2024.05.18

裏野中家@西川口 ~ (家系)ラーメン

Uranonakaya2404002

 西川口駅西口から北へ歩いてすぐ。人気ラーメン店「有彩」へ向う途中の繁華街に立地。屋号から察しがつくように家系の店です。屋号に「裏」が付いているのは大崎「野中家」の2号店だからかな?

 結構な人気店になっていると聞いて11時開店の10分前に到着したところ先客1、開店までに後客7。開店後ほどなく満席になり、退店時外待ち3。屋外に陽射しを遮るものが一切ないので夏季に並ぶのはきつそう。

 券売機ボタンを見て「ラーメン(850円)」を麺硬めで注文。ここはライスは有料(100円)で食べ放題。ライスは店のほうで茶碗に入れて出す方式です。、

 メニューは他につけ麺や油そばも用意。

 店内はL字型カウンター12席のみ。卓上には豆板醤、ブラックペッパー、マヨネーズ、極ショウガ、極にんにく、おろしニンニク、煮干酢。

Uranonakaya2404001

 豚骨の旨味をがっつり効かせたスープはとろみ強めで、デフォルトでも味濃いめ、かつ脂もやや多いように感じました。隣の兄ちゃんは「脂抜き」を頼んでいましたが、それならそもそもこの店に向いてないような(苦笑)。典型的なハードパンチャータイプで、味が濃すぎてご飯がないと食べづらいほどではありませんが、ご飯があったほうが食べやすいのは確か。そして終盤は味の濃さに少々やられ気味に。人気店のようですが、正直少々食べ手を選ぶと思います。

 麺は酒井製麺製のやたら短くてやや平たい中太ストレートタイプ。

 チャーシューがスモーキーなのは嬉しいのですが、悲しいくらいにペラペラ。他にほうれん草、刻みネギ、海苔。

 悪くはありませんが、個人的にはハードパンチャーはあまり好きではないので、やや一般向けの「武蔵家@川口」のほうが好み。

|

2024.05.14

嵐ゴーゴーカレーまぜそば@らあめん花月嵐

Currymaze2405001

 らあめん花月嵐が2024年5月5日から期間限定で発売中の「嵐ゴーゴーカレーまぜそば(980円)」を試食。

 らあめん花月嵐は有名ラーメン店とのコラボ商品をしょっちゅう売り出していますが、「金沢カレーブームの火付け役」として有名なカレーチェーン店「ゴーゴーカレー」とのコラボには意表を突かれました。

Currymaze2405002

 カレールーは「55の工程を5時間かけてじっくり煮込み、さらに55時間寝かせて旨味を熟成させたゴーゴーカレーの特製オリジナル・ルーを使用!」とのこと。金沢カレーの一大特徴である粘度が高い濃厚カレーですが、麺に絡ませるとなると一般的なまぜそばのタレと違ってどろっとしているのが祟って、水気に乏しくて食べづらいかと。中華スープが付いてくるのは「水気に乏しい」という欠点を花月嵐も薄々気づいているからかも。

 また「まぜそば」と称する割には具に乏しいのも難儀。ゆで卵半個の他に麺の下に千切りキャベツが隠れていますが、千切りキャベツはまぜそばの具にはあまり向いていないような・・・そしてそのキャベツが水気の乏しさに拍車をかけている気も。変に金沢カレーのスタイルに拘って千切りキャベツを敷いたのは失策だと思います。

 麺は「花月嵐のまぜそばに使用している特製太麺」で、中太の緩い縮れ入り。もっちりした食感で麺自体は気に入りました。また麺量も案外ありました。

 残念ながら完成度が高くなく、これなら「ゴーゴーカレー」の定番「ロースカツカレー」でも食べたほうがはるかにコスパは良いでしょう。

|

ふくろう@川口元郷 ~からみそラーメン ベーシック

Fukurou2404002

 日帰り温泉施設「スパロイヤル」などがある吉祥寺通りを東へ。セブンイレブンの先。一応埼玉高速鉄道川口元郷駅が最寄り駅になりますが、駅からは結構距離があります。名古屋がベースのチェーン店のようですが、外観はあまりチェーン店ぽくありません。大盛り無料サービス券に釣られてほぼ半年ぶりの再訪。先客2、後客10と近所の方々の人気は上々な様子。

 相変わらず非常に使いづらいタブレット式券売機に苦戦(特に画面を指でスクロールしないとプレーンなメニューが出てこないのが最悪!)しながら店のウリっぽい「からみそラーメン ベーシック(950円)」を注文。

 からみそ(0~6辛。2辛が標準))とニンニクの量が選べると案内されたので「3辛・普通」にしてみました。ランチサービスなし。紙エプロンサービスあり。

 メニューは他に中華そばとまぜそば。他客のほとんどが「からみそ」を注文。
 
 店内はL字型カウンター7席と小上がりに4人卓×2。卓上にはブラックペッパー、醤油、ラー油、昆布酢。

Fukurou2404001
 
 店の案内によれば、「からみそラーメンふくろう」は、「山形で生まれたからみそラーメンをベースに、ふくろう独自のスープ、タレ、麺によって皆様にもお喜びいただけるような工夫を取り入れたラーメン店です。」とのこと。まぁルックスはどう見ても赤湯のあの店を意識した感じ。
 
 少しとろみがかり、味噌の粒々も目立つスープは魚介の出汁を効かせた「動物根菜系スープ」がベースのようですが、これだけと些か物足りないのが実情。やはりこの手のラーメンは辛味噌をちびちび溶かして味の変化を確かめてナンボ。ただ全部溶かしきってしまうと少々味が濃すぎてしつこくなりすぎるのが難。

 なお店では辛味噌を少量直接麺に乗せる食べ方を提案していますが、それに気が付いたのはほぼ食べ終わった頃でした(苦笑)。
 
 麺は太目の縮れ入りで、いかにも多加水らしいつるつるした口当たりが特徴。もっちりと形容するには若干硬めの仕上がりかな?ただ大盛り無料サービス券を使った割にはそんなに量が増えた感じはせず。

 豚バラチャーシューは薄くて小さめでちょっと残念。他にメンマ、ナルト、刻みネギ、青海苔。具がしょぼいせいか「贅沢のせ(1300円)」を頼んでいる客が多かったのも納得。
 
 この手のラーメンはハズレがありません。麺が美味いので次は「まぜそば」にチャレンジ。

|

2024.04.11

トラちゃんラーメン@川口 ~ 中華そば

Torachan2403001

 川口駅東口、樹モール入り口近く。「ちえちゃんラーメン」の跡地。11時開店の5分前に到着したところ先客2。その後後続はなく、開店後4。

 隣の隣が「武蔵家」で向かいに「鷹の目」と川口の人気店に囲まれて「ちえちゃんラーメン」は値下げも虚しく閉店を余儀なくされました。「ちえちゃん」と「トラちゃん」、屋号やメニュー構成などよく似ていますが、両者の関係は不明。

 店内の券売機ボタンを見て「中華そば(750円)」を注文。新宿・小滝橋通り沿いの「クマちゃん」同様、券売機下に置いてある赤のプレートを食券と一緒に提示するとご飯が無料サービス。しかもおかわり可。

 メニューは「中華そば」「もり中華」の2点のみ。ただ「塩」への変更ができるようです。

 店内は縦長コの字型カウンター13席。卓上には酢、一味、コショウ、おろしニンニク、青がっぱ(きゅうりの漬物)、んモーッHOT(辛味調味料)。

Torachan2403002
 
 「クマちゃん」同様、スープは丼になみなみと注がれた状態で登場。動物系出汁はしっかり効いており、しかも「クマちゃん」は「その旨味を完全にかき消してしまうくらい塩気が強い」という感想を抱いたのに対して、こちらはそこまでしょっぱいとは感じず。また「クマちゃん」ほど表面の脂層が分厚くはなく、それゆえ無駄に熱々でもありませんでした。
 
 麺は新宿だるま製麺製平打ちほぼストレート中太タイプ。つるつるした口当たりですが、「もっちり」と形容するには若干柔らかめの茹で上がり。この手のラーメンには調味料を入れてナンボなので「んモーッHOT」を試してみましたが、これが実に良く合いました。
 
 チャーシューは薄いながらも「チャーシュー麺」と称してもなんら不思議はないくらいたっぷり入っています。刻みネギも多め。他に細メンマ。
 
 無料のライスは半ライスくらいしかなく、チャーシューだけでおかずには十分すぎるくらい。青がっぱで口直ししてフィニッシュ。

 「武蔵家」&「鷹の目」と人気店に囲まれた立地ですが、両店より明らかに客の年齢層は高いので十分共存できるような気がします。「ちえちゃん」やその前の「凪」みたいに開店時の価格設定をミスったのが災いして短期間で撤退を余儀なくされる愚も犯していませんし。

|

2024.02.18

和み食堂@戸田 ~ 鴨がら中華そば・醤油

Nagomi2401002

 戸田市役所の北。最寄り駅は埼京線戸田駅ですがやや距離があります。「三七三」や「味噌道場」の跡地。先客ゼロ、後客2。屋号に「戸田ラーメンデータベース」を冠しているのが謎。
 
 店内の券売機ボタンを見て基本と思しき「鴨がら中華そば(850円)」を注文。食券を渡すと醤油と塩が選べるそうなので、醤油でお願いしました。ランチサービスなし。
 
 メニューは他にいりこそば、鴨がらつけ麺、まぜそば、いりこまぜそば、豚Gまぜそばなど。但し往訪時は最後の2つには×印が点灯していました。

 店内はカウンター7席と小上がりに4人卓×3、3人卓×1卓上には胡椒と一味。水セルフ。

Nagomi2401001
 
 表面の脂がテカテカしているスープは「鴨がら」をわざわざ冠するのも納得できるくらい、しっかりした鴨出汁。かえしもその旨味をかき消さない程度に抑えられ、見た目ほどのこってり感もなく、非常にバランスが良く取れています。
 
 菅野製麺所の麺箱が見える麺は並太緩い縮れ入りでつるつるした口当たり。やや噛み応えが強く、スープに対しては少々強すぎる印象ですが、スープの絡み具合は悪くありません。後客が替玉を頼んでいましたが、この麺で替玉を提供するのは少々不思議。
 
 チャーシューは鴨ではなく、豚と鶏。鴨にしなかったのは値段を抑えるためかな?それゆえネギも背負っていません。具は他にメンマ、青菜、海苔。
 
 市役所のすぐ近くという、市役所職員だけでなく市役所の利用者もやってきそうな立地なのに、この場所はラーメン屋ばかりがよく入れ替わっているのが気になりますが、クォリティーは上々。おいおい再訪します。

|

2024.01.01

川口濃厚味噌らーめん@川口上青木西

Kawaguti_noko2312002

 SKIPシティの西を走る中央道路沿い。上青木交番交差点の手前。京浜東北線からも埼玉高速鉄道からも遠く、強いて言えばSR鳩ヶ谷駅が最寄り。隣のセブンイレブンと駐車を巡ってのトラブルが絶えないことが店内の貼り紙から伺えます。先客3、後客ゼロ。

 店内の券売機を見て基本と思しき「定番濃厚味噌ラーメン(850円)」を注文。ランチサービスなし。

 券売機ボタンは随分にぎやかですが、よく見るとメニューは基本「濃厚味噌」と「濃厚辛味噌」のみで、後はトッピングでバリエーションを付けているだけ。

 店内が縦長カウンター8席のみ。卓上には七味、粗挽きコショー、おろしニンニク。水セルフ。

Kawaguti_noko2312001
 
 「北海道味噌をはじめ複数の味噌を合わせた自慢の濃厚味噌」「提供ごとに鍋を振ってラードと刻みニンニクで香ばしく炒めた野菜が味噌の旨味を倍増させます」というのが店のウリ文句。炒めた野菜とスープをさらに炒め合わせる札幌スタイルのようですが、炒め物はどうやらモヤシだけみたいで。刻みネギ、粗目に刻まれた玉ねぎ、そしてほぐしたチャーシューといった後乗せの具の量が結構多いので、出来上がりはあんまり札幌っぽくありません。
 
 また赤みがかった見た目に反して味も意外なくらいちょっと甘目寄り。ただ炒め物の脂に背脂も加わってこってり感は相当なもの。

 麺は中太緩い縮れ入りでつるつるした口当たり。それはともかく、どういう訳か味噌ラーメンらしからぬ柔らかめの仕上がりで参りました。4人分いっぺんに作っていて、自分のが一番最後にサーブされましたが、あれこれ手間取っているうちに茹ですぎっぽくなってしまったのかも。
 
 近隣にはこれといったラーメン屋がないので近所の方には重宝されそうですが・・・

|

2023.12.05

ふくろう@川口末広 ~ からみそラーメン ベーシック

Fukurou2310001

 日帰り温泉施設「スパロイヤル」などがある吉祥寺通りを東へ。セブンイレブンの先。一応埼玉高速鉄道川口元郷駅が最寄り駅になりますが、駅からは結構距離があります。名古屋がベースのチェーン店のようですが、外観はあまりチェーン店ぽくありません。先客ゼロ、後客9。

 かなり使いづらいタブレット式券売機に苦戦しながら店のウリっぽい「からみそラーメン ベーシック(950円)」を注文。からみそ(0~6辛。2辛が標準))とニンニクの量が選べると案内されたので「3辛・普通」にしてみました。ランチサービスなし。
 

 メニューは他に中華そばとまぜそば。中華そばを頼んでいる客が結構いました。
 
 店内はL字型カウンター7席と小上がりに4人卓×2。卓上にはブラックペッパー、醤油、ラー油、昆布酢。

Fukurou2310002
 
 店の案内によれば、「からみそラーメンふくろう」は、「山形で生まれたからみそラーメンをベースに、ふくろう独自のスープ、タレ、麺によって皆様にもお喜びいただけるような工夫を取り入れたラーメン店です。」とのこと。まぁルックスはどう見ても赤湯のあの店を意識した感じ。
 
 少しとろみがかり、味噌の粒々も目立つスープは魚介の出汁を効かせた「動物根菜系スープ」がベースのようですが、これだけと些か物足りないのが実情。やはりこの手のラーメンは辛味噌をちびちび溶かして味の変化を確かめてナンボ。あの店だと全部溶かしきってしまうと少々辛く、しつこくなりすぎる弊がありましたが、ここはそこまで行き着かず。
 
 麺は太目の縮れ入りで、いかにも多加水らしいつるつるした口当たりが特徴。もっちりと形容するには若干硬めの仕上がりかな?「麺硬め」を注文する客もいましたが、個人的にはその必要は全く感じず。

 豚バラチャーシューは薄くて小さめでちょっと残念。他にメンマ、ナルト、刻みネギ、青海苔。
 
 この手のラーメンはハズレがありません。麺が美味いので次は「まぜそば」にチャレンジ。

|

2023.11.16

麺処神田@神田 ~ 味噌

Kanda2310002

 神田駅北口を出て、北へ線路沿いに歩いてすぐ。かつて「花田 神田店」があった跡。先客ゼロ、後客1。ラーメン屋がやたら多いこのエリアで何のひねりもない屋号をつけるセンスが謎過ぎ。

 店内の券売機で基本と思しき「味噌(900円)」を注文。野菜大盛無料、にんにく増し無料、小ライス無料、さらに麺大盛りサービスとあって、「野菜増し&にんにく増し&小ライス付き」にしてもらいました。また紙エプロンの要否も聞いてきました。
 
 メニューは他に辛味噌、味噌つけ麺、辛味噌つけ麺と完全に味噌専門店の様相。
 
 店内は縦長カウンター9席のみ。卓上には一味、ミル入り粒黒胡椒、酢。カウンターと厨房との仕切りが高くて結構圧迫感があるのはともかく、その仕切り越しに配膳されるのはあまり気持ちいいものではありません。

Kanda2310001
 
 うーーーん、野菜増しの割には寂しいビジュアル・・・ ニンニク増しは別皿で登場。
 
  店の案内によるとスープは「豚足と鶏の骨、玉ねぎ、キャベツを長時間煮込み、白みそ、赤みそを使用して濃いめに仕上げました」とのこと。かなりとろみが強い濃厚ドロドロ系で、いかにも「花田」の影響を強く受けた感じですが、花田ほど脂っこくないせいか食後の胃もたれ感はあまりない反面、動物系出汁も弱めで味噌味が前面に出まくったような味わい。
 
 麺は中太ほぼストレート。心持ちざらつきのある口当たりで、濃厚ドロドロスープに全く負けないくらいコシもしっかり。麺量は並で160g、大盛りで240gとのことですが、スープの中にもやし主体に玉ねぎ、ニラ等の炒め物が結構沈んでいるのでボリュームは十分すぎるくらい。
 
 麺の上には後乗せの笹切りネギ、メンマ、海苔。そしてバラロールチャーシューは薄くてグダグダに崩れやすいタイプ。

|

2023.10.30

仁@川口 ~ 汁なし担々麺

Jin2308002

 川口駅東口・樹モール商店街内。約2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客1。

 やたらメニューが多い店で、いつものは人気No.1の「濃厚担々麺」を注文していましたが、今回はまだ暑い時期ということもあって「汁なし担々麺(880円)」を注文。辛さは3辛or5辛の2段階が選べるので3辛で。なぜいきなり3辛なのか、なぜ4辛がないのかはよく判りません。半ライスサービス付き。券売機はなく、後払い。。

 店内は手前にカウンター6席。奥に4人掛けテーブル席が2卓。卓上には醤油、ラー油、酢、ブラック&ホワイトペッパー、そして鎮江香酢。昔は店内に強烈な豚骨臭が漂っていて難儀でしたが、来るたびにそれが薄れ、今はコロナ禍対策を兼ねてかドアを開け放って営業しているせいか、豚骨臭は全くしなくなりました。その代わりに熱風が微妙に吹き込んできます。冷房の効きがやや弱くて鬱。

Jin2308001


 予めタレと和えているせいか麺が黒々しています。麺の上に肉味噌&黒ゴマ。値上げ幅を抑えている代わりに肉味噌の量が少なくなったかも。全くインスタ映えしない超地味なルックス。タレは少な目で混ぜ混ぜすると底にほとんど残りません。小さめの生卵が付いてきますが、麺にぶっかけて辛さを一段とマイルドにしてもよし、浸けて食べても良しとのこと。これがこの店のユニークなところ。

 生卵効果もあいまって辛さは許容範囲内で痺れはあまり強くありません。黒ゴマのおかげか、若干甘いような気すらします。野菜は細もやしと刻みネギだけで少なめ。

 麺は浅草開化楼製の手もみ風の平打ちっぽいもの。やや硬めの、しっかりした歯応えが気に入りました。このままだと早々と飽きがきそうですが、半ライスの助けを借りて食べ進めば楽々完食。

 クオリティーはまずまずな上に、近隣の「雲林坊」より安いのが何より気に入っています。

|

2023.10.17

彩@川口芝 ~ ねぎと叉焼の千切りそば

Aya2309001

 産業道路「消防局入口」交差点の北、フォルクス川口店のある交差点を西へ入ってコモディイイダやアオキボウルの裏辺り。先客、後客ともゼロ。最寄り駅は蕨ですが、店の住所は川口市芝になります。
 
 券売機はなく、卓上のメニューを見て「ねぎと叉焼の千切りそば(750円)」を注文。ランチサービスなし。後払い。
 
 爺さん一人で切り盛りしている店ですが、メニューは案外多彩で基本の「しなそば」の他、計8種類の品々。それに加えて看板メニューの「しじみラーメン」を用意。
 
 店内は縦長カウンター6席と入口近くに2人卓×1。カウンターの椅子がくたびれているどころかボロボロなので、人によってはちょっと引いてしまうかも。卓上には醤油、味塩、テーブルコショー、ブラックペッパー。

Aya2309002
 
 店のインスタによると「鶏がらと豚骨をじっくり煮込んだ透明度高いスープ」がウリ文句。超あっさりでやや甘め、じっくりじんわりと旨味が楽しめます。ただ少々物足りなさも感じたので早々とコショウ投入。
 
 麺は「金糸細麺という卵たっぷり入った細麺」でストレートタイプ。あっさりスープがよく絡んで相性文句なし。

 チャーシューは切れ端をさらに細かく刻んだ感じ。他に白髪ネギとシンプルな構成。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ごらんアウェー ココログ被害者の会 サッカー一般 丼もの&ランチ等 我が街川口 旅行・地域 日本代表 浦和レッズ 浦和観戦記&プレビュー 浦和観戦記&展望2009 浦和観戦記&展望2010 浦和観戦記&展望2011 浦和観戦記&展望2012 浦和観戦記&展望2013 浦和観戦記&展望2014 浦和観戦記&展望2015 浦和観戦記&展望2016 浦和観戦記&展望2017 浦和観戦記&展望2018 浦和観戦記&展望2019 浦和観戦記&雑談2020 浦和観戦記&雑談2021 浦和観戦記&雑談2022 浦和観戦記&雑談2023 浦和観戦記&雑談2024 浦和雑談 浦女 温泉(北東北) 温泉(南東北) 温泉(埼玉・東京) 温泉(甲信越) 温泉(神奈川・伊豆) 温泉(群馬・栃木) 語るも相場 都内徘徊 駅弁 麺類万歳! 麺類万歳(さいたま市) 麺類万歳(その他埼玉県) 麺類万歳(その他東京都) 麺類万歳(中央区) 麺類万歳(北区) 麺類万歳(千代田区) 麺類万歳(台東区) 麺類万歳(川口・戸田・蕨) 麺類万歳(文京区) 麺類万歳(新宿区) 麺類万歳(板橋区) 麺類万歳(渋谷区) 麺類万歳(港区) 麺類万歳(草加・越谷) 麺類万歳(荒川区) 麺類万歳(豊島区) 麺類万歳(足立区)