2018.07.26

きち@竹ノ塚 ~ 濃厚煮干

002

 竹ノ塚駅南側の大踏切の通りを南側へ渡り、セブンイレブンのある角を左へ入る。先客ゼロ、後客2。1年半ぶりの再訪。

 しばらく来ないうちにメニューが若干入れ替わったようで、従来からある基本メニューの「白きち」「煮干し中華」「特濃」に加え、「つけ麺」「節系つけ麺」「まぜそば(春夏限定)」をラインナップ。さらに平日&数量限定の「濃厚煮干」と夜限定の「赤きち」など。従来あった「日替わり」は止めてしまったようです。

 今回は「濃厚煮干(900円)」を注文。また月~木のランチタイムに限って小ライスor麺中盛or1/2味玉+ミニサラダの無料サービスを始めていたので、小ライスを付けてもらいました。

 店内はL字型カウンター10席。水セルフで入口近くに給水器を設置。相変わらず店主と女性アシスタントの二人で切り盛り。卓上には黒胡椒と自家製ラー油と煮干の魚粉。

001

 これまた相変わらずかなり深い丼で登場。1人前煮干し約100gを使ったそうで「濃厚煮干」の名に恥じず、煮干の味わいがガツンと効いた一杯。それでいて生臭くなく、えぐみもなく、濃厚なのに辛うじてしょっぱくない範囲で上手くまとめられています。なお化学調味料不使用だそうですが、「濃厚」だとあんまりその意味はなさげ。

 麺は浅草開化楼の並太ストレート。心なしかぼそぼそ、ごわごわとした食感ですが、スープによく合っています。麺量は150gと券売機横に明記されていますが、この店はどのメニューも少なく感じます。よって小ライスの無料サービスが始まったのは大歓迎なのですが、これがまた本当に小さい。台湾まぜそばにありがちな「追い飯」と大差がないくらい。

 チャーシューは炙り入りで、しかも適度に脂がさしてまずまず。小ライスのおかずにもぴったり。他に海苔、刻み玉ネギ、刻み青ネギ。

 「白きち」以外のメニューは今回の「濃厚煮干」も含めてこの界隈にしてはやや高いのが難ですが、クオリティーは十分満足できます。

| | トラックバック (0)

2018.05.16

なおじ 足立六町店@六町 ~ キムチ納豆ラーメンピり辛

002

 東武伊勢崎線竹ノ塚駅から日光街道を越えてさらに東へ。TX六町駅のほうがもはや近いくらい。「田中商店」のある通り沿いで、向かいが華屋与兵衛。先客1、後客1。新潟に本拠があるラーメン店が都内に再進出してきたもので、御茶ノ水店に続くもの。

 店内の券売機は「新潟ラーメン背脂中華そば」が先頭で、ついで「台湾まぜそば」という構成でしたが、今回は足立店限定の「キムチ納豆ラーメン・ピリ辛(900円)」を注文。旨辛950円、激辛1180円と辛さに応じて値段が上がってゆきます。

 店内は横長カウンター6席、6人卓×1、小上がりに6人卓×1、3人卓×1。卓上には辛子高菜、胡椒、醤油、酢、ラー油。厨房内にはいかにもバイト然とした兄ちゃん、姉ちゃん計3人。

001

 茹でもやしの上にデンと乗っているのは茶色の塊はひきわり納豆ではなく、肉味噌と納豆のあえもの。あじわいは肉味噌が卓越していて納豆らしさはあまり感じられず、糸も引きませんが、納豆の香りは結構きついかと。

 またスープのベースは良く判りませんが、背脂交じりなこともあってか結構重め。ゆえに茹でもやしが良い箸休めに。またとろみがついているので、麺なりもやしなりを食べているだけでスープがどんどん減ってゆきます。「ピリ辛」と称するだけあって、確かに辛さはその通りなんですが、「キムチ」を冠しているのにキムチはいったいどこに隠れているのか判然とせず。

スープは清湯で煮干ラーメンと同じ寸胴から摂っていた様ですが、背脂たっぷりで辛味がしっかりと効いています。ポスターによると、「11種もの調味料を使った旨みたっぷりのキムチとハサップ認定の工場で作られた国産有機栽培の納豆」とあります。

 麺は自家製麺で太いストレート。スープに負けないようコシが強めのしっかりした仕上がり。

 具は他にキャベツ、卵黄、きざみねぎ。 具沢山なこともあって全体の量は多めで、しかも後乗せの具が多すぎてスープが急速に温くなる嫌いがあり、だらだらと食べているとこのラーメンの重さが気になってくるかも。スープが冷めやすくなるデメリットを考えれば正直卵黄は要らないような気がします。

 キワモノ、ゲテモノの類のようにしか見えないので事前の期待値は低めでしたが、少々難点があるにしても事前の期待値を大きく上回るポジティブサプライズでした。

| | トラックバック (0)

2018.04.28

博多長浜らーめん いっき@谷在家(4)

004

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってそのまま直進。「コナカ」のさらに先。一応日暮里・舎人ライナー谷在家駅が最寄りになりますが、かなり距離があります。ほぼ約1年ぶりの再訪。先客8、後客2。

 今回も「らーめん(650円)」を麺バリカタで注文。後払い制で伝票は特段ありませんが、会計係が注文内容をちゃんとチェックしています。ランチタイムにはごはん(150→100円)や明太ごはん(280→200円)を値下げサービス。

 店は郊外店らしくテーブル席主体で4人掛けが3卓、2人掛けが2卓。厨房に向かってカウンター6席。テーブルには基本どおり白ごま・紅しょうが・辛し高菜・らーめんのたれ等。

002

 そこそこの粘度をもった本格濃厚豚骨スープ。店内のとんこつ臭と比べると、ラーメンのとんこつ臭はそこそこ抑え気味な感じがしましたが、ストレートに豚骨の旨みが十二分に引きだされていて大満足。

 極細麺もポキポキとした歯応えが嬉しく、スープとの相性もばっちり。具はきくらげ・刻みネギ、チャーシュー、海苔といたってシンプルかつスタンダード。

 さらに無料サービス券を利用して替玉(通常120円)を注文。バリカタないしハリガネで注文している人が目立ちましたが、個人的にはバリカタでも若干粉っぽいのが気になったので替え玉は「カタ」で。替玉は紅しょうが、白ごまや辛し高菜を入れて味を変えて楽しみました。ただ元ものスープの出来がいいので、辛子高菜はほんのちょっぴりで。卓上にラーメンのタレがありますが、高菜を入れれば特にタレを追加する必要はないかと。

 近場にこのレベルの豚骨ラーメン店があるから、博多まで行ってわざわざラーメンを食べる必要はなく、むしろ「天ぷらのひらお」のほうが良いように思えてきました。

| | トラックバック (0)

2018.04.15

みそ味専門 マタドール@北千住(2) ~ 濃厚味噌らぁ麺

004

 北千住駅東口近くの学園西通り商店街を北へ。対面にローソンあり。開店直前に到着して先客ゼロ、後客10くらい。北千住の人気店「牛骨らぁ麺 マタドール」の2号店ですが、こちらは「みそ味専門」という位置づけ。ほぼ4年ぶりの再訪。

 店内の券売機で基本と思しき「濃厚味噌らぁ麺(850円)」を注文。「味噌つけ麺」「味噌油そば」はともかく、みそ味専門という触れ込みなのに醤油味の「BB(ビーフブラック)」や「煮干し塩らぁ麺」等のメニューもあって全然みそ味専門ではないのも相変わらず。

 店内は縦長カウンター7席。さらに店奥に半地下の客席を設けてありましたが、様子は伺えず。椅子が非常に高くて落ち着きません。なお頼めば紙エプロンを出してくれるようです。

003

 麺にスープが絡みつきまくりようなドロドロ系でこそないものの、スープは相当とろみ強め。京都の西京味噌を主軸に信州味噌などを合わせているようですが、かなり甘めなのが特徴。味噌を大量に溶いても塩辛くならないように塩分濃度の低い西京味噌を使っているそうで、確かに塩辛さはなく、マタドールご自慢の牛骨出汁と相まってついついぐいぐいと飲み進んでしまいそうになりますが、そうは言っても塩分に気を付けて途中で自粛。

 で、そのスープになぜか刻み生トマト。以前食べた時ほど青臭さは気にならなくなりましたが、その酸味が甘めのスープに対してアクセントとしてはなんとも微妙・・・そしてトマトはまだしも手前の天かすの塊みたいなんが謎過ぎ。濃厚スープにあえてさらに脂臭さを加える意味がなぁ・・・

 麺は三河屋製麺のやや太めストレート。若干柔らか目の仕上がりでもっちりした食感。

 茹でもやしは見た目通りごくさっと茹でただけ。そぼろ状というか断片をかき集めたような牛肉はこれまた甘目の味付け。他にれんこん、刻みネギ。

 美味いことは美味いのですがかなり甘めなのと、いかにもマニア受けを狙ったような小細工が鼻について、常食には向かなそう。ただ前回来た時は「北千住にしては高い」と思ったのですが、幸か不幸か凡百の味噌ラーメンも結構高くなってしまったので、相対的な割高感はなくなりました。味噌以外のメニューで再訪。

| | トラックバック (0)

2017.12.26

田中そば店@六町(2) ~ 中華そば

004

 一応つくばエクスプレス六町駅が最寄ですがかなり遠く、六町と竹ノ塚駅の中間。秋葉原店には何度も往訪していますが、本店は約5年ぶり2度目。先客ゼロで開店前から行列が出来るほどではありませんが、後客がぞろぞろやって来て20人強。退店時には外待ちが数名発生。なお隣にあった餃子屋は閉店していて、おいおいラーメン屋になるとの貼り紙。

 店外の券売機で「中華そば(700円)」を注文。さらに「スパムおにぎり(150円)」も付けてみました。他に「肉そば」「山形辛味噌」など。注文は中華そばと山形辛味噌が半々くらい。

 店内は厨房に向かってI字型カウンター7席と壁際に4人掛けテーブル3卓。卓上には「こってり」によく合うとされる「特製唐華」や胡椒など。

002

 やや小さめの丼にスープがたっぷり。受け皿付きで出てきました。

 ”喜多方らーめんをベースに「気軽に食べる田舎のラーメン」をテーマに作った一杯”との店の謳い文句ですが、まさにその表現がしっくりくる一杯。スープは表面に油膜が張っているせいか、かなり熱々。塩気はほどほどに抑えられ、豚骨ベースと思しき出汁とのバランス感もまずまず。もっともしょっぱさを感じないとはいえ塩分は多そうなので、スープはだいぶ残しました。

 麺は並太平打ち麺で、つるつるもっちりした食感でコシもまずまず。スープの絡みも申し分ありません。

 ばら肉チャーシューが数枚入っていますが、脂身多めでトロトロながら崩れやすいほどではなく、旨みもしっかり保っていました。他にメンマ、刻みネギ。

 この値段でこのクオリティー!毎度のことながら恐れ入ります。現状でもあっさりというよりはこってり寄りだと思いますが、背脂入りの「こってり」だとどんな感じになるのか一度試してみようと思います。

| | トラックバック (0)

2017.10.16

よつ家@竹ノ塚 ~ (横浜家系)ラーメン

005

 竹ノ塚駅東口から徒歩5分弱。竹ノ塚駅北側の踏切を東側へ越え、「武藤製麺所」の先。先1、後1。

 屋号通り「横浜家系」がウリの店で、「ラーメン」を麺硬めで注文。なお往訪時は期間限定で11-17時の間ラーメンを500円で販売していました、しかも麺類にはライスを1杯無料サービス。麺の硬さ、味の濃さ、油の多さを指定できるのは家系の基本ですが、後で麺を太麺か細麺か選べることに気づきました。但し、店のほうからは特段聞いてきません。なお券売機はなく、後払い。

 メニューは他に「味噌らーめん」「辛味噌らーめん」「魚介豚骨つけ麺」など。

 店内は店左側に縦長カウンター9席。右側に4人掛けボックス席×3。卓上には醤油、酢、胡椒、おろしニンニク、豆板醤など。

004

 わずかにとろみのついたスープは意外にも豚骨出汁がしっかり出ていました。外観やメニューなどを見て「なんちゃって家系」だろうと思っていただけに意表を突かれました。ただ残念なことにかえしがきつくてしょっぱい。ライスを付けないと食べづらいくらいで、とてもじゃないが飲む気にならないし、豆板醤等を加えるのは自殺行為かと。

 麺は太目のストレートで指示通り硬めで登場。何も指定しませんでしたが、たぶんこれが太麺なのでしょう。というかしょっぱすぎるスープに細麺は絶対に合わないかと。

 具はやや小さめのチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、刻みねぎと至って標準的。

 スープが非常に残念でしたが、安くてとにかく腹一杯になればいいという「なんちゃって家系」的なニーズを充足するには十分かと。ただ開店に当たって内外装ともそこそこ金をかけたみたいなので、安売りを続けていると店が持たないんじゃないかという気もチラホラ。

| | トラックバック (0)

2017.08.23

麺屋 司@西新井大師西 ~ 鶏味噌ラーメン

002

 日暮里舎人ライナー西新井大師西駅から環七北通り沿いを東へ。水野記念病院の向かい辺り。先客ゼロ、後客2。

 券売機を見ると、どうも二郎系のラーメンが売り物みたいで気乗りしませんでしたが、二郎系ではないメニューの中から「鶏味噌ラーメン(750円)」を注文。もともとは「鶏醤油」との3本立てだったようですが、往訪時は「鶏醤油」は×印が点灯。売れないので止めちゃったのかな??? 後客は共に「ラーメン」を注文。

 店内はL字型カウンター8席と2人卓×2。カウンターの椅子が高い上に、ちょっとぐらつき気味で難儀。厨房内には店主一人だけ。

001

 スープは食べ始めこそやや甘く感じましたが、かなり味噌味が前に出過ぎて食べ進むにつれてしょっぱくなってきました。「鶏」を冠している以上鶏白湯ベースなのでしょうが、味噌にマスキングされてその旨味は正直良く判らず。

 麺は太目でわずかに縮れ入り。心持ち堅めのゆで加減な上に、やや短めなので家系の麺っぽい感じも。「ラーメン」と同じ麺かな? 麺量は150gと標準的。

 なんとも不可解なのは大根おろし。単に一味をまぶしてあるだけならともかく、ただの大根おろしではなく、なんだかおせち料理にありがちな酢の物みたいな味付けが施されていてちょっと苦手(おせちでも食べないし(苦笑))。しかも味噌味が濃すぎるスープに埋没してさしたる意味を持ちませんでしたが。

 またメンマの代わりに小松菜が何本も添えられているのも目を惹きました。他に低温調理のチャーシュー、笹切りネギ。

 この感じだと売り物の「ラーメン」を頼んだほうが無難そう。

| | トラックバック (0)

2017.07.07

北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家 ~ 白味噌らーめん

004

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってすぐ。東川口よりは明らかに川口市っぽいところですが、住所は足立区加賀。近隣に西友あり。日暮里舎人ライナー谷在家駅が最寄ですが駅から近いとはいえず。なんと6年ぶりの再訪。先客2、後客3。

 数多くあるメニューの中から「札幌白味噌らーめん(780円)」を注文。スープは濃厚豚骨と魚介豚骨を選べるとのことだったので濃厚豚骨を選択。ランチサービスなし。

 しばらく来ない間に店の方向性がとんこつスープ推しに定まったようで、他に赤味噌、塩とんこつ、正油とんこつ等々。他にまぜそばやつけめん、魚だし正油らーめんなど。

 店内はL字型カウンターが12席と2人掛けテーブル1卓。厨房には店主といかにも新入りっぽいアシスタントが1人。

002

 店内の案内によると「18時間かけて煮込んだゲンコツ・豚ガラ・豚頭の豚骨スープとモミジ・鶏ガラで仕込む鶏白湯」にロース脂をそれぞれブレンドしたものですが、残念ながら非常にしょっぱくて参りました。スープ割りなり、ご飯なりが欲しくなるレベル。これだけしょっぱいと豚骨の旨味を味わうどころではありません。

 白味噌ベースの味噌らーめんって、実際は塩分が高いのに白味噌の甘さにだまされて(?)ついついスープを飲み進んでしまい、あとで後悔というのが通り相場ですが、初手からしょっぱいというのはさすがになぁ・・・ 「ニンニク油をお好みで」との貼り紙があったので途中で投入したところ、多少味わいがマイルドに。

 中華鍋でモヤシやねぎ等をスープを絡めながら炒める札幌スタイルのようですが、炒め物が少な目なせいか脂っぽさはさほど感じず。

 麺は太めの緩い縮れ麺。つるつる、もっちりとした歯ざわりで濃厚スープにも負けず。

 チャーシューは脂身が多くて崩れやすいタイプ。上にパブリカや三つ葉が載っていますが、スープがスープなんで見た目が綺麗なだけで味わいにはほとんど影響なし。最初から海苔がシワシワになってスープ中に沈んでおり、意味なし芳一。他にメンマ少々。

 この感じだとわざわざチャリこいでここまで来なくても、川口駅近の「満開屋」で十分という気が。

| | トラックバック (0)

2017.06.04

浜屋@西新井 ~ 濃厚和風エビ辛し中華そば

006

 東武伊勢崎線西新井駅西口近く。再開発と思しき大型商業施設が並ぶ一角と駅との間にある雑然としたエリアの中にあって、よそ者にはかなり判り難いのが難。約3年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機ボタン先頭は「つけめん」ですが、その下の「濃厚和風」群から「濃厚和風エビ辛し中華そば(750円)」を注文。他に「あっさり和風中華そば」「濃厚みそ中華そば」「汁なし中華そば」など。ランチサービスはありませんが、ランチセット(ミニチャーシュー丼)を100円で出しています。

 店内はL字型カウンター8席のみ。店左半分が製麺所になっているため、外観からすれば意外に小さい店です。

004

 深めの丼で登場。ぱっと見は「またお前か」的な濃厚動物魚介系のスープ(店内のウンチクによれば「鶏ガラ、豚骨、道南昆布、しいたけ、四種類の節を使用し、さらに瀬戸内海産と北九州産の煮干を使い」とのこと。)で、しかも動物系が支配的ですが、化学調味料不使用が肝なのか見た目と違ってくどさは一切感じられず、非常に味わいやすい出来。

 自家製の麺はやや平ためのストレート麺で、つるつる&心持ちもっちりとしたうどんに近い食感。これはこれでスープに合います。量は160gと多くはないのでランチセットを付けるのが正解かも。

005

 「エビ辛し」と呼ばれるエビを使った自家製の辛味香辛料が売り物でエビの香りがほんのり。しかもかなり辛くて味が劇的に変わってしまうので、途中から入れて味の変化を味わうのが吉。個人的には半分入れてちょうどいいくらい。全部入れるとやや辛すぎましたが、それでもスープの旨味は損なわれないのはたいしたもの。

 他に薄くて大き目のチャーシュー、細メンマ、刻みネギ、海苔。

 次はつけめんで。

| | トラックバック (0)

2017.04.20

博多長浜らーめん いっき@谷在家

004

 花の枝橋で芝川を渡り、高速川口線をくぐってそのまま直進。「コナカ」のさらに先。一応日暮里・舎人ライナー谷在家駅が最寄りになりますが、かなり距離があります。「ばど」に替え玉無料サービス券が付いていたのを契機に約1年半ぶりの再訪。開店間際に到着して先客ゼロ、後客4。相変わらず戸外に豚骨臭垂れ流し。

 今回も「らーめん(650円)」を麺バリカタで注文。後払い制で伝票は特段ありませんが、会計係が注文内容をちゃんとチェックしています。

 店は郊外店らしくテーブル席主体で4人掛けが3卓、2人掛けが2卓。厨房に向かってカウンター6席。テーブルには基本どおり白ごま・紅しょうが・辛し高菜・らーめんのたれ等。

002

 そこそこの粘度をもった本格濃厚豚骨スープ。店内のとんこつ臭と比べると、ラーメンのとんこつ臭はそこそこ抑え気味な感じがしましたが、豚骨の旨みが十二分に引きだされていて大満足。

 極細麺もポキポキとした歯応えが嬉しく、スープとの相性もばっちり。具はきくらげ・刻みネギ、チャーシュー、海苔といたってシンプルかつスタンダード。

 さらに無料サービス券を利用して替玉(通常120円)を注文。バリカタだと個人的にはちょっと粉っぽい感じがしたので、カタのほうが良かったかな?替玉は紅しょうが、白ごまや辛し高菜を入れて味を変えて楽しみました。ただ元ものスープの出来がいいので、辛子高菜はほんのちょっぴりで。卓上にラーメンのタレがありますが、高菜を入れれば特にタレを追加する必要はないかと。

 近場にこのレベルの豚骨ラーメン店があるから、博多ではもはやラーメンではなく、他のローカル食を試したほうがいいかも。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧