2020.10.25

お肉たっぷり牛鍋膳@松屋

Gyunabe001

 松屋が2020年10月20日より発売中の「お肉たっぷり牛鍋膳(690円)」を試食。いかにも吉野家のヒット商品「牛すき鍋膳」のパクリっぽい商品ですが、こちらも寒い時期の風物詩、定番商品としてとしてそれなりに定着した模様。お肉1.5倍増しの「お肉どっさり牛鍋膳」も同時発売。

 しかも今年は6つの選べるトッピング付きなのがウリもの。キムチ、カレー、チーズ、とろろ、大根おろし、牛皿の中から一つ選んで味変やちょい足しができます。トッピングが付いた代わりに昨年から100円値上げ。さらに以前は生卵か半熟卵か選べましたが、そのオプションはなくなって問答無用で生卵に。

 「牛鍋膳」を特徴づける「松屋特製のすき焼きダレ」はいかにも松屋らしく、やたら味が濃いのが難。甘じょっぱいの「しょっぱい」ほうが強調されたような感じ。端的にいえば「つゆだくの牛めしのアタマ」が煮詰まってしまったような味わいという印象が強かったので、それを緩和すべく「とろろ」をチョイスしてみました。カレーやチーズみたいにさらに味を濃くするトッピングは自殺行為のような・・・

Gyunabe002

 「お肉たっぷり牛鍋膳」と称していますが、まさに物は言いよう。「たっぷりの牛肉、たまねぎ、豆腐を松屋特製のすき焼きダレで煮込んだ」とのウリ文句ですが、悪く言えば牛肉のウェイトが高過ぎて、それ以外の具が非常にしょぼく、飽きやすいのが難。豆腐の他には刻み青ネギ、そしてわずかに玉ねぎが確認できるだけ。個人的には豆腐の代わりに白菜が欲しいところ。

 相変わらず具がしょぼい代わりに今回トッピングをつけて吉野家の「牛すき鍋膳」(並盛648円+税)とほぼ同価格帯で勝負といったところでしょうか。

 で、チョイスしたとろろは期待通りの働きをしてくれたのですが、味をマイルドにするという意味ではデフォルトで付いている生卵と役割が被ってしまったという気も。うーーん、この感じだと牛皿を選んで単純に牛肉の量を増やすのが正解だったかなぁ・・・

 現状だと温かいものが欲しくなる厳冬期でもなければ積極的に食べるような意欲は起らず。しかも厳冬期なら冬の定番「豆腐キムチチゲ膳」がファーストチョイスになるので、「牛鍋膳」の出番は非常に限定的かと。

|

2020.10.14

喜多呂@天神橋筋六丁目 ~ カツ丼

Kitaro001

 大阪メトロ堺筋線天神橋筋六丁目駅から中津のほうへ向けて徒歩10分程度。住宅街のど真ん中にあるトンカツ屋さんです。先客・後客ともゼロ。

 この店は福井風のソースカツ丼が名物で、早速カツ丼セット(税別1250円)を注文。

 店内はカウンター7席と6人卓×1、2人卓×1。さらに2階もあるようです。トンカツ屋さんらしく、店内にはほんのり脂の香り。

Kitaro002

 トンカツをさっとウスターソースに 潜らせただけで、キャベツなどを乗せない超シンプルな構成。ソースにスパイシーさはあんまり感じられず、しっとり目の仕上がり。しかもウスターソースにしては心持ち甘め。カツはサクッと噛み切れるのはいいのですが、かなり淡白な味わい。店が「程よい脂身がジューシーなモモ肉」というのはだいぶ違うような気も。これはこれで胃もたれせず、悪くはないのですが。

 シンプルなソースカツ丼にありがちな欠点は飽きやすいこと。でも、そこで大活躍するのがサラダ。オレンジ色のドレッシングがたっぷりをかけられた千切りキャベツは思いの他量があり、これがあれば全く飽きずに食べ進められます! さらに味噌汁や漬物も援軍に! 単品と150円(税別)しか変わらないので、ここは絶対にセットがお勧め。

 なお丼は広口ですが底が浅いので、見た目ほど量はありません。

|

2020.10.13

海鮮丼@なか卯

Kaisen_nakau002

 「なか卯」が2020年10月1日より期間限定販売中の「海鮮丼(690円)」を試食。前回往訪時にもらった無料券を利用して「はいからうどん・小」を付けてもらいました。なお「はいからうどん」は温/冷が選べるそうで、冷で。

 なか卯はサーモン丼、ほたていくら丼、鉄火丼といった海鮮系の丼ものを頻繁に発売してきましたが、意外にもそれらを盛り合わせた海鮮丼を試食した覚えはありません。

Kaisen_nakau001

 海鮮丼」は「ほんのり寿司酢をきかせたご飯のうえに、錦糸卵、きざみ海苔、4種の海鮮具材(甘えび・まぐろ・サーモン・いか)をたっぷり盛りつけた、見た目も華やかな一品です。ぷりっぷりの甘えびや角切りにしたなめらかな舌触りのまぐろ、脂がのったサーモン、歯ごたえのあるいかが奏でる食感のハーモニーを口いっぱいに楽しめる、”いろんな海鮮を一度に楽しみたい!”という方にぴったりの商品です。」というのがなか卯のウリ文句。

 酢がきつ過ぎるというなか卯が往々にしてやらかしがちな弊は免れていましたが、どういうわけかまぐろやサーモンが堅めで「なめらかな舌触り」とか「脂がのった」という感じはせず。なか卯の海鮮ものは期待値が高いので、やや評価が辛口に過ぎるのかもしれませんが。

 ただ海鮮ものの丼はコロナ禍の影響で「くら寿司」や「すし松」などの回転寿司がテイクアウトにも対応できる丼ものをワンコインで出すようになったため、丼ものチェーン店で海鮮ものに特徴があったなか卯の優位は急激に揺らいでいるような気も。こうなると、おいおいなか卯はより得意な親子丼に活路を見出すようになるのかも。

 またなか卯でうどんを食べるのは超々ひさしぶりですが、冷だとなか卯のうどんって思いのほかコシが強くて、こちらは事前の期待値が著しく低かったのでポジティブサプライズに。ちょっと食べ足りない時のおまけとしては十分すぎる出来で、今回の試食はうどんのほうが収穫大でした。

 なお「海鮮丼」は11月下旬まで販売予定とのこと。

|

2020.10.12

牡蠣ちゃんぽんうどん@丸亀製麺

Kaki_marugame001

 丸亀製麺が2020年9月29日から期間限定で売り出し中の「牡蠣ちゃんぽんうどん・大(860円)」を試食。「豚ちゃんぽんうどん」も同時発売中。店では同じく併売中の「タル鶏天ぶっかけうどん」の宣伝に力を注いでいましたが、そちらは見ただけで胃もたれしそうで全く食指が伸びず。

 期間限定モノにありがちな、麺だけ先にもらって、その後にレジ横で調理したものを麺にのせるオペレーションですが、「ご注文をいただいてから、ぷりっとした身が特徴の牡蠣をバターでソテーし旨みを引き出します」という調理に結構時間がかかるのか、引換券を渡されて座席で待つ羽目に。この感じだとフードコート店では売ってないかも。

Kaki_marugame002

 牡蠣ちゃんぽんうどんには広島県産の浜ゆで牡蠣が5つ。しっかり焼きが入っていて「ぷりっと」という形容がしっくりくるほど水分は多くないと思いますが、牡蠣の味わいを楽しむには十分な仕上がり。

 他に具はもやし、ニンジン、キャベツ、コーン、キクラゲ、カマボコといったところ。ちゃんぽんにしてはちょっと野菜の盛りが寂しいかなぁ・・・

 スープはうどんとの相性を考えてか和風仕立てで、「毎日お店で北海道産の真昆布と複数の削り節から引くかつおの風味漂う白だしをベースに仕立てております」とのウリ文句なので「近江ちゃんぽん」のスープみたいなものを出してくるのかな?と期待したのですが、白濁した見た目通り動物系出汁もそれなりに効いたごくごく普通のちゃんぽんスープ。強いて言えば脂っ気を全然感じないくらいでしょうか。でも新奇性はあまりない代わりに安心して頂けます。

 まぁハズレではないのですが、これならリンガーハットで秋冬限定で販売される「かきちゃんぽん」のほうがより無難で美味いだろうなぁ、と思ったのもまた事実。

|

2020.10.09

選べる極旨ソースの牛ステーキ丼@松屋

Beefsteak001

 松屋が2020年10月6日より期間限定で発売中の「選べる極旨ソースの牛ステーキ丼(750円)」を試食。

 「牛ステーキ丼」は、ステーキ専門店「ステーキ屋松」の大ヒットメニューで、ソースはステーキ屋松直伝の「和風オリジナルソース」と松屋オリジナルの「洋風ガーリックソース」の2種類が選べるとのこと。洋風ガーリックソースだと良くも悪くもいつもの松屋の味になってしまうのは明らかなので和風オリジナルソースにしてみました。

Beefsteak002

 「テスト販売時に売切れ続出がニュースにもなった話題騒然の牛ステーキ丼!はみ出るボリュームのお肉にオリジナルソースが絡んだ逸品です!」とのウリ文句ですが、「デカ盛り」を頼まないと「はみ出るボリューム」には程遠いような・・・

 牛ステーキは大きめにカットされています。肉は硬いというほどではありませんが、しっかりと噛みしめながら食べ進まざるを得ません。ただ噛みしめているうちに肉の旨味を堪能できるので、これはこれで一興。

 和風オリジナルソースはやや酸味強めで、脂が目立つステーキをさっぱりといただくのに一役買っています。またやたらソースの力でなんとかしがちな松屋には珍しく、ソースの量が控えめで松屋にしては薄味なのが気に入りました。

 ステーキの脇にあるのは大根&ニンジンの酢の物かと思いきや「彩りキラキラピクルス」。個人的にはピクルスは苦手でハンバーガーやサンドウィッチなどからは抜いてもらうのですが、「彩りキラキラピクルス」はやたら酸っぱい系ではなくやや甘みがあるせいか、脂っぽいステーキに対して絶妙な箸休めに。

|

2020.10.08

子亀@加須 ~ 肉みそうどんセット

Kogame001

 超久しぶりに加須のうどんを賞味。加須は北関東にありがちな麦作が盛んなエリアで、不動ヶ岡不動尊總願寺の門前でうどんを参拝客にふるまってもてなしたのが「加須うどん」の始まりなんだとか。

Kogame002

 往訪したのは東武伊勢崎線加須駅北口から徒歩15分程度、加須警察署の近く。かなりの有名店のようで11時の開店直後に入店したにも関わらず先客6。しかも時節柄相席を避けているせいか、退店時には店外に待ち客が5人ほど出来ていました。

 この店は「冷汁うどん」がイチ押しのようですが、それは他店で試食済なのでここでは「肉みそうどん・冷(620円)」を注文。さらに天ぷら、季節の炊き込みご飯、小鉢が付く「セット(400円)」を注文しました。なお店はうどん専門店ではなく、一応蕎麦もあります。

 店内は4人卓×7と小上がりに4人卓×5と、カウンターが全くない郊外店らしい構成。

Kogame004

 うどんの上に肉味噌のみならず、温泉玉子や細切りきゅうりが付いて来ます。案内に従って一頻りまぜまぜ。

 うどん自体は典型的なつるつるもっちり系。口当たりは柔らかめですが、思いのほか弾力性があるタイプ。これはこれで悪くありませんが、「冷」でこの感じなら「温」だと柔らかすぎて好みから外れていたかも。また量はやや少な目で、しかも味わいが単調で飽きやすいので、大盛ではなくセットを付けたのは正解でした。

 肉味噌は甘目。てっきり辛味噌だと思い込んでいたところ、完全に意表を突かれました。別皿で辛味噌が付いてくるのでこれで好みに応じて調整してくれということなのでしょうが、温泉玉子が入っているせいか、全部溶かしこんでもピリ辛にすらならず。その代わりひき肉の旨味を活かす方向なのかも。

Kogame003

 炊き込みご飯は薄味なのはともかく、硬くてパサつき加減なのが残念。天ぷらはイカ天&ニンジンのかき揚げでしたが、ニンジンの刻みがやたら大ぶりなのは北関東仕様なのかなあ? 小鉢は昆布の煮物でした。

|

2020.10.01

本格中華の豚角煮丼@すき家

Butasukiya001

 すき家が2020年9月30日から期間限定で発売中の「本格中華の豚角煮丼(650円)を試食。豚角煮丼は最近松屋やなか卯からも相次いで発売されていて、そのパクリじゃないかという気がしないでもなく(苦笑)。また店外に幟などを立てて積極的に宣伝してはいませんでした。

 「本格中華の豚角煮丼」はすき家の商品開発部門が老舗中華料理店で30年間腕を磨き続けた本格中華のシェフと協力して、本格中華とすき家を融合させた「横濱中華飯店シリーズ」の第1弾とのこと。すき家ってなんか知らんけど「横濱」が好きだよなぁ・・・

 「とろける食感の厚切り豚角煮と、シャキシャキ食感の白髪ねぎを合わせた商品です。醤油ベースのタレを中国3大名酢の1つとして知られる鎮江香醋と、紹興酒で煮込み、味に丸みを持たせた豚角煮は、甘い香りの八角で香りにアクセントを加えました。」「コク深い豚角煮の下には、針生姜入りの白髪ねぎを敷き、清涼感のあるシャープな辛みと爽やかな香りでさっぱりとお召し上がりいただけます。」というのがすき家のウリ文句。

Butasukiya002

 ぱっと見で判る通り、豚角煮が小さめに刻まれているだけでなく、その上に餡がたっぷり。なか卯の豚角煮丼と比べると一目瞭然ですが、豚角煮をどーーーんと正面に打ち出した造りになっていないので少々がっかり。

 餡は旨辛系ではなくやや甘目。八角を加えているようですが、良くも悪くもほとんど気にならず。豚角煮&餡の下に針生姜入りの白髪ねぎを敷いたのはしつこさを緩和する点では絶妙手なのですが、味わいが中華ではなく和風寄りになってしまって痛し痒し。また香辛料が練りからしだというのも和風感を加速しているような。ここは山椒が欲しかったところ。

 はずれではないのですが、現状では豚角煮丼の先行2社には及ばないかと。

|

2020.09.30

沼津魚がし鮨@静岡 ~ 本鮪中トロ炙り丼

Uogashi001

 主に静岡県内で幅広く店舗展開している「沼津魚がし鮨」。地方のチェーン店には珍しく結構駅近・駅ナカ店もあるのが特徴で、静岡駅構内にも複数店舗があります。往訪したのは静岡駅の東へ続く「パルシェ・食彩館」内のお店。

 店先に大々的に掲げられている「早得ランチ」にも心惹かれましたが、ちょっとは静岡らしいものをということで、本日のあすすめの「本鮪中トロ炙り丼(1380円+税=1518円)」を注文。 

 なおここはタッチパネル式での発注ですが、平日限定の格安ランチメニューなど卓上のメニューにはあるのにタッチパネルには表示されないものもあり、結局板さんに注文したほうが早いみたいで。

Uogashi002

 本鮪中トロを炙った表面だけが全面展開しており、中トロの赤を敢えて見せていないためビジュアルはちょっと貧弱ですが、内容は充実。炙った表面と脂がわずかに差してとろける中トロの食感と味わいの変化が愉しめる逸品です。そして鮪の下にはわずかに白ごまを散らしてアクセントに。ともすれば単調になりがちな、単なるまぐろ鉄火丼や漬け丼とは明らかに一線を画しています。

 ただそれだけにご飯がパサつき加減なのは非常に残念。さすがにこれが寿司のシャリで出てきたら客は怒るだろうと思います。丼ものなのであからさまに手を抜いているっぽい・・・ 

|

2020.09.29

100時間カレー ララガーデン川口店 ~ 手仕込チキンカツ

100h002

 川口・樹モール商店街内にあった「100時間カレー」は割引券を配りまくっての奮闘虚しく潰れてしまいましたが、「ララガーデン川口」2Fにあるフードコートにいつの間にか「100時間カレー」が出来ていることに気づいて往訪。実質的に移転なのかな? 

 なおララガーデン川口のレストラン街はしょっちゅうテナントが入れ替わっていますが、フードコートのほうはどうなんだろう?ララガーデン川口は2階までしかないSCにしては小さい店ですが、その割にフードコートもあればレストラン街もあって、質はともかく量的には食事処が充実しています。

 相変わらずメニューが豊富なため目移りしてしまいますが、無難そうな「手仕込チキンカツ(790円+税=869円)」を注文。ここのカレーはトッピングなしだと非常に寂しいことが判ってますし・・・ また休日か開店から12時までは「ライス大盛/ソフトドリンク/合いがけへの変更/グリーンサラダ」のいずれか1つサービスというのをやっていたので大盛にしてもらいました。また休日でこれなら、平日は終日このサービスをやっているのかな???

 樹モール店では昔は100時間カレー(濃厚ビーフ)/バターチキン/キーマカレー/ハヤシの4種類からルーを選べましたが、いつの間にやら「濃厚ビーフカレー/完熟トマトのビーフハヤシ」の2本立てになり、ここも同じ。またカレーの辛さはマイルド(普通)/ミドルジャワ(中辛)/ジャワ(辛口)の3種類から選べるので、カレー・ミドルジャワにしてもらいました。

100h001

 カレーは「濃厚」の名に違わぬ、とろみの強いタイプ。香味野菜と果物、さらに牛の旨味を溶け合わせた旨味溢れる欧風カレーで、中辛にしてもさほど辛くはなく旨味を十分楽しめました。チキンカツは可もなく不可もなし。ただわざわざフォークを用意する必要はありませんでした。またライスがちょっと堅くてパサつき加減なのが残念。
 
 川口にはインド系のオッサンがやっている現地風のカレー屋さんはやたらあるのですが、個人的にはスパイスの香りが強すぎるあのタイプはちょっと苦手なので、「100時間カレー」のような旨味で押すタイプは結構貴重な存在。「100時間カレー」と似た路線で川口駅近くにあった「日乃屋カレー」は潰れてしまいましたし、樹モールのずっーと先にある超地元向けの小さなカレー屋「Curry庵 味蕾」は開店が12時と遅いのが難なので、またここのお世話になることもあろうかと思います。

|

2020.09.28

牛生姜焼きカレー@かつや

Syougakatuya001

 「かつや」が2020年9月11日から発売中の「牛生姜焼きカレー(税抜590円)」を試食。

 かつやは「あえてカツなし」というのがかつや史上初の挑戦だとやたら強調しています。また生姜焼き自体は「全力飯弁当」などで過去に販売済だそうですが、そこに牛肉を使ったのもかつやなりの挑戦。かつやは豚肉または揚げ物を使用するという独自ルールに則って商品開発を進めてきたので、今回の商品はそのどちらの縛りにも反した意欲作のようです。

Syougakatuya002

 もっとも個人的にはそもそもかつやでカレーを食べた記憶がないので、むしろそちらのほうがチャレンジングな気も。でもそのカレーは悪くありませんでした。ルーはとろみ強め、かつ旨味&コク重視であまり辛くないタイプかな?と食べ始めは思ったのですが、食べ進むうちに辛さが口内に留まり続けてじんわり辛さが襲ってきました。これなら辛さと旨味&コクとのバランスも崩れず、なかなかいい感じ。

 カレーの出来が悪くなかっただけに、生姜焼きと合わせたのがちょっと勿体ない気も。生姜焼きは定食につけるものに比べるとずっと薄味。生姜焼きでは一般的な豚肉ではなく牛肉を使っているので生姜焼きにしては甘いという面白みもありながらも、あくまでもカレーのトッピングであるという分を弁えている感じでしたが、それでも時折生姜が放つ強烈な自己主張がカレーと喧嘩しているようで些か嫌みに。これならシンプルにただのビーフカレーにしたほうが手間もかからず、かえって美味いような気がしますが・・・

 もっともシンプルな構成でも悪くないのに、わざわざ何か変化をつけてかえってダメにするというのは、かつやでも松屋でも松のやでもなか卯でも良くあることですが。

|

より以前の記事一覧