2018.06.15

流。@十条 ~ 大井町ネオン街ブルース

001

 十条駅北側の踏切を東へ渡って、線路沿いの路地を南へ。屋号は「る。」と読みます。ほぼ1年ぶりの再訪。先客1、後客ゾロゾロ。退店時には店外に10人くらいの行列が出来ており、知らん間にかなりの人気店になったようです。

 今回の往訪のは期間限定(6/11~7/2)&40食限定の「大井町ネオン街ブルース(850円)」狙い。ただ限定メニューがあることを店外には表示していませんでした。そのせいかどうか判りませんが、気がついた範囲内では他に限定商品を頼んでいる客はいなかったかと。レギュラーメニュー「煮干そば」「アブラ煮干そば」「つけそば」「アブラつけそば」「汁なしまぜそば」「辛つけそば」など。

 店内は縦長L字型カウンター8席。ただでさえ狭い入口が券売機でますます狭くなっているのでどんなに狭い店なのか?と思いましたが、中はそうでもありません。水セルフ。厨房内は店主、オッチャン、ねーちゃん×2の4人体制。

014

 ラーメンのビジュアルと「大井町」というネーミングでピンと来る方も多いと思いますが、このラーメンは大井町の「永楽」をインスパイアしたもの。大量の焦がしネギから来る香ばしさと甘み&微妙なビターテイストが特徴です。「煮干そば」と銘打っていますが、レギュラーメニューほど煮干の味わいは強くなく、この辺が焦がしネギとの調和を考えたものと推察されます。

 ただかつての「永楽」やその後継とされる「丸八そば」は悪く言えばかなりチープな作りだったのに対し、こちらはインスパイアとはいえさすが流。だけあってかえしもやたら自己主張してこないし、ネギ油も必要以上に多くはなく、見た目と違って案外上品な味わい。

 麺は自家製(入口近くに製麺室が見えます)の並太強い縮れ麺。手もみで強い縮れを入れているのかな? つるつるとした食感としい、程よいもっちり感といい大いに気に入りました。スープとの相性・絡み具合も文句なし。量はレギュラーメニューと同じ170gかな? 若干多めみたいで、これならランチ割引サービスのご飯ものはつけなくて正解。なお「永楽」の麺は平打ちだったかと。

 そして麺の上にはシャキシャキももやしがたっぷり。もやしに隠れて見えませんが、チャーシューは小ぶりながらも厚めなのが数枚。他に堅ゆで卵半個、メンマ。

 いやはや恐れ入りました。

| | トラックバック (0)

2018.04.10

ど・みそ鶏@宝町 ~ 鶏ゅ白湯醤油らーめん

001

 都営浅草線宝町駅から中央通りを北へ。京橋1丁目交差点の南。先客ゼロ、後客2。いうまでもなく味噌専門店「ど・みそ」のセカンドブランドで、鶏が売り物。

 店内の券売機で基本と思しき「鶏ゅ白湯醤油らーめん(780円)」を注文。「鶏ゅ」というネーミングは鶏白湯にトリュフを効かせているところから。ランチサービスなし。メニューは他に鶏ゅ白湯塩らーめん、鶏味噌らーめんなど。夜はちょい呑み仕様にメニューを変えているようです。

 店内は厨房前縦長カウンター8席、4人卓×4、2人卓×2、6人卓×1。夜より昼のランチ客のほうが多そうな場所なのに、テーブル席主体というのはどうなんだろ?
卓上には一味唐辛子と黒胡椒。

003

 とろみが強めのスープは鶏出汁の味をしっかり楽しめる優れもの。「鶏白湯スープをメインとしたトリュフの香りを堪能できる」というのが店のウリですが、恥ずかしながらトリュフなんて堪能する機会がほとんどないので、どれがトリュフなのかさっぱり判らずじまい。醤油と鶏白湯のバランスが非常に良くて、濃厚なのにしょっぱくもくどくもなく、ついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。

 麺は緩い縮れ入りの太麺でつるつるとした口当たり。食べ始めは若干硬めかなと思いましたが、すぐにスープに馴染んでいってもっちりとした食感に変化。食べているうちにスープが麺に絡んでどんどんなくなってしまいます。

 具は低温調理の鶏・豚チャーシュー、メンマ、カイワレ、刻みねぎ。鶏はわずかにスパイス混じり。

 「ど・みそ」は美味いけど割高という評価をしていましたが、「ど・みそ鶏」はその難点も解消されてケチのつけようがない出来だと思います。

| | トラックバック (0)

2018.02.03

こはる@三越前 ~ 醤油らぁめん

004

 銀座線三越前駅を出て、中央通り「室町2丁目」交差点を東へ。店はさらにその通りを南へ折れた超狭い小路にあって非常に判りづらく、何かのついでに通りかかりそうなところではありません。先客ゼロ、後客2。

 店内の券売機を見て、「醤油らぁめん(750円)」を注文。ランチサービスはなし。メニューは他に塩らぁめん、濃厚白湯つけ麺など。往訪時は夜限定で白湯角煮らぁめんを出していました。

 店内は縦長S字型カウンター11席。2階へ続く階段がありますが、専ら倉庫として使っているようで出入り業者さんが食材をせっせと運んでいました。卓上には一味唐辛子、酢、こしょう。

001_2

 表に貼り出されたウンチク書きによると、スープは「大量の国産鶏ガラと九十九里産の煮干をベースに昆布や鰹節の魚介、香味野菜を使用」したものとのこと。どれかが強めに出ることなく、非常にバランス感が良い和風スープです。かえしもさほどきつくないこともあって、ついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。

 麺は黒い粒々の目立つ全粒粉配合のストレート細麺。スープの絡みは文句なし。また細麺の割には噛み応えもそれなりに保っていて気に入りました。

 具は低温調理のチャーシュー、炙り入りチャーシュー、細メンマ、水菜、海苔、刻みネギ。全体があっさり系な中で豚バラの炙り入りチャーシューが異彩を放っていて、その脂が良いアクセントになっています。

| | トラックバック (0)

2017.12.31

悠@神田(2)

001

 神田駅の南、中央通り室町4丁目交差点を西へ入る。近隣に「雲林坊 日本橋室町店」あり。先客ゼロ、後客5。屋号は「はるか」と読みます。約2年ぶりの再訪。往訪したのは人通りのほとんどない日曜日でしたが、開いている店も少ないせいかそれなりに客はやってくる模様。

 店内の券売機ボタン先頭の「らぁめん(750円)」を注文。他に「ざるらぁめん」や「納豆らぁめん」など。たぶん「満来」か「ほりうち」の影響を受けているのでしょう。往訪時は数量限定で「鯛出汁塩らぁめん」を売り出していました。ランチサービスはなし。

 店内は縦長L字型カウンター14席。厨房内には店主一人だけかと思っていたら、後から一人やってきました。

003

 大きめの丼にスープたっぷりで登場。店のウンチク書きによるとスープは「大量の鶏ガラと豚のゲンコツをメインに、鳥の関節部位を数種類使用」とのこと。総じてあっさり、すっきりした味わいながら若干かえしが正面に出た古典的な醤油ラーメンっぽい側面も少々。この手のラーメンにはなぜか胡椒がよく合います。

 麺は平打ちっぽい並太麺。柔らか目でわずかにもっちり感を残す程度。スープは絡みまくりますし、スープとの相性を考ればこんなものかもしれませんが、もうちょいコシが強いほうが好み。量はそこそこあって、これなら特段ランチサービスがなくても不満なし。

 全体が優しい味わいなのにチャーシューは意外に厚め、かつ程よく脂が差して食べ応え十分。他にメンマ、青菜、刻みネギ、海苔。

 麺が好みから外れているのが残念ですが、駅近&中休みなし&日曜もやっている店はこの界隈では貴重なので、また来ると思います。

| | トラックバック (0)

2017.12.28

室壱羅麺@三越前(3)

004

 中央通り「山本屋海苔店」の角を東入ル。約5年ぶり3度目の往訪。先客5、後客ゾロゾロ。退店時には外待ち客が4、5人出ていました。

 今回も最も基本と目される「羅麺(770円)」を注文。太麺と細麺が選べるとのことなので太麺で。ランチサービスはありませんが、海苔・味玉・メンマ・大盛から1品選べるサービス券を貰えます。

 メニューは他につけ麺、辛味和えそば、さらに往訪時は秋季限定のカレー羅麺、カレーつけ麺なども。

 店内は2人掛けテーブル席が2卓と4人掛けが2卓。さらに厨房前に4人掛けのカウンター。広くもない店内に目一杯座席を詰め込んだような、完全に周辺サラリーマンの昼食向け仕様。

003

 多角錐状の背の高い丼で登場。わずかにとろみのついたスープは動物系をベースに魚粉交じりといった風。縁に魚粉が目立つ割りには節系の味わいは強くありません。厚めの脂層がこってり感を加えていると同時に、刻みネギや玉ねぎ、生姜も加えてくどさを抑え、食べやすくしています。

 肉味噌がちょこっと添えてありますが、これもラー油でピリ辛に仕上げてあって良いアクセントに。

 麺は太麺といっても若干幅広の平たい麺。硬くはありませんが噛み応えがしっかりしており、こってりしたスープをしっかり受け止めています。太麺でこの感じだと細麺だとスープに負けてしまいそうな気がしてなりませんが。なお麺は橋爪製麺のもの。

 他に堅めで小さめのチャーシューと太いメンマ、海苔。

 サービス券利用なら割高感もありませんし、もはやマニア受けなんて考えずに近所のサラリーマン向けに特化したような造りのラーメンとしてはかなり上出来だと思います。半ライスのサービスがあると嬉しいのですが。

| | トラックバック (0)

2017.07.15

【閉店】空@人形町 ~ 鶏塩らーめん

005

 日比谷線人形町駅A5出口を出て、日本橋方面へ進んですぐ。先客ゼロ、後客2。屋号は「そら」ではなく「くう」と読むようです。

 店内の券売機ボタン先頭の「鶏塩らーめん(800円)」を注文。ランチサービスはなし。メニューは「鶏醤油らーめん」との2本立て。水セルフ。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター7席。卓上に一味唐辛子、白七味、黒七味、柚子胡椒、ミル入り胡椒などをごてごてと。厨房内には兄ちゃんが二人。

003

 なぜか蓋つきで登場。器は美濃焼きの特注品だそうですが、そんなところに金をかけなくても・・・

 ウンチク書きによると。スープは大山鶏のガラをベースにフレンチのコンソメをとる技法のスープに、厳選された数種類の塩と昆布をブレンドした塩ダレを合わせたものとのこと。しかも無化調。

 超薄味で、季節の柑橘の泡(この日は柚子)や鰹節を適宜絡めて、微妙な味の変化を楽しめるように工夫したのかも。ただスープとしては上出来でも麺に絡めるとなると些か弱く感じるのも確かで、途中で卓上の黒七味を投入。卓上に調味料がごてごて置いてあるのも道理。

 麺は三河屋製麺の細め緩い縮れ入り。スープに合わせてか、やや柔らか目の茹で上がり。

 この日初めての客ということで1枚おまけしてくれた鶏チャーシューはこれまた超薄味。他にレンコンのチップ、メンマ、カイワレ、三つ葉、糸唐辛子、白髪ネギ。

 ちょっとマニア受けを狙い過ぎた感じがする一杯でした。

| | トラックバック (0)

2017.06.29

兎屋@人形町 ~ (動物魚介系)らーめん・小

004

 地下鉄日比谷線人形町駅A4出口を出て、人形町通りを北へ進んですぐ。先客1、後客7。

 店外に設置された券売機ボタン先頭の「らーめん・小(780円)」を注文。量は明示されていませんが、中・大で100円アップという価格体系。メニューは「らーめん」と「つけ麺」の2本立てで、客の注文はほぼ半々といった感じでした。ランチサービスはなし。

 店内はL字型カウンター10席のみ。木を多用した和風の内装で、厨房内にオヤジ2人と接客係のオバハン一人といった構成。1ロット3杯ずつ作っていたので回転は良さげ。卓上調味料は、酢、ミル入り白胡椒・黒胡椒、七味唐辛子。

 チャーシューが水没してしまうくらいスープがなみなみと注がれて出てくるのは嬉しいもの。

003

 ウンチク書きによるとスープは比内地鶏を中心とした丸鶏とガラ国産豚のゲンコツを十時間以上炊き、数種類の煮干しを合わせたものだそうですが、魚粉が目立つせいかウンチク書きほど鶏中心という印象は受けず、むしろ魚介系とハーフ&ハーフという感じ。表面の油層が分厚くて、最後まで熱々なのはいいのですが、熱すぎてスープの旨味を損なっている気がしないでもなく。かえしも無用に自己主張せず、出汁とのバランスも良いだけにちょっと惜しい。

 麺は浅草開花楼の太めストレートで、つるつる、もっちりとした食感ですが、スープに対してちょっと麺が強すぎて相性はイマイチ。並太なり縮れ麺なりのほうが良さげ。なお「小」でもごく標準的な量でした。
 
 チャーシューは硬めでパサつき加減。他に小松菜、メンマ、ナルト、海苔、刻みネギ。

 似たような味わいのものが散見されるタイプですが、近所の方の普段使いには十分かと。

| | トラックバック (0)

2017.03.07

らーめん一郎@銀座

002

 閉店したプランタン銀座の南、松屋通りの西端あたり。隣が金券ショップ。店は地下一階にあり、入口に幟が建っています。先客1、後客ゼロ。

 店内の券売機を見て、基本メニューと思しき「醤油らーめん(780円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは醤油と塩の2本立てで、往訪時は味噌はまだ×印が付いていました。サイドメニューに「ねぶた漬けごはん」があったり、食材に青森産の

 店内はL字型カウンター7席。席間がちょっと狭いかなぁ? 水セルフ。厨房内はふたり体制。一人はえらく若くて、兄弟なのか親子なのか???

006

 若干脂が目立つスープは青森シャモロックの丸鶏をベースにイワシ焼き干しやしじみ出汁を加えたものとのことですが、味わいは鶏が支配的で魚介系は言われればそんな気もするかなぁといった程度。もっともかえしとのバランスが非常に良く、妙な癖のない万人受けする仕上がり。

 麺はやや細めで緩い縮れ入り。やや柔らか目ですが、スープに合わせるとこんなもんでしょう。

 具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、なると、きざみねぎ。チャーシューは大きめな上に、意外なくらいそこそこ厚みがあって食べ応え十分で、しかも柔らか。これには恐れ入りました。

 最初からほんのわずかにコショウがかかっているようですが、確かにこの手のラーメンにはなぜかコショウがよく合います。

 らーめんだけだとランチにはちょっと寂しく、どちらかといえば飲んだ後の一杯向け。クォリティーは悪くありませんが、如何せん店の場所が悪いので固定客が付くまで踏ん張れるかなぁ?

| | トラックバック (0)

2017.02.23

【閉店】みちお食堂@新日本橋 ~ タンメン

003

 総武線新日本橋駅を出て中央通りを北へ。神田駅南口からも至近距離。先客1、後客10人以上。TETSUグループが運営している博多ラーメン専門店「たかくら」のリニューアルで、今回は「タンメン&ギョウザ」がウリもの。というか、「たかくら」は1年半くらいでアウトだったのか・・・。

 店内の券売機ボタン先頭の「タンメン(780円)」を注文。ランチサービスなし。他に味噌タンメン、醤油ラーメン、ソース焼きそば等。ギョウザや半チャーハンが付いた「定食」を勧めており、実際それを頼む後客も結構いましたが、神田のランチで1000円以上ってちょっと高すぎる気が。

 店内は「たかくら」から全く変わっておらず、L字型カウンター10席と2人掛けテーブル5卓。

002

 「タンメン&ギョウザ」がウリなところから「トナリ」のパクリかと思ったのですが、スープの方向性は真逆とは言わないまでも90度くらい違っていました。少なくとも「トナリ」の様なこってり濃厚タイプではありません。また古典的タンメンみたいな淡白あっさり系とも違っています。塩がさほど尖がることなく、生姜を強めに効かせつつも出汁の旨味を美味く生かしている清湯とでも言いましょうか。

 そしてその上にどっさりと野菜類。といってもほとんどがモヤシで、他にキャベツ、ニンジン、ニラ、キクラゲ、豚ひき肉といったところ。豚バラ肉はほんのちょっとしかなくて残念。このモヤシをかなり片づけないと麺に辿り着きません。

 麺は平打ちの強い縮れ麺でもっちりした食感。もやしたっぷりの代わりに麺の量は少な目かな?

 この手のタンメンには不思議とコショウが合うんだよな!と思って途中で張り切って振りかけたところ、なんとそれは七味やった(つД`) 外観がコショウとそっくりなS&Bの缶で置いておくなっちゅーねん・・・もっとも致命傷というほどではありませんでしたが。

| | トラックバック (0)

2017.02.06

えび金@築地市場 ~ 海老そば

003

 大江戸線築地市場駅から晴海通りを南へ。築地6丁目交差点を右に入る。築地場外市場の外縁部にあたり、斜向かいに波除稲荷神社あり。2年半ぶりの再訪。11時過ぎに到着したところ外待ちが一人おり、いつの間に人気店になったんだ!とびっくりしましたが、たまたま観光客のグループ客が入っていただけで後続は1名のみ。退店時にはがらがらになってしまいました。

 「海老そば専門店」を謳う店で、店前の券売機で基本の「海老そば(780円)」を注文。他に「濃厚白湯海老そば」「札幌みそ海老そば」「海老まぜそば」など。

 店内は縦長L字型カウンター13席。店内ははっきりと海老の香り。

002

 「1杯に使用される甘海老はなんと約50尾。」「その海老をじっくり手間ヒマかけて煮出すことで、濃厚な旨味と風味をぎゅっと凝縮しました。」というのがこの店のウリだそうですが、その口上に偽りはなく、確かに醤油味の清湯スープは海老の旨味たっぷり。そこそこ甘みも感じられ、さらに桜海老が良いアクセントになっています。

 また前回食べたときはややしょっぱくて終盤は飽きた覚えがありますが、その辺は随分改善されてむしろ甘みが増しているような気がしました。

 麺は細麺ストレートで心持ち硬め。「麺には煮出した後のだしガラを粉末にした”海老粉”を練り込んだ自家製麺を使用」しているそうですが、がっつり海老味のスープと渾然一体となってしまい、麺そのものの味わいは良く判らず。また量がやや少なめ。

 チャーシューは超あっさり味の鶏胸肉のようですが、海老だらけのこのラーメンの中では浮いているような気がします。他に刻みネギ、かいわれ大根、味玉半個。

 総じて海老を売り物にする他店のものと比べてもまずまずの出来でしょう。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧