2018.06.16

大鵬@京都・二条 ~ てりどんきんし

012

 京都・地下鉄東西線二条駅からすぐ。再開発エリアのすぐ北にあるものの大通りには面しておらず、いかにも地元民向けの中華料理屋です。相当な人気店のようで先客14、後客7~8。退店時には外待ち3。

 早速ここの名物メニュー「てりどんきんし(850円)」を注文。なぜか紅生姜の要否を聞いてきましたが、もちろんアリで。

 「地獄盛」という恐ろし気なメニューもありましたが、たぶん場所柄立命などの学生さん向けでしょうなぁ・・・ なお「てりどんきんし」がメニュー先頭でしたが、客のほとんどがこれを頼むというわけでないどころか、注文したのは3~4人くらい。むしろラーメンとか担々麺とか麻婆豆腐セットとかランチメニューの類を頼んでいる人のほうが目立ちました。これも基本地元民向けの店である証拠でしょう。
 
 店内は4人卓×5、2人卓×1、さらにカウンター代わりの8人卓×1。中華料理屋ですが外観同様、内装も中華色皆無でただの小奇麗な食堂風。

010

 お皿にでんと盛られたご飯の上に甘辛い味付けの豚バラ肉がどーーんという非常に判りやすい一品。豚バラ肉は非常に柔らかくて食べやすいものの、味はかなり濃いめ。吉野家の豚丼と違って玉ねぎなど野菜が全く入らないのが特徴。よってこれだけだとすぐに飽きてしまいそうなところを巧く救っているのが錦糸卵。これを絡めることで単調さやしつこさがぐっと緩和されて食べやすくなります。おまけに思いのほかボリュームもあって大満足。

 中華スープは塩気控え目の超あっさり。

 非常にシンプルな一品だけに自作できそうな気がしてなりませんが、出来そうで出来ないんでしょうなぁ、たぶん。

| | トラックバック (0)

2018.06.09

神戸ラーメン 第一旭 神戸本店@神戸

002_2

 JR神戸駅を山側へ出て線路沿いに元町方面へ。15時前の中途半端な時間帯に往訪したせいか、先客3、後客1とがらがら。隣に旧店舗と思しき物件が残っていました。

 券売機はなく、店内のメニューを見て無難そうな「Bラーメン(700円)」を注文。

 店内はテーブル席主体で4人卓×5、カウンター代わりの大きな8人卓×1、カウンター6席。外観は小奇麗なのに、店内の雰囲気は関西にありがちな煮詰まった「餃子の王将」と大差がない趣きなのが不思議。卓上には漬物なり調味料なりがゴテゴテと。

008

 Bラーメンは実質チャーシューメンで、チャーシューが花びら状に整えられて登場。青ねぎやもやしに最初からコショウがかかった状態で出てきます。コショウをかけて食べるのが前提のようなラーメンなので、これでも何の問題もありません。

 スープは豚骨出汁こそしっかり効いているものの脂が多く、また醤油もきついので全く飲む気にならず。ただ麺なりチャーシューなりを浸すためだけに存在するスープだと割り切ってしまえば、これも悪くはありません。

 麺は細麺ストレートで、心持ちボサボサした食感。麺自体はスープに負けてはいませんが、これまたチャーシューなどを絡めてナンボという感じ。

 醤油だれで煮込まれたチャーシューは若干パサついているが、旨味は残っていてこれはこれでまた良し。細もやしと青ネギが多少の箸休めとなるものの、食べ終わると青ネギがあまって、スープの上に大量にプカプカと浮いているのは少々もったいない気も。

 正直たいして美味くはないチャーシューはこんなに要りませんし、かといってチャーシューがないAラーメンではあまりにも寂しい。Aラーメンにチャーシューを少しだけ添えた「サービスラーメン」というのを15~18時の時間限定で売り出しているようですが、それが一番バランスに優れているような気がしてなりません。

| | トラックバック (0)

2018.06.08

長田本庄軒 三宮センタープラザ店 ~ ぼっかけ玉子モダン

001

 三宮でランチといえば、B級グルメ然とした店が集う「三宮センタープラザ」のB1Fが個人的な行きつけ。今回は「長田本庄軒」へ行ってみました。外観は屋台然としていて早い時間帯から客が三々五々とやってきて賑わっていました。なお「長田本庄軒」は丸亀製麺等と同じトリドール傘下、かつ元来SCのフードコートにあるような店でこの店が例外的な存在。かつて北戸田のイオンモールにも出店していましたが、長持ちしませんでした。

 「長田本庄軒」は「ぼっかけ焼きそば」がウリで、壁のメニュー先頭の「ぼっかけ玉子モダン・並(700円)」を注文。ランチタイムには味噌汁&ご飯が付いたセットメニューもやっており、この辺りは「お好み焼定食」同様炭水化物に炭水化物を重ねる関西の奇習なのかも。

 店はL字型カウンター15席くらいで席間狭め。卓上にはオリジナルソース、どろソース、マヨネーズ、あおのり、一味。鉄板からの放射熱で夏でもないのに暑いのなんの。

006_2

 全くインスタ映えしない「茶色い何か」という外観で登場。ソースはデフォルトでもたっぷりかかっており、卓上のソースは何のためにあるのか訝しくなります。ソースは濃厚かなり甘めでスパイシーなタイプではありません。麺は太麺で弾力の強いもっちりしたタイプ。しかもただの焼きそばと違って、玉子で丸くふわっとまとまっているのが面白い。

 そしてこの店のウリである神戸・長田名物の「ぼっかけ」がたっぷり。牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだものですが、ソースの甘辛さとは明らかに違う味わいなので良いアクセントになります。ただ濃い味に濃い味を重ねていることには違いなく、野菜は青ネギとわずかにキャベツが確認できる程度で玉ねぎやもやしはなく、箸休めになるものが少ないので、「並」ならともかく「大」だと飽きるような気がします。

 飽きずに食べるには実はご飯付き「定食」のほうが良いという、関西の罠かもしれませんが(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2018.06.05

つたふじ@尾道 ~ 中華そば・並

010

 尾道駅から海沿いの大通りを東へ15分ほど。近隣の「朱華園」と並ぶ尾道の老舗ラーメン店で、開店10分前に到着したところ先客2。さらに開店までに10人ほどやって来て、退店時には行列が10数人くらいに伸びていました。

 中に入るといきなりオバハンに「並か?大か?」と聞かれます。先客は意表を突かれたようにポカンとしていましたが、「中華そば・ 並(550円)」を注文。もっとも中華そばしかメニューがないわけではなく一応中華うどんもあり、また卓上におむすびやいなりもあるので、いきなり「並か?大か?」はないんじゃないかと思いますが・・・

 外観からも想像がつく通りやや小汚い店で、しかも10席ほどのカウンターの席間が非常に狭いので、荷物がある方には勧められません。卓上のコショウ缶はいつから使っているのか、妙な毒々しさを漂わせています。

005

 スープが丼になみなみと注がれて出てくるのは嬉しいのですが、なぜかレンゲ無し。しかも尾道ラーメンの象徴「背脂ミンチ」がプカプカ浮いているのはともかく、表面の脂の量がやたら多いので最初は食べづらいのなんの。

 スープのベースは豚骨&魚介ベースのようですが出汁はさほど強いようには感じられず。醤油も薄めなので本来あっさり味になりそうなところを、どう見てもバランスを逸している脂のおかげでかなりこってり。あと、オッチャンが配膳前に白い粉(苦笑)をせっせと振りかけているのが丸見えっちゅーのも。要するにこれでなんとか持たせているだけなんやろうなぁ・・・

 麺は細めのストレートで、若干ボソボソした口当たり。量は少なめ。

 チャーシューは旨味が抜けきったようなパサパサした味わいで当然硬め。他にメンマ、青ネギ。

 老舗であることに胡坐をかいているとしか思えない一杯でした。

| | トラックバック (0)

2018.06.04

喰海@尾道

009_2

 尾道駅から海沿いの大通りを東へ5分ほど。先客9、後客6。尾道の主要観光スポットからは若干外れていますが、駅に近いせいか観光客でそこそこ賑わっていました。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「ラーメン(580円)」を注文。なお観光客で基本メニューを頼む人は見当たりませんでした(苦笑)。

 店内はカウンター9+5席と4人卓×4。

007

 スープは「瀬戸内の小魚から煮出した魚系スープと、とんこつ・鶏ガラ・野菜などから煮出した動物系スープを絶妙なバランスで配合」とのことですが、両者のバランスが良く、共に強く自己主張はしないが物足りない訳でもないという訳でもありません。表面の脂もほどほど。醤油を含めて全体に薄味、かつあっさり目。

 麺は心持ち平たい感じの細麺ストレート。意外にもそこそこ噛み応えがあって気に入りました。スープとの相性も文句なし。

 具は薄いチャーシュー、メンマ、青ネギ、そしてこの値段で半熟玉子半個付きとはなかなか嬉しいサービス。

 やたら濃い味に慣れた人、強い刺激を求める人には物足りないかもしれませんが、こういうあっさり目のラーメンも悪くありません。

| | トラックバック (0)

2018.06.02

陽気 大手町店@広島・中電前 ~ 中華そば

002

 広島の老舗「陽気」。本店は電車では行きづらい江波の南はずれにあり、しかも夕方以降しかやっていないので、行きやすい大手町店で妥協。先客3、後客ゼロ。チンチン電車「中電前」電停の近くにあり、本通の商店街からもそれほど離れていません。

 券売機を見ると、なんとメニューは「中華そば(600円)」のみ。「にぎり」とのセットを頼むのが一般的と思いますが、昼に広島焼を食べてからさほど時間も経っていないので中華そばだけで。

 店は案外奥行きが深くて縦長カウンター10席強と4人卓×2。卓上には胡椒のみ。カープのカレンダーはもちろんバスケットボールチームのポスターも目だちましたが、サンフレは何処へ(苦笑)。

009

 スープはかなりライトな豚骨醤油。わずかにニンニクを効かせているせいか旨味は充分で、やたら濃いだけの豚骨醤油よりははるかにマシですが、惹き込まれるというまでには至らず。またこの感じだとおにぎりをつけるにはスープがライトすぎて相性微妙。

 麺はストレート細麺。かなり柔目で好みに合わず。スープに合わせるとこんなものかもしれませんが、好みから外れすぎていました。

 細もやしはそこそこしゃっきりしていてまずまず。一方チャーシューは薄くて小さくてパサつき加減。値段の割に枚数が多いのだけが取り柄みたいな。他に青ネギ。

| | トラックバック (0)

2018.03.28

丸政@小淵沢新駅舎 ~ 山賊そば

024

 昨夏に新築された小淵沢駅の見学ついでに、名物の「山賊そば(420円)」を試食。駅そばは全国的に退潮著しく、駅の新築・改築と共に姿を消してしまう例が少なくないのですが、小淵沢の新駅舎内で健在でした。但し、1・2番線ホームにあった店は売店ごとなくなってしまったようです。

018

 旧駅舎時代から「山賊そば」はメニューにあったものの、数多くあるメニューの中に一つくらいの位置づけだったはず。ところが新駅舎への移転を契機に「山賊そば」を猛プッシュしだした模様。

012

 巨大な唐揚げが丼にゴロンと横たわる奇怪なビジュアルは相変わらず。弥生軒@我孫子の「唐揚そば」とよく似ていますが、唐揚げの出来が段違い。たぶん使っている油の質が決定的に違うのでしょう。こちらはなんら飽きることなく一気に食べ進められ、食べ終わっても胃のもたれ感皆無。そのせいかどうか判りませんが、もう一品トッピングしている客もちらほら。

 立ち食いそばにしては麺が太目なのも特徴。昔は首都圏のNRE系の駅そばより麺も美味いと思ったのですが、首都圏駅そばの「きらく」化が進んだ今となってはそうでもないかな?

010

 カウンターは狭小なので待合室に持ち込んで食べる人が少なくないのも相変わらず。ただ昔のふきっ晒しの待合室と違って冷暖房完備なのでめっちゃ快適になりました。小淵沢駅が賑わう夏季には少々手狭な気もしますが。

| | トラックバック (0)

2018.03.25

漁師めしや 波魚波@伊東

008

 伊東線伊東駅から徒歩20分くらい。温泉街から外れた伊東港に面した幹線道路沿いにある「いとう漁協直営」の店です。外観といい、店内のレイアウトといい、どう見ても元ファミレスで、潰れたファミレスの居抜きなのかもしれません。

 場所柄温泉街散策の一環or湯上りの一杯というより、ドライブ客が多そうな感じですが、平日の昼間にも関わらずテーブル席はいつも7割程度埋まっていて、漁港ビュー(笑)の席はいつも満席でした。

 数あるランチメニューの中から「黒潮定食(1850円)」を注文。刺身だけだと厳冬期には体が冷えそうなので、フライ付きに惹かれました。限定15食というのにも。

006

 盗れた魚を出すのがこの店のポリシー。よってナントカ定食といっても出てくる魚は日によって違い、この日は「赤やがら、きんめ、まめじ、いさき、あおり烏賊、平そうだぶったたき」という構成。あおり烏賊以外はあまり刺身で食べる機会がなさそうな品々で、そもそも赤やがらって見たことも聞いたこともないような。なお店のポリシーとして「サーモン・イクラ・ウニ」は出さないそうです(笑)

 普段ロクな魚を食べていないので、漁港で地のものを食べたら何を食っても美味いとしか言いようがなく、食レポとしては甚だ失格ながら大満足の一品でした。

| | トラックバック (0)

2018.03.24

思案橋ラーメン@長崎・思案橋電停 ~ 爆弾ちゃんぽん

011

 正覚寺下行きのチンチン電車に乗って思案橋電停下車。観光通り電停との中間あたりにあります。外観通りご立派な中華料理店ではなく、オッチャンオバチャンがやっているただのラーメン屋です。長崎出身の大スターが絶賛している店として知られており、店内至る所に色紙がベタベタ。ただ往訪したのが夕方の中途半端な時間帯なので、先客3、後客3とガラガラでした。

 着席して早速「爆弾ちゃんぽん(900円)」を注文。麺類メニューの先頭はちゃんぽん類で、次が皿うどん、最後にラーメン類の順。ラーメン屋なのにおでんが置いてあり、場所柄夜はチョイ飲み兼用なのかも。

 店内は横長カウンターが10数席と4人卓×4。店内は小汚く、大スターの推しがなかったら女性客は敬遠するんじゃないかと思いますが・・・また店内には強烈な豚骨臭が漂っています。

007_3

 「爆弾」とはすりおろしにんにくにラード等を混ぜたペーストのことで、これがこの店の売り物。爆弾を溶かす前にスープを賞味してみましたが、うーーーん、店の豚骨臭はいったい何なのかと訝しくなるくらいコクがイマイチ。あっさり系の豚骨スープでもこうはならんだろうという気が。爆弾を溶かし込むことを前提に、わざわざ超あっさり目に仕上げているのかなぁと前向きに解釈しましたが、溶かし終えても全然物足りない。コショウを振りかけてなんとか成り立たせるレベル。なお意外なくらいにんにく臭はありません。

 このスープだとラーメンならともかくちゃんぽん麺に合わせるにはいくらなんでも弱すぎでしょう。具は豚肉、イカ、キャベツ、かまぼこ、きくらげ等々いたって標準的。

| | トラックバック (0)

2018.03.22

あんかけスパマ・メゾン エスカ店@名古屋 ~ 味噌カツあんかけスパ

002

 名古屋駅に隣接する地下街「エスカ」のどんづまり。近くに味噌カツ「矢場とん」あり。夕方の中途半端な時間帯のせいか、先客1、後客1とがらがら。

 外見で判る通り「あんかけスパ」が売り物の店です。メニューも多彩で、場所柄観光客や出張族を強く意識した様な「味噌カツあんかけスパ(1080円)」にあえてチャレンジしてみました。サイズはS/M/Lとあって「M」で。

 店内は横長カウンター10席強と4人卓×3、2人卓×1。店内やや手狭で荷物が多い方にはちょっと不向きかも。

007_2

  ここのあんかけソースはピリ辛とも言えない程度の辛さ。酸味も強くなく、旨味にこだわったようなつくり。それはともかく、これが味噌カツの甘い味噌とどうにも合いません。個性の強いもの同士が喧嘩してるだけで、味噌とカレーのようなお互いの良さを引き出すコンビネーションのようなものが一切感じられません。いわば高原とエジ、ポポとセルのようにお互いにバラバラに動くだけの2トップみたいな。

 これだけとトッピングとしてはただのトンカツのほうがまだマシのような気もしますが、もとのパスタ自体が炒め物で脂っぽいから、トンカツでもその脂っぽさを加速してしまうだけかも。

 肝心の味噌カツとの相性が悪く、残った具は玉ねぎだらけで、コーンが少々となると非常に厳しいーーー!!!

 やはりあんかけスパは奇をてらわず、ミラカンなりミラネーズにしておいたほうが無難だったと反省するも時すでに遅し。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧