2019.10.05

アイオイ@志村三丁目 ~ 醤油らーめん

006_20190905140701

 中仙道と環八通りの交差点を西へ。郵便局の先を北へ入ってすぐ。三田線志村三丁目駅が最寄り。住宅街の一角に店を構えていますが、外観が地味で目立ちません。ほぼ3年ぶりの再訪。

 いつの間にか結構な人気店になっていて、11時半の開店5分前に到着した際には先客ゼロだったものの、開店までに後客6。開店後すぐに満席となり、退店時には中待ち4+外待ち4人。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油らーめん(690円)」を注文。終日大盛りサービスをやっているので、大盛りにしてもらいました。またのトマトタイプorキャベツタイプからなる「ランチごはん(150円)」を頼んでいる客が目立ちました。

 メニューは他に「煮干しそば」と「背脂そば」。

 店内は厨房前の縦長カウンター6席と2人掛けテーブル1卓。卓上にはコショウ、一味、酢。ご夫婦で切り盛りしている模様。4杯ずつ作っていましたが麺茹でに時間を要するみたいで、回転はあまり良くありません。

004_20190905140701

 スープは生姜をわずかに効かせたスープは超あっさり、すっきり、雑味皆無。ぱっと見は古典的な醤油ラーメンですが、内実は全然異なり、とにかく後味がいいのが特徴。

 麺はやや太目のごく緩い縮れ入り。前回往訪時はやや細目だったはずで、麺を変えたみたい。つるつるした口当たりは心地よいのですが、柔らかめに仕上げているにも関わらずスープに対して強すぎる印象が残りました。煮干そばないし背脂そばに最適化された麺なのかも。

 また前回往訪時は大盛りでもさほど量が多いようには感じませんでしたが、今回はしっかりと大盛になっていて、これがスープと麺のバランスを崩す一因になっているのかもしれません。ゆえにもうちょっと食べたい時は大盛ではなくランチごはんのほうが良さげ。

 途中でコショウを投入し、さらに物足りなくなりがちなところはしっかり煮込まれたバラ肉チャーシューをちびちび齧って旨味と塩気を補完。メンマは細いながらもコリコリした食感が楽しい逸品。他に刻みネギ、ナルト、青菜。

 次は煮干そばを試してみます。

|

2019.10.02

二代目辰盛@志村坂上 ~ つけ麺

004_20190901130901

 都営三田線志村坂上駅を出て、中仙道志村坂上交差点を西へ入ってすぐ。志村銀座通り内。先客ゼロ、後客6。かつて西台に「辰盛 夢つなぎ」という店がありましたが、何か関係があるのかな?

 券売機はなく、各席に配置されたタッチパネルで発注して後払いという回転寿司屋みたいなシステムを採用しています。どう見えてもつけ麺推しの店なので、基本の「つけ麺(680円+税=730円 ※10円未満の端数切捨てサービス)」を注文。

 この店は中盛・大盛サービスがない代わりにランチタイムはミニライスをサービスという、これまたつけ麺メインの店らしくありません。店からは積極的にライスの要否を聞いて来ませんでしたが、ホール係の日本語がかなりたどたどしくて、そういうところまで気が廻らないだけなのかも。

 店内は壁に向かってカウンター8席と2人卓×2、4人卓×4。カウンター席は「一蘭」ほど極端ではないものの、座席間に衝立を設けたプロイラー式。卓上には一味、ホワイトペッパー、酢。
003_20190901130901  

 つけ汁は動物系ベースの魚粉混じりといった風。結構脂っぽい上にとろみ強め。酸味を強く感じますが、大勝軒みたいな甘酸っぱい感じではなく、甘さを控えてピリ辛に仕上げた風。

 また非常にユニークなことにつけ汁の中にオクラが大量にぷかぷか。つけ汁のとろみはここから来ているのかも。他にチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔と値段の割に具沢山で、これならライスを付けてもおかずには困りません。

 麺は太目のストレート。水気の多そうな、つるつるもっちりした食感ですが、やや柔らかめなのが残念。

 この界隈はこれといったラーメン屋がないので、この出来なら近所の方々に重宝されることでしょう。

|

2019.09.29

麺SOUL CAFE@ときわ台 ~ ホタテだし潮らーめん

Soul_cafe001

 東武東上線ときわ台駅南口を出て南へ伸びる「常盤台銀座」の南端近く。先客、後客ともゼロ。ときわ台駅から川越街道を越え、さらに南へ続く商店街内にあった「創作麺処 麺Soul Labo」がやや駅近に移転し、かつ屋号も若干変えたもの。移転前の店には2年ほど前にいったきり。

 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「ホタテだし潮らーめん(750円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは移転前からぐっと増えていて、他に麺魂潮油そば、醤油、味噌、つけ麺。往訪時は夏季限定の柑橘冷やし・ピリ辛冷やし、令和元年限定令和まぜそば、月替わりでハラペーニョつけ麺といったところも用意。

 店内はカウンター3席と6人卓×1、4人卓×1。かなり手狭で夜はBAR兼業みたいな感じ。卓上には一味、胡椒、酢、おろしニンニク。水セルフですが、一杯目は店から「ジャスロン茶」というジャスミン茶とウーロン茶にほんのりレモンフレーバーを加えたものを試供品として出してくれました。

Soul_cafe007

 透明感あふれる塩らーめんらしいルックス。今どきホタテを売り物にしたラーメンはさほど珍しくありませんが、ここはホタテ出汁がかなりしっかり出ているほう。その分わずかに磯臭い感じもするので好き嫌いが分かれるかもしれません。塩ダレは控えめにしてホタテ出汁を存分に味わってもらう趣向のよう。表面の脂は程よくコクを加える程度で総じて超あっさり。

 ただスープ単体としては美味いものの、麺に絡ませるとなると些か弱いという印象は否めず。「特製ホタテだし潮らーめん」は具が増えるだけでなくホタテだしも濃くなっているそうで、そちらに最適化したせいなのかも。この手のスープは出汁と塩ダレのバランスが非常に難しい。

 麺は細めのストレート。若干硬めの仕上がりで意外に噛み応えがあるのは嬉しいのですが、これもまたスープの弱さに拍車をかけているような。替玉もありましたが、このスープにはまず合わないと思います。店が雑炊を勧めているのも道理。

 鶏チャーシューもスープに合わせて薄味。なぜかわずかに柑橘系の味わいが。他に穂先メンマ、ほうれん草、刻みネギ、糸唐辛子

 個人的にはちょっと上品すぎてやや好みから外れていましたが、丁寧な仕事ぶりは評価に値します。

|

2019.09.03

さい。@大山 ~ もりそば・中盛

001_37

 大山駅南口から南へ。吉野家の向かい辺り。アーケード街から微妙に外れた、駅至近な割にはぱっと見では判りづらい曲がり角に立地。先客1、後客4。店先に「もりそば大勝軒」の行燈があってそれ系の店だと判ります。さらに看板に可愛いサイの絵が描かれています。固有名詞に句点を付けるのは遠い昔に流行ったような・・・ 予定していた店の開店時間についてネットでガセを掴まされてしまい、やむなく近隣のこちらへ転進した次第ですが、なんと9年ぶりの再訪。

 券売機はなく、メニューを見て「もりそば(750円)」を注文。並(300g)、中盛(450g)同値段なので中盛にしてもらいました。後払い。大盛(600g)は100円増し。「もりそば」以外に「ラーメン」もあり、こちらは並でも250gあって「もりそば」よりも標準から上方に大きく乖離しています。

 店内はI字型カウンター5席。店先には「奥に座敷あり」との貼り紙がありましたが、奥の様子はカウンターからは判らず。さほど大きな店には見えませんがスタッフは3名もいました。卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、一味、酢、おろしニンニク、豆板醤、醤油、ラー油など。

003_27

 麺の丼とほとんど変わらない位でかい器に並々と注がれたつけ汁が出てきました。つけ汁は動物魚介ベースでわずかにオイリッシュ。大勝軒系にありがちな酸味が強めのタイプですが、大勝軒系にしては甘味控えめで個人的には食べやすいほう。但しメンマが強烈に酸っぱいのは減点材料。
逆に細切りチャーシューは値段の割には結構入っていて、しかも肉の味がしっかり楽しめる秀逸の出来。一つだけですがワンタンが入っているのもお値打ち感あり。刻みネギも多め。

 自家製麺の麺はやや太めのほぼストレート。前回往訪時は「丸い断面の太麺がかなり強めに縮れています」と記録されているので長い月日の間に麺を変えたのでしょう。つるつるっとした食感で程よいコシ加減が結構気に入りました。つけ汁はさっと絡む程度でしつこくないためか、具が多めで飽きがこないせいか、ちょっと一味を投入して変化を付けた程度で450gを一気に完食。腹はパンパンになるものの、もたれる感じはせず。

 特に際立った特徴はありませんが至って無難な出来で、大山商店街で幅広い客層に受け入れられているのか、長続きしているのも納得。

|

2019.08.18

大木@大山 ~ 冷しらーめん

001_20190717133801

 東武東上線大山駅北改札口を出て線路沿いに北へ。隣に「串カツ田中」。駅から至近距離にあり、線路沿いなので電車からもよく見えますが、人通りの多い商店街から外れているのが難。山形らーめんをウリとしている店で約5年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。なお屋号は「おおき」ではなく「たいぼく」と読みます。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「冷しらーめん(800円)」を注文。ランチサービスなし。後払い。久しぶりに来たところメニューが随分増えていて、基本の「らーめん」の他に「からみそらーめん」「つけめん」、夏季限定の「トマトつけめん」など。

 店内はL字型カウンター7卓と6人掛けテーブルが2卓。卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、紅生姜。店は相変わらずご夫婦が切り盛りしている感じ。

005_20190717133801

 ここは「冷し」といってもスープに氷がプカプカ浮かんではおらず、麺は冷水でしっかりひんやり締めてある反面、スープは冷たいというほどではありません。

 「らーめん」同様牛骨出汁ベースなのでしょうが、冷しでも美味しく頂けるようにアレンジしているためか、ややかえしが前に出た感じ。しかも若干酸味があるのと具にきゅうりを乗せているせいか、ちょっと「冷し中華」に寄った感じさえします。でもマイルドな味わいなので、「冷し」を意識し過ぎでしょっぱくなったものよりは格段にマシ。

 麺は並太ほぼストレートでつるつる&もっちりした食感。スープとの相性は文句なし。

 柔らかくて、それでいて噛み応えが十分すぎる牛チャーシューが3枚ほど。他に茹でもやし、刻みネギ、海苔。

 過去食べた山形の「冷しらーめん」と比べると、ちょっと「思ってたんとちゃう!」という気もしますが、これはこれで一興。次は「辛味噌」で再訪。

|

2019.08.12

うえ原@成増 ~ 淡麗鶏そば

004_20190711133501

 東武東上線成増駅南口から川越街道へかけて広がる「なりますスキップ村商店街」内。有楽町線成増駅のほうがやや近いか。向かいにダイエーあり。先客1、後客3。

 店内の券売機ボタン先頭の「淡麗鷄そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に芳醇鷄そば、白湯鶏そば、つけそばなど。「淡麗」と「芳醇」の違いは券売機では全然判りませんが、値段は「芳醇」が100円高。

 店内は縦長L字型カウンター12席。卓上にはブラックペッパーのみ。

002_20190711133501

 名古屋コーチンやフランス産赤鶏を使用したとのスープは配膳時こそ鶏出汁の香りがふわっと立ち上がって実に良い感じでしたが、残念ながら醤油(弓削多醤油・キッコーゴー醤油を使用)の自己主張が強くてせっかくの鶏出汁の旨味を損なっているような気が。食べ進むにつれてしょっぱく感じるどころから、食べ初めからしょっぱめというのは残念無念。

 麺は菅野製麺所製の並太ストレートタイプ。全粒粉混じりでやや硬め。

 チャーシューはスチームコンベクションオーブンでしっとり仕上げ。薬味にみょうがって好き嫌いがはっきりと分かれそうなものをデフォルトで入れるかなぁ・・・ 他に刻み青ネギ。

 なんか「めっちゃオシャレさんを気取っているけど性格に癖があって、うっかり手を出すとえらく苦労させられるお嬢さん」を連想させる一杯でした。

|

2019.07.21

月見里@大山 ~ 肉つけうどん

004_26

 東武東上線大山駅から東へ続く「遊座大山商店街」の東端で、もはや都営三田線板橋区役所前駅のほうがはるかに近そう。屋号は「やまなし」と読みます。麺がとんでもなく硬いことで知られる「吉田うどん」が都内、しかも比較的近場で食べられることを知って往訪。先客ゼロ、後客5。

 メニューは温かい麺&温かい汁の「かけうどん」、冷たい麺&温かい汁の「つけうどん」、冷たい麺&冷たい汁の「冷やしうどん」の3カテゴリーに分かれていて、各カテゴリー毎に肉・きんぴら・きつね・ねぎ・わかめといったトッピングを乗せる仕組み。今回は「肉つけうどん(750円)」を大盛(+200円)で注文。同じトッピングでも、トッピングなしでも「つけうどん」だけ50円高いのが謎。

 なお券売機はなく後払い。富士吉田で食べるよりかなり高い気がしますが、その辺は気にしない方向で。

 店内はどう見ても居酒屋の転用で、カウンター6席と階段下に3人卓×1。2Fに座敷があるようですが、オッサン二人で切り盛りしているランチタイムに使っているのかどうか確認できず。卓上には吉田うどんに付き物の「すりだね」と天かす、そして「クリエイティブハイパーチップ」と称する揚げニンニクみたいなのが2種類。水セルフですが、狭い店なのに両サイドにコップと水ボトルを置いてあるだけなのはチト面倒。

002_41

 麺の上にちょこんとキャベツが乗った状態で登場。強いひねりが入った極太麺で、手打ちっぽくなんだか不ぞろいな上に、一般的なうどんよりは遥かに堅いのが特徴。ただ食べづらいほど硬くはありません。小麦の味わいがギュッと閉じ込められ、噛めば噛むほど味が出てきます。

 つけ汁は醤油ベースで、しかも「特濃煮干」と書かれている通り煮干しの味わいが強く出ていますが、悪い意味での魚臭さが強く残っているので好き嫌いは分かれそう。また硬い極太麺にさっと絡む程度なので、個人的にはデフォルトのつけ汁そのまんまで食べるのは薄味すぎて少々難儀。卓上のすりだね等を加えて、味を重ねることが前提なのかも。あと構造的に食べている最中に汁がとび跳ねやすいので、紙エプロンが欲しいところ。

 またつけ汁には豚肉が少々。こちらはやや濃い目に煮込まれているので、つけ汁の力不足を補う十分な働きを見せてくれます。逆に言えば何かトッピングをつけないとかなり味わいが寂しいかも。

 悪くはありませんし、都内で吉田うどんが食べられるという意味においては貴重な店ですが、やはりこういうローカル色満点の一品は現地で食べてナンボという気も。

|

2019.05.26

きらく@東武練馬 ~ (豚骨醤油)らーめん

001_19

 環八通り「西台1丁目南」交差点を西入る。道なりに進んで西台3丁目交差点を左折すぐ。西台中央通り沿い。近くにコモディイイダあり。東武練馬駅が一応最寄りですがかなり距離があります。かつて「神屋」があったところ。先客ゼロ、後客5。平和台に本店がある「いのこ」の姉妹店との貼り紙がありました、

 券売機は無く後会計制。貼りだされたメニューを見て基本と思しき「ラーメンしょうゆ・並(720円)」を注文。食券を渡すと細麺か中太麺かを聞かれたので「中太麺」で。さらにランチタイムはライス無料サービスあり。

 メニューは多彩で、ラーメンはしょうゆと塩が選べ、他にえび塩ラーメン、あさりバターの塩ラーメン、えび味噌ラーメン、油そば、つけ麺、期間限定の塩つけ麺など。驚くべきことにカレーライスもあります。

 メニューが多い上にあれこれオプションがあるのに、インド系っぽい兄ちゃん二人で切り盛りしているので少々不安になりますが、注文受け及び接客に何の問題もありません。それどころか、カウンター越しに配膳するような横着はせず、座席までラーメンを持ってくるあたり、今時のラーメン屋としてはかなりしっかりしているほうでしょう。ただ奥から詰めて座らせるのは良いとしても、最奥席は目の前がレジっちゅーのはどうにかならんのかのう・・・

 店内は厨房前に縦長カウンター6席と入口近くに6人卓×1。卓上にはホワイトペッパー、辛子高菜、一味、おろしニンニク、酢、白ゴマ。水セルフ。

002_12

 ビジュアルはほぼ家系で、味わいもほぼそんな感じ。 ややとろみがかったスープは豚骨出汁がしっかり効いた本格派で、鶏油もやや多め。ただ醤油がきつめで飲み進む気にはなれませんでしたが、それでもデフォルトの完成度が高いので飽きは全く来ず、下手にニンニクなどは入れないほうが良さげ。

 麺はやや太めのごく緩い縮れ入り。そういえば店からは麺の硬さとか味の濃い・薄いとは聞いてきませんでしたが、デフォルトでもやや硬めの仕上がりで心持ちざらつきのある食感。濃厚スープに合わせるなら中太麺しかないはずで、細麺という選択肢があるのが不思議ですが、実際細麺を頼む客もいました。

 具はチャーシュー、海苔、刻み青ネギ。ネギの量がやや多めなせいか、「ネギ少な目」を注文している客も。

 平和台の「いのこ」に行ったのはもうかれこれ3年前なので「いのこ」との相違はよく判りませんが、「なんちゃって家系」とは完全に一線を画したこの出来ならここも地元客で賑わう店になるのでしょう。場所が良くないことだけが気がかりですが。

|

2019.05.19

西台大勝軒@蓮根 ~ 元祖つけそば・中盛

001_13
 都営三田線蓮根駅の北を走る高島通りを渡って西へすぐ。先客ゼロ、後客ゾロゾロ。客の出足は遅かったのですが結構な人気店のようで、退店時にはテーブル席もカウンターもほぼ満席に。なお最寄り駅が蓮根なのに「西台」を名乗っているのは、もともと西台にあった店が移転してきたものだからそうで。

 券売機は無く、卓上のメニューを見て「元祖つけそば(650円)」を「中盛(+70円)」で注文。後払い。

 麺量は並で200g、中盛300g。メニューを見る限りでは800gまで増量可能。また「中華そば」もありますが、気が付く限りでは中華そばを注文している客は一人もいませんでした。

 店内は厨房に向かって縦長カウンター5席と4人卓×5。卓上には、白ごま、黒ごま、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、醤油、酢、ラー油。水セルフ。

004_5
 太麺なので茹で時間7~10分ほどかかるとの貼り紙があり、実際その程度しっかり待たされてから登場。つけ汁は醤油の酸味がわずかに感じられる程度のあっさり味。大勝軒の系統分類については知識も経験も乏しく、特に興味もないのでその辺のウンチクは割愛しますが、やたら酸っぱくてやたら甘いという大勝軒を冠する店にありがちなアレではありません。

 麺は自家製で心持ち柔らかめ。「太麺」というほど太くはなく、つるつるもっちりとした食感が気に入りました。あっさり味のつけ汁はさっと絡む程度ですし、安いだけあってつけ汁の中の具もメンマ、細切りチャーシューの破片、刻みネギ、海苔が申し訳程度に入っているだけ。それゆえ中盛だと途中で淡白すぎる味わいに飽きが来るので、卓上のブラックペッパーや白ごまで変化を付けてみるのも一興。

 スープ割は小さな金属製のポットで登場。麺に浸けているだけでは判りにくかった、鶏ガラ主体と思しき動物系出汁の味わいをスープ割にしてようやく心ゆくまで堪能できました。

|

2019.05.10

究極J’sラーメン@西台 ~ J’sラーメン

Js015
 都営三田線西台駅から高島通りを西へ200mほど。先客3、後客10くらい。BARがラーメン屋を兼業しているような感じで、外観・内装ともラーメン屋とはかけ離れています。

 自然券売機はなく、カウンターのメニューを見て無難そうな「J’sラーメン(880円)」。先着30名限定ながら、ランチライムはチャーハンのサービス付き。

 メニューは多彩で、他に濃厚魚介、濃厚鶏白湯、濃厚辛鶏白湯、塩J’s、つけ麺、辛つけ麺など。メニューの書きぶりからすれば、どちらかといえばつけ麺が推しの店なのかも。なおてっきり「J’sラーメン」が基本だと思っていたところ、メニューをよく見ると小さく「ラーメン(680円)」とあって、隣のオッサンがそれを頼んでいました・・・「J’sラーメン」は具が多い版だったみたいで・・・

 店内はテーブル席主体で4人卓×4、2人卓×1、カウンター5席。さらに半戸外みたいなエリアに4人卓×3。卓上にはおろしニンニク、旨味辛子、酢、醤油、ラー油、コショウ、ラーメンのタレなど。仕切り壁が高くてカウンターからは厨房の様子は伺えず。

Js008
 賑やかな外観で登場。スープは豚骨醤油のカテゴリーに入ろうかと思いますが、残念ながら出汁が弱くて醤油が悪目立ちするタイプ。

 麺は若干太目の緩い縮れ麺で硬めの仕上がり。スープが弱いのでバランスが悪いのなんの・・・

 チャーシューは厚めで脂身が少ないものの若干硬め。他に煮卵、白ごま、海苔、さらに刻み青ネギがたっぷり目。隣のオッサンの「ラーメン」を覗いたら、それで十分だったと思うも時すでに遅し。

 半チャーハンも加えてお腹一杯にはなるけれども、ただそれだけかなぁ・・・

|

より以前の記事一覧