2017.05.06

つけめん 小半@蕨 ~ 中華そば

004

 蕨駅西口から徒歩5分ほど。約5年ぶりに再訪。屋号は「こなから」と読みます。先客ゼロと出足は鈍かったのですが、その後ぞろぞろと客がやって来て退店時には満席に。中を覗き込んで諦めて帰る方もいました。

 屋号やメニュー・券売機ボタンの配置を見るかぎり完全につけ麺推しの店ですが、「中華そば(780円)」を注文。並盛(140g)、中盛(210g)同値段で、並だといかにも寂しいので中盛で注文。他に「濃厚味噌つけめん」、数量限定で二郎ライクな「小半ラーメン」「小半つけ麺」、期間限定で「濃厚味噌つけ麺」など。

 店内は縦長カウンター10席のみ。郊外店らしく座席の間隔はゆったり目ですが、椅子がやや高いのは難。また厨房内は店主しかおらず、客入りからすれば明らかに人手不足。そのため「提供に時間がかかることがあります」と券売機横に断り書きが貼ってありました。

001

 揚げネギ油を入れた小壺と共に登場。スープはつけ麺メインの店にありがちな濃厚ドロドロ系ではなく、あっさり目の動物魚介。魚介系の出汁が若干強めに出ながらも、動物系出汁とのバランスが良く取れています。惜しむらくは飲み進むにつれてしょっぱさが気になりだし、それを上回るほど出汁の旨味に惹きを感じませんでした。またこのスープに刺激が強い刻みタマネギは合わないと思います。

 麺は三河屋製麺の心持ち細めストレート。スープとの相性は良く、つるつるとした食感もまずまず。中盛の麺に対してもスープに過不足感はありません。

 終盤に揚げネギ油を入れてみたところ味わい一変。コクが深まってなかなか面白いかと。もっとも揚げネギの香ばしさはだいぶ失われてしまった気もします。

 チャーシューは周囲に焦げが入っている一方で脂身も多くてイマイチ。他に海苔、刻みネギ、青菜。

 この感じだとやっぱり「つけ麺」が無難かも。「小半ラーメン」を試してみるのも一興ですが。

| | トラックバック (0)

2017.04.26

喜楽々@東川口 ~ (鶏白湯)喜楽々らーめん

010_2

 東川口駅を出て武蔵野線の築堤沿い(南側)に東へ。埼スタへの行き帰りにしょっちゅう店の前を通っていますが、周囲にラーメン屋が増えたせいか案外再訪の機会がなく、なんと約5年ぶりの再訪。先客4、後客2。

 超久しぶりの往訪なので、店内の券売機でボタン先頭の「喜楽々らーめん・細麺(720円)」を注文。着席すると麺の堅さを聞かれたので「堅め」でお願いしました。

 メニューは他に「津軽らーめん」「つけ麺」「担々麺」。さらに季節限定メニューもやっていて、往訪時は「鶏絲担々麺」でした。

 店内はL字型カウンターが10席程度。厨房内にはスタッフ2名。

007

 浅くて広口の丼で登場。スープは店の能書きによると「モミジ・鶏ガラ・種鶏などの食材を白濁するまで長時間煮込んだ鶏の白湯スープ」とのこと。塩ダレは控えめ、かつ無化調で鶏出汁の旨味を存分に楽しめます。また能書きには「味が薄いと感じる場合は、塩昆布を加える」とありましたが、その必要は全く感じず。揚げネギも味わいにアクセントを加えるのに一役買っています。赤いクコの実は彩りを添える程度。

 ただ食べ進むと少々淡白かつ単調という感じにもなるので、途中で卓上のラー油を投入してピリ辛に。これで最後まで飽きずに楽しめました。

 麺は自家製の細麺ストレート。量が足りない場合は替え玉を進めているようですが、スープが冷めやすいこの丼で替玉は無謀な気がします。また麺は太麺も選べますが、このスープだと太麺は強すぎるかと。

 チャーシューは柔らかくて崩れやすいタイプ。メンマの代わりに酸味のある茎野菜みたいなのが入っていましたが正体不明。

 東川口のラーメン店の中ではクォリティーが頭抜けていることを再確認。長らく放置していたことを反省して、間をおかずに再訪しないと!

| | トラックバック (0)

2017.04.22

あがら@戸田公園 ~ (和歌山風)豚骨中華そば

007

 戸田公園駅北側の五差路角。目の前に「餃子の王将」あり。「和歌山中華そば」がウリの店で2年半ぶりの再訪。開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに8名もやって来て結構な人気店になったようです。開店後も客が4、5人やって来て店内に待ち客発生。

 店内の券売機で、店イチ押しの「豚骨中華そば(680円)」を注文。さらに「ライス(100円)」をつけてみました。他に魚介系の「中華そば」や「カレー中華」さらに「つけそば」がありました。後客の様子を見ると、店のウリに反して「つけそば」の注文が目立ちました。

 店内は縦長I字型カウンター9席と、入口近くに4人掛けテーブル1卓。郊外店らしくゆったりとした店構え。厨房内にはスタッフ3名。

 卓上の能書きを読むと、「豚骨中華そば」は店主が生まれ育った和歌山の豚骨醤油中華そばをイメージしたものとのこと。ただ店内に和歌山を連想させるようなものは多くありません。

005

 ややとろみがついたスープは豚骨の旨み全開で、豚骨臭もそこそこ。ただ豚骨が濃い以上にかえしの自己主張が強くてかなりしょっぱいのは困りもの。和歌山の「カネイワ醤油本店」の「天然醸造醤油」を使っているとのことですが、ちょっとやりすぎでせっかくの豚骨の旨味を減殺しているような気がします。前回来た時はここまでバランスが悪くなかったはずですが。

 麺は三河屋製麺の細麺ほぼストレート。心持ちごわごわした食感で、細麺にも関わらずスープに負けている印象は全くなく、これは好み。ただ量は140gと少なめ。麺の性質やスープのしょっぱさを考えると大盛(+100円で210g)にするより、ライスをつけたほうが正解かと。

 具はナルト、薄くて小さいバラ肉チャーシュー3枚、メンマ、きざみねぎと値段相応に寂しい感じ。ごはんのおかずには少々もの足りないので、しょっぱいスープの助けを借りて完食。

 つけそばを頼む人が思いのほか多いのも判るような気が。

| | トラックバック (0)

2017.04.05

麵屋 番@川口江戸袋

002

 江戸袋交番そば。川口の東外れ、足立区に近いところで、どの駅からも遠いのが困り者。先客ゼロ、後客3。数年ぶりの再訪。

 店内の券売機でボタン先頭の「ラーメン・細(720円)」を注文。塩か醤油かを聞かれたので「塩」で。ランチサービスなし。他に焦がし醤油、つけ麺、辛そば等。ラーメンは太麺もありましたが、値段が細麺よりちょっと高い(750円)という珍しい構成。

 店内はくの字型カウンター8席と4人掛けテーブル1卓。厨房にはぱっと見屈強そうな方が二人。

0011

 ラーメンの量と比べてややバランスが悪い、深めの丼で登場。スープは動物系ベースの魚介系といったところでしょうか。表面の脂も多めで、ほんのわずかに焦がしニンニクの香りも。それはともかく塩ダレがきつめなのが残念。麺を絡める分には少ししょっぱいかなといった程度ですが、スープを飲み進む気にはなれず。

 麺は緩い縮れ入りの細麺。細麺の割には噛み応えがあり、しかもスープも良く絡んで申し分ありません。ただ麺量が150gしかなく、スープがしょっぱいことをも考慮するとライスがあったほうが良さげ。

 具は脂身の少ないチャーシュー(以前はもうちょっとしっかりチャーシューを炙っていたかと思いますが・・・)、半熟味玉、海苔、細メンマ、ほうれん草、刻みネギ。

 昔は川口らしからぬお上品な一杯を出していたような気がしますが、月日を経て客層に合わせて判りやすい味わいにシフトしたのかなぁ?それが悪いとは思いませんが。

| | トラックバック (0)

2017.03.14

満開屋@川口 ~ 満開味噌麺

004_3

 川口駅東口、コモディイイダの向かい。先客3、後客8。外観はどこぞのチェーン店っぽくてどうにも入る気が起こらず、毎日のように店の前を通るのに往訪はなんと4年ぶり。ただいつも混んでいるのも確か。

 味噌がウリの店で、メニュー先頭の「満開味噌麺(750円)」を注文。券売機はなく後払い制。他に辛味噌、海老味噌はともかく、武士味噌やセラトン味噌というメニューは正体不明。函館しおや醤油も一応用意。

 店内は厨房沿いにカウンター8席くらい。店手前に6人掛けテーブル。店奥に4人掛けテーブル2卓、2人掛け1卓。換気が良くないのが、脂交じりの煙が店内にこもりまくり。

002

 味噌は札幌熟成味噌を使っているとのことですが、スープはかなり甘めでニンニクを効かせまくり。炒め物の脂が混じるせいか相当こってりしていますが、それでもさほど重くは感じず。

 麺は縮れの強い平打ちに近い太麺でわずかに堅め。濃厚スープにはよく合っています。量もやや多めなせいか、麺を半分にして代わりにトッピングを増やすサービスも。

 少し焦げ目のついたチャーシューはそこそこ肉の味わいを保っていてまずまず。他にもやしやキャベツ、タマネギの炒め物。わかめ、かいわれ、メンマ。

 値段の割に具沢山なのはありがたいものの、全体のボリュームの割には丼が小さめで、必然的にスープが少ないのが残念。のせものが冷えたままだったり、スープが温くなったり。

 およそマニア受けしそうにない一杯ですが、こういう判りやすい味が一般受けして繁盛するというのも頷けます。

| | トラックバック (0)

2017.03.08

川むら@川口芝下 ~濃厚煮干しらーめん

003

 産業道路「芝宮根」交差点を東へ。丸源ラーメンの手前。一応蕨駅が最寄りになりますが、かなり距離があって電車でのアクセスは非現実的。「中華そば 葵」の定休日である水曜日に普段とはメニューを変えて濃厚煮干ラーメン専門店として営業しているもの。開店直前に到着したところ先客4、後客7。一時外待ちも発生するかど結構な人気。

 店内左奥の券売機で「限定C」のボタンを押して、「濃厚煮干らーめん(750円)」と「豚めし(100円)」を注文。中盛り・大盛りはやっておらず、和え玉で対応する旨の貼り紙があり、実際和え玉を頼む人が少なくありませんでした。

 店内は横長L字型カウンター10席ちょっと。水セルフ。厨房内には店主一人だけ。1ロット4杯ずつ作っていましたが、途中和え玉に対応するなどなんだかんだと手を取られて結構時間がかかり、出てきた時には最初のグループが食べ終わってしまう格好に。

001

 スープはドロドロとまではいかないもののかなりトロミが強め。ベースは鶏白湯&煮干のようですが、煮干がガツンと効いて、それでいて煮干し臭さや苦味、酸味も程よく抑えられています。ただ惜しむらくは非常にしょっぱくて飲むのは躊躇われるレベル。和え玉を前提に濃い目に作っているのかな?

 箸休めに刻みタマネギを添えてはいますが、その量は実に少ない。玉ねぎを有料トッピングにしているからかなぁ・・・

 麺は細麺ストレート。わずかにざらつきがあり、わずかにごわごわっとした食感の麺で、細麺なのに濃厚スープに全く負けず、美味しくいただけました。量が少なめなので「和え玉」なり「豚めし」なりを付ける人が多いのは納得。

 具は、崩れやすいバラ肉チャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、青ねぎ。

002

 「豚めし」はご飯がごわついていたのが印象に残ったくらいで、スープの味が濃すぎて味のほどが良く判らず。正直白飯で十分かと。

 スープをほとんど飲まなくても麺に相当絡みついてくるためか、食後は渇水感が強くて結構難儀。うーん。

| | トラックバック (0)

2017.02.17

好成@川口末広 ~塩そば

004

 川口市十二月田中学の近くの住宅地内に立地。バス通りからやや南に外れたところにあるので近所の人じゃないと判りにくそう。焼肉屋が昼にラーメン屋を始めたもの。先客1、後客5。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て先頭の「塩そば(800円)」を注文。「醤油そば」もありましたが、他の客の注文を聞いていると「塩」が圧倒的人気。ランチサービスはありませんが、おしぼりが出てきました。

 焼肉屋なのでテーブル席ないし小上がりが主体ですが、カウンターも4席用意。しかも一人客が多いのでカウンターだけ混んでいるという妙な格好。2階もありますが昼間の営業は1階のみ。

003

 スープは無化調で「大山鶏を使用し、あご、いりこ、あじ、昆布、鯖、かつを節をかけあわせたとされるダブルスープ」。塩ダレは「淡路島の藻塩などを3種類ブレンドし、2種類の昆布、あさり、はまぐり、渡りかに、エビ、ムール貝と大山鶏を合わせたトリプルスープ」とのこと。能書きがごちゃごちゃして難儀ですが、鶏よりも魚介系の旨味を強く感じました。

 重層的な旨み十分で、無化調にありがちな物足りなさは全く感じられない反面、塩の割にはあっさり感もなし。また飲み進むと塩の尖り加減が気になってしまいました。またこのスープに三つ葉はともかく、香りの強い柚子皮を添えるのはどうなんだろう? また麺が多いわけではないのにスープの量がちょっと少ないような気も。

 麺は自家製の細いストレート麺。コシはしっかりしており、スープの絡み具合も申し分なし。

 豚と鶏のチャーシューが3種、さらにアスパラ肉巻きも加わって具はやたら賑やか。他に穂先メンマ、白髪ネギ、きざみネギ、バジルパウダー。

 細かい難点があるにせよ焼肉屋の兼業にしてはびっくりするくらいハイレベルな一杯。ただ美味いけれどもお上品すぎてすぐにお腹が空いてしまいそうな一杯を近所のランチには求めていないんだよなぁ・・・ 近所なので間を置いてから「醤油そば」を試してみようとは思いますが。

| | トラックバック (0)

2017.01.27

Japanese Noodles 88@東川口

005

 武蔵野線東川口駅から武蔵野線築堤北側沿いに東へ。「鳳神角ふじ」のある角を北へ入る。先客3、後客4。

 表の案内板や券売機を見るとメニューは「淡麗 鯛だしらーめん」と「濃厚煮干しらーめん」「濃厚煮干しつけめん」の3本立て。とりあえず「淡麗 鯛だしらーめん(820円)」を注文。ランチサービスはなし。なお「鯛だし」は限定30~40食のこと。看板メニューが数量限定というのは珍妙ですが。他の客の注文も鯛と煮干し半々くらい。

 店内はカウンター4+4席と入口近くに2人掛けテーブル1卓、店奥に小上がり2卓といったところ。ずいぶん間延びしたレイアウトで入口周辺に巨大なスペースが。麦茶セルフ。卓上の電動ミル入り胡椒が目を惹きました。

003

 うーん出汁、かえしとも弱くてスープはいかにも物足りない。「無化調らーめん」を謳うラーメンにありがちな失敗例っぽい。

 スープは「鶏がら×鯛(1日10kg使用)」とのことですが、「鯛です!」と言われればそんな気もするなぁといった程度。アオサを添えたのが良くないのか、その香りが鯛っぽさを減殺しているような気もします。

 またそもそもスープをケチりすぎ。麺の量はさほど多くはなく、むしろ少ないくらいなのに麺がスープからこんにちわ!してるのは残念極まりない。冬季なのでスープはあっという間にぬるくなってしまいます。

 麺は並太の緩い縮れ入り。つるつるした口当たりで、若干柔らかめ。

 具は白ネギ、青ネギ、穂先メンマ、柔らかいチャーシュー。

 ラーメン屋の数だけはやたら多い東川口界隈。この値段でこのクオリティー、この量だとちょっとしんどいような・・・

| | トラックバック (0)

2017.01.21

伊藤@川口芝高木 ~ 佐野系らーめん

003

 産業道路「芝スポーツセンター西」交差点を東へ曲がってすぐ。先客、後客ともゼロ。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「らーめん(580円)」を注文。随分と安い価格設定ですが、驚いたことにタンメン、サンマーメン、みそらーめんもすべて580円! 後払い。

 店は小上がりに4人掛け4卓。厨房に向かってカウンター2卓。店はオヤジ一人で切り盛りしている模様。

002

 白醤油を使っているためか、まるで塩らーめんのような透き通ったビジュアル。鶏ガラ&豚ベースと思しきスープはあっさり、すっきりとした味わいながら、惜しむらくはややしょっぱく、飲み進むだけの誘因はなし。

 麺は平打ちっぽい若干太めの緩い縮れ入り。つるつるした口当たりで、心持ち柔らかめですが、もっちりとしていて食感も悪くありません。スープもよく絡みます。

 バラ肉チャーシューはパサつき加減で旨味抜けた感じ。メンマも少々スジっぽくてイマイチ。他に刻みネギ、ナルト。

 暖簾に「佐野系らーめん」とあり、なるほどそれっぽい出来の一杯でした。

 帰りにジャンボギョーザ1皿のサービス券をもらいましたが、もともとが安いのにそこまでサービスして経営が成り立つのなかな? 自宅改装っぽい店で家賃がかからないのが強みなのかもしれませんが。

| | トラックバック (0)

2016.12.27

鳴門@川口  ~ 中華ソバ

004

 川口駅東口からミエル川口方面へ。栄町2丁目交差点を左折、オートレース通りを北へ。オートレース通りをちょっと西に折れた、商・工・住が混然となった川口らしい街の一角に店を構えています。ほぼ6年ぶりの再訪。先客、後客ともゼロ。

 メニュー先頭の「中華ソバ(600円)」を「大盛り(+100円)」で注文。メニューは絞り込まれていて、他に中華そば・塩、辛中華、チャーシュー麺、つけ麺といったところ。メニューの半分は酒類やおつまみですが、おつまみもラーメンの具材を転用したものが多くてラーメンが出来上がるまでに一杯やる程度。実態としてはほぼラーメン専門店。

 店内は厨房沿いにカウンターが8席と、4人掛けテーブルが2卓。厨房内には店主一人だけ。

003

 スープが溢れんばかりになみなみと注がれて登場。スープは煮干しが良く効いていますがやりすぎ感はなく、いたって万人向け。魚粉もあまり目立ちません。表面の脂も程よくコクを加える程度で、かえしもきつくないので、出汁の旨味に釣られてぐいぐいスープを飲んでしまいました。

 麺は細めの縮れ麺で、つるつるした口当たり。スープの絡みはさっと絡む程度ですが、思いの外コシがしっかりしていて気に入りました。並だと140gしかなく、またあっさりした味わいなのでご飯は合いそうにないので、大盛(210g)にしておいて正解でした。

 チャーシューは周辺を炙ったもの。やや硬めで薄いのは値段相応なんでしょうが、肉感がそれなりに味わえてまずまず。他にメンマ、ナルト、刻みネギ、海苔。

 以前来た時は鶏ガラベースの良くも悪くも「昔懐かしい味」という感想しか残らなかったのですが、超久しぶりに来てみると随分様変わりしていました。これなら再訪の価値十分です。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧