2019.08.22

武藤製麺所@竹ノ塚 ~ 鶏の塩らーめん

001_20190627134001

 竹ノ塚駅東口から徒歩2分ほど。竹ノ塚駅北側の踏切を東側へ越えてすぐ。約2年半ぶりの再訪。先客2、後客4。

 相変わらず塩、醤油、特濃及びそれらに対応した各種つけ麺、汁なし担々麺、冷やし中華等メニューが豊富。前回は「特濃」を注文したので、今回は「鶏の塩らーめん(720円)」を注文。特濃の麺は細/太を選べましたが、こちらは何も聞かれず。またランチ無料サービスがない代わりに、格安のご飯セットを3種類出しており、その中から「Aセット(白めし小+チャーシューの佃煮:50円)をつけてみました。

 店は郊外店らしくゆったりとした造りで、厨房に向かって縦長カウンターが10席と4人卓×3、2人卓×3とキャパも大き目。卓上には黒胡椒、一味、酢、ラー油、醤油。

006_20190627134001

 店のWebサイトによると(もっとも「お品書き」の値段と見る限り全然メンテナンスされておらず、どこまで信用していいのか判りませんが(苦笑))、スープは「鶏と煮干のクリアーなダブルスープ。鶏は岩手県産の十文字鶏を使い、煮干は瀬戸内の片口鰯(かたくちいわし)と九十九里産の潤目鰯(うるめいわし)を使い、鶏油は比内地鶏を使用しています。」とのこと。もっとも味わいはほぼ鶏が支配していて、煮干しは正直よく判らず。

 脂っ気も少ないあっさりすっきりとした味わいで、一口目二口目はじんわりとした旨味を楽しめて非常に結構ですが、すぐに飽きてしまうというか物足りなさも覚えるようになるので、卓上の黒胡椒ミルをゴリゴリと。

 麺は自家製麺の細目ストレートでしなやかな仕上がり。スープとの相性も上々。「小麦粉、塩、かんすい、水以外は、添加物、保存料など一切使用しないで、小麦粉本来の味と香りが楽しめます。小麦粉は麺に合わせて5種類から厳選配合し、塩、かんすいはモンゴル産の天然物を使用しています。」というのが店のウリ文句。

 鶏チャーシューと味玉半個はスープに合わせてか、共に薄味仕上げ。刻みネギの刻みが荒い上に苦手な臭みがあったのは残念。他にかいわれ、メンマ、白髪ネギ。値段の割に具沢山で、ご飯を付けた甲斐がありました。

 安めでそこそこ美味くて、しかもメニューが豊富なので普段使いしやすい。近所にあったら毎週一回は行きそうな名店だと思います。

|

2019.08.14

なおじ@六町 ~ こってり背脂中華そば

005_20190713132001

 東武伊勢崎線竹ノ塚駅から日光街道を越えてさらに東へ。TX六町駅のほうがもはや近いくらい。「田中商店」のある通り沿い。約1年半ぶりの再訪で向かいにあったはずの「華屋与兵衛」は潰れてました。先客2、後客3。

 前回は足立店限定の「キムチ納豆ラーメン・ピリ辛」を注文したので、今回は店内の券売機ボタン先頭の「こってり背脂中華そば(700円)」を注文。ランチサービスなし。麺の硬さや脂の量を聞いてきたので「麺硬め・脂多め」で。

 前回往訪時からメニューが若干変わっていて、「台湾まぜそば」がなくなった代わりに「なおじろう」「あっさり中華そば」「油そば」が加わり、さらに夏季限定で「あごだし冷やしラーメン」を出していました。

 店内は横長カウンター6席、入口近くに4人卓×1、小上がりに6人卓×2、3人卓×1。卓上にはブラックペッパー、醤油、酢、ラー油、カレー粉。辛子高菜がなくなっていました。

 新潟ラーメンを謳っていますが、黒海苔が乗っていないのでビジュアルは貧相。というか黒海苔は有料トッピング扱いで140円も取るのか・・・

002_20190713132001

 スープは片口鰯、ウルメニボシを水だしし、そこにゲンコツ&肉の清湯スープを合わせたWスープだそうですが、煮干は万人受けする範囲内での効かせ具合で、動物系出汁とのバランスが崩れないように気を使ってる感じ。でも残念ながらかえしがきつすぎてご飯が欲しくなるくらいのしょっぱさ。これでは出汁にいくら手間暇かけてもあまり意味がありません。

 脂多めを注文しただけあって背脂はそこそこの層をなしていますが、箸休めの刻みタマネギとの量的バランスが崩れてしまい、これも失敗だったかも。

 麺は緩くねじれの入った太麺で、「硬め」を注文したはずですが、硬いというよりはもっちりとした噛み応えが強いタイプ。

 バラ肉チャーシューは値段相応に薄くてチープな味わい。味玉はほぼ固ゆでで濃厚な味付け。他に穂先メンマ。

 同じく新潟・燕三条系ラーメンが売り物のく「潤@蒲田」と比べるとだいぶ見劣りする出来で、それ以外の都内にポツポツある新潟ラーメンが売り物の店と比べても特に出来が良いとも思えず。

 前回注文した「キムチ納豆ラーメン・ピリ辛」はキワモノ、ゲテモノの類のようにしか見えない割には事前の期待値を大きく上回るポジティブサプライズでしたが、基本メニューのほうは予想に反してイマイチだとはなんというネガティブサプライズ・・・

|

2019.06.19

桔梗と空@西新井 ~ 淡麗醤油らーめん

006_7

 東武伊勢崎線西新井駅西口の南側、再開発に取り残されたような一角でありながら、線路沿いに梅島方面へ抜ける道になっているので案外人通りが多いという妙な小路に面しています。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭の「桔梗 淡麗醤油らーめん(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは「空 濃厚煮干しらーめん」との二本立て。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上調味料は無し。

005_15

 スープは魚粉のざらつきが目立つ判りやすい濃厚動物魚介系で煮干しの味わいがかなり前面に出ています。ただでさえ旨味過多っぽいのに、「4種類の醤油をブレンド」らしい醤油の自己主張がこれまた強くて少々味濃すぎ。これで「すっきりとあっさり」とか「淡麗」とかという形容はないんじゃないかなぁ、いくらなんでも。まぁ総じてラーメン業界における「淡麗」の言語感覚はかなり珍妙だと思いますが・・・ ひょっとすると「濃厚煮干し」と間違えて出したのではないかという疑惑も・・・ 他に客いないのに・・・

 麺は中細ストレート。いかにも水気の少なそうな少々ざらつきがあって、ボキボキ、ゴワゴワとした食感ですが、すぐにスープに馴染んでいきました。

 豚チャーシューはともかく、鶏チャーシューは味が濃いスープの中ではあまり意味なさげ。また三つ葉の中になぜか超苦手の青シソが混ざっていて、軽く地雷を踏んだらさようなら。また個人的には餅は蛇足の極み。他に海苔、刻みネギ。

 うーん、ふた昔前の「またお前か」的な濃厚動物魚介系にオリジナリティーを加えようとして些か道を踏みはずしてしまったような気も。またこの界隈にしては少々高いのも気になるところ。

|

2019.04.30

龍桜@谷塚 ~ 特濃中華そば

002_4

 日光街道・西保木間交差点から東入る。パチンコ屋に同居にしている店で「ましこ亭」の跡地。最寄り駅は東武伊勢崎線の谷塚駅ですが、駅からはかなり距離があります。先客2、後客5。

 店内の券売機のボタンを見て、基本と思しき「特濃中華そば(750円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「あっさり中華そば」「特濃辛口中華そば」など。

 店内は郊外店らしく横長コの字型カウンターが20席弱。水セルフはいいのですが、給水器が店左奥の一箇所しかなく、カウンターに給水ポットを全く置いていないのはチト面倒。卓上にはラー油、酢、にんにくチップ、おろしニンニク、辛いジャン、魚粉、ブラックペッパー。さらにきゅうりの漬物も用意。厨房は店奥にあって様子は伺えず。

004_1

 スープはかなりトロミが強く、しかも「豚骨100%」を謳うだけあって豚骨の旨味がガツンと伝わってくる優れもの。それでいて豚骨の臭みや癖はしっかり抑えられています。しかも「特濃」を冠するスープにありがちな、醤油がでしゃばってやたら味が濃すぎるタイプではなく、豚骨の旨味をかき消さない程度にバランスを取っているので非常に飲みやすい。

 麺は細めのストレート。うーん、スープに負けているわけではありませんが、このスープに合わせるなら太目の歯応えがしっかりした麺のほうが良いと思うのですが・・・

 チャーシューは薄くて小さいのが一枚だけ、他にメンマ、刻み青ねぎ、海苔。ランチサービスがない代わりにごはんが安い(50円)ので、それを付けてもいいかなと思いましたが、こう具がしょぼくてもご飯を付けたところできゅうりの漬物をボリボリ齧るだけに終わったかも。

 スープの出来が傑出しているだけに、それ以外がいろいろと惜しい一杯でした。

|

2019.04.22

多伊夢@大師前 ~ 肉煮込み

004

 東武大師線大師前駅から環七通りを渡り、西新井大師前交差点を南へ入ってすぐ。約3年ぶりの再訪。先客3、後客ゾロゾロ。開店後あっという間に満席になり、退店時外待ち3。前回往訪時は夏季だったせいかガラガラでしたが、いつの間にか人気店にのし上がったようです。

 旨辛の「肉つけめん」がウリの店で、実際先・後客とも全員つけめん系を注文していましたが、厳冬期だったのであえて券売機ボタン2番の「肉煮込み(800円)」を注文。太麺or細麺を選べるので「太麺」で。辛さは小辛・中辛・大辛の3段階で小辛にしてもらいました。

 店内はL字型カウンター9席のみ。水セルフ。卓上には酢、醤油、おろしニンニク、しょうが。少々強面の店主とアシスタント2名で切り盛りしていましたが、店主がドン臭いアシスタントに対して客の前でブチブチ小言をもらし続けるのは正直心地いいものではありません。

 麺の茹で時間がかかるせいか、出てくるまでに20分以上かかりました。よって店の回転も良くなく、耐え切れずに帰る外待ち客もいたような・・・

003

 ぐつぐつと煮えたぎった状態で登場。旨辛スープはかなりとろみが強いのが特徴。前回は中辛を頼みましたが、その際は”唐辛子がストレートに辛く、店頭に「小辛でも辛めなので、初めは小辛をオススメします!!」と注意書きしてあるのも頷けます。”という印象でしたが、小辛だと何の問題もないどころか、辛さを期待して頼んだ身としては少々拍子抜け。これなら中辛にすべきだったかと反省するも時すでに遅し。

 辛さはともかく、難はやはり旨味過多なところかなぁ。美味いことは美味いけれども味わいが少々単調で飽きが来るのが早い。剛速球だけれども球筋が全部同じなので目が慣れちゃうみたいな。店主が辛さや味の濃さを気にして客に声をかけていましたが、辛さよりも味が濃すぎるほうがどちらかといえば難。

 ただ「肉つけ」の具がほぼ豚バラ肉だけだったのに対し、「肉煮込み」は他にキクラゲ、ザーサイ、ニラ、白髪ねぎ、刻み海苔と多少バリエーションが付いている分、単調さから救われているような気もします。

 麺は浅草開花楼の縮れ入りの太麺。つるつるした食感ですが、堅めの仕上がりで歯応えが強く気に入りました。

 店では余ったスープにご飯を入れるのを勧めていますが、どう考えても塩分摂りすぎなので割愛。

| | トラックバック (0)

2019.04.05

山形屋@竹ノ塚 ~ 中華そば

006

 竹ノ塚駅南側の大踏切の通りを南側へ進んで、増田橋交差点を越えてすぐ。竹ノ塚駅近くに移転した「きち」が以前店を構えていたところに立地。先客2、後客3。

 店内の券売機で「中華そば(750円)」を注文。というか、あとはトッピングが増えるだけでこれ一本で勝負。あっさり/こってり、薄口/濃口、背脂の有無が選べるようなので、「こってり&背脂」をお願いしました。オプション指定の方法が変わっていて、券売機横の札を取って食券と一緒に渡す方式。でも後客の常連らしき方は口頭で指定していました。なお薄口/濃口の別は単にカエシの量を変えているだけのようです。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター10席程度。卓上には一味、胡椒、酢。若夫婦で切り盛りしているのかな?

004

 店の案内によると「こってり」は「煮干し出汁スープに動物の甘みをふんだんに混ぜ、背脂で味を整えます」とのことですが、豚骨メインと思しき動物系出汁がかなり支配的。背脂をわざわざトッピングしなくても油膜が分厚いせいもあってか、スープからは煮干しがふんわり香る程度。ただ脂の量の割にはしつこい感じが全然しないのは煮干し出汁を加えた効果なのでしょう。

 帰り際に「しょっぱくありませんでしたか?」と店主に声をかけられましたが、しょっぱい感じは特にせず。

 麺は平打ちの並太縮れ入りで、若干灰褐色っぽい色合いが特徴的。硬くはありませんが、噛み応えがしっかりしていてこってりスープによく合います。量は並で200gと多め。

 チャーシューはぐずぐずに崩れそうなところの一歩手前までしっかり煮込まれたもので、しかも肉の旨味をしっかり残した優れもの。他に細メンマ、海苔、刻みネギ。

 店主は酒田出身だそうで、そう言われれば酒田で試食した「ケンちゃんラーメン」の影響を強く受けている気がしましたが、大満足の一杯でした。

 「あっさり」は「煮干しスープがメイン」と芸風が全然違うようなので、おいおい再訪します。

| | トラックバック (0)

2019.03.17

ぶれん@竹ノ塚 ~ 特製濃厚豚そば

004

 竹ノ塚駅北側の踏み切りを東へ直進。「武藤製麺所」を通り過ぎて、竹ノ塚神社の手前。4年半ぶりの往訪。先客ゼロ、後客5。

 店内の券売機でボタン先頭の「特製濃厚豚そば(750円)」を注文。「かけ濃厚豚そば(600円)」もありますが、値段的にちょっと多くを期待できそうにありませんし。ランチタイムは小ライスのサービス付き。他に「まぜそば」「辛みそ魚豚そば」「みそポタ濃厚豚そば」「濃厚つけ豚そば」など。なお券売機ボタンでは「豚そば」なのに、卓上のメニューは「ポタそば」と表記されていて統一感がないのが不思議。

 店内はL字型カウンター5席と4人掛けテーブルが2卓。正面が全面ガラス張りなのでかなり明るく感じます。水セルフ。卓上には一味と胡椒のみ。店はオッサン店主とオバハンで切り盛り。

003

 券売機に「じゃがいものポタージュ」と大きな貼り紙があり、実際スープはわずかにとろみがあり、かつそれらしいざらつきを感じますが、良くも悪くもベジポタにありがちな青臭さは一切なく、どちらかといえば往年の「またお前か」的な豚骨+魚粉混入タイプに近いような。丼の淵にうっすら魚粉が付いています。

 また昔はかえしが強すぎてしょっぱいのが難でしたが、高齢化著しいこのエリアの好みに合わせたのか、しょっぱさは幾分後退して食べやすくなりました。といっても飲むのを躊躇するレベルには変わりありませんが。

 麺心持ち太目かなといったストレート麺。表面にざらつきがあって、かつやや堅めで若干ごわごわっとした感じですが、スープとの相性はまずまず。細麺の替玉ができるようですが、このスープに細麺はちょっと無理があるかも。

 チャーシューは適度に脂が差してとろけやすいタイプ。玉ねぎはもうちょっと細かく刻んでほしいもの。現状では刺激強すぎ。キクラゲが多めに入っているのが目を惹きました。他に青ネギ、海苔。

| | トラックバック (0)

2019.02.26

しおの風@竹ノ塚 ~ 塩らーめん

001

 竹ノ塚駅東口から北へ。イトーヨーカドーやドンキホーテが建つ竹ノ塚センター通りを北へ。商店街からやや外れたところに店を構えています。なんと9年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客4。なぜか暖簾が裏返しですが、気にしない方向で。

 屋号通り塩らーめんが売り物で、基本の「塩らーめん(750円)」を注文。またランチタイムは大盛無料サービスをやっているので大盛で。大盛だと50~60g増えると注釈が付いていますが、デフォルトの量は不明。さらにサービス券を利用して豚チャーシューを付けてもらいました。以前は脂の量を聞かれましたが、今回は聞かれず。

 メニューは他に熟成塩らーめん、煮干し塩らーめん、塩担々麺、塩つけめん、塩まぜそば等々塩に拘ったメニューがずらずら並んでいますが、一応正油や味噌も用意。

 店内はL字型11席。卓上には練り梅、ガーリックチップ、ゆず胡椒、胡椒、パルメザンチーズ。店は店主と女性アシスタントの二人で切り盛り。

0061

 Web上の店コメントによると「博多、浜菱の天日塩、石垣の塩等をオリジナルブレンドした塩ラーメンです。だしも、サバ、カツオ、煮干し、干しエビ、シイタケ等9種類からだしを取っております。国産鶏がらを使用しておりあっさりの中にもこくがある、しおの風の自信作です。」とのことですが、味わいの上ではほぼ鶏がらベース。 

 塩ダレが飲む気を阻害するほどきつくはないものの、出汁の旨味に引き寄せられてついつちぐいぐいと飲み進んでしまうほどの吸引力もなし。コクを加えるために「鶏のテール油を香味野菜と一緒に弱火でじっくり煮込んだ油」を使っているそうですが、その量がやや多いせいか、塩らーめんの割にはあっさりにはほど遠く、むしろこってりした印象を受けました。

 麺は心持ち細目のストレート。つるつるした口当たりで、もっちりというよりは幾分歯ごたえ強め。スープとの相性、絡みぐあいも申し分なし。大盛だとさすがに途中で飽きるので、途中でゆず胡椒を投入。微量だと塩の尖りがマイルドになってぐっと食べやすくなります。

 豚チャーシューは脂身が多くて崩れやすいタイプ。らーめんが思いのほかこってりした印象を受けたのはこのせいかも。また茎わかめがやたら目立ちます。他に水菜、穂先メンマ、麩、刻みネギ、そして真っ赤なクコの実が彩を添えています。

| | トラックバック (0)

2019.02.18

田乃井@大師前 ~ 比内地鶏中華そば

003

 西新井大師の北参道沿い。先客5、後客1。暖簾がかかっていないので営業しているのかどうか判り辛いのが難。

 券売機はなく、店内のメニューを見て基本と思しき「比内地鶏中華そば・中(650円)」を注文。他に味噌中華そば、塩中華そばなど。夜はちょっとしたおつまみも揃えてちょい飲み屋になる感じの店です。

 店内は厨房前に縦長カウンタ6席のみ。卓上にはテーブルコショー、ラー油、醤油、酢、辛味噌、おろしニンニク、おろしショウガ。さらに好みに応じて比内地鶏の鶏油(にんにく風味orしょうが風味)も足してくれるようです。

001

 なんだか日本蕎麦みたいなルックス。しかし、かえしが弱く、その代わりに出汁でぐいぐい押してくるのかと思いきや、出汁もそんなに強くなくて非常に物足りないというのが正直なところ。比内地鶏を掲げていますが、それを活かしきっているとは言い難いような・・・ たまらず卓上のおろしショウガを投入。

 脂っ気が全くないのも悪い風に作用している感じなので、ここは是非とも鶏油を入れてもらうべきでしょう。

 麺は並太ストレート中太タイプでつるつるした口当たり。若干柔らかめ。麺のほうがずっと蕎麦っぽい感じ。

 チャーシューは淡白な味わいなのはともかく、かなり堅くて難儀。他にメンマ、刻みネギ、かわいれ。

 「伊藤」系統と比較するとだいぶ落ちるかなぁ・・・ 安いのはありがたいのですが。

| | トラックバック (0)

2019.01.20

銀鈴@足立区加賀 ~ 赤味噌らーめん

006

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってすぐ。東川口よりは明らかに川口市っぽいところですが、住所は足立区加賀。近隣に西友あり。日暮里舎人ライナー谷在家駅が最寄ですが駅から近いとはいえず。1年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客1。

 前回は券売機ボタン左端の「白味噌らーめん」を注文したので、今回はその隣の「赤味噌らーめん(780円)」を注文。また系列店でもらったサービス券を利用して大盛にしてもらいました。スープはこってりの濃厚豚骨とあっさりの魚介豚骨を選べるとのことだったので濃厚豚骨を選択。ランチサービスなし。

 メニューは他に塩とんこつ、正油とんこつ、煮干し正油とんこつ等々。他に各種まぜそばやつけめんなど。正直何が推しなのか良くわからない、ラーメン専門店らしくなくなんでもあり状態の店です。

 店内はL字型カウンターが12席と2人掛けテーブル1卓。卓上にはガーリックチップ、カレー粉、魚粉、ニンニク油、サバ油、ブラックペッパー、一味など。

 厨房にはオッサンとねーちゃんの二人体制で、ねーちゃんはホール係兼仕込み係という働きぶりでしたが、会話を聞く限りではどうもねーちゃんのほうが先輩格のようで、病院のベテラン婦長さんと新米ドクターみたいな関係かも(苦笑)

004_2

 赤味噌と称していますが、見た目はともかく味わいはさほど辛いわけでもしょっぱいわけでもなく、むしろ甘目といっても差し支えないくらい。前回白味噌を食べた際には非常にしょっぱくて参りましたが、あれはたまたまの下ブレだったのかなぁ??

 店内の案内によるとスープは「18時間かけて煮込んだゲンコツ・豚ガラ・豚頭の豚骨スープとモミジ・鶏ガラで仕込む鶏白湯」にロース脂をそれぞれブレンドしたものだそうですが、この出来も上々。ついつい飲み進んでしまいそうになりましたが、さすがに塩分を考えて途中でストップ。「サバ油をお好みで」との貼り紙があったので途中で投入したところ、味噌臭さが緩和されて味わいが一段とマイルドに。

 麺は若干平たく心持ち太めのごく緩い縮れ麺。つるつる、もっちりとした歯ざわりで濃厚スープにも負けず、しっかりしたコシを最後まで保っていました。大盛にしてもらったはずですが、量はさほど多いようには感じられず。

 中華鍋でスープを炒め合わせる札幌スタイルのようですが炒め物がモヤシしかなく、むしろ具は乗せモノが多いせいか、さほど札幌っぽさは感じられず。

 チャーシューは小さめ。上にパブリカや三つ葉が載っていますが、見た目が綺麗なだけで味わいにはほとんど影響なし。他に白髪ねぎ、海苔、揚げネギ、メンマ。

 可も不可もなく、万人受けする一杯で遠くからわざわざ食べにくるようなものではありませんが、近隣には博多ラーメンの「いっき」くらいしかこれといったラーメン屋がないエリアなので、近隣の方々に支持されて長続きしているのでしょう。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧