2017.04.18

次念序@鴻巣 ~ つけめん大盛

001

 高崎線鴻巣駅西口から南へ歩いて10分弱。高崎線を跨ぐ陸橋の西詰近く。この辺り随一の人気店で開店直後に到着したにも関わらず先客4、後客ゾロゾロとあっと言う間に満席になり、すぐに店内に待ち客発生。鴻巣駅の駅員も制服姿で連れ立ってやってきました。

 店内の券売機を見るとボタンは「つけめん」だらけ。「中華そば」はあるにはあるという感じだったのであまり期待できないものと判断して「つけめん(750円)」を大盛(+100円)で注文。ところが他の客の様子を見ると中華そばを頼んでいる人が案外多くて驚きました。

 店の構造が変わっていて入口脇に券売機、戸口をくぐるとなんと待合室、そしてその奥が客席。客席はL字型カウンター9席と4人掛けテーブル2卓しかなく、外観からすればかなり手狭。水セルフですが、狭い客席の中ほどに給水器があるだけなのでチト面倒。卓上には卓上焙煎黒七味、酢、白胡椒。

 厨房内にはスタッフが3人いて一人は修業中といった感じでしたが、仕切っている兄ちゃんがえらく若くてびっくり。接客係も二人いましたが、これまたオバチャンがもう一人を指導中。

004

 茹で時間が長いので20分近く待たされ、中華そばにバンバン抜かれながらようやく登場。つけ汁は魚粉大量混入の動物魚介ベース。端的に言って一昔前の「またお前か」。もっともつけ汁は少しトロミがある程度。また魚粉も多くは底に沈殿して、麺を絡めている分にはざらつきは感じませんでした。麺が極太なせいもあって必要以上につけ汁が麺に絡まず、この手のつけめんにしては重くもくどくもなく、妙に甘ったるくもなく、極めてバランスが良い出来だと思います。

 茶褐色を帯びた麺は極太ストレート。心持ち堅めで、しかもいかにも小麦の密度が濃そうな麺で噛み応えが強くて気に入りました。量は並でも300gあることに後で気づき、これなら大盛(450g)にする必要は全くなかったと後悔するも時すでに遅し。ただつけ汁のバランスの良さに助けられて大盛りでも箸が止まることなく一気に完食。もっとも食後は腹にずっしり来ました(苦笑)

 つけ汁の中には丸いチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、刻みネギ。スープ割りを頼んだところ「柚子を入れますか?」と聞かれましたが、もちろんYesで。ただ麺を絡めている分には全く苦にならなかったつけ汁もスープ割りだとかなり濃くて、相当スープを入れてもらわないと飲みづらくて参りました。

 総じて「またお前か」の中ではつけ汁・麺とも相当レベルが高いのは確か。

 なお「中華そば」は並でも250gと量が多く、しかも650円と安いので、どう見てもつけめん推しの店にも関わらず人気があるのかも。

| | トラックバック (0)

2017.03.25

清兵衛@川越 ~ 淡麗とりそば

004

 川越駅西口を出て、駅舎脇の「松屋」のある角を左へ。駅から非常に近く、すぐそばは線路ですが、人の流れとは全く関係のないところにあるので案外わかりづらいかも。先客1、後客6。

 塩専門の店のようで、店内の券売機でボタン先頭の「淡麗とりそば(700円)」を注文。ランチタイムには味玉or帆立貝柱炊き込みご飯のサービスがあり、炊き込みご飯をつけてもらいました。メニューは他に濃厚とりそば、鶏塩つけめん、濃厚つけめんなど。

 店内はカウンター8席と4人掛けテーブル2卓。人気店のためか、カウンターは奥から詰めて座らされました。スタッフは店主と女性アシスタントが三人も。

001

 スープは塩といっても濁りがちなタイプ。鶏出汁に加えて、日替わりで内容が変わるという魚のアラを使っているようで、往訪時は「帆立貝柱・天然鯛・金目鯛・天然平目」という構成。ただ味わいは鶏出汁のほうが強そうで、魚臭さは微塵も感じられず。

 塩ダレとのバランスは絶妙で、塩ダレが妙な自己主張をしないので麺に絡めて良し、飲んで良し。

 麺は並太の緩い縮れ入り。つるつるした口当たりで、コシもそれなりに強く、スープもよく絡みます。

 具に鶏チャーシュー、豚バラチャーシュー、タケノコ、三つ葉、刻みネギ、海苔といった構成で和風っぽく仕上げています。

 スープの性格上飽きやすいわけではありませんし、物足りなさも感じませんでしたが、卓上の柚子胡椒で変化をつけるのも一興。

 炊き込みごはんはスープとのバランスを考えてか超薄味。やや堅いのが残念。

 このレベルなら人気があるのも納得。次は「濃厚」で。

| | トラックバック (0)

2015.11.19

四つ葉@川島町

02

 川越駅から「八幡団地」行きバスで20分弱。「伊草学校前」下車。バス停の周辺に案内板らしきものはなく、店の近くまで来ても「すし宝船」の看板しか見当たらなくて難儀しましたが、どうやらその寿司店を間借りして営業しているみたいで。

03_2

 昼飯時を外して来たのに店前の駐車場はほぼ満杯。とりあえず店先の券売機で「蛤そば(850円)」を注文して待機列に並びましたが、外待ち11。その後もひっきりなしに客がやってきます。ただかなり回転が早く、20分も待たずに店内へ。待っている間に人数と注文品を聞かれ、客の誘導も実に手慣れたもの。

00

 メニューは他に「四つ葉そば」「煮干しそば」「濃厚たまごのまぜそば」「つけそば(平日のみ)」など。ラーメン店なのににぎりがあったりまぐろ丼があったりするのがいかにも寿司屋兼業っぽい(苦笑)

 店入口が2つあって左側に案内されましたが、そちらは寿司屋そのまんま。カウンターは使っておらず、小上がりに4人掛けテーブル4卓と2人掛け1卓。無理に詰め込まず、割とゆったりと使っていました。家族で切り盛りしているみたいですが、暇そうなオヤジが寿司屋の大将なのかなぁ???

01

 海なし県のそのまたかなり内陸部で蛤がゴロゴロっちゅーのに多少違和感がありますが(苦笑)、透明度の高いスープはその蛤が効きまくり。しかも鶏出汁とのバランスが頗る良く、ほんのり甘くて雑味がなくあっさりすっきり。

 麺は村上朝日製麺製の細麺ストレート。堅めの茹で上がりでやや食感がぱさぱさしているせいか、なんかスープパスタを食べているような気がしましたが、これはこれで悪くありません。

 具は花びら状に盛りつけられたピンクチャーシューと鶏チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、海苔。いずれもスープとの相性は文句なし。

 車がないと極めて行きにくいところなのに大行列が出来るのも納得。珠玉の一杯といって差し支えありません。

| | トラックバック (0)

2015.09.16

泉の里@川島町 ~ すったてうどん

08

 川島町の郷土料理であり、町を代表するB級グルメとして絶賛売り出し中の「すったて」を試食してきました。

09

 往訪したのは「泉の里」という店で、外観はどう見ても蕎麦屋ですが、「すったて」のTV取材を頻繁に受けているようです。

 川島町は鉄道が通っていないので個人的には結構ハードルが高いというか、そもそもどこにあるのか良く知らなかったのですが(苦笑)、川越駅から八幡団地行きのバスに乗って約20分ほどで最寄りバス停「上中山」に到着。

 早速「すったてうどん(1,100円)」を注文。「すったて」に合わせるのはうどん・そば・ご飯の3種から選べ、「すったて」を頼んでいた他2組の客は「そば」を頼んでいました。店の本業が蕎麦屋なのでそれが正解なのかもしれませんが、周囲にはうどん屋が点在していてうどん文化圏っぽいんだよなぁ・・・

03

 すり鉢と炒りたての金ゴマが唐突に登場。どうやら「すったて」はつけ汁を自分で作るみたいで、卓上にマニュアルが置いてある上、仲居さんが親切に教えてくれますが、それを面白いと思うか面倒と思うか。個人的には圧倒的に「クソ面倒くさい!!!」ですが。

04

 ゴマをゴリゴリすってしばし待機していると、次は味噌と各種薬味が登場。味噌を入れてゴリゴリすって、玉ねぎを入れてまたすって、最後にきゅうりを入れて軽く叩き潰す。ああ面倒。他にみょうが、刻みネギ、わさび、そして天敵の大葉が薬味として鎮座。

07

 つゆを入れてすっかり準備が整ったのになかなか麺が出て来ず、しばし待機。うーん、面倒くさい上に間が悪いのか・・・そしてようやく出て来たうどんの上にはなんと天敵大葉が(´・ω・`)ショボーン

 慎重に大葉を除去しながらようやく試食。つけ汁は粘度が全くなくさらさらでうどんにさっと絡む程度ですし、氷入りで食べ進むに従ってどんどん汁が薄まることもあって味噌仕立ての割には濃厚な感じはせず。

 それどころか麺の上には白髪ネギがたっぷり、つけ汁にはきゅうりと玉ねぎと水気の多い野菜類が多いので、口当たり、味わいとも相当さっぱりしています。冷え冷えのつけ汁といい、まさに盛夏にぴったり。

 うどんは手打ちっぽく太さが不揃いで、口当たりは柔らか目ですが、もっちりとした弾力があってまずまず。除去しきれなかった大葉に時々被弾しながら完食。

 店ではあまったつけ汁にご飯を入れるのを勧めていましたが、うどんだけでもそれなりに量があり、また氷入りのご飯はちょっと抵抗があったので割愛。

 夏季限定で、しかも盛夏時にぴったりの一品だとは思いますが、そもそも盛夏期に酷暑で知られるディープ埼玉へ行く気にならないというアンビバレントが・・・

| | トラックバック (0)

2015.03.03

前原商店@朝霞台

00

 東武東上線朝霞台駅南口から伸びる通りを直進。「サミット」のある交差点を左へ。駅から徒歩10分弱。「ラーメン」と記された暖簾しかないので店に入るのには勇気が要りますが、幸い先客がいたので続いて入店。後客2。

 メニューはなんと黒板に大書された「ラーメン(650円)」のみ。あとライスの無料サービスがあったので、それも注文。

 さらに妙なのが店内。大昔の会議室で使っていたような長テーブルと丸いパイプ椅子を壁際に4+2席セット。その間にはぽっかりと大きなスペースが広がり、さらに店奥には使っていない小上がり。おまけに店内は薄暗くて、とても飲食店とは思えない不気味な雰囲気。前の店が撤退した後、極力初期投資をかけずに開店した結果なんでしょうが・・・ 厨房には店主のみ。

01

 乗せものが多いせいか、スープが極端に少なく、バランスがよくありません。ラーメンにしては明らかにスープが少なく、まぜそばにしては多いというなんとも奇妙な状態。またこのスープは背脂たっぷり、かつ味が濃い上にかなり甘め。となると、狙いとしてはスープというよりまぜそばのタレに近いんだろうなぁ・・・

 麺は平打ちの縮れの強い太麺でやや固め。二郎系の麺のようにワシワシと食べる感じ。麺堅めを頼んでいる後客がいましたが、全くその必要は感じず。

 そして角煮状のチャーシューがごろごろ。値段を考えれば驚くべきほどの分量であり、しかも肉質も悪くありません。ただスープ同様甘くて、またこれだけ量があるとしまいにはしつこく感じるのもまた確か。海苔を絡めてチャーシューを消化するにはご飯を付けたほうが絶対に良いでしょう。

 箸休めにもやし、白髪ネギ。さらに半熟玉子が丸々一個ついてきましたが、量的にはもう勘弁(笑)

 極めてユニークですし、コストパフォーマンスが抜群なので一度来る価値はありますが、そのクォリティーには疑問符がつきます。

| | トラックバック (0)

2015.03.02

山猫軒@朝霞台

02

 東武東上線朝霞台駅南口を出て武蔵野線高架沿いに西へ。朝霞台中央総合病院の北。近くに「ラーメンK」あり。先客3、後客7。

 券売機はなく、卓上のメニュー筆頭の「中華そば(730円)」を大盛(+100円)で注文。細麺と中太麺が選べたので中太麺で。さらに面白いことに鶏油とマー油が選べるので鶏油で注文。

 他に「塩そば」「濃厚そば」「濃厚塩そば」、及びそれらに対応する「つけそば」各種など。

 店内は厨房に向かってカウンター5席、窓際に4人掛けテーブル2卓、2人掛け2卓。店主と女将さんの2人で切り盛りしているようで。

01

 うーん、どう見ても大盛りは失敗。麺とスープのバランスが崩れてしまいました。

 スープは節など魚介系がかなり強めに出た和風。ただちょっと脂が多すぎる嫌いがあって、和風といえどもあっさり感はありません。

 中太麺の選択も失敗だったかなぁ・・・やや堅めの仕上がりで、スープに対して強すぎました。またスープは黒黒とした色合いの割には味がそれほど濃くないので、中太麺だとスープの絡みも微妙。

 バラ肉チャーシューはほどよく脂がさし、トロトロ感があってなかなかの出来。他にメンマ、青ネギ、海苔。

 ミスチョイス2発で店の実力を殺いでしまったようなので、他のメニューで出直してみます。

| | トラックバック (0)

2015.01.31

【移転】ラーメンK@朝霞台

03

 東武東上線朝霞台駅南口を出て武蔵野線高架沿いに西へ。朝霞台中央総合病院の北。先客2、後客6。

 券売機ボタン先頭の「ラーメン・塩(700円)」と「ミニご飯(50円)」を注文。他に「つけ麺」「ワンタン麺」があり、「ラーメン」共々塩と醤油が選べます。

 店内はくの字型カウンター7席と2人掛けテーブル2卓。カウンターの席間はえらくゆったりしていて椅子を一つ減らしたのかも。水セルフ。

01

 スープは丸鷄ベースの魚介系鶏白湯。もっとも鷄が前面に出ていて、魚介系は鷄臭さを緩和している程度。揚げネギがアクセントとして添えられている他、底のほうにほんのちょっぴり山椒が隠れていました。塩気多めでご飯があったほうがいいくらいですが、くどくさや重さは感じませんでした。

 麺は自家製の角ばった並太ほぼストレート。硬めの仕上がりで、麺自体は好きですが、スープに対してやや強すぎな印象を受けました。この麺ならつけ麺をウリにしてもおかしくないくらい。

 チャーシューはピンク色の柔らかいのが三枚。他に穂先メンマ、海苔、刻みネギ。

 細かい難点はあるものの、またお前か的な濃厚鷄白湯よりははるかに上出来です。

| | トラックバック (0)

2015.01.13

大木うどん@桶川

03

 昔「ケンミンショー」で取り上げられていた桶川の「大木うどん」へ行ってきました。桶川と言っても街の西外れにあり、駅から歩いたら40分弱かかりました。

 店に着いたらまだ開店前。店が開く前に2人やってきて、開店後に8人。当然ながら皆さんお車。

00

 店は開いたものの茹で上がりにはしばらく時間がかかると言われ、しばし店内で待機。かけうどんの太麺を大盛りで注文(650円)。後客の注文は細麺・太麺半々くらいで、大盛りも4割くらい。

 店構えは大きいのですが、店左半分が厨房になっていて客席は意外に狭く、中央に12人掛けのテーブル席、窓際の小上がりに6人掛け2卓。店奥に座敷がありましたが、そこが大きいのかも。

01

 油揚げがてんこ盛りになって登場。

02

 麺をちょっと引き出してみました。幅広、かつ分厚いのはともかく、かなり堅いのが特徴。その一方で汁はごくありきたりというか立ち食いそば屋で出てきそうな関東風のそれで、極太極厚麺の絡みを良くするような仕掛けは特にありません。

 従って薬味がわりの油揚げなりネギなりがなくなってしまうとひたすら小麦の固まりと格闘している感じになってしまいます。もはや「うどん」と言っていいのかどうか。

 これだと汁が多少濃いであろう「もり」で食べたほうがいいかも。また隣のオッサンが頼んでいた「麻婆うどん」みたいな味が濃いもののほうがよさげ。

| | トラックバック (0)

2014.12.27

幻六@朝霞台

01

 東武東上線朝霞台駅南口正面の通りを直進してすぐ。開店5分前に到着したところ先客1。開店までに3人やって来て、退店時には店外に行列5、6人。地元では人気店のようです。

 券売機ボタン先頭の「幻六醤油そば(700円)」を注文。他に「えびそば」「つけそば」など。

 店内は手狭で厨房に向かってカウンター3席、入口近くに島式カウンター4席。但し島式カウンター席奥への出入りがしづらいためか、相席利用を避けているようなので一人客だらけだと実質的には5席のみ。水セルフ。

00

 スープは動物系ベース。表面にテカテカと脂が光っていますが気になるほどではなく、スープにコクを加えるのにひと役。むしろかえしがややきつくて、最初は甘めに感じていたのに食べ進むにつれてしょっぱさが強まってきます。

 麺は自家製で並太緩い縮れ入り。スープが良く絡み、またそれなりにコシもあって気に入りました。麺は160gとのこと。大盛だと260g。

 チャーシューは薄めながら柔らかくて、しかも肉質もしっかりしていてなかなかの出来。他に細いメンマ、三つ葉、刻みネギ、海苔。

 「お好みで刻み山葵を」との案内があったので、途中でちょっと入れてみましたが、山葵はごく少量でも自己主張が強く、ラーメンの微妙なバランスを却って壊してしまう気がしました。

| | トラックバック (0)

2014.11.16

久良一@鴻巣 ~ 川幅うどん

21

 「免許の町」鴻巣がB級グルメ「川幅うどん」を売り出していると聞いて早速試食に出かけてみました。「川幅うどん」とは、鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅が 日本一であることにちなんで誕生したご当地グルメの一つで、要するにやたら幅広のうどんです。です。

16

 なお「川幅日本一」といってもやたらと広い河川敷を含めての話で、水が流れているところはそれほど広いわけではなく、新手のがっかり名所みたいな・・・

13

 試食先は「久良一」。鴻巣駅から旧中山道を南へ下ること徒歩20分強。沿道には人形店が目立ちます。

01

 この店の人気メニュー「川幅みそ煮込みうどん(990円)」を注文。もっとも実態は普通のそば・うどん店なので、往訪時は川幅うどんを食べている人のほうが少ないくらい。

04_2

 うどんなのになぜかフォーク付で登場。

07

 汁の中から川幅うどんを引き出してみました。8cmあると言われる超幅広の麺ですが、ワンタンよりは厚いものの、山梨のほうとうに比べるとかなり薄め。幅広なだけでなく、結構ビロビロと長くて適当に切らないと食べにくいのはともかく、コシが全然ないので食感、ないし食べ応えはワンタンに近いでしょうか。

 鶏肉や豚肉の代わりにあさりを入れているせいか、脂っ気がなくてあっさりした味わい。また大根、かぼちゃ、にんじん、芋類といった煮込み系にありがちな野菜もないせいか汁にどろどろ感もありませんし、名古屋の味噌煮込みほど味が濃いわけでもありません。

 具はあさりの他、ネギ、油揚げ、かまぼこ、半熟玉子。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧