2018.10.11

ふくのや@与野 ~ しおらーめん

005

 与野駅東口から東へ。与野駅入口交差点角。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客7。退店時には外に10人ほど行列が出来ていました。

 券売機はなく後会計制。店一番人気の「しおらーめん(770円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に醤油らーめん、みそらーめん770円、つけめんなど。

 店内は厨房前に横長カウンター6席と4人卓×2。卓上には調味料の類なし。水セルフ。

003

 白濁したスープ、馬鹿でかいキクラゲ、トロトロのチャーシュー、そして白ゴマを散りばめている点など、小梅がない点を除けば外観は「山頭火」ないし「風来居」の強い影響を受けているのが丸わかりで、味わいもそっくりです。

 スープは豚骨を中心とする動物系出汁が効いているもののかなり甘ったるいのが特徴。味が濃すぎて飲む気にはなりませんが、しつこいとか、くどいという感じもしません。脂を抑えているのかもしれません。もちろん食後の胃もたれ感は皆無。

 麺は小林製麺の細めストレート。若干硬めの仕上がりのためか、心持ち粉っぽいというかボソボソとした食感。メニューに「小さいらーめん」があるので量が多いのかと思ったのですが、むしろ量は少なめな気が。実際丼自体小さめですし。

 チャーシューは脂身多めのトロトロとした味わいが楽しい逸品。他に大きなキクラゲ、白髪ネギ、メンマ、スープの上に白ごま多数。

 山頭火が恵比寿でこじんまりやっていた頃、旨かった頃の味わいを復刻させたような一品といって差し支えないでしょう。東口にはこれといった競合店もないので、行列店になっているのも納得。

| | トラックバック (0)

2018.09.20

風雅食堂@中浦和 ~ Aセット(スタミナラーメン+餃子+半スタカレー)

_006

 中浦和駅西口から北へ出て小さな川を渡り、ファミマ脇から別所沼通りを西へ。駅から徒歩5分強。屋号は「ふうがさかば」と読むようです。開店と同時に入店して先客ゼロ、後客10。

 元「娘娘 中浦和店」をリニューアルした店で、メニューも売り物の「スタミナラーメン」を始め、娘娘のものをかなり引き継いでいる模様。埼玉県南に広がる娘娘各店はファンも多いようですが、個人的には大昔に北浦和の店に2回行っただけで未経験も同然。今回はランチサービスセットの中から「Aランチ(800円+税=864円)」を注文してみました。

 Aランチは「スタミナラーメン+餃子3個+選べるご飯」からなるセットで、「選べるご飯」は半スタカレーorライスorネギチャーシューご飯。今回は半スタカレーにしてみました。

 店内はテーブル席主体で4人卓×3、2人卓×2、カウンターは厨房前に4席のみ。卓上にはブラックペッパー、七味、、醤油、酢、ラー油、山椒。

 店の準備が整っていない時間帯にセット物を注文したのが良くなかったのか、出てくるまで20分も待たされ、しかも先に出てきたのは餃子&半スタカレー。

_005

 ようやく出てきたスタミナラーメンの飴の混じっていないところのスープを飲んでみましたが、ラーメンのスープとしてはやや弱く、チャーハンについてくるスープのようなあっさり目の味わいで、飴と混じってナンボという感じ。

 ただこのスープと飴の量的バランスが良くなく、飴が薄まってとろみが消失し、飴が麺にあまり絡んで来ず、必然的にひき肉やニラが底に溜まりまくるというなんだかなぁな感じに。

 麺は中太縮れタイプでやや柔らかめの仕上がり。

_004

 半スタカレーはカレーではなく、スタミナラーメンの餡をご飯にかけたもの。こちらのほうが飴の実力がはるかに判りやすくて気に入りましたが、見た目と違って辛さはかなり抑えめで、むしろ旨味を前面に押し出した風。「スタミナ」という割にはにんにくをがっつり効かせるわけでもなく、いたってマイルドで万人受けしそう。

| | トラックバック (0)

2018.07.17

まかない へきる@武蔵浦和 ~ 淡麗煮干し醤油そば

002

 武蔵浦和駅から田島通りを東へ。高架下に並ぶ飲食店街の先、郵便局の手前。約3年半ぶりの再訪。開店直前に到着したところ先客2、後客4。

 券売機のボタン先頭は「へきるの塩かけそば」でしたが、「淡麗煮干し醤油そば(750円)」を注文。店外に貼られたメニューを見てもこちらを推している風。ランチサービスはなし。なおチャーシューは低温調理チャーシューと炙りチャーシューから選べるとのことで、低温調理にしてもらいました。

 メニューは他に「濃厚中華そば」「つけ麺」、そして期間限定の「ムール貝とあおさ海苔の塩そば」。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター10席。小上がりに4人掛けテーブル2卓、2人掛け1卓。卓上には揚げエシャロット(赤玉ねぎの素揚げ)、魚粉、七味、胡椒。外観・内装といい、メニュー構成といい、周辺のタワーマンションのママ友を当てにしている風ですが、この日は先・後客とも周辺で働いている風のオッサンだらけで、オッサン向けのメニューがないという悲しみ・・・

004

 前回来た時よりも煮干しの効かせ具合がやや強くなったような気がしましたが、それでもがっつりと効かせたタイプではなく、あくまでも食べ手を選ばない程度。ただ表面の油が意外に目立つのは相変わらず。コクがあってそれはそれで悪くないのですが・・・ また食べ進むと返しのきつさが気になるのも相変わらず。こういうのを「淡麗」と称する言語感覚が不思議なんだよなぁ・・・

 自家製の麺は細めのストレート。やや堅めの仕上がりで麺自体は好みのタイプ・このスープにはやや強すぎる気もしますが、相性が悪いというほどでもありません。

 デフォルトで揚げネギ入りなので、卓上の揚げエシャロットよりも魚粉のほうが味の変化をつけるのに役立ちそうですが、もともとスープの味が濃いのでやりすぎには注意。

 チャーシューはしっとりとしたタイプではなく、若干焼きが入ったような感じですが柔らかくてまずまず。炙りよりは断然こちらのほうが好み。他に細切メンマ、海苔、かいわれ、刻みタマネギ。

 ランチにはちょっと量的に物足りないのですが白飯に合いそうになく、かといってそれ以上に替え玉に合いそうにないというものどかしさ。「まかないごはん」を複数用意してご飯ものに力を入れているので、それをつけるのが正解なのかも。

| | トラックバック (0)

2018.07.10

和浦酒場 弐@浦和 ~ 汁なし担々麺

004

 浦和駅西口側、旧中山道から吉野家のある角を西へ。通称「裏門通り」沿い。屋号から推察できるように居酒屋が本業ですが、ランチタイムに出しているラーメンが美味いと聞いて往訪。先客ゼロ、後客8。近所の勤め人風の方が三々五々やってきます。

 卓上のメニューの先頭は「醤油らーめん」でしたが、不動の一番人気らしい「汁なし担々麺(750円)」を注文。半ライスの無料サービスあり。辛さ等は特に店からは聞いてきませんでした。メニューは他に「煮干らーめん」「麻辣担々麺」「和節つけ麺」「坦々つけ麺」など。居酒屋のランチ営業にしてはバリエーション豊富。

003

 ここは「汁なし」の中でもタレは少ないほうで、必死に何度もまぜまぜ。混ぜている最中から花椒が鼻腔をくすぐってきてムズムズしますが、ここは辛さはさほどでもないにかなり痺れがきついタイプ。食べ終わっても唇がじーーんと痺れるくらい。ただ見た目通り白ゴマも結構たくさん入っていて、痺れに慣れると元来の辛さとゴマからくる甘みとが折り重なって面白い味わいに。

 麺はもっちりとした太麺ほぼストレート。もっちりとしつつも噛み応えがしっかりしており、これならつけ麺でも美味そう。具はひき肉と青ネギのみとかなりシンプル。

 タレが少ないせいか自然体で食べていてもひき肉等があまり底に余りませんし、麺の量的にも半ライスはなくても差し支えないかと思いますが、個人的にはいつも半ライスが箸休め替わり。

 居酒屋のランチ営業で出しているとは思えないくらい、ハイレベルな逸品。これならほかのメニューも試す価値あり。

| | トラックバック (0)

2018.07.02

ハモニカ@与野本町 ~ ミートカレーつけ麺

005

 埼京線与野本町駅高架下の「ビーンズ与野本町」内。先客ゼロ、後客6~7。

 どう見ても豚骨魚介ベースの「またお前か」風つけ麺推し&中華そばも一応ありますっぽい店で、それだけなら往訪しなかったでしょうが、この店が面白いのはなぜかサイドメニューに「ミートカレー」があって、しかもそれをつけ麺と合わせた「ミートカレーつけ麺(950円)」というゲテモノメニューがあること。並(200g)・大(300g)同値段なので「大」で注文。なお後客は全員つけ麺類を注文していました。

 店内は横長コの字型カウンター30席近く? 厨房は店奥にあって様子は伺えず。

004

 つけ汁もカレー混じりながら、麺の上に「ミートカレー」が乗って出てくるのね。その名の通りひき肉が目立つキーマカレーっぽい奴です。ただカレー和えそばとして味わうにはカレーが少なすぎて非常に中途半端。

 つけ汁はかなり粘度が高くて麺が沈みません。濃厚豚骨魚介ベースの「またお前か」系にありがちなことですが、滅茶苦茶味が濃いのが困りもの。おそらくただでさえ味が濃すぎるところにカレーまで加えたものだから、美味しく頂ける臨界点を突破してしまったみたいな。全然辛くなく、またスパイス感もあまりない和風のカレー風味のおかげで「またお前か」的なありきたり感を脱しているのは幸いですが。

 従って麺をつけ汁にどっぷり浸けるなんてあらゆる意味で自殺行為で、つけ汁に沈んでいるコロチャーシューやメンマをサルベージしていったん麺に乗せ、それらを麺ごといただいてなんとかバランスが取れる感じ。もちろん卓上のポットに入っているスープで薄めるのもいいでしょう。

 麺は太めのストレート。噛み応えが強く、麺自体はなかなかのもの。

 味が濃すぎるのが最大の難点ですが、「またお前か」の目先を変えてみた点で「ゲテモノ」にしては案外悪くはありませんでした。ただ通常の「つけ麺」より150円増しの価値はないなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.07.01

魁力屋 イオンモール浦和美園店 ~ 特製醤油ラーメン・並

001

 イオンモール浦和美園店のフードコートに「魁力屋」があることに遅まきながら気づいて往訪。記録を紐解いてみると近隣の草加店に行ったのは4年も前でした。魁力屋は屋号に「京都北白川」を冠していますが、特に京都に店が多いわけではありません。

 背脂醤油が売り物で、基本の「特製醤油ラーメン・並(650円+税=702円)」を注文。魁力屋の難儀なのはラーメン屋にしては珍しく価格表示が税別なことで、そうと知らずに「安いやん!」と思って入ったら全然安くないことに気づかされて愕然とします。

 なおフードコートのせいか「麺の固さ・背脂の量・ネギの量・一味唐辛子の有無」などは聞かれませんでした。青ネギとタクアンは取り放題。

002_2

 スープは鶏がらベースですが、かえしの醤油がきつくて出汁の旨みを味わうには至らず。見た目は背脂たっぷりですが、食べる分には良くも悪くも背脂の存在はさほど気にならず。ただ食後にやたら唇がベトベトするだけで。

 麺は細めのストレート麺で心持ちざらざら、ぽきぽきした食感。京都のラーメンは概して麺が柔らかいのが難ですが、もう首都圏仕様と割り切っているのか、ここのは特段問題なし。薄いばら肉チャーシューやたっぷりと添えた青ネギを麺に絡めながら食べ進み、飽きてきたところで胡椒を入れて食べるのがこの手のラーメンの定番ですが、フードコートゆえ胡椒が・・・

 それでもフードコートで食べるラーメンとしては満足できる範囲内だと思います。

| | トラックバック (0)

2018.06.07

ORIGAMI@浦和(3) ~ 背脂ORIGAMIらーめん

Origami004

 仲町交差点を西へ。パインズホテルを越えてすぐ。ほぼ3年ぶり3度目の往訪。先客ゼロ、後客5。

 過去「ORIGAMIらーめん」、「しじみの醤油らーめん」を試食済なので、今回は「背脂ORIGAMIらーめん(750円)」注文。並盛(140g)・中盛(180g)同値段なので中盛りでお願いしました。以前はランチタイムのみ中盛同値段だったはずですが、いつの間にか終日サービスになった模様。

 店内はさほど変化なく、右側の区画はカウンター席のみ、壁に向かって5+6席。左側には小上がりに大きなテーブルが2卓。右側は窓が小さくて薄暗いのも相変わらず。昔はカウンター席側の区画にある大型スクリーンでフットボールのビデオを流していたような記憶がありますが、もうスクリーンを使わなくなって久しい模様。

Origami003

 スープは鶏がら&煮干しがベースのようですが、どうしたものか鶏がらも煮干しもどうにも出汁が弱くてがっかり。こうなるとかえし控えめなのも悪いほうに作用してしまい、甚だぼんやりした味わい。また「背脂」を冠しているものの、特段背脂の量が多いわけでもありません。もっともこのスープで背脂だけ多かったら即死していたでしょうが。

 麺は細めのストレート。スープに合わせたのでしょうが、柔らか目で頼りなくて好みに合わず。また中盛だとスープとの量的バランスが若干崩れがちかな。

 チャーシューは薄いけれども柔らかくて肉質もなかなか。他に刻み玉ネギ、穂先メンマ、茎ワカメ、刻みネギ、海苔。

 昔は美味いラーメン屋がない浦和駅周辺ではマシなほうだったはずですが、どうしちゃったのかな?つけ麺推しになったのかな?

| | トラックバック (0)

2018.02.26

味六屋@浦和 ~ らぁ麺

004

 浦和ロイヤルパインズホテルの北、成就院向かいの路地を東へ入る。判りにくいところにあるので旧中仙道沿いの電信柱に貼り紙あり。先客ゼロ、後客1。

 券売機は無く後会計制。卓上のメニューを見ると醤油味と味噌味の二本立てで、醤油味の「らぁ麺(800円)」を注文。味噌味は最近始めたとのこと。ランチサービスなし。後客との会話を聞いていると大盛りはやっていないが、ライスを100円で出しているとのこと。ただメニューにその旨を書いていないのは不親切。てっきりサイドメニューは「そぼろご飯(400円)」と「水餃子5ケ(350円)」しかないものと思いました。餃子はともかく、そぼろご飯のほうはラーメンに付けるにはチト高いかと。

 店内は厨房前に向かって縦長カウンター7席。卓上調味料はペッパーミル入り胡椒のみ。店主一人で切り盛り。

003

 表面の油を控えめに、すっきりとしたビジュアルで登場。スープは鶏ベースで節系を中心にわずかに魚介交じりといった風ですが、残念ながらかえしがきつめ。しょっぱいとはまではいかないものの、飲み進む気はおこらず。あっさりすっきり系なのに残念。

 麺は平打ちっぽいやや太目のほぼストレート。若干柔らか目、かつつるつる、もっちりとした食感で、ラーメンというより限りなくうどんのような気も。スープの絡みは良好ですが、肝心のスープが個人的にはあまり好みではないのがなんとも。

 チャーシューの代わりに巨大なつくねというかミートボールを乗せているのが最大の特徴。味はスープからすれば意外にも薄味。他にメンマ、ナルト、刻み青ネギ。

 奇をてらっているのが少々見え隠れしますが、個人的には悪く言えば「非常に上品に作った北関東仕様のどん兵衛」といった印象。駅から遠く、近所の住民しか来なさそうなロケーションなだけにどうなることやら。やや割高なのも気になります。

| | トラックバック (0)

2018.01.22

仮麺中@浦和

004

 浦和駅東口から南へ。大通りを渡って「鰻 むさし乃」がある前地通り商店会の入り口近く。先客7、後客5。沖縄料理店「ぬちぐすい」を間借りして土日ランチのみ営業しているもの。。

 メニューはらーめん、らーめん白、日曜限定の浦和セメントなど。基本と思しき「らーめん(600円)」を注文。チャーシューはレアか炭焼きから選べるので、炭焼きにしました。

 店内は厨房に向かってカウンター5席、2人卓×1、4人卓×1。水セルフですが、店奥にタンクがあるだけなのでチト面倒。

 キャパ&客入りを考えれば一人での営業には明らかに無理があり、片付けもままならずに放置された丼がちらほら。また1~2杯ずつ丁寧に作っているので結構待たされ、途中で待ちきれずに帰ってしまう客も。

003

 能書きによるとスープは呼び戻し魚介ベースとのことですが、表面の油層がかなり多いせいかあまり魚介っぽさは感じられず。むしろ黒々とした「かめびし」醤油を活かしたかのような出来。最初は甚だ物足りなくて卓上の胡椒を投入しましたが、ただ見た目と違ってしょっぱくないのが良いのか、食べ進むに従ってスープの旨味に惹き込まれてゆきました。

 麺は麺屋松尾@舎人の並太ストレート。若干ごわごわした水気少なそうな麺で、スープによく馴染みます。

 チャーシューは絶品!!肉の旨味を生かしきった優れもので、値段を考えればもう感謝感激。他に細切りたけのこ、刻みタマネギ、三つ葉。

 間借り営業にしては結構なクオリティーだと思いますが、既に一人で営業できるキャパを超えているのは明白。店主の人当たりは良いものの、悪く言えば趣味の延長でラーメン屋をやっているようなノリなのが気になりました。

| | トラックバック (0)

2018.01.19

むさし坊@武蔵浦和(3)

005

 武蔵浦和駅・埼京線の西側。図書館の北にある高層マンションの1F。1年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客3。

 期間限定メニュー「トマトらーめん」にはイマイチ興味がわかなかったので、店内の券売機で定番の「むさし坊ラーメン(720円)」を注文。麺は太麺/細麺が選べたので太麺で。また店員に食券を渡すと麺の硬さとスープの塩加減を聞いてきたので、それぞれ硬め/普通でお願いしました。他にゆず塩、担々麺、つけ麺など。

 店内はL字型カウンター13席。マンションに同居した店舗にしてはびっくりするくらい天井が高く、トロピカルというか恐竜ファンタジーっぽい大壁画が印象的。

003

 極端に浅い丼で登場。

 スープは店の能書きによると「モミジ・鶏ガラ・種鶏などの食材を白濁するまで長時間煮込んだ鶏の白湯スープ」とのこと。また能書きには「味が薄いと感じる場合は、醤油だれを加える」とありましたが、デフォルトでも塩加減はそれなりに強く、醤油だれの必要は全く感じず。

 鶏白湯の旨味を損なわない程度に塩加減が抑えられていますし、揚げネギも味わいにアクセントを加えるのに一役買っていますが、無化調らしい物足りなさを感じなくもなく。ただやたら味が濃くてしょっぱいだけの昨今ありがちな「濃厚鶏白湯」よりは格段にマシ。
 
 麺は平打ち縮れ麺で、つるつる、もちもちした食感が楽しめましたが、このスープなら細麺のほうが合うような気がしました。太麺かつ硬めだとスープに対して明らかに強すぎでした。また 量が足りない場合は替え玉を進めているようですが、スープが冷めやすいこの丼で替玉は無謀な気が。

 メンマを相当煮込んでいるのか、なんかフキみたいな柔らかい歯応えに変わっているのが面白い。鶏白湯スープを全面に押し出しているのにチャーシューは豚。赤い実は色合いが鮮やかでビジュアルを引き締めるのには良いのですが、食べると酸味が強くて参りました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧