2021.03.22

いとう@蕨 ~ 鶏白湯味噌ラーメン

Itou002

 蕨市役所の近くで旧中山道沿い、中山道蕨宿本陣跡交差点近く。隣に「讃岐うどん四国屋」。蕨駅からはやや距離があります。ほぼ2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客5。

 前回は店内の券売機ボタン先頭の「中華そば(780円)」を注文したので、今回は季節限定メニューの「鶏白湯味噌ラーメン(800円)」を注文。

 レギュラーメニューは他に濃厚鶏そば(塩)、つけめん、みそつけめん、油そばと相変わらず。ランチタイムサービスは餃子3個と小ライスがつく「ランチセット(200円)」があるだけなのも相変わらず。味噌ラーメンは季節限定メニューなのにみそつけめんはレギュラーだとか、濃厚塩そば(850円)より鶏白湯味噌ラーメンのほうが安いとか不思議な点が少々。、

 店内はL字型カウンター6席(前回往訪時から4席減)と店奥に4人卓×1。卓上には白ゴマ、一味、ブラックペッパー、醤油、酢、ラー油。厨房との仕切りが非常に高く、こちらから厨房の様子が見えないのはともかく、専任のホール係がいない状態で厨房からも客席の様子が見えないのはちょっとどうかなと思いますが。

Itou001

 とろみ強めなのはともかく、表面が少し泡立っているのが面白いスープ。全体にやや甘めの味わいで味噌がいたずらに自己主張せず、かつベースとなる鶏白湯の出来が良いせいか、ついついスープを飲み進んでしまいました。ただそんな中に柚子皮を仕込むのは蛇足な気が。

 麺は断面が丸い並太ストレートで、並堅ながらもそこそこコシが保たれていてスープに全く負けていません。途中で白ごまを入れてみましたが、これが甘目のスープに良く合います。

 チャーシューは小さくて薄めながらも脂が適度に差したトロトロのもの。他にメンマ、水菜、刻みネギ、海苔。

 個人的には味わいが重すぎるきらいがあった「中華そば」よりはるかに好み。次は「濃厚鶏そば」を試してみます。

|

2021.03.18

有彩@西川口 ~ 醤油らぁめん

Arisa02

 西川口駅西口を出て北側にある「西川口一番街」内。かつては風俗店が密集していた一帯にあって、この店が入っているビルも昔はそうだったんじゃないかなぁという気配が濃厚。約2年ぶりの再訪。11時半の開店5分前に到着したところ先客2、開店までに後客2。開店すると程なくほぼ満席となり、退店時には中待ち3人と、相変わらずの人気店の模様。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油らぁめん(700円)」を注文。以前は中盛無料サービスをしていましたが、いつの間にか有料(+50円)に。並だと140gしかないので、中盛(180g)にしました。以前は並盛(150g)、中盛(200g)だったので、安めの価格設定を維持すべく苦労している様子が伺えます。

 メニューは他に「塩らぁめん」「豚骨鶏魚介つけめん」「昆布水つけ麺(醤油・塩)」。さらに不定期・数量限定ながら「味噌らぁめん」がメニューに加わっていました。「昆布水つけ麺(醤油・塩)」がレギュラーメニューに加わった反面、以前あった「豚骨鶏魚介醤油らぁめん」がなくなったようです。

 店内のレイアウトが非常に珍妙で手前ほぼ半分がぽっかりと空いており、店奥に縦長カウンター4席+2席、4人掛けテーブル1卓。もともと飲食店向けの造りじゃないんでしょうなぁ、多分。卓上には黒胡椒、七味、昆布酢。回転はあまり良くなく、最初の客が食べ終わってもまだ出てきませんでした(´・ω・`)

Arisa01

 店内は相変わらず飾り気もなくて素寒貧としていますが、出て来たラーメンは文句なし。スープは雑味がないあっさり味。かえしも控えめにしてじっくりと鶏出汁のまろやかな旨みを味わえるよう工夫されています。中にほんのちょっととろろ昆布が入っていましたが、前からこれあったっけ? 揚げネギを止めたりと、しばらく来ないうちにあれこれマイナーチェンジしているようです。

 麺は自家製の平打ち中太麺で強めの縮れ入り。以前は細めストレートだったのでこれは大胆な変更。水気の多そうな麺で、しかも若干柔らかめの仕上がりでつるつる&もっちりした食感が楽しめ、スープとの相性、絡み具合も言うことなし。券売機に「かためはおすすめしません」とわざわざ貼ってあるのも納得。また貼り紙のお勧めに従って黒胡椒を少量投入すると刺激が加わって最後まで楽しめました。

 脂っ気少な目のチャーシューは柔らかい仕上がりなのに意外に噛み応えがあり、かつ肉の味わいもしっかり残っていてまずまず。他に笹切りネギ、三つ葉、海苔。以前は青菜やメンマが乗っていましたが、これまたマイナーチェンジ。

 今時のラーメンとしては安めな上に、突き抜けて美味い。さすが西川口の至宝、珠玉の一杯。相変わらず恐れ入りました。

|

2021.03.14

喜楽々@東川口 ~ にぼ白湯ラーメン

Kirara_nibo002

 東川口駅を出て武蔵野線の築堤沿い(南側)に東へ。先客4、後客2。約3ヶ月ぶりの再訪。

 今回の狙いは期間限定の「にぼ白湯ラーメン(880円)」。これは初登場のようで「きらら自慢の鶏白湯スープに九十九里産の煮干しをたっぷり入れ込みました」というのが店のウリ文句。

 いつもと違って「麺の硬さ」は聞かれず。また定番メニューの「喜楽々らーめん」は細麺と太麺が選べますが、この商品には選択肢はないようです。

 店内はL字型カウンターが10席程度。卓上にはラー油、塩昆布、花山椒入り胡椒。

Kirara_nibo001

 「煮干しをたっぷり」のウリ文句通り、丼の縁にべっとり魚粉がつくくらいがっつり煮干しを効かせています。この店は定番メニューの「喜楽々らーめん」だと薄味で、卓上の塩昆布を入れないと味が薄すぎると感じる人も少なくないと思われるくらいですが、今回の「にぼ白湯」はこの店にしてはかなりしょっぱめなほう。でも煮干しの効かせ具合共々、食べ手を選ばない範囲内でまとめています。

 麺は細目のストレートタイプでわずかにざらつきを感じる口当たり。やや硬めの仕上がりで細目でも濃いスープに全く負けていません。なお店では替玉(100円)を勧めていましたが、デフォルトだと量が少ない訳でもなさげ。

 超細かく刻まれた紫玉ねぎ、岩海苔、そして薄いチャーシューなどを代わる代わる絡めながら食べ進めば、濃いスープでも特段飽きることなく一気に完食。若干大ぶりなメンマも良い箸休めに。

|

2021.03.08

永吉@西川口 ~ 担々麺

Eikiti02

 西川口駅西口ロータリーの先の大通りを左折してすぐ。斜向かいにローソンあり。ほぼ4年半ぶりの再訪。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客4。開店後4と相変わらず早い時間帯から賑わっていました。

 坦々麺が売り物の店ですが坦々麺専門店ではなく、飲み屋としても使える感じの店で、メニュー先頭の「坦々麺(880円)」を注文。小ライスのサービス付きですが、店からは積極的に勧めては来ません。また辛さも普通・中辛・大辛と選べるようですが、これも店からは特に聞いて来ません。というか、以前から全般にここの接客って愛想皆無の大陸風だったっけ??

 店内はL字型カウンター6席と壁際に2席。小上がりに2人卓×4。卓上にはホワイトペッパー、酢、ラー油、醤油。屋号通り、店内の壁には矢沢永吉のポスターが。

Eikiti01

 茹でもやしの上にひき肉が盛られて登場。また青ネギや白ゴマも目立ちます。そしてナッツも少々。辛さはピリ辛程度で痺れは無いに等しいので、辛いもの好きな人は中辛ないし大辛を頼むほうがいいでしょう。でも自家製練りゴマが自慢のゴマだれが効きすぎて甘いというわけでもなく、コクのあるスープの中で辛さと酸味が良い塩梅にバランスしています。ただ茹でもやしから水が出てしまって、せっかくのスープのコクを減殺している気も少々。

 麺は中太緩い縮れ麺で、つるつるした口当たりともっちりとした食感が結構気に入りました。量的には小ライスはなくても十分だと思いますが、底に大量に沈殿したひき肉をサルベージして味わうにはやはり小ライスが必須。穴あきレンゲがあるとなおよいのですが。ゆで卵半個はあってもなくてもいいような。

 香辛料類の効きが強くはなく、味わいに複雑さがあるわけでもなく、これといった面白さはないのでマニア受けはしないと思いますが、逆にいつでも誰でも飽きずに楽しめる一杯だと思います。近所でそこそこのレベルの坦々麺が食べられるのは実にありがたいものです。

 

|

2021.02.26

葵@蕨 ~ 濃厚鶏そば

Toriaoi002

 蕨駅西口から徒歩5分弱。「るーぱん」の隣。近隣に「小半」あり。約1年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客2。

 前回は「濃厚つけ麺(800円)」を注文したので、今回は店長お勧めの「濃厚鶏そば(830円)」を注文。終日大盛り無料サービスをやっているので大盛にしてもらいました。なお麺量はつけ麺並200g・大盛300g、らーめんが並140g・大盛210gとの表示。

 メニューは他に鶏そば(塩)、鶏そば(醤油)、鶏白担々麺、汁なし担々麺など。日によっては「限定麺」も出しているようですが、残念ながら往訪時は提供無し。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター6+1席(席間に仕切り板を設けたためか、前回往訪時から1席減)、店奥に2人卓×1。卓上には花山椒、コショウ、一味、柚子コショウ、揚げねぎ、果実酢、ラー油。

Toriaoi001999

 純系名古屋コーチンを使用したスープは箸をつける前から鶏の香りが漂ってきます。そしてその香り通りにスープが鶏の旨みがぎっしり。スープを電動の泡だて器でかき混ぜてから出すのが特徴で、表面の細かい泡が目立ちますが、見た目と違ってかなり粘度強め。ただちょっとかえしがきつくて鶏の旨味を思い存分堪能できないのが残念。食べ始めはともかく、終盤はちょっとしょっぱさが気になるレベル。

 麺は自家製の中細麺ストレートで更科蕎麦に似た心持ちざらつきがある食感。麺自体は悪くないのですが、大盛りだとスープとの量的バランスがやや悪く、スープの粘度ゆえに麺が泳がないので少々食べづらい面も。スープが麺に絡みまくって、強いてスープを飲まなくても自然体でどんどんなくなってゆきます。

 チャーシューは豚と鶏が一枚ずつ。共にしっとり&柔らか仕上げですが、味付けが淡白なので濃厚すぎるスープの中で存在感を見出せず。逆にやや大ぶりのメンマは甘目の味付け。他にカラフルなあられ、刻み青ねぎ。

 このスープだと「つけ麺」のほうが無難かなぁ・・・

|

2021.01.29

葵 ララガーデン川口店@川口 ~ 味噌らぁ麺

Aoilala02

 川口駅西口からオリンピック通りを西へ進んだ「ララガーデン川口店」内。先客6、後客8。約1年4ヶ月ぶりの再訪。川口&蕨で4店舗を展開している「葵」グループの店です。ララガーデンのレストラン街ははま寿司・大戸屋といったSC定番店を除くと入れ替わりが激しいのですが、この店は向かいの「一刻魁堂」と共に長続きしているほう。

 券売機がないどころか、いつの間にか卓上のタッチパネルで注文するというファミレスみたいな形に変わっていました。今回も川口店限定の「味噌らぁ麺(780円+税=856円)」を注文。以前はあっさり/こってりが選べたのですが、そのオプションは無くなっていました。なおここは終日麺大盛サービスをやっていたので大盛で。量は並130g、大盛200gとのことで、税引き前価格が30円値上がりした上に麺量も20g減とは・・・。

 メニューを絞り込んで特色を出している葵の他店とは異なり、ここはSC店らしく塩・醤油・つけ麺・まぜそばとなんでもあり。

 店内はSC内店舗らしく全席ボックス席でカウンター席無し。水セルフ。卓上にはブラックペッパー、酢、ラー油、生しょうゆ。味噌らーめんに最適の一味ないし七味がないのが残念。

Aoilala01

 スープは以前は6種類をブレンドしたという味噌が全面支配してやや辛めでしたが、久しぶりに食べてみると良くも悪くも味噌の自己主張はなくなって食べやすくなりました。ただやっぱり旨味に釣られてあえて飲み進みたくなるような気は起らず。

 具は全部後乗せで炒め物がないせいか、細かい背脂が目立つ割にはさほど脂っぽくありません。というか茹でもやしを乗せたのが災いしてスープの旨味が減殺されているような気も。

 麺は中太の強い縮れ麺で、しっかりした噛み応え。大盛だとスープとの量的バランスが崩れてしまい、これもスープの美味さを損なっているような気がしました。

 チャーシューはサイコロ状だったものがペラペラタイプに変更。他にとうもろこし、刻み青ネギ。

 麺だけは傑出して旨いと思いますが、それ以外が残念。よってこの店はつけ麺ないしまぜそばが無難そう。フードコートならまだしもSC内とはいえ一応独立店なのでもうちょっと頑張ってほしいのですが、他の葵各店とクォリティーに差があり過ぎるんだよなぁ・・・

|

2021.01.28

竜葵@川口 ~ 味噌らーめん

Hozuki002_202101

 川口駅東口、コモディイイダ前にある「珍来」脇の小路を入る。屋号は「ほおずき」と読みます。季節限定メニューながら冬季恒例となっている「味噌らーめん(950円)」が登場したと聞いてほぼ3ヶ月ぶりの再訪。年々値上がりしていましたが、千円を目前にしてようやくお値段据え置き。先客2、後客8。

 メニューは相変わらず極端に絞り込まれていて、レギュラーメニューは他に塩そばと醤油そば、台湾まぜそばのみ。サイドメニューとしてなぜか「ひつまぶし」を売り物にしていて、ランチタイムは「塩そば+ひつまぶし」のセットメニューもあります。

 店内は縦長L字型カウンター10席のみ。席間に衝立を設けたので席間が随分狭くなった気も。卓上には七味、胡椒、揚げ玉、果実酢。厨房内は店主とアシスタント1名といったところ。水セルフ。

Hozuki001_2021012

 スープは昔あった「八丁味噌をメインに数種類の味噌やスパイスを絶妙な加減でブレンドした特製味噌ダレ。豚と鶏、香味野菜を煮込んだ濃厚スープ」というウンチク書きから変わっていないかな?。

 ただ以前よりも八丁味噌の味わいがぐっと強くなって、スパイシーさやピリ辛さは大幅に後退。かなりしょっぱめになってしまい、「概して自己主張が強すぎて、何を食っても同じような味になってしまう八丁味噌の通弊を巧く打破」「八丁味噌ベースにしては思いの外マイルドな味わい」と感じたこの店の味噌らーめんの良さが大きく損なわれた気がしました。

 自家製の麺はやや太目の強い縮れ入り。つるつるした食感で、かつやや硬めの仕上がりで濃厚スープに負けることのないしっかりした噛み応え。

 バラ肉チャーシューはちょっと炙りを入れたのが却って災いしてか、ちょっと硬めに。大ぶりのメンマもやや筋っぽいのが気になりました。他に刻みネギ、茹でもやし、コーン、糸唐辛子。サルベージ用に予め穴あきレンゲが付いてくるのはありがたいもの。

 たまたまの下ブレなのかもしれませんが、昨年と比べてあちこち劣化したのが気になりました。

|

2021.01.20

コムギの夢@戸田公園 ~ 味噌ラーメン

Komugi02

 埼京線戸田公園駅の北。本町通り沿い、戸田第一小近く。約10か月ぶりの再訪。近隣の人気店「あがら」へ往訪したところ、11時半の開店前から10人以上並んでいたのでこちらへ転進した次第。先客ゼロ、後客3。

 前回はメニュー先頭の「中華そば」を注文しましたが、今回は(数量?)限定の「味噌ラーメン(850円)」を注文。中華そば同様、並/大盛同値段なので大盛にしてもらいました。

 メニューは他に塩ラーメン、豚骨魚介ラーメン、豚骨魚介つけ麺など。なお「味噌」は券売機ボタンが既に一杯のためか、現金払い。

 店内はL字型カウンター11席。水セルフ。卓上には酢、醤油、ラー油、ミル入りミックスペッパー。店は店主と女性アシスタントで切り盛り。

Komugi01

 とろみがかったスープは豚骨魚介ラーメンのスープをベースに味噌を合わせた感じでしょうか。魚粉のざらつきこそ感じないものの、味噌ラーメンにしては魚介の味わいが強め。味噌もかなり甘目なので、全体としてやや重くてくどい印象を受けました。

 麺は自家製の中太ストレート。つるつる&もっちりした食感で、濃くて重めのスープに負けていません。量がかなり多く感じましたが豚骨魚介ラーメンの麺量(並180g、大270g)に合わせたのかな? 飲み進みたくなるようなスープではありませんがとろみがあるので、麺に絡みまくってどんどんなくなってゆきます。

 具は2種類のチャーシュー、半熟玉子、メンマ、茹でもやし。具沢山なのは嬉しいのですが、厳冬期のため後乗せのチャーシューと半熟玉子がスープを温くしてしまう悪影響が強く出ているのが困りもの。

|

2021.01.10

しし神@川口芝 ~ 肉そば

Shishikami02

 産業道路沿いと外環が交わる辺りから少し南へ。近くに西友あり。かなり昔に「柳麺工房 十里 川口店」があったところで、外観はその店の面影を強く残しています。蕨駅ないし南浦和駅が一応最寄ですがいずれもかなり距離があります。先客ゼロ、後客5。

 店内の券売機ボタン先頭の「肉そば(900円)」を注文。「ニンニクいれますか?」と聞かれたので反射的に「あり」と答えましたが、結果的にこれが失敗だとは・・・ランチサービスなし。

 メニューは他に「肉煮干ラーメン」と「肉玉まぜそば」。全部メニュー「肉」が付きます。

 店内は厨房に向かってカウンター5席と4人卓×4、6人卓×1でかなりゆったりしたレイアウト。卓上には一味のみ。

Shishikami01

 「肉そば」はラーメンではなくつけそばなのが要注意。それどころかつけ汁が超冷え冷えで出てきたのは完全に意表を突かれました。うーーん、これは明らかに冬季には不向きで早くも後悔の念が。

 またつけ汁は甘しょっぱいというよりは単にかなり醤油がきつくて蕎麦のつけ汁に近い感じ。そこに自家製ラー油を加えてピリ辛に仕上げています。もっとも食べているうちにラー油はすぐ無くなってしまうので、ピリ辛なのは最初だけ

 麺は太めの平打ち。水気の多そうなつるつるした口当たりですが、厚みがあるのでピロピロ系ではなく、むしろ堅めと言っても差し支えないくらいの結構な噛み応え。麺量は250g。

 麺の上には豚バラ肉がどっさり乗っていますが、これまた濃い目の煮込み加減なので肉はつけ汁に浸ける必要がないかも。また麺に刻み海苔と白ごま、刻みねぎがあるのでアクセントとしてはそれらで十分。つけ汁が和風寄りなのでニンニクは違和感しかなく、蛇足の極みでした。

 温玉はついて来ますが、これはどういただくのが正解なのかなぁ? 麺を半分くらい食べたところでつけ汁をマイルドにする狙いで温玉をつけ汁のほうへ入れてみましたが、つけ汁の量が多いためかさしたる効果なし。うーん、麺の方に乗せるのが正解かも。

 スープ割りをちょっとだけ頂きましたが、こちらは魚介系出汁が効いていてまずまず。

 これといったラーメン屋がないエリアですし、店の横は駒場への行き帰りにしょっちゅう通っているので「まぜそば」で再チャレンジかな?

|

2020.12.31

喜楽々@東川口 ~ 味噌カレー牛乳らーめん

Kirara02

 東川口駅を出て武蔵野線の築堤沿い(南側)に東へ。この店の冬の定番商品「味噌カレー牛乳らーめん(880円)」が今冬も登場したと聞いて往訪。先客ゼロ、後客6。

 「味噌カレー牛乳らーめん」は青森のラーメン屋「味の大西」の人気メニュー「味噌カレー牛乳らーめん」のインスパイア商品です。麺の硬さを聞かれたので「硬め」で。なお定番メニューの「喜楽々らーめん」は細麺と太麺が選べますが、この商品には選択肢はないようです。

 店内はL字型カウンターが10席程度。卓上にはラー油、塩昆布、花山椒入り胡椒。

Kirara01

 底が深い、いかにも容量が多そうな丼で登場。

 大昔に青森の「味の大西」で食べたときは、カレーと牛乳という個性が強い2トップが全面に出すぎて、正直話の種に一度食べれば十分と思ったのですが、この店のは全くの別物。牛乳はあくまでもカレーの刺激をマイルドにする役目に留まっていて牛乳臭さは一切ありません。

 一方カレーというか、カレー粉の刺激が結構きつくて配膳された際から鼻を微妙にくすぐりますし、その刺激は最後までまとわりつきます。それでもベースとなる出汁がしっかりしているのか、カレーの味しかしないありがちなカレーラーメンとは完全に一線を画していて、飲み進む意欲を削がないあたりは大したもの。出された時はバターがいたはずですが、食べているうちに溶けてどこかへ行ってしまいました。従って味わいの変化なんて判りようがありません(自嘲)

 麺は細めのストレート麺。水気の少なそうなややざらつき&ごわついた食感。硬めにしたこともあってか細めの割にはスープに負けていません。

 茹でもやしが多めに添えられていて、ともすればしつこくくどくなりそうなところを救うのに一役。一方牛乳とバターのせいか全体に洋風スープっぽい味わいなのに生臭いワカメを添えるのは正直違和感しか覚えないのですが、その辺は「味の大西」に敬意を表してか一向に改める様子がありません。他にチャーシュー、細切りメンマ。

 細かい難点はあるものの、冬の定番らしい安定&安心の一杯でした。

|

より以前の記事一覧