2022.02.14

狼煙@浦和 ~ まぜそば・並

Noroshi002

 さいたま市で店舗展開している「狼煙グループ」が浦和に出店したと聞いて往訪。店は浦和駅西口のコルソ裏、2ブロックほど西へ入った「大阪焼肉ホルモン ふたご」と「力の紅」の間の袋小路にあって土地勘がないと判りにくいかも。ただ入居している建物は出来て間もない様子。
 
 本店や大宮店同様ここも既に結構な人気店のようで、11時の開店10分前に到着したところ先客5、開店までに後客6。開店後も三々五々客がやって来て退店時には中待ち3、外待ち7。この手の店には珍しくカップルや女性の一人客もちらほら。
 
 店のウリである「つけめん」を注文する客が圧倒的ですが、今回は「まぜそば・並(900円)」を注文。ランチサービスなし。
 
 メニューは他に辛つけ麺、坦々つけ麺、カレーまぜそば、らーめん、濃厚らーめんなど。

 店内はL字型カウンター10席のみ。卓上には酢、一味、ブラックペッパー、黒煎り七味。感染症対策でドアを開け放ちで営業しているのはともかく、窓際の席は陽射しが背中越しに直撃するのが難儀。水セルフですが、店の片隅に給水器が一つあるだけなのもチト面倒。

Noroshi001  

 麺の上には丸いチャーシューとほぐしたチャーシュー1枚、揚げ玉ねぎ、刻み玉ねぎ、刻み長ねぎ、メンマ、魚粉、一味、海苔、そして中央に卵黄といった標準的な構成。

 タレ自体は醤油ベースで脂っ気はあまり感じられず、魚粉と相まって和風の味わいですがかなり味が濃い上に、揚げ玉ねぎは相当ニンニクチップ交じりなのかニンニクの自己主張が思いのほか強くてご飯が欲しくなるレベル。

 麺は捻じれ入りの太麺。噛み応えは抜群で、これがこの店の人気の源泉といっても良いでしょう。並でも200gあるのでまぜそばなら個人的にはこれで十分。
 
 太いメンマ自体は柔らかいのにサクッとした歯ごたえがあり、しかも甘目の味付けなのが目を惹きました。

|

2022.02.02

ときわ亭@浦和 ~ 台湾まぜそば

Tokiwatei2201002

 浦和駅から中山道(国道17号)へ出て、浦和警察署の先を右入る。約1年半ぶりの再訪。先客8、後客ゾロゾロ。退店時に中待ち2、外待ち5人。予定していた店が開店時間をとうに過ぎても開く気配が一向にないので、しびれを切らしてこちらへ転進した次第。

 今回は「台湾まぜそば(880円)」を注文。ライス一杯(少なめ・小・中・大)が無料で付くので「小(100g)」をお願いしました。

 メニュー構成は前回往訪時とほぼ同じで、基本の「中華そば」の他「台湾まぜそば」「台湾らーめん」「油そば」「担々麺」など。今回は期間限定メニューは見当たらず。
 
 店内はL字型カウンター8席(前回往訪時から2席減)。水セルフ。卓上には一味、胡椒、酢、おろしニンニク、汁なしメニューのタレ、台湾らーめんのタレ。店は店主とねーちゃんで切り盛り。

Tokiwatei2201001

 麺の上に大量の肉味噌、魚粉、卵黄、刻み海苔、ニラ、刻みネギ。ニンニクはなく、刻み玉ねぎはあったかどうか?といったところで他店と構成に大きな差はありません。とりあえず何度も天地をひっくりかえしながらまぜまぜ。

 麺は三河屋製麺の中太ストレート。かなりもっちりした食感が特徴的。ただあまり辛くなく、痺れに至ってはほとんど感じませんでした。そういえば辛さや痺れのレベルは聞かれなかったなと思ったのですが、そういうオプションは50円増しの「辛台湾まぜそば」のほうで対応している模様。脂っ気もさほど感じず、台湾まぜそばにしては味わいがかなりマイルドなほうだと思います。
 
 最後は肉味噌が大量に余ったのでライスを投入し、再びまぜまぜしてフィニッシュ。量的にはライス小でちょうど良いくらい。
 
 台湾まぜそばをウリにした店よりは大人しい感じですが、これはこれで一興。次回はまた他のメニューを試してみます。

|

2022.01.10

むさし坊@武蔵浦和 ~ 八丁味噌らーめん

Musasi2201001

 埼京線武蔵浦和駅の西側。図書館の北にある高層マンションの1F。1年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客9。

 今回も期間限定というかもはや冬の定番になっている「八丁味噌らーめん(900円)」を注文。通年販売の「むさし坊ラーメン」麺では太麺/細麺が選べるですが、こちらはそのようなオプションはありません。ただ麺の硬さを聞いてきたので「硬め」でお願いしました。

 期間限定メニューとして他に「辛味噌らーめん」も

 店内はL字型カウンター13席。マンションに同居した店舗にしてはびっくりするくらい天井が高いのが特徴。卓上にはミックスペッパーと塩昆布。昔は八丁味噌らーめん用に別に一味が出てきたのですが、いつの間にかなくなってしまいました。

Musasi2201002

 名古屋名物味噌煮込みうどんを意識したような浅い土鍋で登場。土鍋効果のためか、らーめんは最後まで熱々なのが実に嬉しい。そして相変わらず思い切り八丁味噌の味わいが全面支配。味噌は「八丁味噌・信州味噌・京都の米味噌」のブレンドとのこと。香ばしさは焦がし味噌にしているところから来る模様。
 
 ベースは「むさし坊」同様鶏白湯かな? 豚骨ベースで脂コテコテで、さらにニンニクや生姜を効かせまくったような味噌ラーメンに慣れてしまうと少々物足りないかもしれませんが、個性の強い八丁味噌が特に嫌みにならず、さしてしょっぱくもないのが個人的には気に入っています。味噌らーめんには珍しいことに旨さにひかれてついついスープを飲み進んでしまいました。

 麺は平たい中太の緩い縮れ入り。前回試食時は「中細の細かい縮れ入り」で正直スープとの相性がイマイチと思ったのですが、昔の麺に戻したのかな? それはともかく「硬め」を注文したのに硬くないどころかむしろ若干柔らかめなのが不可解でした。配膳時に「硬めです」と言われなかったので、ひょっとすると「硬め」の注文が通っていなかったのかも。
 
 また「辛味噌」を注文した次客には誤って「八丁味噌」を出してしまい、作り直す始末。うーーーん、たいして混んでない時間帯に開店したばかりの店みたいなミスを連発するってどうしたんだろう???

 チャーシューは味噌漬け炙りで、適度に崩れゆく様が面白い逸品。太いきんぴらごぼうといい、もやしといい、それぞれに歯応えが楽しく、良い箸休めになります。他に刻み青ネギ、にんじん、糸唐辛子。さらに底のほうに揚げネギや揚げにんにく(?)が隠れていて、それらが自然と味変アイテムとして作用。

 遅まきながら「むさし坊」もTwitterでの情報発信を始め、予め期間限定商品の内容・発売開始日が判るようになったので、今後はさほど間を開けずに再訪したいと思います。

|

2021.12.03

石川家@大宮 ~ (家系)ラーメン

Isikawaya001

 大宮駅東口を出て旧中山道を北へ。ラクーンを過ぎ「牛繁」の先で駅から徒歩5分程度。大昔戸田店にはよくお世話になりましたが、大宮店は一度潰れた後に場所を変えて復活したということなのかな? 先客ゼロ、後客1。

 いうまでもなく家系の店で、店内の券売機で基本の「ラーメン(750円)」を麺硬めで注文。ここは残念ながらライスの無料サービスがなくて別料金。

 家系の店には珍しくメニューが豊富で、他にみそラーメン、ラーメン魚介風味、みそ魚介風味、中華そば、中華そば魚介風味、つけ麺、みそつけ麺、つけ麺魚介風味、みそつけ麺魚介風味など。但し、往訪時は「みそ」系のメニューは全部販売停止中でした。またなぜか「カレーライス」があるものこの店の特徴。

 店内はL字型カウンター7席と2人卓×5、4人卓×2で全体にゆったり目のレイアウト。卓上には醤油、ラー油、酢、ブラックペッパー、豆板醤、おろしにんにく、きゅうりの漬物。

Isikawaya002

 若干とろみがかったスープは豚骨鶏ガラの旨味十分ですが、醤油もかなりきついハードパンチャー系で飲むのは躊躇われるレベル。

 麺は緩い縮れ入りの中太麺。「麺硬め」の指示通りしっかりした噛み応えで大満足。なおここの麺は家系定番の酒井製麺ではなく自家製のようです。

 ちょっと焦げが入ったようなチャーシューはスープに合わせたかのように煮込みすぎてしょっぱいのなんの。ほうれん草に加えて刻み青ネギが添えられているのがこの店の面白いところ。他に海苔。

 個人的には大宮ならいろんな意味で南銀の「武蔵家」のほうが上かなぁ。

|

2021.11.16

うさ担@浦和 ~ 担々麺・白

Usatan002

 京浜東北線浦和駅東口を出て、商店街を北へ。串カツ田中とセブンイレブンの間の緩い坂を下ってすぐ。斜向かいに大善院。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに2、開店後7と早い時間帯から賑わっていました。

 店内の券売機ボタン先頭の「担々麺 白(900円)」を注文。辛さを1~4辛まで選べるので「4辛」でお願いしました。なお「3辛」が店の標準で、5辛・6辛は料金割り増し。ランチサービスなし。

 メニューは他に「担々麺 黒」「汁なし担々麺(白・黒)」「担々つけ麺(白・黒)」「醤油らぁめん」など。

 店内は縦長カウンター10席のみ。卓上にはラー油と白ごま。

Usatan001

 「よくかき混ぜてからお召し上がりください」とのアナウンスに従って一頻りまぜまぜ。「自家製辣油と香り高い芝麻醤、極上の四川花椒を使用した当店1番人気の担々麺」というのが店のウリ文句ですが、スープはごまだれが支配的で4辛でも辛さ・痺れともさしたることはなく、花椒がやたら鼻をくすぐるということもなく、いたって日本的なタイプ。細かく砕かれたナッツがゴリゴリと多少アクセントになっているかなといった程度。

 麺は並太ストレートタイプで若干柔らかめの仕上がり。

 具は肉味噌、水菜、コーン、刻みネギ、糸唐辛子と標準的ですが、値段の割に肉味噌がえらく少ないのが気になりました。麺を食べ終わった後に穴あきレンゲが欲しくなるほど底に具が残らないっちゅーのはなんだかなぁ・・・

|

2021.09.18

三宝亭@与野本町 ~ 五目うま煮めん

Sanpoutei002

 新潟県を中心にチェーン展開している「三宝亭」。先日「ケンミンショー」で取り上げられたものの、残念ながら新潟県内の店は車がないと行きづらい店だらけでがっかりしていたところ、なんと与野に支店があることを発見!! TV放映のほとぼりが冷めるのを待って往訪してみました。先客ゼロでしたが、後客20人程度と早い時間帯から結構な繁盛ぶり。

 店は埼京線与野本町駅と北与野駅のほぼ中間。埼京線の高架下にあります。

 券売機はなく、卓上のメニューを見てウリものの「五目うま煮めん(880円)」を注文。小ライスサービス付き。後払い。

 てっきり「バーミヤン」みたいな中華レストラン店と思い込んでいたのですが、メニューを見るとほぼラーメン屋といっても良いくらい麺類のメニューが豊富。ただ往訪時は「鶏白湯」や「こってり中華」「担々麺」など提供を中止しているメニューが結構ありました。コロナ禍に伴うコストカットの影響なのかな?

 店内はファミレスっぽいテーブル席や小上がり中心のレイアウトでカウンターは9席のみ。平日ランチタイムの早い時間帯なのでやってくる客は一人客だらけで店のレイアウトと全く合っていないのですが、食べ終わりの頃には小グループ客もやってきてなんとか格好をつけた形に。卓上にはラー油、酢、醤油、餃子のたれ、コショウ、ふりかけ。

Sanpoutei001

 あんかけでとろみがかったスープは野菜から来ると思しき旨味と甘みが重なってやや甘めの味わい。よく言えばあっさり目で万人受けする癖のない味わい、悪く言えば飽きが来やすい単調な味わいなので早めに卓上のコショウを少々。

 麺は自家製の中細ストレートタイプでやや柔らかめの仕上がり。メニューでは「ハリのあるコシと食感」「熱々の飴でものびにくい力強さ」を謳っていますがあまりそんな印象は受けず、むしろ少々頼りない気も。ただスープに負けてはいません。また最初は麺の底で玉になって少々食べづらかったのですが、たっぷり入ったスープに救われてすぐに良い感じに。

 具は海老、豚肉、イカ、うずらの卵、たけのこ、キャベツ、ニンジン、キクラゲ、白菜など。具沢山なのでボリュームは結構ありますし、あっさり目&野菜多めであまりご飯を欲する味でもないので、サービスライスはなくても良さげ。

 いろんな意味あいで「割とよく出来たラーメンチェーン店」といった感じでメニューも豊富ですし、これといったラーメン店がないこのエリアでは近所の方に人気があるのも判る気がします。

|

2021.09.17

玄屋@西浦和 ~ 玄屋ラーメン

Genya002

 武蔵野線西浦和駅を南側へ出て、ダイエーの先辺り。先客ゼロ、後客5。もともと与野にあった店が西浦和へ移転したもののようです。

 店内の券売機ボタン先頭の「玄屋ラーメン(800円)」を注文。麺の種類(ちぢれ・太い・細い、麺の硬さ、スープの濃さ、背脂の量を選べるので「太め&硬め」で。

 メニューは他に味噌、正油、塩、辛味噌など。また期間限定として往訪時は「塩レモンラーメン」を出していました。ランチサービスはありませんが、平日ランチ限定でラーメン各種にミニ丼が付いたランチメニューを格安(950円)で提供。

 店内はL字型カウンター11席のみ。卓上には紅生姜、おろしにんにく、ラー油、酢、醤油、ブラックペッパー。

Genya001

 背脂多めながらもギトギトにはならない程度にふりかけられて登場。しかし、残念ながら背脂等から来る甘味よりもかえしがかなり前面に出てしょっぱくなってしまい、ご飯が欲しくなるくらい。せっかくの豚骨の旨味をかき消し勝ち。

 麺は中太の縮れ入りでつるつるした口当たり。「硬め」で頼んだのは明らかに失敗で、スープに対して強すぎました。

 チャーシューはグダグダに崩れやすいタイプですが、煮込み加減は絶妙で肉の旨味はしっかり保たれていて気に入りました。一方味玉は煮込みすぎて個人的には味が濃すぎてイマイチ。他にメンマが多め、刻み青ネギ、海苔。

 どうも濃い味好きな方向けの店のようです。

|

2021.08.08

みぎわ@大宮 ~ 醤油らぁ麺

Migiwa001

 大宮駅東口を出て南銀座通りへ。「カラオケ歌広場」のある建物の1Fで、斜向かいに「中本」。先客、後客ともゼロ。

 店外の券売機で「醤油らぁ麺(880円)」を注文。

 メニューは他に塩らぁ麺、味噌らぁ麺、冷やしらぁ麺など。

 店内はくの字型カウンター6席のみ。卓上にがブラックペッパーと白ごま。小さい店なので店主一人で切り盛り。

Migiwa002

 らぁ麺は冷え冷えのおしぼりと一緒にお盆に乗って登場。個別包装の割り箸が付いてくるのは今風ですが、コンビニ弁当の割り箸みたいでラーメンを食うには些か短いような・・・ またウンチク書きには柚子胡椒も一緒に配膳すると書かれているのに付いてきませんでした。

 スープは「大量のあさりと帆立を強火で炊いた香り豊かな貝白湯に鶏ガラ清湯とを合わせた」とのこと。確かにあさりや帆立のような味わいがしなくもないのですが、心持ち生臭くもあって好みは分かれそう。香味油多めで割とこってりしていますが、その中で貝出汁と鶏ガラ出汁が微妙にケンカしてくどくなっている気も。

 麺は中細ストレートタイプ。つるつるした口当たりでやや柔らかめの仕上がり。スープとの相性は上々。

 チャーシューは豚肩ロースと豚バラ。共に案外厚みがあり、かつ程よい煮込み加減で気に入りました。他にほうれん草、刻み紫玉ねぎ、白髪ネギ。

|

2021.06.20

伊とう@南浦和 ~ 黒い中華そば

Itou2105001

 京浜東北線南浦和駅西口から彩の国通りを南へ。地下道へ続く交差点を渡ってすぐ。目の前が小さな公園。隣が「らーめん虎丸」。ほぼ9ヶ月ぶりの再訪。先客4、後客1。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「黒い中華そば(750円)」を注文。さらに前回もらった無料券を利用して半熟玉子をつけてもらいました。

 前回注文した「中華そば」が「黒い中華そば」に相当。いつの間にかメニューが増えていて「白い中華そば(塩)」や「つけそば」も用意。その反面、ライスお代わり自由のサービスはなくなっていました。

 店内は縦長カウンター6席のみ。席間にペラペラながら手作り感あふれる大きな仕切り板を設けています。卓上にはあらびきブラックペッパー、一味、酢。なお小上がりがありますが、今のところ客席として使っている感じはせず。

 店は老夫婦で切り盛りしているようですが、爺さんはラーメン作りの腕は確かなのに接客が苦手なのか、婆さんがたまたま不在な時は注文を受けることさえままならない様子。一方婆さんは実に接客上手で、空きそうなコップに水を注いだり、配膳が遅くなっている客に詫びを入れたりとこまめに動いていて良いコンビです。

Itou2105002

 屋号に「黒い中華そば」を冠しているだけあって、出てきたラーメンのスープはまっ黒!! 「富山ブラック」を意識したようなルックスですが、それはあくまでも見た目だけの話で内容は全然違いました。

 だいたいたいしてしょっぱくない!! しょっぱくないどころか、豚骨ベースと思しき出汁の旨味がはっきりと判るくらいで、ついつい飲み進んでしまいました。色が黒いのはどうもたまり醤油を使っているからだそうで、そのせいかほんのり甘みすら覚えます。

 麺は村上朝日製麺のストレートの並太ストレートタイプ。若干水気が少なめで、密度が濃そうな麺で心持ちざらつきのある口当たり。それでいてスープを吸って啜り心地はいたって良好。

 チャーシューに予めブラックペッパーを振ってあるのもルックスだけ「富山ブラック」を意識したのかも。無料サービスの半熟玉子は丸々一個出てきましたがこれといった特徴はなく、冷えているのをドボンと入れただけなのでスープが温くなる悪影響のほうがでかいかも。他に薄切りのメンマ、刻みネギ。

 次回は「白」にチャンレジ。なお今回は帰り際に半熟玉子無料券はもらえませんでした。

|

2021.06.05

千乃葉@北与野 ~ あっさり豚骨ラーメン

Sennoha002

 北与野駅を出て埼京線の高架沿いに北へ歩いてすぐ。高架下の店です。先客ゼロ、後客7。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て店お勧めの「あっさり豚骨ラーメン(750円)」を注文。麺の硬さが選べるので「かため」でお願いしました。客がオーダーシートに書いて注文する方式ですが、シートに硬さを指定する欄が無く、そこだけ口頭で注文するって正直何のためにオーダーシートを用意しているのかよく判らず。後払い。

 メニューは他に濃厚豚骨ラーメン、魚介豚骨つけ麺など。「濃厚」は「あっさり」より100円高いのですが、何が違うのかメニューからは判然とせず。

 店内はL字型カウンター6席と2人卓×4、1人卓×1。卓上には醤油、七味、すりごま、揚げネギ、紅生姜、ホワイトペッパー。水セルフ。

Sennoha001

 屋号に「埼玉豚骨ラーメン」を冠しているものの、卓上の調味料とか、替玉(100円)があることからてっきり博多ラーメン風のものが出てくると思い込んでいたところ、配膳されてびっくり。スープは若干濁っているものの白湯寄りではなく清湯に近いものが出てくるとは! でも豚骨出汁の出来が今一つで、かえしが目立ってしまう感じ。

 麺は細麺ストレート。硬めを指定したはずですが、せいぜい並堅といった感じだったのでこの店はデフォルトが柔らかめなのかも。でもスープには良く合っています。量は替玉前提というほど少ないわけではなく、替玉なしでも十分。

 チャーシューは豚と鶏が入っていましたが、共に淡白な味わい。他にかいわれ、穂先メンマ、ナルト、海苔。

 北与野には他にこれといったラーメン屋がなく、駅近のこの店は重宝されるかもしれません。

|

より以前の記事一覧