2018.01.14

みちしるべ@東武練馬 ~ 鶏豚煮干そば

003

 東武東上線東武練馬駅北口を出て、線路沿いに西へ歩いてすぐ。「みとや」の跡地。イオン周辺の商店街のほうではないので注意。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭は「鶏豚つけ麺」でしたが、その隣「定番」のマークが付いた「鶏豚煮干そば(730円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「ガツンと煮干そば」、「すっきり煮干そば」。

 店内はL字型カウンター10席。水セルフで券売機横に給水器とコップを用意。厨房内には兄ちゃんが二人。卓上には胡椒と煮干粉。

001

 煮干しを売り物にする店らしく店内には煮干の香りが漂っていますが、「鶏豚煮干そば」は万人受けを狙ったのか煮干しの効きはさほどでもなく、鶏&豚出汁とのバランスを重視したもの。丼の縁にうっすらと魚粉が付いていますが、スープは若干とろみがある程度で良くも悪くも煮干しらしい苦味・臭みとは全く無縁。これはこれで飲みやすくて悪くはないのですが、煮干し好きなら「ガツンと」がベター。

 麺は三河屋製麺製で心持ち細めのストレート。この手のラーメンにありがちな水気の少ないタイプではなく、口当たりと言い硬さと言いよい意味で中庸。

 低温調理のピンクチャーシューは手間をかけている割にはこのラーメンの中で浮いている気が。他に細めのメンマ、刻みねぎ、カイワレ、海苔。

 至って無難で近所の方が普段使いする分には上出来だと思いますが、このタイプのラーメンも「またお前か」に近いくらい巷にあふれているので、遠くからわざわざ行くほどでもなかったなと。

| | トラックバック (0)

2018.01.12

鯛塩そば 縁@板橋 ~ 鯛塩すましそば

003_2

 板橋駅西口を出てすぐ。麺屋ブッチャーの並び。開店直前に到着したところ先客4、後客4。

 店内の券売機ボタン先頭の「鯛塩すましそば(780円)」を注文。メニューは他に鯛塩濃厚そば、鯛しょうゆそば等。ランチサービスはなく、鯛茶漬けセットをランチタイムに出すくらい。

 店内はL字型カウンター7席。席の背後が極端に狭いのが困りもの。2階にもテーブル席があるようで、後客が案内されていました。

 往訪した日はたまたま祝日だったせいか、店主が人手不足を息子さんで補っている感じ。中学生くらいにしか見えませんが湯切りが実に様になっていました。ただこの体制で一杯一杯丁寧に作るとなると1階のお客をこなすだけで精一杯ではないかと。

002

 表面の油のせいか、「すまし」を冠するにはやや濁りのあるスープ。店内に鯛の香りがするので期待したものの、少々肩透かし。塩ダレ控えめで飲みやすく悪くはないのですが、鯛を掲げる店としてはちょっとインパクト不足。ごく普通の魚介系スープと考えたほうが良さげ。

 麺は細麺ほぼストレートでややボソボソした食感。麺に黒いポツポツが混じりこむ「全粒粉入り」なのはともかく、どうもスープの絡みがもう一つ。これだともうちょっと味がはっきりした濃厚そばなり、しょうゆそばのほうが合いそう。また量も少な目で、多くの客が鯛めしなどご飯ものを合わせて注文していました。替え玉もありましたが、このスープで替え玉は無謀でしょう。

 具はチャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、三つ葉、青菜、まり麩、紫玉ねぎ。

 この手のラーメンはバランスが非常に難しく、大当たりか、さもなければ肩透かしに終わってしまいがち。見た目だけ「大当たり」に似せてもなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.12.30

麺Soul Labo@ときわ台 ~ ホタテだし潮らーめん

Soul004

 環七通り「上の根橋北」交差点を西へ入る。近くにコモディイイダあり。一応東武東上線ときわ台が最寄り駅ですが、川越街道を越え、さらに南へ続く商店街の近くに位置しているので駅からはかなり距離があります。先客1、後客ゼロ。

 店内の券売機ボタン先頭の「ホタテだし潮らーめん(750円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「生姜醤油らーめん」と夜限定の「潮油そば」など。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター6席のみ。厨房内には若い店主のみ。卓上にはおろしニンニク、一味唐辛子、黒胡椒、酢。

Soul002

 透明感あふれる塩らーめんらしいルックス。今どきホタテを売り物にしたラーメンはさほど珍しくありませんが、ここはホタテ出汁がかなりしっかり出ているほう。その分磯臭い感じもするので好き嫌いが分かれるかもしれません。塩ダレは控えめにしてホタテ出汁を存分に味わってもらう趣向のよう。表面の脂は程よくコクを加える程度で総じて超あっさり。

 この手のスープは往々にして「スープ単体としては美味いが麺に絡ませるとなると弱い」という失敗を犯しがちですが、ここは出汁と塩ダレのバランスが絶妙で、ラーメンスープとしても文句なく成り立っています。

 麺は細めのストレート中細。スープに合わせて柔らか目の仕上がりで、つるつるとした啜り心地が楽しめます。ただスープが少なめで麺が泳がず、食べにくい嫌いが。原価が高そうなスープなので、値段を抑えるべくスープをケチっているためでしょう。また替玉もありましたが、このスープにはまず合わないと思います。

 鶏チャーシューもスープに合わせて薄味。なぜかわずかに柑橘系の味わいが。他に穂先メンマ、ほうれん草、刻みネギ、糸唐辛子

 個人的にはちょっと上品すぎてやや好みから外れていますが、近所の方しか来そうにない住宅街の一角で凝った一杯を出すのが上手く嵌るかどうか。

| | トラックバック (0)

2017.12.07

とりまる@本蓮沼 ~ ワンタンメン(醤油細麺)

004

 都営三田線本蓮沼駅A3出口を出て中山道を南へ下ってすぐ。「松屋」の隣。先客ゼロ、後客5。

 ワンタンが売り物というかほぼワンタン麺専門店で普通の「ラーメン」はなく、ワンタン麺の他は「つけめん」があるだけ。「券売機のボタンはやたらごてごてしていますが、要するにワンタン麺の醤油/塩、細麺/太麺、ワンタン3・5・7個の組み合わせから成っているだけ。今回は「醤油細麺・ワンタン5個(800円)」を注文。大盛無料とのことなので大盛にしてもらいました。

 店内は縦長L字型カウンター8席のみ。厨房には店主とインド風の兄ちゃん。照明が小さくて店内暗め。水セルフ。

002

 スープは「丸鶏で取ったスープをまぐろ節で割ったダブルスープ」とのことですが、正直魚介系の味わいは良く判らず、能書きがなければ純然たる鶏出汁だと思っていたかも。残念ながらかえしがきつめで飲み進む意欲は意欲は沸かず。ワンタンに絡めても良いようにあえて濃くしているのかもしれませんが。

 麺は細めで緩い縮れ入り。硬めの茹で上がりですが、すぐにスープに馴染んでいったのがさして違和感はなく、スープの絡みも良好。でも細麺でこんな感じだと太麺はスープに合わないと思います。また大盛りでもスープとの量的バランスが崩れる感じはしませんでしたが、反面さほど量が多いとも思えず。

 ラーメン自体は総じてスープ共々良く言えば昔ながら、悪く言えばチープな印象は否めず。一方売り物のワンタンは絶品!大きめなのに目一杯肉飴が詰まった逸品です。スープがイマイチなので、カウンターに掲げられている通り別皿で卓上のラー油・酢・胡椒をつけて食べたほうが良さげ。ワンタンが5個もあると限りなくラーメン&餃子みたいな食べっぷりに。

 他にメンマ、ほうれん草、海苔、刻みねぎ。ワンタンが肉飴たっぷりなのでチャーシューはないみたい。

| | トラックバック (0)

2017.12.04

まつおぶし@中板橋 ~ (動物魚介系)らーめん・中

002

 東武東上線中板橋駅南口を出て、駅前の通りを西へ。八千代銀行の先。中板橋駅の商店街は線路の北側に広がっているので、店の付近はちょっと寂し気。先客ゼロ、後客2。店先の製麺室が目立ちます。

 メニューは「らーめん」と「つけめん」のみ。しかも「らーめん」は「並」だと130gしかないという変わった設定なので「らーめん・中(750円)」を注文。「中」だと一気に200gに増えます。ランチサービスなし。

 店内は縦長カウンター6席のみで、かつ。席間はやや狭め。厨房内は店主のみ。水セルフ。

001

 スープは典型的な動物魚介醤油味ですが、やや魚介系が強めに出ていて若干渋めの味わい。魚粉を多用しているようですがほとんどざらつきは感じず、スープは見た目と違って割とさらっとしています。かえしも控えめで飲みやすい反面、出汁もしっかりしているとは言い難く、総じて少々物足りないかと。

 自家製の麺は並太ほぼストレート。若干硬めで噛み応えがしっかりしていますが、スープに対して強すぎる印象。スープの絡みも今一つ。

 チャーシューと味玉半個はいずれもしっかりと煮込まれていて気に入りました。他にメンマ、ナルト、海苔、刻みネギ。

 この感じだと味がよりはっきりしているであろう「つけめん」のほうが良さげかな。中板橋は近隣の大山やときわ台と違ってなぜかこれといったラーメン屋がないので頑張って欲しいのですが。

| | トラックバック (0)

2017.11.25

さとう@本蓮沼(2) ~ 豊魚鶏だし醤油ラーメン

006

 都営三田線本蓮沼駅A2出口を出てすぐ。4年半ぶりの再訪。先客、後客ともゼロ。地下鉄駅出口が近すぎて自転車を停める場所を探すのが結構難儀。

 店外に設置された券売機で「豊魚鶏だし醤油ラーメン(740円)」を注文。並盛(150g)、中盛(200g)とも同値段なので中盛で。

 「豊魚鶏だし醤油ラーメン」はあっさりとの位置づけで、他に「こってり」の「濃厚魚介豚骨ラーメン」や「濃厚魚介豚骨つけ麺」も。値段は上がっていますがラインナップは従前から変化なし。

 店内はL字型カウンター6席のみと狭小で、厨房内には店主だけ。水セルフ。卓上には胡椒や一味の他、ショウガ、にんにく、豆板醤をあわせた「もみじショウガ」あり。

004

 透明感のある清湯スープはごくごくあっさりとした味わい。かえしも控えめで、鶏+魚介の出汁がバランスよく効いています。そして揚げネギでわずかにアクセント。ついつい飲み進んでしまって気がつけば珍しくスープ完飲。

 自家製の麺は細めのストレート。柔らか目の茹で上がりで個人的な好みからはちょっと外れていましたが、あっさりスープに合わせるとこんなもんかな? また中盛だとややスープとの量的バランスが崩れ気味。

 後半は「もみじショウガ」を少し投入してみましたが、スープがかなりあっさり目なので、どうしてもショウガが卓越してしまいがち。味変としては面白いのですが初手から入れるのは禁物。

 チャーシューは薄めですが柔らかくて、しかも脂身がほとんどなく、肉の味わいが存分に楽しめました。他に海苔、水菜、ねぎ、メンマ。

 次は「こってり」で再訪。

| | トラックバック (0)

2017.08.08

はちどり(2)@板橋区役所前 ~ 極にぼしラーメン

003_2

 旧中山道「不動通り商店街」の中ほど。先客2、後客6。約2年ぶりの再訪。

 前配はメニュー先頭の「にぼしラーメン(700円)」を注文したので、今回は「極にぼしラーメン(800円)」を注文。。券売機はなく後払い制。他に「丸鶏ラーメン」「和風冷やし中華」「つけ麺」など。また日によっては限定メニューも出している模様。

 内装は蕎麦屋っぽい小ざっぱりした感じで壁に向かってカウンター4席、4人掛けテーブル1卓、さらに小上がりに4人掛けテーブル2卓。一杯ずつ丁寧に作っているのか、思いのほか待たされましたが、接客は至って丁重。

002_2

 「にぼしラーメン」が魚介と鶏のWスープなのに対して、「極にぼし」は煮干し100%。といっても煮干しを売り物にする店にありがちなやりすぎ感は全くなく、いかにも化学調味料不使用らしいあっさりすっきりした味わいで、魚粉のざらざら感は皆無。魚臭さも微妙に残る程度なので万人受けする出来。

 かえしも控えめで飲みやすく、スープとしては上出来ですが、麺に絡ませるとなると若干弱い気も。また単調な嫌いもなくはないので、終盤は卓上の胡椒を微量投入。

 麺は並太ストレート麺で、心持ち堅め。歯応えが良く、スープの絡み・相性もいうことなし。

 チャーシューは小さ目ながら程よく脂がのってまずまずの出来。他に海苔、白髪ネギ、ほうれん草、メンマ。

 悪くはないのですが、にぼしラーメンより100円高いだけの付加価値は見いだせず。

| | トラックバック (0)

2017.08.07

龍神(2)@ときわ台 ~ 龍神らーめん

001_2

 東武東上線ときわ台駅南口を出て線路沿いに池袋方面へ進んですぐ。先客、後客ともゼロ。約2年半ぶりの再訪。

 店内の券売機ボタン先頭、かつ店一番人気の「龍神らーめん(780円)」を注文。前回より20円値下がりした代わりに、並(150g)&中盛(225g)同値段のサービスがなくなり、並(200g)で一本化されていました。他に普通の「らーめん」「つけめん」など。また期間限定メニューも用意。

 店内はL字型カウンター11席ですが、カウンター背後がやや手狭。また木の椅子が硬いのも難。厨房内には店主一人。

003

 茶濁のスープは面白いことにゴマだれ効きまくり。またゴマだれが効いているといっても甘ったるくはなく、ベースとなる動物系出汁がしっかりしているせいか、ついつい飲み進んでしまいました。背脂が結構浮いており、食べている最中こそ脂っぽさはほとんど感じませんでしたが、食後にはそれなりに胃にずっしり。

 糸唐辛子が添えられてはいますがスープはほんのわずかに辛さを感じる程度。よって総じて全然辛くない担々麺のスープに似ているような気もします。なお中辛までは無料で辛さを増してくれるとのこと。

 麺は並太ストレートでいかにも水気が少なそうな少々ごわごわした食感が特徴的。しかもやや堅めの仕上がりでしたが、濃厚スープに合わせるとこんなもんでしょうか。

 チャーシューは脂が多くて崩れやすいタイプ。他に海苔、ほうれん草、メンマ、刻み玉ネギ。

 基本メニューが美味いことが再確認できたので、次回は期間限定モノを試してみます。

| | トラックバック (0)

2017.01.20

湯麺 破天荒@板橋区役所前 ~ 四川黒芝麻担々麺

005

 都営三田線板橋区役所前駅と新板橋駅のほぼ中間。中仙道沿い。土曜昼に往訪。先客1、後客10数人。どういうわけかガテン系のオッサンばかりが三々五々連れ立ってやってきました。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て先頭の「四川黒芝麻担々麺(800円)」を注文。平日はランチサービスとして小ライスが付きますが、大半の人は担々麺に四川麻婆小丼が付くランチセット(980円)を注文していました。

 担々麺が売り物の店ですが、「四川黒芝麻担々麺」の他には「汁のない担々麺」と「コーロー担々麺」があるだけ。また辛さのレベルは特に聞いてきませんでしたが、後客も何も言わないところを見ると、細かい調整は受け付けていないのかも。担々麺の中では「汁なし」の注文が多かったかな? 

 また醤油・塩・角煮と担々麺以外のメニューもあります。

 店内はL字型カウンター12席と2人掛けテーブル2卓。水セルフ。給水器が店の中央に置いてあるだけなので、座った位置によってはちと面倒。

004

 スープは若干とろみがかかった濃厚タイプ。「黒芝麻」を冠していますが、その影響はスープの色合いに表れているだけ。ゴマだれが強く効いて甘目というわけではなく、むしろ辣油や花山椒から来る辛さ・痺れとも意外に強く感じました。そこに黒ゴマのビターな味わいがわずかに加わる感じ。

 麺は並太の縮れ麺。もっちりとしたコシを残しながらもやや柔らか目な仕上がりで、濃厚スープに負けている風ではないものの、個人的にはもうちょっと堅茹でのほうが好み。

 具は肉味噌、モヤシ、青梗菜、白髪ねぎ、鷹の爪とごくごくスタンダードなもの。ステンレス製のレンゲが付いてきますが、残念ながら穴あきはナシ。スープと混然一体となった肉味噌をサルベージして小ライスの良いおかずに。

 麺がイマイチ好みに合いませんでしたが、スープは上々の出来。しかも昨今の担々麺としては安めなので人気があるのも納得。

| | トラックバック (0)

2017.01.13

アイオイ@志村3丁目 ~ 後味の良いあっさり醤油らーめん

002

 中仙道と環八通りの交差点を西へ。郵便局の先を北へ入ってすぐ。三田線志村三丁目駅が最寄り。住宅街の一角に店を構えていますが、外観が地味で目立ちません。先客1、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭の「らーめん(690円)」を注文。終日大盛りサービスをやっているので、大盛りにしてもらいました。メニューは

 店内は厨房前の縦長カウンター7席と2人掛けテーブル2卓。ご夫婦で切り盛りしている模様。

001

 スープは鶏ガラベースに生姜をわずかに効かせたもの。超あっさり、すっきり、雑味皆無。ぱっと見は古典的な醤油ラーメンですが、内実は全然異なり、とにかく後味がいい。ともすれば物足りなくなりがちなところはしっかり煮込まれたバラ肉チャーシューをちびちび齧って旨味と塩気を補完。

 麺は自家製でやや細め、ごく緩い縮れ入り。つるつるした口当たりが心地よく、しかもあっさりスープが絡みまくり。デフォルトが少なめなのか、大盛りでもさほど量が多いようには感じませんでしたが、スープとのバランスが崩れないのでこれはこれでいいでしょう。超あっさりスープゆえ、もうちょっと食べたい時はご飯ではなく半チャーハンのほうが良さげ。

 メンマは細いながらもコリコリした食感が楽しい。他に刻みネギ、ナルト。

 店の外観同様、ラーメンもいたって地道ですが飽きがこない一品。これなら地元の方々に末永く支持されそう。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧