2021.10.18

インデアン まちなか店@帯広 ~ チキンカレー

Indian2109002

 豚丼と双璧をなす帯広のB級グルメ「インデアンカレー」。往訪したのは帯広駅から近い「インデアン まちなか店」。約1年ぶりの再訪で、15時過ぎという中途半端な時間帯にも関わらず、先客4、後客4とそこそこの賑わいでした。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て前回は「ハンバーグカレー」を注文したので、今回は「チキンカレー(649円)」を注文。辛さは普通・中辛・辛口・大辛・極辛の5段階から選べますが、店員が「辛さは普通でよろしいですか?」と有無を言わさないような押しで迫って来たのでやむなく「普通」で。

 店内は縦長U字型カウンター18席と4人卓×4と案外広め。卓上に福神漬としその実の醤油漬けはともかく、なぜかガリ。

 カレーのルーは「ベーシックルー」「インデアンルー」「野菜ルー」の3種類があり、かつメニューによってルーを作り分けられているようで、ハンバーグカレーのデフォルトはインデアンルーだったのに対し、チキンカレーのデフォルトはベーシック。ルーの違いを確認したかったのも今回チキンカレーを頼んだ理由の一つ。

 ベーシックカレーは「やわらかく煮込んだ若どりのムネ肉が大胆に入っています。チキンの美味しさを存分に味わって下さい。」というのがウリ文句。

Indian2109001

 「べーシック」も「インデアン」同様ルーはとにかくドロドロというかとろみが超つよくて、ちょっとほっておくとすぐに表面に膜が張るレベル。辛さを「普通」にしたためか一段と旨味重視にベクトルを振った感じで、「インデアン」と違って玉ねぎが加わる分一段と甘めでしょうか。但し全く辛くない訳ではなく、あとからじわじわ辛さがやってきます。また「インデアン」より牛肉が少ないせいか、ルーの中に牛すじみたいなものは見当たりませんでした。

 そしてルーの中には角刈りのチキンがゴロゴロ。「ごろごろチキン」と言えば松屋の超ヒット作カレーの代名詞ですが、チキンの旨味がしっかりしていて松屋の淡白すぎるチキンとはレベルが違い過ぎました!! それなのに松屋の「ごろごろチキン」より安いのが謎。

 ボリュームも結構あって、ルーの特性も相まって食後はかなりずっしりと腹にきます。でも全く飽きずに一気に完食できるあたりはさすがインデアン。いやはや恐れ入りました。

|

2021.10.14

ドライブインいとう@新千歳空港 ~ 豚丼

Drive_itou002

 国内線ターミナルビル3Fの飲食店街「グルメワールド」内。先客6、後客5~6。やってくるのは一人客だらけなのに、店内はテーブル席しかなく、混んでくるとかなり待たされるかも。

 店内のメニューを見て最もシンプルな「豚丼(990円)」を注文。豚丼専門店ですが、本店は帯広ではなく十勝平野の西端、十勝清水にあるようです。

Drive_itou001

 食べやすいように予め肉が小さくカットされた状態で出てきました。そこそこ厚みはあるのイとても豚肉とは思えないくらい柔らかく焼きあがっているのには感心させられます。

 そして「厳選された十勝産ケンボローポークのロース肉を使い、秘伝のタレで絡め焼いた絶品の豚丼です」というのが店のウリ文句。ばら肉が入っていないせいか脂控えめ。またタレも甘さや渋味控えめで、十勝の豚丼にしては総じて上品というか落ち着きがあるような気が。帯広駅高架下で盛大に油煙を上げている「ぶたはげ」とは好対照な一品です。ちなみに十勝の豚丼の焼き方は「網焼き」と「フライパン焼き」に分かれ、「いとう」はフライパン焼き、「ぶたはげ」は網焼きです。

 量は吉野家等の並よりはちょっと少ない気も。そのためか肉の量1.5倍の「肉盛り豚丼」や肉・ご飯とも1.5倍の「二階建て豚丼」というメニューも用意。

 なお味噌汁に生姜が効いているのが不思議でした。

|

2021.10.13

ななしぐれ@北見 ~ 玉ねぎ味噌ラーメン

Nanashigure001

 北見市役所の北に広がる商店街の一角。北見駅からは徒歩5分程度。当初予定していた店がまさかの臨休だったため、すぐ近くにあったこちらへ急遽転進した次第。先客2、後客ゼロ。

 券売機はなく、店内のメニューを見て店お勧めの「玉ねぎ味噌ラーメン(850円)」を注文。ランチタイムは小ライスサービスがあるようですが、残念ながら往訪したのは夜。後払い。

 メニューは他にしじみラーメン、つけ麺、辛旨ラーメン、味噌王、黒醤油、黄金塩など。

 ニンニク臭がうっすらと香る店内は縦長カウンター6席と4人卓×2、卓上には酢、醤油、ラー油、コショウ、一味。水セルフ。店は兄ちゃん一人で切り盛りしている模様。

Nanashigure002

 「玉ねぎ」を謳うだけあって、確かに味噌らーめんの上には揚げ玉ねぎ、刻み玉ねぎ、そしてトロトロになるまで炒め玉ねぎと玉ねぎがてんこ盛り。トロトロ炒め玉ねぎは後乗せで冷えているのが残念と思っていたところ、それとは別にもやしや挽肉と一緒に炒めた玉ねぎも入っていました。店内のニンニク臭はこの炒め物から来ているのかな?

 炒め物を乗せている割にはスープは脂っこくなく、また見た目と違って辛くもなくむしろ心持ち甘目。ニンニクで旨味を補強してはいるものの、そこがイマイチかな? 場所柄飲み客向けにあえて軽めに作っているのかも。

 麺は並太縮れ麺でスープとの相性はまずまず。

 他にチャーシュー、細いたけのこ、海苔。

|

2021.10.11

弟子屈ラーメン@新千歳空港 ~ 魚介しぼり醤油ラーメン

Teshikaga002

 新千歳空港ターミナルビル3階「北海道ラーメン道場」内。意外にもこの「道場」に来たのは初めて。まだ10時前と早い時間帯だったのでどの店もガラガラで、なぜか「一幻」だけ開店待ちの行列が出来ているという不思議な状況でした。

 今回往訪したのは他所で食べた記憶がない「弟子屈ラーメン」。道東に本店があり、札幌市内でも数店舗展開している店のようです。券売機はなく、卓上のメニューを見て全店一番人気の「魚介しぼり醤油ラーメン(850円)」を注文。後払い。

 メニューは他に「弟子屈味噌」「むかし醤油」「(限定)鮭冬葉塩」など。

 店内は空港内店舗らしく4~6人掛けテーブルをぎっしり詰め込んだもの。卓上にはコショウ、一味、弟子屈オリジナルスパイス。

Teshikaga001

 茶濁したスープは「オホーツクのホタテに数種類の魚介とたっぷりな野菜を炊き込み、裏ごしで絞り上げた特製の醤油タレ」というのが店のウリ文句で、魚介というか節系の出汁が強めに主張する魚介動物スープといったところでしょうか。粘り気やざらつきはなく、ふた昔前の「またお前か」ほどの重さやくどさもなく、新奇性は全くないものの非常に無難で万人受けする一杯。旨味十分でスープをぐいぐい飲んでしまいました。

 配膳時に店がわざわざ「オリジナルスパイスをお好みで」と勧めてきましたが、確かにこれは良く合います。黒胡椒主体のようですが、味がぐっと引き締まってなかなか良い感じに。

 麺は黄色い中太緩い縮れ入りで若干硬めの仕上がり。スープとの相性は文句なし。

 チャーシューはちょっと炙りを入れているのかな? 他にメンマ、味玉半個、刻みネギ、海苔。

|

2021.09.29

山崎食堂@大鰐温泉 ~ おおわに温泉もやしラーメン

Yamazakisyokudo001

 奥羽本線大鰐温泉駅を左へ出てすぐ。先客ゼロ、後客3。

 津軽地方南端にある大鰐町は温泉熱と温泉水のみを用いる温泉の町ならではの独特の栽培方法により、およそ350年以上前から栽培されてきた津軽伝統野菜「大鰐温泉もやし」を積極的に売り出していて、山崎食堂はそのもやしを使った「おおわに温泉もやしラーメン(750円)」を出していると効いて往訪した次第。

 ただ店を訪れたのは9月。「大鰐温泉もやし」は冬野菜なので「もやしラーメン」はやっていない可能性は十分ありましたが、幸いにもまだ販売休止にはなっていませんでした。なお「おおわにもやし炒め定食」というメニューもありましたが、こちらは12月~5月頃までの提供と明記されていました。

 店内は2人卓×5と小上がりに4人卓×2。コロナ対策のためか、テーブルの間隔を広く開けているのは良いのですが、今時喫煙可というバランス感覚がいやはや何とも。

Yamazakisyokudo002

 「大鰐温泉もやし」は通常のもやしと比べて細長いのが特徴。さっと炒めてから麺の上にトッピングしたようで、水菜の茎やカイワレ大根のようなしゃきしゃきとした食感が楽しめます。

 スープは煮干しベースでしょうか。雑味がないあっさり醤油味ですが、残念なことに終盤は炒め物のもやしの脂が鼻についてきます。

 麺は細めの細かい縮れ入り。たっぷりスープの中でよく泳ぎ、しゃきしゃきもやしを絡めながら食べても良し、スープを絡めるも良し。

 具になぜか油揚げ揚げの細切りが少々。チャーシューはスープに合わせて淡白な味つけ。刻み青ネギは苦手の臭みがあってイマイチ。他になると、メンマ。

 スープの出来がいいので、「大鰐温泉もやし」がなくてもそれなりに楽しめそうな一杯でした。

|

2021.09.28

味の札幌 浅利@青森 ~ 味噌カレー牛乳ラーメン

Asari_aomori002

 青森駅から徒歩5分くらい。ホテルサンルート青森の向かい。先客はゼロでしたが、後客がゾロゾロやって来て退店時には中待ち2名。

 券売機はなく、壁に貼りだされたメニューを見てこの店のウリである「味噌カレー牛乳ラーメン(850円)」を注文。他客の注文もこれが多いのですが、メニューは多彩で一般的な味噌、正油、塩ラーメンもあり、また味噌カレーラーメンや味噌牛乳ラーメン、牛乳ラーメンもあります。

 店内は縦長カウンター9席のみ。卓上には一味とブラックペッパー。店内には厨房から流れてくる炒め物の油煙がうっすらと。壁には色紙がベタベタ。

Asari_aomori001

 やたら広口の丼で登場。味噌・カレー・牛乳と癖の強い3トップですが、非常に幸いなことに乳臭くはなく、牛乳は全体の味わいをマイルドにする役割に留めている感じ。またカレーはいかにもカレー粉然とした昭和のカレー風。味噌とのバランスは良いのですが、今となってはカレーの味の古さは否めず。またコクはイマイチで飲み進むだけの誘因はありません。バターはコクを補う趣旨なのかもしれませんが、これを溶かすとそれこそバタ臭くなってしまって難儀。

 麺は並太で、味噌らーめんにありがちな黄色い、緩い縮れ入り。やや硬めの仕上がりでスープには良く合っています。

 チャーシューはあっさりめの味付け。他に炒め物のもやし、わかめ、メンマ。

 物珍しい一品なので一回は食べる価値あり。なお近所に「味の札幌 大西」という、これまた味噌カレー牛乳ラーメンがウリの店もありますが両者の関係は不明。

|

2021.09.27

白龍 フェザン分店@盛岡 ~ じゃじゃ麺

Pairon001

 盛岡名物「じゃじゃ麺」の発祥店とされる老舗の人気店「白龍」を3年ぶりに再訪。本店は盛岡城址近くにあって駅から距離があるのが難点でしたが、駅ビルリニューアルに伴って「おでんせ館」1Fに白龍の分店が出来て非常に便利になりましたが、場所柄コロナ禍で観光客が来ないと辛いようで先客2、後客2とガラガラ。

 メニューは非常にシンプルでじゃじゃ麺と餃子しかなく「じゃじゃ麺・中(610円)」を注文。「ちいたんたん」は割愛。

 店内はL字型カウンター10席と4人卓×4、2人卓×2。

 注文すると「13分茹で時間をいただきます」と言われ、実際そのくらいしっかり待たされました。前回はランチタイムだったせいか意外なくらいさっと出てきて「茹で置き」疑惑が拭えませんでしたが、今回は店がガラガラなのでちゃんと注文を受けてから茹で始めたのでしょう。

Pairon002

 麺が結構熱を持っているため、皿が思いのほか熱いので注意。さほど量がないようにも見受けられますが、皿中央がへこんでいるので中でも十分な量があります。

 うどんと良く似たもちもちの麺の上に、肉味噌とネギとキュウリ、それに紅生姜を添えただけのシンプルな構成。肉味噌は「味噌をベースにひき肉、胡麻、椎茸 その他十数種類の材料を混ぜ込んで炒め寝かせた」ものだそうで、肉味噌が均一に麺に行き渡るようにぐちゃっぐちゃにかき混ぜて食べるのがおいしく食べるコツ。

 ただ麺の量に比べて肉味噌が少なく、せっせとまぜまぜしてもえらく薄味。やむなく卓上のにんにくやラー油、さらに味噌までぶち込んで味を調える羽目に。油そば同様、最初から客が自分で味を調整することを前提に薄味にしているのかな??

 麺はうどんに似ていますが水気が多くてかなり柔らかめ。うーん、こんなにぶよぶよだったっけ??? 以前はもうちょっとコシがあったような・・・でも肉味噌+にんにくの「しつこい2トップ」をしっかり受け止めるには個性のない麺がかえって相応しいのかも。また終盤になるときゅうりが箸休めとして効いてきます。

 「じゃじゃ麺」は少々しつこく、かつ最後は単調になりがちなのは否めないので連食には向きませんが、盛岡に来たら欠かせない味であることは間違いありません。でも今回は麺の状態がイマイチだったなぁ・・・

 

|

2021.09.25

長尾中華そば@青森 ~ こく煮干し

Nagaotyukasoba001

 青森駅前の「長尾中華そば」を約5年ぶりに再訪。以前は青森駅には近いことは近いものの広場を挟んだやや奥まったところに店を構えていましたが、いつの間にか駅横の商業ビル「ラビナ」の並びに移転してずっと判りやすくなりました。先客2、後客3。

 店頭のタッチパネル式券売機で「こく煮干し(800円)」を注文。麺は手打ち・中太麺・細麺が選べるので「手打ち」で。

 メニューは他に「あっさり」「あっこく麺」、限定メニューの「津軽煮干BLACK」「こく煮干し・塩」など。

 店内はコの字型カウンター10席程度。座席の前には壁が立ち塞がっていて厨房の様子が判らないどころか見通しが効かず。卓上には一味、七味、ラー油、ブラックペッパー。ラーメンは壁下の隙間から配膳されます。水は回転寿司屋にありがちな給水サーバーから。以前あったライス無料サービスは止めたみたい。

Nagaotyukasoba002

 店内に煮干臭が漂っているので否応無しに期待が高まりましたが、スープの出来はその期待を裏切らない優れもの。丼の淵の魚粉が目立ちますが、ざらつきは感じず。煮干がガツンと効いていて、しかもえぐみは全く感じられず。やや酸味がきついかなと思いましたが、これはこれで全体の味わいを引き締めるのに役立っているかと。

 麺は平打ちの太麺みたいのを想像していましたが、全然違っていてごく普通の太めの縮れ入り。口当たりが柔らか目で、もっちりとしてはいますが水気が多そうなうどんに近い食感で弾力性が強いとまではいかないので少々苦手。これだと中太麺のほうが良かったかなぁ・・・

 チャーシューは薄くて小さめ。メンマも細くて小さいのが少々。昔は刻みネギが多めに入っていたような記憶がありますが、今はごくごく普通。

 7時から「朝ラー」をやっているので、次回はそれにチャレンジかな?

|

2021.09.10

越後長岡小嶋屋 殿町本店@長岡 ~ へぎそばとタレカツ丼セット・大

Kojimaya_nagaoka001

 長岡駅大手口から徒歩10分弱。コロナ禍もあってなんとなく元気がないアーケード商店街のはずれに立地。20年以上前に往訪した記憶がありますが、いつの間にか建物が建て替わっていてびっくり!! 調べたところ2018年12月にリニューアルしたそうで。店は早い時間から結構賑わっており、駐車場に横浜ナンバーや品川ナンバーもいたりして、地元民のみならず観光客も立ち寄っていたようです。

 今回は「へぎそばとタレカツ丼セット・大(1999円)」を注文。新潟の名物を二つ並べた欲張りメニューで、人気No.1なんだとか。

Kojimaya_nagaoka002

 へぎそばは有名店ならどこで食べてもそんなに大きな差がないように思います(っちゅーか、店の比較が出来るほど短期間で食べ比べる機会がないのですが・・・)。つるつるとした食感、そしてやたら弾力性のある麺。他店ではもうちょっと海藻っぽい緑がかった色をしているところもあったかと思いますが、ここの麺は見た目は普通の蕎麦と変わりありません。

 新潟のかえしに枕崎産本枯れ節と北海道産の昆布からとった出汁を合わせたそばつゆは、出汁の美味さを殺さない薄味かつやや甘め。よってどっぷり浸けても何の問題もありません。薬味は刻みネギとわさびのみ。

 普通の蕎麦、例えば山形の板そばと比べるとへぎそばは個人的には味わいが単調で飽きやすいような気がします。従って飲んだ後に大勢で取り分けながら食べるのならともかく(というか、それがへぎそばの本来の食べ方ですが・・・)、一人で食べるなら必ず天ぷらかなにかをつけるべしというのが、長年へぎそばを食べてきた個人的な結論。

Kojimaya_nagaoka003

 そこでタレカツ丼を付けたのですが、これが予想以上にデカかった!! 丼ででーーんと出てきて完全にサイドメニューの範疇を逸脱しており、完全に一人前コース。ボリューム的にはタレカツ丼のサイドメニューとしてへぎそばが付いてくると言った方が良いレベル。

 ヒレ肉のカツを甘辛いたれにさっと潜らせただけのシンプルな一品ですが、タレといい浸かり具合といい甘すぎず辛すぎず、そもそも味が濃過ぎないのが気に入りました。「かつや」が時々期間限定商品として出すタレカツ丼とは雲泥の差。さすがに量が多すぎましたが、タレカツをかじって油分を加えながらのへぎそばも悪くありません。

 ただタレカツ丼自体も非常にシンプルなのでこれまた飽きやすいのが難。これは小にしたところで変わりないでしょうし、やっぱり天ぷらとへぎそばがベストチョイスかな・・・

 食べ終わりを見計らって蕎麦湯が出てきました。お腹一杯になってしばしまったり。

|

2021.08.23

松本からあげセンター@松本 ~ 山賊焼定食

Karacen001

 松本駅ビル「MIDORI」の4F。松本駅改札口は3Fにあるので、駅を出たらエスカレーターで1本です。ほぼ3年ぶりの再訪。相変わらずランチタイムはそこそこ賑わっていてテーブル席は塞がっており、前回同様小さなカウンターに案内されました。

 屋号が示すとおり、どちらかといえば「からあげ」が売り物なのかもしれませんが、メニューは「山賊焼」と「からあげ」で2トップを形成しています。早速「山賊焼定食(980円+税=1078円)」を注文。平日ランチタイムご飯大盛り無料サービスをやっています。

 また卓上の「がりもやし」が食べ放題。「がりもやし」とはその名の通り、寿司に付いてくる「がり」ともやしの和え物で若干酸味強め。博多ラーメン「一風堂」に置いてある辛味もやしほど食指は沸かず。

Karacen002

 うーん、相変わらずクソでかい・・・ にんにく効きまくりのタレなどで下味がついているのでこのままでも食べられなくもないのですが、アバウトな料理ゆえか下味の付き方にややムラがあり、薄いところはご飯のおかずにはちょっと物足りないので醤油で補強。途中でレモンをかけて味変。卓上にはごてごてとソースやからし、マヨネーズ等調味料が置いてあるので、お好みでどうぞ。

 外はサクっと、カラっとしていて、それほど脂っぽくもないので、一般的な「からあげ」よりははるかに好み。以前はジューシー感に乏しくて、最後はひらすら脂身の少ない鶏肉の塊と格闘しているような印象を受けましたが、ここは作り手によって差が出やすいのか大幅に改善されていて最後まで飽きることなく大満足。

 なおご飯は大盛といっても丼ではなく大きめの茶碗で出てくるだけなので、川口基準だと大盛でもなんでもなく、ゆえに最後は山賊焼が少々余ります。まぁご飯が丼で出てきたら明らかに食い過ぎですが(苦笑)。

 箸休めにキャベツが付いてきて、しかもキャベツお替りの無料サービスをやっていましたが、残念ながらキャベツは千切りではなくざく切りで、しかも芯に近そうなやたら堅いキャベツだらけで顎がくたびれてしまいました。また「とんかつ和幸」みたいに店から積極的にお替りを勧めてくるわけではないどころか、そもそも店員が不足気味、かつ見通しが効かない店なので気軽にお替りを頼めるような雰囲気ではないのが残念。

|

より以前の記事一覧