2019.08.20

長田本庄軒@神戸 ~ ぼっかけオムそば

003_20190819133301

 久しぶりに「長田本庄軒」で早めの夕食。今回往訪したのは神戸ハーバーランドumie店で、4時頃という中途半端な時間帯にも関わらず、盆休みらしくフードコートは大賑わい。

 「長田本庄軒」は丸亀製麺等と同じトリドール傘下の「ぼっかけ焼きそば」をウリとする店で、壁のメニューを見て「ぼっかけオムそば・並(730円+税=788円)」を注文。

 フードコート店ですが、店奥で調理して、客はベルで出来上がりの呼び出しを待つのではなく、注文後に客は鉄板前に並んで焼き上がりを待つというスタイルを取っています。そのため調理過程がよく判り、ぼっかけオムそばは先にぼっかけ焼きそばを作り、後からふわふわの卵の皮を作って、そこにぼっかけ焼きそばを乗せて包み込む感じ。

002_20190819133301

 麺は太麺で弾力の強いもっちりしたタイプ。ソースは濃厚かなり甘めでスパイシーなタイプではありません。そこにさらにマヨネーズがこれでもかこれでもかとぶっかけられています。

 そしてこの店のウリである神戸・長田名物の「ぼっかけ」がたっぷり。牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだものですが、ソースの甘辛さとは明らかに違う味わいなので良いアクセントになります。ただ濃い味に濃い味を重ねていることには違いなく、野菜は青ネギがあるだけでキャベツや玉ねぎやもやしはなく、箸休めになるものが少ないので、正直後半はくどさのあまり箸が止まり気味に。

 オムで包むのはビジュアル的には面白いけれども、味わいの上では他の諸々の味が濃すぎて卵の旨味をかき消し勝ちで、これならシンプルな「ぼっかけ焼きそば」で十分でした。

 またこの感じだと野菜多めのモダン焼や広島焼のほうが無難かなぁ・・・

|

2019.08.15

旨辛肉つけうどん@丸亀製麺

002_20190812121201

 丸亀製麺が季節限定メニュー(8月下旬までの販売予定)として売り出し中の「旨辛肉つけうどん・大(790円)」を試食。この商品は新商品ではなく、2年前にも試食済。但し、当時はデフォルトで麺量1.5倍(大盛り相当)入って690円だったのに対し、今回は並・大の区別をつけた上で、並が690円・大790円と実質大幅値上げ。

 なお同時発売の「鶏チャーシューねぎだれぶっかけ」と違って、こちらは店外に広告板が出ていました。

 先に麺とつけ汁だけもらって、会計を済ませている間に牛肉を炒め、後から麺に具を乗せてもらうという面倒なオペレーションは相変わらず。ただ運悪く先客の大家族の大量発注で麺が切れてしまい、麺を新たに茹でる羽目に。そして麺の茹で上がりを待っている間に、オーダーを受けてレジ横で先に調理にかかった牛肉がIH調理器の上ですっかり煮詰まってしまいました。「茹で置きは出さないが、その後の調理オペレーションとは連動していない」という構造から必然的に発生する事故案件です(´・ω・`)ショボーン

001_20190812121201

 麺の上にはごま油がかかった白ネギ、軽く炒めた牛肉と千切りの海苔がたっぷり。さらに牛肉にごまを添えてあります。なお青ネギと揚げ玉は自分でトッピングした分。

 つけ汁はラー油が入っていてピリ辛仕上げ。ただつけ汁そのものが結構甘辛くて濃い上に、すっかり煮詰まってしまった牛肉がこれまた強烈に甘辛なので、全体的に味が濃すぎて参りました。

 つけ汁に温泉玉子が入っていますが、濃すぎるつけ汁をマイルドにする効果はあまり感じられず。蕎麦つゆと違って、何かで割って飲むこともできないので、なんかもったいない感じ。

 つけ麺から派生した、日本蕎麦をつけ汁で食べる「つけ蕎麦」で人気を博している店がいくつかあり、それをヒントに開発されたメニューなのかもしれませんが、完成度は今一つかな? でも半ば定番化しつつあるところを見ると、結構好きな方は多いのでしょう。

|

2019.08.13

ごろごろチキンのバターチキンカレー@松屋

001_20190810124601

 松屋が8月6日より新発売の「ごろごろチキンのバターチキンカレー・大(750円)」を試食。本商品は2019年7月16日より松屋の一部店舗で販売したところ大好評だったので、全国販売に踏み切ったものとのこと。

 なおいつもの新商品と違って「発売後一定期間は大盛無料」というサービスはやっていません。またデフォルトで付いてくるのは味噌汁だけで、サラダは別料金(+100円)なのも要注意。

002_20190810124601

 「松屋フーズのカレー専門店“マイカリー食堂”の人気メニュー『バターチキンカレー』を松屋流にアレンジ」「コクがありマイルドな口当たりで、風味豊かなバターの香りとトマトの旨味が広がるご飯がすすむ逸品です。」というのが松屋のウリ文句。

 「マイカリー食堂」は牛めしよりカレーのほうが圧倒的に美味い松屋のカレー部門がスピンアウトしたようなもので、そこの人気メニューが松屋でも当たるのは当たり前と言えば当たり前。なんで最初から全国販売にしなかったのか不思議でなりません。しかもカレーの出来がどうあれ、「ごろごろチキン」はもはや松屋の十八番ですし。

 カレーは全然辛くなく、またスパイスに特段の工夫というか何がしか凝っているわけでもなさそうですが、「バターカレー」というこってりというかかなり脂がきついカレーの味わいに慣れていないせいか、いつもの松屋の和風というか家庭的なカレーよりは、近所のインド人風のオッサンが作っているカレーに少し寄っているような気がしました。これはこれで一興ですが、個人的にはいつもの奴のほうが好み。

 そしていつも通りに鶏肉がゴロゴロ。計画的に食べないと大盛でもルーが余りそうなくらい。おまけに玉ねぎが煮込まれてぐだぐだにならずにほぼ原型を保っているのも目を惹きました。

|

2019.08.10

鶏モモとごろごろ野菜の甘酢あん定食@松のや

002_20190808150401

 松のやが8月7日より新発売の「鶏モモとごろごろ野菜の甘酢あん定食(680円)」を試食。

 「夏真っ盛り!ボリュームたっぷり鶏モモ肉の唐揚げに食欲そそる甘酢あんと、ごろごろ野菜の相性抜群! 鶏モモ肉をカラッと揚げた唐揚げとレンコン、ズッキーニ、パプリカ、ヤングコーン、さつもいもなどの夏野菜の素揚げに甘酢あんをトロ~リとかけた『鶏モモとごろごろ野菜の甘酢あん定食」』は、野菜もたくさん食べられる体に嬉しい逸品です。」というのが松のやのウリ文句。

001_20190808150401

 見た目通りというかなんというか、味わいといい香りといい甘酢あんが全面支配しており、ほぼ酢豚を食っているようなもの。ただ角切りの豚肉の代わりにぱっと見が似ている鶏モモのから揚げを入れ、野菜を夏野菜主体に変えてみただけという感じ。

 しかし、ここまで酢豚に寄せてしまうと「餃子の王将やその辺の激安中華で普通に酢豚を食べたほうが良いんじゃね?」「唐揚げはからっとさくっと揚がっていてナンボであって、あんまみれの唐揚げにはあんまり価値がないんじゃね?」という気がしてなりません。なんか「松のや」に期待しているのはコレジャナイみたいな。

 前月から売り出し中の「塩ダレかつ定食」と比べて本商品の店頭での広告の扱いが著しく小さいのを見ると、松のやも薄々その自覚があるのかもしれません。

|

2019.08.09

マイカリー食堂@板橋本町 ~ かつカレー

001_20190709132001

 「ごろごろ煮込みチキンカレー」等、度々発売されるカレー関連商品でカレーの実力を何度も証明済の「松屋」。松屋は牛めしよりカレーのほうが美味いと個人的には評価しており、松屋がカレー専門店を出してもなんらおかしくないと思っていたところ、それが実在することを知って早速往訪。わずか4店舗ですが、「マイカリー食堂」というブランドで店舗展開しています。

 訪れたのはその板橋本町店。都営三田線板橋本町駅を出て、中山道を北へ歩いてすぐ。先客1、後客ゼロ。

 カレー専門店なのでメニューも豊富。店外に貼りだされたメニューでじっくり検討の上、人気No.1の「ロースかつカレー・大(650円)」を注文。店内には松屋でおなじみのタッチパネル式の券売機があり、おおまかなメニューから細かいオプションに至るまで全部券売機ボタンで指定。辛さはマイルド・中辛・辛口・特辛・激辛の5段階を同料金で選べるようなので、「辛口」にしました。

 またカレーもオリジナルソースと欧州ソースが選べるようですがこれは券売機で指定する仕様にはなっておらず、かつカレーは「オリジナル」がデフォルトで、何も言わないとそれが出てくるようです。店員からも特に聞いて来ませんでした。

 メニューはかつカレー系の他にオムカレー系、ビーフカレー系、チキンカレー・野菜カレー系など。また期間限定なのか、往訪時には「カシミールチキンカレー」を積極的に売り出していました。

 店内は間口が狭くて奥行きが深く、縦長カウンター6+6席と壁際に2人卓×4。卓上には福神漬の他七味とソースがあるだけでらっきょうはなし。

004_20190709132001

 大盛は飯をたっぷり盛るタイプではなく、皿を大きくして面積を増やすタイプ。いずれにしてもボリュームはなかなかのもの。またオリジナルカレーなので当たり前といえば当たり前ですが、カレーはいつもの。「辛口」の指定通りかなりスパイスを効かせた辛めの仕上がりで、ややとろみがあってコクもそれなり。かつは若干薄い気がしますが硬くはなく、値段からすればこんなもんでしょう。

 ただ松屋のカレーって概して「ごろごろ」とか「ハンバーグ」とかの煮込み系のほうがより美味い気がします。またサラダやなぜか味噌汁まで付いてくる松屋のカレーに慣れてしまったせいか、なんか寂しい気も少々。

 またC&Cみたいな駅ナカの昔ながらのカレー屋よりはかなり美味く、ココイチや日乃屋みたいなカレー専門店よりは安く、コストパフォーマンスで他店を圧倒しているのは確かですが、コンスタントに食べたいかとなるとそれも微妙といったところ。まぁなんか必要以上にバカ高くなってしまったラーメン屋よりはありがたい存在かなと思いますが、実験的な位置づけを脱することが出来るかどうか。

|

2019.08.08

塩キャベツ豚丼@松屋

 松屋はどういうわけか公式サイトには掲載されない「裏メニュー(?)」をSNSと店頭のみで告知&販売することがあります。7月30日から販売を始めた「塩キャベツ豚丼」もその中の一つで、今回はその大盛(610円)を注文。

002_20190804122601

 塩ダレの豚丼といえばこれまで吉野家が先行していたメニュー。それに触発されて開発されたメニューなのかもしれませんが、残念ながら完成度に大差があって、正直松屋としてはハズレ。

 松屋はシンプルな豚丼(豚めし)の販売をだいぶ前に止めてしまったので、塩キャベツ豚丼に乗っている豚は豚焼肉定食の豚の転用だと思いますが、残念ながら枚数こそ多いものの、薄くて少々硬めでぱさつき加減。

 また塩ダレもイマイチで、なんか塩は塩、タレはタレといった感じで一体感がなく、塩ダレに求めたいさっぱり感が皆無。

 さらに悪いことに豚肉の裏にキャベツの他になぜかキュウリも隠れていて、豚丼なのに青臭さを醸し出しており、かつキャベツも心なしかしんなりして、なんか豚丼と浅漬けの合い盛りを食べているような気がします。

 試作品程度の出来だからこっそり販売しているんだろうなぁ、これは。

|

2019.08.07

牛キムチクッパ@吉野家

001_20190803125401

 吉野家が7月29日から9月14日までの期間限定で発売中の「牛キムチクッパ・並(490円)」を試食。無料でハバネロパウダーを追加した「激辛」に変更することも可能ですが、辛さ耐性は高くないので割愛。

 なお本商品は新発売ではなく、2010年11月から期間限定販売されたメニューのリニューアル販売。もっとも当時の牛キムチクッパは「牛丼の具と特製キムチに旨辛スープを合わせた」だけのえらく素寒貧としたメニューだったようです。2010年の世相を考えるとそうなるのも無理はない気もしますが。

 一方今回のは「ご飯の上に吉野家秘伝のたれで煮上げた牛丼の具(牛肉と玉ねぎ)、吉野家特製キムチ、もやしナムル、豆腐をコチュジャンベースのスープに昆布/かつお/しいたけ更に牛肉のエキスをたっぷり効かせた旨辛スープと一緒によそい、最後に青葱をトッピングして提供します。」とちょっと具のバリエーションを増やした感じになっています。もう安かろう悪かろうじゃ売れませんから当然でしょう。

003_20190803125401

 クッパなので当然といえば当然ですが、丼ものというよりは限りなく汁もの。ゆえにご飯の量がやや少なく、ランチがこれだけだとちょっと物足りないかも。でも大盛だとスープとのバランスが崩れそうだし。

 その代わりといってはなんですが、値段の割には具沢山。牛丼業界では最高峰のクオリティーを誇る牛肉がクッパにしては多めに添えられていて、これだけでもそれなりに満足。そこに青ネギともやしナムルという野菜が加わって、くどくもなく飽きも来ないバランスの良さ。そして肝心の旨辛スープの出来が秀逸。キムチ効果で幾分酸味が強めですが、嫌みになるほどでもなく。

 辛さは個人的にはこれで必要にして十分。これ以上辛くするとせっかくの旨味が辛さでかき消されそう。

 松屋の冬の定番「キムチチゲ」に触発されただけの一品かもしれませんが、思いのほか完成度が高くて気に入りました。復活まで長い年月がかかったのが不思議ですが・・・

|

2019.08.02

牛肉と筍のオイスター炒め定食@松屋

001_20190731123201

 松屋が7月23日より期間限定で新発売の「牛肉と筍のオイスター炒め定食(680円)」を試食。

 「松屋の代表的な商品の牛焼肉とシャキシャキ食感の筍・ニンニクの芽をふんだんに使用し、オイスターソースをベースとした甘味・コク・うま味を感じられる仕上がりの松屋特製オイスターダレをたっぷり絡めた、ご飯のすすむ逸品です。」というのが松屋のウリ文句。

002_20190731123201

 パッと見「青椒肉絲」に似ていなくもないのですが、肉が細切りではなく松屋が認める通り「牛焼肉」の転用なので全然違うといっても差し支えないかと。

 ただ「松屋特製オイスターダレ」が曲者で、ご飯がすすむようにとの配慮でこのタレがやたら濃くてしつこいのなんの。脂もはっきりいって多すぎ。

 松屋が開発する中華料理系定食って「麻婆」が傑出して美味いだけで、今回の一品と良い、先日の「回鍋肉」といい、出来がイマイチ。川口なら近所の激安中華料理屋で食べたほうが同値段で遥かにハイレベルなものが出てくるので、わざわざ松屋に来る意味は全くありません。

|

2019.08.01

かめや@下関 ~ たこそば焼

001_20190702182601

 下関駅横に昔からある「シーモール下関」の地下1階。外観からは何の店かさっぱり判りませんが、焼きそば・焼うどん、そしてたこ焼きを出す店で、テイクアウトも可。なんでこの手の店がフードコートの一角に収まらず、立派な店を構えているのか不思議ですが、シーモールが出来る前からの老舗だとか、何がしか理由があるのでしょう。往訪したのは夕方でしたが、最初はがらがらだった店もパラパラと客がやって来て後客6。

 ここには「たこそば焼」という風変わりなメニューがあって、その「小(500円)」を注文。ネーミングはタコ入りの焼きそばみたいなものを想像させますが、何のことはない焼きそば半玉とたこ焼き6個のセット。これを一皿に盛るって関西人でもやらんような(苦笑) なお「大(600円)」だと焼きそばが1玉になります。

003_20190702174501

 注文の際に「からしマヨネーズ」が入っている旨を確認されますが、それもそのはずタコ焼きはからしマヨネーズの味わいが全面支配!!これだと生地に含まれるダシとかはあんまり関係なさげ。また紅ショウガもなし。中はトロトロの今風ではなく外は皮状に厚くて硬く、中もそれなりに火が通ってもっちりといったところ。

 焼きそばはもやし・キャベツ・豚肉を混ぜて甘目のソース味で仕上げたごく普通のタイプ。麺はやや太目。

 いかにも放課後の高校生が好みそうな一品ですが、もうこういうのは今時の高校生には受けないのか、客は年寄りだらけでした。

|

2019.07.30

夏のさっぱりまぐろカツ丼@かつや

003_20190723123001

 「かつや」が2019年7月19日から期間限定で発売中の「夏のさっぱりまぐろカツ丼(637円)」を試食。

 「かつや」は脂ものに脂ものを重ねたような「豚まっしぐら」なメニューを頻繁に出すのが困りものですが、さすがに夏季にそれはきついと見てか、軽めというか「かつや」が使うタームとは信じがたい「さっぱり」系のメニューを投入してきました。

002_20190723123001

 みぞれ状の冷たいタレがかかっているのでぱっと見は判りにくいのですが、丼の上には一口大にカットされた分厚いまぐろカツが2つ。千切りキャベツがその横にたっぷり目に添えられています。

 「塩・おろし生姜・唐辛子・にんにく・玉ねぎ・青ねぎ・ごま油・黒胡麻」からなる8種の薬味だれがウリもののようですが、これが曲者でどう考えても生姜が効きすぎてバランスが悪いのなんの。最初から最後まで口内が生姜でヒリヒリします。さっぱり感に拘り過ぎたんでしょうな、たぶん。またこの薬味タレと千切りキャベツの相性もやや疑問。

 まぐろカツ自体は極めて淡白な味わいなのでタレで補強するのは良いとしても、これなら変に薬味に凝らずにシンプルな生姜醤油&大根おろしでも良かったのではないかと。

 ハズレというほどでもありませんが、「策士策に溺れる」みたいな一品でした。

|

より以前の記事一覧