2019.02.23

大味@蕨 ~ エビチャーハン

005

 蕨駅東口から中央分離帯に植え込みがある通りを産業道路方面へ。約2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客10と相変わらずの人気店。屋号は「タイミー」と読みます。

 外観通り何でもありの町の中華料理屋さん。とにかく盛りが多いことで有名で、近所の湊部屋に所属する逸ノ城関が来店した時の写真(もっともまだ髷が結えなかったころですが)が飾ってあります。下手にセット物なんて頼もうものなら爆死するのは確実なので、無難そうな「エビチャーハン(780円)」を注文。

 店内は4人掛けテーブル2卓、6人掛け1卓、2人掛け2卓。大きくはない店内に目一杯テーブルを詰め込んだ感じ。混んでくるとすぐに相席になります。

0041

 何度か往訪済みの店ですが、相変わらずバカでかい。フツーのチャーハンの倍以上あるでしょう、これ・・・・これの大盛りなんて、それこそ関取じゃないと無理じゃろう・・・ おまけに付いてきたわかめスープまでやたらでかいし・・・

 チャーハンなのでそれなりに脂っぽいのはやむを得ないのですが、「餃子の王将」のチャーハンみたいな濃い目の味付けではなく、どちらかといえば薄味。ただ混ぜ込んであるのはほぼ卵のみで、あとはニラがわずかに認められるだけ。また海老もエビチリにありがちなプリプリ系ではなく、軽く揚げてある感じ。

 従って薄めの味付けとはいっても味わいが単調なのは否めず、半分食べた辺りから急激に食のピッチが落ち、最後はレンゲが止まり勝ちに。

 「カニチャーハン」を頼んでいた後客が「小」にしてもらっていましたが、たぶんそれが正解。でも特に美味いというわけではなく、とにかく量が多いという店で「小」を頼むというのはなんだかなぁという気も。もうこの手の店は卒業かなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.02.22

食べラー・メンマ牛丼@すき家

001

 「すき家」が2019年1月30日より期間限定販売中の「食べラー・メンマ牛丼・並(500円)」を試食。同牛丼は新発売ではなく、2010年に販売された商品の復活なんだとか。当時人気だった割には復活まで随分と間があるのが不思議でなりません。桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が突如大ブームになり、スーパーで超品薄になった時期もありましたが、あのブームとは何だったのか・・・というか、ブームとはだいたいそういうものですが。

002

 「シャキシャキメンマにピリッと辛いザクザク食感の"食べるラー油"、青ネギをトッピングした牛丼です。」「 "食べるラー油"は、ごま油、フライドガーリックとドライオニオン、唐辛子でザクザク食感と香ばしい香りが特徴です。」というのがすき家のウリ文句。写真ではラー油がちょっとしかかかっていないように見えますが、大半が青ネギの裏に隠れています。

 ただ残念ながらこのラー油がたいして辛くなくて「ピリッと辛い」には程遠い感じでした。それはまだしも困ったのがメンマ。後乗せのメンマが冷え切っていて、せっかくの牛丼の熱を奪うだけに終わっているように思えてなりませんでした。また普段そこそこ美味いラーメン屋のメンマに慣れているせいか、メンマ自体のクォリティーにも少々難が・・・

 これだと「食べラー・メンマ牛丼」の復活に長い年月を要したのは、単に「あまり美味くないから」と結論付けざるを得ない出来。牛丼をピリ辛にして楽しみたいならレギュラーメニューの「キムチ牛丼」のほうがはるかにマシだと感じました。

| | トラックバック (0)

2019.02.17

極王焼そば@餃子の王将

 餃子の王将が2019年2月1日から期間限定で「極王焼そば(630円+税=680円)」を売り出しているのに気づいて早速試食。「極王シリーズ」は過去炒飯や天津飯でも実例があり、焼きそばも今回のがリニューアル版のようですが、いずれも未食。というか、「餃子の王将」に入るといつも餃子ライスで済ませてしまうし、せいぜいチャーハンを食べるくらいだからなぁ・・・ 王将で麺類を食べること自体極めて異例。

002_2

 従ってレギュラーメニューの焼そばとどう違うのかは全く判りませんが、「極王焼そば」は個人的には十分満足が行く出来でした。なんと言っても具沢山。キャベツ&タマネギ主体ながら、他にピーマン、白菜、小エビ、豚肉。そして豚肉のボリューム不足を補うかのように多めに添えられたふわふわの炒り玉子が良い仕事をしています。

 麺は並太でやや柔らかめの仕上がり。「コクと旨味が凝縮された特製XO醤と白醤油の風味を加えた」というのが王将のウリ文句ですが、王将にしては割とあっさり目の味付けで、焼きそばの宿命=油まみれの割にはしつこさは感じられず。

 ボリューム的には小ライス(税別150円)をつけてちょうど良いくらい。具沢山なので野菜炒め定食のようにも楽しめますが、前述のようにご飯がないと食べづらいほど味が濃い、しつこいわけではないのでその辺は好みに応じて。

| | トラックバック (0)

2019.02.16

ビーフシチューハンバーグ定食@Sガスト

S003

 川口駅東口のペデストリアンデッキ下には吉野家・松のや・Sガスト・松屋と似たような低価格外食チェーンが並んでいて、個人的には「川口デフレ通り」と呼んでいますが、案外客層が被らないのか出来た時から店が入れ替わることもなく続いています。

 Sガストといえば主力商品がハンバーグ・竜田揚げ・カレーの3本柱で、あとはそれらの順列組み合わせでメニューの数を増やしているに過ぎず、あまり新商品開発には熱心ではないという印象を持っていましたが、たまたま店先で見かけた「ビーフシチューハンバーグ定食(630円)」が美味そうだったので超久しぶりに入店。

 ビーフシチューハンバーグ定食は2/7からの期間限定販売で、2/20までライス大盛無料サービス中。なんか見覚えがあると思ったので調べたところ、昨年同時期に期間限定販売されていました。

S002

 ハンバーグはいかにもつなぎが多そうなパン粉臭いタイプ。松屋のハンバーグと比べると肉々しさに欠けるような気がします。うーん、Sガストのハンバーグって以前はもうちょっとマシで、低価格のファミレス並みだったような気が・・・

 また「ビーフゴロゴロ」がウリ文句ですが、一応細角切りの牛肉が2片半ほど認められるくらいで「ゴロゴロ」というのはどう考えても誇大表示ですが、値段も値段なのでそこを論うのは大人げないかと。むしろ大きくはけれどもビーフが味わいに変化をもたらして飽きが来ないように工夫していると前向きに考えても良いでしょう。

 シチューと言うよりはたっぷりとかかったソースといったほうが正鵠を射ている気もしますが、ハンバーグよりもこれが美味い。ハンバーグの至らなさをデミグラス風のソースでなんとかしているみたいな。定食にはサラダが付いてくるので、ソースが少々濃くてもサラダが箸休めになって全く飽きません。正直味噌汁は要らないと思いますが。

 隣の松屋が鶏ベースでしょっちゅうハズレ商品を量産するので、そんな時はSガストを覗いてみるのもいいかも。

| | トラックバック (0)

2019.02.15

麻婆チキンカツ丼@かつや

003

 「かつや」が2019年2月8日から期間限定で販売中の「麻婆チキンカツ(590円+税=637円)」を試食。「かつや」は昨年10月に「タレカツ丼」を試食して以来、期間限定メニューに面白そうなものがなくて、なんと5カ月ぶりの往訪。かつや伝家の宝刀(?)「100円割引券」に使用期限が明記されていなかったのは幸い。

 「唐辛子と花椒を利かせた本格麻婆豆腐にチキンを合わせた逸品です!」「寒い時期にぴったりなシビ辛に仕上がっております」というのがかつやのウリ文句。そしてポスターには「ほとばしる辛さ」「ダレがこんなに辛くしろと!?」と大書されていますが、出来はそのウリ文句通り。

002

 丼が運ばれてきた瞬間に鼻がムズムズするくらい大量に振りかけられた花椒!! とにかくこれが強烈でした。汁なし担々麺でも花椒がこんなにかかっているのはいるのは見たことありません(あんまり辛いのを頼まないせいでしょうが)。従って、辛いよりもむしろ痺れが強烈。堪えきれず店員に水を頼んだら、店員はいっぺんに水を2杯持ってきました(苦笑)。

 花椒についで襲ってくるのは大量の唐辛子の群れ。麻婆は豆腐が小さいだけで挽き肉もそれなりあって思いのほか旨辛に仕上がっていましたが、その旨味を痺れと辛さがかき消しているような気も。揚げたてでサクサクっと軽い歯応え&淡白な味わいのチキンカツが箸休めと思えるくらい痺れ&辛さが強烈で、チキンカツを食べてほっとした瞬間に麻婆の美味さが遅れて伝わってくる感じ。

 「麻婆チキンカツ定食」にはキャベツがあり、「丼」にはキャベツがありません。何か箸休めとなるものがあるとなお良いのは確かですが、麻婆に合わせるべきものがキャベツなのかどうか。

 間違いなく翌日ケツに深刻なダメージが来そうな一品でしたが、なんだかんだと飽きずに一気に完食。もっとも食後しばらく卓上の割干大根づけを齧りながら休んでしまいました(^-^;

| | トラックバック (0)

2019.02.11

旨辛味噌煮込みロースかつ鍋@松のや

003

 松屋系列の「松のや/松乃家」が2019年2月6日より発売中の「旨辛味噌煮込みロースかつ鍋(650円)」を試食。往訪したのは松のや川口店。

 「松のや/松乃家」は昨年の同時期にわずか57店舗限定で「味噌煮込みロースかつ鍋膳(630円)」を売り出しており、そこそこ手ごたえがあったのか、今年はそれをマイナーチェンジして全店で売り出したようです。同時にちょこっと値上げしています。昨年と違って「膳」を省いた理由はよく判りません。

002

 鍋で出てくるだけあって、味噌まみれのロースかつをうっかり噛むとやけどしそうな熱さで登場。「サクサクジューシーな熟成チルドポークを合わせ味噌の風味とピリッした辛さがアクセントの松のや特製旨辛ダレで煮込んだ身体のあたたまる逸品です。」というのが松のやのウリ文句。昨年のメニューに「旨辛」を冠して「ピリッした辛さ」を加えたのが最大の違いですが、「ピリッ」と形容するのはどう考えても過少表記で案外辛い。旨辛の「辛」のほうにかなりベクトルを振った感じです。

 また味噌ダレは「味噌ロースかつ定食」の味噌と同じようで、八丁味噌風味の甘ったるい味わい。「味噌ロースかつ」のようにカツの上にべっとりつくだけならそれはそれで一興なのですが、味噌ダレにどっぷり浸かった上に煮込んでしまうとかなりしつこいというかくどいというか・・・ ご飯がめっちゃ進む超濃厚な味付けなのでご飯普通盛りだとご飯が足らなくなるというかロースかつが余るというか・・・ご飯大盛でちょうどいいくらい。

 「玉子を絡めますとまろやかなお味もお楽しみいただけます。」とも謳っていますが、半熟気味の玉子にその役目を担わせるのは酷。味噌まみれになったネギは箸をつける気すらおこらず。

 熱々で出てくるので厳冬期には嬉しい一品ですが、とにかく味が濃すぎてしかも終盤は箸休めになるものがないのが辛く、「松のや」なら正直キャベツの千切りが付いてくるてレギュラーメニュー「味噌ロースかつ定食(630円)」のほうがバランス的には良いように思います。若干安いですし(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2019.02.08

バジルチキンライス@日高屋

001

 日高屋が2019年2月1日から期間限定で販売中の「バジルチキンライス(650円)」を試食。メニューに「辛」と明記され、注文時にも「辛いですが大丈夫ですか?」と念を押されました。大盛不可なのでいつものサービス券は空振りに。

004

 広告なりメニューの写真なりを見れば一目瞭然ですが、バジルチキンライスは「バジル・チキンライス」ではなく「バジルチキン・ライス」なのでチキンライス的な要素は一切ありません。わざわざバジルを使っているのでイタリアン風なのかと思いきや、見た目も味わいも完全に中華。端的にしまえば「粗挽きの鶏挽き肉たっぷりあんかけご飯」といったところでしょうか。バジルは味わい・香りとも全然主張せず、これならただの青菜でも良かった気が。

 甘辛いというよりはかなりしょっぱめに振った味わいなのでご飯が進み、大盛がないのが惜しまれます。散りばめられた唐辛子が効いて辛さもそれなり。別皿でついてくる温泉玉子で味わいを多少マイルドにしたつもりなのでしょうが、さしたる効果はなさげ。

 日高屋は餃子の王将や珍来と比べるとご飯ものメニューにあまり力を入れておらず、その実力のなさが新メニューで露呈したような感じがしました。ハズレではありませんが、現状では定例化にはほど遠いと思います。

| | トラックバック (0)

2019.02.07

鴨すきうどん@丸亀製麺

004

 丸亀製麺冬季定番メニューと化しつつある「鴨ねぎうどん」。その売れ行きに気を良くしたのか、今年は「鴨ねぎうどん」に「鴨すきうどん」「鴨つけうどん」を加えたラインナップで「鴨うどん祭り」を始めました。

 早速近所の川口店へ出かけて「鴨すきうどん・大(790円)」を注文。「鴨すきうどん」と「鴨つけうどん」は主に全国のロードサイド店舗で提供されると注意書きがあり、川口店はロードサイド店舗に当たるのかどうか微妙な店ですが、店先に幟が揺れていて一安心。後客の注文を見ていると「鴨すき」は全然出ておらず、「鴨ねぎ」が目立ちました。

 入口近くで麺を受け取って、レジ近くで焼いた鴨肉や野菜類を乗せてもらうという季節限定商品にありがちなオペレーションですが、現場は少々混乱気味。生卵は最初別皿で出てきたのですが、配膳時に丼の中へドボン(´・ω・`)ショボーン

003

 「ロース肉ともも肉、食感と旨みの違う柔らかい2種類の鴨肉をすき焼きに。鶏油で焼き目をつけてから特製割り下で味つけ。鴨の旨みをまるごと一杯に閉じこめました。」というのが丸亀製麺のウリ文句。春菊、白ねぎ、えのきを添えてすき焼きっぽいビジュアルになっています。

 鴨肉は「鴨ねぎ」で十二分に実績を積んでいるせいか、相変わらず上々の出来。ともすれば硬くなってしまいがちな鴨肉は柔らかく、かつ弾力性を残した仕上りになっており、いかにも鴨肉らしい甘めの味わいも堪能できます。白ネギもこれまた甘みたっぷり。

 ただ割り下で味付けしてすき焼き風にしたのが災いして全体にちょっと甘すぎるというか、しつこくなってしまった気も。それゆえ生卵を別皿にして、卵をつけながら食べたほうが旨いような気がしてなりませんが、その卵を丼にドボンはないなぁ・・・ 当然ながら汁も辛くなって飲むのはちょっと躊躇。

 悪くはないけれども「鴨すき」は「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」という感じで、個人的には基本の「鴨ねぎ」のほうが好みでした。

 「鴨うどん祭り」は1月29日から3月11日までの予定。

| | トラックバック (0)

2019.02.04

Lunch&Beer SUN@岡山 ~ えびめし

002

 食材には全くローカル色がなく、どこにでもありそうな一品なのに、なぜかその地域にしかない「B級グルメ」。岡山では「デミカツ丼」が有名ですが、それと双璧を成すのが「えびめし」。

「えびめしや」という専門店チェーンもあるようですが、残念ながら田舎にありがちな車がないと行きづらい店だらけ。岡山駅付近で「えびめし」を出しているところを探したところ、駅の商業エリア「サンフェスタ岡山1F」にある「Lunch&Beer SUN」に辿り着きました。

 本来列車の待ち合わせ時間に軽く飲食を楽しむことを目的としたような店ですが、店先には「えびめし」の幟が高々と掲げられています。「えびめし(770円)」はスープ付き。

006

 やたら早く出てくるあたり「作り置きをチンしただけじゃないのか?」と一抹の不安を感じましたが、「えびめし」はそのネーミングに反して焼き飯ないしチャーハン寄りではなく、明らかにピラフ寄りの味わい。黒々とした見た目に反して割と薄味で、ソースの自己主張が強い「そばめし」とは全く違い、わずかにスパイシー&ほんのり辛めといった程度。薄味ゆえに脂っぽさだけが突出しているようにも感じました。

 海老は小さいながらも案外ぷりぷりでなかなか美味。ただ具が他に刻み玉ねぎくらいしかないのが残念なところ。三つ葉や錦糸卵は彩りを添えるだけで具としてはあまり意味がありませんし。
 
 「そばめし」のように冷凍食品化されていればまた食べてもいいかなと思いますが、まぁそこまでかなぁ・・・一度食べる分には悪くないでしょうけど。

| | トラックバック (0)

2019.01.31

角煮ちゃんぽん@リンガーハット

003

 リンガーハットから2019年1月15日より期間限定で発売中の「角煮ちゃんぽん(890円+税=961円)」を試食。「角煮ちゃんぽん」のベースとなっている「醤油ちゃんぽん」との同時発売ですが、「角煮ちゃんぽん」は数量限定とのこと。共に2月20日まで販売予定。

 往訪したのは国道122号沿いの川口末広店。丸亀製麺のように期間限定メニューの広告とか幟とかを店の内外に目立つように配してはおらず、通常メニューの中に埋もれています。なおここの店は番号札を渡されて席で待っていると、注文品を席まで持ってきてくれるシステムでした。

0021

 角煮ちゃんぽんは醤油ちゃんぽんに豚の角煮を乗せたもので、角煮は「豚の三枚肉を手作業でじっくり煮込んで調理し、長崎らしい甘い味付けに仕上げました」というのがリンガーハットのウリ文句。確かにリンガーハットにしては結構な値段を取るだけのことはあり、トロトロの角煮は嫌みにならない程度、飽きがこない程度にぷるぷると脂が乗り、かつ全体に甘い仕上がりになっています。

 ただ角煮ちゃんぽんが結構いけると思ったのは角煮以上にベースとなっている醤油ちゃんぽんのほう。「5種類の削り節(うるめ節、いわし煮干、かつお節、さば節、宗田かつお節)をブレンドしたオイルと、みじんぎりのしょうがをアクセントに加えた、香り豊かな醤油スープ」というのがリンガーハットのウリ文句ですが、リンガーハット標準の豚骨&鶏ガラスープに慣れきっているせいか、この醤油スープの味わいが実に新鮮。

 節系の出汁が強めに出た、そして角煮効果のためか、あるいは九州らしい醤油ゆえか、ちょっと甘目のスープでいただくちゃんぽんもまた面白い。基本の「長崎ちゃんぽん」と違って、途中で味変アイテムを投入したくなるような「飽き」は全く訪れず、一気に完食。もっとも塩分が多いのでスープはかなり残しましたが。

 具は基本の長崎ちゃんぽんと大差なく、ニンジン、キャベツ、モヤシ、青ネギ、豚肉、キクラゲ、かまぼこ、ちくわ、コーンといったところでしょうか。麺もたぶんデフォルトどおり。

 手間がかかり過ぎる「角煮」が期間限定&数量限定でも仕方ないと思いますが、「醤油」はレギュラーに格上げしてほしいところ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ごらんアウェー | グルメ・クッキング | ココログ被害者の会 | サッカー一般 | スポーツ | 丼もの&ランチ等 | 我が街川口 | 旅行・地域 | 日本代表 | 書籍・雑誌 | 替え歌 | 浦和レッズ | 浦和観戦記&プレビュー | 浦和観戦記&展望2009 | 浦和観戦記&展望2010 | 浦和観戦記&展望2011 | 浦和観戦記&展望2012 | 浦和観戦記&展望2013 | 浦和観戦記&展望2014 | 浦和観戦記&展望2015 | 浦和観戦記&展望2016 | 浦和観戦記&展望2017 | 浦和観戦記&展望2018 | 浦和観戦記&展望2019 | 浦和雑談 | 浦女 | 温泉(北東北) | 温泉(南東北) | 温泉(埼玉・東京) | 温泉(甲信越) | 温泉(神奈川・伊豆) | 温泉(群馬・栃木) | 語るも相場 | 都内徘徊 | 駅弁 | 麺類万歳! | 麺類万歳(さいたま市) | 麺類万歳(その他埼玉県) | 麺類万歳(その他東京都) | 麺類万歳(中央区) | 麺類万歳(北区) | 麺類万歳(千代田区) | 麺類万歳(台東区) | 麺類万歳(川口・戸田・蕨) | 麺類万歳(文京区) | 麺類万歳(新宿区) | 麺類万歳(板橋区) | 麺類万歳(渋谷区) | 麺類万歳(港区) | 麺類万歳(草加・越谷) | 麺類万歳(荒川区) | 麺類万歳(豊島区) | 麺類万歳(足立区)