2018.04.18

一鶏@川口 ~ 醤油鶏白湯そば

006

 川口駅西口からオリンピック通りを西へ進んだ「ララガーデン川口店」内。先客1、後客4。店先の白い提灯で察しが付きますが、都内で店舗展開している「麺屋武一」の姉妹店のようです。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「醤油鶏白湯そば(680円)」を大盛り(+100円)で注文。店先の案内を見ててっきり大盛り無料サービスと思い込んでいたのですが、会計時にそれはララガーデン川口のアプリを見せないとダメと言われてがっかり。

 メニューは豊富で「鶏白湯そば・塩」の他、濃厚鶏白湯(醤油/塩)、つけ麺、まぜそば、中華そば、味噌など。また往訪時は期間限定で「汁なし担々麺」を出していました。

 店内はSC内店舗らしく全席ボックス席でカウンター席無し。水セルフですが、食べ終わるのを見計らうかのように熱いお茶を出す辺りは好印象。

005

 スープは「鶏白湯と和風出汁のWスープ」とのことですが、思いの外とろみがあってびっくり。ただ「武一」系の「またお前か」的な鶏白湯と比べると良くも悪くも鶏出汁の味わいが強くなく、和風出汁とのバランスを取って万人受けを図っているように見受けられました。「またお前か」は「濃厚鶏白湯」のほうなのかも。

 ただちょっとスープがぬるいのは困りもの。店では「スープが濃厚で対流しないので、表面がぬるくて底が熱い」と謳っていますが、底もぬるめなんですが・・・

 麺はやや細めのストレートで若干歯応え強め。とろみのついたスープが良く絡みます。大盛りだとスープとの量的バランスはやや崩れがち。スープが単調で飽きやすいのも相まって、途中で卓上の白ごまや辛味を投入。

 具に鶏&豚チャーシュー、鶏つくね、細いメンマ、海苔、青ネギ、刻みタマネギ。値段の割に具が豊富。

 もともと著しく期待値が低かったせいか、SC内のラーメン屋にしては上々の出来だと思いました。まぁレシピが確立してコモディティー化した分野なので当たり前といえば当たり前ですが。

| | トラックバック (0)

2018.03.23

凪 川口駅東口店  ~ すごい煮干しラーメン

001_3

 川口駅東口、樹モール入り口近く&旧イトーヨーカドー川口駅前店の前という人通りの絶えない好立地で、隣の隣が「武蔵家」。先客1、後客4。「凪」はもう新宿とか大宮とかで散々食べていますが、超近場に出来たことに敬意を表して往訪。

 店内の券売機で「すごい煮干ラーメン(830円)」を注文。中盛or大盛が無料サービスになっていたので大盛にしました。また麺の固さ・味の濃さ・油の多さ・辛さ(0辛~30辛)をカスタマイズ出来る他、塩味だとかラー油入りとか「いったん麺」の3枚追加も出来るようです。これは大宮店では見かけなかったサービス。

 他にメニューは「ふつうの煮干しラーメン」と「すごい煮干しつけ麺」。

 店内は壁に向かって縦長カウンター5席と店右側に4人卓×3。大宮店では回転寿司みたいな発注・配送・給水システムを取り入れたり、「一蘭」みたいな隣席との仕切りを設けたりしていましたが、ここはごくごく普通のラーメン店。卓上には煮干酢のみ。

003_3

 「煮干しが嫌いな方、ご遠慮ください」の断り書き通り、相変わらずしっかりした煮干し出汁。ここまで煮干しがきついと苦手な人も少なくないでしょうが、えぐみや苦味はほとんど感じられず、個人的には満足。デフォルトでも脂多めなのも相変わらず。

 面白いのはピリ辛の「辛銀だれ」。ただデフォルトは半辛でこれだと「ピり辛」にも至らずちょっと物足りない。でも「2辛」にした時はちょっとやりすぎだった記憶もあり「1辛」にしておけば良かったかなぁ・・・

 太目の平打ち強い縮れ麺。デフォルトでも噛み応えはかなり強く、「堅め」にする必要は全くありません。つるつるした食感もお気に入り。また大盛でもスープとの量的バランスが崩れているような感じはしませんでした。スープをケチらないのは「凪」の良いところ。スープは麺を絡める分には申し分ないのですが、醤油ダレがきつくて飲むのはきついかと。

 凪名物のワンタンみたいなのも健在。ゆるゆるな食感がちょっと苦手なので、これを「なし」にするオプションが欲しいところ。

 チャーシューはまるでサンドイッチ用のハムみたいにぺらぺら。ネギの刻みが大ぶりなのもちょっと苦手。値段の割に具がしょぼい気がしますが、駅近で便利なので、再訪することもあるでしょう。なんとも微妙なラーメン屋が乱立する川口駅東口界隈で頭二つくらい抜けていますし。

| | トラックバック (0)

2018.03.07

竜葵@川口(3) ~ 味噌らーめん

003

 川口駅東口、コモディイイダ前にある「満開屋」と「珍来」の間の小路を横へ入る。屋号は「ほおずき」と読みます。いつの間にか期間限定の「味噌らーめん(850円)」をやっていることに気づいてほぼ1年ぶりの再訪。先客4、後客3。

 メニューは相変わらず極端に絞り込まれていて、レギュラーメニューは「塩そば」と「台湾まぜそば」の2つのみ。

 店内は縦長L字型カウンター10席。厨房内は店主とアシスタント1名といったところ。水セルフ。

 やたらでかいチャーシューが目立つ一杯。茹でもやしもてんこ盛り。
 

001

 スープは「名古屋コーチン鶏白湯に豚や香味野菜の旨味をプラス」したものとのこと。味噌は八丁味噌がメインながら、他に数種類の味噌を合わせた他、スパイスを加えたのが妙手。スパイスのピリ辛が良いアクセントになっているだけではなく、概して自己主張が強すぎて、何を食っても同じような味になってしまう八丁味噌の通弊を巧く打破しているように思えました。ピリ辛であって、しかも八丁味噌ベースにしては思いの外マイルドな味わい。

 またしゃきっとしていて、しかも青臭くはないという絶妙な仕上がりの茹でもやしが良い箸休めになります。

 麺は太めのストレート麺で、スープに負けることのないしっかりした噛み応え。もやしたっぷりも合わせて量は多め。

 チャーシュー自体は可もなく不可もない印象でしたが、寒さで冷え切ったチャーシューを後乗せしたためか、その周辺のスープがぬるくなってしまうのは困りもの。

 具は他にメンマ、刻み青ネギ。

 細かい難点はあるにせよ、大満足の出来でした。また期間限定メニューが出たら再訪してみます。

| | トラックバック (0)

2018.02.12

ふじ田@川口 ~ 濃厚中華そば

004_4

 川口駅東口の樹モール商店街内。ドン・キホーテの向かい辺りで、1年くらいしか持たなかった「スパゴ」の跡地。先客2、後客1。

 店内の券売機を見るとボタン最上段は「つけ麺」類。その次が「あっさり中華そば」でしたが、最下段の「濃厚中華そば・並(800円)」を注文。「あっさり」と「濃厚」はどう違うのか明示なく、「あっさり中華そば・並」は680円と「濃厚」より随分安いのが気になりました。

 店内は縦長L字型カウンター10席強。水セルフ。厨房内には若者が三人。

002

 もう見た目そのまんまな、一昔前の「またお前か」系。スープは魚粉大量混入型の動物魚介で、ざらつきこそ感じないものの粘り気は相当強め。ただかろうじてしょっぱくらない範囲内でまとまっていて助かりました。

 麺はやや太目のストレートで、つるつるもっちりとした食感が楽しめます。ただ並だとちょっと量が少ないような。つけ麺は並・大盛りとも同値段なのに、中華そばにはそのようなサービスがないのが残念。

 チャーシューは薄いバラ肉。他にメンマ、刻みネギ、海苔、ナルト。

 もうレシピが確立していて大当たりも大外れもない「またお前か」で悪くはありませんが、なんとも微妙なラーメン屋だらけの川口駅東口界隈でクオリティーが頭抜けているわけでもないので、現状では少々割高に感じられます。100円トッピング無料券をもらいましたが、そんなサービスだけで店が持つかなぁ??

| | トラックバック (0)

2018.01.31

つよし@西川口 ~ 鶏醤油らーめん

003

 京浜東北線西川口駅西口から徒歩10分弱。済生会川口総合病院の斜向かい辺りにあり、向かいがファミマ。先客4、後客3。近所で働いていると思しきオッサン達が作業着姿のまま三々五々やってきます。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て最もシンプルな「鶏醤油ラーメン(600円)」を注文。先頭は「中華そば」でしたが、これは「鶏醤油」に味玉等具を増やしただけのような。ランチタイムにはミニ餃子やミニ炒飯が30円引き。

 メニューは醤油系と塩系があり、共に煮干しを加えたものを用意。さらにつけ麺も。

 店内は2人卓×4、4人卓×1、さらに小上がりに4人卓。卓上には胡椒、七味など。

 店主とちょっと頼りないアシスタントの2人で営業。思いの外待たされたので見かけによらず丁寧に作っているのかな?と思いましたが、単に先客が餃子を注文したためにオぺレーションが乱れただけで、餃子を作り終わると続々とラーメン類が登場。餃子の油煙が店内にこもり勝ちなのが鬱。

002

 見かけ通り、鶏がらベースの古典的な醤油ラーメン。表に貼りだされたウンチク書きによると「親鶏、老鶏、銘柄鶏の生ガラなどを5種の鶏から、それの異なる部位を使用」とのこと。表面の鶏油が程よくコクを加えており、また醤油もいたずらに自己主張せず、全体のバランスがいい一品に仕上がっています。ただ食後の渇水感は強めでした。

 麺は若干細めのほぼストレート。細めの割には案外噛み応えがあり、しかもスープとの相性・絡み具合とも文句なし。ただちょっと量が少な目かも?

 具はチャーシュー、メンマ、海苔、白髪ネギ、青ネギ。

 何の変哲もないといってしまえばそれまでですが、普段使いする分には何の不足もない、飽きがこない一品だと思います。

| | トラックバック (0)

2018.01.30

寿宝丸@蕨 ~ 麦丸味噌

001

 京浜東北線蕨駅東口を出てすぐのセブンイレブン横。先客ゼロ、後客1。

 券売機は無く卓上のメニューを見て先頭の「麦丸味噌(780円)」を注文。後払い。味噌ラーメンが売り物で、他に米丸味噌、赤丸味噌860円といったメニューも。一応醤油や塩も用意。

 店内は縦長カウンター10数席と、4人掛けボックス席×5。なんか内装といい、店員のノリといい、居酒屋っぽい感じ。卓上にはおろしニンニク、一味唐辛子、おろしショウガ。

005

 「川口御成道味噌」を使っているとの触れ込みですが、メニューに記してある通り麦味噌といっても九州によくある甘い麦味噌とは全然違ってごく普通の合わせ味噌に近い辛めの味わい。ただ炒め物の脂と渾然一体となってやや脂っぽい上、ベースとなる動物系出汁がちょっと弱いのか、食べ進むと飽きが来るのも早いかと。卓上の一味なり生姜なりを加えて自分好みにカスタマイズしてナンボという気も。

 麺は太めの縮れ入りで、ややゴワゴワした食感。スープに負けない仕上がりですが、絡みは微妙。

 炒め物はほぼもやしだけのようでひき肉は少なく、玉ねぎは確認できず。ワカメなんてこのラーメンには合わないから炒め物を充実させたほうがいいのに。他に表面に焼き目の付いたチャーシュー、メンマ、刻みネギ。

 総じて可もなく不可もなしといったところですが、駅近でラーメン屋にしてはキャパがでかくて、しかも店員が4~5人もいるので、客入りが相当良くないと持たないんじゃないかと・・・

| | トラックバック (0)

2017.12.19

喜楽々@東川口(4) ~ 津軽らーめん

003

 東川口駅を出て武蔵野線の築堤沿い(南側)に東へ。8カ月ぶりの再訪。先客8、後客7。

 往訪時の季節限定メニューは「ゆず塩らーめん」でイマイチ食指が伸びず。前回は券売機ボタン先頭の「喜楽々らーめん・細麺」だったので今回は「津軽らーめん・こってり(720円)を注文。着席すると麺の堅さを聞かれたので「硬め」でお願いしました。

 メニューは他に「つけ麺」「担々麺」。店内はL字型カウンターが10席程度。厨房内にはスタッフ一人だけで客入りからすれば相当無理があるように感じましたが、あとから2名やってきてひと安心。。

001

 「こってり」を頼んだせいか、表面に少々背脂が浮いているものの「こってり」というほどのことはなく、食べ進んで脂がなくなってしまうとむしろあっさりした印象を受けました。煮干しがしっかり効いていますが食べ手を選ぶほど強烈というほどでもなく、またかえしも妙な自己主張をせず、全体にバランスが取れた仕上がり。「喜楽々らーめん」同様、こちらも無化調なのでしょうか、後味もいたってすっきり。

 麺は水気の少なそうな細麺ストレート。硬めを指定しましたが、それでも並程度の堅さ。スープがあっさり目なのでこれ以上堅くすると麺が強すぎるのでしょうから、ぎりぎりの範囲内でまとめています。

 値段の割にはそこそこ厚みのあるチャーシューが複数枚添えられていますが、ちょっと硬くなってしまったようで残念。他にメンマ、刻みネギ。

 相変わらず東川口ではぶっちぎりの出来。

| | トラックバック (0)

2017.10.18

雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺

003

 川口駅東口コモディイイダ前、「珍来」の横。「大門」の跡地に出来た店で先客4、後客8~9。「雲林坊」は都内の店で何度か食べたことがあり、「クォリティーは悪くはないけれども割高な店」というのが個人的な評価。激安中華料理屋だらけの川口で、ライスを付けると1000円を超えてしまうような価格設定ではお話にならないのでしばらく放置していましたが、「川口価格」に抗えずにとうとう大盛/ライス無料サービスを始めたのに気づいてようやく往訪。

 店外の券売機で「汁なし担々麺(880円)を注文。他に「汁あり担々麺」、「麻婆豆腐かけタンメン」、「海老と生海苔入り葱油かけ塩タンタン」など。注文は「汁あり」が優勢。

 食券を渡しても大盛/ライスサービスは店のほうからは特に聞いてきませんので、こちらから積極的に「ライス」を申し出。後客も大盛りを頼んでいるいる人が一人いただけ。また辛さや痺れの調節が可能なことに退店時になって気づきましたが。これらも店のほうからは特に聞いてきませんでした。あんまり客の細かい注文に応えようという姿勢が見受けられないのは残念至極。

 店内は「大門」とほとんど変わっておらず、厨房に向かって縦長カウンター6+2席と4人掛けテーブル2卓、2人掛け2卓。

001

 楕円形の浅い丼を斜めにすぱっと斬ったような変わった皿で登場。麺の上にはひき肉とナッツがどっさり。青菜が少々。丼の底にタレが溜まっているので一頻りまぜまぜ。

 麺は太目のほぼストレート系。どういうわけか食べ始めは担々麺としてはどうかと思われるほどゴワゴワと硬くて参りました。食べ進んでいるうちにタレに麺が馴染んできたのかわずかにもっちりしたような噛み応えに変ってゆきましたが、最初の悪印象は拭えず。

 タレが多めな割には担々麺としては拍子抜けするくらいに辛さも痺れも強くなく、ナッツや花椒が効いているのを除けば見た目的にも味わい的にも油そばのような感じがします。またゴマだれっぽい甘みは全く感じられず、代わりに酸味が強いのが特徴。これはこれで悪くは無いのですが、正直タレは濃すぎ。味が濃すぎてライスをつけてようやく食べやすくかなといったところ。量的にはライスを付けなくても十分でしたが。

 この出来だと「汁あり」のほうが無難そう。でも、それ以前に川口で長持ちするかなぁ???

| | トラックバック (0)

2017.10.11

麺処 遊(3)@西川口 ~ 肉中華そば・普通盛

001

 西川口駅西口からドンキホーテのある交差点を右折。ソープ街も尽きて少々寂しくなった通りの一角に店を構えています。西川口駅が最寄ですが住所は蕨市内。約2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客5。

 王子&赤羽の「伊藤」を含め、この系列の店は具が少ないのを思い出して「肉中華そば・並盛(900円)」を注文。しばらく来ない間に随分値上がりしていました。

 昔は「煮干しそば」「肉煮干しそば」しかなかったような記憶がありますが、メニューもいつの間にか随分増えていて「動物零煮干そば」「背脂煮干醤油らーめん」「煮干しつけそば」「煮干しまぜそば」など。さらに期間限定で「煮干しそうめん」「冷やしシラス煮干しそば」を提供。

 店内はL字型カウンターが9席のみ。厨房内には店主のみ。店内には煮干しの香りがほんのり漂っていますが、カウンターと厨房の間の仕切りが万里の長城のように聳え立っているので、厨房の中の様子は窺えず。麦茶セルフ。

004

 相変わらず並盛りでもスープが少なめなのが残念で、かなりの麺がスープの上に顔を出しています。また動物系出汁を合わせているせいか、濃厚煮干しを売り物にする店と比べると煮干しの効かせ具合も万人受けする範囲内に留まっており、魚臭くなったり、あるいは旨味過多に陥ったりする愚を回避しています。ただ無化調なのが悪いほうに作用してか、物足りなさを感じるのも否めず、チャーシューを齧って旨味を補強したり、途中で黒胡椒をかけてみたり。

 麺はやや細めのストレート。やや堅めでぼそぼそとした食感。スープが少ないので食べ進んでも麺がしっとりすることはなく、最後まで似たような食感でした。なお普通盛だと210gあるようで、スープとのバランスを考えれば小盛(150g)で十分かも。

 秀逸だったのは角煮風のチャーシュー。割とあっさり目の煮込まれ具合でしたが、程よく脂がのってスープの物足りなさを補うのに最適。他に刻みネギが少々。

| | トラックバック (0)

2017.10.10

津気屋@川口 ~ 極ラーメン

002

 川口駅東口の駅高架下。長らくつけ麺専門店でしたが、いつの間にかラーメンを置き始めたのに気づいてほぼ2年ぶりに再訪。先客4、後客ゾロゾロと長続きしているだけあって相変わらず繁盛しています。

 店内のタッチパネル式券売機で「極ラーメン(880円)」を注文。大盛り無料サービスなので大盛りで。タッチパネルはつけ麺がメインで、ラーメンは別表示でした。

 店内はやたら縦に細長く、左側に2人掛けテーブルが5卓と壁沿いにカウンター7席。接客はかなり手馴れた感じですが、何かとうるさいも相変わらず。

001_2

 スープは魚粉大量混入系の魚介豚骨ベースで豚骨のほうが強め。魚粉は大方底に沈殿しているせいか、食べている最中はザラザラした感じは受けませんでした。残念なことにかえしがきつくてしょっぱく、また表面に層をなすくらい必要以上に脂が多くて参りました。

 マー油が目立つ他に梅肉のような酸味の強いタレがチャーシューの上にちょこんと乗っていますが、これで「魚介豚骨」に100円上乗せってぼったくりもいいところでしょうに。

 麺は並太ストレートでつけ麺とは明らかに麺を変えていますが、スープがしょっぱいのでこの麺では弱い気がしました。それはともかく「大盛」ボタンを押したはずなのにどう見ても量は一般的な並程度。つけ麺と違って麺量が明示されてありませんでしたが、大盛でこれなら並はどんだけ少ないんや???

 具にバラ肉チャーシュー、メンマ、青ネギ。

 埼大通りで営業していた頃はそれなりに美味いラーメンを出していたはずですが、長らくつけ麺専業だったので、ラーメンの作り方を忘れてしまったのかな? また極めて割高なのも否めず、この店では売り物のつけ麺を食べるべきだったと反省。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧