2019.10.31

鯛鯛@草加 ~ 真鯛白湯・醤油

004_20191005134101

 東武伊勢崎線草加駅西口を出て、ダイエー草加店の西隣辺り。先客ゼロ、後客4。

 屋号通り鯛出汁が売り物の店で、店内の券売機ボタンを見て「真鯛白湯・醤油(780円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に「真鯛つけ麺」「真鯛油そば」など。全メニュー醤油と塩が選べるようです。

 店内は縦長5席と店奥L字型カウンター4席。卓上に調味料類は無し。

003_20191005134101

 スープは誰にでもすぐ判るくらい鯛出汁がしっかり。無化調とのことですが、無化調にありがちな物足りなさなんて全然感じられないどころか、むしろ終盤は醤油がうるさく思えるくらいなので、「塩」がベターかも。鯛出汁をウリにする店は概してお上品過ぎて、スープ単体としては完成度が高いものの、麺を絡ませるには弱いと思える店が少なくない中、この店はラーメンスープとしてのバランス感覚が卓越していると思いました。

 麺は中細ストレートタイプ。心持ちざらつきのある食感で、スープの絡みは良好。

 麺の上にある白身はさすがに鯛のほぐし身ではなく鶏肉の模様。スープとの相性を考えてか超淡白な仕上がりですが、後乗せなので冬季はスープをぬるくしてしまう悪影響がでかいかも。ワンタンはラーメンに乗せるのはいささか茹で不足で硬め。他に鯛の炙り身、短く切ったメンマ、海苔、かいわれ、白髪ネギ。

|

2019.10.20

Life is beautiful@新田 ~ 旨味醤油らぁ麺

Life006

 東武伊勢崎線新田駅から金明通りを西へ。草加バイパスと交わる清門町北交差点のそばにあり、駅からは1kmほど離れています。隣がココイチ。先客1、後客1。

 券売機は無く、卓上のメニュー先頭の「旨味醤油らぁ麺(750円)」を注文。ラーメン屋としては極めて珍しいことにサラダ(といってもサニーレタスだけでしたが)の無料サービス付き。しかもドレッシングが何種類か選べるので、和風にしてもらいました。後払い。

 メニューは基本「旨味醤油つけ麺」との二本建てで、つけ麺は並200g、中300g、大400g同料金。

 店内はL字型カウンター6席と店奥に丸い5人卓×1。卓上に調味料類は無し。着席するとやおら氷入りのタンブラーを渡され、卓上の2Lペットボトルの烏龍茶やお茶を自分で汲むというなんかえらく中途半端な対応・・・ また屋号に「らぁ麺&Cafe'bar」と冠してありますが、外観・内装ともほぼ純然たるラーメン屋のような。

Life004

 スープはありがちな動物魚介系と思ったのですが、案内によると「厳選されたかつお節と昆布、煮干しを使用しこだわりの醤油と合わせました」とあって動物系出汁についてはコメントなし。丼の縁にうっすらと魚粉が付いていますがざらつきは全く感じず。

 食べ初めは少々甘みがあるまろやかな味わいで、焦がしネギが面白いアクセントになっていると思ったのですが、食べ進むにつれて醤油ダレがちょっとうるさく感じ出しました。またネギ油もコクを加えるのはいささか過剰かな?

 麺は菅野製麺所製の中細ストレートタイプ。やや水気の少なそうな麺で全粒粉混じりのわずかにざらつきのある食感ながら、噛み応えがしっかりしていて悪くありません。スープとの相性、、絡み具合は文句なし。

 丸いバラ肉チャーシューは意外にもそこそこ厚みがあり、かつ旨味も保たれていてまずまず。他に穂先メンマ、白髪ネギ。

|

2019.10.12

天元突破@越谷 ~ つけあぶらソバ

005_20190913135301

 東武伊勢崎線越谷駅西口を出てすぐの「越谷駅西口」交差点を南へ下がってすぐ。先客・後客ともゼロ。

 タッチパネル式券売機で基本と思しき「つけあぶらソバ(900円)」を注文。麺量は並盛200g、大盛300g同値段なので大盛にしてもらいました。また往訪時は無料トッピングとして「かりマヨ/しびれ玉/ごまだれ」のうち一つを選べたので、無難そうな「しびれ玉」をつけてもらいました。なお無料トッピングは店員からは積極的には聞いて来ませんでした。

 面白いことにこの店はプレーンな「つけあぶらソバ」以外につけあぶらソバ(辛)・つけあぶらソバ(ニンニク)・つけあぶらソバ(ショウガ)・つけあぶらソバ(痺)・つけあぶらソバ(チーズ)・つけあぶらソバ(カレー)といろいろ変化をつけたメニューもあって、しかもいずれも同じ900円。従ってプレーンなのはえらく割高な気がします(せこくてすいません)。

 店内はL字型カウンター8席のみ。水セルフ。卓上にはレモン酢、ブラックペッパー、一味。空いているせいか、店はねーちゃん一人で切り盛りしていました。なお券売機横に給水器と割りスープ用のスープジャーが置いてありましたが、スープ割りといっても中身はほうじ茶・・・

0041_20190913135301

 つけあぶらソバとは耳慣れない概念ですが、「甘辛い背脂に麺をつけて食べる新感覚のつけ麺」とのこと。つけだれでもつけ汁でもなく「甘辛い背脂」と言い切っていますが、まさにその通り。甘辛いタレを少量絡ませただけの大量の脂に麺をつけていただくものです。

 そしてこのタレが強烈に甘い!!「甘辛い」といっても辛さは終盤になってようやく感じられる程度で、何よりも強烈な甘さが先に立ちます。従って大量の脂と相まってくどいのなんの・・・ デフォルトでも味が濃すぎるくらいなので、これ以上ニンニクとかチーズとかぶち込んでどうするんやろ??? 

 麺の上に具がごてごて乗っていますが、いずれもつけ汁ならぬつけ脂には浸けずにそのまま頂くのが良さげ。特に水菜や玉ねぎは箸休めのための貴重な戦力として活用したいもの。

 麺は太麺の強い縮れ入りで硬めの仕上がり。えらく短い気がしましたが・・・

 うずらの卵に見えるのが「しびれ玉」のようですが、全然しびれませんでした。チャーシューはやや厚め。温泉玉子は使い道が全く判らず。他に太目のメンマ。

 店では〆に「追い飯」で「アブライス」だの「ぞうすい」だのを推奨していましたが、死ぬでそれ・・・

 ユニークな一品ですが、話のタネに一度食べれば十分かなぁ・・・

|

2019.09.30

となりのあじと@草加 ~ カレー担々麺

004_20190831135801

 草加駅東口、マルイの北に続く駅前一番通り商店街内。イタリア料理店「italian NAHOH」の向かい。先客ゼロ、後客1。

 担々麺専門店で、券売機は無く後会計制。卓上のメニューを見ると奇妙なことにプレーンな担々麺は見当たらず、汁なし担々麺もなく、基本は白胡麻担々麺・黒胡麻担々麺・カレー担々麺の3種類。他に10食限定で担々麺・赤を出していましたが、いずれも860円と同一価格。もっともユニークそうな「カレー担々麺」を注文。ランチサービスなし(学生のみライス無料サービス)。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上にはラー油、酢、旨辛味噌、山椒。水セルフ。店は店主一人で切り盛り。

005_20190831135801

 とろみが強いスープは能書きによると「特製ブレンドのベーススープに数種類のカレースパイスと胡麻ダレで仕上げたスパイシーな担々麺」とのことですが、ベースがどうもかなり和風寄りなのか、担々麺のスープというより限りなくカレー南蛮のスープに近いような味わい。また胡麻ダレを利かせたため、スパイシーという感じもせず、辛さ・痺れともいたってマイルド。

 ゆえにお子様向けというか年寄り向けのカレー味スープといった塩梅。この辺は好みに応じて卓上の山椒等で調整してくれということなのでしょう。それでもついつい旨味に惹かれて飲み進んでしまいました。

 麺は並太ほぼストレート中太。つるつる&もっちりした食感で、ドロドロスープに良く合っています。

 具は担々麺らしくひき肉たっぷり。その中に少しナッツが混じっていて、コリコリした食感の変化が楽しめる趣向。担々麺に生野菜(紫キャベツやレタス?)をぶち込んでいるのもユニーク。他に糸唐辛子。

 キレのある変化球勝負の担々麺専門店。ライス無料サービスがあれば満点なんですが。

|

2019.07.09

きくち@新田 ~ 醤油ラーメン

004_22

 東武伊勢崎線新田駅から高架沿いに南へ。但し高架下ではなく高架の一本西側の道沿いで、駅近の割には案外判り辛い地味なエリアに立地。「8823製麺」の跡地。先客2、後客2。

 券売機は無く後会計制で、メニュー先頭の「醤油ラーメン(780円)」を注文。メニューは基本ワンタンメン(15食限定)と昭和風中華そばの3本立てですが、メニューからは醤油ラーメンと昭和風中華そばの違いが判り辛いかと。また表に数量限定で「冷やしラーメン」始めましたとの貼り紙がありました。

 席はコの字型カウンター6席のみ。卓上には胡椒のみ。

0041_2

 スープは動物性100%魚介不使用を謳っていますが、この動物系出汁が実に美味い。醤油もきつめで(といっても辛うじてしょっぱくならない範囲に抑えられています)少々脂もきつい嫌いがありますが、それをおして飲み進みたくなるほどの美味さ。これは体に悪い、危険な奴や・・・(苦笑) ただどんよりと濁っているせいか写真映りが悪いのなんの。

 自家製の麺は細いほぼストレート。黒い粒々混じりの日本蕎麦みたいな外観で、国産スペルト小麦全粒粉を配合したのがウリ。ただ若干柔らかめな仕上がりなこともあって、力強いスープには正直弱く感じました。がっしりした中太麺のほうが合いそうなものですが。

 肩ロースチャーシューはグダグダに崩れてしまう直前のところまでしっかり煮込まれていて、当然ながらスープ同様濃い味付け。他にメンマ、刻みネギ。

 味が濃くて正直ライスが欲しくなるレベルですが、ランチサービスどころかそもそもメニューにライスがないのが残念。麺が好みに合わないのが残念ですが、スープの出来が秀逸だったので、おいおい昭和風中華そばで再訪します。

|

2019.06.21

番家@南越谷 ~ (喜多方風)中華そば

004_20

 武蔵野線南越谷駅の北側。南越谷ゴールデン街を抜けて、さらに北へと延びる路地沿い。先客6、後客5。「喜多方ラーメン」がウリの店で、なんと「朝ラー」も敢行。駅近ですし、場所柄都心へ向かう通勤・通学客で朝から賑わっているのかな?

 店外にある券売機で「中華そば(780円)」を注文。メニューは極端に絞り込まれていて、あとは「肉そば」のみ。ランチサービスはなく、ご飯物もないせいか、「大盛(+100円)」を注文する客が目立ちました。

 店内はL字型カウンター8席と2人卓×3。卓上にはほぼ透明な中華そばタレと胡椒のみ。

003_19

 お湯か!!と見紛うばかりの透明感あふれるスープは豚骨ベースでしょうか。配膳時に「味が薄かったらタレで調整してください」と言われましたが、別に味が薄いとか物足りないという感じは全然せず、出汁の旨味を活かすという意味からも必要にして十分な程度の味付け。程よく煮込まれたバラ肉チャーシューをちびちび齧ることで塩気や旨味を補給できますし。

 麺は自家製の「手打ち熟成多加水麺」で、いかにも喜多方ラーメンらしい強い縮れ入りの中太麺。つるつるした食感、しっかりした噛み応え、そしてスープの絡み、全てパーフェクト。

 具はチャーシューの他にメンマ、麩、刻みねぎ。麩がやたら大きくて汁を吸わずに硬いところが残りがちなのが残念。せめてこの半分くらいのサイズのもののほうが良さげ。

 かなり完成度の高い一杯で近所の方には重宝されると思います。ただこの系統の喜多方ラーメンは「坂内食堂」系列のチェーン店の出来が非常に良くて、値段や平日の半ライスサービスを考えると、あれで十分なんじゃね?という思えてならないのもまた事実。ちゃんぽんにおける「リンガーハット」同様、個人店が越えるには結構高いハードルと思いますよ、あれは。

|

2019.05.23

煌星@獨協大学前 ~ 中華そば

003_6
 東武伊勢崎線獨協大学前駅(旧松原団地駅)東口から北へ。草加郵便局の真向かい。かつて「NOODLE STOCK鶴おか」があったところ。屋号は「きらぼし」と読むようです。先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機ボタン先頭&店お勧めNo.1の「中華そば(780円)」を注文。ランチサービスなし(但し、学生は大盛無料)。

 メニューは他に煮干しそば、つけ麺(煮干し)、つけ麺(魚介)、まぜそばなど。つけ麺はデフォルト200gのところ、400gまで増量無料サービスあり。近く獨協大学があるせいか、まぜそば含めて券売機周りには量自慢の貼り紙が目立つのに、お勧めは「中華そば」とは何なん?という気が・・・

 店内はL字型カウンター9席と2人卓×1。卓上に黒胡椒、酢、ラー油、醤油。微妙に顔つきが似ているところから、父娘で切り盛りしているのかな?

002_10
 うーん、丼とラーメンの量が全然合っていない、残念なビジュアル。スープをけちったわけではなさそうですが・・・ そしてそのスープは「日本一しょうゆ」を前面に出した、まるで蕎麦汁みたいな味わいでやや甘目。出汁は節系の旨味が強めかな、あえて言えば。

 麺は自家製&細めのストレート。どういうわけか硬めの仕上がりで、辛うじて粉っぽさを免れているくらいのレベル。これはいくらなんでもスープに対して強すぎ。

 鍋じゃあるまいし、白ネギが刻まれずにぶっといまま出てきたのには閉口(白ネギ基本苦手なんで)。他に豚&鶏チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉。

 好きな方向性なのにちょっと粗削りに過ぎる一杯でした。

|

2019.02.20

BUONO@草加 ~ 洋食ラーメンホワイト

Buono003

 草加駅東口、マルイの北に続く駅前一番通り商店街内。イタリア料理店「italian NAHOH」が日曜昼のみラーメンを提供。「tokyo hoajao style IKEDA」の跡地ですが、外壁を塗りなおしただけかな? 先客ゼロ、後客5。

 券売機は無く後会計制。卓上のメニュー先頭の「洋食ラーメンホワイト(800円)」を注文。メニューは他に「洋食ラーメンブラック」のみ。ホワイトは塩で、ブラックは醤油とのこと。ランチサービスはなく、「洋食屋の肉丼」を注文する後客が目立ちました。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター8席、店奥に4人卓×2が見えましたが、使っているのかどうか不明。卓上には調味料類無し。水セルフ。店主と、いかにも入店したばかりっぽい若い兄ちゃんとで切り盛り。着席するとおしぼりサービスあり。

Buono0021

 メニューに「仔牛と名古屋コーチン」と添え書きがあるところから、スープはそれらがベースなのでしょう。ただ最初はスパイス類がちょっと邪魔。慣れるに従って出汁のまろやなか旨味がぐんぐんと迫ってきて、いかにも「洋風」という顔立ちを見せてくれますが、終盤になると今度は塩ダレが気になりだしました。もうちょっと塩気控えめのほうが好み。

 麺は細目のストレートタイプ。心持ちざらつきがあるせいか、日本蕎麦っぽい食感ですが啜り心地は良く、案外噛み応えもあり、かつスープの絡みも申し分なし。

 具は低温調理の豚・鶏チャーシュー。共に淡白な味付けで肉の旨味を存分に生かしていて気に入りました。干からびたキノコは乾燥させた本しめじとのこと。「風味が強いので、後でいただいて下さい」とのアナウンスが食前にありました。

 いかにも実験的な一杯ですが、これなら上々の出来といっていいでしょう。

| | トラックバック (0)

2018.10.20

火の豚@新越谷 ~ フュージョン

003

 東武伊勢崎線新越谷駅西口から徒歩2分程度。11時半の開店5分前に到着したところ先客1、さらに開店までに後客5。開店後さらに4人となかなかの人気店の模様。

 店内の券売機で店お勧めの「フュージョン(800円)」を注文。「フュージョン」とは「旨辛系(蒙古タンメン的な辛麻婆餡)と二郎系の融合」とのこと。麺量は普通盛250g、大盛(+100円)375gなので普通で十分。なお女性・子供限定で「レディース盛り」というのもありました。

 また無料トッピングはニンニク、ヤサイ、アブラのみ。コールは提供直前で「ニンニクなし、ヤサイ普通、アブラあり」で注文。

 トッピングから察しが付くように基本的には二郎系の店で、メニューは他にラーメン、まぜそば、まぜそばフュージョン、つけ麺、つけ麺フュージョン、つけそばなど。また日替わりで限定メニューを出しているようです。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター11席。卓上にはブラックペッパー、一味、かえし。水セルフですが、給水器が店奥に一つあるだけでクソめんどくさいのなんの・・・

002

 辛麻婆餡が混じる前にスープを試飲。乳化が進んだどんよりとしたタイプですが、口当たりがどっしりしている割には豚骨出汁といい、カエシといい、この手のラーメンのスープとしては意外なくらいマイルドな気がします。辛麻婆餡が混じることを前提にあえて控えめにしているのかもしれませんが、ただのラーメンなら卓上のカエシに手が伸びるでしょうなぁ、たぶん。

 また辛麻婆餡は蒙古タンメンのアレと違って豆腐や野菜が混じっているわけではなく、単に辛味噌+αといった感じ。従ってこれを直接麺に絡めるのではなく、スープにちびちび溶かして味の変化を楽しみながら味わうのを前提としているみたいで。ただ溶かしてゆくうちに急激にスープがしょっぱくなってゆくので、全部は溶かし切れず。

 自家製の麺は縮れ入り平打ち太麺。噛み応えが強すぎるくらいのゴワッとした食感で「ワシワシ」と形容がしっくりきます。

 チャーシューは分厚いものの、ちょっと旨味が抜け加減。野菜はモヤシだけかな? 結果論として普通だとちょっと物足りない気がしましたが、「増やした野菜のお残しは厳禁」だそうなので。

 こういうのもたまには面白いけど、個人的には一回食べれば十分かな。

| | トラックバック (0)

2018.05.29

ときすけ@新田 ~ 白コク旨ラーメン

006

 東武伊勢崎線新田駅から綾瀬川を越えてさらに東へ。産業道路沿い、草加と越谷の境目近辺にあって駅からはかなり距離があります。先客1、後客2。

 券売機は無く後会計制。卓上のメニュー先頭の「白コク旨ラーメン(650円+税=702円)」を注文。麺の硬さを聞かれたので「硬め」で。ランチサービスなし。メニューは他に赤コク旨ラーメン、黒コク旨ラーメン、鶏醤油ラーメン、鶏しおラーメン、魚介豚骨つけ麺等。但し往訪時はつけ麺は販売していませんでした。

 席はカウンター4席、小上がりに6人卓×2、4人掛けボックス席×3。郊外店らしいレイアウトですが、昼間は一人客が多いでしょうにいくらなんでもカウンターが小さすぎ。卓上に酢、正油、ラー油、コショウ、おろしニンニク、カレー粉、辛いジャン。

005

 メニュー表紙には「鶏ガラ・豚ガラを強火で一気に炊きあげ旨味とコクを凝縮した濃厚スープ」とありましたが、香りといい味わいといい豚がかなり強く出ている気が。また大きな背脂の塊こそプカプカ浮いていませんが、表面の油層が相当分厚くて見た目以上にギトギトなのも特徴。おまけにかえしがきつくて飲む気にはなりません。そこで途中で卓上のおろしにんにくを投入したところかえしの尖りが消えて食べやすくなりました。

 自家製の麺は細めのストレート。スープとの相性を考えれば硬めでちょうど良いくらいで、デフォルトだとスープに負けてしまうような。ペラペラのチャーシューと青ネギを麺に絡めながら食べ進むあたりは京都のチェーン店っぽい感じ。デフォルトだとちょっと量的に物足りなく、スープがしょっぱいので半ライスがあると嬉しいのですが。平日は学生限定で替え玉を無料サービスしているようですが著しく「そこじゃない!」感が・・・

 いかにもロードサイド店らしいチープな味わいながら「安いからまあええか」と無理やり自分を納得させて帰ろうとすると、メニューの値段が税別表示なことを知らされて唯一の取り柄が吹き飛んだ時の衝撃たるや・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧