2023.02.04

こな@鳥取 ~ ホルモン焼きそば

Horumonsoba001

 鳥取県東部で50年間愛されている「牛ホルモン入りの焼きそば」を試食。こちらは鳥取県公式サイトの「ご当地料理」の中でも紹介されるくらいの「由緒正しい」ご当地グルメのようで、昭和30年代鳥取市内に多くあった焼肉屋・ホルモン屋で、ホルモンと野菜を味噌ダレで炒めた中に「中華そば」を入れてみると、これが実に美味だったのが始まりなんだとか。
 
 往訪したのは鳥取駅から徒歩10分程度、飲食店街のど真ん中にある「こな」。お好み焼きが本業ですが、店先に「ホルモンそば」の幟が揺れており、早速「ホルモンそば(890円)」を「そばW(+190円)」で注文。豚焼そば(660円)やいか焼そば(660円)よりなぜかだいぶ高いんですなあ、ホルモンなのに。

Horumonsoba002
 
 鉄皿にのって登場。麺は意外にも細めで柔らかめの口当たりでしたが、弾力性が高くてビヨーンと伸びるタイプ。「カツオとコンブの和ダシにコチュジャンと麹味噌を使った自家製味噌ダレ」が自慢の味付けなので、多少ばらつきはあるものの全体に濃い目かつピリ辛。この感じだとそばWではなく、ご飯を付けるのが正解でした。

 野菜は玉ねぎとニラ、そしてもやしが少々。味が濃いのに野菜が少ないので少々飽きやすいかなぁ・・・ ホルモンは大腸とゼンマイが入っているようでプルプルした噛み応えが楽しいけれども、量的にはちょっと寂しいかな。また鉄皿で出てくるので最後まで温かいのは嬉しいものの、終盤は麺の水分が飛んでパサつきがちになる辺りは痛し痒し。

 あちこちの焼肉屋やホルモン屋で自然に広まった料理という性格上、タレや麺、さらに入っているホルモンには店によって多少のバリエーションがあるようなので、食べ比べも面白そう。

|

2023.01.23

用宗みなと温泉@用宗(静岡)

Motimune_minato002

 静岡駅から東海道本線で2駅西にある用宗駅から徒歩10分強。ぱっと見日帰り温泉施設には見えませんが、それもそのはずここは用宗漁港に付設したかつてのマグロの加工場をリノベーションしたもの。
 
 漁港越しに富士山が見えるという絶景ポイントに立っています。なお漁港周辺の再開発はこの温泉に留まらずに周辺に及んでいるようで、住宅街の中に場違いなくらいおしゃれな飲食店が点在しています。

Motimune_minato001
 
 フロントの左側、緩いスロープを上がった先が浴室。温泉を引いているのは露天風呂だけ(加温、ろ過循環、消毒あり)。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、わずかに塩味を感じました。露天風呂に浸かりながらも富士山が見えるように壁に細い隙間があるのが面白いところ。

 内湯は手前からに水風呂・炭酸風呂・主浴槽と並んでいて、主浴槽は入浴剤で赤く染まっていました。往訪した月のイベント湯が「椿の湯」となっていたので、その関係かも?

 新鋭の日帰り温泉施設らしくカランの数は申し分ありませんが、なぜかシャワーしかなくて蛇口のないものが目立ちました。
 
 難点は寝ころび処がないどころか、無料の休憩処もフロント前にちょっとあるだけ。食堂や富士山の見えるテラス席が充実しているのでそちらを利用してくれという趣旨なのでしょうが・・・

-------------------------------------------------
【施 設 名】用宗みなと温泉
【入浴料金】平日900円/土日祝950円
【交通手段】東海道本線用宗駅から徒歩10分強
【泉  質】ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
【源 泉 名】用宗みなと温泉(26.6L/分 動力揚湯)
【泉  温】26.9℃

|

2023.01.22

松の家@浜松・舘山寺温泉 ~ 牡蠣カバ丼

Kakikaba002

 浜名湖の東岸、浜松駅からバスで40分ほどのところにある舘山寺(かんざんじ)温泉で売り出し中の「牡蠣カバ丼」を試食してみました。
 
 往訪したのは舘山寺温泉・門前通りにある「松の家」。先客2、後客8。浜名湖畔にある店らしく本業はうなぎ屋さんで、店内には色紙がベタベタ。「孤独のグルメ」にも登場した有名店のようです。早速「牡蠣カバ丼(1800円)」を注文。
 
 1階は店中央に8人卓×1と小上がりに4人卓×3と意外に狭い店でしたが、多客時には2階を使っているのかも。換気に気を使っているせいか、店内は結構寒くて難儀。静岡県だと北国みたいにガンガン暖房を入れるようなことはしないからなぁ・・・

Kakikaba001
 
 丼単品ではなく、きんぴらごほう、白菜などの浅漬け、アオサのお吸い物、イチゴ型のアイスクリーム付きで登場。
 
 「牡蠣カバ丼」は浜名湖産牡蠣の地産地消を目的に開発されたご当地グルメで、「ボイルした牡蠣をうなぎのタレで焼き、トッピングとして玉ねぎ、海苔、ミカンの皮などを添えた丼ご飯を基本レシピ」に浜名湖周辺の12店舗で提供しているとのこと。当然ながら牡蠣のシーズンである冬季限定メニュー。
 
 従って店によって多少味付け等ばらつきがあると思いますが、松の家の牡蠣カバ丼はざっくり言って「甘辛」の辛いのほうに寄せたような味付け。玉ねぎの炒め物がたっぷり添えられているせいか、うなぎのかば焼きというより和風の焼肉のタレで食べている気が少々。

 一方大ぶりで、それでいて身がしっかりしている牡蠣は間違いなく絶品!!それだけに牡蠣を変にやたら濃いタレに絡めず、カキフライなどもっとシンプルに食べたほうが個人的にはずっと好み・・・ここは本業がうなぎ屋なのでそういう食べ方は許してくれそうにないけど・・・なんかわざわざ作ったご当地グルメのコンセプトを根源的に否定するようで申し訳ないのですが、ちょっと期待外れでした。

|

2023.01.20

富士宮やきそば学会アンテナショップ@富士宮 ~ 富士宮やきそば

Fujinomiya002

 10年ぶりに富士宮で「富士宮やきそば」を賞味。往訪したのは浅間大社の真ん前にある「お宮横丁」内の「富士宮やきそば学会アンテナショップ」。富士宮駅から徒歩10分程度。お宮横丁は焼きそば店を主体に数店舗が並ぶフードコートのようなものですが、如何せん屋外なので冬は結構冷えます。どの店も店内に食べるスペースはないようです。

Fujinomiya003

 早速「富士宮やきそば・大(750円)」を注文。作り置きではなく焼き立てが食べられるので、番号札を渡されてしばし待機。出来上がりには結構時間がかかります。なお水は近くに湧いている富士山の湧水から勝手に汲んでくれとのこと。天然の湧水でこれが美味い!

 メニューは他に
・激香夏麺(げっこうかめん):コクのある赤唐辛子入りペースト入り
・冬ソバ:純粋青唐辛子入り
・辛極(しんきょく):究極の辛さ
など。

Fujinomiya001

 麺は中太ストレートでコシ強め&ややざらつきのある食感。富士宮焼きそばの最大の特徴はなんと言っても麺で、「富士宮焼きそば学会」の案内によると「一般的な焼きそば麺の製造工程では蒸した後に一度茹でますが、富士宮やきそばの麺は茹でずに急速に冷やし、油で表面をコーティングします。そのため他の麺に比べ水分が少なく、独特のコシが生まれました。」とのこと。
 
 具はキャベツと刻み青ネギ主体で肉はなさげ。肉かな?と思ったものは「肉かす」と呼ばれる油かすでした。

 またここはソース味ですが割と薄味。富士宮焼きそばの特徴はだし粉(イワシの削り節)をふりかける点にもあって、その味を殺さないようにソースの味を抑えているのかも。何よりソースでべっちょりしてないのが気に入りました。この辺は店によってばらつきがデカいかもしれませんが。
 
 大といっても量は特に多くはなく、具のしょぼさを考えるとコスパは正直芳しくありませんが、その辺は観光地の食べ物ということで

|

2023.01.19

温泉津「震湯カフェ内蔵丞」 & 温泉津温泉

Yunotu2211001

 島根県の中部にある温泉津(ゆのつ)温泉。近隣の港が石見銀の積み出し港だったことから世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の登録を受けていますが、普段は歓楽色が薄い鄙びた温泉街です。
 
 その中で一際目立つ派手な建物が薬師湯の旧館。温泉津に現存する温泉施設としては最古、大正時代に建てられた木造洋館で、今は温泉津では数少ない飲食店「震湯カフェ内蔵丞」として営業しています。

Yunotu2211006  

 もともと浴室&更衣室だった館内にはアンティークな家具・調度品がゴテゴテと並んでいて、少々装飾過剰な気がしないでもないのですが、重厚な雰囲気を醸し出しています。

Yunotu2211002

 注文した「内蔵丞カレー(1000円)」はルーの中にいろんなものが溶けこみまくって非常に粘り気が強くてとにかく旨味で押しまくるタイプ。その反面たいして辛くはなく、若干酸味強めといったところでしょうか。

 具はれんこん、赤ピーマン、にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、半熟卵、しいたけ等で、じゃがいも以外の野菜類は素揚げして火を通した感じ。思いのほか満足度が高い一杯でした。

Yunotu2211003  

 食後には隣の薬師湯でひと風呂。こちらが新館といっても昭和29年築なので相当年期が入っています。100%かけ流しで、日本温泉協会の天然温泉の審査で最高の「オール5」の評価を受けたのが自慢。泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」で当然ながら若干塩気がある上に、少々鉄臭いのが特徴でしょうか。ただ建物の大きさと比べて湯船は驚くほど小さく、小判型の湯船が浴室中央にポツンとあるだけ。

Yunotu2211004  

 中央部の出っ張りというか出窓は2F休憩室。

Yunotu2211005_20221120151901  

 3Fからは屋上バルコニーにも出られ、湯上りの涼み処に。隣の旧館から突き出た尖塔がやたら目立ちます。

|

2023.01.17

はた満@東萩 ~ 極ちゃんぽん

Hatamitu001

 東萩駅から南へ1kmほど。萩城下町などの観光ルートからは外れた、地元民向けの商店が並ぶ一角に立地。先客2、後客10と早い時間帯から店は賑わっていました。
 
 券売機はなく、壁に貼られたメニューを見て「極ちゃんぽん(1050円)」を注文。ランチサービスなし。後払い。
 
 メニュー構成は非常にシンプルで麺類は「らぁめん」と「ちゃんぽん」のみ。注文は「ちゃんぽん」のほうがやや多い感じでした。
 店内は厨房に向かってカウンター6席と窓際にL字型カウンター10席、そして店中央に6人卓×1。卓上にはホワイトペッパー、七味、紅生姜、辛子高菜。

Hatamitu002
 
 この店は北九州の「戸畑ちゃんぽん」を出すことで有名。なんで萩で戸畑ちゃんぽんを出しているのかは謎ですが、戸畑ちゃんぽんの最大の特徴は麺。細目の緩い縮れ入りというルックスだけでも一般的なちゃんぽん麺とは随分かけ離れていますが、蒸し麺のせいか食感も独特で水気の少なそうなややごわついた食感です。しかも細目の麺なのに時間が経ってもあんまりしんなりしません。

 店の案内では「細く、コシの強い麺で、モチモチ、シコシコ、豚骨スープによく絡みます」とのことですが、水気少なめなのでモチモチ、シコシコとは対極だと思うのですが・・・正直この麺は好き嫌いがはっきり分かれるかと思います。
 
 若干とろみがかったスープは豚骨ベースですが濃厚かつやや甘目。
 
 炒め野菜の上に乗っているのは鴨肉のようですが、ちょっとパサついた感じ。低温調理のしっとりした鴨肉に慣れるとなんとも微妙。鴨肉よりイカ、ベビーホタテ、小エビ、さつま揚げなど海鮮系の具のほうが満足度高め。野菜はもやし、キャベツ、にんじん、さやえんどうといったところでしょうか。

Hatamitu003

Hatamitu005

Hatamitu004
 
 結構ボリュームがある一杯だったので、直後は萩の街をひたすら散策。

|

2023.01.12

とり唐揚げそば@水戸駅常磐線上りホーム

Mitosoba001

 水戸駅常磐線上りホームにある立ち食い蕎麦屋。屋号らしきものが見当たらず、NRE系の蕎麦屋なのか地元業者なのか、全く判りません。
 
 冬季限定の「けんちんそば」狙いで往訪したのですが、券売機ボタンには見当たらず。店の方に聞いたところ「今冬はやっていない」とのことだったので、やむなく店イチ押しの「とり唐揚げそば(480円)」を注文。

Mitosoba002  

 蕎麦の上には巨大な唐揚げが一個だけ。唐揚げは冷えているので汁に浸けて温めながら食べ進みました。この手のものは我孫子駅の「弥生軒」で卒業したつもりでしたが、一個だけだと格段胃もたれせずに楽々フィニッシュ。さすがに麺や汁の味わいは立ち食い蕎麦屋のそれに過ぎませんが、コスパが非常に良いのが人気の秘訣なのかも。

|

2022.12.28

明治亭@軽井沢 ~ ソースかつ丼

Meijitei_karuizawa001

 駒ヶ根名物の「ソースかつ丼」を長野県内各地で幅広く提供している「明治亭」。長野駅店には1年前に往訪済ですが、軽井沢店は初めて。北陸新幹線軽井沢駅南口駅前にある「プリンスショッピングプラザ 味の街」内。
 
 「冬の軽井沢なんて人おらんやろ?」と思っていましたが、週末しかもクリスマス・イブであることを侮りすぎました。11時の開店直前に往訪したところ既に先客4。開店後も三々五々客がやってきて、食べ終わることにはカウンター席に無理やり家族連れを案内したくらい。退店時には待ち客6組となっていました。冬の軽井沢にはインバウンド客が非常に目立ちましたが、不思議なことに「明治亭」にはそれっぽい客は見かけず。
 
 早速「ソースかつ丼(1590円)」を注文。長野駅店ではなぜかご飯大盛り(+110円)、小盛り(△55円)がある旨を勧めてきましたが、こちらはそのような案内はなし。
 
 観光客と買い物客しか来ない立地なので店内は4人掛けのボックス席主体でカウンターは4+6席のみ。卓上にはかつ丼ソース、七味、マスタード。長野駅店では着席するとかつ丼ソースが別途出てきましたが、こちらは最初から卓上に用意。長野店と違ってこちらではソースかつ丼以外のメニューを頼む客が少ないのでしょう、たぶん。

Meijitei_karuizawa002
 
 相変わらずでかい! 蓋が閉まらんくらいでかい! 飯の上にかつがそそり立っています!!このままでは食べづらいので「蓋を取り皿代わりにしてください」との案内があります。

Meijitei_karuizawa003
 
 でもサイドビューで判るように千切りキャベツがめちゃ多いだけで、かつがアホほど乗っている訳でもご飯が山盛りな訳でもありません。
 
 ここのソースかつ丼は甘めのソースがかつにべっとりべっちゃり系でスパイシーさは皆無。福井・ヨーロッパ軒のソースかつ丼とは対極的な位置づけ。かつ自体はデフォルトで美味しくいただけますが、千切りキャベツにはあまりソースはかかってないので、卓上のソースで少々補充。
 
 また甘めで飽きがくるのが早いので途中からマスタードで変化を付けたのが奏功して箸も止まることなく一気に完食。ただキャベツは芯に近いところが多いのか、ちょっと硬めなのが残念でした。

 長野県で食べる野沢菜はなぜか一際美味い。そして味噌汁に鶏団子が入っているのが謎。

 

|

2022.12.25

HIGH RAIL 1375試乗記

Highrail1375002

 山梨県の小淵沢駅と長野県の小諸駅をつなぐ小海線を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」を試乗。「HIGH RAIL 1375」は1号・2号・星空の3本が運行されていますが、試乗したのは上り(小諸→小淵沢)の2号でした。

Highrail1375006

 小海線は、八ヶ岳高原線の愛称でも親しまれるJR線では日本一標高の高い地点を走る路線です。「HIGH RAIL 1375」の名称は小海線の特徴である標高の高さを表す"HIGH"と、線路の"RAIL"、そして野辺山駅から清里駅にかかるJR線標高最高地点「1375m」を組み合わせたもの。

Highrail1375010  

 車両はキハ100系・キハ110系気動車を1両ずつ改造した2両編成。1号車は観光列車らしく半分がボックス席、半分が窓を向いた座席になっていますが、乗車した2号車はごく普通の2+2のリクライニングシート。しかも改造にあたって座席のシートピッチと窓枠が合わなくなり、当たった席はなんと座席の横にぶっとい窓枠が来るクソ席でした(´・ω・`)ショボーン

Highrail1375054  

 もっとも冬の小海線の車窓はこれといった見所はなく、2号だと前半は佐久平の田畑の中を延々と走るだけ。途中で見える千曲川も渓谷美と言えるほどのことはなく、終盤小淵沢駅へ向けて八ヶ岳の麓を駆け下る頃には日がすっかり陰ってしまいます。せいせい逆光に映える富士山が見せ場なくらいでしょうか。従って車中では2時間に渡って延々と居酒屋モード。

Highrail1375023  

 途中中込駅で駅員さんたちが大勢お出迎え。他に信濃川上駅&野辺山駅でまとまった停車時間があり、その間アテンダントがせっせと記念撮影を手伝ってくれます。車中では特にイベントもなく、基本放任モード。個人的にはそれで良いと思います。

|

2022.12.22

「○○のはなし」試乗記

Marumaruhanashi008

Marumaruhanashi001

 「○○のはなし」は山陰本線新下関駅~東萩駅間を走る快速列車で、土曜・日曜・祝日に1日1往復運行しています。今回試乗したのは上りの東萩→下関間。列車名には「萩(は)・長門(な)・下関(し)を辿り、思い出に残る『はなし』の旅を楽しんでほしいとの思い」が込められているんだとか。

Marumaruhanashi005

Marumaruhanashi003

 ボロボロのディーゼルカーキハ47形を再改装した2両編成で、1号車が和風、2号車が洋風にデザインされてます。試乗したのは1号車で畳敷きなのが特徴。

Marumaruhanashi004

 また1号車には萩・長門・下関に伝わる工芸品や特産品の展示コーナーも。

Marumaruhanashi002  

 停車駅では駅員さん等が盛んにお見送り。また沿線自治体の職員が乗り込んできてプレゼントなども。

Marumaruhanashi007  

 途中の仙崎駅では30分ほど停車。近隣の道の駅「センザキッチン」が大人気!! 

Marumaruhanashi010

Marumaruhanashi006

 沿線は随所で日本海の絶景が楽しめ、ビュースポットでは一時停止のサービスも。残念ながら往訪時は曇りがちで夕陽は上手く撮れず。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ごらんアウェー ココログ被害者の会 サッカー一般 丼もの&ランチ等 我が街川口 旅行・地域 日本代表 浦和レッズ 浦和観戦記&プレビュー 浦和観戦記&展望2009 浦和観戦記&展望2010 浦和観戦記&展望2011 浦和観戦記&展望2012 浦和観戦記&展望2013 浦和観戦記&展望2014 浦和観戦記&展望2015 浦和観戦記&展望2016 浦和観戦記&展望2017 浦和観戦記&展望2018 浦和観戦記&展望2019 浦和観戦記&雑談2020 浦和観戦記&雑談2021 浦和観戦記&雑談2022 浦和観戦記&雑談2023 浦和雑談 浦女 温泉(北東北) 温泉(南東北) 温泉(埼玉・東京) 温泉(甲信越) 温泉(神奈川・伊豆) 温泉(群馬・栃木) 語るも相場 都内徘徊 駅弁 麺類万歳! 麺類万歳(さいたま市) 麺類万歳(その他埼玉県) 麺類万歳(その他東京都) 麺類万歳(中央区) 麺類万歳(北区) 麺類万歳(千代田区) 麺類万歳(台東区) 麺類万歳(川口・戸田・蕨) 麺類万歳(文京区) 麺類万歳(新宿区) 麺類万歳(板橋区) 麺類万歳(渋谷区) 麺類万歳(港区) 麺類万歳(草加・越谷) 麺類万歳(荒川区) 麺類万歳(豊島区) 麺類万歳(足立区)