2018.12.09

丸信ラーメン 駅前店@福島 ~ 醤油ラーメン

005

 福島駅東口から徒歩5分弱。「中合」の斜向かい辺りの飲食店街の一角。外観がラーメン屋らしくないので案外分かりづらいかも。先客3、後客5。

 券売機はなく後払い制。店内に掲げられてメニューを見て、基本と思しき「醤油ラーメン(600円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に塩ラーメン、つけめんなど。

 店内は厨房を囲むコの字型カウンター20席のみ。席間や座席の背後はやや狭め。水セルフ。卓上にはブラックペッパー、酢、ラー油、おろしニンニク、豆板醤。オッチャン&オバチャンの二人で切り盛り。

004

 醤油ラーメンは「二層のスープになっている」のがウリみたい。見かけはまるで塩ラーメンのような透明感がありますが、どうも醤油ダレが底に溜まっているだけの模様。「ますたに」の3層構造みたいに、食べ進むうちに味わいがはっきりと変わってくるという仕掛けは感じられず。

 よって表面はベースとなる鶏ガラ主体のスープだけみたいで、ほんのり塩味がするものの、さすがにこれだけでは物足りません。脂っ気も全くなくかなりあっさりした味わい。それでも食べ進むうちに醤油ダレが混じってゆき、ようやく醤油ラーメンらしい味わいに。オバチャンからニンニクや豆板醤を勧められましたが、醤油は控えめで出汁で押してくるこのスープにはちょっと刺激がきつすぎそうで、ブラックペッパーがせいぜいかと。

 麺は太め平打ち麺。水気の多そうなつるつる、もっちりとした食感が楽しめるもの。

 チャーシューは程よく醤油ダレに浸かっており、かつ脂も適度に差してなかなかの出来。やや単調さは否めないスープをチャーシューの旨味で上手くカバーしている気も。限定商品として「Wチャーシューメン」を出しているのも納得。

 メンマはサクサクっと歯ごたえよし。他に刻みネギが多め。

018

福島駅前では休日らしいイベントが。

021

伊達家はもともと福島出身だから、福島県でも政宗推しなのかなぁ・・・ ものすごく無理があるような・・・

| | トラックバック (0)

2018.11.30

鶴岡市立加茂水族館

014

 クラゲに特化したことで経営が劇的に回復しただけでなく、クラゲの種類もさることながらクラゲの飼育・繁殖に関する高度なノウハウを持っている(ゆえに競合館が出そうで出ない)ことから世界的にも有名になった鶴岡市立加茂水族館へ行ってきました。

017

 田舎の超貧乏水族館の再生物語なので、ひと昔前なら間違いなく「プロジェクトX」行き。地味な観光スポットだらけの庄内地方では今やぶっちぎりの人気で、週末はさほど大きくもない展示窓で一個一個のんびり写真を撮っているわけにはいかなさそうなので、ここは絶対に平日がお勧め。平日ですら団体さんが複数訪れていました。

012

 クラゲに特化していることで有名ですが、庄内地方の魚類を紹介したり、アシカショーやウミネコの餌付けショーなどごく普通の水族館らしいところも一応あります。往訪時は30分毎になにがしかのイベントをやっていたので、1時間半の観覧時間では全然足りませんでした。

030

 なお「水族館ガール」は必ずしも松岡茉優ではないようです(´・ω・`)ショボーン

| | トラックバック (0)

2018.11.27

結心@鶴岡 ~ 蕎麦と麦切りのあいもり

004

 旧態依然かつ駅前再開発が遅々として進まず、ジャスコ跡が更地のままの酒田駅と比べると、鶴岡駅のほうが駅舎を観光向けにリニューアルしてみたり、駅前の空きビル(こちらもジャスコ跡)の再活性化が図られていたりする分かなりマシな印象を受けます。

 駅前の空きビルの一角が昨年7月に鶴岡の食文化の発信源たるべく「つるおか食文化市場FOODEVER」としてリニューアルオープン。フードコートっぽいエリアにある蕎麦屋「結心」を訪れてみました。

 外見は立派ですが、所詮兄ちゃんが一人でやっているフードコート店なのでメニューは極めて限定的。店は「もりそば」推しでしたが、せっかく庄内に来たので名物「麦切り」との「あいもり(980円)」を「大盛(+120円)」で注文。

 返却口の後片付けもままならないワンオペ地獄の割には、本格的な蕎麦屋らしく一切手抜きなし。一品一品丁寧に作っているので結構待たされます。

006

 蕎麦は山形県産「でわかおり」100%使用の手打ちがウリ。蕎麦の香り豊かで、細切りながらも「喉越し重視と称する何か」とは対照的なコシをしっかり残したタイプでなかなかの出来。意外なことにつゆがやや甘目でした。薬味はネギとわさびのみ。

007

 で、庄内名物の「麦切り」。うどんよりはかなり細く、冷麦よりはだいぶ太いという独特のサイズ感。つるつるとした口当たり、もっちりとした弾力感。食感はあえて言えば秋田の稲庭うどんに割と近い感じかな? またつゆが甘目なのは麦切りに寄せた結果なのかも。

 「麦切り」のほうが当然ローカル色は強く、これはこれで食べ甲斐がありますが、つけ汁が一種類しかないと如何せん飽きが来るのが早く、この組み合わせだと風味が強い蕎麦のほうがどちらかといえば好み。

| | トラックバック (0)

2018.11.24

新三@酒田 ~ (動物魚介系)味玉らーめん

004

 羽越本線酒田駅の駅裏近く。最近はかなり大きな駅でも高架化ないし橋上駅化が進んだため、駅本屋側にしか改札口がなく、駅裏には暗くて狭い地下道を通らないと抜けられないような駅は少なくなりましたが、酒田駅は国鉄時代となんら変わり映えがありません。

 酒田駅裏はいきなり住宅地ですが、店は早い時間帯から先客6、後客9と賑わっていました。駅員も制服姿でやってくるところを見ると近所の方々に根強く支持されている店なのでしょう。

 店内の券売機を見て、人気No.1の「味玉らーめん(780円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他にゆず塩らーめん、マー油らーめん、つけめんなど。

 店内は入口近くに小上がり4人卓×2、店奥に縦長カウンター10席。卓上には胡椒、一味、酢、そして変わったことにジャスミン茶の濃縮液が置いてありました。水セルフですが、そこそこ広い店なのに入口近くに給水器があるだけなのが少々鬱。店は兄ちゃん二人で切り盛り。

003_3

 スープは動物系出汁主体の魚粉混じりですが、魚粉は底のほうに少々ざらつきを感じる程度で、粘り気はほとんどありません。少々甘ったるい上に脂も多めなせいか、食べ進むと急速に胃もたれが。その割にコクがもう一つで、つけ麺のつけ汁を伸ばしてつくったような感じすらします。

 麺はやや太めのストレート系。心持ちざらつきのある口当たりですが、噛み応えはあってまずまず。最初はスープに対して少し強い印象を受けましたが、すぐに馴染んでゆきました。

 豚バラチャーシューは程よく脂が差し、かつ濃いめの味付け。他に半熟味玉、メンマ、刻みネギ、そして最初から倒れてスープに没している海苔。

 まぁ端的に言ってひと昔前の「またお前か」ですが、無難といえば無難な味わい、いつでも安心して食べられる味わいゆえ。地味に人気があるのもよく判ります。

| | トラックバック (0)

2018.11.22

すみたに@秋田 ~ から麺・中辛

006

 秋田駅西口前の広大なバス乗り場を挟んで「秋田オーパ」の斜向かい、秋田西武の手前あたり。先客6、後客2。

「末廣ラーメン」の姉妹店ですが、こちらは辛いラーメン「から麺」が売り物。券売機を見ると辛さはゼロ辛から100辛まで選べるようですが、辛さ耐性は特に高くないので「中辛(3辛:800円)」を注文。辛さを増すにつれて値段も上がるようです。

 店内は縦長L字型カウンター10数席。卓上には酢のみ。

005

 「から麺」の名の通り、真っ赤なルックス。スープは鶏ガラベースかな? 3辛だと麺を絡めるだけなら辛さ自体はさほどのことはなく、痺れは一切なし。辛さよりもしょっぱさが気になってスープを飲む意欲を削がれました。

 挽肉・卵・ニラ・モヤシ・白菜といった具が目立つので見た目は「蒙古タンメン中本」に似ていますが、こちらはとろみはほとんどなく、また「中本」の旨辛よりもストレートに辛いほうにシフトしたような気も。ニンニクがないためかもしれませんが。

 麺は若干細目のストレート。水気の少なそうなごわついた食感が特徴で、かつやや硬めの仕上がり。麺自体の量は若干少ない気がしますが、その代わりに具が多く、具を麺に絡めながら食べていると結構なボリュームに。当然サルベージに穴あきレンゲが大活躍。量的に物足りないなら大盛よりご飯を付けたほうが良さげ。

 この店は北国に付き物のの入口の風除け室がなく、引き戸を開けるたびに外気が直接店内に入ってくるのが難で、入口近くの席に案内されたので寒くて参りました。でも寒い夜にこそ嬉しい一杯だと思います。

| | トラックバック (0)

2018.11.21

松月庵@福島 ~ かき揚そば

004

 福島駅西口1F。西口は本来駅裏ですが新幹線ホームの高架下が商業施設になっていて飲食店もあり、駅ナカでのちょっとした飲食には東口より案外便利かも。

 「松月庵」は蕎麦屋さんですが、この店が特異なのは立ち食い蕎麦屋を併設している点。駅改札内など蕎麦屋とは全く別のところで立ち食い蕎麦屋を併営しているなら珍しくともなんともありませんが、本業の蕎麦屋の真横に立ち食いコーナーを設けている例はちょっと記憶にありません。

 当然ながら蕎麦屋と立ち食いコーナーで厨房を兼用。でも値段が全然違うためか、立ち食い専用の券売機が設置されています。「かき揚そば(360円)」を注文。一番高い「海老天そば」でも460円と安いものの、メニューはかなり絞り気味。

 立ち食いコーナーは極端に狭く、5~6人入るのが精一杯ですが、次から次へと客がやってきます。「生そば」を使っているのがウリで、店内に「出来上がりに3~5分ほどかかる」との貼り紙があり、実際そのくらいしっかり待たされました。お水は紙コップで。

002

 いかにも生そばらしいざらざらした口あたり、そして少々硬めの食感。それは悪くないのですが、残念ながらつゆは関東以北の立ち食い蕎麦屋にありがちな醤油がやたら強くて出汁をぶち壊すタイプですし、かき揚に至っては見た目通り超チープ。立ち食い蕎麦かつ値段を考えればまあええかと思いますが、着席のほうでもこれと同じものを出すかなぁ・・・まさかとは思いますが。

| | トラックバック (0)

2018.11.10

泰陽楼 東一支店@青葉通一番町 ~ 麻婆焼きそば

002

 ご当地のB級グルメとしてはなんとも微妙な位置づけの「麻婆焼きそば」を試食。往訪したのは「サンモール一番町」アーケード街の南端にある「泰陽楼 東一支店」です。

 「なんとも微妙な位置づけ」というのは、もともと仙台市内の中華料理店のまかないメニューに過ぎず、別に人気メニューでもなんでもなかった「麻婆焼きそば」を「ケンミンショー」が「仙台市民のソウルフード」として取り上げたがために人気化したという経緯のため。まぁ、町興し目的でわざわざ作り上げた粗製乱造型B級グルメよりは多少マシかなという気もしますが。

 「泰陽楼 東一支店」は外観通りごく普通の街の中華料理屋さんで観光客が回遊してきそうな店ではなさげ。早速「麻婆焼きそば(790円)」を注文。ただ店は意外にでかく、小上がりに大テーブルもあるので町内のちょっとした宴会・宴席にも向いてそう。

006

 全くインスタに向かない黒々とした外観(苦笑)で粘り気強め。また外観通りラー油を多用していないせいか辛さは控えめで、痺れはほとんどありません。麻婆豆腐定食でこれが出てきたら甚だ物足りないように思えますが、焼きそばにかけることを念頭に微調整しているのかなぁ??また豆腐も若干硬めで大きめにカットされている他、案外ひき肉が多いのも嬉しいところ。

 焼きそばは細めでややごわついた食感。正直かなりチープな味わいでした。汁なし担々麺でありがちなように、麺を食べ終わっても麻婆が皿に余りまくるなんてことなく、ちょうど完食。麻婆の粘度が強いのが奏功しているのでしょう。麻婆がたいして辛くないこともあり、ご飯をつけないと食べづらいわけでもなさげ。ただ量が多くはないので、あえて半ライスをつけてもいいかもしれません。
 
 悪くはありませんが「これをわざわざ仙台で食べなくても」という、ごくごく当たり前の感想でした(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2018.11.01

マルタマ@横手・十文字 ~ 中華そば

026

 全国的な知名度は高くありませんが、秋田県南部の横手市十文字地区はちょっとしたラーメンどころ。十文字駅は首都圏から遠い上に新幹線沿線でもなく、おまけにローカル列車しか止まらない小駅ですが、その周辺に特徴豊かなラーメン屋が点在しています。

003

 当初は駅に比較的近い「丸竹」を予定していましたが、なんと臨時休業に遭遇。致し方なく駅から10分ほど歩く「マルタマ」へ転進しました。夕方近くの中途半端な時間帯ゆえ店はガラガラで、先客2、後客2。

 先払い制で基本と思しき「中華そば(500円)」を注文。激安です。メニューは味噌や塩、さらには焼肉中華やたぬき中華といった変わり種も。

 店内は4人卓×6、店奥の小上がりに6人卓×3、さらにコの字型カウンター10席程度。ガラガラなのに一人客は律義にカウンターに座るあたりは土地柄なのかどうか。卓上には胡椒と一味。

009

 いやぁ、スープは見た目通り超あっさり、超クリア。煮干し等魚介系出汁がベースのようですが、かえしもかなり抑え気味にしたせいか、よく言えば優しい味わい、悪く言えばかなり物足りない気がします。だからといって不用意に卓上の胡椒を入れると、微量であっても胡椒が悪目立ちして全体のバランスをぶち壊しがち。

 麺は細目の緩い縮れ入りで、手もみっぽい食感。超あっさりスープに合わせるにはこれしかないでしょう!!

 チャーシュー自体はごくありふれたものですが、このスープだとチャーシューの旨味が引き立ちます。チャーシューの旨味でスープの物足りなさを補いながら食べ進むのが吉。具は他に大きな麩、メンマ、刻みネギ、カマボコ、海苔。

 やたら味が濃い今時のラーメンへのアンチテーゼとして一度食べる価値はありますが、好きかと言われると個人的にはちょっと微妙・・・

| | トラックバック (0)

2018.10.31

男鹿しょっつる焼きそば

 「焼きそば」は町興し目的で濫造されがちなB級グルメの定番ですが、男鹿にも「男鹿しょっつる焼きそば」というのがあると聞いて早速往訪。「男鹿しょっつる焼きそば」の定義もこれまた通例によってかなりアバウトで、条件は以下の3つ。

1.タレは日本三大魚醤の一つ秋田名物「しょっつる(=秋田名物のハタハタと塩で作る魚醤)」を使った塩味orしょうゆ味であること。
2.麺は粉末ワカメと昆布ダシ入りの特製麺を使うこと
3.具材に肉を使わない海鮮焼きそばであること

よって店によって出来上がりは相当違うことが十二分に予想されます。

022_2

 ただ難儀なのは男鹿半島の観光地は車がないと行きにくいところだらけで、必然的に「男鹿しょっつる焼きそば」を出す店も駅近くにはあまりないこと。紹介されている店の中から、男鹿駅から歩けそうな店をピックアップしていると「男鹿みなと市民病院」内にある食堂が便利そうなことに気づきました。出来てもう20年以上経っているようですが、外観だけはえらく斬新です。

006

 入り口近くにも「男鹿しょっつる焼きそば」の幕がしっかり掲げられているのを確認したうえ、券売機で「男鹿海鮮焼きそば(680円)」を注文。普通の「焼きそば」もあるので注意。

 病院の食堂といっても特に薬や消毒液臭いわけではなく、車いす利用を考慮してかテーブル間隔がやたら広いのが目立つくらいで普通のこじゃれたレストラン風。もっとも働いているオッチャン、オバチャンはどう見ても大衆食堂風でした。

012

 海鮮焼きそばといっても値段が値段なので、さすがに具はキャベツやニンジン、玉ねぎといった野菜類が主力。海産物はいか、小エビ、ベビーホタテ、わかめといったところでしょうか。麺は細めでかなり柔らかめ。「粉末ワカメと昆布ダシ入りの特製麺」を使っているはずですが、際立った特徴は感じられず。

 ただ味わいは確かにただの醤油味とも塩味とも違う、旨味に溢れた何か。美味いことは美味いけれども、残念ながら普段しょっつるの味わいを実感する機会がないので「そうそうこれがしょっつるの味!!」という確信を持てないんだよなぁ・・・またこのしょっつるの味に慣れていないがゆえに、特製麺の味わい上の特徴にも気づかないのかもしれません。

 なお病院内の食堂だからといって、量が少ないわけではないし、塩気を抑えているわけでもありませんでした。もっとも秋田は基本的にしょっぱいのが大好きだから、これでも塩気控えめの可能性はありますが。

| | トラックバック (0)

2018.10.30

秋田比内地鶏や@秋田 ~ 究極親子丼

013

 秋田駅ビル「トピコ」3Fにあるレストラン街の一角。

 「比内地鶏」を前面に押し出したこの手の郷土料理店って得てして敷居が高いものですが、ここは「親子丼」がウリの店なので割と気軽に入れます。メニューブック先頭の「究極親子丼(1,380円)」を注文。

 その下に「極上親子丼(1,080円)」というのがあり、「究極」は肉・卵とも比内地鶏なのに対し、「極上」は肉だけ比内地鶏という違いがあるようです。でもその味わいの違いなんて自分にはまず判らんやろうなぁ・・・(自嘲)

0091

 おおっ!! 黄金色に輝く、どんぶり界のまさに王者の風格!! 圧倒的なビジュアルです。そして卵はふわふわ、とろとろ。しかも甘くもなく辛くもなく、出汁が良くしみた絶妙のバランス感。比内地鶏はこれまた適度な歯応えで、しかも噛むほどに味わい深い逸品。

 あえて難を言えば丼が上げ底気味で、見た目より量が少なめ。夜だからこれでも差し支えありませんが、ランチには足らなそう。他のものを多少飲み食いした後に、親子丼で〆ることを想定しているのかも。

 往訪時は秋田の旅行キャンペーン中。秋田犬をやたら推しだしたのはザキトワ効果なのかな???

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧