2019.04.14

はらっぱ 駅ビルモントレー店@高崎 ~ 赤唐辛子とにんにくのトマトソース

003

 高崎駅ビル「モントレー」の5Fにある飲食店街内。高崎駅東口からさほど遠くないところにあった本店は、かなり遠くへ移転してしまったので駅ビル店を往訪した次第。夕方の中途半端な時間帯のせいか店は空いていましたが、客層は「ジャンゴ」より明らかに若く、かつ女性しかいませんでした。

 メニュー先頭で店のイチ推しっぽい「赤唐辛子とにんにくのトマトソース(940円+税=1015円)」を「普通」サイズで注文。パスタの量だけではなく乾麺(ディ・チェコ)か生パスタかも選べるようです。但し生パスタは若干料金上乗せ。

 店内は横長で壁沿いにカウンター8席と2人卓×6。入口脇にも喫煙席と思われるカウンター席が少々。

002_2

 パスタが真っ赤なトマトソースにどっぷり浸かっただけの、「スープパスタ」と言ったほうが相応しい非常にシンプルな構成。唐辛子でピリ辛に仕上げ、さらにニンニクを利かせているせいか、トマトソースにありがちな酸味はあまり感じられず、個人的には非常に食べやすくて気に入りました。

 スープに具はないに等しいので、単に麺をスープに絡めて食べるだけならシンプルすぎて途中で飽きが来そうなものですが、そこを上手く救っているのがやたらたっぷりとふりかけられた粉チーズ。麺に時折粉チーズを絡めると一転して濃厚な味わいに変化。基本のスープの味と、チーズが入り混じった味とを交互に楽しむことで、最後まで飽きることなく食べきれました。もっとも最後はチーズが少し余って、ただのチーズの固まりになってしまいましたが(苦笑)

| | トラックバック (0)

2019.04.13

シャンゴ 問屋町本店@高崎問屋町 ~ シャンゴ風・Sサイズ

002

 なぜかパスタの人気店が多い高崎。その中でも老舗中の老舗、群馬県内に9店舗展開している「シャンゴ」の問屋町本店を約2年半ぶりに再訪。高崎駅の一駅先、JR上越線・高崎問屋町駅から北西に伸びる幹線道路沿いにあり、駅から歩いて15分強。

 結構な人気店のはずですが、さすがに平日の朝イチからやってくる人は少ないようですが、それでも開店30分もするとババ友中心にどう見ても母娘だとか、老夫婦とか、外勤中っぽいサラリーマンとかで店は賑わっていました。

 パスタメニューの中から、「ケンミンショー」で取り上げられていた「シャンゴ風」をSサイズ(790円+税=853円)で注文。以前「ベスビオ」のMサイズ(200g)を試食した際、案外量が多くてびっくりしたので今回はSに。Mサイズは自分の腹具合的にはつけ麺の300g(茹で前表示)と良い勝負。なんか大手町や有楽町にあるサラリーマン相手の量自慢っぽいスパゲティー屋の一品と大差ない量が出てきてとにかく参りました。

010

 「シャンゴ風」はこの店オリジナルのメニューで、要するにスパゲッティの上にトンカツを乗せ、さらにミートソースをその上からどっぶりとかけた代物。しかもミートソースはトマトソース寄りではなく、デミグラス風。そしてこのミートソースがめちゃくちゃ甘い!! ゆえに好き嫌いが分かれそうな一品だと思います。

 一方「上州麦豚ロースカツ」を使ったとされるトツカツは特に大きくもなければぶ厚くもなく、サクサクとした食感が楽しめる軽めの仕上がり。それゆえSサイズだとミートソースの甘さにヘキヘキとしながらも一気に食べ進められました。Mサイズだとたぶん途中で轟沈したかも・・・

 個人的には話のタネに一度食べれば十分かなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2019.03.28

佐藤屋@山形 ~ 芋煮そば

015

 山形駅東口から北へ線路沿いに歩いて10分ほど。繁華街や官公庁街から外れた住宅地内にポツンと建っています。先客ゼロ、後客1。

 屋号に「芋子煮そば処」が冠せられている通り、ここの売り物は「芋煮そば」ないし「芋煮らーめん」。メニュー先頭は中華そば、ついで芋煮らーめんでしたが、「当店のおすすめ」とある「芋煮そば(950円)」を注文。

 店内は4人卓×5と小上がりに4人卓×2。全席禁煙なのは嬉しい限り。爺さん婆さんの二人で切り盛りしているようですが、接客にあたる婆さんも注文を取るとすぐに店奥に引っ込んでしまい、あんまり商売っ気なさげ。蕎麦屋なのに事実上お茶セルフ。

008

 意外にも蕎麦にしてはやたら広口の丼で登場。本格的な山形の芋煮を食べたことはありませんが、「芋煮そば」の具はかなりシンプル。里芋にやたら存在感がある他は牛肉、かまぼこ、刻みねぎ、ゼンマイといったところ。

 ただツユはかつお節が主張せず、総じてやや甘いくらいで普通の蕎麦ツユとそんなに変わりないような・・・具の牛肉は旨味が抜けきったような感じになっている割に、牛肉の甘み、旨味がツユにうつってる感じがしないのが不思議でした。といっても悪いわけではなく、あっさり目の味わいで美味しくいただけましたが。

 麺は若干ざらつきがあり、ぶつぶつとキレやすい平たい田舎蕎麦ながら啜り心地は良くてまずまず。

 まぁ美味いことは美味いけれども、この感じだと一回で十分かな。やっぱり一度は本格的な芋煮を賞味したいものです。

| | トラックバック (0)

2019.03.06

北京 昭和町店@安城 ~ 北京飯

005

 愛知県安城市に「北京飯」なるご当地メシがあると聞いて早速試食に出かけました。往訪したのは東海道本線安城駅から北へ徒歩5分程度のところにある「北京 昭和町店」。三河安城駅の近くに「北京本店」がありますが、三河安城駅は新幹線は止まるけれども快速が止まらないので、旅行者としてはチト面倒なところなので、こちらを選択した次第。先客ゼロ、後客4。

 なおネット情報では11時開店とありますが、実際は11時15分開店で、その旨店先に貼りだされてありました。

 入店して早速「北京飯・並(600円)」を注文。メニューには「北京飯」関連のメニューがズラズラっと並んでいて、「DANDAN」とか「デラックス」とかデフォルトの北京飯とどう違うのか謎は深まるばかり。

018

 うーん、端的に言ってしまえば北京飯とは玉子丼に豚肉の唐揚げを乗せたものみたい。豚肉の唐揚げは軽め&柔らかい仕上がりで気に入りました。

 玉子はふわふわトロトロに仕上がってビジュアルはなかなか豪華。しかも甘辛かつ中京圏らしい濃い目の味付け。ただふわふわトロトロだけれどもご飯に染み渡るには至らず、ご飯との一体感はもう一つ二つといったところかなぁ。また玉子丼にしてはかなり脂がきつい気がしました。それは単に豚の唐揚げを乗せたからだけではないような・・・ 野菜類が一切ないことも相まってか、量の割には食後胃にずっしり。

 なおこの店の最大の特徴は某アイドルグループの某嬢をガチ押ししていること。店内にはそれ関係の貼り紙がびっしり。

| | トラックバック (0)

2019.03.05

大正庵釜春@岡崎公園前 ~ もろこしうどん

001

 以前「ケンミンショー」で紹介されていた「もろこしうどん」を試食しに岡崎へ。往訪したのは名鉄名古屋本線岡崎公園前駅の真ん前にある「大正庵釜春」。「釜揚げうどん」が有名なお店で、2年ほど前にも「八丁味噌まぜめん」の試食で来たことがあります。

 15時頃に中途半端な時間帯だったせいか店はがらがらで、席も選び放題。着席して早速「もろこしうどん(890円)」を注文しましたが、メニューでは「もろこしうどん」をガチ押ししているわけではなく、他のうどんメニューの中に埋もれています。ただ「もろこしうどん」を頼む後客もちらほらいましたので、それなりに人気があることも確か。注文後すぐにおしぼりと共に刻みネギを出すのは相変わらず。

007

 丼の表面は溶き卵と大量のとうもろこしだらけで「黄金色に輝く」という形容も大げさではないくらい。そしてそれらを包み込むあんかけ層が実に分厚い!! 必然的にうどんをこの分厚いあんの中から穿り出すような恰好で食べることになります。麺はつるつるもっちりした食感。硬くはないが弾力性が強いタイプで気に入りました。さすが「釜揚げ」をウリにするだけのことはあります。

 あんに包まれている割には丼からかつお節っぽい香りが強く漂ってきますが、汁は和風だしが強く自己主張。少々旨味過多の嫌いは否めず、あまり飲み進む気にはなれず。そこで大活躍するのが穴あきスプーン。大量のとうもろこしを口一杯に頬張ってその甘さを噛みしめるなんて、札幌大通公園名物「とうきびワゴン」以来かも(苦笑) 

 あんかけのため当然ながらうどんは最初から最後まで超熱々。厳冬期に食べてナンボの逸品ゆえ、アウェー名古屋戦のついでに食べてもどうかな?という気がしないでもありませんが、一度食べる価値は十分にあります。

| | トラックバック (0)

2019.03.02

萬珍軒@名古屋・中村区役所前 ~ 玉子とじラーメン

002

 名古屋・桜通線中村区役所前駅4番出口から西へ歩いて5分ほど。「玉子とじラーメン」で有名な店ですが、夜しか営業していないのが難点で今回念願かなって初往訪。屋号や外観から推察される通りラーメン専門店ではなく、チャーハンや餃子、麻婆豆腐なども揃えた中華料理で、開店してまもない時間帯にも関わらず、早くから店は賑わっていました。

 テーブル席のほうが多い大箱店ですが、カウンター席に案内されて、早速「玉子とじラーメン(730円)」を注文。卓上にはラー油。替え玉用のタレ、餃子のタレ、酢。胡椒。

0081

 おおっ!! スープ全体が溶き卵に覆われた、なんともユニークなビジュアルで登場。「玉子とじ」というネーミングですが「とじ」の要素は一切ありません。

「厳選した豚骨と名古屋コーチンの鶏ガラを長時間煮込だスープに玉子を混ぜて、美味しさを閉じ込めた独特のスープです。」というのが店のウリ文句ですが、玉子効果なのか、一口・二口目は甘みを強く感じました。しかし、飲み進むにつれてベースとなる鶏ガラ&豚骨の旨味が徐々に正面に出てきます。甘目なのに全然飽きがこず、旨味に釣られてついつい飲み進んでしまいました。

 麺は極細ほぼストレート。ゆえにあっという間に出てきます。このスープなら並太麺でも十分な気がしますが、極細麺でもスープに負けている感じはしません。特に量が少ない感じもしませんでしたが、替え玉を頼んでいる後客がいました。

 チャーシューはちょっと旨味が抜けちゃったような感じ。他に刻みネギと海苔。

 海苔の上にデフォルトでホワイトペッパーが乗っているのは明らかに蛇足ですが、それ以外は大満足の一杯でした。

| | トラックバック (0)

2019.03.01

キッチンマツヤ@名古屋・伏見 ~ トンテキ

 豚肉のステーキ、俗称「トンテキ」。全く地方色がなさそうな一品ながら、どういうわけか三重県の四日市がその発祥の地として「とんてき」をガン推ししており、

・濃い味の黒っぽいソースが絡められていること
・厚切りの豚ロース肉を使用していること
・ニンニクが添えられていること
・千切りキャベツの付け合わせがあること

などを主な特徴として挙げています。

 ところが人気が出たのがある意味却って災いしたか、トンテキは早々に名古屋進出を果たしていて、観光色に乏しい工業都市四日市にまでわざわざ出かけなくても良いことが判明。名古屋でトンテキを出している店の中から洋食屋「キッチンマツヤ」を往訪してみました。

020

 店は東山線伏見駅8番出口を出てすぐ。ただ店は居酒屋「酒天童子」の店内にある階段を上った2階にあって、なんとも判りにくいのが難。しかも一番混みあう時間帯に来てしまったようで、階段に待ち客6人。回転は良さげですが、小さなカウンターに案内されたり、なかなか注文を取りに来なかったと厳しいアウェーの洗礼が待っていました。

 店は特にトンテキをウリものにしているわけではなく、味噌カツ・ハンバーグ・エビフライ・若鶏の唐揚げ等々ありふれたメニューが並ぶ洋食店です。ランチタイムは700~1000円くらいのランチメニューが充実しているせいか、店は近隣のサラリーマンだらけ。名古屋駅周辺の店と違って大荷物を持った旅行者や出張族らしき方は見当たりません。早速「プレミアムランチメニュー」の中から「特上トンテキ(1390円)」を注文。定食はキャベツサラダともやしのお浸し、ご飯、赤だし付き。

013

 豚は国内産の豚肉を使用。初めから角材状に切って出てきますが、しっかり焼き上げられている割には堅くも筋っぽくもなく、食感は柔らかめ。

 豚肉自体は上々で気に入りましたが、問題はタレ。名古屋なのに意外にも味噌ダレではありません。「ウスターソースにワインビネガーやバルサミコ酢を調合」したものだそうですが、甘酸っぱいというよりは酸味の自己主張が強め。酢豚よりはずっと酸味が強め。そして名古屋らしく濃い味付けなのでこれは好き嫌いが分かれそう。個人的には許容範囲内。また肉の底にニンニクチップが少々隠れていましたが、ランチタイム&客層を考えてか、「ニンニクがっつり」という感じはしませんでした。

 ただ「ステーキ」にしては量が少ないかなぁ・・・ これならランチメニューにある「ぷちとんテキランチ(890円)」で十分やったなぁと思うも後の祭り。

| | トラックバック (0)

2019.02.04

Lunch&Beer SUN@岡山 ~ えびめし

002

 食材には全くローカル色がなく、どこにでもありそうな一品なのに、なぜかその地域にしかない「B級グルメ」。岡山では「デミカツ丼」が有名ですが、それと双璧を成すのが「えびめし」。

「えびめしや」という専門店チェーンもあるようですが、残念ながら田舎にありがちな車がないと行きづらい店だらけ。岡山駅付近で「えびめし」を出しているところを探したところ、駅の商業エリア「サンフェスタ岡山1F」にある「Lunch&Beer SUN」に辿り着きました。

 本来列車の待ち合わせ時間に軽く飲食を楽しむことを目的としたような店ですが、店先には「えびめし」の幟が高々と掲げられています。「えびめし(770円)」はスープ付き。

006

 やたら早く出てくるあたり「作り置きをチンしただけじゃないのか?」と一抹の不安を感じましたが、「えびめし」はそのネーミングに反して焼き飯ないしチャーハン寄りではなく、明らかにピラフ寄りの味わい。黒々とした見た目に反して割と薄味で、ソースの自己主張が強い「そばめし」とは全く違い、わずかにスパイシー&ほんのり辛めといった程度。薄味ゆえに脂っぽさだけが突出しているようにも感じました。

 海老は小さいながらも案外ぷりぷりでなかなか美味。ただ具が他に刻み玉ねぎくらいしかないのが残念なところ。三つ葉や錦糸卵は彩りを添えるだけで具としてはあまり意味がありませんし。
 
 「そばめし」のように冷凍食品化されていればまた食べてもいいかなと思いますが、まぁそこまでかなぁ・・・一度食べる分には悪くないでしょうけど。

| | トラックバック (0)

2019.02.01

しゃがら 新潟駅店@新潟 ~ 醤油らーめん

001

 新潟駅在来線東口改札の目の前。新幹線改札口も近いという好立地。先客7、後客ゾロゾロ。「しゃがら」は新潟県内で複数ブランドでラーメン店を展開しているようです。

 店外の券売機ボタン先頭の「醤油らーめん(680円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他ににぼしらーめん、味噌らーめん、つけ麺など。

 店内は縦長カウンター4+5席と4人卓×5、2人卓×2。駅内店舗らしくやや手狭なのはともかく、場所柄か、あるいはランチタイムのせいか一人客が圧倒的に多くてカウンター席はいつも混みあっているのにテーブルはガラガラという不合理さが気になりました。卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、酢、醤油、ラー油。

005

 背脂がびっしり浮いているのでぱっと見「燕三条系かな?」と思いましたが、内実は全然違って煮干しなど魚介系出汁はないも同然で、ベースはほぼ豚骨の模様。残念ながら出汁よりも醤油が効きすぎていて、飲み進む気は起らず。

 麺は自家製の太目縮れ麺。心持ちざらつきのある口当たりで、噛み応えはしっかり。濃いスープによく合っています。量は180gとやや多めなので、「安くてそこそこ腹持ちするコストパフォーマンスの良い店」という評価もできましょう。

 茹でもやしのシャキシャキ感が秀逸で、麺に絡めながら食べるとスープのしょっぱさが緩和されてなかなかいい感じに。その反面メンマがかなりチープ。他にばら肉チャーシュー、刻みネギ、ナルト、海苔、糸唐辛子。

 好立地ゆえか、店外に行列が出来ているのをよく見かけますが、基本的にお忙しい方が移動の合間にサクサクっと食べるのに向いている店で、それ以上でもそれ以下でもないと思います。

| | トラックバック (0)

2019.01.24

チャーシュー弁当@木更津・としまや 新宿店

001

 「ケンミンショー」で紹介された木更津の「チャーシュー弁当(略称:チャー弁)」に興味をもって早速往訪。

 往訪したのは「としまや 新宿店」。木更津駅西口から徒歩15分くらい。空洞化を通り越してもはや死に体と化した商店街も尽き、夕暮れ時には氣志團がわらわらやってきそうなヤバ目のエリアにぽつんと建っています。

002

 なぜか緑のカバがキャラクターの「としまや」は市原~君津エリアを中心に店舗展開しているお弁当屋さんですが、新宿店は「ほっかほっか亭」や「オリジン弁当」のような純然たる弁当屋ではなく、ちょっとした飲食物を売っているしょぼいコンビニ兼業みたいな感じでした。元々は本屋も兼ねていたようですが、そちらは閉店。

 早速「チャーシュー弁当(698円)」を注文。出来立てを売ってくれるものだと信じ込んでいたところ、棚に陳列された出来合いのものを渡されてちょっとがっかり。でもランチタイムだから仕方ないか・・・ ここはイートインコーナーがあるので、店内でチン。弁当を買うと味噌汁がサービスで付いてくるのはローカル店ならでは。

007

 とにかく見た目に難!!わずかに漬物のピンクが彩を添えているだけで、あとは全面まっ茶色(笑) 甘しょっぱい醤油ダレにどっぷり浸かったチャーシューを五枚ご飯の上に乗せただけの超シンプルな弁当です。しかもご飯が進むようにかなり濃い目の味付け。チャーシュー自体の旨味を活かすなんて微塵も考えず、タレで全部塗りつぶしてしまう潔さ(苦笑)。

 チャーシューだけだとちょっと味が濃すぎると思いますが、ご飯と一緒なら何の問題もなく、これはこれで一興。この出来なら木更津駅で駅弁代わりに売っててもおかしくないと思いますが、もう内房線には駅弁を売るに値するような特急はほとんど走っていないと・・・(つД`)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧