2019.02.04

Lunch&Beer SUN@岡山 ~ えびめし

002

 食材には全くローカル色がなく、どこにでもありそうな一品なのに、なぜかその地域にしかない「B級グルメ」。岡山では「デミカツ丼」が有名ですが、それと双璧を成すのが「えびめし」。

「えびめしや」という専門店チェーンもあるようですが、残念ながら田舎にありがちな車がないと行きづらい店だらけ。岡山駅付近で「えびめし」を出しているところを探したところ、駅の商業エリア「サンフェスタ岡山1F」にある「Lunch&Beer SUN」に辿り着きました。

 本来列車の待ち合わせ時間に軽く飲食を楽しむことを目的としたような店ですが、店先には「えびめし」の幟が高々と掲げられています。「えびめし(770円)」はスープ付き。

006

 やたら早く出てくるあたり「作り置きをチンしただけじゃないのか?」と一抹の不安を感じましたが、「えびめし」はそのネーミングに反して焼き飯ないしチャーハン寄りではなく、明らかにピラフ寄りの味わい。黒々とした見た目に反して割と薄味で、ソースの自己主張が強い「そばめし」とは全く違い、わずかにスパイシー&ほんのり辛めといった程度。薄味ゆえに脂っぽさだけが突出しているようにも感じました。

 海老は小さいながらも案外ぷりぷりでなかなか美味。ただ具が他に刻み玉ねぎくらいしかないのが残念なところ。三つ葉や錦糸卵は彩りを添えるだけで具としてはあまり意味がありませんし。
 
 「そばめし」のように冷凍食品化されていればまた食べてもいいかなと思いますが、まぁそこまでかなぁ・・・一度食べる分には悪くないでしょうけど。

| | トラックバック (0)

2019.02.01

しゃがら 新潟駅店@新潟 ~ 醤油らーめん

001

 新潟駅在来線東口改札の目の前。新幹線改札口も近いという好立地。先客7、後客ゾロゾロ。「しゃがら」は新潟県内で複数ブランドでラーメン店を展開しているようです。

 店外の券売機ボタン先頭の「醤油らーめん(680円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他ににぼしらーめん、味噌らーめん、つけ麺など。

 店内は縦長カウンター4+5席と4人卓×5、2人卓×2。駅内店舗らしくやや手狭なのはともかく、場所柄か、あるいはランチタイムのせいか一人客が圧倒的に多くてカウンター席はいつも混みあっているのにテーブルはガラガラという不合理さが気になりました。卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、酢、醤油、ラー油。

005

 背脂がびっしり浮いているのでぱっと見「燕三条系かな?」と思いましたが、内実は全然違って煮干しなど魚介系出汁はないも同然で、ベースはほぼ豚骨の模様。残念ながら出汁よりも醤油が効きすぎていて、飲み進む気は起らず。

 麺は自家製の太目縮れ麺。心持ちざらつきのある口当たりで、噛み応えはしっかり。濃いスープによく合っています。量は180gとやや多めなので、「安くてそこそこ腹持ちするコストパフォーマンスの良い店」という評価もできましょう。

 茹でもやしのシャキシャキ感が秀逸で、麺に絡めながら食べるとスープのしょっぱさが緩和されてなかなかいい感じに。その反面メンマがかなりチープ。他にばら肉チャーシュー、刻みネギ、ナルト、海苔、糸唐辛子。

 好立地ゆえか、店外に行列が出来ているのをよく見かけますが、基本的にお忙しい方が移動の合間にサクサクっと食べるのに向いている店で、それ以上でもそれ以下でもないと思います。

| | トラックバック (0)

2019.01.24

チャーシュー弁当@木更津・としまや 新宿店

001

 「ケンミンショー」で紹介された木更津の「チャーシュー弁当(略称:チャー弁)」に興味をもって早速往訪。

 往訪したのは「としまや 新宿店」。木更津駅西口から徒歩15分くらい。空洞化を通り越してもはや死に体と化した商店街も尽き、夕暮れ時には氣志團がわらわらやってきそうなヤバ目のエリアにぽつんと建っています。

002

 なぜか緑のカバがキャラクターの「としまや」は市原~君津エリアを中心に店舗展開しているお弁当屋さんですが、新宿店は「ほっかほっか亭」や「オリジン弁当」のような純然たる弁当屋ではなく、ちょっとした飲食物を売っているしょぼいコンビニ兼業みたいな感じでした。元々は本屋も兼ねていたようですが、そちらは閉店。

 早速「チャーシュー弁当(698円)」を注文。出来立てを売ってくれるものだと信じ込んでいたところ、棚に陳列された出来合いのものを渡されてちょっとがっかり。でもランチタイムだから仕方ないか・・・ ここはイートインコーナーがあるので、店内でチン。弁当を買うと味噌汁がサービスで付いてくるのはローカル店ならでは。

007

 とにかく見た目に難!!わずかに漬物のピンクが彩を添えているだけで、あとは全面まっ茶色(笑) 甘しょっぱい醤油ダレにどっぷり浸かったチャーシューを五枚ご飯の上に乗せただけの超シンプルな弁当です。しかもご飯が進むようにかなり濃い目の味付け。チャーシュー自体の旨味を活かすなんて微塵も考えず、タレで全部塗りつぶしてしまう潔さ(苦笑)。

 チャーシューだけだとちょっと味が濃すぎると思いますが、ご飯と一緒なら何の問題もなく、これはこれで一興。この出来なら木更津駅で駅弁代わりに売っててもおかしくないと思いますが、もう内房線には駅弁を売るに値するような特急はほとんど走っていないと・・・(つД`)

| | トラックバック (0)

2019.01.17

ちくわサラダ@熊本「おべんとうのヒライ」

006_3

 熊本ローカルの謎過ぎるお惣菜「ちくわサラダ」。ちくわにポテトサラダを詰め込み、天ぷらにしただけという、食材はローカル色が全く無いにも関わらず、なぜか熊本名物と化しているのが「ちくわサラダ」。

004_2

 「ちくわサラダ」を開発(!)したのは熊本県を中心に大規模に店舗展開しているお惣菜屋の「ヒライ」。嬉しいことに熊本駅「肥後よかもん市場」内にも店があるので、酒のつまみとして買ってみました。旅行客だらけという場所柄か、ちくわサラダを一本ないし二本だけ詰めたものが棚にびっしり。ちくわ丸々一本だと食べにくくて仕方ないので、半分切りされたもの(172円+税=185円)を購入。

010

 ぱっと見でも一目瞭然ですが、ちくわがやたらでかい!! 「ちくわサラダ」と称しているものの所詮揚げ物なのでサラダ感皆無。ただ穴に詰められたポテトサラダが意外に合う。ポテトサラダはマヨネーズをやたら利かせたタイプではなく、割とプレーンな味わいですが、これが揚げ物特有の油臭さを緩和しているせいかもしれません。途中で微妙に明太子味がするのに気づきましたが、これはちくわを単にカットしたものではなく、プレーンタイプと明太タイプの詰め合わせだったのかも。

 ビールのつまみには文句なしの出来。「ちくわサラダ」さえあればホテルで一人反省会も一気にグレードアップ!! ただ見た目通り思いのほかでかいので一本で十分。二本も食べると揚げ物の悲しい性が浮き彫りになって胃もたれしそう。その辺は鳥栖の名物「ミンチ天」と似ている気がしました。

| | トラックバック (0)

2019.01.16

天外天@熊本・水道町電停 ~ ラーメン

003_2

 熊本の老舗デパート「鶴屋」の裏あたり。ソープランド街が隣接したエリアにありますが、客はオッサンだらけというわけではなく、どう見てもプロ筋ではないお嬢さんもやってきます。先客7、後客5。

 熊本屈指の人気店ですが夜しか営業していないのが難点。また手狭なのも難点で、カウンターの背後にはほとんど余裕がないので、席の背後の引き戸から適宜出入り。但し、基本的に店手前から詰めて座らせているようでした。

 券売機はなく、着席してメニュー先頭の「ラーメン(700円)」を注文。後払い。メニューは他に「辛口ラーメン」。

 店内は縦長L字型カウンター12席。卓上には紅ショウガ、ラーメンのタレ、胡椒の他、「ニンニクの醤油漬け」というのが目を惹きました。

002

 「天外天」の最大の特徴はスープにこれでもかこれでもかと振りかけられた焦がしニンニク。香りといい、味わいといい焦がしニンニクのパワーが圧倒的すぎます。ややとろみがかったスープは豚&鶏ガラベースのようですが、見た目ほどこってりした印象は受けず、旨味十分。ただ飲み進むには味が濃すぎるかと。にも関わらず、隣のオッサンはせっせと「ニンニクの醤油漬け」を投入してパワーアップを図っていました(@_@)

 麺は細麺ストレートながら、スープに負けない程度の硬さ。量が少ないので替玉もありますが、この日は自粛。

 バラ肉チャーシューは程よく脂が差したとろける旨さ。他にキクラゲ、青ネギ、海苔。

 とにかくニンニクが強烈な一杯で、その余波は翌朝までしっかり残ります。場所柄スッキリした方が訪れるのならともかく、飲んだ後にこれはきついんじゃないかなぁ・・・勢いで入って翌日後悔コースのような・・・

| | トラックバック (0)

2019.01.15

玉龍@熊本・玉名 ~ ラーメン

006_2

 池袋にかつて期間限定で「熊本玉名ラーメン」をウリにした店が出ていたことがあり、そこで興味をもったので現地へ。往訪したのは玉名市役所の川向うにある「玉龍」。JR鹿児島本線玉名駅から徒歩20分程度と歩けないでもない距離ですが、残念ながら往訪時はあいにくの雨だったのでバスで玉名市役所まで出ました。和食店「松月」との合築のせいか、外観はラーメン屋らしくないどころか、うっかり見落としそうな感じ。

 非常に困ったことにネット情報では11時開店とあり、かつ店内の掲示板にも11時開店と記されているのですが、実態は11時半開店の模様で雨の中長時間待つ羽目に。開店を見計らったかのように後客がゾロゾロやってきたところを見ると、たまたまこの日の開店が遅れたわけでもなさそう。先客ゼロ、後客7。

 券売機はなく、メニュー先頭の「ラーメン(600円)」を注文。後払い。 メニューは他に「味噌」があるくらい。

 店内は昭和然とした年季が入りすぎたラーメン屋そのもので、4人卓×3、2人卓×3。卓上に胡椒、塩の他にゆで卵が置いてありますが、これはサービスではなく有料(50円)なので注意。

 配膳時に店員が「ニンニク入れますか?」と聞いてきますが、ニンニクチップは玉名ラーメンの一大特徴なのでもちろん「あり」で。

005

 スープは豚骨出汁の旨みを前面に出した優れもの。大砲ラーメンほどではありませんが、ニンニクチップの効果もあってか一般的な博多ラーメンよりは心持ち重めで、濃厚な味わいでありながらしょっぱさを感じさせることなく、くどくもなく、実に美味い。

 麺は並太ストレート。玉名では珍しい卵麺を使っているようですが、これがやわやわ、ゆるゆるの仕上がりでどうにもいけません。池袋で食べた時もやや柔らかめでしたが、これが玉名ラーメンの標準仕様なのかなぁ・・・「麺硬め」といった注文をつけている客はいませんでしたし。また量が多くはないので「大盛」を頼んでいる客がちらほら。

 具はバラ肉チャーシュー、キクラゲ、海苔、青ネギ。

 スープは美味いのに麺が好みから遠すぎました。長時間待たされたのが心証を悪くしているのかもしれませんが。

| | トラックバック (0)

2019.01.14

大砲ラーメン 本店@西鉄

001

 西鉄久留米駅から北東へ徒歩10分弱。五穀神社のそばにありますが、幹線道路から少し外れたところにあり、幹線道路から店の灯りは見えるのに店への行き方が判りづらいのが難。天神の支店には直近2度行ったことがありますが、本店は8年ぶり。久留米どころか福岡県屈指の人気店ですが、平日の夜ともなると田舎町らしく店は落ち着いており、先客20くらい、後客パラパラといったところ。

 着席してメニュー先頭の「昔ラーメン(680円)」を注文。麺の硬さを聞かれたので「硬め」でお願いしました。なお、「昔ラーメン」とは別に「ラーメン」もありますが、メニューには「昔」がこってり、「ラーメン」がまろやかとあるくらいで、メニューからは両者の違いがあまり読み取れません。

 店内はL字型カウンター15席と小上がりに4人卓×5。店内は結構豚骨臭くて衣類に沁みつきそう。卓上には辛子ニンニク、おろしニンニク、洋コショウ、紅ショウガ、白ゴマ、ぎょうざのたれ、ラー油など。

004

 一般的な博多ラーメンと比べるとスープがかなり重いのが大砲ラーメンの特徴。くどい感じはしませんがずっしりと腹にたまります。言い換えれば飲んだ後に食べるには明らかに不向き。重ためのスープでもしょっぱくはないのが幸い。豚骨の旨味に惹かれてついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。

 麺は細麺ストレートでざらつきのあるタイプ。指定通り「カタ」で出てましたが、なにせスープが重いのでなおさら「カタ」が合います。量は多くないので替え玉を頼む客が目立ちました。

 具に白っぽいシナチクと豚脂の揚げ玉が入っているのも「ラーメン」との差異みたいで。他に薄切りの茹でタマゴ、ペラペラのチャーシュー、海苔、青ネギ。

 久しぶりにパンチの効いた一杯。遠征した甲斐がありました。

| | トラックバック (0)

2019.01.13

めんちゃんこ亭@天神 ~ 元祖めんちゃんこ

009

 福岡にちゃんこ鍋に麺をぶっこんだような「めんちゃんこ」なる料理があると聞いて早速往訪。訪れたのは「めんちゃんこ亭 天神店」。西鉄福岡駅南口を出て、駅前の国体道路を西へ。警固神社の先にあります。

 夕方の中途半端な時間に往訪したためか店内は終始がらがらで、昼休みなく通しで営業しているのが不思議なくらい。店手前が大きなカウンター、奥がボックス席という構成でしたが結構な大箱で、どちらかといえば居酒屋に近い位置づけなのかな?

 メニューを一瞥して基本と思しき「元祖めんちゃんこ」を「餅抜き(640円+税=691円」で注文。餅ってあんまり好きではなく、力うどんは好んでは食べませんし、お雑煮も餅を抜いてもらいますし・・・ スープをカレーやチゲ味噌にしたり、麺をこんにゃく麺に変えたりとメニューは多彩。またラーメンも用意。

006

 小作@甲府の「ほうとう」にそっくりな鉄鍋で登場。もう見た目通り麺入りのちゃんこ鍋。スープは醤油仕立てで脂はめだたず、あっさり目の味わい。出汁は「十種類以上の素材を使い」と公称していますが、動物系は少なく魚介&野菜が主体のような気がしました。具はキャベツ、豚肉、モヤシ、豆腐、油揚げ、ニラ、梅を模したナルトといったところ。

 麺は平たい並太ストレート。つるつるした口当たりですがコシがしっかりしていて、しかもやや硬めの仕上がり。煮込んでもへたらないようにとの配慮でしょう。天敵「博多うどん」みたいなやわやわ、でろでろの麺が出てきたら即死でしたが、その心配は杞憂に終わりました。ただ餅抜きにしたためか、見た目と違って量は特に多いわけではなさそう。これならぎょうざを付けた格安のランチメニューが用意されているのも納得。

 飽きてきたところで、卓上のゆず胡椒を投入。これが思った以上に辛いので注意。

 博多ラーメンは首都圏でもハイレベルなものが食べられる今となっては、博多ではこんなローカルB級グルメのほうが面白そう。

| | トラックバック (0)

2019.01.12

串匠@博多 ~ 串揚げ定食

021_2

 博多駅筑紫口、AMUESTの南端出口を出てすぐ。結構な人気店と聞いて開店10分前に並びましたが、開店までに後続2。その後10名くらいでした。しかも客がサラリーマンだらけではなく、むしろ買い物帰りっぽい女性客が目立ったのも意外でした。

012

 ランチタイムにほとんどの客が注文するのが「串揚げ定食(900円)」。カウンターには既にサラダ・大根おろし・おから・湯呑がセットされており、定食を頼むとご飯と味噌汁がさっと出てきます。なおご飯と味噌汁はお替り自由。そのためかふりかけが3種類も置いてあります。

016

020

 あとは板さんが揚げたての串揚げを次々と配膳。串揚げは7種類あって、往訪時はえび、うずら、かぼちゃ、白身魚、シュウマイ&ミンチボール、豚肉の茄子詰め、ねぎまといったラインアップでした。調味料は塩orソースといたってシンプル。

 ご飯はデフォルトだと少し足りないので、半分くらいお替り。もちろん卓上のふりかけも活躍。

 「天婦羅処ひらお」の串揚げ版といってもいいような感じですが、「ひらお」よりはずっとかしこまった雰囲気。でも、このクオリティーでこの値段という意味では「ひらお」同様十分に満足できる名店だと思います。

| | トラックバック (0)

2019.01.01

天理スタミナラーメン@近鉄奈良 ~ スタミナラーメン

001_2

 近鉄奈良駅西口の南側、「小西さくら通り」を南へ入ってすぐ。先客1、後客6。奈良県を中心に近畿圏一円に店舗展開しているチェーンです。

 店内の券売機は「唐揚げセット」を筆頭にセット物のボタンが一際大きい上に、ラーメン単品のメニューも豊富でクラクラしますが、基本と思しき「スタミナラーメン(700円)」を注文。ランチタイムは、セット物についてはライス一杯おかわり無料サービスがあるものの、ラーメン単品には何もありませんでした。ラーメン類は他に「みそスタミナ」「みそ」「夜鳴き」「豚塩」など。

 店内は縦長カウンター6席と店奥に6人掛けテーブル1卓。2Fへ階段が通じていますが、2Fの様子は不明。卓上にはラー油、塩、餃子のタレ、胡椒、ソース。また頼めばニンニクや豆板醤を出してくれるようです。場所柄外国人観光客もやってきますが、対応は実に手慣れたもの。

004

 白菜、豚肉、ニラ、ニンジンなどの炒め物がどっさり乗って登場。豚骨ベースのスープは見た目通りのピリ辛仕上げで、野菜の旨味、甘みと相まって必要以上に辛すぎないのは気に入りました。ただ見た目と違ってとろみはありません。また背脂を加えているものの、具の大半が白菜のためか、あるいはニンニクをがっつり利かせているわけでもないせいか、「スタミナ」を冠する割にはこってり感は全く感じませんでした。スープの旨味にぐいぐいと引き込まれるような感じもせず。

 麺は細めのごく緩い縮れ麺。やや堅めの仕上がりで、水気の少なそうなちょっとチープな食感。スープに合わせるとこんなものかもしれませんが・・・ 量もやや少なめか、店がセットメニューを推しているのもなんとなく判ります。

 日高屋が毎年冬季限定で販売する「チゲ味噌」に位置づけが似ているような気がしますが、残念ながら値段といい、クォリティーといい、日高屋チゲ味噌に完敗でしょう。「天スタ」が高田馬場に進出したものの、長持ちしなかったのは道理かと。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧