2017.10.18

雲林坊 川口店@川口 ~ 汁なし担々麺

003

 川口駅東口コモディイイダ前、「珍来」の横。「大門」の跡地に出来た店で先客4、後客8~9。「雲林坊」は都内の店で何度か食べたことがあり、「クォリティーは悪くはないけれども割高な店」というのが個人的な評価。激安中華料理屋だらけの川口で、ライスを付けると1000円を超えてしまうような価格設定ではお話にならないのでしばらく放置していましたが、「川口価格」に抗えずにとうとう大盛/ライス無料サービスを始めたのに気づいてようやく往訪。

 店外の券売機で「汁なし担々麺(880円)を注文。他に「汁あり担々麺」、「麻婆豆腐かけタンメン」、「海老と生海苔入り葱油かけ塩タンタン」など。注文は「汁あり」が優勢。

 食券を渡しても大盛/ライスサービスは店のほうからは特に聞いてきませんので、こちらから積極的に「ライス」を申し出。後客も大盛りを頼んでいるいる人が一人いただけ。また辛さや痺れの調節が可能なことに退店時になって気づきましたが。これらも店のほうからは特に聞いてきませんでした。あんまり客の細かい注文に応えようという姿勢が見受けられないのは残念至極。

 店内は「大門」とほとんど変わっておらず、厨房に向かって縦長カウンター6+2席と4人掛けテーブル2卓、2人掛け2卓。

001

 楕円形の浅い丼を斜めにすぱっと斬ったような変わった皿で登場。麺の上にはひき肉とナッツがどっさり。青菜が少々。丼の底にタレが溜まっているので一頻りまぜまぜ。

 麺は太目のほぼストレート系。どういうわけか食べ始めは担々麺としてはどうかと思われるほどゴワゴワと硬くて参りました。食べ進んでいるうちにタレに麺が馴染んできたのかわずかにもっちりしたような噛み応えに変ってゆきましたが、最初の悪印象は拭えず。

 タレが多めな割には担々麺としては拍子抜けするくらいに辛さも痺れも強くなく、ナッツや花椒が効いているのを除けば見た目的にも味わい的にも油そばのような感じがします。またゴマだれっぽい甘みは全く感じられず、代わりに酸味が強いのが特徴。これはこれで悪くは無いのですが、正直タレは濃すぎ。味が濃すぎてライスをつけてようやく食べやすくかなといったところ。量的にはライスを付けなくても十分でしたが。

 この出来だと「汁あり」のほうが無難そう。でも、それ以前に川口で長持ちするかなぁ???

| | トラックバック (0)

2017.10.11

麺処 遊(3)@西川口 ~ 肉中華そば・普通盛

001

 西川口駅西口からドンキホーテのある交差点を右折。ソープ街も尽きて少々寂しくなった通りの一角に店を構えています。西川口駅が最寄ですが住所は蕨市内。約2年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客5。

 王子&赤羽の「伊藤」を含め、この系列の店は具が少ないのを思い出して「肉中華そば・並盛(900円)」を注文。しばらく来ない間に随分値上がりしていました。

 昔は「煮干しそば」「肉煮干しそば」しかなかったような記憶がありますが、メニューもいつの間にか随分増えていて「動物零煮干そば」「背脂煮干醤油らーめん」「煮干しつけそば」「煮干しまぜそば」など。さらに期間限定で「煮干しそうめん」「冷やしシラス煮干しそば」を提供。

 店内はL字型カウンターが9席のみ。厨房内には店主のみ。店内には煮干しの香りがほんのり漂っていますが、カウンターと厨房の間の仕切りが万里の長城のように聳え立っているので、厨房の中の様子は窺えず。麦茶セルフ。

004

 相変わらず並盛りでもスープが少なめなのが残念で、かなりの麺がスープの上に顔を出しています。また動物系出汁を合わせているせいか、濃厚煮干しを売り物にする店と比べると煮干しの効かせ具合も万人受けする範囲内に留まっており、魚臭くなったり、あるいは旨味過多に陥ったりする愚を回避しています。ただ無化調なのが悪いほうに作用してか、物足りなさを感じるのも否めず、チャーシューを齧って旨味を補強したり、途中で黒胡椒をかけてみたり。

 麺はやや細めのストレート。やや堅めでぼそぼそとした食感。スープが少ないので食べ進んでも麺がしっとりすることはなく、最後まで似たような食感でした。なお普通盛だと210gあるようで、スープとのバランスを考えれば小盛(150g)で十分かも。

 秀逸だったのは角煮風のチャーシュー。割とあっさり目の煮込まれ具合でしたが、程よく脂がのってスープの物足りなさを補うのに最適。他に刻みネギが少々。

| | トラックバック (0)

2017.10.10

津気屋@川口 ~ 極ラーメン

002

 川口駅東口の駅高架下。長らくつけ麺専門店でしたが、いつの間にかラーメンを置き始めたのに気づいてほぼ2年ぶりに再訪。先客4、後客ゾロゾロと長続きしているだけあって相変わらず繁盛しています。

 店内のタッチパネル式券売機で「極ラーメン(880円)」を注文。大盛り無料サービスなので大盛りで。タッチパネルはつけ麺がメインで、ラーメンは別表示でした。

 店内はやたら縦に細長く、左側に2人掛けテーブルが5卓と壁沿いにカウンター7席。接客はかなり手馴れた感じですが、何かとうるさいも相変わらず。

001_2

 スープは魚粉大量混入系の魚介豚骨ベースで豚骨のほうが強め。魚粉は大方底に沈殿しているせいか、食べている最中はザラザラした感じは受けませんでした。残念なことにかえしがきつくてしょっぱく、また表面に層をなすくらい必要以上に脂が多くて参りました。

 マー油が目立つ他に梅肉のような酸味の強いタレがチャーシューの上にちょこんと乗っていますが、これで「魚介豚骨」に100円上乗せってぼったくりもいいところでしょうに。

 麺は並太ストレートでつけ麺とは明らかに麺を変えていますが、スープがしょっぱいのでこの麺では弱い気がしました。それはともかく「大盛」ボタンを押したはずなのにどう見ても量は一般的な並程度。つけ麺と違って麺量が明示されてありませんでしたが、大盛でこれなら並はどんだけ少ないんや???

 具にバラ肉チャーシュー、メンマ、青ネギ。

 埼大通りで営業していた頃はそれなりに美味いラーメンを出していたはずですが、長らくつけ麺専業だったので、ラーメンの作り方を忘れてしまったのかな? また極めて割高なのも否めず、この店では売り物のつけ麺を食べるべきだったと反省。

| | トラックバック (0)

2017.09.07

かねかつ@川口 ~ つけめん大盛

004

 川口駅西口から徒歩10分くらい。リリアの南西、要は飯塚小学校交差点の一角なんですが、近所の人以外はまず通らないところに立地。しかも低層アパートの一階に非常に目立たない格好で収まっているので、案外判りづらいかも。4年ぶりの再訪。

 開店5分前に到着したところ先客ゼロ。10分ほど開店が遅れたにも関わらず後続なく、開店後に後客3。かなりの人気店になったと聞いていただけに拍子抜け。

 月曜はつけめんのみの営業。「並(800円)」だと200gしかないので300gの「大盛(+200円)」を注文。他に「グリンカレーつけめん」を用意。後払い制。

 店内はカウンターわずか5席ですが、落ち着いた感じ。水セルフ。

 この店は注文を受けてから麺を打ち始めるのがウリみたいですが、それを好ましいと見るかどうか。個人的は「イラチ」なのであんまり好きではありません。正直そこまでせんでも・・・もっとも店の立地からして、昼間にお忙しそうな人が来る店ではないからこれでいいのでしょうけど。なんだかんだと出てくるまで15分ほどかかりました。

003

 つけ汁はそれなりに鶏出汁が効いていますがちょっとかえしがきつめ、かつ食べ始めは少々オイリー。

 麺は平打ちの薄い縮れ麺。若干柔らか目の仕上がりでしたが実にみずみずしく、かつつるつる、もっちりした食感が楽しい逸品。つけ汁が良く絡みます。

 一方値段の割にトッピングは寂しい限り。つけ汁には刻みネギが浮いているだけで、麺の上に小さめの鶏&豚チャーシューと海苔、レモン。具がしょぼいせいか、大盛りだと終盤やや飽きが来るのは否めず。

 食後はスープ割りをたっぷりもらって、鶏出汁の美味さを堪能。

 数は多いがなんとも微妙なラーメン店ばかりという川口駅周辺において頭抜けたクォリティーだと思いますが正直高いのと、おまけに店のシステム上往々にして待ち時間が長くなりがちなのが難。つけめんは一回食べたら十分かな。

| | トラックバック (0)

2017.09.06

ちゃーしゅうりき@西川口 ~ (横浜家系)らーめん

005

 西川口駅東口を出てすぐ。駅前ロータリーの北側、「吉泉」の近くにありますが、少し角を曲がったところにあるので意外にわかりづらいかも。4年ぶりの再訪。先客4、後客ゼロ。

 屋号からは想像がつきませんが横浜家系が売り物の店で、店内の券売機で基本と思しき「らーめん(680円)」を麺硬めで注文。醤油と塩が選べるので「醤油」で。メニューは多彩で他に味噌豚骨、辛味噌豚骨、鶏塩白湯、濃厚担々麺、油そば、まぜそば、さらに夏季はつけ麺や冷やし中華も用意。

 店内は縦長I字型カウンター10席。座席の間隔はやや狭めで、しかも背後が狭小なのに水セルフでちと不便。席数やメニュー数の割には厨房内にはねーちゃんが一人いるだけで些か不安になります。

 卓上には豆板醤、生姜、にんにくなど。

002_2

 見た目はごく一般的な家系ですが、海苔がちょっと小さいかな? それはともかくかえしがきつすぎて好みに合わず。ライスが欲しくなるレベルなのに、この手の店にありがちなライスの無料サービスがないのは残念。これだけしょっぱいと豚骨出汁の旨味もへったくれもないような・・・

 麺は太麺ストレートで、家系らしい短い麺。注文通り歯応えしっかりの硬めで登場。

 屋号に反してチャーシューはぺらぺらで残念極まりなし。他にほうれん草。

 駅周辺によくある「なんちゃって家系」と似たり寄ったり、あるいは若干マシといった程度のクオリティーなのにライスサービスがないので、「なんちゃって家系」が強みとする「安くて、とりあえず腹一杯になりさえすれば良い」というニーズに応えられないのはちょっとしんどいかと。

| | トラックバック (0)

2017.08.30

食処 渓@川口 ~ カレーまぜそば

002

 川口駅東口から線路沿いに北へ歩いて、川口陸橋下近く。2年ぶりの往訪。先客ゼロ、後客7。相変わらず客足は良いものの、外観は色褪せたどころか汚れも目立ち、外に置いてあるメニューはすっかり日焼けして字はうっすら読めるかどうかといったところ。

 また店内の券売機は相変わらず故障したままで、もう直す気もないのでしょう。後客が全く迷っている様子がないのを見ると、もはや常連さんだけで十分やってゆけると踏んでいるのかも。レギュラーメニューの中から「カレーまぜそば(800円)」を注文。完全にまぜそば推しになったようですが、「らーめん」を注文している人もいました。先払いなのも特徴。

 なお「渓麺で!」と注文している後客が何人かいましたが、渓麺とは何なのか店内を見渡してもさっぱり要領を得ず。この辺も常連優先っぽい気配が。

 店内は厨房沿いにL字型カウンター6席。以前あった3人掛けくらいのテーブルはなくなっていました。厨房内には店主が一人だけ。暗くて雑然とした店の雰囲気は相変わらず。刻み玉ねぎに10円募金するシステムも変わりなし。

005

 まぜそばにしてはやや汁が多いのも相変わらず。スープが少ないラーメンといっても差し支えないほど。とりあえず天地を何度もひっくり返してせっせとマゼマゼ。

 卵は好きなタイミングで割入れられるようにとの配慮か別皿で出てきます。卵は途中で投入し、しかも卵を絡めた部分と絡めない部分とで違った味わいを楽しめるよう、卵投入後はあえてまぜまぜせず。

 汁が多いためか、あるいは若干とろみがあるせいか、魚粉効果も相まって味わいは和風出汁を効かせたカレーうどんに似ているかな。スパイシーさはさほど感じられず。ただ焦がしニンニクとサイコロ状のチャーシューが大量に混入しているので、食べ進むと腹にずっしり来ます。刻みネギや刻み玉ねぎもあるにはありますが箸休めには力不足なので、卓上の玉ねぎを追加投入するのも吉。

 麺は浅草開化楼の縮れ入り極太麺。やや堅めで噛み応えしっかり。量は並でも300gと結構量があり、女性には多すぎかも。というか、どうしても最後はチャーシュー等が底に余りがちなので、麺の量を減らす代わりに小ライスをつけてくれたほうがありがたいのですが。

 店主が神経質っぽくて店の雰囲気があんまり好きじゃないのですが、まぜそば自体は悪くありません。日替わりメニューがあるので、おいおい再訪してもいいかな。

| | トラックバック (0)

2017.08.29

らーめん 詩@蕨 ~ 濃厚鶏白湯らーめん

008

 蕨駅東口から徒歩5分ほど。昔は「ザ・プライス」から駐車場を挟んだ向かいにあったのですが、肝心の「ザ・プライス」がなくなってしまいました。ほぼ1年ぶりの再訪。先客ゼロ、後客6。

 旋回は券売機ボタン先頭の「醤油らーめん(720円)」を注文したので、今回は人気No.1の「濃厚鶏白湯らーめん(800円)」。麺は太麺と細麺が選べるとのことで細麺で。他に塩、味噌、つけ麺など。ランチサービスはありませんが、前回もらった「半分玉子」の無料券を使いました。

 店内はL字型カウンター10席強。水セルフ。厨房には若い店主と若い男性アシスタント。水セルフですが、コップは入口近くにまとめて置いてあるだけ。卓上に揚げネギ、ネギ油、柚子胡椒、おろしにんにく、一味、魚粉、胡椒などを用意。 

005

 卓上のウンチク書きを見ると、スープは鶏、香味野菜、丸鶏から取っているとのこと。食べ始めはかなり甘い気がしましたが、食べ進むにつれてむしろしょっぱさが先に立つようになってしまいました。前回醤油を食べた時もかえしのきつさが気になりましたが、この店はそういう判りやすい味が好きなのかも。もうちょっと鶏出汁の美味さを押し出すような落としどころがあっても良さそうなものですが。

 また鶏白湯の通弊として単調で飽きやすい嫌いがあるので、途中で店お勧めの「おろしにんにく」を微量投入してみましたが、これはこれで悪くありません。

 麺は浅草開化楼の細めストレート。やや水気が少なそうな食感ですが、スープの絡み具合&相性は上々。程よい噛み応えで文句なし。ただ麺量が140gとちょっと少な目。こうなるとランチサービスがないのはきつい。

 チャーシューは低温調理肩ロースと豚バラの2種類。いずれも肉の旨みをしっかり保っていてこれまた上出来。面白いのは具にナスが入っている点。他にメンマ、白髪ネギ、青ネギ、海苔、味玉半個。

 この感じだと個人的には濃厚鶏白湯より醤油のほうがずっと好み。醤油のほうがだいぶ安いですし(苦笑)。メニューが多く、かつ無休でやっているのでちょくちょくい再訪することでしょう。

| | トラックバック (0)

2017.08.27

有彩@西川口 ~ 鶏だし醤油らぁめん

004

 西川口駅西口を出て北側にある「西川口一番街」内。2年ぶり3度目の来訪。かつては風俗店が密集していた一帯にあって、この店が入っているビルも昔はそうだったんじゃないかなぁという気配が濃厚(苦笑) 開店5分前に到着したところ既に先客2。開店後8人やって来て、開店10分過ぎには店内で待ち客が発生と結構な人気店になっていました。

 店内の券売機ボタン先頭の「鶏だし醤油らぁめん(650円)」を注文。並盛(150g)、中盛(200g)同値段なので中盛にしてもらいました。他に「魚介鶏だし塩らぁめん」「豚骨鶏魚介醤油らぁめん」「豚骨鶏魚介つけめん」とメニューに変化は見られず。相変わらず値段は安めに設定。客の注文は「鶏だし醤油」が多いようで、つけ麺を頼んでいるのは一人しかいませんでした。

 店内のレイアウトが非常に珍妙で手前ほぼ半分がぽっかりと空いており、店奥に縦長カウンター4席+2席、4人掛けテーブル1卓。もともと飲食店向けの造りじゃないんでしょうなぁ、多分。アシスタント兼ホール係の若いねーちゃんがいました。

002

 店内は相変わらず飾り気もなくて素寒貧としていますが、出て来たラーメンは文句なし。スープは雑味がないあっさり味。かえしも控えめにしてじっくりと鶏出汁のまろやかな旨みを味わえるよう工夫されています。そしてアクセントとしてほんのわずかに揚げネギ。

 麺は自家製の細麺ストレート。つるつるした啜り心地、そして細麺の割にそれなりに噛み応えがあり、スープとの相性、絡み具合も言うことなし。麺堅めを注文している後客がいましたが、その必要は全く感じず。また券売機には「あっさりには並盛りがお勧め」との貼り紙がありましたが、中盛でもスープとのバランスが崩れたような感じは特にしませんでした。

 脂っ気少な目のチャーシューは柔らかい仕上がりなのに、これまた噛み応えがあってまずまず。他に白髪ネギ、青菜、メンマ、海苔。

 今時のラーメンとしては安い上に、突き抜けて美味い。さすが西川口の至宝、珠玉の一杯。これは恐れ入りました。

| | トラックバック (0)

2017.08.19

一心亭@川口飯塚

005

 川口駅西口から徒歩10分強。荒川も近い川口市の南端、飯塚3丁目バス停そば。先日「喜楽」へ行った際に気づいたラーメン店で、かなりくたびれた外観が特徴。先客2、後客ゼロ。

 店内の券売機を見て、3つあるセットメニューの中から「ラーメン&ライス」という最もシンプルな「Cセット(700円)」を注文。ねぎ・炒め野菜・もつ煮・パーコー等々乗せものに力を入れているようですが、ラーメン本体のバリエーションはなさげ。

 店内は厨房に向かって横長カウンター8席と、店中央にでかいボックス席が2セット。壁にべたべた貼られたメニューを見ると夜はちょっとした飲み屋にもなるようで、しかも韓国系のお酒やつまみが目立ちました。厨房内にはオッサンが二人。

002

 外見はよくある「背脂チャッチャ」系の豚骨醤油ですが、見た目ほど脂っぽくなく、しかも塩気も意外に控えめ。それは大いに結構ですが、豚骨出汁も超ライトでかなり物足りない。すかさず卓上のニンニクと豆板醤を投入。

 麺は並太の緩い縮れ入り。若干堅めの茹で上がり。弱いスープもしっかり受け止めてバランスは悪くありません。

 チャーシューは値段相応に極薄。他にメンマ、刻みネギ、海苔、茹で卵半個。

 安いのが取り柄ですが、この出来だと駅近の「なんちゃって家系」のほうが良いかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.08.11

喜楽@川口飯塚 ~ 麻婆ラーメン

002

 川口駅西口から徒歩10分強。荒川も近い川口市の南端、飯塚3丁目公園交差点そば。先客、後客共ゼロ。

 券売機はなく、店の売り物らしき「麻婆ラーメン(820円)」を注文。ラーメンが500円と非常に安く、メニューが実に豊富。担々麺、カレーラーメン、果ては「川口ラーメン」という謎のメニューも。屋号に「中華そば」を冠していますがラーメン専門店というわけはなく、ご飯ものや炒め物も随分あって、麺類中心の街の中華料理屋といったところ。

 店内は縦型カウンター8席と2人卓×3。老夫婦で切り盛りしているようです。

005

 広口の丼で出て来て意表を突かれました。麻婆が混ざる前にスープを味見してみましたが、鶏ガラベースのあっさり味。麻婆豆腐は辛さ・痺れはほとんどなくて、限りなくただのひき肉と豆腐のあんかけといった風。あっさり味のスープに合わせることを念頭にこんな感じに仕上げたのかもしれませんが、これだと幸楊@西浦和の「トーフラーメン」とそっくりな気も。物足りないので、途中から卓上の「特製辣油」を少量投入。

 よって一般的な「麻婆豆腐」に期待するものとはだいぶ違うのは確かですが、それでもついスープをぐいぐい飲んでしまう惹きがあります。また麻婆が混じるとスープに若干酸味が加わってきます。

 麺は縮れ入りの並太麺。やや堅めの茹で上がり。

 これはこれで悪くはないのですが、幸楊の「トーフラーメン」と比べるとどう見ても割高。変わり種ではない、ごく普通のラーメン類を頼んだほうが良さげ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧