2022.10.04

ちゃん 四日市店@近鉄四日市 ~ トンテキ

 豚肉のステーキ、俗称「トンテキ」。全く地方色がなさそうな一品ながら、どういうわけか三重県の四日市がその発祥の地として「トンテキ」をガン推ししており、

・濃い味の黒っぽいソースが絡められていること
・厚切りの豚ロース肉を使用していること
・ニンニクが添えられていること
・千切りキャベツの付け合わせがあること

などを主な特徴として挙げています。

Chan_tonteki001

 往訪したのは近鉄四日市駅の西側に広がる飲食店街内の「ちゃん 四日市店」。11時半の開店10分前に到着したところ先客2、開店までに後客3。その後も三々五々客がやって来て、退店時には外待ち3人という盛況ぶりでした。
 
 ランチメニューの中からトンテキ(200g)にライスと味噌汁がついた「四日市セット(1330円)」を注文。
 
 トンテキ推しの店ですが、もともとはラーメン屋だったのか、各種ラーメンとトンテキを組み合わせたメニューも。

 店内はテーブル席のみで、2人卓×5と4人卓×5。卓上には醤油、ラー油、胡椒。

Chan_tonteki002

 ここのトンテキは「豚肉肩ロースをにんにくとラードで蒸し焼きにし、特製ソースでからめ、山盛りのキャベツに盛り付けたもの」とのこと。豚肉には一応切れ目が入っていますが根元はくっついているグローブ状で、ナイフ&フォークはなく、かぶりついて噛み切ることを前提としています。がぶりと行くのに抵抗がある方には「トンテキコマギレ」がお勧め。

 黒々とした特製ソースは脂っぽいものの、ウスターソースに似たサラサラ系。しかしスパイスががっつり効いた風ではなく、ニンニクが目立つ割にはあまりニンニク臭くもありません。ガーリックまみれの松屋にありがちなタレに慣れると意外なくらい薄味と言っても差し支えないレベル。しかも山盛りがキャベツ良い箸休めになるので、全く飽きが来ません。

 ご飯はおかわり自由で、当然ながらおかわりを頼む客が続出。中京圏なので味噌汁は赤だしですが、個人的にはトンテキには全く合わない気が・・・朝ご飯に赤だし味噌汁はむしろ好きなほうですが・・・

|

2022.10.02

牛すき牛盛りうどん@はなまるうどん

Gyumori_hanamaru001

 「はなまるうどん」が2022年9月1日から期間限定で発売中の「牛すき牛盛りうどん・中(790円)」を試食。「牛すき牛盛りうどん」は「肉ガッツリ!!肉肉フェア」で販売されている商品の一つで、「塩ダレ豚盛りうどん」を併売。どちらも小サイズ(1玉)中サイズ(2玉)同価格とのこと。

Gyumori_hanamaru002  

 「牛すき牛盛りうどん」は、「すき焼きのように少し甘く煮た牛肉と玉ねぎをたっぷり盛り付け、さらに青ねぎと半熟たまごをトッピングしています。牛肉、ねぎ、たまごの黄金の組み合わせが食欲を刺激します。ボリュームたっぷりの具材と麺をよく絡めてお召し上がりください。」というのがはなまるうどんのウリ文句。
 
 似たような商品は丸亀製麺でも試食済で「これならハズレようがなかろう」と思ったのですが、作り手の問題なのか、もともとそういう仕様なのか、うどん中盛だと出汁との量的バランスが非常に悪くて参りました。「ひょっとしてこれはぶっかけなのか?」と思って混ぜてみたのですが、ぶっかけと解釈するには出汁が薄い・・・うーん、これはどうしたものか・・・ それでもうどんはなんとか美味しくいただけたのですが、出汁の少なさは半熟たまごの存在感をほぼ無にする方向に働いたみたいで。
 
 丸亀製麺の類似商品と比べると牛肉が必要以上に甘くはない点が数少ない長所でしょうか。

|

2022.10.01

かつはな亭@川口上青木 ~ 熱つ熱つチキンかつランチ

Katuhana2208001

 川口オートレース場の北。「がってん寿司」などを展開しているRDC傘下のとんかつ屋ですが、「がってん寿司」と違って埼玉県には5店舗しかありません。ほぼ1年半ぶりの再訪。

 黄色い看板が遠くからでも目につくロードサイド店ですが主要幹線沿いではなく、しかも最寄り駅はないに等しいという立地で、近所で働いていると思しき方々が作業着で三々五々やってきます。昼間のファミレスやステーキハウスと違ってママ友や子供連れの姿はなし。それでも結構人気があるようで、退店時には店内に待ち客6。

 ランチメニューの中から、「かつや」や「松のや」では見かけないメニューをと思って「熱つ熱つチキンかつランチ(880円)」を注文。汁物・キャベツ・ご飯・漬物付き。汁物は赤出汁か豚汁かを選べるので豚汁で。なおご飯やキャベツ、漬物どころか、汁物までお替り自由。なおかつはな亭は土日もランチメニューをやっている代わりに平日限定の格安メニューはないようです。

 店は大きなボックス席主体でファミレスっぽい作り。とんかつ用のソースは甘口と辛口を用意。サラダ用のドレッシングも2種類ありました。

Katuhana2208003

 最初にキャベツと漬物が出来てます。キャベツおかわり自由サービスは「和幸」が有名ですが、和幸と違ってボウルで別に出てくるのが良いところ。メインディッシュが出てくるまでキャベツ食いまくり!! 野菜補給と称して二郎系ラーメン屋に行くよりははるかに健康的です(苦笑)。

Katuhana2208002

 「熱つ熱つ」といっても別にチキンかつをさらに鉄板で焼いているわけではなく、鉄板の上でいつまでも熱々のカツを楽しめるという趣向。付属の酸味強めな醤油ベースの和風ソースが熱せられて味わいが変わるのもまた一興といったところ。なおチキンかつの下にはキャベツが敷かれています。

 チキンかつ自体は特に可もなく不可もなしといったところですが、ソースにかなりにんにくを効かせてているみたいで、淡白なチキンかつに大根おろしを添えてある割にはがっつり感がありました。

 豚汁は「かつや」の定食に付いてくるものと比べると心持ち薄味かな?また具に玉ねぎが目立つのが気になりました。

 ご飯は最初から大き目の茶碗で出てくるので、それで十分な人も多かろうと思いますが、貧乏性を如何なく発揮してご飯と豚汁、キャベツのお替りをもらって大満足。価格帯的には「かつや」や「松のや」と「和幸」の中間くらいで、とにかくコストパフォーマンスが滅茶苦茶良い上にクォリティーも悪くはなく、中途半端という印象は全く受けませんでした。敢えて言えばついつい食いすぎてしまうのが難点かも(苦笑)

|

2022.09.28

豚トロと豚バラのしょうが焼定食@やよい軒

Syouga_yayoi002

 「やよい軒」が2022年9月13日から期間限定発売中の「豚トロと豚バラのしょうが焼定食(790円)」を試食。
 
 「豚トロと豚バラのしょうが焼定食」は「やよい軒の人気No.1“しょうが焼”に“豚トロ”を加えたボリューム満点の定食の登場です。」「豚肉の2つの部位を一度に楽しめる、肉好きにはたまらない定食です。ジューシーに炒めた豚トロは、厚みのあるカットによる程よい歯ごたえと脂が食欲をそそり、満足感を得られます。たれは、濃口醤油に刻み生姜・おろし生姜・粉末生姜を合わせて使用することで、生姜の風味をしっかりと感じることができます。さらにりんご果汁、バナナピューレを加え、ごはんがすすむコクと甘みのあるタレに仕上げました。豚トロと豚バラ肉の異なる食感の絶妙な相性をぜひお楽しみください。」というのがやよい軒のウリ文句。

Syouga_yayoi001
 やよい軒でしょうが焼きを食べた記憶がないのですが、松屋と比べると客の年齢層がやや高かったり、女性客もそこそこいることを反映してか、炒め物に関しては松屋よりややおとなしめの味付けで個人的には松屋よりずっと好み。でもそれでは物足りないと思う方も多いのか、なぜか傍らにマヨネーズがべっとり付いてくる(千切りキャベツにはドレッシングがかかっているにも関わらず!)辺りが、やよい軒の主要顧客はやはりがっつり食いたいオッサンであることを如実に示しています。
 
 なおやよい軒では「豚トロ」を合わせたことをしきりに強調していますが、しょうが焼きの中で豚バラと混じってしまうと味わいに大きな違いが出る訳でもなく、見た目や食感で「これは豚バラではないな?」と思う程度。正直企画倒れで、全部豚バラにして工程を単純化して値段を下げてもらったほうがありがたかったのですが・・・

|

2022.09.27

すみよし@那珂湊 ~ ソース焼きそば

Nakaminatoyakisoba001

Nakaminatoyakisoba002

 茨城県にあるひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅で盛んに宣伝されている「那珂湊焼きそば」。

Nakaminatoyakisoba003  

 那珂湊焼きそばを提供する代表的な店としてネット等でよく紹介されている「すみよし」へ行ってみました。駅から徒歩10分弱。おさかな市場へ向かう途中にあります。外観から察しが付くように焼きそばがメインの店ではなく、冬のあんこう鍋等本来は割烹料理屋のようです。
 
 注文はタブレット端末から。上のほうにあるタブは「あんこう料理」や「うなぎ御膳」。「焼きそば」のタブは下の方にあって判り辛いのですが、早速「ソース焼きそば・大(715円)」を注文。「中」だと605円。なお「しょうゆ焼きそば」もありましたが、ソース焼きそばより200円以上高いのが謎でした。

 店内は割烹料理屋らしくテーブル席のみ。でも小上がりにもちゃぶ台ではなくテーブルをずらずらっと並べたのは足が悪い方に配慮したのかな?

Nakaminatoyakisoba004

 焼きそばにしては白っぽいルックスで登場。「底にソースが溜まっているのでよく混ぜて」と案内され、一頻りまぜまぜ。

 麺は太目のほぼストレートタイプでややざらつきのある口当たりなのはともかく、麺が極端に短いのが特徴。若干柔らかめの仕上がりなのは「手延べせいろ蒸し麺」であることから来ているのかな?

 具はキャベツ、刻み玉ねぎをメインにもやしが少々、わずかに紅しょうが。そして青海苔がアクセントに。肉や海産物は全く見当たらず。また玉ねぎはともかくキャベツの刻みもかなり細かいせいか、具は少なく感じました。
 
 せいろ蒸しにするときの差し水替りに豚骨系スープを使用している上に、野菜をラードで炒め、さらにウスターソースと豚骨スープが混ざったタレを絡めて食べることから、白っぽいルックスに相反してかなり脂っぽい印象を受けました。しつこくはないものの、具が多くはないせいか、少々飽きやすいかなぁ・・・そこで別添のホワイトペッパーで変化をつけながらフィニッシュ。

Nakaminatoyakisoba005

Nakaminatoyakisoba006  

 ついでに近隣のおさかな市場を冷かしたり、反射炉跡を見学したり。

|

2022.09.25

彩り野菜煮込みカレー@松屋

Vegicry001

 松屋から2022年9月20日より発売中の「彩り野菜煮込みカレー(650円)」を試食。松屋と言えば何と言ってもカレー。松屋のカレーといえば「ごろごろ」が得意技でしたが、今回は「煮込み」のほうで勝負に出ました。
 
 「彩り野菜の煮込みカレー」は、「赤ピーマン、黄色と緑色のズッキーニが入った、トマトベースの南欧風の煮込みカレーで、1皿で1日に必要とされる野菜摂取量の半分が摂れる逸品です。」というのが松屋のウリ文句。

Vegicry002

 「写真の撮り方次第だろ?」と言われればそれまでですが、野菜をしっかり煮込んだ結果、それらが半ばカレーに溶け込んで渾然一体となった結果、ポスター写真ほど野菜の彩りは目立たず、ルックスは一般的なカレー同様いたって地味。
 
 でも味わいはいかにもトマトベースらしい酸味強め。南欧風なのかどうかはよく判りませんが、辛さとか刺激とかは無縁の、とにかく旨味で押しまくるなかなかの出来で気に入りました。
 
 これでは量的に物足りない方には「彩り野菜煮込みカレギュウ」「彩り野菜煮込みハンバーグカレー」「彩り野菜煮込みごろごろチキンカレー」が併売されています。

|

2022.09.19

魯肉飯@松屋

Rurohan001

 松屋から2022年9月13日より発売中の「魯肉飯(ルーローハン:680円)」を試食。ひと頃シュクメルリやカチャトーラなど、世界の味を日本のごはんに合うようアレンジ開発に挑戦し続けていた松屋が、忘れた頃に繰り出してきた台湾編という位置づけのようです。

Rurohan002

 「ダイス状にカットした豚バラ肉を甘辛の特製ダレでとろとろになるまで煮込んだ松屋の『魯肉飯』は、煮汁とごはんの相性は抜群。自社製(沖縄除く)の味付け玉子でまろやかに、山椒でピリっと風味をプラスしながらお召し上がりいただけます。」というのが松屋のウリ文句。
 
 「とろとろになるまで」というのはあながち誇張ではないものの、保存方法が良くないのか肉バラ肉は若干パサつき気味。でも特製ダレの出来及び煮込み加減が絶妙なのか、煮汁共々重くしつこくならない範囲で甘辛に仕上がっています。
 
 一方味付け玉子はイマイチ。ちょっと薄味すぎて肉バラ肉や煮汁の力を借りないとご飯のおかずにはならず、単に見た目を派手にしただけみたいな。
 
  なお台湾料理だと香草だとか八角みたいな癖の強い香辛料が多用されていると難儀と思いましたが、その辺は現地風には全然拘らない松屋の「世界の味」シリーズらしく、全然変な癖は感じませんでした。

 「シュクメルリ」ほどのインパクトはありませんが、世界の味シリーズとしては十分合格圏内でしょう。

|

2022.09.18

アジフライ定食@松のや

Ajifurai2209001

 「松のや」が2022年9月14日より発売中の「アジフライ定食(740円)」を試食。もっともこれは新商品でもなんでもなく、「人気定番メニュー」だそうで3年半前に試食済。また今回は無料サービス券でポテサラを付けてもらいました。
 
 なお9月21日には「カキフライ」も登場する予定で、この両者は松のや公式Twitterアカウントにおいて8月に実施した海鮮フライアンケートの結果、海老フライとほぼ同率の人気票を獲得した海鮮フライだそうです。

 「真あじを使ったアジフライは、とんかつ専門店ならではのサクサク感。鯵の美味しさを味わえる『さくっと』『ふわっと』を実現した逸品です。」というのが松のやのウリ文句。

Ajifurai2209002  

 アジフライは思いのほか巨大で厚みがあり、2枚も食べるともうおかずには十分すぎるくらい。1枚目は付属のタルタルソースを試してみましたが、悪くはないもののちょっと味がきつすぎて飽きが来るのが早そう。よって2枚目は醤油であっさりと頂きました。個人的には醤油のほうが断然好み。ただ3年半前には付いていたカットレモンがなくなってしまったのは残念。また「松のや」はウスターソースを置いてないので、関西っぽい食べ方が出来ないのも残念至極。
 
 「松のや」って基本的にロースかつがウリもので、海鮮系のフライを出すのは例外的ですが、やはりトンカツで培ったノウハウは侮れないようで、「さくっと」「ふわっと」という形容は誇張でもなんでもなく、非常に心地よい仕上がり。

 アジフライ定食自体は別に目新しくもなんともなく、「ときわ食堂」のような古典的な大衆食堂の看板メニューだったり、居酒屋のランチ営業でごく当たり前に出てきたりするもの。ただ「松のや」のような大規模チェーン店での提供は案外ありそうで無く、「松のや」は面白いところに目をつけました。

|

2022.09.16

秋の彩りちゃんぽん@リンガーハット

Akiirochanpon002

 リンガーハットが2022年9月5日から期間限定で販売中の「秋の彩りちゃんぽん(890円)」を試食。この商品は今夏に期間限定販売された「夏野菜と豚しゃぶ冷やしちゃんぽん」に続くリンガーハットグループ60周年記念メニュー第2弾です。
 
 またこの商品はリンガーハット初となる酸辣湯スープを使用した商品で「酸味と辛みをバランスよく合わせた、リンガーハット自慢の国産野菜を最後まで美味しく食べることができる、旨味たっぷりのとろみのある酸辣湯スープです。程よく食べやすい酸味と辛さですので、卓上の酢やラー油、胡椒を入れ、自分好みの味で楽しんでください。」というのがリンガーハットのウリ文句。
 
 またちゃんぽんらしく野菜たっぷりなだけでなく、彩りをぐっと派手にしたのもこの商品の特徴で「通常のちゃんぽんでも使用している野菜に、赤パプリカやカボチャ、ミニトマト、コーン、小松菜と、彩り豊かな野菜を加え、たっぷりの国産野菜を使用しています。カルシウム、β-カロテン、ビタミンCなどを多く含み栄養価の高いケールも使用しています。」とのこと。上に乗っかっている大きめのパセリみたいなのがケールかな?

Akiirochanpon001  

 個人的には酸辣湯はそんなに好きではないのですが、「秋の彩りちゃんぽん」はびっくりするくらい餡がたっぷりでスープというより全体がほぼゾル状。ちょっと苦手な酸味が餡に絡めとられて、その妙な尖がり、過剰な刺激なんてすっかりなくなってしまい、旨味にアクセントを加える程度に収まっていて気に入りました。普段は苦手なプチトマトも青臭さが消えて良い感じに。
 
 ただ麺はもちろんのこと、たっぷり入っているはずの野菜も細かく刻んであるせいか、ほとんど餡の中に埋没しているせいか、量がそんなに多くは見えないのが難といえば難。でも麺量はレギュラーでも200gあり、スープはほぼゾル状なのでこれまた飲むというより麺や野菜に絡まって自然体で全部食べてしまうので見た目よりはボリュームがあります。
 
 リンガーハットはプレーンな「長崎ちゃんぽん」の出来が良いので、期間限定商品で出てくる変化球に大当たりはなかなか出ないのですが、この商品はかなり当たりな部類。でも酸辣湯スープだとやっぱちゃんぽんを食った気がしないんだよなぁ・・・変化球というかもはや別のスポーツみたいな。

|

2022.09.14

茄子の炸醤麺@餃子の王将

Jarjanmen002

 「餃子の王将」が9月限定メニューとして販売中の「茄子の炸醤麺(750円)」を試食。ついでに「ライス小(165円)」を付けて見ました。

Jarjanmen001  

 「肉の旨味が効いたコク旨炸醤タレが、たっぷりの瑞々しい茄子ともちもちの太麺によく絡みます。風味豊かな香味辣油と四川山椒がピリッとほどよいアクセントに!」というのが餃子の王将のウリ文句。
 
 見た目はほぼ麺入りの麻婆茄子。ただ一般的な麻婆茄子ほど辛くなく「ピリ辛」にも及ばないかと。「肉の旨味が効いたコク旨炸醤タレ」が濃すぎるとかしつこすぎるという懸念からご飯を付けてみたのですが、多めに添えられた茄子は油まみれであってもなおその味自体は超淡白なので全体として味が濃すぎるわけではなく、量的な問題を抜きにすれば正直ご飯は不要でした。
 
 麺は中太ストレートタイプでややざらつきのある口当たり。作り手によるブレなのでしょううが少々硬めの仕上がりで「もちもち」という感じは受けませんでしたが、これはこれで悪くありません。
 
 餃子の王将の焼きそばは麺を大幅に改善して以来ハズレがありません。ラーメンの麺ももうちょっと頑張って欲しいのですが・・・

|

より以前の記事一覧