2017.06.23

としのや 祇園店@下祗園 ~ 府中焼

003

 広島県府中市一帯の名物「府中焼」を広島市内に散在するチェーン店「としのや」で気軽に食べられることが判ったので早速往訪。府中は空港も新幹線からも遠くて首都圏からだとかなり不便なのよ・・・

 往訪したのはJR可部線下祗園駅から徒歩5分ほどのところにある祇園店。宅配もやっているので店先にバイクが数台停まっており、客席は2F。テーブル席主体でファミレスっぽい造り。どういうわけか客は若年層だらけ。

 府中焼のメニューの中から「地元じゃスタンダード」という「生かけそば(830円)」を注文。ふわっとした「白」としっかり焼いてバリバリに仕上げる「黒」があって、今回は「黒」に。後客の注文は白黒半々でした。

016

 「黒」ゆえか、焼き上がりに20分くらいかかってようやく登場。「生かけ」は溶き卵がかかって出てくるので、見た目はちょっと賑やか。

 府中焼は広島風お好み焼きと見た目は似ていますが、バラ肉ではなく背脂ミンチを使うのともやしが入っていないのが特徴。焼いているうちに背脂は溶けてしまうのでぱっと見は全然判りません。またもやしがなく、しかもキャベツも多いとは言えないのでその分粉っぽく、食感は広島焼とはかなり違う印象を受けました。

 焼きそばはもともと細めなのかな?しっかり焼くと堅い焼うどん風にバリバリ。よってランチというよりビールのアテにしてナンボという気が。

 この感じだと野菜が多くてふわふわの今風の広島風のほうが個人的には好きかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.06.12

ときわ食堂@都電庚申塚電停

006

 巣鴨地蔵通り商店街の北外れにある人気大衆食堂に初訪問。とげぬき地蔵の近くにある本店は週末ともなると店外に行列が出来ていますが、こちらは爺さん婆さんが参拝ついでに足を伸ばすにはチト遠いためか、本店ほど混みません。といっても昼時はずっと満席近くをキープしています。

 本店同様、店内に掲げられたメニューの多さにクラクラしてしまいますが、人気の「あじフライ(430円)」を注文。メニューには揚げ物なり焼き物なりの単品価格だけが掲げられていて、それにご飯+味噌汁+漬物からなる「定食(270円)」を付けるのがこの店のスタイル。

 店は4人掛けテーブル主体で、2人掛けも数卓。回りを見渡すと昼間の早い時間からビールを飲んでいる客だらけで、飲まない人のほうが不思議な感じすらしますが、定食が出来上がる前に飲んでいるだけみたいで、昼間からがっつり飲んでいる人はいない様子。本店と客層が違うのかも。

005

 出てきたあじフライは厚みこそさほどないものの、結構な大きさ。そして何といっても揚げたてのサクサク感が最高。まぁ普段スーパーで100円くらいで売っているあじフライしか食べてないので、何を食っても美味い気がするのでしょうけど(自嘲)。もっとも同じ揚げ物を3枚も食べる飽きるので、醤油→レモン&醤油→ソースとかけるものを変えて工夫。

 ご飯お替り1枚目無料とのことですが、もともとご飯が丼で出てくるので、お替りなんでしようものなら明らかに食い過ぎ。

 安くてそれなりに美味いという、長続きする店の王道をしっかりと歩んでいる良い店です。

| | トラックバック (0)

2017.05.28

だるま食堂@高崎問屋町 ~ もつ煮定食

012

 「ケンミンSHOW」で群馬名物として紹介されていた「もつ煮定食」を試食。といっても超車社会の群馬県。車がなくても行けそうな店をぐぐった結果、上越線高崎問屋町駅から徒歩15分くらいのところにある「だるま食堂」を往訪。どう見ても自宅兼店舗といった趣の店で、先客2、後客4。

005

 着席して早速「もつ煮定食(680円)」を注文。「食堂」という割にはメニューは案外少なく、またもつ煮ないし牛すじ推しっぽい店なのにラーメンを頼む客のほうが多くて意表を突かれました。店内は4人掛けテーブル6卓のみ。

006

 もつ煮に味噌汁&大根の漬物がつくというシンプルな構成。一際目を惹くのがご飯の量。もともと大きめの茶碗なのに、さらにご飯を山盛り。「大盛り」を頼んでいる後客を見たら、超山盛りというが大きな茶碗2杯分くらいの盛りでした。

 もつ煮は味噌仕立て。しかももつと薬味のネギしかなく、こんにゃくや大根、ごぼう、ニンジンといった具材が入っていません。よって味わいはシンプル。臭みは一切なく美味いことは美味いのですが食っても食ってももつなので、一味を入れて多少変化をつけても正直終盤は飽きてしまいました。味噌汁に大根がたっぷり入っており、それが救いといえば救いですが。

 もっとも味噌仕立てゆえご飯に合わない訳がなく、普段もつ煮でご飯を食べるという習慣がないだけで、これはこれであり。少なくとも個人的んはクリームシチューでご飯ほど違和感はありませんでした。

| | トラックバック (0)

2017.05.03

ガツ盛り野菜のチキンカツ丼@かつや

002

「かつや」の期間限定メニュー「ガツ盛り野菜のチキンカツ丼(637円)」。二郎系ラーメンを意識かのしたように野菜が高々と積み上げられていますが、積まれているのはもやしではなく千切り大根。しかもチキンカツのサクサク感を失わせないように水をしっかり切ってあるせいか、単に斬って時間が経ったせいか辛さが全然なく、刺身のツマとは随分違う味わい。その中に水菜が少々。

 さらにチキンカツの下にさらに千切りキャベツ。これだけあれば「ガツ盛り」と宣言するのも納得。

001

 野菜が多い上にチキンカツが6切れも乗っていてボリューム満点!ただ鶏ささみを使っているので味わいが淡白な上に、塩だれ仕上げなのが効いてか、あるいは大量の野菜が助けになってか、ボリュームの割には全く胃もたれせずに一気に食べ終えられました。塩ダレに少々黒胡椒をまぶしてアクセントにしているのもいいかも。

 ただ塩ダレは濃い目にかかっている部分と、全然かかっていない部分が見ただけでは判りにくいのが難。かかってないところには卓上のソースをちょっこと足して完食。

 細かい難点はありますが、当たりのメニューです。

| | トラックバック (0)

2017.04.14

洋食 あけぼの@神戸・新在家 ~ ビフカツランチ

001

 神戸に来ても「神戸牛」には手が出ません(´・ω・`)ショボーン というわけで「ビフテキ」で我慢。往訪したのは灘界隈を散策していた際に通りかかった「あけぼの」。阪神電鉄新在家駅から国道2号線を西へ。場所柄観光客には無縁の、こじんまりした洋食屋さんです。先客6、後客5と地元客でそこそこ繁盛。

 メニューはたくさんあるけれども川口価格の洋食に慣れてしまうとどれもチト高いなぁ。でもせっかくなので「ビフカツランチ(1600円)」を注文。「ビフカツ定食」「ビフカツセット」と似たようなメニューが同価格で並んでいるのが不思議。ごはん大盛りが無料サービスなのに後で気づくも時すでに遅し。

 店内は縦長カウンター5席と2人掛けテーブル3卓、4人掛け1卓。広くはない店内にきっちり詰め込んだ感じ。油煙が店内にこもりがちなのは困りもの。店は御夫婦で切り盛りしているのかな?

005

 ビフカツランチはビフカツ+エビフライ+クリームコロッケの盛り合わせ。柔らかいビフカツの上に甘めのデミグラスソースがたっぷり。エビフライにはこれまたありあまるくらいたっぷりタルタルソースを添えて登場。結構なボリュームかつソースたっぷりの濃い味付けのため、ご飯普通盛りだとおかずのほうが余ってしまいました。特にクリームコロッケ。でもご飯を大盛りにするとどう見ても食い過ぎやし(苦笑)。

 洋食屋というよりは限りなくがっつり系食堂みたいな気もしますが、それゆえに近所の方々に支持されてそこそこ繁盛しているのでしょう。

| | トラックバック (0)

2017.04.01

直ちゃん@延岡 ~ チキン南蛮は延岡生まれ!

013

 宮崎県発祥の鶏肉料理「チキン南蛮」。もっともチキン南蛮がポピュラーになりすぎて全国どこでも食べられるようになり、宮崎発祥であること自体あまり知られていないような気もします。

001_2

 タルタルソースをかけた、現在一般的なタイプのチキン南蛮は宮崎市の「おぐら」が発祥と言われています。ところが、タルタルソースをかけないタイプがチキン南蛮の原型で、その発祥は延岡にある「直ちゃん」だと聞いて早速試食に出かけました。

002_2

 店は延岡駅のすぐ近く、すっかり寂れ果てた飲食店街の一角。周辺の雰囲気や屋号から「食事もできる居酒屋」だと思い込んでいたのですが、驚いたことに純然たる食事処で飲んでいる客は皆無。夜なのに外に2人、店内に2人待ち行列が出来ており、その後も絶えず2、3人並ぶくらいの客入りでしたが、長居する客はいないのでさほど待たされることなく席に案内されました。またテイクアウトも受け付けている模様。

 メニューを見てお目当ての「チキン南蛮定食(900円)」を注文。他に「日向鶏タタキ風定食」「鶏モモ焼き定食」との3本立てですが、ほとんどの客がチキン南蛮を注文していました。

 店内はカウンター8席と4人掛けテーブル4卓、さらに店奥に小上がりといった構成。

008_2

 タルタルソースがかかっていないので、ぱっと見はただのチキンカツ定食。実態は油で揚げた鶏のムネ肉をあっさり味の特製甘酢にさっとくぐらせたもので、当然ながら味わいはその甘酢が全面支配。この甘酢が好きかどうかが全てでしょうなぁ、恐らく。個人的にはご飯のおかずとして酢が主張するものはちょっと苦手で、割とすぐに飽きがきてしまいました。

 そこで登場するのが卓上のマスタードと柚子胡椒。これで味に変化を付けながら食べ進むのが吉。マスタードだとそれこそただのチキンカツっぽくなってしまうので、柚子胡椒のほうが好み。魚介系の出汁が効いた味噌汁が酸味をリセットするのに一役。

 鶏自体は柔らかくてサクサクっと食べられるだけに、「鶏モモ焼き定食」みたいな素材をそのまんま生かした料理のほうが美味かったかもしれんなぁという根源的な疑問をいだきつつ完食。タルタルソースなしタイプのチキン南蛮もこれはこれでありなんですが。

| | トラックバック (0)

2017.03.30

鶏飯(けいはん) ~ 大空食堂@鹿児島空港

001

 鶏飯。「とりめし」ではなく「けいはん」。本来は奄美大島の郷土料理で、茶碗に盛った米飯にほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸などの具材と葱、きざみ海苔、胡麻などの薬味をのせ、丸鶏を煮て取ったスープをかけて食べるものです。

005

 さすがに鉄道がない奄美大島へ行く機会はなかなかありませんが、鹿児島空港の「大空食堂」で「鶏飯バイキング」を出しているのに気づいて早速試食してみました。往訪したのは朝9時半過ぎ。朝10時までのメニューは「朝食バイキング(800円)」のみで、そのメインが鶏飯という格好でしたが、副食や飲み物が付かない「鶏飯バイキング」自体は終日提供されています。

0081

 丼ご飯の上に、椎茸&錦糸卵、さらに海苔や白ごまを添えてみましたが、ビジュアルは甚だ地味。紅しょうがを添えたほうが絵になったかも。

 少々甘めなのは椎茸を入れすぎたせいかな?と思ったのですが、あとでスープだけ飲んでみたらスープ自体も少々甘目。かつご飯にかけることを前提に若干濃い目に出来ており、ご飯よりもうどんが合いそうな気がしました。

 貧乏性丸出しで丼にご飯を目一杯盛ったので、汁かけご飯にも関わらず朝からお腹一杯(苦笑)

| | トラックバック (0)

2017.03.27

キッチンマロ@千駄木 ~ ミックスフライ

006

 よみせ通りの中ほど、谷中銀座の南端からも近い。外観はともかく、ショーケースがすっかり色褪せていてちょっと引いてしまいましたが、意を決して入店。先客ゼロ、後客4。

 屋号に「キッチン」を冠している通り、なんでもありの大衆食堂ではなく一応洋食屋。卓上のランチタイムメニューを見て、先頭の「ミックスフライ(690円:ご飯、味噌汁付き)」を注文。ランチタイムメニューは全部で7種類ありましたが、見事にすべて炒め物。

 店内は厨房に向かってカウンター6席、壁沿いに2人掛けテーブル2卓、さらに店奥の小上がりに3卓。店はお爺さん一人で切り盛りしていました。換気が悪いようで、油煙が店内にこもりがち。そのせいか、店内に貼られたメニューはことごとく茶色く変色しています。

005

 当然ながらサクサクの揚げたてで登場。ミックスフライはメンチカツ&チキンカツといった構成のようで、白身魚とかイカとか野菜とかコロッケとかはなし。要するに全部肉なので、あんまり「ミックス」感がありません。また卓上はソースしかなく醤油を置いてないので、味わいに変化をつけられず。とはいえ、十分満足できるクォリティー。

 ご飯は丼サイズではなく大き目の茶碗。川口の似たような洋食屋で出てくるものと比べるとおかず・ご飯ともボリュームは抑え気味で、その代わりやや安いといった感じでしょうか。この辺は川口より圧倒的に高齢者が多い土地柄に合わせた結果なのかもしれませんが。

| | トラックバック (0)

2017.03.23

こむぎ屋@坂出 ~ カレーうどん

002_2

 高松で食ったうどんが大ハズレ。いかにも観光客向けっぽい店だったのが良くなかったか・・・その口直しを兼ねて坂出で急遽うどん屋をネット検索し、駅から近くて評判が良さげな「こむぎ屋」を往訪した次第。

 駅前のイオンの裏にあり、外観は地味な店ですが入ってびっくり、店は地元客で大賑わい。

 うどん屋で難儀なのは入ってみないとどういう店なのか判らないこと。外観が地味なのでセルフ店と思い込んでいたところ、この店はなんとフルサービスの一般店でした。といっても地元の常連だらけなのでオバチャンが注文を取りに来るというよりは、着席するなりオバチャンに向かってオーダーしている方が大半。

006_3

 もっとも当方は一発でよそ者と見抜かれて、着席するなりオバチャンに「注文が決まったら声かけてくださいね!」と言われました。店先に「本日のサービス品:カレーうどん(300円)」との案内が出ていたので、それを「中(+50円)」で注文。さぬきうどんは麺はもちろん出汁も美味いので、カレーうどんを頼むのは正直邪道だろうと思いますが(苦笑)厳寒期のためか、周囲を見ても汁物の温かいうどんを頼んでいる人だらけで、ぶっかけとかざるとかは皆無。

005_2

 店奥におでんやおにぎりが置いてあって、常連は思い思いにピックアップ。おでんをアテに昼間から一杯やっている人もちらほら。そしてテーブルには水や麦茶のタンクが鎮座。

007

 やや堅めで、コシが強い、いかにも讃岐うどんらしい麺を十二分に堪能。有名店でもなんでもない、いかにも普段使いっぽい店なのに地元客でにぎわっているのも道理。香川のうどん屋の層の厚さを再確認した一杯でした。

| | トラックバック (0)

2017.03.20

八千代@阿波池田 ~ うどん定食

 徳島県西部の山間にある阿波池田駅。鉄道で高知へ行く際に何度も通過してはいますが、降りたのはたぶん初めて。高校野球で有名な池田高校は高台にあって車窓からも良く見えます。

001

 地方都市にありがちなことですが、ここも駅前の商店街は壊滅状態。そんな商店街の中にある大衆食堂「八千代」に入ってみました。商店街は寂れ切っていますが、どこからやってくるのか、店には入れ替わり立ち代わり客がやってきます。

 和洋中なんでもあり、文字通りの大衆食堂。メニューの中から「うどん定食(670円)」を注文。「祖谷そば」もありましたが積極的に推している感じではなかったので、より無難なうどんをチョイス。

006

 素うどんに山菜ごはんとサラダが付いた「うどん定食」。炭水化物に炭水化物を重ねる関西っぽい定食です。大衆食堂のうどんに多くを求めても仕方ないのですが、どちらかといえば讃岐寄りのコシがしっかりした麺で、だしもまずまず。松山の鍋焼きうどんみたいなだしが甘くて麺がやわやわなタイプは個人的に苦手で、地理的に愛媛寄りのものが出てきたら難儀やなと思ったのですが杞憂に終わりました。

005

 常連さんが店奥からおでんやおいなりさんをセルフで取り出すあたりも、香川のうどん屋でよくみかける光景。

011

 街の自慢は昔も今も池田高校。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧