2019.03.15

Morris@大山 ~ 中華そば

003

 東武東上線大山駅から「遊座大山」の商店街を東へ歩くこと5分強。約3年3カ月ぶりの再訪。先客1、後客4。ラーメン屋離れしたカフェっぽい外観・内装が特徴。

 久しぶりの来訪なのでメニュー先頭の「中華そば(730円)」を注文。ランチサービスなし。この店はなぜかサイドメニューに普通のライスがなく、「節子味噌ごはん」や「チャーシュー丼」を置いています。そして「節子」が何に由来するのかがいつも気になります。

 従来は他に「つけそば」しかなかったはずですが、しばらく来ないうちにメニューが増えていて「塩中華そば」や「油そば」も。

 店内はL字型カウンターのみ11席。店内はカウンター、椅子とも明るめの木で統一。椅子がやや高め。卓上には胡椒と七味のみ。夫婦で切り盛りしているようですが、奥さんが節子なのかな?

002

 スープはわかりやすい動物魚介系ですが、この手のスープにしては優しい味わいなのが特徴。旨味過多でしつこいとか、味が濃すぎるとかしょっぱいとか、そんなありがちな弊を見事に回避し、それでいて物足りなさも全く感じないという絶妙なバランス感覚に拍手!食べ進んでも全く飽きが来ません。

 自家製の麺は並太ストレート。なつるつる&もっちりした仕上がりですが、やや柔らか目で好みから少しハズレ。スープに合わせるとこんなもんかもしれませんが。

 チャーシューは見た目と違って柔らかくて裂けやすい反面、若干旨味が抜け気味。他にメンマ、海苔、ほうれん草。

 いつでも安心して食べられる一杯で、ラーメン屋の入れ替わりが激しい大山で長続きしているのがよく判ります。

| | トラックバック (0)

2019.02.13

十六夜@大山 ~ 煮干し中華そば・醤油

006

 東武東上線大山駅から「遊座大山」の商店街を東へ。"Morris"の先で商店街の東端近く。「善龍」の跡地。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタンを眺めて、基本と思しき「煮干し中華そば(750円)」を注文。醤油と塩が選べるので「醤油」で。ランチサービスなし。

 メニューは他に濃厚煮干し中華そば(醤油・塩)、濃厚煮干しつけめん、濃厚煮干し辛つけめん、さらに期間限定で煮干しまぜそばを売り出していました。

 店内はL字型カウンター8席のみ。水セルフ。卓上には醤油、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、煮干し粉。さらに頼めばおろしニンニク、ラーメンのタレ、煮干し油、自家製辛味を出すとのこと。厨房内には若い店主一人のみ。

003

 店先のウンチク書きによれば「国産片口煮干しと3種類の節(さば・うるめ・いわし))を大量に使い炊いた極上煮干し出汁を鶏ガラスープと合わせ」とありましたが、味わいはかなり煮干し寄り。それでいて食べ手を選ぶようなやり過ぎ感が出ない程度に煮干しの効きを抑えています。魚粉等のざらつきは一切なく、表面の脂もやや多めながら気になるほどではありません。惜しむらくはかえしがややきつくて、飲み進む意欲を削がれました。

 麺は細目のほぼストレート。煮干し系ラーメンにありがちな、水気少なめで噛み応えがしっかりした麺ですが、食感がざらざら、ごわごわするほどではなく、この手の麺にしては啜り心地良好。ただちょっと量が少な目かなぁ・・・

 ばら肉チャーシューは三元豚を自家製タレに漬け込んで云々とのウンチク書きがある割には、全然手間をかけたようなようには見えず、むしろチープな味わい。他にキクラゲ、タマネギ、海苔、青ネギ。

 悪くはありませんが、ありがちな一杯であることもまた事実。この立地&この内容だとランチタイムは小ライスくらい付けないとなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.01.27

さわ@中板橋 ~ 中華そば

003

 中板橋駅北口と石神井川に挟まれた商店街の一角。対面にセブンイレブンあり。開店直前に到着したところ既に先客3。開店と同時に満席となり、後客8。退店時には外待ちが3名出来ていました。結構な人気店のようです。

 店内の券売機ボタンを見て「中華そば(650円)」を注文。メニューは他に「塩中華そば」があるだけというシンプルな構成。ランチサービスなし。

 店内は厨房前縦長カウンター6席のみ。全体にやや手狭で、特に席背後のスペースが狭小。卓上には、酢、黒胡椒、一味。さらにヘアゴムあり。

 店は店主一人で切り盛りしていてただでさえテンパリ気味なのに、先客がおぶっていた赤ん坊が何かの拍子でラーメンをひっくり返してしまう大惨事が発生。やけどしたかもしれない赤ん坊を心配して氷水を用意したりしているうちに店主のテンパリが加速したせいか、後客の注文を間違える事態も発生。もっともこういうトラブルがなくても、あまり回転は良くなさそう。

002

 スープは動物系(鶏ベース?)主体の魚介混じりといった風ですが、どれ一つ突出した感じはせず、全体にまろやかかつ旨味に溢れた優れもの。また濃い色合いの見た目と違ってかえしも必要以上にでしゃばることなく、これまた出汁とのバランスが絶妙。表面の脂がやや多めなものの、コクを増すのに一役買っていて、あまりの美味さについつい惹きこまれて完飲してしまいました。

 麺はやや細目のストレート。若干柔らかめで、水気が少なそうな麺をわざわざ採用している割には意外な仕上がりな感じがしました。

 チャーシューはしっとりかつ柔らかで、それでいて弾力性のあるタイプ。メンマはやや大ぶりながらもサクッとした歯ごたえが楽しい出来。他に刻み青ねぎ。

 この値段でこのクォリティーなら、これといったラーメン屋がない中板橋界隈で人気が出るのは当然でしょう。ちょっと凝った風のものを作れば高値でもOKと勘違いも甚だしい凡百のラーメン屋に見習ってほしいものです。店主のテンパリ具合だけは些か心配でしたが。

| | トラックバック (0)

2018.12.12

君に会い鯛@東武練馬 ~ 濃厚そば

005

 東武東上線東武練馬駅南口から線路沿いに南へ。先客ゼロ、後客4。

 券売機はなく後会計制。卓上メニュー先頭の「濃厚そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に鯛担麺850円、汁無し鯛担麺の3本立て。

 店内は厨房前に横長カウンター5席、店左奥にカウンター3席。卓上には黒胡椒と酢のみ。厨房には若い店主のみ。

0041

 店主はフレンチ出身のようで、ラーメンの外観も味わいも確かにフレンチ寄りっぽい気がします。スープは「宇和島産の鯛と鶏のコラーゲンをおいしい水で9時間ゆっくり煮込んだ」ようですが、濃厚かつクリーミーでいて、しかも鶏出汁にかき消されることなく、予想以上に鯛の味わいがしっかり伝わってきます。それでいて魚臭さは一切なし。

 ただ惜しむらくはちょっとぬるいかなぁ・・・ たぶん旨味を飛ばさないように等々、なんらかの考えがあってのことでしょうけど、フレンチのコースに付いてくるスープ単体ならこれで良いのでしょうが、ラーメンのスープでぬるいというのは個人的には辛いんだよなぁ・・・ 

 淵にべっとり付いているのはカレー味のペースト。店からは何の説明もありませんでしたが、最初にこれを溶かし込んでしまうといきなりカレー味になってしまうので、あくまでも途中からの味変アイテムとして利用すること。ただ全部溶かしてもスープのベースの味わいはしっかり残るあたり、バランスを良く計算しているようです。

 なお「宇和島の鯛」って他店でもそれを売り物にしていたような記憶が。なんとなく明石とか来島とか瀬戸内海の魚というイメージが強い鯛も今や養殖が圧倒的で、養殖では瀬戸内海に面していない宇和島のシェアが非常にでかいみたいで。

 麺はやや細目のストレートタイプ。心持ちざらざらした口当たりで、若干ぼそぼそしたような食感。細めながらも濃いめのスープに負けている感じは全くしませんでした。やや量が少ないせいか、替え玉や和え玉が用意されていましたが、前述のようにスープがちょっとぬるいので替え玉は不向き。量が足りない場合は「鯛めし」を注文したほうが良さげ。

 チャーシューは薄切りの豚と鶏。白菜やニンジン、ごぼう、赤カブ?とやたら野菜の色どりが豊富な辺りにもフレンチの影響を感じます。

| | トラックバック (0)

2018.12.07

Soupmen@ときわ台 ~ 鶏醤油らぁ麺

Soupmen004

 東武東上線ときわ台駅南口から線路沿いに南へ。先客4、後客6。退店時に外待ち2名とまずまずの繁盛ぶり。

 往訪時のランチメニューは「鶏醤油らぁ麺(600円)」一種類のみ。但し、味変アイテムとして片口いわし背黒or干し海老が選べ、さらに中太麺(200g)or細麺(150g)を選べるという方式になっていたので、片口いわし背黒&中太麺を選択。

 ただ店は店主一人で切り盛りしており、客がやってくる度にオプションを説明するのはいかにも面倒ですし、おまけに店主はあまり口が達者ではなさそう。店先にオプションを明示して、券売機で選べるようにするのが何かと良策だと思いますが・・・

 席は厨房前に縦長カウンター8席。カウンターの背後が狭いのに、店奥の券売機横に給水器&コップを置くというのもいささか鬱。卓上は酢、七味唐辛子、黒胡椒。拉麺胡椒。 店主は1ロット4杯ずつ作っていましたが、いかんせんワンオペかつ作業が丁寧なせいか結構待たされ、当方の分が出来上がる頃には先客全員が食べ終わって退席してしまいました(つД`)

Soupmen003

 名古屋コーチンがベースのスープは出汁の旨味が実に力強く、鶏らしい旨味が満喫できる優れもの。ただ表面の脂がかなり多くてこってりなのはともかく、脂臭さがちょっと気になりました。そこで途中から件の「片口いわし背黒」を溶かし合わせてみると味わい一変。脂臭さが一掃されて食べやすくなりました。

 麺は三河屋製麺製のストレートやや太め。つるつるした口当たりですが、もっちりと形容するには聊かコシが甘くて残念。こってりスープには細麺より中太麺のほうが合うのは確かですが、もうちょっと固ゆでじゃないとなぁ・・・

 チャーシューは配膳前にバーナーで炙りを入れていましたが、柔らか系なのでその効果はよく判らず。他に海苔、刻みねぎ。

 麺は好みに合わないのはともかく、この内容、このクォリティーで600円というのはどうなんだろう?? 腕は立つのだがどうにも商売下手で長続きしなかった店って結構あるからなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.11.16

来味@板橋区役所前 ~ ラーチャン

001

 都営三田線板橋区役所前駅から王子新道を東へ。東板橋体育館の手前。駅から遠いわけではないのですが、如何せん住宅街の中にポツンと建っているので地元の方じゃないと判りづらいかと。先客ゼロ、後客3。もともと新潟で営業していた店が移転してきたようです。

 メニューは極端に絞り込まれていて、ラーチャン(ラーメン+半チャーハン)、にぼしラーメン、チャーシューメンのみ。売り物らしき「ラーチャン(900円)」を注文。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター9席と4人卓×1。卓上には胡椒のみ。厨房内にはオッチャンとオバチャン、そしてホール係の姉ちゃんという体制。

005

 チャーハンが先に出てきて、あとからラーメンが登場。

 店内にほんのり漂う煮干しの香りから来る期待感を裏切ることなく、しっかりと効いた煮干し出汁が実に美味い。透明感の高いルックスとは裏腹にはっきりした味わいで脂っ気も少なく、文字通りの「淡麗」。ただわずかに魚臭さが残っているので食べ手を選ぶ可能性はなきにしもあらず。また飲み進むにはちょっとかえしがきついかな?

 麺は自家製(新潟直送)の細いストレート系。底のほうで若干玉になっているのが気になりましたが、しなやかな仕上がりながら歯応えも程よく保たれていてなかなかの出来。スープの絡みも文句なし。

 ばら肉チャーシューは薄くて小さいのが2枚。他にメンマ、刻みネギ。

004

 半チャーハンといいながら、どう見てもほぼ「全チャーハン」なサイズ。麺も若干多めな気がしたのに、さらにほぼ全チャーハンってさすがに食いすぎやがな(苦笑) チャーシュー・玉子・ネギだけのシンプルなチャーハンながらパラッパラッとした仕上りに大満足。ラーメンと合わせて食べることを念頭に、こちらはやや薄味にしてあるのかな?

 スープ&麺は秀逸なのに具がしょぼすぎて「にぼしラーメン」だけではランチにはいかにも力不足。「ラーチャン」にしてナンボという感じの店ですが、如何せんメニューが極端に少ないので再訪の動機づけが難しく、また場所も場所なのでマニア需要が一巡した後はどうなるかなぁ?

| | トラックバック (0)

2018.09.13

うしまる@大山 ~ 牛骨らーめん

004

 東武東上線大山駅からハッピーロード大山商店街を抜け、さらに川越街道を渡ってすぐ。先客、後客ともゼロ。

 店内の券売機ボタン先頭の「牛骨らーめん(790円)」を注文。終日ライス一杯(小・中・大)無料サービスをやっているようで、小ライスをもらいました。

 メニューは他に牛骨つけ麺、牛骨まぜそば。往訪時は夏季限定の「冷やし豆乳担々麺」も売り出していました。

 店内はくの字型カウンター8席と壁際に2人卓×1。店主一人で切り盛りしているようです。卓上には胡椒、ラー油、酢、白ごま、おろしニンニク、豆板醤、そしてキュウリの漬物。

003

 店先には「牛骨ラーメン」と大書してありますが、牛骨100%ではなく、豚肉や大山鶏も合わせて使ってるとのこと。確かに牛骨らしい甘み、旨味はしっかり感じられますが、海苔・ほうれん草・チャーシュー・刻みネギというセットからから来るビジュアルと相まって、ライトな家系に似た動物系醤油スープという印象を受けました。

 脂はさほどきつくなく、かえしもしょっぱく感じられる程きつくありませんが、少々物足りない気もしたので、途中で卓上のニンニクを投入。なお最初から刻みネギに胡椒がかけられているのが気になりましたが、スープがスープなので胡椒はあっさり埋没してノーインパクト。

 スープはともかく残念なのが麺。並太緩い縮れ入りという家系っぽくない麺なのはともかく、必要以上に硬くてごわごわした食感なのには参りました。「麺硬め」を頼んでもこうはならんでしょうに・・・

 また小ライスもこれまた残念。「何日ジャーに入れっぱなしやねん??」と訝しくなるくらい、ざらざらごわごわ。無料サービスだからってここまで手を抜くかね?

 「武蔵家」を意識したような、「とりあえず腹一杯になればいいんじゃね?」的なコンセプトの店なのに、変に牛骨を使っているのが災いしてか、そのコンセプトに反して全然安くないというのが致命傷になりそうな気がします。

| | トラックバック (0)

2018.08.06

和宮@板橋区役所前 ~勝浦式タンタン麺

001

 板橋区役所の南。飲食店が3軒並んだ中2階的なロケーションで、近隣に「つけそば 周」あり。屋号は畏れ多くも「かずのみや」ではなく、フツーに「わみや」と読むようです。先客1、後客ゼロ。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「勝浦式タンタン麺(700円)」を注文。マイルド~3辛と辛さの調節が出来るようですが普通の辛さでお願いしました。また麺類にはサービスライス付き。なお「勝浦タンタンメン」は現地でも試食済み。

 限定10食ながら「房総いわしラーメン」というメニューがあることから店主は房総半島ゆかりの方なのかも。メニューは他にラーメン、ミソラーメン、パクチータンタンなど。

 店内は4人卓×1、2人卓×1、小上がりに4人卓×2、窓に向かってカウンター5席。どう見ても居酒屋っぽいレイアウト。卓上に胡椒、酢、ラー油、醤油。

004

 「タンタン麺」という名前はついていますが、ラー油からくると思しき辛さがストレートに迫ってくるだけで、痺れは皆無。もちろんゴマダレの要素はありません。またラー油だらけで脂っぽいというわけでもなく、出汁の旨味を活かすべくバランスをとっています。ただ個人的には「普通」で十分に辛さの上限クラス。食べ進むと汗がどっと噴き出してきます。

 麺は並太の縮れ麺ですが、残念ながらかなりチープな食感。これも房総半島のラーメンにありがちなことですが。

 具は甘みの強い炒め玉ねネギがたっぷりと添えられて、良いライスのおかずになります。一方ひき肉は底に溜まる一方で、穴あきレンゲがほしいところ。他に白髪ねぎ。

| | トラックバック (0)

2018.06.25

安ざわ食堂@上板橋 ~ (長岡系)らぁめん

004

 東武東上線上板橋駅北口からときわ通りを西へ。「まいばすけっと」やファミマのある交差点を鋭角に右に入る。「べこ めでたいや」の跡地。

 「新潟長岡らぁめん」を謳う店で、店内の券売機ボタン先頭の「らぁめん(750円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に塩、油そば、(夏季限定)つけ麺、(限定)燕三条系煮干背脂らぁめん、(限定)越後味噌らぁめんなど。

 店内はテーブル席主体で4人卓×4、2人卓×1。店奥のカウンター席はほとんど使っていないかも。卓上には胡椒と一味。また水入りポットではなくやかんがデンと置いてあります。

002

 出汁は動物と煮干しでしょうか。長岡らしさを出したいためか、少々生姜を効かせていますが、さほど強くはありません。それはともかく、黒々とした見た目通りかえしがきつめ。麺を絡める分には大きな問題はありませんが、飲むのはちょっときついレベル。長岡の方はこういうのが好みなのかなぁ?

 麺は並太ほぼストレート。つるつるとした口当たり、かつやや柔らかめの仕上がりゆえもっちりとした食感。しょっぱめのスープが良く絡みます。

 バラ肉チャーシューは程よい煮込み加減でなかなかの出来。他にメンマ、ナルト、岩海苔、ほうれん草、刻みねぎ。岩海苔はなんか「燕三条系」からの転用みたいで少々妙な気が。

 スープがしょっぱめ、かつチャーシューが美味いので半ライスのサービスがあるといいのですが・・・量も多くはないことですし・・・また限定の「燕三条系煮干背脂らぁめん」「越後味噌らぁめん」はともに900円という、場所を考えれば価格設定が強気すぎるのも気になりました。

 前の店が会津で、今回は長岡と奇しくもご当地系ラーメン店が続きましたが、大丈夫かなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.06.23

霧笛@上板橋 ~ ホワイトガウラーメン

001

 東武東上線上板橋駅南口の目の前。居酒屋「串焼と麺処 すみか」が昼間「麺処 霧笛」として営業しているもの。先客ゼロ、後客2。

 外観で判るようにお店の推しは甘海老を使用した味噌味の「霧笛ラーメン」のようですが、ここは都内では極めて珍しいことに袖ヶ浦のご当地ラーメン「ホワイトガウラーメン(白霧笛)」を出しているので、それを注文してみました。本来850円のところ往訪時は100円引きでサービス中。メニューは他に辛い「赤霧笛」。券売機は無く、後会計制。

 店は限りなく屋台に毛が生えたような感じで、2人卓×2、4人卓×2。通りに面してカウンターが5席ありましたが、昼間は使っているのかどうか。卓上には胡椒があるだけ。

006

 配膳されたときにはバジルペッパーの香りが結構強くてぎょっとしましたが、それも一瞬だけ。「ホワイトガウラーメン」とは要するにスープに牛乳を使ったラーメンらしいのですが、ここのスープは思ったほどミルク臭さがありませんでした。たぶん本来の味噌ラーメンのスープ(鶏ベース)と牛乳とをうまくバランスを取りながら配合したのでしょうが、その結果かなり味噌ラーメン寄りになったようで。脂臭さがなく、超マイルドなサラサラな味噌ラーメンスープみたいな。

 麺は鶴見製麺の並太ストレート。やや硬めの仕上がりで悪くはありませんが、スープが超マイルドなだけにもうちょっと茹ででもよさげ。鶴見製麺とは初耳ですが、大阪の製麺所とのこと。

 具はチャーシュー、赤パプリカ、もやし。赤パプリカはビジュアル面を意識したのかもしれませんが、味噌味仕立てのラーメンには合わないかと。

 半ば以上イロモノ、ゲテモノと思って全く期待せずに試食したところ、予想を良い意味で完全に裏切る出来でした。ただ具がしょぼいので元の値段(850円)じゃ売れないでしょうなぁ。袖ケ浦の観光地で出すラーメンならともかく。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧