2022.04.15

江むら@谷塚 ~ 鶏白湯ラーメン・ダイブめしセット

Emura002

 東武伊勢崎線谷塚駅東口から北へ歩いて2分ほど。飲食店街も尽きようとするエリアに立地。11時の開店直前に往訪したところなんと先客6。退店時外待ち7と早くも人気店になっていました。

 店内の券売機で「名物」とされる「鶏白湯ラーメン・ダイブめしセット(940円)」を注文。

 メニューは他に「味噌鶏白湯」「魚介鶏白湯そば」など。サイドメニューとしてからあげを推しています。
 
 席は縦長カウンター6席と2人卓×1。卓上にはオレンジ酢、煮干し酢、エキゾチック酢となぜか酢だらけ。おしぼりサービスあり。
 
 最初に味変用のレモン片と「鶏白湯ラーメンの食べ方」という指南書きが出てきます。口調が少々機械的ながらも店員があれこれ細かく説明してくれるのは良いのですが、「ダイブめし」の配膳を忘れてしまい実に本末転倒。

Emura001  

 とろみ強めのスープは「鹿児島産の鶏メインに少しの宮崎・大分産豚骨を強火で煮込んだ濃厚鶏豚スープに、国産醤油ダレのキレがうま味をアップデート。1杯ずつブレンダーで『強制乳化』する事で、コク増し」というのが店のウリ文句。スープを泡立たせるのは関西でよくみかけるパターン。
 
 「鶏白湯」と謳っているけれども鶏100%ではないのはともかく、醤油が少々うるさくてせっかくの出汁の旨味をかき消しがちなのが残念。しょっぱく感じるほどではありませんが・・・ 味変用のレモンを絞り入れるとそのうるささが多少緩和されてマイルドに。
 
 麺は平打ちに近い形状の中太緩い縮れ入り。つるつるした口当たり、かつ噛み応えがしっかりしており、濃厚スープに良く合っています。
 
 鶏チャーシューは兵庫但馬鶏のムネ胸肉。レアタイプなので早めに食ってくれとアドバイスあり。他に味玉半個、アーリーレッド(赤玉ねぎ)、水菜、刻みネギ。
 
 ダイブめしとは要するに最後にスープに投入することを前提とした豆ごはん。なぜか梅干しが乗っている上に、ややごわついた炊きあがりなのが残念。またご飯を投入することが前提ならなおさら醤油ダレが少々うるさいのが惜しまれます。
 
 細かい難点はあるものの、谷塚駅周辺にはこれといったラーメン屋がないのでこの店が人気店になっているのは納得。

|

2022.04.14

良二@獨協大学前 ~ しょうゆらーめん

Ryoji2203001

 東武伊勢崎線獨協大学前駅の北西にある「栄小学校」の北の通り沿い。旧松原団地は来るたびに再開発がガンガン進んでいて、スラム然とした建物はすっかりなくなってしまいました。再開発は周辺の商店街にも及んでいるようで、外観が真新しいこの店もその一環なのかな?団地内の店にしては大きめの駐車場を併設しているのが特徴。2年半ぶりの再訪。先客1、後客1。
 
 店内の券売機ボタンを見て「しょうゆらーめん(750円)」を注文。ランチサービスなし。

 以前は「みそらーめん」との二本立てでしたが、いつの間にか「塩らーめん」も用意。獨協大学の学生をを当て込んでか、学生向けの格安メニューをやたらアピールしていますが、同時に「学生らーめんの取り分けは禁止」「一人一杯でお願いします」と学生がやらかしがちな行為についての注意書きも。

 店内は横長カウンター6席と4人卓×2、2人卓×2。卓上にはおろしニンニク、酢、醤油、ラー油、コショウ、一味、ラーメンのたれ。

Ryoji2203002

 驚いたことに前回試食時よりも明らかに生姜の効きが強くなっていて、長岡生姜醤油ラーメンを意識したような感じに。見た目通り醤油がやや前面に出た感じですが、動物系出汁をかき消してしまうほどではなく、ありがちな「ただ醤油飲ませているだけじゃね?」系の弊を辛うじて免れています。「らーめんの味が濃いようでしたらスープをご用意いたします」との貼り紙がありましたが、割りスープの必要は全く感じず。

 麺は心持ち太目の縮れ麺でつるつるとした口当たり。噛み応えもしっかりしており、スープとの相性も文句なし。

 チャーシューは崩れる寸前のところまでしっかり煮込まれていてまずまず。他に細メンマ、ほうれん草、ナルト、海苔、刻みネギ。
 近所の方々の普段使いに徹したような店としては破格の美味さ。次回は味噌にチャレンジ。

|

2022.04.08

馥@獨協大学前 ~ 山形辛味噌らーめん

Kaoru2203001

 東武伊勢崎線獨協大学前駅東口から高架沿いに南へ。斜向かいにスーパー銭湯あり。約1年半ぶりの再訪。商業地から離れたところにぽつんと建っています。屋号は読めないどころか、他で使っているのを見たことがない漢字ですが、「かおる」と読みます。

 11時の開店5分前に到着したところ、定時より早く店を開けていたようでなんと店内は既に満席で外待ち1に接続。中で食べている様子はなかったので必然的に長期戦を強いられ、結局配膳まで30分ほどかかりました。退店時外待ち4。相変わらず結構な人気店のようです。
 
 いつの間にか店内に導入された券売機で「山形辛味噌らーめん(880円)」を注文。ランチタイム(なんと17時まで!)はごはんor肉めしor海苔or味付玉子orパンナコッタor韓国風明太ごはん無料とのことなので韓国風明太ごはんを付けてもらいました。ランチサービスの内容は微妙に見直されているようで、前回あった「大盛」や「杏仁豆腐」がなくなって「パンナコッタ」が追加されていました。

 メニューは他に「中華そば」「ねぎそば」「肉そば」「煮干し中華そば」季節限定の「生姜らーめん」等。「中華そば」は麺の種類を選べるようですが、「山形辛味噌」は何も聞いてきませんでした。

 店内はL字型カウンター5席と2人掛けテーブル2卓。卓上には胡椒、酢、唐辛子、白ごま、豆板醤、ガーリックチップ。あまり大きくない店なのにコロナ対策で席間に間仕切りを設けたり、ビニール幕を張ったりしているので一層手狭に感じます。

Kaoru2203002

 辛味噌の赤と青海苔の緑が映える、赤湯の「龍上海」と良く似た外観が特徴。赤味噌を溶かす前にベースとなるスープを味わってみましたが、ベースは豚骨など動物系の出汁が主体かな? 白味噌仕立てでかなり甘めの味わいです。

 そこでちびちびと赤味噌を溶かしてゆくとピリ辛風味となり、さらににんにく効果で格段に味に深みとこってり感が増してきます。全部溶かしたところで辛さはたいしたことありません。また以前は全部溶かすとちょっとしょっぱくなりすぎる嫌いがあると思いましたが今回はそれほどでもなく。たっぷり目に添えられた刻みネギが良い箸休めに。

 麺は並太平打ち縮れ麺。つるつるとした口当たりですが、やや柔らかめの仕上がりでスープにたいして少々負け気味の印象。
 
 チャーシューは濃い目にしっかり煮込まれながら肉肉しい噛み応えもちゃんと残っていて気に入りました。前回は「やや脂身が多目ながら脂臭くならないぎりぎりの範囲内で、とろっとした味わい」という印象だったので、芸風を変えたのかな? 他にメンマ、ナルト、海苔。

 韓国風明太ごはんは無料なのが不思議なくらい明太子がたっぷり。チャーシューが絶好のおかずに。

 スープ・麺・チャーシューとも前回と印象が違う面が多々あって結構味にブレがある可能性があるものの、ランチサービスを合わせ考えるとコストパフォーマンスは抜群で、味も十分満足できる出来。これなら早い時間帯から繁盛しているのも納得。

|

2022.01.12

ヒノブタスタミナ@新越谷 ~ ヒノスタ

Hinobuta001

 東武伊勢崎線新越谷駅西口から徒歩2分程度。駅前の「カラオケBanBan」の裏辺り。「火の豚」のリニューアルのようで、リニューアル前の名残も少々。11時半の開店15分前に到着したところ先客1。開店までに10人ほどやって来て、後続もゾロゾロ。退店時に外待ち6。客層が体格の良い若年男性だらけなので回転は良さげ。

 店内の券売機ボタン先頭は「スタミナ」でしたが、屋号に敬意を表して「ヒノスタ(900円)」を注文。辛さを聞かれたので「2辛」で注文しました。辛さは1~5の5段階ある模様。さらに配膳前に無料トッピング(きざみニンニク・きざみしょうが・味付きあぶら)の要否を聞かれたのでしょうがだけ注文。

 メニューは他にスタミナと限定商品の3本立て。限定商品はTwitterで告知されているだけのようで店内に案内なし。スタまぜ、スタつけ、スタミナフュージョン、ヒノスタ、ヒノまぜ、ヒノつけ、ヒノスタフュージョンといったボタンもありましたが、往訪時は全て×印が点灯。
 
 なお「100円券」というボタンがあって、それでトッピング等を付けている客も結構いましたが、100円券でどういうトッピングを付けられるのか、どんなオプションがあるのか店内には案内がなく、一見さんにはハードルが高い店です。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター9席。卓上には一味とかえし(?)。店は若い兄ちゃん&姉さんの二人で切り盛り。
 
 早くから並んでいる客は「限定」狙いが多い模様。しかも「限定」のほうを先にまとめて作り出したので「ヒノスタ」グループはしばし待たされる羽目に(´・ω・`)ショボーン また並んでいる客に早くから「限定」の注文の有無を聞いて注文総数を勘定していたので、開店から1時間も持たなさそうでした。

Hinobuta002

 若干とろみがかったスープは豚骨ベースのわかりやすい旨辛風。「辛」といっても辛さはさしたることはなく、かなりしょっぱい方向へ寄っているので全く飲む気にならず。炒め物の玉ねぎがたっぷり入っている上に背脂も少々混じっていますが、デフォルトだとそんなに脂っぽくは感じず。この辺は生姜を加えた効果があったのかも。
 
 麺は太目の平打ち縮れ麺。食べ始めはかなり硬い印象を受けましたが、すぐにスープに馴染んでゆきました。濃厚すぎるスープにはこれくらい強い麺であって当然。

 粗めに刻まれた玉ねぎは少々炒め具合にばらつきがあって、甘く仕上がっているのもあれば生に近いのもあるといった塩梅。ニラも少々。ほぐした大きなサイコロ状の豚チャーシューも多めに入っていて嬉しいのですが、スープに合わせて濃い目の煮込み加減なのはともかく、後乗せのためか冬季は冷え冷えで周囲との調和を欠いているのが残念。総じてご飯を付けるのを前提としているような味わいですが、ボリュームはご飯無しでも十分すぎるくらい。

|

2021.12.01

ながれもの@草加 ~ 淡麗鶏塩らーめん

Nagaremono002

 東武伊勢崎線草加駅東口、マルイの北に続く駅前一番通り商店街内。居酒屋「味人」がランチタイムに始めたラーメン専門店で、先客ゼロ、後客1。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「淡麗鶏塩らーめん(900円)」を注文。ランチサービスなし。後払い。

 メニューは他に鴨としじみの醤油らーめん、肉味噌油そば、(冬季限定)北海道味噌の味噌らーめんなど。各らーめん共に無料でこってり(背脂)に出来るようです。

 店内はL字型カウンター7席と小上がりに4人卓×2。卓上にはミル入り粒胡椒のみ。また味変用に別途酢橘が出てきます。温かいおしぼりのサービスも。

Nagaremono001

 「鶏ガラ、手羽先、もみじなどの鶏出汁をベースに野菜類、利尻昆布 鰹削り節 帆立などをバランス良く合わせてます」「大事な塩は沖縄の粟国の塩、シママース、岩塩(銘柄は企業秘密)を合わせ、まろみ、柔らかさが鶏ベースのスープを引き立てます」「決め手の脂は国産鶏脂と香味野菜から抽出した香味鶏油時間をかけてじっくりと作り上げます」というのが店のウリ文句。

 スープ単体としてはなかなかよく出来ていて妙な塩の尖りもなく、身体に優しそうなじんわりと鶏出汁の旨味を味わえる優れものですが、残念ながら麺に絡めるとなると些か弱くて物足りない印象。よって早い段階で胡椒をゴリゴリと。

 麺は中細ストレートタイプ。心持ちざらつきがあり若干水気が少なめかな? 思いのほかコシがしっかりしており、それだけにスープの弱さが際立ちました。

 チャーシューはバーナーで表面を炙りまくったのが却って良くないかすっかりカリカリになってしまって旨味も飛んでいるような・・・他に穂先メンマ、ナルト、刻みネギ。値段の割に正直具もしょぼいかと。

|

2021.11.24

GOOD LUCK@新田 ~ (家系)ラーメン

Goodluck002

 東武伊勢崎線新田駅を南へ出て最初の大通りを東へ。駅から2分程度の超駅近。外観はどう見ても新築一軒家ですが、その一階がなぜか丸ごとラーメン屋になっています。先客ゼロ、後客3。

 屋号からは想像がつきませんが、家系の店で店内の券売機で基本の「ラーメン(700円)」を麺硬めで注文。ライス終日無料サービスあり。また早い時間帯ではライスのおかず用にチャーシューの切れ端をサービスしていました。

 メニューは他に「激辛ラーメン」「濃厚味噌」など。

 店内はカウンター4席を向かい合う形で2列配置。卓上にはおろしニンニク、豆板醤、おろし生姜、酢、白胡麻、ブラックペッパー、ライス用のバリバリきゅうり。

Goodluck001

 とろみ強めのスープは豚骨出汁の旨味がぎっしり。またちょっと放置しているとすぐに膜が出来るくらい脂も多め。しかし赤みがかったルックスに反して醤油はうるさくなく、しょっぱくないどころか家系にしては大人しい味わいで豚骨の旨味を存分に楽しめる辺りが気に入りました。

 麺は中太のごく緩い縮れ入り。「硬め」で頼んだはずですがちょっともっちり感がするくらいの仕上がりで、正直もうちょっと硬めのほうが好み。

 チャーシューは小さめですが炙り入りなのが面白いところ。他にほうれん草、海苔、刻みネギ。

 この出来なら近所の方々にコスパ抜群の店として重宝されると思います。

|

2021.03.10

栄龍軒@獨協大学前 ~ 担々麺・赤

Eiryu2102001

 東武伊勢崎線獨協大学前駅(旧松原団地駅)西口から、獨協大学通りを西へ。松原団地南交差点そば。ほぼ3年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。

 券売機ボタン先頭は「らーめん」ですが、この店は担々麺が人気だと聞いて「担々麺・赤(870円」を注文。辛さは1~5辛と選べるのでデフォルトの3辛にしてもらいました。ランチタイムはご飯1杯無料(セルフサービス)。

 メニューは他に塩らーめん、みそらー麺、つけ麺など。担々麺は他に白、黒、汁なし、つけ麺。

 店内はL字型カウンター12席。席間はやや手狭で、さらに席間に仕切り板を設けたのでなおさら狭く感じます。卓上にはブラックペッパー、麻辣ペッパー、ラー油、酢、醤油、おろしニンニク。水セルフ。

Eiryu2102002

 かなり深めの丼で登場。スープも並々と注がれていて実に良い感じ。とろみがかったスープはごまだれをしっかり効かせた濃厚タイプで全体としては甘目ですが甘ったるくはなく、配膳時には鼻がムズムズしますし、舌にそれなりにヒリヒリ感も残り、担々麺らしい刺激を伴ったバランスの良さが気に入りました。食べ進むと少し酸味も。そして担々麺のスープには珍しく思わず飲み進みたくほどスープが旨い。ベースの出汁がよほどしっかりしているのでしょう。

 自家製の麺は中太ストレート。やや硬めでつるつるとした口当たり。濃厚スープには良く合っています。麺量は160gとのこと。なお店内に掲げられた能書きには「担々麺には平打麺」とありますが、どう見ても違うわなぁ・・・

 ひき肉の肉味噌に加え、角煮をほぐしたような肉片が入っているのが特徴。これでご飯が進みます。また細長い煮込み野菜みたいなのは正体不明。他にベビーリーフ、水菜、笹切りネギ。

 大満足の一杯でした。

|

2021.02.16

かどまる@新田 ~ (家系風とんこつ醤油)らーめん

Kadomaru02

 東武伊勢崎線新田駅東口の北側にある、かなり寂れた飲食店エリアに立地。先客1、後客1。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「らーめん普通盛り(800円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは基本これ一本で、あとは白野菜(ニンニク、アブラ、豚、もやし)、赤野菜(唐辛子、食べるラー油、もやし)とトッピングで変化をつけているくらい。

 店内はL字型カウンター6席のみ。店の大きさの割には店主一人で切り盛りしている関係からかテーブル席を設けていないので、店はスカスカに見えます。卓上にはレモンビール&ブラックペッパーとホールブラックペッパー。また壁にはプロレスのポスターが目立ちます。

Kadomaru01

 わずかにとろみがかったスープは濁り具合から味噌味のように見えますが、店では「家系風とんこつ醤油スープ」と謳っているので実は味噌は使っていないのかな?? 実際味噌っぽい味わいはさほど感じられず、むしろ野菜から来ると思しき甘みが支配的。ただベースであろう豚骨出汁がイマイチなのか、マイルドというよりかなり物足りない出来に。また厨房からはせっせと野菜を炒めている音が聞こえてきますが、その割にはスープは全然脂っぽくありません。

 麺は中太ストレートタイプで、形状といい、わずかにざらつきがある食感といいちゃんぽん麺に似ています。でもスープが弱いので麺が強すぎる印象は否めず。途中で店のお勧めに従ってブラックペッパーをゴリゴリふりかけて味わいのアクセントを強化。

 野菜はキャベツ、もやし、ニンジン、青菜といったところ。チャーシューは鴨肉かな? 小さいけど柔らかくて弾力性があってスモーキー。

|

2021.01.19

馥@獨協大学前 ~ 山形辛味噌らーめん

Kaoru003

 東武伊勢崎線獨協大学前駅東口から高架沿いに南へ。斜向かいにスーパー銭湯あり。約3年ぶりの再訪。商業地から離れたところにぽつんと建っています。屋号は読めないどころか、他で使っているのを見たことがない漢字ですが、「かおる」と読みます。

 11時の開店5分前に到着したところ、定時より早く店を開けていたようで既に先客2。後客5。

 今回は「山形辛味噌らーめん(880円)」を注文。ランチタイム(なんと17時まで!)は麺大盛orごはんor肉めしor海苔or味付玉子or杏仁豆腐が無料とのことなので肉めしを付けてもらいました。でも、肉めしを注文した後にサービス品に韓国風明太ごはんが追加され、正直そっちのほうが良かったと思ったのですが・・・ 券売機はなく後払い。

 メニューは他に「中華そば」「肉そば」「煮干し中華そば」季節限定の「生姜らーめん」等。「中華そば」は麺の種類を選べるようですが、「山形辛味噌」は何も聞いてきませんでした。

 店内はL字型カウンター4席と2人掛けテーブル2卓。卓上には胡椒、一味、酢、炒めた唐辛子、白ごま、豆板醤、ガーリックチップ。あまり大きくない店なのにコロナ対策で席間に間仕切りを設けたり、ビニール幕を張ったりしているので一層手狭に感じます。

Kaoru002

 辛味噌の赤と青海苔の緑が映える、赤湯の「龍上海」と良く似た外観が特徴。赤味噌を溶かす前にベースとなるスープを味わってみましたが、ベースは豚骨など動物系の出汁が主体かな? 白味噌仕立てで甘めの味わいですが、さすがにこれだけだとちょっとぼんやりというか物足りなさは否めず。

 そこでちびちびと赤味噌を溶かしてゆくとピリ辛風味、そしてにんにく効果で格段に味に深み、そしてこってり感が増してきます。全部溶かしたところで辛さはたいしたことありませんが、ちょっとしょっぱくなりすぎる嫌いがあるので2/3くらい溶かすに留めたほうがバランスは良いかも。たっぷり目に添えられた刻みネギが良い箸休めに。

 麺は並太平打ち縮れ麺。つるつる、もちもちした食感が楽しく、それでいて歯応えも十分。スープの絡みも申し分なし。

 チャーシューはやや脂身が多目ながら脂臭くならないぎりぎりの範囲内で、とろっとした味わい。他にメンマ、ナルト、海苔。

Kaoru001

 肉めしはチャーシューの炊き込みご飯。同じく山形辛味噌がウリの「田中そば店」といえばスパムにぎりが名物ですが、肉めしもそれをちょっと意識しているのかスパイシーな味付け。かつラーメン無しでも食べられるくらい濃い目の味付け。ゆえにラーメンとのバランスだけを考えれば「ごはん」のほうが良さげ。

 前回往訪時よりは80円値上がりしていましたが、それでもランチサービス付きを考えるとコストパフォーマンスが良く、味も十分満足できる出来。これなら早い時間帯から繁盛しているのは当然でしょう。

|

2020.03.30

ざぶとん@草加 ~ (鶏出汁)醤油ラーメン

Zabuton001

 東武伊勢崎線草加駅西口を出て、駅前の東横インの先、セブンイレブンのある交差点を北へ入ってすぐ。焼肉屋がランチタイムにラーメンを出しているものです。先客、後客ともゼロ。

 券売機はなく、後会計制。店から出されたメニューを見て先頭の「醤油ラーメン(800円)」を注文。さらに3月末までの期間限定でミニチャーシュー丼が大幅値下げ(250円→100円)されていたので、それも付けてもらいました。

 メニューは絞られていて、他に1日10食の「限定ラーメン」があるだけですが、それがどういう内容なのかどこにも説明なし。

 店内は当然ながら焼肉屋そのもので、小上がりに4人卓×4。縦長カウンター(4席)があるほうが不思議。卓上にはブラックペッパーのみ。

Zabuton003

 スープは「比内地鶏などの丸鷄や鶏ガラを長時間かけて煮込んだ濃厚鷄ダシ」とのことですが、残念ながら黒々とした「数種類の醤油」がかなり前面に出ていて出汁はかき消され気味。無化調だそうですが、それが旨味不足という悪いほうに転んでしまった典型で、悪く言えば単に「醤油を飲ませる系」のスープになっているような気がしました。 というか、本業が焼肉屋なのに、なんで鶏出汁なんだろう??

 褐色がかった麺は細目のストレート。やや硬めの仕上がりなのはともかく、どうもスープの絡みがあまり良くなくて、なんか粉もんを食べている感じががが・・・

 焼肉屋らしくチャーシューには力を入れているのか、彩豊か、かつ柔らかでしっとり仕上げ。他に穂先メンマ、刻み青ネギ。

Zabuton002

 ミニチャーシュー丼はどういうわけかタレがほとんどかかっておらず、単独では食べづらいのでラーメンスープの力を借りる羽目に。

 残念ながら、現状では本業の片手間を出ていない感じ。

|

より以前の記事一覧