2017.04.14

洋食 あけぼの@神戸・新在家 ~ ビフカツランチ

001

 神戸に来ても「神戸牛」には手が出ません(´・ω・`)ショボーン というわけで「ビフテキ」で我慢。往訪したのは灘界隈を散策していた際に通りかかった「あけぼの」。阪神電鉄新在家駅から国道2号線を西へ。場所柄観光客には無縁の、こじんまりした洋食屋さんです。先客6、後客5と地元客でそこそこ繁盛。

 メニューはたくさんあるけれども川口価格の洋食に慣れてしまうとどれもチト高いなぁ。でもせっかくなので「ビフカツランチ(1600円)」を注文。「ビフカツ定食」「ビフカツセット」と似たようなメニューが同価格で並んでいるのが不思議。ごはん大盛りが無料サービスなのに後で気づくも時すでに遅し。

 店内は縦長カウンター5席と2人掛けテーブル3卓、4人掛け1卓。広くはない店内にきっちり詰め込んだ感じ。油煙が店内にこもりがちなのは困りもの。店は御夫婦で切り盛りしているのかな?

005

 ビフカツランチはビフカツ+エビフライ+クリームコロッケの盛り合わせ。柔らかいビフカツの上に甘めのデミグラスソースがたっぷり。エビフライにはこれまたありあまるくらいたっぷりタルタルソースを添えて登場。結構なボリュームかつソースたっぷりの濃い味付けのため、ご飯普通盛りだとおかずのほうが余ってしまいました。特にクリームコロッケ。でもご飯を大盛りにするとどう見ても食い過ぎやし(苦笑)。

 洋食屋というよりは限りなくがっつり系食堂みたいな気もしますが、それゆえに近所の方々に支持されてそこそこ繁盛しているのでしょう。

| | トラックバック (0)

2017.04.01

直ちゃん@延岡 ~ チキン南蛮は延岡生まれ!

013

 宮崎県発祥の鶏肉料理「チキン南蛮」。もっともチキン南蛮がポピュラーになりすぎて全国どこでも食べられるようになり、宮崎発祥であること自体あまり知られていないような気もします。

001_2

 タルタルソースをかけた、現在一般的なタイプのチキン南蛮は宮崎市の「おぐら」が発祥と言われています。ところが、タルタルソースをかけないタイプがチキン南蛮の原型で、その発祥は延岡にある「直ちゃん」だと聞いて早速試食に出かけました。

002_2

 店は延岡駅のすぐ近く、すっかり寂れ果てた飲食店街の一角。周辺の雰囲気や屋号から「食事もできる居酒屋」だと思い込んでいたのですが、驚いたことに純然たる食事処で飲んでいる客は皆無。夜なのに外に2人、店内に2人待ち行列が出来ており、その後も絶えず2、3人並ぶくらいの客入りでしたが、長居する客はいないのでさほど待たされることなく席に案内されました。またテイクアウトも受け付けている模様。

 メニューを見てお目当ての「チキン南蛮定食(900円)」を注文。他に「日向鶏タタキ風定食」「鶏モモ焼き定食」との3本立てですが、ほとんどの客がチキン南蛮を注文していました。

 店内はカウンター8席と4人掛けテーブル4卓、さらに店奥に小上がりといった構成。

008_2

 タルタルソースがかかっていないので、ぱっと見はただのチキンカツ定食。実態は油で揚げた鶏のムネ肉をあっさり味の特製甘酢にさっとくぐらせたもので、当然ながら味わいはその甘酢が全面支配。この甘酢が好きかどうかが全てでしょうなぁ、恐らく。個人的にはご飯のおかずとして酢が主張するものはちょっと苦手で、割とすぐに飽きがきてしまいました。

 そこで登場するのが卓上のマスタードと柚子胡椒。これで味に変化を付けながら食べ進むのが吉。マスタードだとそれこそただのチキンカツっぽくなってしまうので、柚子胡椒のほうが好み。魚介系の出汁が効いた味噌汁が酸味をリセットするのに一役。

 鶏自体は柔らかくてサクサクっと食べられるだけに、「鶏モモ焼き定食」みたいな素材をそのまんま生かした料理のほうが美味かったかもしれんなぁという根源的な疑問をいだきつつ完食。タルタルソースなしタイプのチキン南蛮もこれはこれでありなんですが。

| | トラックバック (0)

2017.03.30

鶏飯(けいはん) ~ 大空食堂@鹿児島空港

001

 鶏飯。「とりめし」ではなく「けいはん」。本来は奄美大島の郷土料理で、茶碗に盛った米飯にほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸などの具材と葱、きざみ海苔、胡麻などの薬味をのせ、丸鶏を煮て取ったスープをかけて食べるものです。

005

 さすがに鉄道がない奄美大島へ行く機会はなかなかありませんが、鹿児島空港の「大空食堂」で「鶏飯バイキング」を出しているのに気づいて早速試食してみました。往訪したのは朝9時半過ぎ。朝10時までのメニューは「朝食バイキング(800円)」のみで、そのメインが鶏飯という格好でしたが、副食や飲み物が付かない「鶏飯バイキング」自体は終日提供されています。

0081

 丼ご飯の上に、椎茸&錦糸卵、さらに海苔や白ごまを添えてみましたが、ビジュアルは甚だ地味。紅しょうがを添えたほうが絵になったかも。

 少々甘めなのは椎茸を入れすぎたせいかな?と思ったのですが、あとでスープだけ飲んでみたらスープ自体も少々甘目。かつご飯にかけることを前提に若干濃い目に出来ており、ご飯よりもうどんが合いそうな気がしました。

 貧乏性丸出しで丼にご飯を目一杯盛ったので、汁かけご飯にも関わらず朝からお腹一杯(苦笑)

| | トラックバック (0)

2017.03.27

キッチンマロ@千駄木 ~ ミックスフライ

006

 よみせ通りの中ほど、谷中銀座の南端からも近い。外観はともかく、ショーケースがすっかり色褪せていてちょっと引いてしまいましたが、意を決して入店。先客ゼロ、後客4。

 屋号に「キッチン」を冠している通り、なんでもありの大衆食堂ではなく一応洋食屋。卓上のランチタイムメニューを見て、先頭の「ミックスフライ(690円:ご飯、味噌汁付き)」を注文。ランチタイムメニューは全部で7種類ありましたが、見事にすべて炒め物。

 店内は厨房に向かってカウンター6席、壁沿いに2人掛けテーブル2卓、さらに店奥の小上がりに3卓。店はお爺さん一人で切り盛りしていました。換気が悪いようで、油煙が店内にこもりがち。そのせいか、店内に貼られたメニューはことごとく茶色く変色しています。

005

 当然ながらサクサクの揚げたてで登場。ミックスフライはメンチカツ&チキンカツといった構成のようで、白身魚とかイカとか野菜とかコロッケとかはなし。要するに全部肉なので、あんまり「ミックス」感がありません。また卓上はソースしかなく醤油を置いてないので、味わいに変化をつけられず。とはいえ、十分満足できるクォリティー。

 ご飯は丼サイズではなく大き目の茶碗。川口の似たような洋食屋で出てくるものと比べるとおかず・ご飯ともボリュームは抑え気味で、その代わりやや安いといった感じでしょうか。この辺は川口より圧倒的に高齢者が多い土地柄に合わせた結果なのかもしれませんが。

| | トラックバック (0)

2017.03.23

こむぎ屋@坂出 ~ カレーうどん

002_2

 高松で食ったうどんが大ハズレ。いかにも観光客向けっぽい店だったのが良くなかったか・・・その口直しを兼ねて坂出で急遽うどん屋をネット検索し、駅から近くて評判が良さげな「こむぎ屋」を往訪した次第。

 駅前のイオンの裏にあり、外観は地味な店ですが入ってびっくり、店は地元客で大賑わい。

 うどん屋で難儀なのは入ってみないとどういう店なのか判らないこと。外観が地味なのでセルフ店と思い込んでいたところ、この店はなんとフルサービスの一般店でした。といっても地元の常連だらけなのでオバチャンが注文を取りに来るというよりは、着席するなりオバチャンに向かってオーダーしている方が大半。

006_3

 もっとも当方は一発でよそ者と見抜かれて、着席するなりオバチャンに「注文が決まったら声かけてくださいね!」と言われました。店先に「本日のサービス品:カレーうどん(300円)」との案内が出ていたので、それを「中(+50円)」で注文。さぬきうどんは麺はもちろん出汁も美味いので、カレーうどんを頼むのは正直邪道だろうと思いますが(苦笑)厳寒期のためか、周囲を見ても汁物の温かいうどんを頼んでいる人だらけで、ぶっかけとかざるとかは皆無。

005_2

 店奥におでんやおにぎりが置いてあって、常連は思い思いにピックアップ。おでんをアテに昼間から一杯やっている人もちらほら。そしてテーブルには水や麦茶のタンクが鎮座。

007

 やや堅めで、コシが強い、いかにも讃岐うどんらしい麺を十二分に堪能。有名店でもなんでもない、いかにも普段使いっぽい店なのに地元客でにぎわっているのも道理。香川のうどん屋の層の厚さを再確認した一杯でした。

| | トラックバック (0)

2017.03.20

八千代@阿波池田 ~ うどん定食

 徳島県西部の山間にある阿波池田駅。鉄道で高知へ行く際に何度も通過してはいますが、降りたのはたぶん初めて。高校野球で有名な池田高校は高台にあって車窓からも良く見えます。

001

 地方都市にありがちなことですが、ここも駅前の商店街は壊滅状態。そんな商店街の中にある大衆食堂「八千代」に入ってみました。商店街は寂れ切っていますが、どこからやってくるのか、店には入れ替わり立ち代わり客がやってきます。

 和洋中なんでもあり、文字通りの大衆食堂。メニューの中から「うどん定食(670円)」を注文。「祖谷そば」もありましたが積極的に推している感じではなかったので、より無難なうどんをチョイス。

006

 素うどんに山菜ごはんとサラダが付いた「うどん定食」。炭水化物に炭水化物を重ねる関西っぽい定食です。大衆食堂のうどんに多くを求めても仕方ないのですが、どちらかといえば讃岐寄りのコシがしっかりした麺で、だしもまずまず。松山の鍋焼きうどんみたいなだしが甘くて麺がやわやわなタイプは個人的に苦手で、地理的に愛媛寄りのものが出てきたら難儀やなと思ったのですが杞憂に終わりました。

005

 常連さんが店奥からおでんやおいなりさんをセルフで取り出すあたりも、香川のうどん屋でよくみかける光景。

011

 街の自慢は昔も今も池田高校。

| | トラックバック (0)

2017.03.13

楽味家 まるげん@伊東 ~ 網代イカメンチ

 網代がB級グルメとして売り出している「イカメンチ」。網代温泉観光ナビによると「網代に昔から伝わる家庭の味・母の味であり、地元で水揚げされたアジ、サバ、イカ、トビウオなどのすり身を使用し、刻んだイカや野菜と調味料を加えてつみれにした後に、揚げる、焼く、茹でるなどの方法で加熱調理した郷土料理(水産練製品)」とのこと。

002_2

 ただ網代を車で通りかかるのならともかく、温泉地としてはかなりマイナーで単なる漁港という色彩が強い網代に電車で途中下車するのは少々面倒。そこで近隣の伊東でイカメンチを出しているところはないかと調べて、「楽味家 まるげん」を往訪した次第。湯の花通りにあり、駅からも徒歩5分程度。居酒屋が本業ですがランチメニューも充実していて、観光客で賑わっていました。店先にも「俺のイカメンチ」の文字が躍っています。

 ところが卓上のランチメニューを見ると「イカメンチ定食」はありません。イカメンチは単品でしかやってないのかと思って女将さんに聞いたところ、イカメンチ2個にお刺身が付いた「イカメンチ定食(1560円)」ができるとのことでひと安心。

011

 どどーんと登場。おまけという認識だった刺身が案外でかくて主役のはずのイカメンチを食う勢い。実態としては刺身定食にイカメンチを2個付けたといって差し支えないでしょう。

010

 予想以上にイカの自己主張、イカのつぶつぶ感が強くて、さつま揚げみたいなすり身の揚げ物とは完全に一線を画しています。とはいえ揚げ物は揚げ物なのでビールのアテには最適。微妙にコリコリする食感も楽しい。

 また揚げ物と言ってもイカ中心の海産物ベースなので、肉のミンチほど重くなく、刺身と合わせても全く違和感がありません。ただご飯のおかずとしては3個以上食うと飽きるかなぁ。思った以上に刺身のボリュームがあったので、半分くらいご飯のお替りをサービスしてもらって大満足。

 シンプルかつ当たり外れがなく、いかにも万人受けする一品。食材は網代じゃないと採れないものを使っているわけではないので、熱海や伊東一帯で食べられると良いのですが。

| | トラックバック (0)

2017.03.06

海人のいえ@大山 ~ 沖縄そば&じゅーしー

006

 東武東上線大山駅から東へ延びる商店街内。先客ゼロ、後客1。

 城北では珍しい沖縄そば専門店で、店内の券売機で「沖縄そば(680円)」と「ランチじゅーしー(150円)」を注文。沖縄そばは大昔に沖縄へ行った際に試食したっきり。

 店内は厨房に向かってカウンター6席と壁沿いに2人掛けテーブル2卓。店員同士の会話を聞いていると、店長らしき人は調理にタッチしておらず、パートさんを適宜シフトして回しているみたいで。

003

 店内の能書きによると、スープは「昆布、椎茸、肉、野菜、鰹節のエキスが凝縮した」ものとのこと。最初は鰹節の味わいが前面に出ているような気がしましたが、飲み進むにつれて昆布をはじめとする各種食材の旨味もどっと押し寄せて来ます。あっさり味で化学調味料不使用とのことですが、無化調にありがちな物足りなさは微塵も感じられず、ついついぐいぐいと惹き込まれてしまいました。

 麺はぱっと見うどんに酷似。うどんにしては若干細いかなといったところですが、食感はまるで違っていてかなり堅め。しかも粉っぽいともとれるくらいの食感で、あっさりスープに対してどう考えても強すぎてバランスを逸している気が。小麦粉と木灰水だけで製麺した「木灰麺」とのことですが、これは好みに合わず。

 しかし、しっかり煮込まれたバラ肉チャーシューが絶品。チャーシューをちびちび齧ってスープの絡みがイマイチな麺をサポートしながら食べ進むのが吉。

004

 じゅーしーは濃い目の味加減で脂もちょっと多いかなぁ。単品で食べると些かくどいかもしれません。あっさり味の沖縄そばと組み合わせてちょうどいい塩梅。

| | トラックバック (0)

2017.02.12

炭焼きレストラン さわやか 長泉店@三島 ~ げんこつハンバーグランチ

012

 静岡県で絶大な支持を集め、今や全国レベルの人気を誇るようになった「炭焼きレストラン さわやか」。如何せん静岡県内にしか店舗がなく、しかも車がないと行けないような店がほとんどなのでなかなか往訪する機会がありませんでしたが、ついに悲願達成!

 往訪したのは昨年12月1日に出来たばかりの長泉店。三島駅北口から徒歩20分弱程度。11時開店5分前くらいに到着したところ、なんと平日にも関わらず店先には長蛇の列が(@_@) ウェイティングリストをちらっと見たら、最先頭は10名の団体さん。その後もずらずらと待ち客が合計30名くらい。なんで平日の朝から制服姿の女子高生がおんねん・・・と静岡県における圧倒的な「さわやか」人気を実感。

 30分くらい待ってようやく着席。早速平日ランチメニューの中から「げんこつハンバーグランチ(1166円)」を注文。ライス/パンとスープ付き。往訪した日はたまたま「げんこつおにぎりフェア」開催中で、さらにソフトドリンクが付いてきました。またソースはオニオンとデミグラスの二種類がありますが、オニオンで食べるのが「げんこつ」の主流派みたいで。

 天井が高く、しかも木を多用した店づくりですが、店内の雰囲気はファミレスそのもので全席ボックス席。一人客でもボックス席ゆえゆったりできますが、その反面回転は悪い。

010

 最初に鉄板に乗った俵状のハンバーグが登場。店員がそれを縦に割って鉄板に押し付けて焼きを加え、さらにオニオンソースをかけて出来上がり。この過程で油やソースが周囲に飛び散るので、客が紙を捧げ持って油等をよけるというのが「さわやか」流の儀式みたい。説明されるまで、予め渡された紙の意味がわかりませんでした(^_^;)

 表面がしっかりこんがり焼かれているのでナイフがないと切り分けづらく、この辺はファミレスのいかにも子供向けのやわやわハンバーグと全然違います。しかもひとたびナイフを入れると、中は赤身が結構残って肉汁たっぷり! 赤身残りまくりなハンバーグってあんまり見たことないわ! そしてこの外と中のコントラストこそ「備長炭の強火と遠赤効果」なのか!! いやぁ、実に肉々しいハンバーグ。

 サイズが250gあってボリュームもたっぷり。ポテトやコーン等でごてごてと増量せず、ほぼハンバーグだけでドーンと勝負しているのが良い。ライスが少なく感じるくらい。

 確かにこれは嵌る。人気があるのも道理。ただ平日でこれだと休日の行列なんて想像するだけでクラクラしそうだし、地方色があるグルメでもないから時間を浪費してまでもう一回来るかとなるとちょっとなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.02.11

大正庵釜春@岡崎公園前 ~ 八丁味噌まぜめん

005

 名鉄名古屋本線岡崎公園前駅の真ん前。岡崎では特産の「八丁味噌」を活かしたご当地グルメとして「岡崎まぜめん」を売り出し中で、往訪した大正庵釜春もそのプロジェクトに参加している店の一つ。店先に「岡崎まぜめん」の幟が揺れていますが、本来は「釜揚げうどん」がウリの店で、宴会でも出来そうな小上がり主体のバカでかい店です。

 ただメニューを見てもなかなかまぜめんが見つからず、ようやく「八丁味噌煮込みうどん」の横に「八丁味噌まぜめん(850円)」と細ーく書かれているのを見て早速注文。この書きぶりだとあんまり積極的に推している風では無さげ。温/冷が選べるようですが、冬季ゆえもちろん「温」で。

 「岡崎まぜめんプロジェクト」によると、岡崎まぜめんとは?~定義八ヶ条~

 一、八丁味噌を使用!!
 二、なたね油赤水を使用!!
 三、汁なしである!!
 四、麺料理である!!
 五、ちゃんとまぜる!
 六、自分オリジナルの食べ方を見つける!!
 七、まぜめんを食べ歩こう!!
 八、まぜ友を増やそう!! 

定義を満たしていれば、料理のジャンルは問いませんと、無理やり作ったご当地グルメにありがちなめっちゃアバウトなもの。

004_2

 最初になぜか刻みネギが登場。続いてまぜめんがラー油と半熟卵と共に登場。麺の上にはネギ、ニンジン、カイワレが、生姜が彩りを添えてはいますが、基本的にこげ茶色の八丁味噌が主体。最初に半熟卵を割り入れて、ひとしきりまぜまぜ。ラー油はお好みで入れるとのこと。肉味噌の中に何やらごてごて混じっていますが、これは細切れチャーシューではなくタケノコでした(´・ω・`)ショボーン

 うどんは太麺で柔らかい口あたりで、もっちりしたタイプ。うーん、これはあまり好みではない。また見た目通りに八丁味噌が味わいを全面支配しまくるかと思いきや、まぜめんの野菜が多いためか「味噌煮込みうどん」ほど味噌臭くなくて、甘めな感じがしました。これはこれで一興。

 ただ味が濃いので、生姜で多少アクセントを加えているといっても単調で飽きやすい嫌いは否めず。そこでラー油を少量たらしてみましたが、そこは八丁味噌の力。ラー油をかき消してしまい、ほとんど味変にならず。薬味ねぎを追加投入して完食。

 まぜそばはラーメンから派生したジャンルとしてすでに地位が確立されており、それと比べるとイマイチかなぁ。うどんはシンプルに出汁なり醤油なりで食うのが一番で、ごてごてと混ぜれば混ぜるほどその味わいがダメになるような気がしました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧