2018.12.10

僕との麺@川口前川 ~ (二郎系)らーめん・正油

006

 イオン川口前川店の北東。飲食店が点在する、南北に伸びるバス通りに立地。先客ゼロ、後客2。蕨駅からも東浦和駅からもかなり距離があり、事実上最寄り駅なし。

 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「らーめん・正油(800円)」を注文。基本的に二郎系の店ですがメニューがやたら多く、らーめんは他に塩と期間限定で味噌も用意。さらに辛い系と思しき「魚火麺」やつけ麺(正油・塩)、汁なし(正油・塩)、さらにCSYM、汁なしCSYMという謎めいたメニューも。各種丼ものも用意。

 着席すると最初に無料サービスの生卵の要否を聞かれますが、この手のラーメンで生卵の使い方が判らないので不要としました。また麺の硬さ・味薄め・アブラ少な目は食券を渡す時に言ってくれとのこと。

 野菜の量やニンニク・生姜等の要否は配膳直前に聞いてくるので、「野菜ちょい多め&生姜あり」でお願いしました。また数量限定で「肉カス」の無料サービスがあったので、それを入れてもらいました。デフォルトだとニンニクや生姜は入っていません。なお変わったことに「タルタル」のトッピングというのも。

 店内はL字カウンター10席くらい。卓上には唐辛子、醤油、酢、胡椒、カエシ。水セルフ。店は店主の兄ちゃんとオバハンの二人で切り盛り。

005

 スープは豚骨オンリーではなく、鶏を併用している模様。ぱっと見背脂はそれほど目立ちませんが、デフォルトでも脂はそこそこある反面、カエシはさほどきつくありません。この手のラーメンには珍しく、出汁の旨味が楽しめるタイプかなと最初は思ったのですが、食べ進むにつれて急激にしょっぱく感じるように。

 麺は湘南麻生製麺の緩い縮れ入り太麺。デフォルトでも硬めで、この手のラーメンらしい噛み応えが実に力強い麺です。

 野菜といってもその正体は全部もやしで、キャベツは見当たらず。量的には「野菜ちょい多め」で他店の野菜普通くらいかなぁ・・・

 チャーシューは分厚いのが一枚だけ。チャーシューを温めるべく、食べ初めに丼の底に沈めておいたら危うく食べ忘れる始末(苦笑) そしてこれが強烈にしょっぱい!! 肉カスはチャーシューの切れはしか何かをフレーク状にほぐしたものみたいですが、これまたしょっぱく、食べ進むに従ってスープが急激にしょっぱくなったのは肉カスが主因かも。

 なんかデフォルトが一番美味くて、変にトッピングを増せば増すほどダメになる店なのかも。

| | トラックバック (0)

2018.12.03

ゑん@蕨 ~ (背脂煮干)らぁめん

001

 蕨駅西口から駅前通りを直進。モスバーガーの向かいあたり。先客1、後客3。

 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「らぁめん(750円)」を注文。メニューはトッピングでバリエーションを付けているだけで、事実上背脂煮干を謳う「らぁめん」一本のみ。ランチタイムには小ライスサービス付き。

 店内は厨房前の縦長カウンター7席と4人卓×1、2人卓×2。卓上にはブラックペッパーのみ。オッチャンとねーちゃんの二人で切り盛り。

004

 「背脂煮干」を謳ってはいますが、見た目通り背脂は特に多い訳ではありません。また煮干しも心持ち感じる程度で、わざわざ「煮干」を掲げるのはどうかと・・・カエシがきつくて最初こそ若干甘く感じるものの急激にしょっぱさが増して、せっかくの煮干しの味わいをかき消しているような気も。こんなにしょっぱいラーメンで無化調を謳っても意味がないと思いますが・・・

 麺は村上朝日製の並太ストレート。水気の少なそうな食感で、しかも硬めの仕上がり。スープに対して強すぎる印象。

 具はペラペラのばら肉チャーシュー、メンマ、海苔、刻み玉ねぎ。

 小ライスには細かくほぐしたチャーシューが乗っているものの、「何日保温ジャーに入れっぱなしやねん??」と訝しくなるくらいゴワゴワ、パサパサで参りました。

| | トラックバック (0)

2018.11.19

日月堂@蕨 ~ 味噌ラーメン

003

 蕨駅東口から続く飲食店街の一角。食品スーパー「ライフ」の手前。「支那そば 富勢」のリニューアルですが、「富勢」は夜しか営業していなかったので放置していたところ、約3年でリニューアルの運びとなったようです。先客1、後客1。

 「日月堂」は株式会社ジングルが埼玉県南で展開しているラーメン屋の一ブランドで味噌ラーメン専門店という位置づけ。店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「味噌ラーメン(780円)」を注文。着席すると背脂の有無を聞かれるので「あり」で。また平日ランチタイムは麺大盛サービスあり。「つけ麺」も積極的に売り出していました。

 店内はL字型カウンター7席と4人卓×4、2人卓×3。ラーメン屋にしては広すぎて、テーブル配置が不自然なくらいゆったりとしており、もともとは居酒屋だったのかも。卓上にはブラックペッパー、七味、おろしニンニク、酢、醤油、ラー油。

002

 スープは豚骨ベースで、見た目に反して若干甘目。「背脂あり」の上、もやし、ひき肉、玉ねぎ、少量のニラといった炒め物が添えられているせいか、それなりにこってりとしてはいますが、脂が層をなして食後に胃がもたれてしまうタイプではありません。またニンニクや生姜をガツンと効かせたタイプでもありません。まぁこの手のチェーン店にありがちな、食べ手を選ばない良くも悪くも中庸な出来です。

 麺はやや太めの縮れ入り。つるつるもっちりとした食感で、正直もうちょっと固ゆでのほうが好み。

 質的にしょーもなくて、しかも冷え切ったチャーシューを後乗せする代わりにひき肉をたっぷり添えたのは明らかに良策ですし、炒め物の他に後乗せのコーンの量も多いので、麺を食べ終わってもひき肉やコーンなどが底のほうにアホほど残ります。

 そこで大活躍するのが穴あきレンゲ。これが最初から付いてくるのは実にありがたい。具のサルベージ過程で、健康面を考えれば積極的に飲みたいとは全く思わないスープを飲まなくて済むのは非常に助かります。またこれだけ具があるのなら、麺大盛より小ライスサービスのほうがベターかと。

 全くマニア受けしない系統ですが、不味いどころか見知らぬ個人店に入るよりは遥かに無難。駅近なのでコンスタントに客が集まりそうなものですが、無駄に店が広くて固定費が高そうなのと、すぐ近くに同じような味噌ラーメン店があるのが気がかりです。

| | トラックバック (0)

2018.11.02

びんびん豚@戸田公園 ~ (二郎系)ラーメン

004

 埼京線戸田公園駅北の「戸田五差路」を西へ。二枚橋を渡ってすぐ。先客2、後客7。駅からかなり距離があるせいか、先客・後客とも近所で働いていると思しきガテン系の方だらけ。屋号からは判りにくいのですが、二郎ライクなラーメンを出す店です。

 券売機ボタン先頭の「ラーメン並(700円)」を注文。麺量は並200g、大300g、倍400gなので「並」で十分。食券を置くとすぐにトッピングの確認があり、「ヤサイちょいマシ」で。

 メニューは他に汁なし、カレー汁なし、辛ラーメンなど。さらに往訪時は限定で「びんにぼ」を提供。券売機ボタンに「味噌」があるものの、往訪時は「売切」のランプが点灯していました。

 店内はL字型カウンター10数席と4人卓×2。卓上には胡椒とかえしのみ。水セルフですが卓上に水ポットがなくて、券売機横の給水器しかないというのはチト面倒。

003

 おお、「ちょい」にしてはもやしの盛りは多いな!! でも後客の「マシ」と比較するとこれでも確かに「ちょい」でした。キャベツはわずかに破片が確認できる程度。

 スープはいわゆる「ほぼ未乳化状態」というやつでしょうか。アブラはないも同然でかえしも控えめなので、この手のラーメンのスープにしてはですがびっくりするくらいあっさりさっぱりしていて、飲む気になります。デフォルトだとニンニクが入っていませんが、これならニンニクなしのほうがスープの豚骨出汁の旨味をかき消さないので却ってよさげ。ただこの手のラーメンに「ガツン」を求める向きには少々物足りないかもしれません。

 麺はごく緩い縮れ入りのほぼスクエアな太麺。若干固めの仕上がり、かつ中がみっちり詰まった感じがする麺なので噛み応えがあります。

 チャーシューは小さめで厚めの豚ばら肉が一枚だけ。

| | トラックバック (0)

2018.10.27

渓@川口 ~ トマトカレーまぜそば

003

 川口駅東口から線路沿いに北へ歩いて、川口陸橋下近く。約1年ぶりの往訪。先客7、後客ゾロゾロと相変わらずの人気で退店時には店内で待ち客6。週末は定刻11時半よりも早めに店を開けているのか、入店時はちょうど満席だったのに最初の客はすぐに食べ終わって店を出て行ったので、ほぼ待ち時間ゼロ。色あせてボロボロになっていた暖簾はとうとう取り外されてしまい、ぱっと見はラーメン屋とは判りにくくなっていました。

 外に置いてあるレギュラーメニューはすっかり日焼けして字はうっすら読めるかどうかといったところですが、その横に新調したらしい「日替わりメニュー」の中から「トマトカレーまぜそば(850円)」を注文。店内の券売機は相変わらず故障したままで、もう直す気もないのでしょう。基本まぜそばorつけめん推しの店ですが、「らーめん」を注文している人もいました。先払いなのも特徴。

 店内は厨房沿いにL字型カウンター7席。厨房内には店主が一人だけ。暗くて雑然とした店の雰囲気は相変わらず。刻み玉ねぎに10円募金するシステムも変わりなし。

002

 まぜそばにしてはやや汁が多いのも相変わらず。スープが少ないラーメンといっても差し支えないほど。とりあえず天地を何度もひっくり返してせっせとマゼマゼ。「トマトカレーまぜそば」といっても純然たる新メニューではなく、レギュラーメニューの「カレーまぜそば」にチーズ乗せのトマトソースを別皿で付けただけみたいで。従って最初は「カレーまぜそば」として、途中からトマトソースを投入して味を変えて楽しむのを推奨しているようです。

 「カレーまぜそば」は汁が多いためか、あるいは若干とろみがあるせいか、魚粉効果も相まって味わいは和風出汁を効かせたカレーうどんに似ているかな。スパイシーさはさほど感じられず。ただ焦がしニンニクとサイコロ状のチャーシューが大量に混入しているので、食べ進むと腹にずっしり来ます。刻みネギや刻み玉ねぎもあるにはありますが箸休めには力不足なので、卓上の玉ねぎを追加投入するのも吉。

 トマトソースを投入すると味わい一変!!と言いたいところですが、トマトの酸味が控えめなせいか、「思てたんとちゃう!!」という気も。ただ個人的には酸味が強すぎるものはあまり好きではないので、この程度のほうが良いかな。

 麺は浅草開化楼の縮れ入り極太麺。やや堅めで噛み応えしっかり。量は並でも300gと結構量があり、女性には多すぎかも。というか、どうしても最後はチャーシュー等が底に余りがちなので、麺の量を減らす代わりに小ライスをつけてくれたほうがありがたいのですが。

 店主がやたら早口かつ神経質っぽくて店の雰囲気があんまり好きじゃないのですが、まぜそば自体は悪くありません。週末は混むようなので平日に再訪かな?

| | トラックバック (0)

2018.10.24

らーめん 詩@蕨 ~ 汁なし担々麺

004

 蕨駅東口にあるスーパー「ライフ」(旧イトーヨーカドーのあったところに新築)から駐車場を挟んだ向かい。先客3、後客1。

 前回往訪時に限定メニューが4種類も用意されているのが気になり、今回はその中から「限定A(汁なし担々麺:600円)」とご飯(100円)を注文。限定メニューは数量限定なだけで期間限定ではないのかな?

 店内はL字型カウンター10席強。水セルフ。厨房には若い店主と若い男性アシスタント。卓上には揚げネギ、千住葱油、一味、ブラックペッパー、柚子胡椒。魚粉、おろしニンニク、酢。

003

 むむっ!! 浅い皿で出てきたせいかもしれませんが、見た目はまるで焼きそば!! でも見た目と違って、決して多くはありませんが確かに汁気はあって汁なし担々麺の体をなしています。タレはごまだれが支配的でかなり甘目。ラー油やブラックペッパーで少々辛さを加えている程度で、花椒から来るような痺れは全くありません。

 麺は浅草開化楼のやや細め&ごく緩い縮れ入り。びよーんと弾力性がそれなりにあるものの、噛み応えは強くはありません。

 そして値段相応といってしまえばそれまでですが、いかにも具がしょぼい。味付け玉子が半個乗っていますが麺に絡ませる性格のものではありませんし、それ以外はネギチャーシューを細かく刻んだのが混じっているだけ。

 従って、終始麺ばかり食べているような感じになってしまい、しかもその麺もちょっとチープな味わいなので、小腹が空いたときにサクッと食べるならまだしも、ランチには力不足の様相。悪くはありませんが、総じてなんか賄い飯っぽいメニューみたいな気も。

| | トラックバック (0)

2018.09.30

つけめん102@川口 ~ まぜそば

002

 川口駅東口を出て産業道路を北へ。予定していた店の開店が大幅に遅延していたので近隣のこちらへ転進した次第。1年ぶりの往訪。前回往訪時に「中華そば」が全然ダメなことが判ったので、今回は「まぜそば・大盛(840円)」にチャレンジ。先客ゼロ、後客6。なお並と大盛は同値段。

 非常に奥行きが深い店で、店内はコ字型カウンター20席弱ほど。卓上に胡椒、酢、柚子八味、揚げ玉ねぎ?

001_2

 麺の上にサイコロ状のチャーシュー、かつお節、ニンニク、かいわれ、メンマ、さらにその陰にもやしやキャベツが隠れています。

 とりあえず天地を何度もひっくり返してまぜまぜしてみましたが、まぜそばらしいからぬえらくあっさりした味わい。麺はいつもの太麺ストレート。堅いわけではないのですが、歯ごたえ十分。つるつるとした食感も楽しく、これは大のお気に入り。

 麺本来の味・風味をじっくり楽しんでもらう趣向なのかな?と思いましたが、それは完全に勘違いでした。どうやら別添の壺に入っている液体は割スープではなくタレだったみたいで。生卵入りのタレですが、タレに妙な癖がなく、麺なり具なりの味をぶち壊さない程度に抑えられています。

 ただタレを一度に全部麺にぶちまけてしまったのが大失敗。タレの量が多いだけでなく、かなりオイリーなので終盤は麺が具が油にどっぷり浸かっているも同然になってしまい、見た目が悪いだけでなく、急速に胃がもたれて箸が止まる羽目に。

 中華そばと違ってハズレとは思いませんが、やはりこの店はつけめんが無難であることを再確認。

| | トラックバック (0)

2018.09.16

WOK2@蕨 ~ 汁なし担々麺

Wok2004

 京浜東北線蕨駅東口から、蕨陸橋より続く通りを東へ。猫橋交差点の手前。先客ゼロ、後客1。最寄り駅は蕨ですが、店の住所は川口市内。

 屋号に「中華ダイニング」を冠しているようにラーメン専門店ではありませんが、ランチメニューは担々麺、汁なし担々麺、黒酢サンラー麺、ネギチャーシュー麺等と麺類主体。今回は「汁なし担々麺(850円)」を注文。辛さ等は特に聞かれず。ご飯一杯無料サービス付きな上に、ミニサラダまで付いてきました。

 席は壁に向かってL字型カウンター4席と4人掛けボックス席×3。夜営業がメインなのか、厨房内には店主一人だけ。店主の趣味なのか、猫をデザインに取り入れた小物・調度がめだちます。

Wok2001

 具は肉味噌、かなり細かく砕いたナッツ、水菜と超シンプルな構成で、「汁なし」の割りには汁が多め。ごまだれ等で味わいをマイルドに包み込むようなことはせず、せいぜいナッツでアクセントをつけるだけで、辛さ・痺れをストレートにぐいぐい押し出してくる四川風。といっても辛さ耐性の低い私にはちょうど良い程度の辛さ・痺れですが。

 麺は並太ストレート。心持ちもっちりとした、そこそこ噛み応えのある麺で悪くありません。

 ご飯がないと食べにくいくらい味が濃すぎるというわけではありませんが、麺だけだとちょっと量的に物足りないかな。もちろん底に余りがちな肉味噌をサルベージしてご飯のお供にするのは担々麺の楽しみの一つですし。

| | トラックバック (0)

2018.09.11

雲林坊@川口 ~ 汁あり担々麺

006

 川口駅東口コモディイイダ前、「珍来」の横。ほぼ1年ぶりの再訪。先客7、後客4。

 前回は「汁なし担々麺」だったのっで、今回は「汁あり担々麺(900円)」を辛さ・痺れとも普通(レベル3)で注文。もともと割高感がある店なのに、前回からさらに20円値上がり。麺大盛or味玉付きご飯orザーサイおにぎりの無料サービスが付いているので、「味玉付きご飯」をつけてもらいました。

 他に「汁あり担々麺」、「麻婆豆腐かけタンメン」、「海老と生海苔入り葱油かけ塩タンタン」「よだれ鶏冷麺」など。

 前回往訪時は食券を渡しても各種無料サービスや辛さ・痺れのレベルについて店のほうからは特に聞いて来ず、あまり客の細かい注文に応えようという姿勢が見受けられないのは気になりましたが、この辺は著しく改善されていました。

 店内は厨房に向かって縦長カウンター6+2席と4人掛けテーブル2卓、2人掛け2卓。

005_2

 ラー油や唐辛子の赤をベースにニラやネギ、キャベツの緑が映える華やかなビジュアル。店では「濃厚でありながらマイルドな胡麻の香り漂うスープ」と謳っていますが、ある意味見た目通りでゴマだれの味わいは強いとは言い難く、むしろラー油の辛さや花椒の痺れがストレートに伝わってきました。もっともご飯がないと食べづらいというほどでもありませんが。鶏ベースと思しき中にひき肉から染み出した旨味が加わってなかなかの味わい。

 麺はやや細めのストレート。やや水気の少なそうな、若干ごわついたような食感で正直スープとの相性は微妙。

 ライスについてくる味玉は妙に薬膳っぽく仕上げられていて個人的には苦手。こんな味玉は要らんからご飯の量を増やしてほしいもの。担々麺の専門店らしく、穴あきレンゲが置いてあるので、底に沈んだひき肉などをサルベージしてご飯をパクパク。

 また帰りがけにオープン1周年記念で「200円券」をもらいましたが、有効期限が1ヶ月強と短い上に、他の無料サービスとの併用が出来ないのでたいした割引になっていないというか、使い道が正直よく判らず。やはり都内ならともかく、川口では割高感が目立つ店という印象に変わりはありませんでした。

| | トラックバック (0)

2018.09.08

仁@川口 ~ 冷やし担々麺

002

 川口駅東口・樹モール商店街内。1ヶ月ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。

 やたらメニューが多い店ですが、基本的に担々麺が売り物の店。「濃厚担々麺」「汁なし担々麺」は試食済みなので、今回は「冷やし担々麺(800円)」にチャレンジ。「冷やし」はメニューに追加的に手書きで貼りだされていたので、試験的に期間限定で出しているだけなのかも。いつもの「担々麺」と違って辛さのレベルは特に聞かれませんでした。

 券売機はなく、後払い。半ライスサービス付き。もっとも店主がうっかり失念していて、1/3くらい食べたところで「ランチは半ライスが付きます」と言い出す始末。

 店内は手前にカウンター6席。奥に4人掛けテーブル席が2卓。相変わらず店内に豚骨臭がほんのり漂っています。

001

 浅い皿で出てきて少々意表を突かれました。茶色いひも状のものはコーンフレークに似た軽くサクサクとした食感がしましたが正体不明。

 「担々麺」と称していますがあまり辛くはなく、むしろ酸味が全体を支配しています。具が鶏ささみ、キュウリ、かいわれが主体ということもあって、「担々麺」というより「ゴマだれを効かせ、ピリ辛に仕上げた冷やし中華」といったほうが実態に近いと思います。ただ食べている最中はさほど辛くないものの、食後に舌にヒリヒリ感が残り、その辺が「担々麺」なのかも。

 冷え冷えの麺は細目のほぼストレート。韓国冷麺ほど極端でありませんが、弾力性があって噛み切るのに少々力を要します。

 クオリティーはまずまずな上に、近隣の「雲林坊」より安いのが何より気に入っています。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧