2017.02.10

あらし 新鵜沼駅前店@新鵜沼 ~ 台湾まぜそば

004

 名鉄犬山線の終点新鵜沼駅の真ん前。その全貌は不明。先客3、後客4。

 新鵜沼で下車したのは初めてですが、ターミナル駅なのに駅前にはコンビニすらなくてびっくり。ラーメン屋があることのほうが不思議なくらい寂しいところでした。「あらし」は中京地区を中心とするまぜそばがウリのチェーン店のようですが、

 店内の券売機で店お勧めの「台湾まぜそば(800円)」を注文。ニンニクの要否を聞かれ、当然「あり」で。

 券売機にはまぜそば系のボタンが目立ち、前後客とも全員まぜそば系を注文していましたが、メニューを見ると「台湾ラーメン」どころか「醤油ラーメン」「塩ラーメン」なども。

 店内はL字型カウンター11席。厨房内にオッサン2人。水セルフ。

003

 麺の上に肉味噌・卵黄・刻みニラ・刻みネギ・魚粉といった台湾まぜそばお決まりのスタイルで登場。早速何度も天地をひっくり返しながらまぜまぜ。

 林製麺の麺箱が見える麺は太い縮れ麺。わずかにざらつきのある口当たりで、若干堅め。ピリ辛度がやや強い味わいで、また魚粉が必要以上に自己主張せず、その分肉味噌が強い打ち出されたような味わいなので、どこで食っても似たような台湾まぜそばの中ではかなり美味い部類だと思いました。

 麺の量はやや多くて「女性には小盛りがオススメ」と大書してあるのも納得。といっても、案外重くもくどくも感じなかったので一気に完食。当然ながら丼底に具が余りまくるので、無料サービスの追い飯を入れてもらいました。あー、お腹一杯。そして客が全員オッサンなのにも納得。

| | トラックバック (0)

2017.01.06

長尾中華そば@青森 ~ こく煮干し

002

 青森駅前の「アウガ」前。駅から非常に近いものの、店は大通りには面しておらず、店の前には再開発途上みたいな妙な空き地が広がっているだけなので案外判りづらいかも。朝7時から開店。2年半ぶりの再訪で先客ゼロ、後客3。

 券売機ボタン先頭は長中定番の味「あっさり」でしたが、店主お勧めの「こく煮干し(700円)」を注文。他に「あっこく麺」「津軽そば」など。また麺は手打ち・中太麺・細麺が選べるとのことで手打ちにしてもらいました。

 店内は厨房に向かってカウンター4席、壁際に4席とこじんまりしたもので、店内には店主一人だけ。水セルフ。なおライスも無料ですが、これもセルフサービス。

010

 店内に煮干臭が漂っているので否応無しに期待が高まりましたが、スープの出来はその期待を裏切らない優れもの。煮干がガツンと効いていて、しかもえぐみは全く感じられず。やや酸味がきついかなと思いましたが、これはこれで全体の味わいを引き締めるのに役立っているかと。

 麺は平打ちの太麺みたいのを想像していましたが、全然違っていてごく普通の太めの縮れ入り。口当たりが柔らか目で、もっちりとしてはいますが弾力性が強いとまではいかないので少々苦手。これだと中太麺のほうが良かったかなぁ・・・

 チャーシューはモモ肉とバラ肉の2種。いずれも薄くて小さめ。メンマも細くて小さいのが少々。以前は刻みネギが多めに入っていたような記憶がありますが、今はごくごく普通。

| | トラックバック (0)

2017.01.01

山頭火 旭川本店@旭川 ~ しおらーめん

004_2

 旭川駅正面から伸びる宮下通沿い。大きなバスターミナルを挟んではいますが、駅から5分足らず。ランチタイムを過ぎた時間帯のためか先客1、後客ゼロ。ただのチェーン店になってしまった「山頭火」を首都圏で好んで食べる人は少ないだろうと思いますが、旭川本店は初めて。

 券売機はなく、メニュー先頭の「しおらーめん(820円)」を注文。他にしょうゆ、みそ、辛味噌など。後払い。

 店内はカウンター6+3席。さらに4人掛けテーブル4卓、2人掛け1卓。

003_3

 スープはとんこつベースでやや甘目なのは相変わらず。ただ昔はもうちょっとニンニクを効かせてこってりしていた記憶があるのですが、今はあっさり目にシフトしたかなぁ・・・気のせいかもしれませんが。

 麺はやや細めの縮れ麺で、心持ちぱさぱさした食感。

 チャーシューは小さくカットされていますが、厚みはそこそこあってやや堅め。コリコリしたキクラゲは相変わらず。他に刻みネギ、メンマ、小梅、ナルト。

 この出来なら悪くはなく、首都圏のチェーン店で出てくる品よりはマシだと思いますが、地方にしてはかなり高めの価格設定なのが気になりました。駅近くだから観光客向けなのかも。

| | トラックバック (0)

2016.12.15

炭火らあぁめん いち@千葉・白子町

001

 九十九里浜海岸に近い白子町役場の近く。先客2、後客10人くらい。

 「七輪でじっくり煮込んだこだわりの特製チャーシュー」が売り物とのことなので、メニュー先頭の「焼豚らあぁめん(880円)」を注文。屋号共々「あ」が一つ多いのが謎。スープの濃さ、麺の堅さを調整できるそうなので「麺堅め」にしてもらいました。

 メニューは他に「味噌」「担々麺」など。

 店内は4人掛けテーブル5卓とカウンターが10席ほど。天井がやたら高く、外観から見てももともとはラーメン屋ではなくレストランないし喫茶店だった気が。

007

 おお、真っ黒なビジュアルで登場。とんでもなく分厚いチャーシューがプカプカ。多分に「竹岡式」の影響を受けていてチャーシューの煮汁がスープのベースになっているようですが、見た目通り醤油がかなりきつい。「富山ブラック」のようにご飯がないと食べられないほどではありませんが、飲むには不適。デフォルトでこれだと「スープ濃い目」ってどんなんやねん・・・

 また脂っ気もそこそこあるので飽きが来ないように刻み玉ねぎが添えられていますが、もうちょっとあってもいいかな? メンマもほんのちょっとだけ入っていますが。

 麺は細めのちぢれ麺で、若干ざらざらゴワゴワした食感。濃いスープに合わせるとなると「堅め」でちょうどくらい。竹岡式にありがちなチープな感じはせず、また量も案外多め。

 そして売り物のチャーシュー。煮汁を取った残りかすみたいなスカスカ、パサパサのチャーシューではなく、炭火で炙りを入れた本格的なもの。当然柔らかくて肉の旨みたっぷり。惜しむらくはスープ同様醤油ダレに浸かりすぎで少々肉の旨みを損なっている気がしますが、この味付けがこの辺の流儀なのかなぁ?

 とはいえ、ローカル色溢れる、満足できる一杯でした。

| | トラックバック (0)

2016.12.07

橋野食堂@東津山 ~ ホルモンうどん

001_2

 JR姫新線東津山駅から徒歩10分弱。岡山県北部の小都市津山がB級グルメとして売り出している「ホルモンうどん」を出す店の代表格でガイドブックに頻出しており、当然ながら店内の壁には色紙の類がベタベタ。

 有名店の割には外観は非常に地味。しかも鉄板焼きの店ではないどころか屋号通り「食堂」でメニューには普通のうどんや丼もの、カレーライスまでありましたが、当然ながら「ホルモンうどん・1玉(790円)」を注文。辛さが普通、ピリ辛、激辛の3段階あるとのことで「ピリ辛」にしてみました。

 平日の夕方のせいか、先客・後客ともゼロ。店は広くはなく、4人掛けテーブル2卓、6人掛け1卓、2人掛け1卓。さらに小上がりに4人掛け3卓といったところ。家族3人で切り盛りしているようで、客席から見えるところでオヤジがせっせと鉄板で調理。

012

 味付けが醤油でもソースでもなく、味噌ダレベースの焼肉のたれのような感じ。ホルモンに合わせた結果なのでしょう。ピリ辛にしてはかなり辛く、ビールが欲しくなるくらい。オヤジが「辛くないか?」と尋ねて来たところを見ると、張り切って唐辛子かけ過ぎた疑惑が(苦笑)

 ただ惜しむらくはうどんが柔らかくて苦手。博多うどんほど酷くはありませんが、大阪っぽい柔らかさ。これで「2玉(890円)」だと確実に持て余していただろうなぁ。この感じだと麺はうどんより焼きそばのほうが美味そう・・・

 またホルモンも脂っぽいプルプル系が多くてコリコリ系が少なく、これも少々苦手。モヤシやニラ等のバランスは悪くありませんが。

| | トラックバック (0)

2016.11.17

支那そば 伊藤@秋田

012

 秋田駅から徒歩5分強。西武百貨店の南にある秋田市民市場の中に店を構えていますが、市場内はもちろん市場外にも入口を設けています。先客1、後客ゼロ。ランチタイムも終わろうとする時間帯のためか市場も既にがらーんとしていました。

011

 店内の券売機ボタン先頭の「中華そば・並(700円)」を注文。他に「みそ中華」「旨辛みそ中華」など。

 店内は4人掛けテーブル3卓、2人掛け2卓、カウンター5席。厨房内には店主とオバチャン2名。

004

 透明感あふれるスープで見た目通りの超あっさり、すっきりした味わい。出汁は「焼干し、煮干し、かつお節という魚介のみを使用」とのことですが、動物系出汁を合わせないのが悪いほうに転んでか、出汁の旨味はさほど強いとはいえず、ぐいぐいとつい飲んでしまうほどの惹きは感じられず。むしろやや単調さを覚えたので、途中で胡椒を微量投入。

 麺は縮れ入りの細麺。超あっさりスープに合わせてかやや柔らか目の仕上がり。「かん水を使わずに天然塩で練り上げ、低温熟成させた本格熟成麺」だそうですが。

 チャーシューは薄いながらも肉の旨味がしっかり残っていてまずまず。他に大ぶりのメンマ、麩、ナルト、海苔。

| | トラックバック (0)

2016.11.12

藪きん@中央弘前 ~ 中華そば

014

 中央弘前駅の西、中三百貨店の南に広がる飲み屋街の一角。外観&屋号から察しがつくように本来は蕎麦屋さんですが、ここのラーメンが美味いと聞いて往訪。先客1、後客2。

014_2

 卓上のメニューを見ると蕎麦屋なのに先頭はなんと「中華そば(550円)」で、早速それを注文。他に「天中華」「カレー中華」といったメニューも。ラーメンが人気な一方、うどん類がほんの申し訳程度にしかのっていないのが目を惹きました。

 店内は4人掛けテーブル3卓、小上がりに6人掛け3卓、さらにカウンター3席。

009

 おおっ、ケチケチせずに麺がすっかり隠れてしまうほどスープが超たっぷり。節系中心と思しき魚介系出汁が良く効いた超あっさり、かつ雑味が全くないすっきりとした味わい。なぜか胡椒の缶がでんと添えられて出てきましたが、このスープに胡椒なんて無粋でしょうに。

 麺は緩い縮れ入りで細め。超あっさりスープに合わせてか柔らか目の仕上がり。

 具に小さくてちょっと堅めのチャーシュー、メンマ、刻みネギ。

 シンプルな構成で、場所柄かいかにも飲んだ後向けの一杯。昼飯だとちょっと物足りない気がします。

| | トラックバック (0)

2016.10.25

福来亭@新潟・関屋

004

 越後線関屋駅南口を出てすぐ。先客9、後客10人くらい。往訪したのは11時前。10時から開いていることだけで驚きですが、早い時間から混みあっていてさらにビックリ。三々五々と後客がやって来て、最後のほうはとうとう相席に。

 券売機はなく、壁に貼られたメニュー先頭の「ラーメン(700円)」を注文。後払い。メニューは他にメンマラーメン、五目うま煮ラーメン、もやしラーメンなど。

 店内はカウンター5席と店手前に4人掛けテーブル3卓、奥の小上がりに4人掛けテーブル1卓。接客係の女将さんの客捌きが実に軽妙で感心。

003

 スープは動物系ベースに煮干しを加えたもの。煮干しの効きはほどほどといったところで、食後は動物系出汁の印象のほうが強く残りました。また背脂の量自体は多くありませんが、スープの表面に脂がはっきりと層をなしており、味わいにもかなり影響。またかえしもややきつく、食べる分には差し支えありませんが、飲み進むにはちょっとしんどいかと。

 麺は太めの平たい縮れ麺。硬めの仕上がりで、当然ながらしっかりした噛み応えで濃い目のスープによく合います。量もやや多めで、スープの味わいとも合わせて総じてガテン系向きのラーメンな気も。

 チャーシューは厚めですがが、これも醤油ダレに浸かりすぎでしょっぱめ。他にメンマ、刻みネギ。

 いわゆる「燕三条系背脂醤油ラーメン」のカテゴリーに入る、ローカル色溢れる一杯です。

| | トラックバック (0)

2016.10.04

めじろ@小網町・広島

002

 広島電鉄・小網町電停から徒歩5分。電停前の橋を渡って南へ。平和大通り渡ってすぐ。先客4、後客ゼロ。

 広島ラーメンの老舗「すずめ」の跡地に出来た店で、入口にある整理券をとってから空いている席に座るというユニークなシステムもしっかり引き継いでいます。

 ただ以前は「中華そば」しかなかったはずですが、ここはメニューが増えていて「昔ながらの中華そば(600円)」の他に「こってり背脂中華そば」「こってり背脂焦がしにんにく風味」といった若年層にすり寄ったようなメニューが増えていました。当然ながら基本の「昔ながらの中華そば」を注文。後払い。

 店内は「すずめ」時代そのまんまかな? 厨房に向かって縦長カウンター6席と壁沿いに4人掛けテーブル4卓。

008

 スープは豚骨ベースの醤油味でわずかに豚骨の臭みが残っていますが、それ以上に細モヤシの青臭さが気になりました。豚骨出汁の旨みはしっかり出ており、かえしもきつめでちょっと味が濃すぎる嫌いがありますがしょっぱくはなく、出汁の旨味に惹かれてついついぐいぐいと飲んでしまいました。表面の脂が目立ちますが、脂っぽい感じは全くせず。

 麺は細いストレート。若干堅めの茹で上がりで、ややぼそぼそというか、噛むとブツンブツンと切れるような食感。細麺の割には意外にコシが強めで気に入りました。

 チャーシューは薄くてパサつき気味で、しかもちょっと旨味がぬけちゃったような感じですが、値段が値段なのでやむなし。チャーシューはちょっとだけ小サイコロ状のものも。他に青ネギ。青ネギともやしは無料で多めにできるとのこと。

 いかんせん経験不足ゆえ「すずめ」と比べてのコメントは差し控えますが、個人的にはこれで十分楽しめました。広島のラーメンといえば最近は「つけ麺」のほうが有名な気がしますが、この店のような伝統的な広島ラーメンのほうが安くて圧倒的に美味いと思います。

| | トラックバック (0)

2016.10.01

萬福 京都駅前店@京都

005

 京都駅烏丸口を出て線路沿いに西へ。ビッグカメラを過ぎて堀川通の手前、オムロン本社の裏辺り。先客8、後客4。観光客らしき姿はなく、背広姿のサラリーマンだらけ。

 券売機はなく、メニュー先頭の「しょうゆラーメン(700円)」を注文。他に「みそ」があるだけでメニュー構成は割とシンプル。

 店内はL字型カウンター10数席。水セルフ。

 「スマホ・ノートパソコン・漫画・雑誌等の御使用は御遠慮願います」と大書されていてぎょっとしますが、要するにだらだらと長居しないでくれとの趣旨なんでしょう。ぱぱっと写真を撮る分には何の問題もありません。また店の接客態度も特段高圧的なところはなく、いたってフツー。

002_2

 スープは豚骨ベースながらややかえしが正面に出てるせいか少々酸味を感じます。背脂が目立つ割には脂っぽくはなく、程よくコクを加えている程度。

 麺は細いストレート麺。京都のラーメンには珍しくやや堅めの仕上がりで気に入りました。

 麺の上には青ネギがどっさり。そしてしゃきしゃきの細モヤシと薄くてパサつき加減のチャーシュー。これらを麺に絡めながら食べると実に美味い。そしてなぜかコショウが良く合う。

 特に傑出した感じはしませんが、いかにも京都っぽいラーメンなのは確か。同じ京都駅近物件の新福菜館や第一旭は観光客でやたら混むようになったので、今後こちらを重宝するかも。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧