2016.12.23

牛そば屋@越谷 ~ 黒の牛そば-醤油ー

004

 東武伊勢崎線越谷駅の南。越谷税務署よりさらに南、駅から1km近く離れています。先客、後客ともゼロ。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「黒の牛そば-醤油-(780円)」を注文。メニューは他に「塩」「味噌」 。さらになぜか牛カレーライスも用意。後払い。

 店内は厨房に向かって縦長カウンター6席と4人掛けテーブル2卓。麦茶セルフ。厨房内には話好きの店主が一人だけ。卓上の白ゴマとすり鉢が目に付きました。

003

 深い丼で登場。かなり熱々のスープはかなり甘め。たっぷりの牛肉に卵黄が添えてありこともあってか、まるですき焼きを食べているかのよう。ただ牛骨スープだけで押せるほど出汁が強くないのを補うためか、カツオ節が添えられています。それ自体は悪くないのですが、カツオ節の量が多すぎて牛骨スープとのバランスを逸しているような気も。途中で柚子こしょうを入れるのを推奨していますが、スープの味が濃すぎて大勢に影響はないような・・・

 また残ったスープに「かえ飯(70円)」投入を勧めていましたが、ご飯を入れるにもちょっとスープが濃すぎるかと。

 麺は味噌ラーメンにありがちな黄色い並太ちぢれ麺。やや硬めで噛み応えがあって麺自体は好きですが、このスープには強すぎる印象。

 値段の割に牛肉がたっぷり入っていて、その点は有難いのですが、全体的に未だ試行錯誤の過程にあるような気がしました。

| | トラックバック (0)

2016.09.22

来々軒@越谷 ~ タンメン

00_2

 越谷駅西口の北西、JA越谷本店の前。「狼煙」の跡地。先客1、後客1。

 券売機のボタン配置は「ラーメン」が先頭でした、520円とあまりにも安いのを不審に思って、隣の「タンメン(720円)」を注文。太麺と細麺が選べるので太麺で。他に黒醤油ラーメンあり。

 店内は店奥にL字型カウンター8席。店左側に小上がりがあり、4人掛けテーブル2卓。さらに入り口近くに2人掛けテーブルと3人掛けテーブルが1卓ずつ。

01

 メニューに唐揚げがあるので、てっきり「トナリ」みたいなこってりしたタンメンが出てくるものと思い込んでいたのですが、方向性は真逆で古典的なあっさり塩味でした。塩気が控えめなのはともかく、コクに欠けるというか旨みが不足しているというか、かなり物足りなさを感じました。その物足りなさを補うべくさっさと胡椒投入。

 当然ながらこのスープに対して太麺は自殺行為で相性最悪。浅草開化楼の緩い縮れ麺ですが、そもそも太麺を選択肢に入れる必要すらないような・・・

 具はキャベツ主体ですが、芯に近い部分が多くて難儀。他にモヤシ、ニンジン、ニラなど。困ったことに豚肉が全く見受けられず、これが物足りなさに拍車をかけているような気がします。

 先客はチャーハンと餃子を食べており、後客もチャーハンを注文。それが大正解だと思います。

| | トラックバック (0)

2016.07.23

つやつや@南越谷

005

 南越谷駅の南、サンシティ越谷の南を走る通りを東へ。高架橋をくぐった先の住宅街の中にあって駅からはかなり距離があります。先客は一人でしたが、結構な人気店のようで15分もすれば店はほぼ満席になり、退店時には店内に待ち客3。

 メニューは塩らーめん、正油らーめん、こってりらーめん、激辛らーめん、及びそれらに対応するつけめんといった感じ。ランチライムにはらーめん(塩/正油)にミニ丼(ネギ丼・高菜明太子丼・明太丼・キムチ丼)が付いた「ランチメニュー(870円)」があったので、塩らーめん&明太丼で注文してみました。

 後客もランチメニューを頼んでいる人は多く、その中でも塩らーめんが人気で、激辛もちらほら。つけめんを頼んでいる人はあまりいませんでした。丼ものではネギ丼が圧倒的人気。券売機はなく後払い。

 店内はL字型カウンター8席と4人掛けテーブル2卓。水セルフ。ランチタイム禁煙。

 店はご夫婦で切り盛りしているようですが、客数の割には作り手が大将だけなのでいかにも回転悪そう。また6杯くらいいっぺんに作って出しているので、同一ロットでも最初のほうと最後のほうでは出来に相当差異ができそう。

003

 スープは魚介系出汁が強めに出た動物系混じりといったところのようですが、塩ダレがやや強め。しょっぱくて飲むのが躊躇われるほどではありませんが、出汁の旨みを少々損ねている気も。

 麺はやや細めの縮れ麺。つるつるとした食感ながら若干緩めの仕上がりで好みからは外れていますが、スープとのバランスを考えればこんなもんでしょう。

004

 チャーシューはぐだぐだに崩れやすいタイプ。水菜と刻みネギがたっぷり目。他にメンマ。レモン片が浮いているのは謎。ランチメニューではなく半ライスを頼んでいる人もいましたが、この具だとちょっとライスは厳しく、明太丼で正解でした。

| | トラックバック (0)

2016.07.15

Φve ふぁいぶ@松原団地

006

 松原団地駅西口を出て西へ。獨協大学のある角「獨協さくら橋」交差点を南へ。ベルクスを越えてすぐ。先客4、後客4。場所柄学生だらけかと思いましたが、意外にも客層は近所のオッサン、オバハンのほうが多くてびっくり。

 「麺座でん あねっくす 松原団地店」が、屋号を変えてリニューアルオープンしたと聞いて往訪したのですが、外観はほぼ「でんあね」そのまんまで、暖簾を良く見ないと屋号が変わったことなんて全然判りません。

 店内の券売機ボタン先頭に「つけめん」が並んでいたので「つけめん・大盛(750円)」を注文。並(700円)を基本に大盛・特盛・特大・トリプルと50円ずつ値上がりする価格設定。

 なお注文した時は中太ストレートの自家製麺と極太平打ちの浅草開化楼の麺を選べるものだと思ったのですが、「つけめん」は自家製麺のみ。浅草開化楼のほうは「ちいめん」と名付けられていて値段も違う(+50円)ことに後で気づきました。

 他に「らーめん」「まぜそば」「でん次郎」「塩」「味噌」「Φve カレーらーめん」「横浜家系Φve家」などやたら多彩。

 「でんあね 草加店」に行ったことがありますが、それも4年以上昔の話。屋号変更でメニューがどう変わったのか判りませんが、最後の2つが加わっただけなら単なる迷走としか思えないんですが・・・

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席と、4人掛けテーブル2卓、2人掛け1卓。厨房内にはスタッフ2名。水セルフですが、店の隅っこに給水器が置いてあるだけなのでチト不便。

001

 つけ汁は全体に甘ったるくて、酸味も強いちょっと苦手のタイプ。動物ベースの魚介混じりで魚粉も目につきますがザラザラ感はありません。とはいえ脂も多いので味わいはあっさりというわけでもなく、なんとも微妙。

 つけ汁の中に厚みのあるチャーシュー、メンマ、刻みネギ、青菜、ナルト、そしてなぜかレモン片。

 麺は太目のストレート。つるつるした食感で噛み応えもそれなりといったところですが、「もっちり」というのは当たらないかと。麺の量は明示されてありませんでしたが、大盛りでも特に過不足感なし。並だとつけめんとしてはちょっと物足りないかと。

 個人的にはあまり好きなタイプではありませんが、基本的には食べ手を選ばないいたって無難な一杯だと思います。

| | トラックバック (0)

2016.05.20

こしがや@越谷

02

 越谷駅東口、MrMaxの南。開店直前に到着したところ先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機でボタン先頭の「塩ネギラーメン(780円)」を注文。 基本メニューは他に「ラーメン(醤油味)」のみ。ランチサービスはなく、ライスは210円とえらく高いのが目に付きました。

 店内は縦長L字型カウンター15席のみ。禁煙。水セルフですが、コップと水ポットが券売機横に固めて置いてあるだけなのでチト面倒。店は老夫婦で切り盛りしているのかな?

01

 スープは黄金色よりももうちょっと深みのある色合い。「名古屋コーチン親丸(地鶏)、ガラ(地鶏)をふんだんに使い、時間をかけてゆっくり炊きだした透明で臭みのない清湯(スープ)に、焼き甘海老、本枯節、屋久鯖節、天然羅臼昆布のだしをあわせた」ものとのこと。塩ダレは控えめでじっくりと出汁の旨みを味合わせる方針みたいで。

 表面の脂がやや目立ちますが、これもコクを加えるのに役立つ程度で、全体としてはあっさり優しい味わい。ともすれば淡白すぎて単調になりそうなところを揚げネギがアクセントになって上手く救っています。

 麺は細いストレートタイプでつるつるとした食感、のど越しが心地良い。やや柔らか目ですが、スープに合わせるにはこうするほかないでしょう。券売機に麺堅めをお断りしている旨が貼ってありましたが、それも納得。どちらかといえば年寄り向けの味わいなのに、麺の量は165gと多め。でも丼も大き目、かつスープもたっぷりで何の問題もありません。

 チャーシューは大きくて厚みがあり、やや崩れやすいタイプ。これもスープに合わせてか、あっさりめの煮込み加減。他に青菜、メンマ、刻みネギ。

 飽きが来ない、いつも安心して味わえる出来と取るか、何かちょっと物足りないと取るかは微妙なところ。

| | トラックバック (0)

2016.04.20

さかえや@越谷

03

 東武伊勢崎線越谷駅東口から駅前の通りを直進。先客ゼロ、後客3。

 券売機はなく、メニュー先頭の「鶏ポタらーめん・塩(600円)」を注文。鶏ポタらーめんは醤油も可。他に「とんポタ」「黒とんポタ」、貝出汁の「しじみらーめん」「とり浜らーめん」、魚介ベースの「うなだれ醤油らーめん」など。

 不思議なことに「しじみらーめん」「とり浜らーめん」を注文した場合だけランチサービスがあり、小やきとり丼かランチサラダ付き。

 店内はくの字型カウンター6席と4人掛けテーブル2卓。水セルフ。厨房内に店主がいるだけな割にはやたらメニューが多いのが気になりました。卓上は紅しょうが、白ごま等。

01

 スープはポタ系にしてはざらつき小。鶏の旨味がはっきりと感じられますし、ポタ系にありがちな青臭さもなくて悪くはないのですが、塩ダレ強すぎてしょっぱいのは困りもの。

 麺は博多風の極細ストレート麺で心持ちざらざら、ごわごわ。デフォルトでも堅めの茹で上がり。量が少ないので替玉を頼んだところ麺の堅さを聞いてきましたが、個人的にではデフォルトで何の差支えもなし。というか、初めから麺の堅さをオーダー出来たのか???

 ただスープの絡みが良すぎるためか一杯目で結構スープがなくなってしまい、全然スープを飲んでいないのに替玉を入れるとスープが足りないのは一目瞭然。これには参りました。幸か不幸かスープがしょっぱいので、量が不足なら替玉の代わりに半ライスをつけたほうが良さそう。さらにいえばポタ系メニューにランチサービスがないのが残念至極。

 具に鶏チャーシュー、きくらげ、青ネギ、海苔、そしてなぜか最初から千切りのしょうがが入っています。これはこれでフィットしてはいますが、卓上に紅しょうががあることですし、客の好きに任せたほうがいいような気も。というか、なんで紅しょうがと統一しなかったんだろう?で

| | トラックバック (0)

2016.02.19

優勝軒 草加店@松原団地

02

 東武伊勢崎線松原団地駅西口から日光街道へ出て北へ。隣に松屋あり。「らーめん 勇」の跡地。先客2、後客7。

 店内の券売機を見たところ、ボタン先頭は「もりそば」でがっかり。続いて外観が二郎風の「富士らーめん」で一段とテンションが下がり、「濃厚豚骨らーめん」が一番下。こりゃあんまり期待できそうにないなと思いながらも「濃厚豚骨らーめん(830円)」を注文。郊外店にしてはえらく高めの価格設定。

 着席すると意外なことに醤油、味噌、辛味噌が選べるとのことで、辛味噌をチョイス。ランチサービスなし。

 店内は基本的には前店そのままですが、カウンターの座席は撤去されてテーブル席のみに。4人掛け2卓、2人掛け3卓、6人掛け3卓。スタッフは4人もいますが水セルフ。客から見えるカウンター上で、カセットコンロでスープを温めているのにはびっくり。

00

 スープはラー油で真っ赤。辛味噌といっても味噌のほうに仕掛けがあるわけではなく、ラー油を多用してピリ辛に仕上げただけのよう。おまけに背脂もたっぷり。当然脂っぽくてくどいのは否めず、当然飲み進む気にはなりませんが、旨みは結構あって悪くありません。

 麺は太目の緩い縮れ入り。辛うじてもっちり感は残っているものの柔らかすぎて全く好みに合わず、どう見ても濃くてこってりしたスープに対して弱すぎ。

 メンマは若干臭みがあってイマイチ。他に薄いチャーシュー、味玉半個・ほうれん草・海苔・刻みネギ。

 この内容では明らかにコストパフォーマンス悪すぎ。特に量が多いというわけでもなく、現状では長持ちしないと思います。前店も1年ちょっとしか持ちませんでしたが。

| | トラックバック (0)

2016.01.25

馥@松原団地

03

 東武伊勢崎線松原団地駅東口から高架沿いに南へ。斜向かいにスーパー銭湯あり。商業地から離れたところにぽつんと建っていますが、思いのほか繁盛していて先客2、後客6。屋号は読めないどころか全く見たこともない漢字ですが、「かおる」と読みます。

 メニュー先頭の「中華そば(600円)」を注文。オープンサービスとして麺大盛orごはんor肉めしが無料とのことなので肉めしを付けてもらいました。また麺は細麺か平打ち麺を選べるので平打ち麺で。券売機はなく後払い。

 他に「煮干し中華そば」「山形辛味噌らーめん」等のメニューがあり、近隣の「田中そば店」の影響を受けている模様。

 店内はL字型カウンター5席と2人掛けテーブル2卓。店主一人で切り盛りしていますが、この繁盛ぶりではかなり無理があるような。

00

 ぼんやりながらも透明感のあるスープは動物系主体の魚介交じりといった感じ。表面が脂でテカテカしていますが、見た目ほど脂っぽくはありません。ただ若干塩気が強くて、あまり飲み進む気にはならず。

 平打ち麺はつるつる、もちもちした食感が楽しく、それでいて歯応えも十分。スープの絡みも申し分なし。

 チャーシューは程よい煮込み加減で上々の出来。他に穂先メンマ、ナルト、海苔、刻みネギ。

01

 肉めしはチャーシューの炊き込みご飯。「田中そば店」といえばスパムにぎりが名物ですが、肉めしもそれをちょっと意識しているのか、スパイシーな味付け。

| | トラックバック (0)

2015.12.13

【閉店】福田製麺所@越谷

02

 東武伊勢崎線越谷駅西口から高架下沿いに北へ。先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機でボタン先頭の「赤味噌らーめん(780円)」を注文。他に「白味噌魚介」「煮干し白湯」「台湾まぜそば」など。ランチサービスは何もないのかと思っていたところ食後に杏仁豆腐が出てきました。

 店内はテーブル席主体で4人掛け3卓、2人掛け2卓、壁際にカウンター5席。水セルフ。厨房は店奥にあって様子は伺えず。

01

 スープは赤味噌が前面に出まくって正直かなりしょっぱめ。もやし、キャベツ、ひき肉などをスープと炒め合わせる札幌風の割には脂っぽさはさほどでもないのが救いといえば救いですが、しょっぱいのを我慢してスープを飲み進みたくなるほどの誘因はありません。

 また赤味噌=辛味噌と勘違いしていたのですが辛さは全くなく、山椒の痺れをわずかに感じる程度。一味を入れようと思ったのですが、卓上には見当たらず。

 麺は太いストレート。硬めでスープに負けない仕上がりで、これは好みのど真ん中。若干ざらざらした口当たり。

 メンマは大ぶりかつ大味で苦手タイプ。チャーシューや白髪ネギ共々後乗せの具はいらないから、小ライスをサービスしてくれたほうがよほど食べやすいと思うのですが。具は炒め物だけで十分すぎるくらいですし。

| | トラックバック (0)

2015.12.10

蒙古タンメン中本@草加

02

 東武伊勢崎線草加駅西口から高架沿いに南へ、ダイエーの南斜向かい辺り。開店直前に到着したところ先客3。さらに開店までに2人やって来て、その後ゾロゾロ。退店時には店内どころか店外にも待ち客発生。乳児+幼児を連れてくるオバハンとか、さほど大きな店でもないのに7人でやってくる団体とかなんだかなぁ・・・

 定番の「蒙古タンメン(800円)」を注文。個人的にはこれが美味しく食べられる限界。「北極」なんて食べようものならスコット隊よろしく遭難しかねません。あっ、スコット隊が遭難したのは南極か。

 なお草加店では「蒙古タンメン」を始め、いくつかのメニューで「辛さおさえめ」を用意しているとのこと。でもわざわざ中本に来て懸命に辛くないメニューを店員に聞いている客っちゅーのは何なんだろう???

 店内は厨房前に横長カウンター6+4席と2人掛けテーブル1卓、4人掛けテーブル1卓。

00

 相変わらず辛美味いとしか良いようがない蒙古タンメン。麺はやや太目のストレート麺。チャンポンの麺に良く似た水っ気の少ない麺が特徴。

 スープ単体だとそれほど辛くはない(家で食べているキムチ鍋と大差ないか・・・)ので、つい麺だけ食べて楽をしてしまいがちですが、そうするとどうしても上のあんのかかった野菜や豆腐が余ってしまいます。そしてこいつらが結構辛いんですな。従って野菜と麺をいかにバランス良く、適度な辛さを保ちつつ食べるかが「中本道」を極めるコツなんでしょう。

 辛いあんかけを美味しくいただくには+180円で辛子麻婆と小ライスがついた「定食」にするというのも一手ですが、単品でも結構量があるので「定食」だと明らかに食い過ぎ。

 食べられないほど辛くもなく、かといってこれ以上の辛さを求める気もせず。ほど良い加減の「からうま」。

 あえて難を言えばもやしや白菜が煮込みすぎてくたくたなところかなぁ。

| | トラックバック (0)