2017.11.23

中華そば 馥@獨協大学前(2) ~ 山形辛味噌らーめん

006

 東武伊勢崎線獨協大学前駅東口から高架沿いに南へ。斜向かいにスーパー銭湯あり。約1年半ぶりの再訪。商業地から離れたところにぽつんと建っています。屋号は読めないどころか、他で使っているのを見たことがない漢字ですが、「かおる」と読みます。

 開店5分前に到着したところ先客3。開店が早まってすぐに入店でき、後客9。あっという間に満席になり、断続的に店内に待ち客発生。

 前回はメニュー先頭の「中華そば」を注文したので、今回は「山形辛味噌らーめん(800円)」を注文。ランチタイム(なんと17時まで!)は麺大盛orごはんor肉めしor味付玉子or杏仁豆腐が無料とのことなので肉めしを付けてもらいました。券売機はなく後払い。

 他に「生姜らーめん」「肉そば」「煮干し中華そば」「山形辛味噌らーめん」等のメニューがあり、近隣の「田中そば店」の影響を受けている模様。他客の注文は見事にバラバラ。またメニューによっては麺の種類を選べるようですが、「山形辛味噌」は何も聞いてきませんでした。

 店内はL字型カウンター5席と2人掛けテーブル2卓。店主夫妻と娘さんで切り盛りしている様子。

005_2

 辛味噌の赤と青海苔の緑が映える、赤湯の「龍上海」と良く似た外観が特徴。赤味噌を溶かす前にベースとなるスープを味わってみましたが、ベースは豚骨など動物系の出汁が主体かな? 白味噌仕立てで甘めの味わいですが、さすがにこれだけだとちょっとぼんやりというか物足りなさは否めず。

 そこでちびちびと赤味噌を溶かしてゆくとピリ辛風味、そしてにんにく効果で格段に味に深み、そしてこってり感が増してきます。全部溶かしたところで辛さはたいしたことありませんが、ちょっとしょっぱくなりすぎる嫌いがあるので2/3くらい溶かすに留めたほうがバランスは良いかも。たっぷり目に添えられた刻みネギが良い箸休めに。

 麺は中西食品の並太平打ち縮れ麺。つるつる、もちもちした食感が楽しく、それでいて歯応えも十分。スープの絡みも申し分なし。

 チャーシューはやや脂身が多目ながら脂臭くならないぎりぎりの範囲内で、とろっとした味わい。他にメンマ、ナルト、海苔。

004

 肉めしはチャーシューの炊き込みご飯。「田中そば店」といえばスパムにぎりが名物ですが、肉めしもそれをちょっと意識しているのか、スパイシーな味付け。かつラーメン無しでも食べられるくらい濃い目の味付け。ゆえにラーメンとのバランスだけを考えれば「ごはん」のほうが良さげ。

 「中華そば」で比較すると前回往訪時よりは50円値上がりしていましたが、それでもランチサービス付きを考えるとかなり安めで、味も十分満足できる出来。これなら早い時間帯から繁盛しているのは当然でしょう。

| | トラックバック (0)

2017.11.01

十々家@草加 ~ 十々家ちゃんぽん麺

007

 草加駅の北西、徒歩15分くらい。草加中学校の西、草加保健所の北辺り。先客1、後客7。横浜家系のような屋号ですが、ちゃんぽんが売り物の店です。なお屋号は「ととや」と読みます。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「十々家ちゃんぽん麺(790円)」を注文。平日昼は半ライスが味玉半個のサービス付きだそうですが、残念ながら往訪したのは日曜日。

 メニューは他にごま辛ちゃんぽん麺、あっさりちゃんぽん麺、あんかけちゃんぽん麺、あんかけカタ焼そば、あんかけ焼そば、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン。さらにチャーハンや餃子はともかく、かつ丼やカレーまであってちゃんぽん専門店どころか中華料理屋の範疇すらはみ出しています。

 店内はテーブル席主体で2人掛けテーブルが9卓。さらにL字型カウンター4席。外観&内装とも新しそうで、店舗兼自宅を新築したのかも。

006

 かなり浅い丼で登場。スープが冷めやすいのでこれは大幅減点。

 ここのちゃんぽんが変わっているのはスープが鶏白湯ベースなこと。ただ野菜の炒め物等と渾然一体となっている上に、しょっぱいのが災いして鶏白湯らしさはほとんど感じられず。「鶏白湯」と言われなかったらありがちな鶏ガラベースだと思い込んでいたかも。

 またこの店のユニークなのはなぜか具材の上に肉味噌が乗っていること。面白い試みですが、やはりスープがしょっぱいので肉味噌を加えることで生じる味の変化を楽しみようがなく、あまり意味がないかと。現状では肉味噌を止めて炒め物の豚肉を増やしたほうがベター。

 麺はちゃんぽんらしい太麺。スープ自体がしょっぱい割には麺があまりスープを吸わないせいか、麺を食べる分にはあっさり目の味わいで悪くありません。

 具は炒めたモヤシ・キャベツ・コーン・キクラゲ・わずかに豚肉、さつま揚げ、むき海老、あさり、イカ、青ネギなど。麺の量自体は並程度ですが、具沢山かつ野菜たっぷりなのは何かと助かります。穴あきレンゲがついてくるので具材をきれいにサルベージして完食。

 駅からやや離れていて、これといったラーメン屋がない一帯にあるので、本格的なちゃんぽんを期待しない限りにおいては近所の方にはそれなりに重宝されるかも。平日ランチの半ライス付きならかなりお値打ちなのは確か。

| | トラックバック (0)

2017.10.27

こむぎ@越谷(2) ~ 醤油中華そば

005

 東武伊勢崎線越谷駅東口近く、越谷市役所の西隣。3年半ぶりの再訪。開店直前に到着したところ先客ゼロ。その後も開店まで後続なく、後客5。たまたまかもしれませんが、以前来た時よりは客足が落ち着いたようです。

 店内の券売機でボタン先頭の「醤油中華そば(750円)」を注文。他に「塩中華そば」「つけ麺」など。

 店内は縦長L字型カウンター8席。入口近くに製麺室あり。水セルフ。

003

 卓上のウンチク書きを見るとスープは「北海道産真折昆布、枕崎産鰹節、長崎産あご、瀬戸内産いりこ、熊本産サバ節、さんま節を、通常の倍量で出汁をとり、秋田産比内鶏ガラ、国産鶏ガラ、国産親丸鶏からの鶏がら出汁を掛け合わせ」とのこと。出汁の出来が相当良いのか、無化調にありがちな物足りなさは微塵も感じられず。ただかえしの「にほんいち醤油」が曲者なのか、甘めの味わいなので好みが分かれるかもしれません。

 自家製の麺はやや細めの縮れ麺。心持ち柔らかめですが、優しい味のスープとの相性を考えればこんなものでしょうか。

 チャーシューは若干ぱさつき加減の歯ごたえしっかりタイプと、脂が程よく差した柔らかタイプの二種類。他に大きな三つ葉、穂先メンマ、海苔。

 店では自家製のフルーツ入り調味料を味変用に勧めていましたが、スープが美味いのでどんどん食べ進んでしまい、調味料の存在をすっかり忘れてしまいました。前回も忘れたんだよなぁ。

 退店しようと扉を開けるとそこは製麺室だったという失態(^^; 

 文句のつけようがない出来で「塩中華そば」で再訪してみます。「塩」が「醤油」より100円も高いのが不思議ですが。

| | トラックバック (0)

2017.10.09

tokyo hoajao style IKEDA@草加 ~ hoajaoラーラー麺

Ikeda003

 草加駅東口、マルイの北に続く駅前一番通り商店街内。「杉島改」の跡地のようですが、外観を大改装しているため面影は全くありません。先客ゼロ、後客1。

 券売機はなく後会計制。メニューを見て先頭の「hoajaoラーラー麺(900円)」を注文。 ラーラー麺の辛さは1辛~4辛まであり、「2辛」で注文。またランチタイムはライス無料付き。メニューは「hoajaoカリー麺」との二本立て。共にパクチートッピングを推していますが、そいつは個人的には不倶戴天の仇。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席と4人卓×1。若夫婦で切り盛りしている模様。水セルフなのはともかく、水ポットに氷が入っておらずぬるいままのは困ったもの。店主が慌てて氷入りを持参し、帰りしなに奥さんからもお詫びがありました。べっぴんさんなので何でも許します(苦笑)。

Ikeda002

 配膳時に「よく混ぜてから食べてください」との声かけがありましたが、なるほどスープは超ドロドロ系。動物系出汁をベースに味噌ダレ、自家製のラー油と花山椒をたっぶりと効かせたもののようで、辛さはさほどでもありませんが、痺れのほうがややきつくて一口目で咳き込んでしまいました。

 またラー油だけでもかなりオイリーなのに背脂まで効かせているようで、スープは見た目通りずっしりと重く全く飲む気にならないというか、そもそも飲むのを前提としていないのかも。ただ底に沈んだひき肉をサルベージしてご飯のおかずにしているうちにスープもそこそこ減ってしまい、食後はそれなりに胃もたれ。穴あきレンゲがあると嬉しいのですが。

 麺は並太のほぼストレート。水気が少なそうなのはともかく、どういうわけがかなり硬めでごわごわした食感。超ドロドロスープに負けないように敢えてこうしているのかもしれませんが、それなら単に太麺にすればいいのに。もっともスープに馴染むのが早く、終盤は特に違和感を感じませんでした。

 具は他に糸唐辛子、千切りネギ。

 ライスサービス付きとはいえ、場所柄を考えると現状では割高感は否めず。飲む気にならない超ドロドロスープが大量にあっても仕方ないので、まぜそばにして値段を下げたほうが良いような気がしてなりません。

| | トラックバック (0)

2017.04.04

38 NOODLE KITCHEN@松原団地 ~ 鶏だしらーめん・塩

38006

 絶賛再開発中の松原団地の北端「栄小学校」の北。開店直前に到着したところ先客3、後客1。2年半ぶりの再訪。

 券売機ボタン先頭は「つけ麺」でしたが「鶏だしらーめん・塩(800円)」を中盛(+50円)で注文。前回往訪時は「並150g、中盛200gで中盛まで無料サービス」をやっていましたが、そのサービスはなくなってしまい、ランチサービスは特にありませんでした。「鶏だしらーめん」は醤油もあり。他に「まぜそば」など。往訪時は夜限定で「濃厚らーめん(10食のみ)」も提供。

 店内はL字型カウンター8席と入口近くに4人掛けテーブル席1卓。水セルフ。店は相変わらず母子で切り盛りしているようで、すっかり接客慣れしたお母さんが良い味を出しています。

38005

 見た目通り、混じりっけなしのあっさり目の味わい。表面の油が程よくコクを加えています。後味も良く、しかも無化調にありがちな物足りなさも特に感じませんでした。

 ウンチク書きによると「鶏ガラ、鶏足、丸鶏と、香味野菜を弱火でじんわり炊き、そこにいりこ、根昆布、サバ節等を直接入れてダシを取った」「それを一晩寝かせて余分な脂を取り除き、提供時に小鍋で温めて」のこと。わざわざ「よくあるダブルスープではありません」との断り書きも。鶏100%を強調している割には良い意味で鶏臭さがなく、万人受けする仕上がりに。ただ飲み進むにつれて塩ダレの自己主張が気になりだしたので完飲には至らず半残し。

 麺は自家製の細めストレート。全粒粉入りで若干ざらつきを感じるのはともかく、やや堅めの茹で上がりでスープに対して少々強すぎるように感じました。また中盛だと麺とスープとのバランスが崩れた感じはしませんでしたが、大盛だとちょっと無理がありそう。

 チャーシューはあっさりした鶏ムネ肉と少々脂が乗った豚バラ肉でアクセントをつけているのかな?他に茎ワカメ、刻みネギ、海苔、細メンマ。

 値上がりして割安感はなくなってしまいましたが、つけ麺で再訪の価値あり。

| | トラックバック (0)

2017.03.28

民のかまど@谷塚 ~ 肉そば

004

 東武伊勢崎線谷塚駅の東外れ。綾瀬川との中間くらいに立地。「独学流らーめん」のリニューアルらしいのですが、「独学」では1年も持たなかったみたいで。著しく安っぽい外観が特徴。先客ゼロ、後客5。付近にラーメン屋どころか外食できる店が少ないせいか、ガテン系のオッサンが三々五々、トラックやミニバンに分乗してやってきます。当然のように車は路駐。

 店内の券売機でボタン先頭の「肉そば(850円)」を注文。醤油と味噌が選べるので醤油にしてもらいました。なお大盛無料サービス&肉そばのみライス付ですが、もともとが高めの価格設定なのでたいしてサービスになってないかと。大盛は自粛してライスだけつけてもらいました。

 メニューは他に生姜らーめん、担担麺、汁なし担担麺など。プレーンならーめんがないのが不思議。つけ麺は冬季休業。

 店内は縦長カウンター6席のみで店主一人で切り盛り。水セルフ。

002

 細かい背脂を含めて表面の脂が少々テカっているスープは動物系出汁ベース。豚バラ肉から染み出る旨みも加わっているようですが、それ以上に醤油がきつくて飲むのは躊躇われるレベル。こりゃライスはサービスというよりライスがないと食べづらいというか、ライスのおかずとして設計されたラーメンではないかと。

 麺(三河屋製麺?)は並太ストレートでつるつるした食感。心持ち柔らか目のゆで加減でしたが、スープに負けている印象は受けず。ライス付きが前提なせいか、「並」だけだとやや量が少ない気がしました。

 豚バラ肉は丼に入れる前にせっせとバーナーで炙りを入れてましたが焦げが入るほどではなく意味合い不明。豚バラ肉自体の味付けはやや甘辛といった程度で、スープ同様濃くはなかったのは不幸中の幸い。またぱっと見チープな肉の割には脂身が少ないのも好印象。

 刻み青ネギがたっぷりと添えられていますが、しょっぱいスープを避けてネギだけ食べるのはかなり難儀。細モヤシか何か食べやすいものにしてほしいもの。

 いかにもガテン系向けの一杯でした。

| | トラックバック (0)

2016.12.23

【閉店】牛そば屋@越谷 ~ 黒の牛そば-醤油ー

004

 東武伊勢崎線越谷駅の南。越谷税務署よりさらに南、駅から1km近く離れています。先客、後客ともゼロ。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「黒の牛そば-醤油-(780円)」を注文。メニューは他に「塩」「味噌」 。さらになぜか牛カレーライスも用意。後払い。

 店内は厨房に向かって縦長カウンター6席と4人掛けテーブル2卓。麦茶セルフ。厨房内には話好きの店主が一人だけ。卓上の白ゴマとすり鉢が目に付きました。

003

 深い丼で登場。かなり熱々のスープはかなり甘め。たっぷりの牛肉に卵黄が添えてありこともあってか、まるですき焼きを食べているかのよう。ただ牛骨スープだけで押せるほど出汁が強くないのを補うためか、カツオ節が添えられています。それ自体は悪くないのですが、カツオ節の量が多すぎて牛骨スープとのバランスを逸しているような気も。途中で柚子こしょうを入れるのを推奨していますが、スープの味が濃すぎて大勢に影響はないような・・・

 また残ったスープに「かえ飯(70円)」投入を勧めていましたが、ご飯を入れるにもちょっとスープが濃すぎるかと。

 麺は味噌ラーメンにありがちな黄色い並太ちぢれ麺。やや硬めで噛み応えがあって麺自体は好きですが、このスープには強すぎる印象。

 値段の割に牛肉がたっぷり入っていて、その点は有難いのですが、全体的に未だ試行錯誤の過程にあるような気がしました。

| | トラックバック (0)

2016.09.22

来々軒@越谷 ~ タンメン

00_2

 越谷駅西口の北西、JA越谷本店の前。「狼煙」の跡地。先客1、後客1。

 券売機のボタン配置は「ラーメン」が先頭でした、520円とあまりにも安いのを不審に思って、隣の「タンメン(720円)」を注文。太麺と細麺が選べるので太麺で。他に黒醤油ラーメンあり。

 店内は店奥にL字型カウンター8席。店左側に小上がりがあり、4人掛けテーブル2卓。さらに入り口近くに2人掛けテーブルと3人掛けテーブルが1卓ずつ。

01

 メニューに唐揚げがあるので、てっきり「トナリ」みたいなこってりしたタンメンが出てくるものと思い込んでいたのですが、方向性は真逆で古典的なあっさり塩味でした。塩気が控えめなのはともかく、コクに欠けるというか旨みが不足しているというか、かなり物足りなさを感じました。その物足りなさを補うべくさっさと胡椒投入。

 当然ながらこのスープに対して太麺は自殺行為で相性最悪。浅草開化楼の緩い縮れ麺ですが、そもそも太麺を選択肢に入れる必要すらないような・・・

 具はキャベツ主体ですが、芯に近い部分が多くて難儀。他にモヤシ、ニンジン、ニラなど。困ったことに豚肉が全く見受けられず、これが物足りなさに拍車をかけているような気がします。

 先客はチャーハンと餃子を食べており、後客もチャーハンを注文。それが大正解だと思います。

| | トラックバック (0)

2016.07.23

つやつや@南越谷

005

 南越谷駅の南、サンシティ越谷の南を走る通りを東へ。高架橋をくぐった先の住宅街の中にあって駅からはかなり距離があります。先客は一人でしたが、結構な人気店のようで15分もすれば店はほぼ満席になり、退店時には店内に待ち客3。

 メニューは塩らーめん、正油らーめん、こってりらーめん、激辛らーめん、及びそれらに対応するつけめんといった感じ。ランチライムにはらーめん(塩/正油)にミニ丼(ネギ丼・高菜明太子丼・明太丼・キムチ丼)が付いた「ランチメニュー(870円)」があったので、塩らーめん&明太丼で注文してみました。

 後客もランチメニューを頼んでいる人は多く、その中でも塩らーめんが人気で、激辛もちらほら。つけめんを頼んでいる人はあまりいませんでした。丼ものではネギ丼が圧倒的人気。券売機はなく後払い。

 店内はL字型カウンター8席と4人掛けテーブル2卓。水セルフ。ランチタイム禁煙。

 店はご夫婦で切り盛りしているようですが、客数の割には作り手が大将だけなのでいかにも回転悪そう。また6杯くらいいっぺんに作って出しているので、同一ロットでも最初のほうと最後のほうでは出来に相当差異ができそう。

003

 スープは魚介系出汁が強めに出た動物系混じりといったところのようですが、塩ダレがやや強め。しょっぱくて飲むのが躊躇われるほどではありませんが、出汁の旨みを少々損ねている気も。

 麺はやや細めの縮れ麺。つるつるとした食感ながら若干緩めの仕上がりで好みからは外れていますが、スープとのバランスを考えればこんなもんでしょう。

004

 チャーシューはぐだぐだに崩れやすいタイプ。水菜と刻みネギがたっぷり目。他にメンマ。レモン片が浮いているのは謎。ランチメニューではなく半ライスを頼んでいる人もいましたが、この具だとちょっとライスは厳しく、明太丼で正解でした。

| | トラックバック (0)

2016.07.15

Φve ふぁいぶ@松原団地

006

 松原団地駅西口を出て西へ。獨協大学のある角「獨協さくら橋」交差点を南へ。ベルクスを越えてすぐ。先客4、後客4。場所柄学生だらけかと思いましたが、意外にも客層は近所のオッサン、オバハンのほうが多くてびっくり。

 「麺座でん あねっくす 松原団地店」が、屋号を変えてリニューアルオープンしたと聞いて往訪したのですが、外観はほぼ「でんあね」そのまんまで、暖簾を良く見ないと屋号が変わったことなんて全然判りません。

 店内の券売機ボタン先頭に「つけめん」が並んでいたので「つけめん・大盛(750円)」を注文。並(700円)を基本に大盛・特盛・特大・トリプルと50円ずつ値上がりする価格設定。

 なお注文した時は中太ストレートの自家製麺と極太平打ちの浅草開化楼の麺を選べるものだと思ったのですが、「つけめん」は自家製麺のみ。浅草開化楼のほうは「ちいめん」と名付けられていて値段も違う(+50円)ことに後で気づきました。

 他に「らーめん」「まぜそば」「でん次郎」「塩」「味噌」「Φve カレーらーめん」「横浜家系Φve家」などやたら多彩。

 「でんあね 草加店」に行ったことがありますが、それも4年以上昔の話。屋号変更でメニューがどう変わったのか判りませんが、最後の2つが加わっただけなら単なる迷走としか思えないんですが・・・

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席と、4人掛けテーブル2卓、2人掛け1卓。厨房内にはスタッフ2名。水セルフですが、店の隅っこに給水器が置いてあるだけなのでチト不便。

001

 つけ汁は全体に甘ったるくて、酸味も強いちょっと苦手のタイプ。動物ベースの魚介混じりで魚粉も目につきますがザラザラ感はありません。とはいえ脂も多いので味わいはあっさりというわけでもなく、なんとも微妙。

 つけ汁の中に厚みのあるチャーシュー、メンマ、刻みネギ、青菜、ナルト、そしてなぜかレモン片。

 麺は太目のストレート。つるつるした食感で噛み応えもそれなりといったところですが、「もっちり」というのは当たらないかと。麺の量は明示されてありませんでしたが、大盛りでも特に過不足感なし。並だとつけめんとしてはちょっと物足りないかと。

 個人的にはあまり好きなタイプではありませんが、基本的には食べ手を選ばないいたって無難な一杯だと思います。

| | トラックバック (0)