2018.10.09

白龍 フェザン分店@盛岡 ~ じゃじゃ麺

019

 盛岡名物「じゃじゃ麺」の発祥店とされる老舗の人気店「白龍」。本店は盛岡城址近くにあって駅から距離があるのが難点でしたが、駅ビルリニューアルに伴って「おでんせ館」1Fに白龍の分店が出来たと聞いて早速往訪。

 開店時間は11時ですが、週末は混みあうためかそれよりも早く店を開けているようで、先客6、後客ゾロゾロ。退店時には店外に7人待ち。

 じゃじゃ麺しかないせいか、着席するといきなり麺の量とちいたんたんの要否だけ聞かれます。「じゃじゃ麺・中(600円)」と「ちいたんたん(50円)」を注文。

 店内はL字型カウンター10席と4人卓×4、2人卓×2。

0031

 店内には「13分茹で時間をいただきます」と張り紙があり、実際隣の後客はしっかりそれくらい待たされていましたが、当方のはどういうわけかさほど待つことなく登場。うーん、ランチタイムは茹で置きにあたることもあるのか・・・ 麺が結構熱を持っているため、皿が思いのほか熱いので注意。さほど量がないようにも見受けられますが、皿中央がへこんでいるので中でも十分な量があります。

 うどんと良く似たもちもちの麺の上に、肉味噌とネギとキュウリ、それに紅生姜を添えただけのシンプルな構成。肉味噌は「味噌をベースにひき肉、胡麻、椎茸 その他十数種類の材料を混ぜ込んで炒め寝かせた」ものだそうで、肉味噌が均一に麺に行き渡るようにぐちゃっぐちゃにかき混ぜて食べるのがおいしく食べるコツ。

 ただ麺の量に比べて肉味噌が少なく、せっせとまぜまぜしてもえらく薄味。やむなく卓上のにんにくやラー油、さらに味噌までぶち込んで味を調える羽目に。油そば同様、最初から客が自分で味を調整することを前提に薄味にしているのかな??

 麺はうどんに似ていますが硬くもなく、柔らかくもなく、コシも微妙。ただ肉味噌+にんにくの「しつこい2トップ」をしっかり受け止めるには個性のない麺がかえって相応しいのかも。さらにキュウリ。冷やし中華とは正反対のこってり系なのに同じようにきゅうりがついてくるのは初めはやや不可解でしたが、終盤になるときゅうりが箸休めとして効いてきます。

 残り麺一口二口になったら、丼に生卵を割り入れ、軽く混ぜてから、店員さんに「ちいたんたん」を所望。当然ながらこれもデフォルトでは超薄味なので自分で塩コショウで味を調整。

 「じゃじゃ麺」は少々しつこく、かつ最後は単調になりがちなのは否めないので連食には向きませんが、盛岡に来たら欠かせない味であることは間違いありません。

| | トラックバック (0)

2018.10.07

柳家 フェザン2号店@盛岡 ~ キムチ納豆ラーメン

014_2

 JR盛岡駅東口から伸びる地下通路「めんこい横丁」内。「柳家」の本店は駅から東へ15分ほど歩いた商店街内にありますが、日も暮れようとする時間帯に遠出するのも億劫になってこちらで妥協。先客5、後客10。なお盛岡駅ビル「フェザン」はいつの間にか大改装され、駅内にも「柳家」の支店があります。

 早速この店最大の売り物である「キムチ納豆ラーメン(950円)」を注文。だいぶ前に「ケンミンショー」で紹介されて以来、気になっていたものです。メニューはやたら豊富で、駅近の店らしく「はやぶさ(濃厚醤油)」「こまち(担々麺)」「SLブラック」といった当店メニューも。

 店内はカウンター4席と4人卓×2、6人卓×2。卓上にはラー油、一味、胡椒、酢。おしぼりサービス付き。

006

 このラーメン、とにかく納豆の自己主張が凄い!!特に納豆の香りが!! さらに味わいも相当なもの。納豆らしき粒々は見受けられず、すり潰してスープに溶け込ませているのかもしれません。それゆえ納豆が粘りつくわけでもありませんが。

 一方キムチは入ってるのは確認できますが、唐辛子等の辛みがスープで洗われてしまうせいか、存在感ははなはだ希薄。発酵界の日韓対決は日本のボロ勝ちです。スープは納豆が混ざることを前提としているのか、スープ自体はあまり濃くありませんし、脂っ気もあまりなく、総じてやや甘め。

 またもやしの上に生卵が鎮座していますが、自然体で食べている間にどこかへ流れて消えてしまいました。生卵をどう食べるのが正解なのかよく判りませんが、単にビジュアルが賑やかなだけで少々無駄・無意味な存在のような気がします。

 麺は自家製の並太ストレートで、やや硬め。店では「”ゆきちから”を、加水率40%の多加水麺に仕上げているので、中太の麺はモチモチ」と謳っていますが、全然もちもちという印象は受けず。

 そして具がめちゃくちゃ多い! 大量のもやしに加え、豚肉、コーン、サイコロ状に小さくカットされた大根等々がどっさり。なんとかもやしをやっつけて満腹になったところでようやく麺が現れるみたいな。夜には「小(850円)」で十分でした。

 ユニークな一品で、まあこういうのもありかなとは思いますが、この店でシンプルなメニュー頼んだらどうなんだろう??という気も。また具沢山の割にはラーメンがえらく早く出てくるのも気になりました。

| | トラックバック (0)

2018.10.06

満月@仙台・勾当台公園 ~ ワンタンメン

022

 仙台市地下鉄勾当台公園駅から定禅寺通りを西へ。酒田の人気店が仙台に出店したもので、正午過ぎに到着したところ、小雨の中なんと外待ち10人。さらに店内にも数人並んでいる模様。着席まで25分くらいかかりました。店の誘導・案内はいたって的確で、混んでるのに食べ終わってもなおぐだぐだしている高校生たちを巧みに追い出していましたw

 店内の券売機でこの店の売り物である「ワンタンメン(780円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に中華そば、つけめんなど。

 店内はコの字型カウンター9席のみ。卓上には胡椒、七味、ご飯用のごま塩。

014

 店内の香りから期待された通り、スープは煮干し出汁が程よく効いた雑味のないあっさり、すっきり系。煮干しと鶏ガラを合わせて炊いたものだそうですが煮干しがかなり前に出ているような気がします。もっともあっさり過ぎて途中で物足りなくなり、やむなく胡椒を微量投入。

 麺は細めのごく緩い縮れ入り。若干柔らかめで、優しいスープに実に合いますし、スープの絡みも良好。

 で、売り物のワンタン。正直普段ワンタンは好んでは食べないので比較は難しいのですが、ここのワンタンは超極薄かつ非常に柔らかく、箸でつまむとツルンと滑り落ちそう。当然ながら崩れやすく飴が分離しがちで、いきおいワンタンだけズルズルすすっている感じに。まぁ好きな人はすきなのでしょう。

 チャーシューは薄くてやや硬めでスープを邪魔しない淡白な仕上がり。他にメンマ、刻みネギ。

 どちらかといえば年寄り向けのラーメンで、夫婦で来てる方が目立ちました。

| | トラックバック (0)

2018.09.10

フレンド@長岡 ~ ペア(イタリアン&餃子)

001

 ビッグスワンの売店でもお馴染み新潟名物の「イタリアン」。新潟市内では「イタリアン」といえば「みかづき」が通り相場ですが、長岡では「フレンド」だという話を聞いて試食に出かけました。

 「フレンド」は長岡中心に中越地方に店舗展開しており、往訪したのは長岡駅ビル内の「CoCoLo長岡店」(というか、典型的な車社会の新潟ゆえ、車なしで行ける店が少ない)。フードコートに併設されたような店ですが、フードコートのテーブル席が滅茶苦茶狭いのが難。往訪したのはランチタイムもとうに過ぎた時間帯だったので特に困りませんでしたが・・・

 「フレンド」が「みかづき」と決定的に違うのは、どういうわけか餃子を併売していること。そこでイタリアンと餃子がセットになった「ペア(440円)」を注文してみました。

004

 餃子は京都王将を基準とすると若干小ぶり。酢醤油はあるもののラー油はなく、またニンニクが入っていないこともあってか味わいはあっさり目。ただ思いのほかジューシーで、中華料理屋でもラーメン屋でもない、軽食屋が出す餃子としては悪くありません。これなら十分餃子定食が成り立つレベル。

 肝心の「イタリアン」はといえば、例によって焼きそばにトマトソースというか、ひき肉が非常に少ないミートソースみたいなのがかかった状態で登場。中華麺からさほど濃くはないもののしっかりソースの香りが漂ってきますが、焼きそばというには具が少なく、細めのもやしとわずかにいキャベツが認められるだけ。そしてそこにトマトソースの酸味が加わるという、何とも言えない、いや「うーーん、イタリアン」としか言いようがない独特の味わい。

 「みかづき」のイタリアンも何度も食べたわけではないので両者の比較は不能。強いて言えば「みかづき」のほうがやや麺が太いかなといった程度。いずれにしても高校生が放課後のおやつ代わりに食べるのが似合う一品で、まぁオッサンの旅行者が何度も食べたくなるようなものではないなというのが正直なところ。

| | トラックバック (0)

2018.09.09

万代そば@新潟 ~ カレーライス

 新潟・万代シティバスターミナルのカレーが案外美味いと聞いて往訪。万代シティバスターミナルは新潟駅から少し離れたところにあり、かつ高速バスは押しなべて新潟駅前からも発着するせいか、旅行客にはあまり馴染みがありません。また天神@福岡や紙屋町@広島のバスターミナルみたいにバカでかいわけでもなく、万代シティ全体の老朽化が著しいこともあって、いささか寂しい感は否めません。

007

 名物のカレーライスを売っているのはバスターミナルの一角にある立ち食いそば屋「万代そば」。もともとは外観通り立ち食いそば屋だったはずですが、そばを食っている人なんて全然おらず、券売機のボタン先頭もカレー。「カレーライス・並(470円)」を注文。「カツカレー」とかトッピングはないようです。

 「ケンミンショー」で取り上げられた時には大変な行列になったそうですが、今は昼時でもすっかり落ち着いたようで、券売機前には行列ゼロ。配膳口に5、6人並んでいる程度でそれもあっという間に出てきます。

 立ち食いスペースを広く設けてあるものの収まり切れず、バス乗り場の椅子に座ってカレーを食べている人も多々。立ち食いそば屋としては珍しいことに女性客もちらほら。

005

 カレーはとにかく真っ黄色な上にとろみが強く、大昔の学食とかゲレンデのボロい食堂とかで出てきそうないかにも「昭和」なルックス。予め福神漬けが多めに添えられて出てきます。具も玉ねぎ主体に豚肉が少々といたってシンプル。

 しかし、シンプルなのに旨味が実にしっかりしています。この場所で、この値段なのに妙に味に深みがある。首都圏の駅構内・周辺のスタンド形式の店で出てくる、ただ辛いだけで実に味わいが薄っぺらいカレーとは格段の差。

 また辛さもそれなりにあって、個人的には水がないとちょっと食べづらい感じ。それも食べてから後を引くのではなく、食べている最中からそこそこ辛く感じました。「並」でも量が多いので、終盤は味わいの単調さゆえにさすがに飽きてしまいましたが、その辺は値段を考えると致し方でしょう。

 地方色があるわけではないので、一度食えば十分ですが、地元の方がハマるのはよく判りました。

| | トラックバック (0)

2018.09.07

ぼう@広島・五日市 ~ お好み焼き・肉玉そば

011

 広島の郊外、山陽線五日市駅近くの店でお好み焼きを賞味。先客6、後客ゾロゾロ。退店時には店内で待ち客が発生し、さらに店の様子を覗いて諦めて帰ってゆく方も出るなど、地元ではなかなかの人気店のようです。

 観光客向けの店ではないのでメニューもシンプル。最も標準的と思しき「肉玉そば(750円)」を注文。

 店内は4人卓×2、2人卓×2と割とこじんまり。カウンターも6席ありますが、オッサン二人がかりでテイクアウトも含めて鉄板を目一杯使ってフル操業中のせいか、一人客もカウンターには案内していませんでした。

007

 テイクアウト向けに作っていたのを一つこちらに回してくれたのか、びっくりするくらいの速さで登場。

 ここのお好み焼きの最大の特徴は麺がパリパリなこと。おまけに麺が玉子の薄皮に包まれておらず、ただの焼きそばのようにも見えるルックスも特徴でしょう(単にカットが雑になっただけじゃないのかという気もしますが)。

 個人的には皿うどんの堅麺が苦手で、焼きそばでも「日田焼きそば」のような堅く焼き上げるタイプは苦手なのでちょっと失敗したかな?と思ったのですが、ここのは全く問題なし。頬に突き刺さるみたいな堅さではなく、表面はパリッとしているけれども中はもっちり感を残しているのが良いところなのかな?

 またただパリパリなだけだと単調になりがちなところ、ふっくら柔らかなキャベツが良い緩衝材となって上手く救っているのかもしれません。ソースが若干甘めでしつこくないのも好印象。

| | トラックバック (0)

2018.08.02

道後温泉別館「飛鳥乃温泉」

 昨年末道後温泉に別館「飛鳥乃湯泉(あすかの湯)」というのが出来たので早速往訪してみました。場所は「椿の湯」の隣で、本館からもそんなに離れていません。

002

 名称から察しがつくように湯屋は飛鳥時代の建築様式を取り入れたのが特徴ですが、屋根の上に塔屋が載っているあたりは本館インスパイア。1階が浴室で、2階に大広間・個室・特別浴室。もちろん今回は1階で入浴のみ(600円)。靴のロッカーがコイン式で、その鍵をフロントに渡して脱衣所のカギをもらいます。

 湯舟のデザインは本館の「神の湯」を強く意識した風。内湯と小ぶりな露天風呂がありますが、露天といっても屋根にすっぽり覆われており、ただ外気が入ってくるだけです。また本館「神の湯」は内湯が二つありますが、こちらは一つだけ。湯は本館同様無色透明・無臭でこれといった特徴はありません。

 本館と全然違うのは湯舟のサイズに比べてカランの数が多いのとシャンプー等が常備されていること。その分「神の湯(410円)」よりはちょっと高い。

 脱衣所にはくつろげるほどのスペースはなく、フロント前にちょこっと休憩スペースがあるだけ。

 ゆえに1階だけだと端的に言ってしまえば「随分と金のかかった今どきのスーパー銭湯」といった感じ。真新しいので清潔感は文句なく、しかもまだ観光客は少ないせいか空いていることもあって快適ですが本館ほど観光色はなく、風呂だけなら隣の「椿の湯」のほうが安くていいじゃないかという気も。というか「椿の湯」もリニューアルしていたのか・・・本館が来年1月から7年間ほど修理工事に入ってしまうので、別館共々その間の対応に余念がないということでしょうか。

008

-------------------------------------------------
【温 泉 名】道後温泉
【施 設 名】道後温泉別館
【入浴料金】600円
【交通手段】道後温泉駅から徒歩3分
【源 泉 名】道後温泉第1分湯場
【泉  質】アルカリ性単純温泉
【泉  温】47.7度
【備  考】加水・加温なしの源泉かけ流し。塩素系薬剤を使用。

| | トラックバック (0)

2018.08.01

五志喜本店@松山・大街道 ~ 松山鯛めしランチ

001

 松山を代表する郷土料理の店「五志喜本店」。大街道のアーケード街から若干外れた、銀行の多いエリアに建っています。

 どちらかというとご会食・ご会席向けの店なせいか一人客はあんまり歓迎していないみたいで、空いているのに入り口脇の個室で相席というか大テーブルを囲んでの相部屋みたいな扱いで、かなりがっかり。

 注文したのは限定20食の「松山(北条)鯛めしランチ(1480円)」。愛媛の鯛めしといえば、どちらかと言えば宇和島の鯛めしのほうが有名かな? 

012

 宇和島の鯛めしは生卵入りのタレに漬けた鯛のお刺身をタレごと温かいごはんに掛けていただく、いわば「超豪華なTKG」みたいなもんなのに対し、松山(といっても北部の北条エリアが中心)の鯛めしは端的にいえば鯛の炊き込みご飯。松山市内でも宇和島系の鯛めしが目立つのは作る手間の差がでかすぎるんだろうなぁ・・・あと、ビジュアルというかインスタ映え(笑)の観点からも宇和島系が圧勝。

 「鍋焼きうどん」が典型ですが、何を食っても甘いような気がするのが松山。さすがに炊き込みご飯は鯛の味わいをぶち壊さないようにあっさり薄味で、普段まず食べることがない鯛(苦笑)を十二分に堪能できました。でも味噌汁はやっぱり甘め・・・ 他にじゃこ天、釜揚げちりめんサラダ、サツマイモと椎茸の煮物。

| | トラックバック (0)

2018.07.31

一鶴 高松店@瓦町 ~ 骨付鶏

 高松の夜に欠かせないのは「骨付鶏」。もともとは丸亀のご当地グルメだったそうですが、今や全県レベルの名物と言っていいでしょう。

001_2

 往訪したのは「一鶴 高松店」。有名店ですが、てっきり居酒屋あるいは焼き鳥屋みたいなもんだろうと思って出かけたところ、やたら敷居が高そうな外観だったのには心底驚きました。もちろん店内も落ち着いていて、団体でやってきて「大反省会」を繰り広げるのには不向きな感じ。むしろ煮詰まったカップルのデートに使えそうな(苦笑)。5時過ぎの入店だったのでまだ店は空いており、一人でテーブル席を占拠しましたが、帰ることには店外まで行列がずらずらっと。

 早速「骨付鶏・ひなどり」と枝豆、そしてサッポロ生・中を頼んでしばし待機。骨付鶏は硬くて歯ごたえがある「おやどり」と柔らかくてジューシーな「ひなどり」とがあり、好みが分かれるようですが、個人的にはもっぱらひなどり派。というか、やたら硬いものはだんだん受け付けなくなっているみたいな・・・また「おやどり」のほうが若干高いのは謎。なおおや、ひな両方一人で頼んでる猛者もいましたが、まぁさもありなんという体型の方でした。

013

 15分くらいで登場。紙ナプキンを柄に巻いてワイルドにがぶりとかぶりつくと、外はパリパリ、中はジューシーという食感の違いを楽しめます。スパイスとタレを絡めただけのシンプルな味付けですが、しょっぱいところまでは至らなくとも味付けが濃くてスパイシーとなると、もはやビール地獄と化すは必定。当然のようにお替りを所望。言い換えれば、ドライバーなどビールを飲めない方が骨付鶏を食べてもその美味さは半減するような気も。

 また肉汁を含めてかなり脂っぽいため、キャベツが良い箸休めになります。キャベツの追加を頼んでる客がいましたが、無料サービスなのかどうかは不明。正直もうちょっとキャベツを増やしてもらいたいところ。

 余裕があれば「とりめし」で〆るのもよさげですが、今回は割愛。

 久しぶりの骨付鶏自体は大満足でしたが、でもこういうかしこまった感じの店で食べるようなものではないと思うですがねぇ・・・

| | トラックバック (0)

2018.07.30

うどんバカ一代@高松・瓦町 ~ 釜バターうどん

003

 ことでんの一大拠点「瓦町駅」東口からから徒歩10分弱。いかにも駅裏然とした一帯に建っています。超人気店と聞いていましたが、まだお昼時には若干早かったためか到着時はがらがら。ところがうどんを注文して茹で上がりを待っている間に出張族やら近所の方からが群れをなしてわらわらやってきました。

005

 ここの名物は「釜バターうどん」。普段ラーメンだと変わり種系・ゲテモノ系のメニューを頼むことはほとんどありませんが、うどんは丸亀製麺でも十分満足してしまう程度の拘りしかないので、ちょっとチャレンジした次第。注文したのは「釜バターうどん・中(590円)」。「中」で2玉。

008

 注文したら「3分くらい待って。一番で」と言われましたが、特に番号札を渡すわけでもないかなりアバウトなシステム。最初に醤油と生卵渡されてしばし待機。茹で置きではなく茹でたてを出すのはうれしい限りですが、3分というにはかなり待たされて少々不審に思っていたところ、1番から6番くらいまでどっと出てきました。うーん・・・

012

 
 カウンターでネギと天かすを入れ、生卵をそっと割り入れて堂々完成!! 麺の上にバターが鎮座しているので、麺の余熱でバターを溶かしこむべく一頻りまぜまず。そして醤油をさっとひと回し。こうなるとうどんというよりほぼまぜそばの気分。

 バターと生卵、そして粗挽きの黒胡椒がちょっぴり混じっているところから想像がつく通り、味わいはほぼカルボナーラ。ただ醤油がただの醤油ではなく、だし入りのせいか「和風カルボナーラ」という表現がいちばんしっくりくるかも。

 麺はもっちりした食感で弾力性こそ強いものの、噛み応えはイマイチ。もっともこれはうどんといえば普段ぶっかけや生醤油の冷やばかり食べていて、釜揚げなんて食べ慣れないせいでしょうなぁ。

 まぁ悪くはないけど、こういうゲテモノ系は一度食べたら十分かなぁ、やっぱり。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧