2021.09.24

鶏めし@大館・花善(秋田駅中央口改札横の売店で購入)

Torimeshi_hanazen001

 大館の有名駅弁「鶏めし」を5年ぶりに賞味。全国的に駅弁業者が衰退する中で「花善」は大館駅前で今なお健在ですが、「鶏めし」は非常に行きづらい大館まで行かなくても秋田の主要駅や秋田空港、新青森駅等でも売っていて非常に入手しやすくなりました。今回購入したのも秋田駅中央口改札脇の売店。コロナ禍でも売れ行きが良いののか、秋田駅地元駅弁業者のものより数を揃えているような。

Torimeshi_hanazen002

 醤油味の鶏肉の煮汁で炊いたご飯を主とするシンプルな駅弁。駅弁は冷えても美味いように味を濃い目に作るのが通例ですが、鶏めし自体は甘味こそ強いもののそれほど味が濃いという感じはせず、乗せものの鶏肉を濃い目に煮込むことで補っている感じ。従ってシンプルな造りの割には飽きが来ないし、しつこくもない。鶏からほんのりにじみ出る脂が鶏めしの旨みを増している気も。

 ただ副食の枝豆入り蒲鉾はまだしも、がんもどきは鶏めしに合わせるにはちょっとしつこいかと。山菜があると良いのですが。また胡瓜漬やしば漬はかなりしょっぱくてこの辺は東北仕様かも。

 花善の公式サイトによると、

「戦後間もない頃、物資不足から大館市により『米・砂糖・醤油・ゴボウ』が配給され、それらをまとめて炊いたことから『鶏めし』のご飯の原型が誕生しました。また、昭和10年代に花善では『きりたんぽ弁当』を売っていましたが、評判が悪くいつも売れ残り、もったいないので残った弁当から鶏肉だけ取り出し、甘く煮付けて従業員の賄い食として食べていました。そのことを思い出し、このご飯と鶏肉で『鶏めし弁当』として売り出そうと、昭和22年に販売をスタートしました(当時の販売価格80銭)」

とあり、しかもその後パッケージや容器等は変遷したものの、頑に味付けだけは守り通しているとのこと。なんかめちゃ原価安そうな気がしますが(苦笑)、有名駅弁なのに今でも1000円未満で頑張れる所以でしょうなぁ。副食は微妙に変わっていて、以前あった鶏のつくねがなくなっていましたが、依然としてコストパフォーマンスから観れば全国トップクラスの駅弁なのは間違いありません。

|

2021.06.19

たこめし@三原・浜吉(福山駅改札内・浜吉駅弁売り場にて購入)

Takomesi001

 三原の老舗駅弁屋「浜吉」。「のぞみ」が止まらない小駅で駅弁業者が生き残っているのが不思議ですが、駅弁業者の淘汰が進む中で生き残った業者が販路をぐんぐん拡張し、福山駅や岡山駅でも浜吉の駅弁を売り出しています。福山駅なんて在来線改札内に駅弁専用の売り場を設けているくらい。こういうのはよほど大きな駅じゃないと見かけなくなりつつありますし。

Takomesi002

 早速浜吉を代表する駅弁「たこめし(1030円)」を購入。

Takomesi003

 炊き込みご飯の上にウリもののタコ旨煮がゴロゴロ。当然ながら食感が堅いのが難ですが、その辺は目を瞑りましょう。昔はいかにも駅弁向きに甘目かつ濃い目に煮込まれていたような覚えがありますが、超久しぶりに食べてみると見た目と違ってかなり薄味に変わっていました。もちろん炊き込みご飯も同様で、嗜好の変化に合わせて味を変えたのかも。今や栄養成分表示で駅弁にもがっつり塩分が表記される時代で、「たこめし」は1包装あたり食塩3.6gと駅弁にしては確かに塩分控えめ。

 飽きが来ないようにたけのこ、えび、うずら、椎茸、玉子焼、しば漬けと具を取りそろえていますが、総じて「たこめし」はアテ向きでなく、完全にご飯として楽しむべきもの。一番アテ向きなのはちょっとだけ付いてるしば漬けかも(苦笑)。

|

2021.06.14

奥久慈しゃもべん@水戸・しまだフーズ(東京駅構内「駅弁屋 祭」にて購入)

 京阪神に加えて愛知・岡山・広島まで緊急事態宣言が発令されてしまったために東海道・山陽新幹線の乗客数は再び壊滅状態に逆戻り。東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」は棚がスカスカの状態こそ免れていますが、そのほとんどが東京に工場がある弁当業者か神奈川など近県の業者の駅弁で実質的な品揃えは多くはなく、地方の駅弁はもうあまり扱っていないようです。

Syamoben001

 その中であまり見覚えがない「奥久慈しゃもべん(1100円)」をチョイス。製造者「しまだフーズ」って全く聞いたことがないと思って調べたところ、水戸市内で居酒屋「北のしまだ」を展開している「株式会社しまだ」の中食部門を担うグループ会社で、駅弁を売り出したのは2011年5月から。

 しかも「奥久慈しゃもべん」は、2021年3月27日に水郡線全線で運転を再開したことを記念してその日から売り出されたものなので、これまで見かけたことがないのも道理。

Syamoben002

 ぱっと見は炊き込みご飯に鶏そぼろや玉子そぼろなどを敷き詰めたごくごくありきたりな鳥めしですが、しゃも肉そぼろだけでなく細かく刻まれたしゃも焼きが入っているのが最大の特徴。これが結構硬い!! しっかと噛みしめるとその旨さが判るという、ある意味昭和にありがちな一品ですが、歯が弱った年寄りにはちょっときついかも。でもこういうのはご飯のおかずというよりビールのアテに最適。

 長ねぎ焼きは個人的にはやや苦手なぶっとい白ネギ。他に山菜醤油漬け、金平ごぼう、桜漬け。

|

2021.03.16

とり釜めし@塩尻・カワカミ(松本駅構内「駅弁あずさ」で購入)

Kamameshi_kawakami001

 松本駅って観光客なり登山客なりが多い駅の割には駅ビルを含めてお土産屋が思いの他しょぼく、駅弁にいたっては改札内の「駅弁あずさ」でしか売っていません。またコロナ禍を受けて品ぞろえも販売個数も非常に寂しくなっていて、お目当てだったイイダヤ軒の「山賊焼」の姿はなし。

 残っている駅弁の中からカワカミの「とり釜めし(970円)」をチョイス。イイダヤ軒が松本駅を拠点にする老舗のお弁当屋さんなのに対し、カワカミは塩尻駅がベースの老舗のお弁当屋さんです。なお「とり釜めし」は同じカワカミの「とりめし」の姉妹品との位置づけだそうですが、「とりめし」は置いてありませんでした。

Kamameshi_kawakami002

 釜めしといっても容器はプラスチック製なのでビジュアルはちょっと残念。もっとも個人的には駅弁としては無駄に重たい陶器製に拘る必要は全くないと思うので、プラスチック製でなんら差し支えないと思います。しかし、容器以上に駅弁そのもののルックスが非常に地味。栗の甘露煮が辛うじて輝きを放っているだけで、他は茶色とくすんだ緑色が全面支配。数多ある釜めし類の中でも突出してルックスは地味かもしれません。

 まず目を惹くのは鶏の唐揚げ。でも調整から時間が経ってしまったせいか、硬い上にパサつき気味でイマイチ。鶏そぼろは可もなく不可もなく、鶏ガラスープで炊いた薄味のご飯とよく合います。うずらの卵がちょっとしたアクセントに。

 そしてダントツに美味いのが野沢菜の油炒め。味わいといい、シャキシャキとしか食感といい、鶏の唐揚げの残念さを補って余りある優れもの。駅弁向けに妙にしょっぱい味付けにしていないのが気に入りました。そして実はこれがメインのおかずではないかと思われるくらい量がたっぷり(苦笑)。鶏唐揚げ→鶏そぼろ→野沢菜と食べてゆくと次第に味わいが軽くなるので箸が止まらずにすみます。そして最後は栗でフィニッシュ。

 釜めしの駅弁って正直同工異曲という感が拭えませんが、ここの釜めしは野沢菜で長野らしさを出すのに成功。あまり期待していませんでしたし、実際途中までその期待値どおりの展開でしたが、野沢菜で大逆転の巻でした!!

|

2021.02.05

吾左衛門鮓 鯖@米子・米吾(東京駅構内「駅弁屋 祭」にて購入)

 東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」で、米吾@米子の名物駅弁「吾左衛門鮓 鯖(1200円)」を見かけたので早速購入。駅弁になっているのは鯖のみのようですが、吾左衛門鮓は鱒・鯛・スモークサーモン・穴子・銀鮭・カニなどいろいろあるようです。

Gozaemon01

 「かどのない酢加減で絶妙に〆た寒鯖、吾左衛門鮓に最適な鳥取県産米を使った酢飯、柔らかく炊き上げた北海道産の真昆布。それらが渾然一体となったうまみが口中に広がります」とウリ文句も奮っていますが、なんと言ってもお寿司の駅弁としては破格といっても良いくらい鯖が分厚いのが嬉しい逸品です。

Gozaemon02

 見た目通り高級感がハンパない商品を駅弁らしい価格帯に抑えたせいか、これまた見た目通りサイズが非常に小さくて量的には弁当ではなくただのおやつというか酒のアテにしかなりません。昔は鯖まるまる一本の棒寿司を駅弁として売っていたはずですが、あれはもうお土産専門になっちゃったのかな?

 また乾燥が大敵のせいか、吾左衛門鮓を厚めのビニール袋に入れた上、さらに薄いビニール幕で鮓を覆っているので車内ではやや食べづらいかと。さらにビニール袋入りの醤油が鮓のサイズと比べてやたら多いのも困りもの。魚型の醤油入れに入れて、好みに応じてちょっとずつかけられるようにしてほしいものです。

|

2021.02.04

焼漬鮭ほぐし弁当@新発田三新軒(新潟駅2Fコンコース・新幹線改札口前で購入)

Niigataekiben

 新潟駅全面高架化工事もいよいよ最終段階に入った模様で、ついに万代口改札は閉鎖。駅舎解体も秒読み段階といった感じ。
 
 工事の影響は案外広範囲に及んでいるようで、新幹線と在来線の「東口改札前」にあった大きめの駅弁売り場が知らん間になくなっていてワゴン販売に切り替わっていたのには心底驚きました!!

 しかもコロナ禍を受けて販売個数を絞っているのか、18時半という駅弁が売れそうな時間帯にも関わらずワゴンの中にはたった3種類、しかもいずれも4~5個あるだけという寂しい状態に。そこで一番無難そうな製造「新発田三新軒」&販売「三新軒」の「焼漬鮭ほぐし弁当(1130円)」を購入。

Sakehogushi01

 新潟の郷土料理「鮭の焼漬」。「切り分けた鮭をじっくりと焼き上げ、アツアツのうちに特製ダレの入った甕に漬け込みます。そのまま一晩寝かせ、伝統の味は完成します」と能書きにある通り、正体不明のタレに漬け込んだため、味わいは単なる焼鮭とは全然違って、照り焼きに相通じる甘みがあるのが特徴です。また食べやすいようにある程度ほぐしてあるのも嬉しい心遣い。濃い目の味付けなので、ご飯のおかずにもビールのアテにもなります。錦糸卵は彩にアクセントとつける程度で、味わいにはほとんど影響なし。

Sakehogushi02

 おくらと菊なめこの和え物、舞茸の煮物、赤かぶの酢漬け、鉄火豆も付いて、味わいに変化を付けながらビールを進めるもまた良し。おくらの和え物や舞茸の煮物の下にもご飯がしっかり詰まっているので、見た目以上にボリュームがあります。しかし、焼漬鮭もまた案外厚みがあって、うっすらとほぐし身をご飯の上にばらまいているわけではないので、ご飯を平らげてもなお余ってアテに十分。

 ただオクラの和え物や舞茸の煮物は薄味で焼漬鮭の邪魔をしない、箸休め的な役割に徹しているのに、鉄火豆は味噌がついていてメインの焼漬鮭よりさらに味が濃いというのはバランス的にどうかな? どう考えてもご飯のおかずではなく、ビールのアテにしかならないと思うのですが・・・でもそれはそれでまた一興。

|

2021.01.03

八ヶ岳高原の鶏めし@小淵沢・丸政(東京駅構内「駅弁屋 祭」にて購入)

Yatugatake002

 東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」はまだ多少空いている棚が残っているものの、首都圏近郊以外の駅弁も少しずつ戻っていたようで何より。今回は小淵沢・丸政の「八ヶ岳高原の鶏めし(980円)」をチョイス。

Yatugatake001

 見た目通り、鶏肉の照焼きをメインにご飯の上に鶏そぼろや錦糸卵、そして海苔を添えた非常にありがちな鶏めし弁当です。甲斐味鶏使用をウリ文句にしていますが、調整してからかなり時間が経ってしまったせいか、鶏のしっとり感が失われてちょっとパサつき加減なのが残念でしたが、そこまでのクォリティーを駅弁に求めるのは無理があるかなぁ?

 他にレンコンきんぴら、山菜煮、人参煮、そして無駄に多い桜漬け。

 昨年甲府駅で同じ丸政の「鶏めし弁当(980円)」を買ったことがありますが、後で調べたらそちらは鶏の照焼きの枚数が減った代わりに鶏つくねやうずらの卵、里芋やこんにゃくの煮物などが入っていて、単にパッケージを替えただけの同工異曲ではなかったようで。

|

2020.12.28

北前廻船丼@福井・番匠本店(京都駅西口改札内「駅弁旅弁当」で購入)

Kitamae01

 京都駅は新幹線コンコースに入ってしまうと駅弁はJR東海系の駅弁業者が幅を効かせてしまって面白みがありませんが、在来線エリアの駅弁売り場なら関西の雄「淡路屋」を中心に西日本各地の駅弁が揃っています。東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」ではコロナ禍以後西日本の駅弁はあまり見かけなくなりましたし。

 今回は福井・番匠本店の「北前廻船丼 かに×ふくいサーモン(1180円)」をチョイス。北前回船丼は「かに・いくら・うに」「かに・いくら」とバリエーションがある模様。ただ番匠本店で最も有名かつシンプルな「かにめし」がなかったのが残念でした。

Kitamae02

 「江戸時代から明治時代にかけて福井と北海道を結んでいた北前航路に思いをはせ、海産物の恵みを表現したかにのちらし寿しに福井ブランドのふくいサーモンをトッピングしました。」というのがこの駅弁のウリ文句。見た目通りの非常にシンプルな駅弁でいかにも類例が多そうな一品ですが、ここのはかなり酢が甘目な気も。でもこの手の駅弁はサプライズもない代わりにハズレもありません。

Kitamae03

 この手の駅弁は基本的に高齢者向けのせいか、サイズはちょっと小さめ。そこで箸が駅弁の中にきっちり収まるようにと考えてか、箸が伸縮式になっているのは驚きました。でもご飯をつついているうちに箸がしょっちゅう縮まってしまって食べにくいのなんの。正直これはアイデア倒れでしょう。

|

2020.12.24

鮭いくらまぶし弁当@一ノ関・斎藤松月堂(東京駅構内「駅弁屋 祭」で購入)

Sakeikura01

 東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」はまだ多少空いている棚が残っているものの、首都圏近郊以外の駅弁も少しずつ戻っていたようで何より。今回は一ノ関・斎藤松月堂の「鮭いくらまぶし弁当(1100円)」をチョイス。

 一ノ関駅で駅弁を買う機会なんて無いせいか斎藤松月堂という駅弁業者は恥ずかしながら初耳でしたが、明治23年創業、明治26年駅構内営業開始という結構な老舗のようです。その割に掛け紙がペラペラなのはコストダウンに努めた結果なのでしょう。

Sakeikura02

 また「鮭いくらまぶし」という随分説明的なネーミングで、「はらこめし」ではないのはご飯はほぼ白飯で鮭の煮汁で炊いた炊き込みご飯ではないからなのかな? でもこの手の駅弁にハズレはありません。冬季の早朝に買ったものゆえご飯が冷えて固まり気味だったのは致し方ありませんが。

 鮭はほぐし身ながら意外に量がある反面、いくらは申し訳程度。また残念なことに1/3くらいはただの海苔弁。でも往々にして鮭といくらしかない「はらこめし」系の駅弁と違って玉子焼き、フキ煮、柴漬け、糸こんにゃく、おかずが豊富で、ビールのアテには向いています。

|

2020.11.30

但馬牛と焼き穴子のあいのせ重@姫路・まねき食品(岡山駅「おかやま駅弁」で購入)

Tajimagyu002

 岡山駅改札外の駅弁売り場はちょっと前まで新幹線きっぷ売り場の横にあったはずですが、いつの間にか駅の商業施設「さんすて」の中へ移転。JR西日本は東海や東日本と違って自社系列の駅弁業者をゴリ押ししたりしないので、ブースは各地の老舗業者の駅弁で結構賑やか。

 岡山駅では地元三好野の駅弁はもちろん、姫路や三原の駅弁も扱っており、今回は姫路・まねき食品の「但馬牛と焼き穴子のあいのせ重(1200円)」をチョイス。

Tajimagyu001

 但馬牛も焼き穴子もまねき食品の二大看板みたいなもので、それを詰め合わせるというのも自然な発想。両者4番打者なので、喧嘩しないように駅弁容器でも斜めに仕切りが入っています。ただ大根の甘酢漬が目立つ以外はビジュアルが茶色だらけで非常に地味(苦笑)。

 オッサンになると美味いものでもそればかり食わされるのはちょっときつい。すき焼き風の牛肉牛蒡煮&玉ねぎ煮のほうはかなり甘目の味付けなので、これ単品だとしんどかったと思います。そこで飽きてきたところで相対的に味が軽い焼き穴子にスイッチできるのは非常に嬉しい。おまけに平茸煮、椎茸煮、きんぴらこんにゃく、小松菜漬と脇を固める面子も充実。

 これらの下には隅々までご飯が詰まっていて、純然たる付け合わせらしきものは大根の甘酢漬しかないので、そこそこボリュームがある反面、ビールのアテとしてはちょっと微妙かも。でも充実の逸品でした。

|

より以前の記事一覧