2018.08.02

道後温泉別館「飛鳥乃温泉」

 昨年末道後温泉に別館「飛鳥乃湯泉(あすかの湯)」というのが出来たので早速往訪してみました。場所は「椿の湯」の隣で、本館からもそんなに離れていません。

002

 名称から察しがつくように湯屋は飛鳥時代の建築様式を取り入れたのが特徴ですが、屋根の上に塔屋が載っているあたりは本館インスパイア。1階が浴室で、2階に大広間・個室・特別浴室。もちろん今回は1階で入浴のみ(600円)。靴のロッカーがコイン式で、その鍵をフロントに渡して脱衣所のカギをもらいます。

 湯舟のデザインは本館の「神の湯」を強く意識した風。内湯と小ぶりな露天風呂がありますが、露天といっても屋根にすっぽり覆われており、ただ外気が入ってくるだけです。また本館「神の湯」は内湯が二つありますが、こちらは一つだけ。湯は本館同様無色透明・無臭でこれといった特徴はありません。

 本館と全然違うのは湯舟のサイズに比べてカランの数が多いのとシャンプー等が常備されていること。その分「神の湯(410円)」よりはちょっと高い。

 脱衣所にはくつろげるほどのスペースはなく、フロント前にちょこっと休憩スペースがあるだけ。

 ゆえに1階だけだと端的に言ってしまえば「随分と金のかかった今どきのスーパー銭湯」といった感じ。真新しいので清潔感は文句なく、しかもまだ観光客は少ないせいか空いていることもあって快適ですが本館ほど観光色はなく、風呂だけなら隣の「椿の湯」のほうが安くていいじゃないかという気も。というか「椿の湯」もリニューアルしていたのか・・・本館が来年1月から7年間ほど修理工事に入ってしまうので、別館共々その間の対応に余念がないということでしょうか。

008

-------------------------------------------------
【温 泉 名】道後温泉
【施 設 名】道後温泉別館
【入浴料金】600円
【交通手段】道後温泉駅から徒歩3分
【源 泉 名】道後温泉第1分湯場
【泉  質】アルカリ性単純温泉
【泉  温】47.7度
【備  考】加水・加温なしの源泉かけ流し。塩素系薬剤を使用。

| | トラックバック (0)

2018.08.01

五志喜本店@松山・大街道 ~ 松山鯛めしランチ

001

 松山を代表する郷土料理の店「五志喜本店」。大街道のアーケード街から若干外れた、銀行の多いエリアに建っています。

 どちらかというとご会食・ご会席向けの店なせいか一人客はあんまり歓迎していないみたいで、空いているのに入り口脇の個室で相席というか大テーブルを囲んでの相部屋みたいな扱いで、かなりがっかり。

 注文したのは限定20食の「松山(北条)鯛めしランチ(1480円)」。愛媛の鯛めしといえば、どちらかと言えば宇和島の鯛めしのほうが有名かな? 

012

 宇和島の鯛めしは生卵入りのタレに漬けた鯛のお刺身をタレごと温かいごはんに掛けていただく、いわば「超豪華なTKG」みたいなもんなのに対し、松山(といっても北部の北条エリアが中心)の鯛めしは端的にいえば鯛の炊き込みご飯。松山市内でも宇和島系の鯛めしが目立つのは作る手間の差がでかすぎるんだろうなぁ・・・あと、ビジュアルというかインスタ映え(笑)の観点からも宇和島系が圧勝。

 「鍋焼きうどん」が典型ですが、何を食っても甘いような気がするのが松山。さすがに炊き込みご飯は鯛の味わいをぶち壊さないようにあっさり薄味で、普段まず食べることがない鯛(苦笑)を十二分に堪能できました。でも味噌汁はやっぱり甘め・・・ 他にじゃこ天、釜揚げちりめんサラダ、サツマイモと椎茸の煮物。

| | トラックバック (0)

2018.07.31

一鶴 高松店@瓦町 ~ 骨付鶏

 高松の夜に欠かせないのは「骨付鶏」。もともとは丸亀のご当地グルメだったそうですが、今や全県レベルの名物と言っていいでしょう。

001_2

 往訪したのは「一鶴 高松店」。有名店ですが、てっきり居酒屋あるいは焼き鳥屋みたいなもんだろうと思って出かけたところ、やたら敷居が高そうな外観だったのには心底驚きました。もちろん店内も落ち着いていて、団体でやってきて「大反省会」を繰り広げるのには不向きな感じ。むしろ煮詰まったカップルのデートに使えそうな(苦笑)。5時過ぎの入店だったのでまだ店は空いており、一人でテーブル席を占拠しましたが、帰ることには店外まで行列がずらずらっと。

 早速「骨付鶏・ひなどり」と枝豆、そしてサッポロ生・中を頼んでしばし待機。骨付鶏は硬くて歯ごたえがある「おやどり」と柔らかくてジューシーな「ひなどり」とがあり、好みが分かれるようですが、個人的にはもっぱらひなどり派。というか、やたら硬いものはだんだん受け付けなくなっているみたいな・・・また「おやどり」のほうが若干高いのは謎。なおおや、ひな両方一人で頼んでる猛者もいましたが、まぁさもありなんという体型の方でした。

013

 15分くらいで登場。紙ナプキンを柄に巻いてワイルドにがぶりとかぶりつくと、外はパリパリ、中はジューシーという食感の違いを楽しめます。スパイスとタレを絡めただけのシンプルな味付けですが、しょっぱいところまでは至らなくとも味付けが濃くてスパイシーとなると、もはやビール地獄と化すは必定。当然のようにお替りを所望。言い換えれば、ドライバーなどビールを飲めない方が骨付鶏を食べてもその美味さは半減するような気も。

 また肉汁を含めてかなり脂っぽいため、キャベツが良い箸休めになります。キャベツの追加を頼んでる客がいましたが、無料サービスなのかどうかは不明。正直もうちょっとキャベツを増やしてもらいたいところ。

 余裕があれば「とりめし」で〆るのもよさげですが、今回は割愛。

 久しぶりの骨付鶏自体は大満足でしたが、でもこういうかしこまった感じの店で食べるようなものではないと思うですがねぇ・・・

| | トラックバック (0)

2018.07.30

うどんバカ一代@高松・瓦町 ~ 釜バターうどん

003

 ことでんの一大拠点「瓦町駅」東口からから徒歩10分弱。いかにも駅裏然とした一帯に建っています。超人気店と聞いていましたが、まだお昼時には若干早かったためか到着時はがらがら。ところがうどんを注文して茹で上がりを待っている間に出張族やら近所の方からが群れをなしてわらわらやってきました。

005

 ここの名物は「釜バターうどん」。普段ラーメンだと変わり種系・ゲテモノ系のメニューを頼むことはほとんどありませんが、うどんは丸亀製麺でも十分満足してしまう程度の拘りしかないので、ちょっとチャレンジした次第。注文したのは「釜バターうどん・中(590円)」。「中」で2玉。

008

 注文したら「3分くらい待って。一番で」と言われましたが、特に番号札を渡すわけでもないかなりアバウトなシステム。最初に醤油と生卵渡されてしばし待機。茹で置きではなく茹でたてを出すのはうれしい限りですが、3分というにはかなり待たされて少々不審に思っていたところ、1番から6番くらいまでどっと出てきました。うーん・・・

012

 
 カウンターでネギと天かすを入れ、生卵をそっと割り入れて堂々完成!! 麺の上にバターが鎮座しているので、麺の余熱でバターを溶かしこむべく一頻りまぜまず。そして醤油をさっとひと回し。こうなるとうどんというよりほぼまぜそばの気分。

 バターと生卵、そして粗挽きの黒胡椒がちょっぴり混じっているところから想像がつく通り、味わいはほぼカルボナーラ。ただ醤油がただの醤油ではなく、だし入りのせいか「和風カルボナーラ」という表現がいちばんしっくりくるかも。

 麺はもっちりした食感で弾力性こそ強いものの、噛み応えはイマイチ。もっともこれはうどんといえば普段ぶっかけや生醤油の冷やばかり食べていて、釜揚げなんて食べ慣れないせいでしょうなぁ。

 まぁ悪くはないけど、こういうゲテモノ系は一度食べたら十分かなぁ、やっぱり。

| | トラックバック (0)

2018.07.29

珍遊@京都・一乗寺 ~ 半チャン定食

004

 叡山電鉄一乗寺駅から西へ進み、東大路通に突き当たって南へすぐ。先客1、後客3。ラーメン店が密集する一乗寺界隈でも老舗で「鶏白湯一筋 創業半世紀」を謳っています。

 券売機はなく、メニューを見て店イチオシの「半チャン定食(中華そば並&ヤキメシ小:880円)」を注文。もっともラーメンは「中華そば」一本ですが。麺の硬さを聞いてきたので「麺硬め」で注文。後払い。

 店内は8人掛け&6人掛けの島式カウンターと4人卓×3。

016

 スープは鶏ガラ・丸鶏・モミジ等々を炊き出した鶏白湯ベースでやや甘めの味わい。背脂が目立つものの、しつこさや重さは全く感じられず。

 麺は細めのストレート。食べ始めは少々ぼそぼそ、ごわごわとした食感で硬めにしたのは失敗だったかと思いましたが、急速にスープに馴染んでいって塩梅に。京都のラーメン店は個人的には麺が柔すぎるところが少なくないように感じていますが、ここは比較的しっかりしているほう。そして青ネギやチャーシューを絡めながら食べ進むのが吉。もちろん胡椒も必須アイテム。いかにも京都らしい一杯です。

 ヤキメシはラーメンと一緒に食べることを前提としたような薄味。黄色っぽい見た目通り、ご飯と比べて玉子が多いので薄味の割には旨味たっぷりで、これまた満足。なおヤキメシにもやしが付いてると思ってよく見たら千切りの生姜でした(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2018.07.14

松本からあげセンター@松本

001

 松本駅ビル「MIDORI」の4F。松本駅改札口は3Fにあるので、駅を出たらエスカレーターで1本です。4年半ぶりの再訪。12時半頃到着したところ、店先に「満席」と表示されていてぎょっとしましたが、一人客はさほど待つことなく案内されました。なお3人掛けの小さなカウンターは全員赤者(苦笑)。

 屋号が示すとおり、どちらかといえば「からあげ」が売り物なのかもしれませんが、メニューは「山賊焼」と「からあげ」で2トップを形成しています。早速「山賊焼定食(980円+税=1059円)」を注文。以前はランチタイムご飯大盛り無料サービスをやっていましたが、いつの間にか有料(+100円)になってしまいました。

 店内はカウンターあり、テーブルあり、小上がりありといった感じでしたが見通しが効かず、店のキャパは良く判らず。卓上にあるのは博多ラーメン「一風堂」に置いてある辛味もやしかなと思ったのですが、辛子ではなくしょうが交じりのもやしでなんか微妙・・・

006_2

 うーん、相変わらずクソでかい・・・ 卓上にはごてごてとソース等調味料が置いてありますが、にんにくが効いたタレなどで薄味がついているので個人的にはこのままで十分すぎるくらい。レモンを絞るだけでそのまんまご飯のおかずになりますし、ビールのアテにもなります。

 外はサクっと、カラっとしていて、それほど脂っぽくもないので、一般的な「からあげ」よりははるかに好み。ただ中の肉汁というか、ジューシー感に乏しくて、ひらすら脂身の少ない鶏肉の塊と格闘しているような感は否めません。最後は少々持て余し気味になったので、ソースを少量投入して目先を変えて完食。でかすぎて飽きやすいことを思えば山賊焼と唐揚げの合い盛りの方がいいかも。

 箸休めにキャベツが付いてきて、しかもキャベツお替りの無料サービスをやっていました(といっても「とんかつ和幸」みたいに店から積極的にお替りを勧めては来ません))が、残念ながらキャベツは千切りではなくざく切りで、しかも芯に近そうなやたら堅いキャベツだらけで顎がくたびれてしまいました。この辺もももうちょいなんとかならんかなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2018.06.16

大鵬@京都・二条 ~ てりどんきんし

012

 京都・地下鉄東西線二条駅からすぐ。再開発エリアのすぐ北にあるものの大通りには面しておらず、いかにも地元民向けの中華料理屋です。相当な人気店のようで先客14、後客7~8。退店時には外待ち3。

 早速ここの名物メニュー「てりどんきんし(850円)」を注文。なぜか紅生姜の要否を聞いてきましたが、もちろんアリで。

 「地獄盛」という恐ろし気なメニューもありましたが、たぶん場所柄立命などの学生さん向けでしょうなぁ・・・ なお「てりどんきんし」がメニュー先頭でしたが、客のほとんどがこれを頼むというわけでないどころか、注文したのは3~4人くらい。むしろラーメンとか担々麺とか麻婆豆腐セットとかランチメニューの類を頼んでいる人のほうが目立ちました。これも基本地元民向けの店である証拠でしょう。
 
 店内は4人卓×5、2人卓×1、さらにカウンター代わりの8人卓×1。中華料理屋ですが外観同様、内装も中華色皆無でただの小奇麗な食堂風。

010

 お皿にでんと盛られたご飯の上に甘辛い味付けの豚バラ肉がどーーんという非常に判りやすい一品。豚バラ肉は非常に柔らかくて食べやすいものの、味はかなり濃いめ。吉野家の豚丼と違って玉ねぎなど野菜が全く入らないのが特徴。よってこれだけだとすぐに飽きてしまいそうなところを巧く救っているのが錦糸卵。これを絡めることで単調さやしつこさがぐっと緩和されて食べやすくなります。おまけに思いのほかボリュームもあって大満足。

 中華スープは塩気控え目の超あっさり。

 非常にシンプルな一品だけに自作できそうな気がしてなりませんが、出来そうで出来ないんでしょうなぁ、たぶん。

| | トラックバック (0)

2018.06.09

神戸ラーメン 第一旭 神戸本店@神戸

002_2

 JR神戸駅を山側へ出て線路沿いに元町方面へ。15時前の中途半端な時間帯に往訪したせいか、先客3、後客1とがらがら。隣に旧店舗と思しき物件が残っていました。

 券売機はなく、店内のメニューを見て無難そうな「Bラーメン(700円)」を注文。

 店内はテーブル席主体で4人卓×5、カウンター代わりの大きな8人卓×1、カウンター6席。外観は小奇麗なのに、店内の雰囲気は関西にありがちな煮詰まった「餃子の王将」と大差がない趣きなのが不思議。卓上には漬物なり調味料なりがゴテゴテと。

008

 Bラーメンは実質チャーシューメンで、チャーシューが花びら状に整えられて登場。青ねぎやもやしに最初からコショウがかかった状態で出てきます。コショウをかけて食べるのが前提のようなラーメンなので、これでも何の問題もありません。

 スープは豚骨出汁こそしっかり効いているものの脂が多く、また醤油もきついので全く飲む気にならず。ただ麺なりチャーシューなりを浸すためだけに存在するスープだと割り切ってしまえば、これも悪くはありません。

 麺は細麺ストレートで、心持ちボサボサした食感。麺自体はスープに負けてはいませんが、これまたチャーシューなどを絡めてナンボという感じ。

 醤油だれで煮込まれたチャーシューは若干パサついているが、旨味は残っていてこれはこれでまた良し。細もやしと青ネギが多少の箸休めとなるものの、食べ終わると青ネギがあまって、スープの上に大量にプカプカと浮いているのは少々もったいない気も。

 正直たいして美味くはないチャーシューはこんなに要りませんし、かといってチャーシューがないAラーメンではあまりにも寂しい。Aラーメンにチャーシューを少しだけ添えた「サービスラーメン」というのを15~18時の時間限定で売り出しているようですが、それが一番バランスに優れているような気がしてなりません。

| | トラックバック (0)

2018.06.08

長田本庄軒 三宮センタープラザ店 ~ ぼっかけ玉子モダン

001

 三宮でランチといえば、B級グルメ然とした店が集う「三宮センタープラザ」のB1Fが個人的な行きつけ。今回は「長田本庄軒」へ行ってみました。外観は屋台然としていて早い時間帯から客が三々五々とやってきて賑わっていました。なお「長田本庄軒」は丸亀製麺等と同じトリドール傘下、かつ元来SCのフードコートにあるような店でこの店が例外的な存在。かつて北戸田のイオンモールにも出店していましたが、長持ちしませんでした。

 「長田本庄軒」は「ぼっかけ焼きそば」がウリで、壁のメニュー先頭の「ぼっかけ玉子モダン・並(700円)」を注文。ランチタイムには味噌汁&ご飯が付いたセットメニューもやっており、この辺りは「お好み焼定食」同様炭水化物に炭水化物を重ねる関西の奇習なのかも。

 店はL字型カウンター15席くらいで席間狭め。卓上にはオリジナルソース、どろソース、マヨネーズ、あおのり、一味。鉄板からの放射熱で夏でもないのに暑いのなんの。

006_2

 全くインスタ映えしない「茶色い何か」という外観で登場。ソースはデフォルトでもたっぷりかかっており、卓上のソースは何のためにあるのか訝しくなります。ソースは濃厚かなり甘めでスパイシーなタイプではありません。麺は太麺で弾力の強いもっちりしたタイプ。しかもただの焼きそばと違って、玉子で丸くふわっとまとまっているのが面白い。

 そしてこの店のウリである神戸・長田名物の「ぼっかけ」がたっぷり。牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだものですが、ソースの甘辛さとは明らかに違う味わいなので良いアクセントになります。ただ濃い味に濃い味を重ねていることには違いなく、野菜は青ネギとわずかにキャベツが確認できる程度で玉ねぎやもやしはなく、箸休めになるものが少ないので、「並」ならともかく「大」だと飽きるような気がします。

 飽きずに食べるには実はご飯付き「定食」のほうが良いという、関西の罠かもしれませんが(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2018.06.05

つたふじ@尾道 ~ 中華そば・並

010

 尾道駅から海沿いの大通りを東へ15分ほど。近隣の「朱華園」と並ぶ尾道の老舗ラーメン店で、開店10分前に到着したところ先客2。さらに開店までに10人ほどやって来て、退店時には行列が10数人くらいに伸びていました。

 中に入るといきなりオバハンに「並か?大か?」と聞かれます。先客は意表を突かれたようにポカンとしていましたが、「中華そば・ 並(550円)」を注文。もっとも中華そばしかメニューがないわけではなく一応中華うどんもあり、また卓上におむすびやいなりもあるので、いきなり「並か?大か?」はないんじゃないかと思いますが・・・

 外観からも想像がつく通りやや小汚い店で、しかも10席ほどのカウンターの席間が非常に狭いので、荷物がある方には勧められません。卓上のコショウ缶はいつから使っているのか、妙な毒々しさを漂わせています。

005

 スープが丼になみなみと注がれて出てくるのは嬉しいのですが、なぜかレンゲ無し。しかも尾道ラーメンの象徴「背脂ミンチ」がプカプカ浮いているのはともかく、表面の脂の量がやたら多いので最初は食べづらいのなんの。

 スープのベースは豚骨&魚介ベースのようですが出汁はさほど強いようには感じられず。醤油も薄めなので本来あっさり味になりそうなところを、どう見てもバランスを逸している脂のおかげでかなりこってり。あと、オッチャンが配膳前に白い粉(苦笑)をせっせと振りかけているのが丸見えっちゅーのも。要するにこれでなんとか持たせているだけなんやろうなぁ・・・

 麺は細めのストレートで、若干ボソボソした口当たり。量は少なめ。

 チャーシューは旨味が抜けきったようなパサパサした味わいで当然硬め。他にメンマ、青ネギ。

 老舗であることに胡坐をかいているとしか思えない一杯でした。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧