2017.06.14

こいけ@青山一丁目 ~ 濃厚鶏白湯そば

010

 地下鉄銀座線青山1丁目駅を出て青山通りを渋谷方面へ歩いてすぐ。隣に吉野家あり。店は地下1階にあり、開店直前に到着したところ先客4。開店後ぞろぞろ客がやって来て、退店時には外待ち2。結構な人気店のようです。

 店内の券売機ボタン先頭は「濃厚醤油鶏そば」でしたが、外観等からどう見ても「鶏白湯」が推しっぽいので、2番目の「濃厚鶏白湯そば(790円)」を注文。他に「濃厚辛味噌鶏そば」「鶏白湯そば」「鶏つけめん」「ガッツリ鶏まぜそば」など。ランチサービスはありませんが、各種セットメニューが充実しています。

 店内はカウンター6+2+2席と4人卓×2、2人卓×1。広くはない店内にぎっしり客席を設けているのでかなり手狭。水セルフ。

006

 スープはとろみを通り越して粘り気があるといったほうが良いくらいのドロドロ。鶏の旨味がぎゅっと凝縮されたような感じなのに食べ手を選ぶような鶏臭さはありません。しかも「濃厚」を謳うスープにありがちな「必要以上の味の濃さ」とは無縁で、塩ダレも鶏の旨味をかき消さない程度にとどめています。

 麺は細めのストレート麺。堅めに仕上げているわけではないのにドロドロスープに負ける様子はなく、これはこれで悪くありません。当然ながらスープが麺に絡みつきまくりで、自然体でもどんどんスープが減ってゆきます。

 鶏チャーシューは淡白すぎて、このスープに合わせるにはちょっともったいないかと。味わいがはっきりした鶏つくねのほうが相性良さげ。他にきくらげ、糸唐辛子、刻みネギ。

 焼き鳥屋の職人とラーメン屋の職人とのコラボで誕生したお店だそうですが、焼鳥屋が副業で出しているラーメンが結構美味いという例は他でもあり、ここもその例に倣ったのかも。「またお前か」の範疇にしては上々の出来だと思います。

| | トラックバック (0)

2017.05.27

纏@新橋 ~ 平子煮干そば

001

 新橋駅烏森口・ニュー新橋ビルの斜向かいのビルの奥。昔は建物と建物の間の隙間みたいなところにある店という趣きでしたが、手前のビルがいつの間にか駐車場になってしまったので、これでもだいぶ判りやすくはなりましたが。

 4年ぶりの再訪で開店直前に到着したところ先客ゼロ。ところがあっという間に満席になり、退店時には外待ち7。但し場所柄昼飯を食いに来たオッサンだらけで食ったらさっさと退散。店の手際も良くて回転は良さげ。

 入口すぐにある券売機でボタン先頭の「平子煮干そば(750円)」を注文。他に「烏賊干し鶏白湯そば」「濃厚鶏つけ麺」など。大半の客は「煮干」を注文していました。
 
 店内は横長L字型カウンター8席。座席の背後がかなり狭くて難儀。また椅子の脚が高くて短足にはこれまた難儀。厨房ではオッサン二人が黙々と。

003

 店内には煮干しの香りが漂い、その期待通りに煮干しがしっかり効いていますが、煮干しをウリにする店にありがちなやりすぎ感はなく、ベースとなる鶏ガラと巧くバランスを取って食べ手を選ばない、良い意味で中庸な出来に仕上げています。かえしも妙な自己主張がなくて実に飲みやすく、食べ進んでも特段しょっぱさを感じなかったのでついついスープ完飲(^_^;)

 三河島製麺の麺は並太ストレート麺でつるつると啜り心地が良いタイプ。若干柔らか目ですが、スープとの相性を考えればこんなもんでしょう。スープの絡みは申し分なし。量は特に多くもなく少なくもありませんが、大盛りにするとスープとのバランスががたっと崩れそうだし、あっさり目なのでご飯も合いそうになく、現状の出来がいいだけに何かつけようとすると案外難しい。

 チャーシューはスープと喧嘩しない程度に程よく煮込まれていて気に入りました。他に穂先メンマ、三つ葉、刻みネギ、海苔。

 この出来なら行列店になるのも納得。「烏賊干し鶏白湯そば」で再訪してもいいかなと思いましたが、850円とちょっと高いのが鬱。

| | トラックバック (0)

2017.03.29

【移転】おらが@内幸町 ~ 濃厚豚骨魚介らーめん

002

 日比谷通り西新橋交差点から1ブロック南へ。「舎鈴」のある角を西へ入ってすぐ。先客3、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭は「ホタテの69」でしたが、850円とチト高いので「らーめん(780円)」を注文。他につけ麺も。他の客の注文もバラバラでした。ランチサービスなし。

 店内は縦長カウンター8席と2人掛け、4人掛けのテーブルが1卓ずつ。厨房内にはオッサンが3人。水セルフ。厨房との仕切りが高くて中の様子は全く伺えず。

001

 見ての通り、ふた昔前の「またお前か」そのまんまな濃厚豚骨魚介。スープはかなりトロミが強く、またわずかにざらつきを覚えます。くどくないのが幸いですが、味が濃過ぎるきらいがあり、終盤は飽きてしまいます。箸休めに刻みタマネギを多めに加えているのも道理。

 スープも飲めないことはないのですが、正直スープ割りが欲しくなるレベルなので、健康を考えてだいぶ残しました。

 麺は平打ちっぽい緩い縮れ麺。つけ麺と共用なのかも。濃厚スープに全く負けることのない歯ごたえがしっかりした麺で気に入りました。

 チャーシューは炙り入りでやや堅めながら肉質はしっかり保たれていました。他にメンマ、海苔。

 悪くはないのですが今となってはごくありふれた一杯に過ぎません。近隣の「舎鈴」には次々客がやってくるのにこちらの客入りがイマイチなのはこの界隈のサラリーマンの懐事情を考えれば当然な気も。

| | トラックバック (0)

2016.11.24

札幌 みその アクアシティお台場店@台場 ~ 味噌らーめん

004

 フジテレビの向かいにある「アクアシティ」の5F。ラーメンコンプレックス「ラーメン国技館 舞」がまだ続いていることに気づいての往訪。「頑者NEXTLEVEL」「気むずかし家」「せたが屋」「二代目 博多 だるま」「台湾まぜそば はなび」「札幌 みその」の6店の中で、入口に最も近い「みその」に入ってみました。先客ゼロ、後客7。

 店外の券売機で基本と思しき「味噌ラーメン(850円)」を注文。うーんさすがに観光地価格。味噌がウリの店のはずですが、醤油や塩も用意。

 隣の「はなび」と衝立で無理仕切ったような店内ですが、キャパシティーは大きいもののほとんどがカウンター席でいかにも長居してくれるな、といった感じ。卓上に取り放題のピリ辛もやしがあったので出来上がりまでに遠慮なく。

009

 見た目通りの札幌スタイルの味噌ラーメンですが、スープは総じて良く言えば万人向けにいたってライトな仕上がり、悪く言えば何とも平板でこれといった惹きがありません。ひき肉・玉ねぎ・もやし等の炒め物が目立つ割にはスープに脂っぽさは感じず、この辺も万人向けを意識した感じ。チャーシューの上にちょこんと生姜が乗っていますが、その影響も限定的。物足りなさは否めないので、途中で卓上に「ニラ辛にんにく」を投入。

 麺は札幌ラーメンらしい黄色い並太縮れ麺。個人的にはもうちょい固ゆでのほうが好み。

 横に長々と横たわるチャーシューは見た目のインパクトはありますが、どういうわけか妙にスジっぽくてイマイチ。他にでかいキクラゲ、メンマ、刻みネギ、海苔。

 水曜は味玉or麺大盛りサービスをやっているようですが、具が多いので並でもそこそこ量がありました。

 いかにも観光地らしい一杯で、それ以上でもそれ以下でもありません。隣の「はなび」のほうがより当たり外れがなさそうな気はしましたが。

| | トラックバック (0)

2015.12.09

パスタデココ@虎ノ門

00

 新橋駅から烏森通りを直進。日比谷通りを越えて愛宕通りの近くまで進むので、もはや虎ノ門駅や内幸町駅のほうが近いくらい。先客ゼロ、後客6。

 「あんかけスパゲティ」をメインメニューに中京地区で幅広く店舗展開しているココイチの関連店ですが、なぜか西新橋にだけポツンと首都圏唯一の店舗があって手軽に「名古屋めし」を食べられる店として貴重です。

 メニューがやたら多くてクラクラしますが、あえてあんかけではなく「鉄板なつかしのナポリタン(866円)」を注文。ノーマルサイズ(M)で300gなので400gのLサイズ(+103円)にしてみました。オッサン相手のスパゲティー屋って大抵一定程度まで大盛り無料サービスがあるものですが、そこはココイチなので何かつけようとすると金をとられます(苦笑)

 店内はカウンターのみ15席程度。オッサンがパパッと食ってさっと帰るのに最適化されたような店づくり。

03

 熱々の鉄板で薄焼き玉子と共に登場! まぁこの鉄板と玉子がなければ何の変哲もない昔ながらのナポリタンで、ひたすらギトギトの脂及びケチャップと格闘しながらワシワシと食べ進めるだけ。400gもあるとしつこさも格別で、食後はいつまでも腹にもたれます(つД`)

 「名古屋めし」の物珍しさを考慮に入れるのならともかく、オッサンのフツーのランチと考えればちょっと高い。オッサン向けに特化したスパゲティー屋として「リトル小岩井@大手町」が基準になってしまった身にとってはなおさらそんな気が。

| | トラックバック (0)

2014.11.11

くるめや@新橋

01

 新橋駅烏森口から西へ。西新橋2丁目交差点で日比谷通りを渡ってさらに西へ。「柳麺」の跡地。先客、後客ともゼロ。

 首都圏では数少ない「久留米ラーメン」がウリの店。「ラーメン・並」だと120gしかないので180gある「ラーメン・中(750円)」を注文。麺の堅さを聞かれたので「堅め」にしてもらいました。なお替玉はないので注意。

 店内はなんとオール立ち席で、カウンターが店奥まで二本縦に並んで計10数人くらいのキャパ。やたら縦長の店です。ゆで卵無料サービス付。卓上には白ごま、紅ショウガなど。

00

 スープに豚骨臭はほとんどなし。豚骨出汁はそれなりに効いてはいますが、総じて味が濃すぎて、飲むにはしょっぱいくらいなのは困りもの。ついついスープを飲み干してしまうような惹きこまれる要素は特にありません。

 店頭のウンチク書きには”決められた分量、材料を煮込む「取りきり」スープとは違い、決して空にすることのない釜にスープを継ぎ足して、秘伝の味を継承していく「呼び戻し」スープを使う。”とありますが、要するにうなぎ屋のタレみたいなもんかなぁ?

 麺は若干細めのストレートでよくある博多ラーメンの麺よりは明らかに太めで、これなら確かに替玉は不向き。注文通り硬めの仕上がりで、わずかにゴワゴワした食感。中だとややスープが少なく感じます。

 揚げ背脂が数個入っているのが目を惹きました。他に薄いチャーシュー、青ネギ、海苔。

 立ち食いなのに普通のラーメン屋とたいして値段が変わらないし、その難点を補って余りあるクォリティーを有しているかとなるとちょっと・・・ 

| | トラックバック (0)

2014.06.07

麺屋7.5Hz 新橋店@虎ノ門

75hz0002

 新橋駅SL広場から飲み屋街を直進。日比谷通りを渡って、愛宕通りに達しようかというところにあるので、最寄り駅は虎ノ門。大阪の有名店が首都圏に初進出したもの。個人的には生野店で試食済み。

 店内の券売機で「中華そば・中盛(630円)」を注文。サラリーマンだらけのこの界隈で中休みなしで営業しているのは不思議ですが、昼休み時間をとうに過ぎている時間帯なのにパラパラ客がやってきて先客2、後客2。

 店内は縦長L字カウンター10数席。食券を買って、水を汲んでから着席。極太麺なので出来上がりにかなり時間がかかるのが難。

75hz0001

 スープは一応鶏がらベースなんでしょうが出汁はあっさりめで、化調とかえしの醤油味で持たせているようなもの。かなりしょっぱいのが特徴。 まぁもともとが東大阪の町工場のオッチャン向けだし。

 噛み応えのある極太麺には合っていると思いますが、単調ですぐに飽きてしまうのは否めず。従って後半は卓上のコショウを振りかけてみたところ、醤油臭さが和らいで多少食べやすくなりました。

 チャーシューも若干醤油に浸かりすぎ。他に大量の刻みネギとちょっとだけメンマ。

 ユニークだけど、個人的にはこの手のはもういいかな。

| | トラックバック (0)

2014.01.01

駿@新橋

0011

 新橋駅烏森口から柳通りを越えて「リンガーハット」の裏辺り。平日夜に往訪。先客6、後客2。居酒屋がラーメンも出しているような感じですが、ラーメンだけでも入店可。といってもラーメンだけ食べている客は誰もいませんでしたが。

0007

 今回は目新たしい「水炊きらーめん(850円)」を注文。他に「鶏塩らーめん」「濃厚鶏しちゅーらーめん」など。後払い制。

 店内はカウンター5席と4人掛けテーブル2卓。こじんまりした店で、かなり手狭。ヘビースモーカーがいたら一発でアウトですが、居酒屋なのでその辺は覚悟必要。

0003

 かなり深めの丼で出てきました。丼の上にはキャベツと鶏肉がゴロゴロ。ビジュアルはまさに水炊き。具は他にネギ、半熟玉子半個。

 スープは鶏白湯で、こちらは水炊き風ではなく、どちらかというと鶏ベースのちゃんぽんに近い感じがしました。また具や麺の量に比べてスープがやや少ないせいか、スープがぬるめなのは残念。

0001

 麺は太めのストレート麺。心持ちざらつきがあり、噛み応えもそれなりにあり、こちらもちゃんぽんの麺に近い印象。また量も結構あり、飲んだ後の〆に食べるにはヘビーすぎる気がしました。

 居酒屋が片手間に出している割にはなかなかのクォリティー。落ち着きのない店なので再訪はないと思いますが、一度食べる価値はあります。

| | トラックバック (0)

2013.12.25

しお福@新橋

0007

 新橋駅烏森口から新橋西口通りを南へ下ってすぐ。平日夜に往訪。先客1、後客2。

 店内の券売機で「わんたんめん(760円)」を注文。太麺と細麺が選べるとのことで細麺で。さらに大盛りも無料サービスとのことですが、並で。麺類メニューはわんたんめんとそのオプション増しだけ。

0001

 店内は4人掛けテーブルが2卓と4人掛けカウンター、さらに2人掛けカウンターが2つ。狭い店内にぎっちり客を詰め込んだ感じ。なお奥のテーブルは先客が粗相でもしでかしたのか、店員がずっと拭き掃除をしていて気の毒でした。

0003

 スープは鶏ガラ中心の動物系ベースだと思いますが、それ以上に野菜の旨味がしっかり溶け出していて、ラーメンのスープというよりは鍋のスープに近い感じ。ただ塩気が気になったので、飲み進む気は起こらず。

0005

 麺は並太の縮れ麺。心持ち堅めで、しかも困ったことにスープがたっぷりあるのに、麺が底のほうで玉になっていました。細麺だとスープとの相性はまずまずだと思いますが、太麺だと麺が強すぎるかも。

 わんたんめんって飴はほんの形ばかりで、あとはぶよぶよのわんたんだらけという店が少なくないのであまり好みではないのですが、ここのは肉餃子ばりに飴がたっぷり。これが4つもごろごろ。ただ店の能書きが謳う「ジューシー」さは微塵もなく、まさに安っぽいひき肉の塊といった感。

 他に白菜がたくさん。細切れの豚肉がほんのちょっと。細切りネギ、糸唐辛子。

 値段は妥当。駅近、かつ営業時間が長いので、再訪する可能性あり。

| | トラックバック (0)

2013.11.09

一刀家@赤坂

0003

 「みすじ通り」沿い、かなり赤坂駅寄り。平日夜に往訪。先客4、後客4。

 屋号通り横浜家系ラーメンが売り物で、店内の券売機で「豚骨醤油ラーメン(720円)」を麺堅めで注文。ライスが有料(100円)で、大盛りサービスもないのが残念。学生が少ない街だからなぁ・・・ 他に「塩」「つけ麺」など。

0000

 店内は縦長L字型カウンター10席と4人掛けテーブル2卓、2人掛け1卓。卓上には刻みショウガ、辛子味噌、おろしにんにく、白ゴマなど。なお店のキャパの割には生産能力が貧弱な(良く言えば一杯一杯丁寧に作っている(苦笑))ようで、下手するとかなり待たされる恐れ大。

0001

 スープは一応濃厚なんですが、出汁が効いているような感じはあまりせず、しかも劣化した脂のような味わいがそこはかとなく漂っていてイマイチ。しょっぱくはないのは助かりますが。

0002

 麺は太麺ストレート。スープの出来がイマイチなせいか、堅めにするとスープに対して明らかに強すぎでした。

 この店で面白いのはチャーシューではなく角煮を添えていること。しっかり煮込まれていて、それでいて味付けが濃すぎることはなく、これは満足。他に海苔、ほうれん草、うずら卵。

 半分も食べないうちに辛子味噌とにんにくを投入して、味を誤魔化しながらなんとか完食。角煮が面白いのですが、それを除けば500円が妥当なところでしょう。赤坂ってなんとも微妙な店ばかり、次から次へと出来ますなぁ・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧