2021.03.29

しおの風@竹ノ塚 ~ 塩らーめん

Shionokaze002

 竹ノ塚駅東口から北へ。イトーヨーカドーやドンキホーテが建つ竹ノ塚センター通りを北へ。商店街からやや外れたところに店を構えています。ほぼ2年ぶりの再訪。先客1、後客4。

 屋号通り塩らーめんが売り物で、基本の「塩らーめん(800円)」を注文。前回往訪時より50円値上がり。ランチタイムは大盛無料サービスをやっているので大盛で。大盛だと50~60g増えると注釈が付いていますが、デフォルトの量は不明。さらにサービス券を利用して豚トロチャーシューを付けてもらいました。昔は脂の量を聞かれましたが、そのオプションは止めちゃったのかな?

 メニューは他に熟成塩らーめん、煮干し塩らーめん、辛塩らーめん、塩担々麺、塩つけめん、塩まぜそば等々塩に拘ったメニューがずらずら並んでいますが、味噌も用意。なお月曜日は「しょうゆの風」として醤油味限定で営業を始めたせいか、月曜日以外は醤油を売らなくなったようです。

 店内はL字型11席。卓上には練り梅、ガーリックチップ、柚子胡椒、胡椒、パルメザンチーズ。「塩」には練り梅or柚子胡椒、「熟成」にはパルメザンチーズがお勧めとのこと。

Shionokaze001

 Web上の店コメントによるとスープは「国産鶏ガラをベースにし、超高級カツオなどから取ったダシを合わせ、さらに三種類の塩タレを合わせています。」とのことですが、味わいの上ではほぼ鶏がらベース。塩ダレが飲む気を阻害するほどきつくはないものの、出汁の旨味に引き寄せられてついついぐいぐいと飲み進んでしまうまでの吸引力はなし。

 以前はコクを加えるために添えた「鶏のテール油を香味野菜と一緒に弱火でじっくり煮込んだ油」がやや多くて塩らーめんの割にはあっさりにはほど遠く、むしろこってりした印象を受けましたが、久しぶりに食べたところその辺のバランスはぐっと良くなって塩らーめんらしいあっさり目の味わいを堪能できました。

 三河屋製麺の麺箱が見える麺は並太ストレートタイプ。つるつるした口当たりで、もっちりというよりは幾分歯ごたえ強め。スープとの相性、絡みぐあいも申し分なし。途中で柚子胡椒を投入したものの水分が抜け気味なのかなかなか溶けず、食べ終わる頃になってどっと溶けだしてくるのには参りました。

 豚トロチャーシューは程よく脂身が差して旨味も十分。デフォルトで一枚入っているので、サービス券は煮玉子に使ったほうが良かったと思うも時すでに遅し。

 具は他に茎わかめ、穂先メンマ、麩、刻みネギ、そして真っ赤なクコの実が彩を添えています。

|

2021.03.20

多伊夢@西新井 ~ 肉野菜煮込み

Time2102002

 東武大師線大師前駅から環七通りを渡り、西新井大師前交差点を南へ入ってすぐ。ほぼ2年ぶりの再訪。開店10分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客2。開店後三々五々やって来て退店時には外待ち5人。相変わらずの人気店です。なお往訪時は緊急事態宣言を受けて営業時間を変更し、開店を通常の11時半から11時に繰り上げていました。

 どちらかといえば旨辛の「肉つけめん」がウリの店ですが、厳冬期だったのであえて「肉煮込み」系の中から「 肉野菜煮込み(900円)」を注文。太麺or中太or細麺を選べるので中太にしようと思ったのですが、中太より太麺のほうがボリュームがあると言われたので太麺で。辛さは小辛・中辛・大辛の3段階で中辛にしてもらいました。なおメニューには前回無かった「肉まぜそば」系が追加されていました。

 店内はL字型カウンター8席のみ(前回から1席減)。水セルフ。卓上には酢、醤油、おろしニンニク、しょうが。紙エプロンも用意。

 麺の茹で時間がかかるせいか、出てくるまでに20分近くかかるのは相変わらず。よって店の回転も良くなく、店内でまだ配膳されていない客もいるのに外で待っているとかなり待つ羽目になるのは必至。店もその辺は自覚していて外待ち客にはかなり待ちますと声をかけていました。

Time2102001

 ぐつぐつと煮えたぎった状態で登場。しかも鍋一杯にスープが入っているので鍋をカウンターへ下ろす際にも慎重を要します。「よく混ぜてから食べてください」と言われたので、鍋の底から太麺を引きずり出して何度もまぜまぜ。

 旨辛スープはかなりとろみが強いのが特徴。前回小辛で頼んだところ何の問題もないどころか、辛さを期待して頼んだ身としては少々拍子抜けしたので「中辛」で大正解。辛さはともかく、難はやはり旨味過多なところかなぁ。美味いことは美味いけれども味わいが少々単調で飽きが来るのが早い。剛速球だけれども球筋が全部同じなので目が慣れちゃうみたいな。店主が辛さや味の濃さを気にして客に声をかけていましたが、辛さよりも味が濃すぎるほうがどちらかといえば難。でも濃すぎて食べづらいというほどでもないので、薄めずにそのまま食べ進みました。

 肉は豚バラ肉だけでなく、角煮っぽいのもあれば、ひき肉も混じっていて変化に富んでいます。野菜はニラ&モヤシを主体に白髪ねぎ、ザーサイなど。そしてキクラゲと海苔で変化をつけています。「肉煮込み」でもモヤシ以外の野菜は入っていた記憶があるので、あえて50円高い「肉野菜煮込み」にしなくても良かったかなぁ。でも、「肉野菜煮込み」のほうが単調さから逃れる術が豊富な気もします。

 麺は縮れ入りの太麺。濃厚スープに負けない堅めの仕上がりで歯応えが強く気に入りました。

 店では余ったスープにご飯を入れるのを勧めていますが、どう考えても塩分摂りすぎなので割愛。

 次は「まぜそば」で再訪してみます。

|

2021.03.17

桔梗と空@西新井 ~ 桔梗・淡麗醤油らーめん

Kikyousora001

 東武伊勢崎線西新井駅西口の南側、再開発に取り残されたような一角でありながら、線路沿いに梅島方面へ抜ける道になっているので案外人通りが多いという妙な小路に面しています。先客5、後客6。ほぼ2年ぶりの再訪。

 店内の券売機ボタン先頭の「桔梗・淡麗醤油らーめん(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは基本「空・濃厚煮干しらーめん」との二本立てですが、往訪時は限定メニューとして「スタミナまぜそば」を提供していました。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上にはブラックペッパー、七味、おろしニンニク、そして「しょうゆすこ」という謎の辛味調味料。紙おしぼりのサービスがあり、頼めばエプロンも出してくれるようです。

Kikyousora002

 スープはカツオ節や煮干しなどの魚介系出汁が支配的。ただ「4種類の醤油をブレンド」らしい醤油の自己主張が少々強く、店の能書きにも醤油のことしか書いていないので典型的な「醤油飲ませる系」かと思ったのですが、意外なことに終盤になっても全然醤油が嫌みにならず、それどころか甘味さえ感じられるようになり、旨さに釣られてついついスープを飲み進んでしまいました。店がいう「すっきりとあっさり」とか「淡麗」とかという形容は何か違う気がしますが、これはこれで大あり。

 麺は中細ストレート。水気の少なそうな蕎麦のような少々ざらつきがあって、少々ゴワゴワとした食感ですが、すぐにスープに馴染んでいきました。

 豚&鶏のチャーシューは超薄切り、かつ淡白な味わい(なお早い時間帯の客には豚チャーシュー1枚サービスあり)。メンマの代わりに刻みネギや細かく刻んだ水菜などがてんこ盛り。以前食べた時は超苦手の青シソが混じっていて軽く地雷を踏んだ覚えがありますが、どうやら地雷は除去されたみたいで。白く見えるのは麩ではなく餅ですが、個人的にはこれは蛇足の極み。他に海苔。

 青シソの件のみならず、前回往訪時よりも大幅に好みに近くなっていてびっくり。次は「濃厚煮干し」を試してみます。

|

2021.01.27

龍@谷在家 ~ 臥龍(醤油)

Ryu02

 日暮里舎人ライナー・谷在家駅を東へ出て、ネッツ東都西新井のある角を東へ。いかにも居酒屋を改装した感じの店構えですが、戸建て住宅が立ち並んでいて居酒屋なりラーメン屋なりがあること自体不思議な場所に立地。先客3、後客5。

 店内の券売機ボタンを見て、基本と思しき「臥龍(醤油:800円)」を注文。手もみ麺か細麺か選べるとのことなので手もみ麺にしました。ランチサービスなし。

 メニューは他に「蒼龍(塩)」「四神龍王(濃厚醤油)」と冬季限定の「土龍(味噌)」など。メニュー名には全部「龍」が入っていますが、結局それは何なのかカッコ書きせざるを得ないのがイヤハヤ何とも。また券売機がポストイットだらけなのも正直どうかと思います。

 店内はL字型カウンター7席と2人卓×2。卓上にはブラックペッパーのみ。水セルフですが、店の片隅に給水器があるだけなのでチト面倒。

Ryu01

 かなり広口の容量の多そうな丼で登場。スープは鶏ベースでしょうか。やや甘目の味わいですが、生姜をわずかに加えてアクセントをつけています。特にこれといったユニークなところはないにも関わらず、ついついぐいぐいとスープを飲み進んでしまう不思議な惹きがありました。

 麺は厚みがあまりなくて細かい縮れが入ったタイプ。仕上がりは並堅でつるつるした口当たりが楽しく、スープも絡みも文句なし。終盤ちょっと飽きてきたところでブラックペッパーをパラパラと。

 チャーシューは豚と鶏が一枚ずつ。共に薄味かつ低温調理らしいしっとりとした仕上がりですが、豚はしっかり噛みしめると旨味が広がるのに対し、鶏はちょっと淡白に過ぎるかな?

 青菜はシャキシャキとした歯ごたえが楽しいもの。他に白髪ネギ、刻み玉ネギ。

 店の周辺住民以外の客はまず見込めなさそうな立地ですが、このレベルなら全く競争相手がいないのがメリットになって案外長続きするかも。

|

2021.01.22

銀二郎@谷在家 ~ 銀二郎ラーメン(G系)

Ginjirou02

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってすぐ。東川口よりは明らかに川口市っぽいところですが、住所は足立区加賀。近隣に西友あり。日暮里舎人ライナー谷在家駅が最寄ですが駅から近いとはいえず。「北海豚骨麺屋 銀鈴」が月・火曜日限定で屋号を「銀二郎」と変えてG系ラーメンを出し始めたと聞いて往訪。先客1、後客ゼロ。

 入店するといきなり店員から「銀二郎ラーメン(880円)」一本に絞って営業していると説明され、確かに券売機の他のボタンはマスクされていました。

 11~17時までは麺大盛無料サービスですが、麺量は並200g、大300gとのことなので「並」で。さらにトッピングの要否も聞かれましたが、最初なので全部「普通」で。「普通」だとニンニクありのせいか、改めて「ニンニク入れますか?」とは聞いて来ませんでした。

 店内はL字型カウンターが8席(もともと12席あったのを減席)と4人掛けテーブル1卓。卓上にはカレー粉、魚粉、ブラックペッパー、一味、海老ごまなど。

Ginjirou01

 スープは意外にもとろみ強め。この店のウリの一つである「18時間かけて仕込むゲンコツ・豚ガラ・豚頭の豚骨スープ」をベースにかえしにひと工夫加えてG系っぽいスープに仕立てたのかな? かえしがきつすぎて飲む気は全く起こりませんが、麺を絡めて頂く分には比較的マイルドで食べやすい出来に仕上がっています。でかい背脂がプカプカしていますが、さほど脂っぽい印象はうけず。

 麺は中太ストレートタイプ。「ワシワシ」という表現がしっくりくるほどではありませんが噛み応えはそこそこ強く、濃厚スープにも負けず。

 野菜はほぼ茹でもやしのみでキャベツがわずかに確認できる程度。また茹でもやしはややくたり気味。野菜300gとのことですが、そんなにあるかなぁ??チャーシューは厚めででかいばら肉が一枚だけ。他に海苔。

 なんでもありのラーメン屋だった「銀鈴」がなんで急に曜日限定ながらもG系一本に絞った営業を始めたのかよく判りませんが、場所柄それなりにニーズがあるのかなぁ? さしたる競合店もないエリアですし。

|

2020.12.05

魁力屋@足立区鹿浜 ~ 京都漆黒醤油ラーメン

Kairikiya01

 魁力屋が2020年12月3日から期間限定で発売中の「京都漆黒醤油ラーメン(税別750円)」を試食。

 往訪した足立鹿浜店は今年4月17日に出来たばかり。荒川にかかる鹿浜橋の東、鹿浜交差点の北にあり、最寄り駅は無いも同然。先客ゼロ、後客11。場所柄近所の工場で働いている方やトラック運転手らしき方々で早い時間帯から賑わっています。これといったラーメン屋がないエリアですし。

 店内は郊外店らしく広々としており、横長カウンター5+6席と6人くらい座れるボックス席5セット。卓上にはたくあん、刻み青ネギ、餃子のタレ、一味、ラー油、酢、ラーメンコショウ、おろしニンニク、豆板醤、中農ソースと盛りだくさん。

 「旨みとコクがある特製醤油ラーメンに比べ、京都漆黒醤油ラーメンは醤油の香りとキレが特徴です。またスープには背脂ではなく、白ネギをふんだんに使用した『ネギ油』を入れることで、鉢いっぱいに香りが広がり醤油の美味しさを引き出しています。」というのが魁力屋のウリ文句。

Kairikiya02
 

 スープの見た目は漆黒というネーミングがジャストフィットな真っ黒々ですが、見た目と違ってスープは全然しょっぱくありません。また「醤油飲ませる系」に括れるほど醤油の自己主張も強くありません。ただ鶏ガラベースと思しき出汁の旨味は醤油にちょっとかき消され気味かなぁ・・・

 醤油より特徴がはっきりしているのは「ネギ油」で、その香りが食欲をそそります。ただネギ油入れすぎで見た目と違ってかなり脂っぽい気も。

 麺は細いストレートタイプ。水気の少なそうな心持ちざらざら、ぽきぽきした食感。持ち上げるとスープに染まって黒々と。スープに合わせるのは硬めでちょうどいい感じ。

 チャーシューは超ペラペラ。他に細めの茹でもやし、板状のメンマ、刻み青ネギ。卓上の刻み青ネギは取り放題なので、茹でもやしと合わせてしゃきしゃきとした食感を愉しみながらフィニッシュ。

 魁力屋は税別料金なのが災いしてか、内容に比べると少々割高なのが難。それを察してか、とうとう割引券を配り始めましたが、近所とは言い難い立地な上に1ヶ月に満たない有効期限内に再訪するだけの魅力はないんだよぁ・・・

|

2020.10.20

魁力屋 足立鹿浜店 ~ カレーまぜそば

Kairiki_sika002

 魁力屋が2020年10月15日から期間限定&路面店限定で「カレーまぜそば(税別780円)」を出していることに気づいて、比較的近場にある足立鹿浜店を往訪。先客3、後客10くらい。

 足立鹿浜店は今年4月17日に出来たばかり。荒川にかかる鹿浜橋の東、鹿浜交差点の北にあり、最寄り駅は無いも同然。

 店内は郊外店らしく広々としており、横長カウンター5+6席と6人くらい座れるボックス席5セット。卓上にはたくあん、刻み青ネギ、餃子のタレ、一味、ラー油、酢、ラーメンコショウ、おろしニンニク、豆板醤、中農ソースと盛りだくさん。

 「カレーまぜそば」は「数種類のスパイスを魁力屋独自の製法で調合した特製カレータレと特製の麺を和え、色とりどりのトッピングをのせた汁なしまぜそばです。日本の国民食ともいわれるカレーと食べごたえのある中太麺という新しい組み合わせで誕生させた魁力屋が自信をもっておすすめする逸品です。特製カレータレにはリンゴとはちみつを隠し味に加え、辛さの中にもほのかな甘味と香辛料の風味で旨味を絶妙に感じていただける1杯に仕上がりました。」というのが魁力屋のウリ文句。

Kairiki_sika001

 ビジュアルは台湾まぜそばそっくりで、麺の上に刻み海苔、卵黄、刻みネギ、刻み玉ねぎ、水菜、そしてカレータレを混ぜたひき肉といったところ。卓上の刻み青ネギをあとから少々追加。

 ウリ文句にはいろいろ書いてありますが、端的にいえばカレータレはかなり和風寄り。蕎麦屋のカレーとか、昭和の安モンのカレースタンドにありがちな感じでかなり甘目。スパイシー感はもっぱらカレー粉から来ている風。とはいえ悪くはありません。

 むしろ問題は麺かなあ? 中太ストレートタイプでもっちりとした食感は悪くないのですが、麺に力強さが無くてまぜそばにしては少々物足りないかと。この辺は普段まぜそばどころかつけ麺すらメニューにない魁力屋の泣きどころかと。またまぜそばにしてはひき肉がちょっと少ないかも。

 魁力屋は税別料金なのが災いしてか、内容に比べると往々にして割高な感じがしてなりませんが、「カレーまぜそば」はそれが顕著な感じ。 得意ではないジャンルに果敢に挑戦してみた意気込みは評価できますが、この出来だと近所でまぜそばを食べたほうが安くて量が多くて、しかも美味いのは明らかで・・・

|

2020.10.18

銀鈴@谷在家 ~ 白味噌とんこつ

Ginrin002

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってすぐ。東川口よりは明らかに川口市っぽいところですが、住所は足立区加賀。近隣に西友あり。日暮里舎人ライナー谷在家駅が最寄ですが駅から近いとはいえず。約1年半ぶりの再訪。先客・後客ともゼロ。

 数多くあるメニューの中から券売機最左列の「白味噌とんこつ(8500円)」を注文。スープは濃厚豚骨と魚介豚骨を選べるとのことだったので濃厚豚骨を選択。いつの間にか11時の開店から17時まで大盛無料サービスを始めていたので大盛にしてもらいました。さらにトッピング券を利用して煮玉子をつけてもらいました。

 メニューは他に赤味噌、塩とんこつ、正油とんこつ、煮干し正油とんこつ等々。他に各種つけめんやまぜそばなど。相変わらず正直何が推しなのか良くわからない、ラーメン専門店らしくなくなんでもあり状態の店です。

 店内はL字型カウンターが8席(12席あったのを減席)と4人掛けテーブル1卓。卓上にはカレー粉、魚粉、りんご酢、ニンニク油、ブラックペッパー、一味、海老ごまなど。以前はガーリックチップやサバ油があったはずですが、見当たらず。

Ginrin001

 スープはとろみ強め。店内の案内によるとスープは「18時間かけて仕込むゲンコツ・豚ガラ・豚頭の豚骨スープ。モミジ・鶏ガラで仕込む鶏白湯。ロース肉の一枚脂を香味野菜で香りづけしたロース脂。それぞれを別々に仕込んでブレンド」したものとのこと。しかし白味噌の割には白味噌らしい甘みは感じられず、むしろややしょっぱめ。

 白味噌ベースの味噌らーめんって、実際は塩分が高いのに白味噌の甘さにだまされて(?)ついついスープを飲み進んでしまい、あとで後悔というのが通り相場ですが、初手からしょっぱいというのはさすがになぁ・・・ 「ニンニク油をお好みで」との貼り紙があったので途中で投入したところ、多少味わいがマイルドに。

 三河屋製麺製らしき麺は平打ちに近い太めの緩い縮れ麺。つるつる、もっちりとした歯ざわりで濃厚スープにも負けず。とろみの強いスープが麺に絡みまくって、自然体でもどんどんなくなってゆきます。大盛だと量的にも十分。

 炒め物のもやしはややくたり気味。チャーシューはやや崩れやすいタイプ。トッピングしてもらった煮玉子はしっかり濃い目に煮込まれていて、濃い味のラーメンに乗せるのはもったいないレベル。上にパブリカや三つ葉が載っていますが、スープがスープなんで見た目が綺麗なだけで味わいにはほとんど影響なし。他に海苔、ガーリックチップ、メンマ、白髪ねぎ。

|

2020.07.18

なおじ@六町 ~ なおじろう

Naoji002

 日光街道の東を南北に走る「花畑大橋通り」沿い。同じ通りの南に「田中商店」あり。一応つくばエクスプレス六町駅が最寄ですがかなり遠く、六町と竹ノ塚駅のほぼ中間。約10ヶ月ぶりの再訪で向かいにあったはずの「華屋与兵衛」は知らん間に「オリーブの丘」になっていました。先客1、後客ゼロ。

 足立店限定の「キムチ納豆ラーメン・ピリ辛」と「こってり背脂中華そば」は試食済なので、今回は「なおじろう(870円)」を注文。

 「なおじろう」は一日30食限定の二郎風ラーメンで、頼めば脂の量、味の濃さ、麺のかたさ、にんにくの量を調整できるようですが、店からは特に何も聞いて来ませんでした。また野菜増しは別料金です。

 メニューは他に「あっさり中華そば」「油そば」、さらに新作の「肉そば」など。足立店限定の「キムチ納豆ラーメン」はは2020年1月31日から販売休止になったとのこと。

 店内は横長カウンター6席を4席に減らして運用中、入口近くに4人卓×1、小上がりに6人卓×1、3人卓×1。卓上にはブラックペッパー、醤油、酢、ラー油、カレー粉。辛子高菜は頼めば出してくれるようです。

Naoji001

 店の案内によれば野菜300gとのこと。高さはそこそこありますが、円錐型の山ではなくほぼ円柱状なのですそ野がない分、量が少なく見えます。とはいえモヤシだけでなくキャベツが乗っているのは嬉しいもの。また円柱状だとモヤシを先に片付けなくても麺が食べられるメリットも。

 スープは豚骨出汁しっかり。しかもデフォルトでニンニクが効いている上に、背脂もそれなりに混じっていて個人的にはガッツリ感十分。ただ残念ながらかなりしょっぱい。モヤシを絡めながら麺をすすっているうちはまだ良いのですが、モヤシがなくなった終盤はしょっぱくて少々ヘキヘキ。当然全く飲む気にはならず。

 麺は太麺ほぼストレート。噛み応えはしっかりしていますが、「ワシワシ」という形容がしっくりくるほどではなく。量は200g程度かな?この手のラーメンとしては少ないほうですが、個人的にはこれで十分。

 チャーシューはそこそこ厚みがある豚バラ肉が一枚だけゴロリ。しかもなぜか横長で濃い目の煮込み加減。

 悪くはないのですがこの手のラーメンにしては明らかに高く、わざわざこの辺まで来て食べるものではないなと思うも時すでに遅し。

|

2020.07.09

博多長浜らーめん いっき@谷在家

Ikki002

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってそのまま直進。「コナカ」のさらに先。一応日暮里・舎人ライナー谷在家駅が最寄りになりますが、かなり距離があります。ほぼ約2年ぶりの再訪。11時半の開店直後に往訪したにも関わらずなんと先客9。程なくほぼ満席となり、退店時には外待ち4人。

 今回も「らーめん(650円)」を麺カタで注文。後払い制で伝票は特段ありませんが、会計係が注文内容をちゃんとチェックしています。ランチタイムにはごはん(150→100円)や明太ごはん(280→200円)を値下げサービス。

 店は郊外店らしくテーブル席主体で4人掛けが3卓、2人掛けが2卓。厨房に向かってカウンター6席。卓上にはすりごま、紅しょうが、辛子高菜、らーめんのたれ、醤油、酢、ラー油、ミル入り白コショウ。新型コロナ対策で入口のドアを全開にして営業しているせいか店内はいつものとんこつ臭がありません。

Ikki001

 それなりに粘度強めの本格濃厚豚骨スープ。ストレートに豚骨の旨みが十二分に引きだされていて大満足。

 「カタ」でもそこそこ粉っぽい感じがする極細麺もポキポキとした歯応えが嬉しく、スープとの相性もばっちり。具はきくらげ・刻みネギ、チャーシュー、海苔といたってシンプルかつスタンダード。

 さらに無料サービス券を利用して替玉(通常120円)を注文。バリカタないしハリガネで注文している人が目立ちましたが、個人的には「カタ」で十分。替玉は紅しょうが、白ごまや辛子高菜を入れて味を変えて楽しみました。ただ元ものスープの出来がいいので、辛子高菜はほんのちょっぴりで。卓上にラーメンのタレがありますが、高菜を入れれば特にタレを追加する必要はないかと。

 近場にこのレベルの豚骨ラーメン店があるから、博多まで行ってわざわざラーメンを食べる必要はないんだよあ、もう正直なところ。

|

より以前の記事一覧