2019.06.17

天むす@名古屋・地雷也

 名古屋は大駅の割にはこれといった駅弁、思わず食指が伸びそうな駅弁がないので、目先を変えて「天むす」を駅弁代わりに。

 往訪したのは高島屋B1Fにある「地雷也」。名古屋駅の高島屋のデパ地下って、似たような立地の東京大丸店と比べるとえらく敷居が高い感じがしますが、「地雷也」はその北側の最隅にありました。

 「地雷也」は天むすだけを売っているわけではなく、各種おかずを詰め合わせた弁当を売っているのがポイント。天むすばかり10個も食べても飽きるだけですし、「居酒屋のぞみ」にはアテになるものが詰め込まれた弁当がぴったり。買ったのは「花てまり(950円)」。

003_17

 天むす自体は海老がびっくりするくらい小さくて「氷山の一角」の真逆パターン。見えている部分がほとんど! 正直可もなく不可もなしといった感じで、そんなに有難がるほどでもないなぁ・・・ 

 でもあれこれ詰め込まれたおかずの布陣が実に強力。特に鳥つくねの存在が圧倒的でした。がんも・椎茸・さつま芋の煮物がその脇を固め、飽きそうなところで薄味の揚げもの(里芋・なす・えんどう)や厚揚げ玉子で上手く間を繋ぎ、最後はフキの煮物が完璧なリリーフ。

 これなら「天むす」に拘ることなく、他の店でただの弁当を買ったほうが良かったかも(苦笑)。概して駅弁より安いですし、新幹線に乗り込む前にデパ地下巡りにハマりそう。

|

2019.06.09

創業ビーフカレー・大@松屋

002_36

 松屋で2019年6月4日より新発売の「創業ビーフカレー」を試食してみました。並490円、大590円なので「大」を注文。牛めしと創業ビーフカレーが1度に楽しめる「創業ビーフカレギュウ」と鉄板でふっくらと焼き上げられたハンバーグと創業ビーフカレーとの相性が抜群な「創業ハンバーグビーフカレー」も同時発売中。

001_38

 ”牛バラ肉をとろとろになるまで煮込んだ「創業ビーフカレー」は、牛肉をたっぷり使用しており、食べ終わるまで牛肉の旨味が味わえる創業当時の味を再現して作られた逸品です。”というのが松屋のウリ文句。「たっぷり」を「カレールーに牛肉を20%以上使用しています。」ときっちり定義してある点に好感が持てます。

 松屋のカレーは相変わらず美味い。「ごろごろ煮込みチキンカレー」のかなりスパイスを効かせた辛めの仕上がりとはだいぶ趣を異にしていて、辛さ控えめでコクなり旨味なりで押すタイプ。そりゃ牛肉がスジ肉と化すまでにじっくり煮込んだカレーならそうなるのも当然。「食べ終わるまで牛肉の旨味が味わえる」というのは誇大表現ではなく、たとえスジ肉化していたとしても、何がしかの形でカレールーに牛肉がしっかり絡んできます。

 ただ「ごろごろ」に慣れてしまうと「創業ビーフカレー」は「ごろごろ」感が皆無なのが惜しまれます。並で700円と松屋にしてはちょっと高くなってしまいますが「創業ハンバーグビーフカレー」のほうがより楽しめるかも。松屋のハンバーグも値段を考えれば美味いのも何度も確認済ですし。

|

2019.05.31

うま辛担々うどん@丸亀製麺

001_32

 昨年期間限定で販売した「うま辛担々うどん」。よほど好評だったのか、わずか半年ほどのブランクを経ただけで再登場!! しかも今回も辛さを選べるキャンペーン付き!! 但し、前回は「うま辛辛辛辛辛坦々うどん」と称していたのに対し、今回は「うま辛MAX担々うどん」とぐっとシンプルなネーミングに。

 早速「うま辛担々うどん・大(750円)」を注文。季節柄か「冷やし」も用意。

 1辛~5辛は+30円、10辛は+100円、20辛は+200円、50辛は+500円、うま辛MAXは+1000円という値段設定(但し、50辛とうま辛MAXは予め特設サイトで注文する必要あり)。前回3辛だと辛さはピリ辛にも及ばない程度で、痺れは全くないことを確認済なので今回は5辛にしてみました。

002_32

 「うま辛担々うどん」は担々スープをかけた上に甘辛い肉味噌とほうれん草を盛り付け、香味ラー油を回しかけただけの割とシンプルなもの。従ってうどんを茹でる係の方が最初から最後まで一人で作り上げており、焼き物をのせる系のメニューと比べると工程が単純です。辛さは肉味噌に加える唐辛子の量で調整しているのかな???

 担々スープはごまダレがきつくてかなりどろっとしているのが特徴。この個性がゆえか、3辛を5辛に引き上げたところでやっぱり辛さはさしたることはなく、痺れは皆無。辛いもの好きな方には物足りないでしょう。ただ食べた後に体が妙にポカポカしてくるどころか、うっすら汗をかいてしまう辺り、唐辛子もラー油も相応に効いているのでしょう。

 また「担々麺」と違ってあくまでもうどんであり、スープは「うどんに合うようベースには白だしを使用」しているそうで当然ながら和風の味わい。隠し味にかつおの粉を肉味噌に振りかけたのが妙手なのか、ごまダレも肉味噌もなんら違和感なく和風出汁と一体化しており、麺をすすり、肉味噌をサルベージしているうちにあっという間にどろどろスープがなくなってしまいました。担々麺だとスープを全部飲んでしまうなんてまずないだけに、ちょっと新鮮な思い。

 「うま辛MAX担々うどん」は4月26日から7月15日までの販売予定。次は「冷やし」を試してみます。

|

2019.05.30

焼豚炒飯@大阪王将

003_25

 京都王将(=「餃子の王将」)原理主義者なので、個人的には大阪王将は縁遠い存在ですが、期間限定(2019年5月9日~6月30日までの予定)で売り出し中の「天下無敵の焼豚炒飯(750円)」が気になって早速試食に出かけました。大阪王将全店舗で扱っているわけではなさそうですが、最寄りの「ビーンズ赤羽店」ではちゃんと販売されていました。

 「天下無敵の焼豚炒飯」は「通常の炒飯の1,5倍のボリュームで、ゴロゴロ焼豚がてんこ盛り!おろしニンニクと濃厚な焼豚のタレで仕上げた、極コク旨しっとり系炒飯です。肉の旨味と玉ねぎの甘味を引き出し、創業当時の"昔懐かしい"風味にこだわりました。ガツンとした味わいで、明日への活力に召し上がっていただきたい自信作です。」というのが大阪王将のウリ文句。

002_31

 でも出来上がりはそのウリ文句とはだいぶ違っていました。まず炒飯は全然「しっとり系」という感じはせず、ごく普通のパラパラ系(もっとも個人的にはパラパラ系のほうが好きなので実害はありません)。またニンニクはかなり効いているものの、「濃厚な焼豚のタレで仕上げた」と称する割には思いのほか薄味なので「ガツン」という感じはしません。

 さらに「ゴロゴロ焼豚がてんこ盛り」というのはどう見ても誇大表現。松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」みたいなゴロゴロ感には程遠く、これなら角切りを乗せるより、細かく刻んで炒飯に混ぜ込んだほうが良いかと。ウリ文句通りと思ったのは刻み玉ねぎが多めなことぐらい。通常の1.5倍と無駄に量が多いので、途中で飽きてしまいました。

 うーん、やっぱり大阪王将はこんなもんか・・・

|

2019.05.25

漬けささみ丼@からやま

003_24

 「からやま」が2019年5月24~26日の3日間、「満腹まつり」と称して「漬けささみ丼」を通常637円(税込)のところを500円(税込)で売り出したのを知って、早速近所の「からやま 川口西青木店」へ突入。大盛無料サービスもやっていましたが、ただでさえ胃もたれしそうなのに大盛なんて自殺行為と思って、「並」で我慢。でも後客のオバハンは大盛をガッツリ食ってたなぁ・・・

 なお「漬けささみ丼」は今年4月5日に発売したばかりで、半ば新商品の販促を兼ねてのセールと目されます。

 運悪くまとまった量のテイクアウトの注文が入ったせいか、20分近く待たされてようやく登場。この手の外食チェーン店で待たされてしまうと心証は良かろうはずがありません。

001_31

 漬けささみ丼は「やわらかくジューシーに仕上げたささみとソースの甘みが最高の組み合わせ」というのが「からやま」のウリ文句。丼から大きくはみ出るくらいでかいささみが4つも乗っていて、見た目だけで腹一杯(苦笑)。しかもある程度鶏やキャベツを片付けないとご飯にたどり着かないので食いづらいのなんの。

 ささみは「やわらかくジューシー」どころか「硬くてパサつき加減」っちゅーあたりはまぁこういうチェーン店なので目を瞑りましょう。ささみなので味わいも超淡白。従ってささみにべっとり付けられたソースの出来にこの丼の全てがかかっていますが、これが見た目通り煮詰まったような甘目のベトベト系であんまりスパイシー感のないタイプ。ささみ自体は超淡白なのにソースはかなりしつこいというアンバランスさがいやはやなんとも・・・

 「からやま」の唐揚げ自体は悪くないのですが、如何せん同じ資本系列の「かつや」と比べるとメニューのバリエーションが少ないので、そう度々足を運ぶ気になりません。「唐揚げで腹いっぱいになればいい!」という年齢はとっくに過ぎてますし(苦笑) ゆえに遅まきながら新商品開発に力を入れ出したのでしょうけど、「漬けささみ丼」は個人的には全く合いませんでした。現状「からやま」は依然唐揚げが唯一無二の評価に値する商品かと。他にキーマカレーや鶏回鍋肉というメニューも見かけましたが・・・

 また帰りがけに「かつや」と同じスタイルの「100円割引券」をもらいましたが、「かつや」と違って毎月新商品が出るわけじゃないので、「割引券消化のために再訪→また割引券をもらう→割引券消化のために再訪」という「悪魔のサイクル」に嵌ることはないと思います。

|

2019.05.19

トマたまチキンカツ丼@かつや

003_18

 「かつや」が2019年5月10日から期間限定で発売中の「トマたまチキンカツ丼(637円)」を試食。

002_27

 「完熟トマトとふわとろたまごが、チキンカツをうまくする」というのが「かつや」の「トマたまチキンカツ丼」のウリ文句。もっとも「完熟トマト」といってもトマトソース系パスタにありがちな酸味の強いタイプではなく、ほぼ甘目のケチャップみたいな味わい。それゆえなんだかふわとろ系オムレツとチキンカツの合い盛りを食べているような感じがします。カツ丼なのに妙に洋食っぽいというかイタリアンというか、そんな感じ。

 しかしそれらの相性が実に良いというか、単体では往々にして淡白に陥りがちなチキンカツが何にでも合うというべきか、なかなかの出来。この出来なら今後間歇的に再販されても不思議ありません。

 ただショックだったのは試食でいつもお世話になっている「かつや 川口駅前店」が今年6月16日で閉店することが判ったこと。駅前再開発とは直接関係ないエリアですし、客入りも良かっただけに、この店の閉店は超意外でした。

|

2019.05.17

コロリンシュウマイ@桐生・相老

007_2
 謎の桐生名物「コロリンシュウマイ」。その実態を確かめるべく、早速現地へ。店は東武桐生線相老駅から西へ徒歩15分ほど。桐生市の中心部からはかなり北へ外れたところにあります。

 店というよりテイクアウト専門のお惣菜製造工場という感じですが、店先に3人掛けくらいのテーブルが置いてあって、蒸したてを店内で食べられます。早速「コロリンシュウマイ・5個(150円+税=162円)」を注文。

 他に「カレーコロリン」というバリエーションもありますが「コロリンシュウマイ」専門店ではなく、ひとくちカツ・メンチカツ・男爵コロッケ・ハムカツといった揚げ物も用意。近隣の佐野名物「いもフライ」も。

003_5
 ソースにどっぷり浸かって登場。青のりが別袋で付いてきます。「コロリンシュウマイ」は店外に「北海道産の男爵馬鈴薯、玉ねぎ、馬鈴薯でんぷんを主原料に作った」と大書してある通り、肉の要素は全くありません。かといってたこ焼きに類似した「粉もん」の一種かと言えばそうでもない。粉っぽくないどころか、なんかこんにゃくみたいなぷにぷに・もっちりした食感が特徴。

 また「コロリンシュウマイ」自体に味はないも同然なので、ソースや青海苔の助けを借りて食べ進みますが、うーん原材料が原材料のせいか極めて単調な味わい・・・3つも食べるとすぐに飽きてしまいました。

 サイズは一般的なシュウマイとほぼ同じですし、蒸している点もシュウマイと同じですが、それでもシュウマイの概念を著しく逸脱した感がぬぐえない一品。なんか行田名物の「ゼリーフライ」というネーミングがより適切なような・・・ でも行田の「ゼリーフライ」は全然「ゼリー」じゃないというややこしさが・・・

|

2019.05.16

岩崎屋@太田・治良門橋 ~ (真っ黒い)焼きそば

007_1
 群馬県太田に真っ黒い焼きそばがあると聞いて往訪。訪れたのは太田市郊外にある「岩崎屋」。東武桐生線治良門橋駅から西へ徒歩5分強。ボロボロの店舗でオバチャンがこじんまりとやっているものと勝手に想像していたところ、びっくりするくらいご立派な店構え。しかもそこそこ有名店なのか店前の駐車場も広く、入れ替わり立ち替わり客がやってきます。訪れたのは昼前でしたが、テイクアウトのほうが多い感じでした。

 着席してメニューを見るとここはほぼ焼きそば専門店で、他にみそおでんとか群馬名物の焼きまんじゅうとか、焼きそばが出来上がるまでのおやつ代わりになるものが少々。「焼きそば・中(一人前)」が330円と安いので「大(440円)」を注文。後払い。

 メニュー表示がユニークで、量が増えるに従って特大・ジャンボ・ダブルと命名したところでネーミングのアイデアが尽き、「名はない」とか「特に名はない」とかなんやねんそれ・・・ しかも二人前は「ダブル」ではなく「ジャンボ」だとか、「トリプル」は値段から察する限りどう見ても4人前だとか、命名体系が謎すぎます。

 店内は4人卓×2、6人卓×2、さらに小上がりに6人卓×5と本来長居を前提としていないはずの焼きそば専門店にしては驚異的にゆったり。卓上にはソース、一味、コショウ。

005_2
 おお、噂に聞いていた通りの真っ黒なルックスで登場。ソースは「ウスターソースをベースに独自に調合したもの」だそうですが、外に「月星ソース」の幟が建っていました。ソース自体はウスターソースにしてはやや甘目でスパイシーさはほとんど感じられず。

 ただこの焼きそばの難儀なところは具がほとんどないこと。キャベツが申し訳程度に確認できるだけで肉どころか玉ねぎもにんじんももやしもなし。紅ショウガすら付いて来ません。道理で安いわけで・・・

 麺に水気が乏しいこともあって、「大」だとひらすら麺と格闘している格好に。これではあまりにも味わいが単調過ぎてすぐに飽きてしまいました。隣のオッサンがせっせとコショウを振りかけているのを見ると、卓上の調味料で自分好みに味わいに変化をつけながら食べることを前提としているのかも。でも「中」で十分やなぁ、これは・・・

|

2019.05.12

豚ビビン丼@松屋

001_27

 松屋が2019年5月7日から「平成のロングセラー“豚”ビビン丼」と「新作“牛”ビビン丼」との「松屋ビビン丼対決」を始めました。対決期間中販売数の多かった「ビビン丼」を2019年秋以降にレギュラー化することを検討しているそうです。

 ちょっと変わっているのは上記2種類の「ビビン丼」を同一店で併売せず、販売店舗を分けて発売していること。例えば今回往訪した川口栄町店は「豚」を販売し、近隣の川口駅前店では「牛」を販売していました。

 今回注文した「豚ビビン丼(490円)」は「平成のロングセラー」だそうですが、先般売り出していた「ごろごろチキンカレー」や冬の「豆腐キムチチゲ」などと比べて全然定番という感じはせず、食べた記憶も極めてあやふや。

002_24

 スプーン付きで出てくるので、ビビンバの作法にのっとって一頻りまぜまぜ。「豚肉をメインとし、根菜きんぴら、キムチと一緒に鉄板で炒め、コチュジャンの風味が効いた甘辛タレが決めてのメニューです。」との松屋の触れ込みに、なぜ主要アイテムである半熟たまご、刻み海苔、青ネギが抜けているのかよく判りませんが、これらのバランスが良くてかなりの完成度。特に豚肉とキムチ、コチュジャンの相性、そしてそれらだけだとしつこくなりそうなところを丸く包み込む半熟たまごのバランス感が秀逸だと感じました。

 「牛ビビン丼」も食べて比較検討するだけの気力はありませんが(自嘲)、「豚ビビン丼」はレギュラー化されてもなんら不思議はない出来だと思います。

|

2019.05.08

チキンスパイシーカレー@吉野家

003_12

 吉野家が今年4月18日から発売開始の「チキンスパイシーカレー・大(650円)」を試食。吉野家の「スパイスカレー(単品350円)」は以前からあったのかどうか判りませんが、今回カレートッピングに初めてチキンを取り入れたのが目を惹くところ。端的に言えば同時期に発売された松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー(並・590円)」を強く意識した商品のようです。並で比較すると「チキンスパイシーカレー」は550円で、松屋の「ごろごろ」より40円安。

 ただ今回試食した私個人の感想としては吉野家のカレーのクォリティーは松屋に遠く及ばず、40円差くらいで吉野家に飛びつくことはないと思いました。

002_22

 吉野家のウリ文句は「吉野家のスパイシーカレーは、玉ねぎとチキンブイヨンの深い旨みと、27種類のスパイスを使用した香り高さが特徴のカレーです。隠し味に使用しているリンゴの甘みが唐辛子の辛さをしっかりと引き立てている辛口カレーに仕上げました。また、もう1つの隠し味である生姜の爽やかな香りが食欲を刺激し、すっきりとした辛さに引き立てています。」と実に賑やかですが、誇大広告としてJAROに訴えられるレベルじゃないかなぁ、これ?

 「スパイシーカレー」と銘打った以上スパイシー感を前面に押し出した、辛さ重視でコクなり深みなりが後ろに引っ込んでしまうあたりは仕方ないのかもしれませんが、「27種類のスパイスを使用した」とは信じがたいくらい辛さや痺れに複雑さがなく、単にカレー粉で淡々と押しまくっている風。

 まぁ個人的にはインドなりネパールなりから来たオッサンがやっている現地風の味わいが複雑すぎて癖が強いカレーよりはこういう昭和的な辛さのほうがまだマシですが、それにしても「球速150km/hの棒玉」みたいな味わいのカレーでは、淡白な味わいの鶏むね肉(一応特製のタンドリーソースをからめたそうですが・・・)の旨味を引き出すには少々力不足かと。

 もっとも吉野家は主戦場の牛丼で松屋に完勝している以上、こんなローカルな戦いで少々苦戦しようが特に何の問題もない。品揃えの一環になればそれで良いのかもしれませんが。

|

より以前の記事一覧