2021.04.20

ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店@下諏訪

Halpin001

 長野県諏訪エリアのローカルラーメンチェーン「ハルピンラーメン」。本店は諏訪インター近くにあって車が無いと行きづらいので、下諏訪駅に近い下諏訪町役場前店を往訪。下諏訪の温泉街や諏訪大社とは真逆の中央本線の南側にあり、店名通り下諏訪町役場の斜向かいにあります。

 店に到着したところ、店内に待ち客4。その後も入れ替わり立ち代わり客がやって来て、退店時には待ち客6と大盛況。テーブル席の空き待ちをしている二人客、三人客をすっ飛ばして、一人客を先に空いているカウンターへ案内するような運用をしていないみたいなので、一人客でも結構待たされました。

 券売機はなく、着席してメニューを見て基本の「ハルピンラーメン(税別690円)」を注文。ランチタイムは小ライス無料サービス付き。後払い。

 メニューは他に担々麺、つけ麺など。また最近「生姜たれこくラーメン」というのを始めた模様。

 店内は横長カウンター7席と4人卓×4。卓上には酢、ラー油、醤油、醤油たれ、コショウ。

Halpin002

 スープを店では「味噌でも醤油でもない唯一無二の味」と謳っていますが、どちらかと言えば味噌寄り。但し、味噌ではなく出汁由来っぽい甘味を強く感じるので味噌ラーメンっぽくはなく、おまけにデフォルトでピリ辛なので「唯一無二の味」というのは判らなくもありません。幾種もの食材とニンニクを特製醤油に4年間漬け込んだ「寝かせダレ」が秘訣だそうで。なお店内の貼り紙によるとその寝かせダレは本店とそれ以外の店ではちょっと違うようです。

 卓上には濃い味好みの方のために醤油たれが置いてありましたが、デフォルトでそんなに薄味とは思わず。

 麺は細めの縮れ麺。見た目はスープに対して少々頼りないものの全くスープに負けておらず、最後までちゃんとコシを保っていました。

 具は薄いチャーシュー、メンマ、モヤシ、刻みネギ、海苔。

 なお帰りがけに「タレは底に沈みやすいので、底から麺を持ち上げて絡ませるように食べるべし」との趣旨の貼り紙があることに気づきましたが、時すでに遅し。でも自然体で食べていても旨さ十分、地元で大人気なのも納得の一杯でした。

|

2021.04.19

岐阜タンメン 今伊勢店@石刀(愛知県一宮市)

Gifutanmen001

 岐阜県や愛知県に店舗展開し、幅広い層からの人気を誇る「岐阜タンメン」。かなり前にケンミンショーで紹介されたのを契機に試食してみました。

 如何せん田舎のチェーン店なので車が無いと行きづらい店が多く、往訪したのは駅から徒歩圏内にある今伊勢店。愛知県一宮市にある名鉄名古屋本線石刀駅という各駅停車しか停まらない小駅から徒歩5分足らずのところにありますが、駅出口そばの踏切を渡った先にあり、しかもその踏切が名鉄&JR計4本もの線路を渡るという半ば「開かずの踏切」で、歩いている時間よりも踏切待ちしている時間のほうが長いかも。先客4、後客ゼロ。

 メニューは非常にシンプルで、麺類メニューは「岐阜タンメン」しかなく、注文は、
①単品かセットを選ぶ
②辛さを選ぶ
③トッピングを選ぶ
ただそれだけです。券売機はなく、着席すると店員が伝票をもってやってきます。後払い。

 辛さのレベルは、
・辛さなし:全く辛くない。初めはこれから
・1辛:素材の甘みをひきたてる辛さ
・2辛:口の中がピリピリ、ちょい辛
・3辛:汗だらだら。目が覚める
・4辛:内蔵ドキドキ。口から火がでそう
・5辛:足ガクガク。明日まで覚悟
の5段階。但し3辛以上は別料金。

 今回は一番人気の「半チャンセット(960円)」を2辛で。「トッピングはどうしますか?」と聞かれましたが、何がしかトッピングを付けるのが普通なのかなぁ? なお岐阜タンメン単体だと780円。

 店は横長カウンター7席と4人卓×2。卓上には酢もやしのみ。厨房がゆったりしているためか、外観の割には座席数が少ない店です。水セルフで、しかも入り口近くに給水器が置いてあるだけですが、コップが馬鹿でかいのが特徴。何度も水を汲みに行かなくても良いようにとの考えなのかな?

Gifutanmen002

 配膳時に強烈なニンニク臭ががが!!! スープは「豚肉、白菜、キャベツ、にんにくから旨みを抽出し、塩だしのスープと合わせた」とのことで、辛さはもっぱら上にちょこんと乗っている辛味タレで調整しているようで、スープ自体は全く辛くありません。そして辛味タレを溶かしても正直ピリ辛にすら至らず、少々拍子抜け。

 それは別に構わないのですが、塩ダレがきつすぎてかなりしょっぱいのは困りもの。「豚肉と野菜からくる甘味」なんてほとんど判らずじまい。辛さではなく、しょっぱさゆえにデカいコップが役に立つとは・・・

 このままでは塩気が強すぎて食べづらいので、途中から卓上の酢もやしを大量に投入。酢もやしといっても酢はわずかに効いているだけで、ほぼ茹でもやし。これでこれでぐっと食べやすくなりました。

 麺は細めストレートタイプ。「福岡県の老舗製麺所にパツパツとした歯切れの良さが特徴の低加水平打ち細麺」とのこと。見た目は頼りないものの、デフォルトでもスープに負けてる感じはせず、終盤までコシをしっかり保っていました。先客の様子を見ていると「バリカタ」など硬さの調整も受け付けているようです。また替玉があるのも特徴。

 具はキャベツ、白菜と豚バラの細切れなど。値段の割にはちょっとしょぼいかなぁ・・・

 チャーハンは写真を撮る前にれんげでうっかり崩してしまう失態を犯してしまいました(苦笑)。こちらはタンメンとは対照的に割と薄味。

|

2021.04.18

あんかけ太郎 長者町店@伏見 ~ 台湾スパ

Taiwanspa001

 地下鉄東山線伏見駅東口を出て長者町繊維街を北へ。東京で言えば馬喰町のような性格のエリアなのかもしれませんが、馬喰町よりはかなり飲食店多め。名古屋名物「あんかけスパゲティ」のチェーン店です。

 店に到着した時には店外に3人待ち客がいましたが、街の性格もあってか客はオッサンだらけなので回転は頗る良く、すぐに着席。その後もひっきりなりにオッサンがやってきます。

 今回のお目当ては台湾ラーメンでお馴染みのピリ辛ミンチ&あんかけスパゲティの名古屋めしのコラボレーションが楽しめる「台湾スパ」。あんかけスパゲティはオッサン仕様なのでどの店に行っても量がやたら多く、1.5人前超とされる400gの「レギュラー(900円)」で十分。

Taiwanspa002

 最初にスープが出てきますが、次から次へとやってくるオッサンの注文を見越して麺を茹で置き、炒め置きしてあるのか、スープを愉しむまもなくあっという間に出てきます。あんの面積が非常に広いのに驚かされます。

 具はニラ、ひき肉、もやしといったところで、残念ながら台湾ラーメンの一大特徴をなすニンニクは見当たらず。また一応ピリ辛ですが、台湾ラーメンの辛さには程多く、総じて物足りないかと。そしてあんを炒めたパスタに絡めに絡めながら一気に食べ終わると底に大量の脂が残り、紛れもなくオッサンの食い物であることを実感。

 これはこれで一興ですが、一回で十分。

|

2021.04.15

にこり@湯河原 ~ 中華そば

Nikori002

 JR東海道線湯河原駅から駅前の通りを東へ。坂を下って徒歩10分程度。湯河原郵便局の先。湯河原の超人気店「飯田商店」の姉妹店ですが、夕方の暇な時間帯だったせいもあってか先客ゼロ、後客2と閑散。

 券売機はなく、メニュー先頭の「中華そば(830円)」を注文。後払い。

 メニューは他に背脂中華そば、つけそば等。さらに往訪時は期間限定で背脂煮干しそばなども用意。

 店内はカウンター3+4席と6人卓×3、4人卓×3、さらにテラスに4人卓×2。いかにも観光地っぽい店構え&内装ですが、全敗にかなりゆったりしています。卓上に調味料類はなし。

Nikori001

 スープは「たくさんの食材(鶏ガラ、鶏肉、昆布、干ししいたけ、焼アゴ、煮干し、かつお節、さば節、野菜など)で作った」とのことで、見た目通りに脂っ気を全く感じない、心持ち甘目ながらも総じて無化調らしいあっさりすっきりした味わい。かえしが妙な邪魔をせず、出汁の旨みにぐいぐい引き寄せられます。

 麺は自家製の手もみ薄めの縮れ麺。水気が多そうなつるつるピロピロした口当たりで、スープの絡み、持ち上げも抜群。

 チャーシューは薄くて柔らか。メンマが筋っぽいのが惜しまれます。他に海苔、刻みネギ。

 「毎日でも食べられる、身体に優しい”しあわせ中華そば”を目指しています。」という言葉通りの珠玉の一杯。そんなラーメン屋が毎日は来ない観光地にあるというのは皮肉なものです。

|

2021.04.14

四川@上大井 ~ (小田原系)担々麺

Shisen002

 JR御殿場線上大井駅から駅前の通りを国府津方面へ歩いて15分ほど。「小田原系担々麺」の源流と言われる人気店で、11時の開店20分前に店に到着したところ、店先のウェイティングリストに先客5。開店時までさらに20人くらいやって来ました!! 平日でも非常に混みあうようです。

 席に案内されて早速「坦々麺(900円」を注文。辛さはA(甘口)からD(スペシャル辛口)まで4段階選べるようなので、一般向けのBで。他の客はC(辛口)を注文する方が目立ちました。

 ここは担々麺専門店で、他につけ麺の担々麺や冷やし担々麺も用意。またテイクアウトにも受け付けているようです。

Shisen003

 店内は2人卓×5と6人卓×2。但し時節柄6人卓も衝立で細かく仕切って事実上全席2人卓のような形で運営されていました。卓上には酢のみ。おしぼりサービスあり。出来上がりまでにチャーシューを食べている客もいましたが、みんな車で来ているのでビールが飲めないのね・・・でもビール無しでチャーシューだけ食べてるって不思議な感じ。

Shisen001_20210320094601

 何といってもルックスが非常に奇怪!! スープの上に麺が浮いています。「沈まぬ太陽」ならぬ「沈まぬラーメン」。一応あんかけラーメンの範疇には入りますが、あんがかかってないところが無いどころか、スープとあん、そして大量のひき肉が混然一体となってもはやスープとは言い難い、とろみが強いスープどころかもはや「ゾル状の何か」に変質。麺はその「ゾル状の何か」の上に浮いている格好です。

 従ってまずは麺と「ゾル状の何か」をひたすらかき混ぜて一体感を出すところから。屋号が「四川」なので一般向けでも結構辛いと思いこんでいたのですが、意外にもBだとピリ辛にも程遠いレベルで拍子抜け。これだとCを頼む客が多いも納得。その代わりにニンニクが結構効いているので、Bだと坦々麺というよりはスタミナラーメンに近い感じかも。ただスタミナラーメンというにはニラがなくて、わずかに刻みネギが確認できる程度と具がシンプルにすぎるかな?

 麺は自家製の中太縮れ麺でややもっちりした食感。替え玉やライスを頼む客もいましたが、デフォルトでも量が少ないとは感じず。「ゾル状の何か」が麺に絡みまくってどんどんなくなってゆきますし、替え玉も直ぐには出来そうにないので、量的に物足りないなら大量のひき肉を活かすべくライスを注文したほうが良さげ。

 「ゾル状の何か」まで含めて一気に完食。店では酢を入れることを推奨してましたが、美味さの余り完全に失念レストラン。

 とにかくユニークな一杯。しかもユニークなだけでたいして美味くはないラーメンも数多ある中、ここのは味わいも上々。人気店でもおばちゃん達の接客もこなれてて心地よく、全く奢りも感じられず、文句なしの一杯でした。。

|

2021.04.07

東横 駅南店@新潟 ~ みそラーメン

Yoyokomiso002

 新潟駅南口を出てビッグスワンへ向かう道を直進。ドンキの先、ローソンの手前を左折。駅から徒歩10分くらいかな? 超濃厚味噌ラーメンを出す店として有名で、本店はビッグスワンも近い紫竹山。店のWebサイトによると駅南店は元の本店を親族に貸しているものだそうで、そのせいか姉妹店という位置づけになっていますが、細かいことは気にしない方向で。なんと12年半ぶりの再訪。

 先客11、後客9。純然たるラーメン店ではなく鶏の唐揚げや炒めもの、餃子などを頼んでがっつり飲んでいる客もいますし、小上がりがあるので小さい子供を連れた家族客もやってきます。

 早速ウリものの「みそラーメン(700円)」を注文。意外にもここは味噌専門店ではなく、醤油や塩もあります。券売機はなく、後払い。

 店内は4人卓×3と2人卓×3、小上がりに4人卓×3、店奥にカウンターが3席だけ。卓上には酢、ラー油、一味、醤油、ブラックペッパー。暖かいおしぼりサービス付き。

Yoyokomiso001

 すり鉢みたいな丼で運ばれきました。超濃厚な味噌スープが売り物。あまりにも濃すぎて、そのままではスープを飲むどころか麺に絡めるのも辛いレベル。そこで薄めるためのスープがついてきます。ただなんでスープを注ぎやすいような容器に入れずボウルで、しかもバカでかいレンゲ付きで出すのか謎すぎます。

 割りスープを半分くらい入れて個人的にはちょうどいい感じに。それでもスープは若干とろみがかっています。味噌自体は案外甘く、スープの旨味も十分。割りスープも含めて出汁が良いのか、濃厚にも拘らずスープを飲み進む気になります。

 麺はそのままつけ麺に転用できそうな太麺ほぼストレートタイプ。つるつる&もっちりした食感ですが、太麺なのでスープには全く負けていません。

 具はキャベツとモヤシが多めに入っていますが、不思議なことにひき肉どころか肉類が一切ありません。そのためかスープは脂分がほとんど感じられず、悪く言えばコクなり深みなりがもうひとつかなぁ・・・ メニューをよく見ると「ニンニク、背脂無料」とあるので、それらを投入するのが正解だったかも。あるいはチャーシューが乗った「特製(880円)」を注文すべきだったと思うも時すでに遅し。

|

2021.04.03

はらっぱ 駅ビルモントレー店@高崎 ~ 赤唐辛子とにんにくのトマトソース

Harappa002

 高崎駅ビル「モントレー」の5Fにある飲食店街内。「登利平」などと同じフロアです。2年ぶりの再訪。先客1、後客6。先に食べ終わってまったりしているJKとしばらく二人っきりで微妙な緊張感を愉しんでいたのに、後から男子学生グループが三々五々やってきて(´・ω・`)ショボーン

Harappa003

 メニュー先頭で店のイチ推しっぽい「赤唐辛子とにんにくのトマトソース(税抜940円)」を「普通」サイズで注文。ここはパスタの量だけではなく乾麺(ディ・チェコ)か生パスタかも選べます。但し生パスタは若干料金上乗せ。

 店内は横長で壁沿いにカウンター6席(前回往訪時より2席減)と2人卓×4、4人卓×1。入口脇にもカウンター席が少々ありますが、狭いので今は使っていないのかも。卓上に調味料類はなし。

Harappa001

 パスタが真っ赤なトマトソースにどっぷり浸かっただけの、「スープパスタ」と言ったほうが相応しい非常にシンプルな構成。唐辛子でピリ辛に仕上げ、さらにニンニクを利かせているせいか、トマトソースにありがちな酸味はあまり感じられず、個人的には非常に食べやすくて気に入りました。

 スープに具はないに等しいので、単に麺をスープに絡めて食べるだけならシンプルすぎて途中で飽きが来そうなものですが、そこを上手く救っているのがやたらたっぷりとふりかけられた粉チーズ。麺に時折粉チーズを絡めると一転して濃厚な味わいに変化。基本のスープの味と、チーズが入り混じった味とを交互に楽しめます。

 といってもあんまり粉チーズを放置している最後はただのチーズの固まりになってしまうことを前回反省したので、最初は粉チーズを積極的に絡め、終盤はスープパスタとして楽しむ感じで食べ進みながらフィニッシュ。量はいかにも群馬仕様らしくデフォルトでも多めです。

|

2021.04.02

みやご食堂@群馬藤岡 ~ 中華そば

Miyago002

 JR八高線群馬藤岡駅から徒歩10分程度。先客8、後客7。

 着席して早速「中華そば(600円)」を注文。後払い。

 麺類メニューは基本「中華そば」だけ。屋号通りラーメン専門店ではありませんが、「食堂」といってもご飯ものはカレーライス、玉子丼、親子丼、チャーシュー丼があるだけです。

 店内はテーブル席のみで、4人卓×4と小上がりに2人卓×2。卓上には一味、コショウ、酢、醤油。わさびふりかけ。

 テーブル席に衝立のある席とない席があるのが不思議でしたが、衝立のない席は相席になる場合だけ店員が後から衝立を立てていました。さらに一人客は衝立のある席や2人卓が空いたらこまめにそちらへ移動させていました。いかにもwithコロナなラーメン屋の光景です。

Miyago001

 スープは鶏ガラ&煮干しベースのあっさり味。脂っ気はほとんど感じられず。また醤油が下手にでしゃばらず、出汁の旨味でついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。

 麺は太くて強い捻じれ入り。自家製の手打ち麺だそうですが、しかもいかにも麺の密度が高さそうな噛み応えが強い硬めの仕上がり。これはこれで面白いのですが、優しいスープに対して麺が強すぎて、かなりバランス悪い印象を受けました。正直小麦の塊を食ってるような気が・・・ また量はデフォルトでも多め。

 「中華そば」でも十分太麺なのに「太麺中華そば」というメニューが別にあり、後客が食べているところを見ると幅が広めの平打ち麺の厚みがあるっぽい感じでした。

 なるとに厚みがあるのも特徴。チャーシューは硬くてパサつき加減で、旨味が抜けたような感じ。他に多めのメンマ、青菜、海苔。
のり

 スープはダントツに美味いし、麺も面白いのですが、如何せんそのバランスがなぁ・・・ちょっと勿体ない。つけ麺ないしまぜそばがあると嬉しいのですが。

|

2021.03.31

グルービー 京成店@水戸 ~ 海賊スパゲッティ

Groovy002

 水戸どころか茨城県内唯一の百貨店となってしまった京成百貨店の9階。店は放課後の女子高生グループを中心に女性客だらけなことに入店してから気づきましたが、これは仕事だと割り切ってズンズン中へ入りました(苦笑)。

 ここの名物「海賊スパゲッティ(税別1420円)」を注文。注文はタッチパネル式でファミレスっぽいのですが、各種パスタを見ると一番シンプルなメニューでも1090円するので「サイゼリヤ」に慣れてしまうとちょっとクラクラ(さらに苦笑)。女子高生にはちょっと高いんじゃないかな?と思いましたが、学生向けの格安メニューがあるのかなぁ?

Groovy001

 最初にサラダが登場。これがでかい!! 「海賊スパゲッティ」はオープンで焼くタイプなので出来上がりに時間がかかり、待っている間にサラダを平らげてしまいます。

Groovy003

 パスタを頼んだはずなのにパスタが全く見えません!! そもそもオープンで焼きタイプのパスタって初めて食べるかも・・・ 

 浅い耐熱容器から溢れんばかりのソースはトマトソース味のホワイトソースだそうですが、トマトソース味といっても酸味はほとんど自己主張せず、ホワイトソースにありがちな甘ったるさやチーズの乳臭さを上手くかき消す役割に徹している感じで、その辺りのバランス感が気に入りました。また焼いて焦げが入ったところは香ばしさも加わって、味わいの変化も楽しめます。

 そして大量のソースの海の中にはパスタのみならずエビ、イカ、ツナ、小柱がどっぷりと浸かっています。中央のたんこぶみたいなのはカニのほぐし身。

 パスタ自体は若干量が多いかな?と思った程度ですが、ソースが如何せん重い上に具に野菜らしきものは玉ねぎとマッシュルームが僅かに認められるだけなので、一口一口が胃にずしんと来ます。もう一口ごとにボディーブローを食らっているようなもの。こうなると最初にサラダを食べつくしたのは大失敗だったと気づくも時すでに遅し。

 ソースも焦げによる味の変化がが楽しめるのは最初だけで、あとは同じ味、重たい味が延々と続くせいか、最後は箸が、いやフォークが止まりかかるものの、なんとか完食。

 予想以上に重たい味わいに苦戦しましたが、変わり種メニューとして十分楽しめる範囲内。ごちそうさまでした。

|

2021.03.30

激辛みそ煮込みうどん@ばんどう太郎

Bandoutaro002

 茨城県で絶大な支持を集めている和食ファミレス「ばんどう太郎」。埼玉にもちょこっとだけ店があり、5年ほど前に春日部店を往訪したことがありますが、今般牛久中央店を往訪。「ばんどう太郎」は田舎のファミレスなので駅から歩いて行ける店が多くはないのが難点ですが、牛久中央店は牛久駅から徒歩10分くらい。

 そば・うどんはもちろん、丼ものから寿司までなんでもありといったメニュー構成ですが、ここの売り物はなぜか「みそ煮込みうどん」。前回は半ライス・お新香付の「坂東みそ煮込みうどんランチ」を注文したので、今回は「激辛みそ煮込みうどん(税別1290円)」を単品で注文しました。

 店は平日のランチタイムらしく、ママ友やジジババで賑わっていました。

Bandoutaro001

 土鍋ではなく、大きくて浅めの鉄鍋がコンロに乗って登場。何度も水をおかわりしなくて済むようにと考えたのか、水が大ジョッキで付いてきます(笑) そして小さな布エプロン付き。

 味噌はカクキュー@岡崎の八丁味噌を使っていて「ばんどう」なのに完全に名古屋テイスト。激辛といってもそれほど辛くなく、日高屋の「チゲ味噌」並み。まぁ主要客層を考えれば食べ手を選ぶくらい辛いメニューを作っても意味がないということなのでしょう。

 名古屋テイストといっても麺は名古屋の「山本屋」などで食べる場合と全然違います。あの生煮えっぽい堅い麺ではなく、並太で口当たりは柔らか目で見た限りはごくごくフツーのうどんです。ただコシはかなりしっかりしているので煮込んででろでろ、ぐでぐでにならず、しっかりした歯ごたえを保っていました。

 驚いたのは「激辛みそ煮込みうどん」は「坂東みそ煮込みうどん」の辛いバージョンではなく、具がだいぶ違うこと。焼き豆腐・白菜・サツマイモ・カボチャ・ごぼう・白髪ねぎといったところで、「坂東みそ煮込みうどん」の白菜・太ネギ・れんこん・卵・しいたけ・かまぼこ・青菜といった面子と比べるとかなりしょぼい印象を受けました。

 肉類が全然ないのも寂しさを際立たせているかも。その代わりに揚げ玉を添えてコクを加えているのかなぁ?またサツマイモやカボチャは火が通りやすいようにと思ったのか極薄に刻まれているにも関わらず、やっぱり硬いままだったりしたのも残念さに拍車をかけていたかも。

 また具がしょぼい代わりに餅が入っていますが、これも蛇足感がハンパないというか何というか。餅は汁が全然滲みないし、麺より汁の持ち上げも良くないですし。餅の代わりにうどんを増やしてもらったほうがはるかにマシ・・・

 これなら平日は「坂東みそ煮込みうどんランチ」のほうが圧倒的にコスパが良いと思ったものの時すでに遅し(´・ω・`)ショボーン

|

より以前の記事一覧