2019.07.25

麵や雅@川口 ~ 焼味噌

004_20190622123101

 川口駅東口を出て産業道路を北上。アリオ川口を過ぎ、安楽亭の北にあるので駅からはやや距離があります。先客ゼロ、後客1。

 店内の券売機ボタン先頭の「焼味噌(850円)」を注文。ランチサービスなし。

 メニューは他に新雅味噌、辛味噌、焼醤油など。

 店内はL字型カウンター8席のみ。卓上にはブラックペッパーと一味。水セルフ。

002_20190622123101

 焼味噌は「赤味噌と白味噌をブレンドした」とのことですが、焼きを入れたことによる香ばしさみたいなものは特に感じられず、味わいはむしろ甘目。動物系出汁にニンニクも少々加わって旨味は十分ですが、味が濃すぎて飲み進む気にはなれず。 炒め物はもやしだけかなぁ・・・玉ねぎやひき肉は確認できず。炒め物が少ないせいか脂っぽくはありません。

 麺は並太強めの縮れ入り。つるつるした食感ですが、やや硬めの仕上がりで濃厚スープに負けずに噛み応えしっかり。

 チャーシューは大き目ながら薄くて残念。他にメンマ、刻みネギ、海苔。

 北海道の石狩市に本店があり、道内の支店を相次いでたたむ一方、海外に出店してみたり、さらになぜか川口に店を出したみたいですが、この場所でこの値段でこの内容では先々厳しいんじゃないかなあ・・・ どう考えても割高。同じように味噌がウリもので、はるかに川口駅に近い「満開屋」に勝てる要素は今のところ何もないような・・・ 出店に当たってリサーチ不足かと。

|

2019.07.23

彩たまや@川口 ~ 汁なし担々麺

001_42

 川口市役所の北、ないし第2庁舎斜向かいあたり。先客2、後客9。川口駅から徒歩10分以上あり、バス通りにも面しておらず、完全に地元民向けの立地なので、客層もいかにも近所の人々風ですが、いつも賑わっています。

 担々麺が売りものの店で、今回は「汁なし担々麺(880円)」を注文。食後にもらえるサービス券を使って大盛にしてもらいました。辛さを聞かれたので「辛め」で注文。ランチタイムはライス無料サービス付き。

 汁ありの担々麺は赤・黄・白・黒・緑があり、夏季限定で「冷やし」もやっていました。ただここは担々麺専門店ではなく、中華そばや塩とりそば、酸辣湯麺などもあり、さらに丼ものや定食類も出しています。

 店内は4人掛けテーブルが4卓と2人掛けテーブルが2卓。先に白胡麻とすり鉢が出てくるので、暇つぶしがてらゴリゴリと。

002_42

 ここの汁なし担々麺はかなり毛色が変わっていて、具にレタス・トマト・キュウリ・水菜・青菜といった生野菜がやたら目立つ反面、肉味噌は少な目。またザーサイや揚げレンコンという変化球も。

 またタレを麺と和えてから配膳するためか、皿にタレがほとんど残っていません。従って食前に天地をひっくり返しながらまぜまぜする必要はなさそう。それどころか見た目の上からも、味わい上も全く混ぜずに食べることを前提としているのかも。「辛め」で注文したはずですが、辛さはさしたることはなく、痺れも終盤に少々感じられる程度。

 麺は並太のほぼストレート麺。この店が難儀なのは麺の仕上がりにブレがあることで、ヤワヤワで出てきて目も当てられない時もありますが、今回は心持ち柔らかめといった程度で、もっちりとした食感が楽しい当たり日でした。

 ユニークな一品ですが、やっぱりこの店は汁ありのほうが無難そう。

|

2019.07.16

しげる@川口江戸袋 ~ とんこつ正油

001_39

 あずま橋通り「江戸袋交番」交差点を東へ入ってすぐ。近隣に人気店「番」があるエリアですが、バス通りに面しておらず、やや南に入ったところにあって、しかも自宅を改装したような造りなので近所の住宅に溶け込んで非常に判り辛いかと。川口市内のラーメン屋ですが、川口駅や西川口駅どころかSRの南鳩ヶ谷駅からも遠く、最寄り駅は強いて言えば日暮里舎人ライナーの見沼代親水公園駅。でもこれも近くはありません。

 券売機はなくメニュー先頭の「とんこつ正油(600円)」を注文。平日はライスor麺大盛or替玉が無料サービスなので、ライスを付けてもらいました。後払い。

 店は店主一人で切り盛りしているにも関わらずメニューがやたら豊富で、魚介辛ラーメン、つけ麺、牛すじつけ麺、胡麻つけ麺、カレーつけ麺、加留保奈阿良つけ麺、しげ風まぜそば等々。つけ麺は小・中・大同料金とのこと(具体的な麺量不明)。

 店内は厨房に向かってカウンター4席と4人卓×2。卓上にはにんにく醤油、揚げにんにく、魚粉が目立つ他、ラー油、酢、醤油、一味、ホワイトペッパーなど。

003_29

 スープは豚骨の効きといい、かえしといい、至ってライトな感じ。但し脂の質が悪いのか、個人的にはなんか妙な味わいがまとわりついて苦手。従って早々に卓上の揚げニンニクとにんにく醤油を投入して誤魔化すことに。

 外に豊華食品の麺箱は置いてありましたが、麺は細麺ストレートでやや柔らかめの仕上がり。値段から見て、替え玉を前提に麺の量が少ないパターンと思いましたが、特に少ないとは思えず。

 多めに添えられた細モヤシとか細かく刻まれた青ネギといった辺りは西日本っぽい感じ。他にバラ肉チャーシュー、メンマ、海苔。

 店主が「神楽」の文字入りの黒シャツを着ていましたが、以前川口駅近くのマンション内に「神楽」という宮崎ラーメンをウリにした店があったのを思い出しました。10年近く前の話ですが。

|

2019.06.14

コシ屋@西川口 ~ 味噌らーめん

003_3
 西川口駅東口から産業道路を越えてオートレース場方面へ歩くこと10分ほど。県事務所交差点角。三方を道路に囲まれた非常に狭い区画に立地。約3年ぶりの再訪。11時半の開店に合わせて往訪したところ、なんと先客7。うち3~4人は既に食べていましたからかなり早くから店を開けていたものと推察されました。ただ後客は4と続かず。

 最後の1席に滑り込んで早速メニュー先頭の「味噌らーめん(800円)」を注文。長らく味噌専門店だと思い込んでいたのですが、メニューにはしょうゆやしお、じゃんめん、つけめんも。ランチサービスがないどころか、ご飯ものもメニューに見当たらず。

 店内はくの字型カウンター8席のみ、かつ席間狭め。水セルフですが、カウンターの背後が狭いのに給水器は店の右端にあって非常に難儀。おまけに会計は店左端。この居心地の悪さがこの店の難点。厨房内には爺さんとオバチャン。壁にはオートレーサーの色紙がべたべた。

001_10
 スープを中華鍋で野菜などと炒め合わせる札幌風の味噌らーめんですが、炒め物はもやしがほとんどで玉ねぎやひき肉は見当たらず、スープ表面の脂は控えめ。味噌は心持ち甘目ですが、やたら濃厚に走るわけでもなく良い意味で中庸を保っていますが肝心の動物系出汁がイマイチかなぁ。

 またデフォルトでニンニクや生姜を効かせている様子はありません。よって飽きが来たところで卓上の一味とおろしにんにくを投入して味変。

 麺は黄色い並太緩い縮れ麺。一般的な味噌らーめんの麺よりは心もち細めなのはともかく、どういうわけか麺が緩くて好みに合わず。

 チャーシューは薄くて簡単に崩れてしまいますが旨味は十分。他に太いメンマ、きくらげ、刻みネギ。

 無難といえば無難なかなり昔風の味噌らーめんですが、いわゆる「資本系」っぽい店でもそこそこ美味くて安い味噌らーめんが出せる今となってはこの内容で800円は正直高いような・・・ 後乗せの具より炒め物を充実してくれたほうがありがたいのですが。

|

2019.06.04

竜葵@川口 ~ (季節限定)芳香鶏白湯らーめん

003_8

 川口駅東口、コモディイイダ前にある「満開屋」と「珍来」の間の小路を横へ入る。屋号は「ほおずき」と読みます。先客ゼロ、後客4。

 今回は季節限定メニュー「芳香鶏白湯らーめん(880円)」を注文。レギュラーメニューが塩そば&台湾まぜそばの2本立てと思い込んでいたところ、「醤油そば」もあることを今般発見。

 店内は縦長L字型カウンター10席。水セルフ。卓上には柚子胡椒、花山椒、柚子七味、ぶぶあられ、季節の果実酢。

002_19

 かなりトロミが強いスープは「純系名古屋コーチンの鶏白湯スープに当店秘伝の塩ダレを合わせ、仕上げに白トリュフオイルを使用」したとのこと。白トリュフオイルが個人的には目新しいためか、「またお前か」的な鶏白湯スープとは完全に一線を画した洋風スープのような味わいでびっくり。ただ味を重ね過ぎて個人的には少々重いというか、くどいというか、しょっぱいというか、ちょっと好みからは外れていました。

 自家製の麺は並太ストレートで心持ちざらつきのある食感。若干硬めの仕上がりでスープに負けることのないしっかりした噛み応え。量はやや多めな気が。

 チャーシューは豚・鶏の2種でいずれも超淡白な味付け。もっちりした鶏団子が2個。他人穂先メンマ、青ネギ。

|

2019.05.24

喜楽々@東川口 ~ (期間限定)鶏絲担々麺

001_16
 東川口駅を出て武蔵野線の築堤沿い(南側)に東へ。約1年半ぶりの再訪。先客7、後客6。

 今回は期間限定の「鶏絲担々麺(850円)」を注文。麺の茹で加減を聞かれたので「硬め」でお願いしました。

 店内はL字型カウンターが10席程度。卓上には塩昆布、花山椒入り胡椒、特製ラー油。厨房内にはスタッフ一人だけで客入りからすれば相当無理があるように感じましたが、あとから一人やってきてひと安心。

0041
 「柚子七味とホワジャオを効かせた」というのが鶏絲担々麺のウリ。そのためそこそこ痺れを感じ、それ以上に食べている最中絶えず鼻がムズムズします。ただラー油など辛さを感じさせるものが全然ないせいか、あんまり担々麺っぽくないというのが正直なところ。

 ザーサイとか鶏絲(チースイ:鶏肉の細切り)といった具材は中華っぽいのですが、スープに脂っ気がなくて超あっさり味なあたりは全然中華らしくありません。チンゲン菜でなく、小松菜が添えてあるのでむしろ和風に寄っている気もします。

 細麺ほぼストレート。あっさりスープなので、見た目と違ってスープに負けてる印象なし。硬めでちょうどいいくらい。

 いかにも実験的で期間限定に相応しい一杯。ユニークだけれでもちょっと好みからは外れていました。

|

2019.05.21

味屋@西川口 ~ 担々麺+チャーハン

002_9
 西川口駅の南側にある西川口陸橋から戸田公園方面へ伸びる「喜沢通り」沿い。喜沢1丁目交差点そば。最寄り駅は一応西川口ですが、店は鬼沢橋を渡って戸田市に入ったところにあるので駅からはかなり距離があります。先客、後客ともゼロ。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「担々麺+チャーハン(850円)」を注文。担々麺単体(780円)にチャーハンor叉焼丼をつけてもたった70円増でしかないのでセットものにめっちゃ割安感があります。

 なお看板には「らーめん」「担々中華」とありますがラーメン専門店ではなく、メニューを見る限りはごくごく一般的な中華料理屋さんみたい。ただ如何せん他に客がいないので店のウリは確認できず。

 店内は入口近くに4人卓×3、店奥に2人卓×2、カウンター4席。卓上にはホワイトペッパー、酢、醤油、ラー油。厨房ではガンガン中国語が響き渡っていますが、西川口駅近くのガチな店みたいに注文や会計にすら難儀するようなことはありません。

005_4
 スープは痺れはほとんどなく、ストレートな辛さをごまダレで上手く包み込んだごくごく一般的、かつ日本的な担々麺のそれ。担々麺専門店ではないので辛さ等は特に聞いて来ませんが、辛さ耐性の低い私でも特に抵抗なく、かといって不足感もないレベル。

 麺は若干太目で心持ちもっちりした仕上がり。具はもやし、ひき肉、青ネギとこれまたごくごく一般的なもの。サルベージ用に穴あきレンゲが欲しいところですが、サルベージついでに多少スープを飲む羽目になっても特段問題ありません。

 チャーハンは半チャーハンではなく、一人前に近いサイズ!! ただパラパラというよりはパサパサで、しかもなぜか冷え気味なのにはがっかりさせられました。それでも麺類と一緒に食べることを前提としたかのような薄味仕立てなので、担々麺のお供にはまぁええかという気も。

 あまりにも一般的過ぎ、万人受け過ぎる担々麺でなんともコメントしづらく、だからといって悪いところも特段見当たらない、いつでも安心して食べられる一杯。次は「汁なし担々麺」を試してみます。

|

2019.05.20

ラッキー@戸田 ~ カレーラーメン

001_14
 埼京線戸田駅に隣接した高架下。先客ゼロ、後客1。

 カレーラーメンがウリの店で、店内券売機ボタン先頭&店お勧めのの「カレーラーメン・中辛&ニンニクあり(650円)」を注文。辛さ(マイルド・中辛・大辛・激辛)とニンニクの有無を選べます。また終日ライスサービス付き。

 店内はL字型カウンター6席の他、店左奥にも小さなカウンターあり。卓上にはウスターソースだけ。店はオバチャン一人で切り盛り。水セルフ。なお「追いパクチー」を勧めている貼り紙があって「反パク派」としてはギョッ!!としましたが、幸いにもデフォルトでパクチー入りではありませんでした。

006_4
 カレーライスも併売しているだけのことはあって、カレーラーメンといってもカレー南蛮そばのような和風出汁を効かせたタイプではなく、とろみ強めの日本の家庭料理的カレーに寄せたタイプ。悪く言えばカレーヌードルっぽい味わいですか、ニンニクを効かせた甲斐あってコクは充分。辛さはレトルトカレーの中辛くらい。ただ終盤になると否が応でもかなり油っぽいことに気づかされます。

 麺はやや細めのごく緩い縮れ入り。ややスープには弱い印象でしかも聊かチープな食感。「熟成もち粉麺」のウンチクが貼りだされていますが、何かの冗談じゃないかと。

 チャーシューは意外にも厚め、かつ旨味十分。他に揚げなす、刻みネギ、ゆで卵半個。

 サービスライスは小さい茶碗に目一杯詰めこまれて出てくるので、自然体で食べていると最後は少々余ってしまい、脂っぽいスープのお世話になる羽目に。

 店の外観・位置づけ・値段等から期待値は著しく低かったのですが、その期待値を大きく上回るポジティブ・サプライズ。味はともかく、ポジティブ・サプライズの度合いは日高屋の「チゲ味噌」と良い勝負。ただ「なんとか増量しました!」とか「なんとか値下げ!」というコメントが目立つところを見ると経営はちょっと苦戦しているような。隣が万人向けの味噌ラーメン屋だというのが良くないのかもしれませんが。

|

2019.05.02

有彩@西川口 ~ 醤油らぁめん

003

 西川口駅西口を出て北側にある「西川口一番街」内。かつては風俗店が密集していた一帯にあって、この店が入っているビルも昔はそうだったんじゃないかなぁという気配が濃厚(苦笑) 1年半ぶりの再訪。先客ゼロ、後客ゾロゾロ。退店時には店内待ち客数名。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油らぁめん(700円)」を注文。前回往訪時より50円値上がりしていましたが、依然として安めの価格設定。また並盛(150g)、中盛(200g)同値段なので中盛にしてもらいました。他に「塩らぁめん」「豚骨鶏魚介醤油らぁめん」「豚骨鶏魚介つけめん」とメニューに変化は見られず。

 店内のレイアウトが非常に珍妙で手前ほぼ半分がぽっかりと空いており、店奥に縦長カウンター4席+2席、4人掛けテーブル1卓。もともと飲食店向けの造りじゃないんでしょうなぁ、多分。卓上には黒胡椒、七味、サバ酢。店主とオバチャンだけで切り盛りしているので、混雑時はちょっと待たされそう。

002

 店内は相変わらず飾り気もなくて素寒貧としていますが、出て来たラーメンは文句なし。スープは雑味がないあっさり味。かえしも控えめにしてじっくりと鶏出汁のまろやかな旨みを味わえるよう工夫されています。以前はアクセントとしてほんのわずかに揚げネギが入っていたはずですが、それは止めちゃったのかな?。

 麺は自家製の細めストレート。若干柔らかめの仕上がりでつるつる&しなやかな啜り心地が楽しめ、スープとの相性、絡み具合も言うことなし。券売機には「あっさりには並盛りがお勧め」との貼り紙がありましたが、中盛でもスープとのバランスが崩れたような感じは特にしませんでした。ただ中盛だとさすがに途中で飽きが来るので、貼り紙のお勧めに従って黒胡椒を少量投入すると刺激が加わって最後まで楽しめました。

 脂っ気少な目のチャーシューは柔らかい仕上がりなのにこれまた噛み応えがあり、かつ肉の味わいもしっかり残っていてまずまず。他に白髪ネギ、青菜、メンマ、海苔。

 今時のラーメンとしては安い上に、突き抜けて美味い。さすが西川口の至宝、珠玉の一杯。相変わらず恐れ入りました。

| | トラックバック (0)

2019.05.01

じげもんとん@蕨 ~ 白ちゃんぽん・中

001

 蕨駅西口、駅前ロータリー北側の商店街の一角。「牛角」の斜向かい辺り。昔「屯ちん 蕨店」があったところかな? 先客3、後客11と結構な繁盛。

 ちゃんぽん&皿うどん専門店のようで、店内の券売機で基本と思しき「白ちゃんぽん・中(790円)」を注文。サイズは小・中・大とあり、グラム数は明記されていませんが「中」で麺1玉。「紅」はラー油等を加えた辛口タイプ。

 店内は店中央にコの字型カウンター12席と店左側に4人卓×2。水セルフなのはともかく、給水器が店奥に一つあるだけなのはチト面倒。卓上には白コショウ、ブラックペッパー、にんにくラー油、ちゃんぽんのタレ、酢、醤油、ウスターソース。

007

 ここのスープは純豚骨がウリもの。ただそれ以上に炒め野菜の旨味は溶け出しているせいかかなり甘みが強く、少々旨味過多になっているような気がしました。従って飽きが来るのも早いので、早々と胡椒を投入。また丼が浅めなので麺や具と比べてスープが少なく感じ、それゆえにぬるくなるのが早いという難点が。

 この店がユニークなのは麺。自家製の平打ちっぽい中太ストレートですが、つるつるした食感で、しかももっちりと形容するにはコシが甘いという、ちゃんぽん麺ではなくうどんぽい柔らかめの麺を使っています。うーん、これは正直好みから遠い・・・

 具はキャベツ、もやし、かまぼこ、玉ねぎ、にんじん、さつま揚げ、きくらげ、豚肉と標準的ですが、タコ、海老、貝類といった海産物は見当たりませんでした。。

 蕨駅周辺では東口にリンガーハットがあり、そこだと長崎ちゃんぽんはここより100円以上安く、かつ大盛無料サービス付き。その差を埋めるだけのクォリティーの差がこの店にあるかどうか・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧