ナルト、海苔、刻みネギ。

 新潟タレカツ丼店がついでに出しているような位置づけのラーメンなので期待値は低めでしたが、その割には美味くてポジティブサプライズでした。

|

2021.10.30

藪づか@御徒町 ~ 担々麺

Yabuduka002

 山手線御徒町駅南口から南へ歩いて「ジョナサン」のある角を西へ。上野黒門郵便局の手前。「ラーメン」の幟こそ立っていますが、屋号を記した暖簾や看板の類が一切ないので客が入っていないと見落としやすいかも。先客3、後客9。

 店内の券売機ボタン先頭の「担担麺(850円)」を注文。ランチサービスなし。辛さや痺れ等のレベルは特に聞かれませんでした。

 メニューは「醤油らーめん」との二本立て。「汁なし担々麺」は夜営業のみ提供。

 店内は縦長L字型カウンター9席のみ。卓上には自家製ブレンドスパイスと自家製焙煎スパイス。

Yabuduka001

 配膳されるといきなり焙煎したゴマの香りがふわっと立ち上がってきますが、若干とろみがかったスープはごまだれをたっぷり効かせた甘目のタイプではないどころか、むしろそれとは真逆の複雑にスパイスを組み合わせて辛さを押し出したようなタイプ。特に肉味噌に山椒だけでなく、クミンやコリアンダーを忍ばせているせいか、ちょっとカレーっぽい味わいが加わっているのが極めてユニーク。ナッツはペースト状になっているせいか、ゴリゴリとした食感は皆無。

 スープのベースは醤油らーめんと同じ「鶏ガラ、丸鶏、豚の清湯スープ」なのかな? 辛さを出すのにラー油を多用していないせいか、スープは脂分が目立たず、そしてベースの出来が良いせいか担々麺にしては珍しくスープを飲み進む意欲が沸いてきます。辛さはじんわりと押し寄せ、かつ割と尾を引きますが、痺れはあまり感じず。辛さのレベルは卓上の自家製焙煎スパイスで各自調整してくれということなのかな?

 麺は自家製麺の中細ストレートタイプ。やや柔らかめの茹で上がりのせいか、能書きに「低加水」とある割にはしっとりとした口当たり。

 久しぶりに大満足の一杯でした。

|

より以前の記事一覧