2022.10.04

ちゃん 四日市店@近鉄四日市 ~ トンテキ

 豚肉のステーキ、俗称「トンテキ」。全く地方色がなさそうな一品ながら、どういうわけか三重県の四日市がその発祥の地として「トンテキ」をガン推ししており、

・濃い味の黒っぽいソースが絡められていること
・厚切りの豚ロース肉を使用していること
・ニンニクが添えられていること
・千切りキャベツの付け合わせがあること

などを主な特徴として挙げています。

Chan_tonteki001

 往訪したのは近鉄四日市駅の西側に広がる飲食店街内の「ちゃん 四日市店」。11時半の開店10分前に到着したところ先客2、開店までに後客3。その後も三々五々客がやって来て、退店時には外待ち3人という盛況ぶりでした。
 
 ランチメニューの中からトンテキ(200g)にライスと味噌汁がついた「四日市セット(1330円)」を注文。
 
 トンテキ推しの店ですが、もともとはラーメン屋だったのか、各種ラーメンとトンテキを組み合わせたメニューも。

 店内はテーブル席のみで、2人卓×5と4人卓×5。卓上には醤油、ラー油、胡椒。

Chan_tonteki002

 ここのトンテキは「豚肉肩ロースをにんにくとラードで蒸し焼きにし、特製ソースでからめ、山盛りのキャベツに盛り付けたもの」とのこと。豚肉には一応切れ目が入っていますが根元はくっついているグローブ状で、ナイフ&フォークはなく、かぶりついて噛み切ることを前提としています。がぶりと行くのに抵抗がある方には「トンテキコマギレ」がお勧め。

 黒々とした特製ソースは脂っぽいものの、ウスターソースに似たサラサラ系。しかしスパイスががっつり効いた風ではなく、ニンニクが目立つ割にはあまりニンニク臭くもありません。ガーリックまみれの松屋にありがちなタレに慣れると意外なくらい薄味と言っても差し支えないレベル。しかも山盛りがキャベツ良い箸休めになるので、全く飽きが来ません。

 ご飯はおかわり自由で、当然ながらおかわりを頼む客が続出。中京圏なので味噌汁は赤だしですが、個人的にはトンテキには全く合わない気が・・・朝ご飯に赤だし味噌汁はむしろ好きなほうですが・・・

|

2022.09.27

すみよし@那珂湊 ~ ソース焼きそば

Nakaminatoyakisoba001

Nakaminatoyakisoba002

 茨城県にあるひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅で盛んに宣伝されている「那珂湊焼きそば」。

Nakaminatoyakisoba003  

 那珂湊焼きそばを提供する代表的な店としてネット等でよく紹介されている「すみよし」へ行ってみました。駅から徒歩10分弱。おさかな市場へ向かう途中にあります。外観から察しが付くように焼きそばがメインの店ではなく、冬のあんこう鍋等本来は割烹料理屋のようです。
 
 注文はタブレット端末から。上のほうにあるタブは「あんこう料理」や「うなぎ御膳」。「焼きそば」のタブは下の方にあって判り辛いのですが、早速「ソース焼きそば・大(715円)」を注文。「中」だと605円。なお「しょうゆ焼きそば」もありましたが、ソース焼きそばより200円以上高いのが謎でした。

 店内は割烹料理屋らしくテーブル席のみ。でも小上がりにもちゃぶ台ではなくテーブルをずらずらっと並べたのは足が悪い方に配慮したのかな?

Nakaminatoyakisoba004

 焼きそばにしては白っぽいルックスで登場。「底にソースが溜まっているのでよく混ぜて」と案内され、一頻りまぜまぜ。

 麺は太目のほぼストレートタイプでややざらつきのある口当たりなのはともかく、麺が極端に短いのが特徴。若干柔らかめの仕上がりなのは「手延べせいろ蒸し麺」であることから来ているのかな?

 具はキャベツ、刻み玉ねぎをメインにもやしが少々、わずかに紅しょうが。そして青海苔がアクセントに。肉や海産物は全く見当たらず。また玉ねぎはともかくキャベツの刻みもかなり細かいせいか、具は少なく感じました。
 
 せいろ蒸しにするときの差し水替りに豚骨系スープを使用している上に、野菜をラードで炒め、さらにウスターソースと豚骨スープが混ざったタレを絡めて食べることから、白っぽいルックスに相反してかなり脂っぽい印象を受けました。しつこくはないものの、具が多くはないせいか、少々飽きやすいかなぁ・・・そこで別添のホワイトペッパーで変化をつけながらフィニッシュ。

Nakaminatoyakisoba005

Nakaminatoyakisoba006  

 ついでに近隣のおさかな市場を冷かしたり、反射炉跡を見学したり。

|

2022.09.23

水車生そば@天童 ~ 元祖鳥中華

Suisyakisoba002

 天童駅から温泉街へ向かって徒歩20分弱。ほぼ8年ぶりの再訪。早い時間帯から地元の方々を中心に賑わっていました。
 
 屋号&外観どおりバリバリの蕎麦屋ですが、一番の人気商品は「元祖鳥中華(830円)」。昔は地元の方が「鳥中華」を食べていて、観光客は蕎麦を食っている方が多いという感じでしたが、今や観光客にも「鳥中華」のほうが有名になってしまったようで。
 
 でも「鳥中華」は蕎麦メニューの片隅にちょこんと載っているだけで、「鳥中華」はほんらいまかない食であり、口コミで一部の人にだけ提供していた裏メニューだったという出自を表しているような気も。店は依然として蕎麦屋であることに拘っているようで、ほぼ「冷しらーめん」専門店になってしまった蕎麦屋とは違う!!と言わんばかり(苦笑)。

Suisyakisoba001

 丼から溢れんばかりのたっぷりのスープ。そして表面には揚げ玉がびっしり。中華麺を使っているので「中華」を名乗ってはいるものの、スープは限りなく蕎麦つゆそのまんまの和風仕立てでやや甘め。まるでたぬきそばのように揚げ玉を大量投入したためコクもマシマシに。また全然しょっぱくないのでついついぐいぐいとつゆを飲んでしまいました。
 
 麺は黄色い中太縮れ麺。つるつるした口当たりで、噛み応えもしっかり。でもスープとの相性はいたって良好。大盛を頼んでいる後客もいましたが、デフォルトだと量的に物足りないという訳でもなさげ。

 柔らか目の鶏肉がゴロゴロ。ただ味が超淡白というかなんか旨味が抜けちゃったような感じで、ここはもうひと頑張りして欲しいところ。他に刻み海苔といい、三つ葉といい、これでもかこれでもかと蕎麦っぽいテイストが満載。
 
 付いてきたたくあんはぬか漬けでちょっと苦手。

|

2022.09.22

仙台っ子 仙台駅前店 ~ 仙台っ子ラーメン

Sendaikko001

 仙台駅の北、PARCOの向かい辺り。アーケード街「ハピナ名掛丁」の入口近く。仙台を中心に店舗展開しているチェーン店です。
 
 券売機はなく、卓上のメニューを見て基本と思しき「仙台っ子ラーメン(750円)」を注文。終日ライス無料サービスあり。
 
 店内はくの字カウンター9席と4人掛けボックス席が5セット。カウンター席は一席置きに使用。卓上にはラー油、酢、醤油、ブラックペッパー、豆板醤、おろしニンニク。

Sendaikko002  

 屋号からは全く想像できませんが、ルックスで判る通り「仙台っ子ラーメン」は豚ガラ&鶏ガラベースの醤油味といっても「家系」を強く意識したもののよう。スープは若干とろみがかっていますが動物系出汁はともかく、かえしがかなり控えめ。首都圏で「マイルド」と評される家系の店よりもさらにライトな感じで、神田の「わいず」のようなガツンと来るタイプとはまさに対極。さすがにこれでは物足りないので早々と豆板醤とニンニク投入。
 
 麺は中太ほぼストレート。首都圏でよく見かける麺よりは心持ち細い気も。
 
 具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、刻みネギとこれまた家系にありがちなもの。

|

2022.09.20

栄屋本店@山形 ~ 冷しらーめん

Sakaeyahonten001

 空洞化著しい繁華街「七日町」の一番街内。山形駅から歩くと20分程度かかります。「冷しらーめん」の元祖として有名な店で結構な行列店と聞いていましたが、夕方の中途半端な時間帯に往訪したせいか、先客5、後客1と空いていました。北山形駅近くにある「栄屋分店」には10年以上前に行ったことがありますが、本店は初めて。
 
 券売機はなく、卓上のメニューを見て早速「冷しらーめん(935円)」を注文。後払い。 
 
 外観は明らかに蕎麦屋で、そば・うどんのメニューもあるにはあるのですが、実態はほぼ「冷しらーめん」の専門店。温かいらーめんもメニューのほとんどが休止扱いになっていました。

 店内は4人卓を壁に寄せて2人掛けにしたような卓が5つと8人卓×1。さらに店奥に座敷がありました。卓上には一味、酢、胡椒。水セルフ。

Sakaeyahonten002

 随分と賑やかなルックスで登場。一見ごくフツーの醤油ラーメンに見えるものの、スープが冷たくて氷すら浮いています。冷しても脂が固まらない工夫を施してあるのがミソ。
 
 牛出汁と聞いていましたが、冷たさにマスクされたせいか牛らしい甘さや癖はあまり感じられず、むしろ蕎麦つゆっぽい節系中心の和風の味わいが強く出ているように感じました。氷が溶けても良いように濃いめに作ってあるような気がしますがしょっぱくはなく、雑味がないすっきりした美味さにつられてぐいぐい飲んでしまいました。またスープの量はかなり多め。
 
 麺は中太ほぼストレートタイプでつるつる&もっちりした食感。とにかく麺が秀逸でつけ麺があると良いのに思うのですが・・・また麺の量も多め。
 、
 牛チャーシューは薄くてなんだかコンビーフみたいな味わい。きゅうり&茹でもやしとやたら水っぽい具が「冷し」を演出。他に薄切りメンマ、刻みネギ、かまぼこ、海苔。

|

2022.09.10

新京@伏見(名古屋) ~ ベトコンラーメン

Betokon003

 名古屋市地下鉄伏見駅5番出口を南へ。ファミマのある最初の交差点を左折してすぐ。半地下の店です。なかなかの人気店のようで、入店したところ中待ち3人。ただ回転は良くて5分ほどで着席。しかも一番混んでいる時間帯に来てしまったようで、退店時にはかなり空席が出来ていました。
 
 早速この店のウリである「ベトコンラーメン(800円)」を注文。またこの店の人気商品である「ちょいゲソ(200円)」も付けて見ました。「ベトコン」といえば「南ベトナム解放民族戦線」という死語というか歴史的な用語を思い出しますが、「ベトコン=ベストコンディション」という意味だそうで。なおランチタイムはライス一杯サービス付き(セルフサービス)。
  
 ランチメニューは「ベトコンラーメン」の豪華版である「国士無双」の他、サッポロラーメン(醤油)、オーメン(塩)など。
 
 店内は居酒屋風で手前にテーブル席、中がカウンター、店奥に掘りごたつ式の座敷といった塩梅。強烈にニンニク臭い(でも女性客もそこそこいます!)上、冷房の効きが良くなくて少々蒸し暑いのが難儀。また店員不足でテンパり気味で言わないと水も出てきません。

Betokon001

 炒めたもやしやニラの上にニンニクがごろごろ。そしてわずかに豚肉も。ビジュアルは、いわゆる「スタミナラーメン」っぽいんですが、鶏がらベースと思しきスープはかなりオイリーで、しかもピリ辛を少し通り越した辛さ。店の蒸し暑さも手伝って食べ進むと汗がダラダラ。それでも旨味は充分で辛さを堪えて飲み進みたくなるのが不思議。隣の兄ちゃんは恐ろしいことに全部飲んでいました!! ニンニクの茹で加減が面白くて、まるでサツマイモみたいなホクホクした食感。
 
 麺は細め&緩い縮れ入り。やや硬めで、水気の少なそうなチープでボソボソした食感。

Betokon002

 ちょいゲソは塩胡椒を濃いめにふりかけたもの。衣に厚みがあって、もっちりした食感は「餃子の王将(関西限定)」の海老の天ぷらにそっくり。でもラーメンのサイドメニューとしては特に頼まなくても良かったなぁ。
 
 なお「新京」は昔池袋に進出したものの、あまり長持ちしませんでした。試食した際も正直全然良い印象は受けなかったのですが、改めて名古屋で試食してみると全くの別物。池袋で出していたのは何だったのか・・・

|

2022.09.09

角千 守山店@守山自衛隊前 ~ ころきしめん

Kadosen001

 名鉄瀬戸線守山自衛隊前駅から徒歩10分弱。名古屋のきしめん・うどん専門店の老舗の支店で,SAや空港にも店を出しているようですが、守山店はなんでこんなところに店があるのが不思議なくらい住宅地のど真ん中に建っています。先客5、後客5。
 
 今回は「ころきしめん(470円)」にチャレンジ。ここは券売機ボタンが実にユニークで、最初に「うどん」「そば」「きしめん」のボタンを押し、その次に「かけ」「えび天」「カレー」などのオプションを押す方式。「きしめん」→「ころ」で「ころきしめん」が出てきます。

 郊外店らしく店内は広々。手前にL字型カウンター10席と店奥に島式カウンター4席×2。さらに2人卓×4。最奥には小上がりもある模様。

Kadosen002

 「ころきしめん」とは要するに「冷やしきしめん」のこと。つゆは鰹節の味がはっきりとわかるいつものアレですが、冷え冷えで出てくるので夏には嬉しい一品です。麺はツルツルした食感の幅広麺ですが、冷やしのせいか案外噛み応えがありました。

 具はわかめ、刻みネギ、なると非常にシンプル。薬味に生姜が付いてきます。なお普通「冷やし」は「温」よりひと手間かかるので「温」よりちょっと高いのが普通ですが、ここはなぜか「かけ」と同値段でした。

Kadosen003

 また「冷やし」のことをなぜ「ころ」と呼ぶのかはよく判らないようです。しかも「ころ」という言い方は名古屋以外の人には通じないせいか、名古屋駅ホームのきしめん店では「冷やしきしめん」と呼んでいました。だから今まで「ころきしめん」の存在に気づかなかったのかも・・・

|

2022.09.06

政家 新潟駅南店 ~ 並盛かつ丼

Maturiya002

 新潟駅南口からまっすぐ南へ伸びる通り沿い、ドンキホーテのあるビルの2F。ほぼ8年ぶりの再訪。屋号は「まつりや」と読みます。
 
 ここを再訪したのは新潟名物「タレかつ丼」の試食目当て。店のメニューには「かつ丼」としか記されていませんが店先には「タレかつ丼」の幟が揺れています。早速「並盛かつ丼(990円)」を注文。ごはん大盛り無料とのことで大盛りにしてもらいました。
 
 タレかつも色々なバリエーションがあり、タレかつカレー丼、味噌かつ丼、塩かつ丼、(期間限定)とろろかつ丼等も。
 
 店は案外奥行きがあり、手前がテーブル席、奥が座敷席。駅から少し離れていますが、駅ビルが一部改装中で食事処が減っていることもあってか、観光客らしき姿もちらほら。

Maturiya001

 味噌汁&漬物付きで登場。トンカツをさっとタレにくぐらせただけのシンプルな逸品。タレは「野菜や鶏ガラのスープと本醸造醤油と上白糖を合わせた」ものとのこと。ソースかつ丼にありがちなしつこさ、胃もたれ感は全くありませんが、甘めの味わいなのでそこは好みが分かれそう。
 
 トンカツはそこそこ厚みがありながらさくっと簡単に噛み切れる上質なものが3枚。ただカツの下にキャベツなど野菜類が全く添えられていないので味わいがどうしても単調になりがちで、終盤飽きやすい嫌いも。そこで最後の一枚に卓上の七味をかけてみたところ、これが味変アイテムとして大当たりでした。

  でも千切りキャベツや温泉玉子、ソフトドリンクが付いた「かつ丼ランチ(1210円)」を頼む客が目立ったのは、やはり単品だと飽きやすいと思っている方が多いのかも。

|

2022.08.20

丸高中華そば 神戸二宮店@三ノ宮 ~ 中華そば(和歌山ラーメン)

Marutaka2207001

 三ノ宮駅から新神戸駅へと伸びる「フラワーロード」を北へ。加納町3丁目交差点を右折してすぐ。三ノ宮駅からは徒歩10分弱。「和歌山ラーメン」がウリの店で先客6、後客9。客層が実に幅広く、店外までスープの匂いが漂ってくる店にも関わらず神戸らしいおしゃれなお嬢さんもやってきます。

 店内のタッチパネル式券売機で「中華そば(750円)」を注文。タッチパネルのデフォルトが「ランチセット」になっていて、ご飯や半チャーハンなどとのセットものを頼む方が多いのかも。

 店内は縦長L字型カウンター9席と4人卓×3。卓上にはラー油、胡椒、一味、しお、餃子のたれ。水セルフ。

Marutaka2207002

 茶濁したスープはややとろみががっていますが、豚骨出汁とかえしのバランスが実に良い。見た目と違って全然しょっぱくなく、いたずらに味が濃いわけでもなく、ちょっと甘目&出汁の旨味にぐいぐいと惹き込まれました。

 麺は中細ストレートで心持ち硬めの仕上がり。スープとの相性、絡みも文句なし。

 バラ肉チャーシューは薄く、メンマも薄め。他に刻み青ネギ、ナルトと具は多くなく、これだとご飯のおかずには厳しそう。量的に物足りない時は半チャーハンがベターかと。

|

2022.08.03

一元本店@御門台(静岡) ~ もやし味噌ラーメン

Itigen_kusanagi002

 静岡鉄道御門台駅から北へ。新幹線のガードをくぐってすぐ。駅から3分ほど。どう見ても自宅の1階を改装したような店ですが地元民には人気はあるようで、先客5、後客11。退店時には外待ち4。昨年7月に「ケンミンショー」で紹介されてことを契機に往訪してみました。

 券売機はなく、店内のメニューをみて「もやし味噌ラーメン・並(1000円)」を注文。この店の人気メニューで、先客・後客ともそれを注文している方が目立ちました。
 
 メニューは他に醤油ベースや塩ベースのラーメンも用意。

 店内は壁際にカウンター3+2席と4人卓×1、2人卓×2。卓上にはラー油、酢、醤油、一味、ソース、胡椒。おしぼりサービス付き。水ではなく緑茶が給水ポットでどーーーんと出てくるのがいかにも静岡。

Itigen_kusanagi001  

 やたら広口の丼で登場。そしてもやしの上に味噌がべっとり。味噌を溶かす前にスープの味を確認してみましたが、正直動物系の出汁の味しかしませんでした。この感じだと龍上海@赤湯のように味噌をちびちび溶かして味わいの変化を愉しむ系ではなく、最初から豪快にかき混ぜるのが前提なのかも。

 また味噌は辛味噌ではなくごく普通の味噌。スープの量が多いせいか、全部溶かしてもあまりしょっぱくならず、味噌ラーメンにしてはかなりあっさり目。その辺はもやしがたっぷり入っているせいかも。やや物足りないので卓上のラー油や一味を投入。

 麺は味噌ラーメンでは極めて異例なことに極細ストレート!!でもスープには全く負けていません。スープがあっさり目なのに合わせた麺なのでしょう。なお並でも量多め。

 チャーシューは細かい千切り。噛み締めると旨味が出てきます。他に刻み青ネギ、白ゴマ。

|

より以前の記事一覧