2018.07.30

うどんバカ一代@高松・瓦町 ~ 釜バターうどん

003

 ことでんの一大拠点「瓦町駅」東口からから徒歩10分弱。いかにも駅裏然とした一帯に建っています。超人気店と聞いていましたが、まだお昼時には若干早かったためか到着時はがらがら。ところがうどんを注文して茹で上がりを待っている間に出張族やら近所の方からが群れをなしてわらわらやってきました。

005

 ここの名物は「釜バターうどん」。普段ラーメンだと変わり種系・ゲテモノ系のメニューを頼むことはほとんどありませんが、うどんは丸亀製麺でも十分満足してしまう程度の拘りしかないので、ちょっとチャレンジした次第。注文したのは「釜バターうどん・中(590円)」。「中」で2玉。

008

 注文したら「3分くらい待って。一番で」と言われましたが、特に番号札を渡すわけでもないかなりアバウトなシステム。最初に醤油と生卵渡されてしばし待機。茹で置きではなく茹でたてを出すのはうれしい限りですが、3分というにはかなり待たされて少々不審に思っていたところ、1番から6番くらいまでどっと出てきました。うーん・・・

012

 
 カウンターでネギと天かすを入れ、生卵をそっと割り入れて堂々完成!! 麺の上にバターが鎮座しているので、麺の余熱でバターを溶かしこむべく一頻りまぜまず。そして醤油をさっとひと回し。こうなるとうどんというよりほぼまぜそばの気分。

 バターと生卵、そして粗挽きの黒胡椒がちょっぴり混じっているところから想像がつく通り、味わいはほぼカルボナーラ。ただ醤油がただの醤油ではなく、だし入りのせいか「和風カルボナーラ」という表現がいちばんしっくりくるかも。

 麺はもっちりした食感で弾力性こそ強いものの、噛み応えはイマイチ。もっともこれはうどんといえば普段ぶっかけや生醤油の冷やばかり食べていて、釜揚げなんて食べ慣れないせいでしょうなぁ。

 まぁ悪くはないけど、こういうゲテモノ系は一度食べたら十分かなぁ、やっぱり。

| | トラックバック (0)

2018.07.29

珍遊@京都・一乗寺 ~ 半チャン定食

004

 叡山電鉄一乗寺駅から西へ進み、東大路通に突き当たって南へすぐ。先客1、後客3。ラーメン店が密集する一乗寺界隈でも老舗で「鶏白湯一筋 創業半世紀」を謳っています。

 券売機はなく、メニューを見て店イチオシの「半チャン定食(中華そば並&ヤキメシ小:880円)」を注文。もっともラーメンは「中華そば」一本ですが。麺の硬さを聞いてきたので「麺硬め」で注文。後払い。

 店内は8人掛け&6人掛けの島式カウンターと4人卓×3。

016

 スープは鶏ガラ・丸鶏・モミジ等々を炊き出した鶏白湯ベースでやや甘めの味わい。背脂が目立つものの、しつこさや重さは全く感じられず。

 麺は細めのストレート。食べ始めは少々ぼそぼそ、ごわごわとした食感で硬めにしたのは失敗だったかと思いましたが、急速にスープに馴染んでいって塩梅に。京都のラーメン店は個人的には麺が柔すぎるところが少なくないように感じていますが、ここは比較的しっかりしているほう。そして青ネギやチャーシューを絡めながら食べ進むのが吉。もちろん胡椒も必須アイテム。いかにも京都らしい一杯です。

 ヤキメシはラーメンと一緒に食べることを前提としたような薄味。黄色っぽい見た目通り、ご飯と比べて玉子が多いので薄味の割には旨味たっぷりで、これまた満足。なおヤキメシにもやしが付いてると思ってよく見たら千切りの生姜でした(苦笑)。

| | トラックバック (0)

2018.07.09

古潭 アベ地下店@天王寺 ~ 古潭ラーメン・しょうゆ

012

 小腹がすいたので、地下鉄谷町線・天王寺駅の改札を出た先、「アベノ地下街」ににあったラーメン屋に突撃。大阪中心に店舗展開しているチェーン店ですが、立地がいいせいか夕方の中途半端な時間にも関わらず結構繁盛していました。

 卓上のメニューを見て基本と思しき「古潭らーめん・しょうゆ(620円)」を注文。しょうゆ以外に「みそ」や「しお」も選べますが、「みそ」が20円増しなのはともかく、「しお」が70円増しという不思議な価格設定。またぎょうざをラーメンにトッピングするという奇怪なメニューも。券売機はなく、後払い。札幌ラーメンを意識したような屋号ですが、「みそ」が売り物というわけではなさげ。

 店内は入り口から右側に横長カウンター10席程度と、左側に4人掛けテーブル席数卓。

011

 若干甘めのスープは動物系出汁ベースかな? 店外に掲げられたウンチク書きには長文が並んでいますが、具体的なことは全く分かりません(苦笑)。いたずらに味が濃いわけではないので飲む気にはなりますが、少々物足りない気もしたので卓上の白ゴマやニラ薬味を投入。

 麺は並太ストレートで、つるつるした口当たり。硬くはないが、噛みごたえ充分で気に入りました。「硬め」を頼んでいる後客もいましたが、この出来なら個人的には硬めの必要を感じず。

 チャーシューは値段相応にペラペラ。千切りのニンジンがそのまんま乗っているのはラーメンの具としては珍しいかも。細もやしは関西らしいかな。他に青ネギ。

 わざわざ行くような店ではありませんが、街中で手軽にさくっと食べる分には十分な出来だと思います。

| | トラックバック (0)

2018.06.09

神戸ラーメン 第一旭 神戸本店@神戸

002_2

 JR神戸駅を山側へ出て線路沿いに元町方面へ。15時前の中途半端な時間帯に往訪したせいか、先客3、後客1とがらがら。隣に旧店舗と思しき物件が残っていました。

 券売機はなく、店内のメニューを見て無難そうな「Bラーメン(700円)」を注文。

 店内はテーブル席主体で4人卓×5、カウンター代わりの大きな8人卓×1、カウンター6席。外観は小奇麗なのに、店内の雰囲気は関西にありがちな煮詰まった「餃子の王将」と大差がない趣きなのが不思議。卓上には漬物なり調味料なりがゴテゴテと。

008

 Bラーメンは実質チャーシューメンで、チャーシューが花びら状に整えられて登場。青ねぎやもやしに最初からコショウがかかった状態で出てきます。コショウをかけて食べるのが前提のようなラーメンなので、これでも何の問題もありません。

 スープは豚骨出汁こそしっかり効いているものの脂が多く、また醤油もきついので全く飲む気にならず。ただ麺なりチャーシューなりを浸すためだけに存在するスープだと割り切ってしまえば、これも悪くはありません。

 麺は細麺ストレートで、心持ちボサボサした食感。麺自体はスープに負けてはいませんが、これまたチャーシューなどを絡めてナンボという感じ。

 醤油だれで煮込まれたチャーシューは若干パサついているが、旨味は残っていてこれはこれでまた良し。細もやしと青ネギが多少の箸休めとなるものの、食べ終わると青ネギがあまって、スープの上に大量にプカプカと浮いているのは少々もったいない気も。

 正直たいして美味くはないチャーシューはこんなに要りませんし、かといってチャーシューがないAラーメンではあまりにも寂しい。Aラーメンにチャーシューを少しだけ添えた「サービスラーメン」というのを15~18時の時間限定で売り出しているようですが、それが一番バランスに優れているような気がしてなりません。

| | トラックバック (0)

2018.06.05

つたふじ@尾道 ~ 中華そば・並

010

 尾道駅から海沿いの大通りを東へ15分ほど。近隣の「朱華園」と並ぶ尾道の老舗ラーメン店で、開店10分前に到着したところ先客2。さらに開店までに10人ほどやって来て、退店時には行列が10数人くらいに伸びていました。

 中に入るといきなりオバハンに「並か?大か?」と聞かれます。先客は意表を突かれたようにポカンとしていましたが、「中華そば・ 並(550円)」を注文。もっとも中華そばしかメニューがないわけではなく一応中華うどんもあり、また卓上におむすびやいなりもあるので、いきなり「並か?大か?」はないんじゃないかと思いますが・・・

 外観からも想像がつく通りやや小汚い店で、しかも10席ほどのカウンターの席間が非常に狭いので、荷物がある方には勧められません。卓上のコショウ缶はいつから使っているのか、妙な毒々しさを漂わせています。

005

 スープが丼になみなみと注がれて出てくるのは嬉しいのですが、なぜかレンゲ無し。しかも尾道ラーメンの象徴「背脂ミンチ」がプカプカ浮いているのはともかく、表面の脂の量がやたら多いので最初は食べづらいのなんの。

 スープのベースは豚骨&魚介ベースのようですが出汁はさほど強いようには感じられず。醤油も薄めなので本来あっさり味になりそうなところを、どう見てもバランスを逸している脂のおかげでかなりこってり。あと、オッチャンが配膳前に白い粉(苦笑)をせっせと振りかけているのが丸見えっちゅーのも。要するにこれでなんとか持たせているだけなんやろうなぁ・・・

 麺は細めのストレートで、若干ボソボソした口当たり。量は少なめ。

 チャーシューは旨味が抜けきったようなパサパサした味わいで当然硬め。他にメンマ、青ネギ。

 老舗であることに胡坐をかいているとしか思えない一杯でした。

| | トラックバック (0)

2018.06.04

喰海@尾道

009_2

 尾道駅から海沿いの大通りを東へ5分ほど。先客9、後客6。尾道の主要観光スポットからは若干外れていますが、駅に近いせいか観光客でそこそこ賑わっていました。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「ラーメン(580円)」を注文。なお観光客で基本メニューを頼む人は見当たりませんでした(苦笑)。

 店内はカウンター9+5席と4人卓×4。

007

 スープは「瀬戸内の小魚から煮出した魚系スープと、とんこつ・鶏ガラ・野菜などから煮出した動物系スープを絶妙なバランスで配合」とのことですが、両者のバランスが良く、共に強く自己主張はしないが物足りない訳でもないという訳でもありません。表面の脂もほどほど。醤油を含めて全体に薄味、かつあっさり目。

 麺は心持ち平たい感じの細麺ストレート。意外にもそこそこ噛み応えがあって気に入りました。スープとの相性も文句なし。

 具は薄いチャーシュー、メンマ、青ネギ、そしてこの値段で半熟玉子半個付きとはなかなか嬉しいサービス。

 やたら濃い味に慣れた人、強い刺激を求める人には物足りないかもしれませんが、こういうあっさり目のラーメンも悪くありません。

| | トラックバック (0)

2018.06.02

陽気 大手町店@広島・中電前 ~ 中華そば

002

 広島の老舗「陽気」。本店は電車では行きづらい江波の南はずれにあり、しかも夕方以降しかやっていないので、行きやすい大手町店で妥協。先客3、後客ゼロ。チンチン電車「中電前」電停の近くにあり、本通の商店街からもそれほど離れていません。

 券売機を見ると、なんとメニューは「中華そば(600円)」のみ。「にぎり」とのセットを頼むのが一般的と思いますが、昼に広島焼を食べてからさほど時間も経っていないので中華そばだけで。

 店は案外奥行きが深くて縦長カウンター10席強と4人卓×2。卓上には胡椒のみ。カープのカレンダーはもちろんバスケットボールチームのポスターも目だちましたが、サンフレは何処へ(苦笑)。

009

 スープはかなりライトな豚骨醤油。わずかにニンニクを効かせているせいか旨味は充分で、やたら濃いだけの豚骨醤油よりははるかにマシですが、惹き込まれるというまでには至らず。またこの感じだとおにぎりをつけるにはスープがライトすぎて相性微妙。

 麺はストレート細麺。かなり柔目で好みに合わず。スープに合わせるとこんなものかもしれませんが、好みから外れすぎていました。

 細もやしはそこそこしゃっきりしていてまずまず。一方チャーシューは薄くて小さくてパサつき加減。値段の割に枚数が多いのだけが取り柄みたいな。他に青ネギ。

| | トラックバック (0)

2018.02.17

ラーメン藤 五条店@清水五条

011

 京阪・清水五条駅から五条通を東へ。先客2、後客3。京都に本店があり、関西を中心に店舗展開しているチェーン店ですが、大昔に本店に行ったような無いような・・・

 ほぼラーメン一本で勝負しているような店で「ラーメン(700円)」を注文。券売機はなく後払い。ランチサービスはなく、餃子or唐揚げにライスを付けたセットメニューをやっているだけ。

 清水寺から流れてくる観光客が多いのか、あるいは単に留学生向けなのか、戸外には英・中・韓国語でメニューを表示。実際食べている最中に外国人カップルがやってきました。兄ちゃんはセットメニューに昼間からビールまで頼んで、日本のダメ親父を忠実に再現していましたが(苦笑)

 店内は縦長カウンター10数席。外観同様店内もやや小汚い。水セルフで、しかも入口近くに給水器があるだけというのはチト面倒。卓上には唐辛子、ヤンニン、胡椒など。厨房内にはオッチャンとねーちゃん。

006

 青ネギがたっぷりと添えられた、いかにも古典的な京都のラーメンっぽいルックス。スープは豚ベース。見た目通り脂もそれなりに多くてややこってり目ですが、出汁の旨味がしっかりしているのとかえしとのバランスがよほど良く出来ているのか、しつこくもなければ飽きも来ません。

 麺は細めのストレート。心持ち柔らか目ですが、京都のラーメンとしてはこれでもどちらかといえば麺がしっかりしているほうかな?たっぷりの青ネギと細もやしを麺に絡めながら賞味。そしてこの手のラーメンにはなぜかよく合う胡椒と途中で投入。

 チャーシューは旨味が抜け切ったような、パサついたタイプでしたが、値段からすればやむを得ないでしょうか。

 チェーン店にしては上々の出来。

| | トラックバック (0)

2018.02.11

8番らーめん@金沢駅

005_3

 石川県をはじめ北陸地方を中心に店舗展開している「8番らーめん」。観光客向けにちょっとお高い飲食店が目立つ金沢駅百番街の中に、数少ないお手軽な店として向かいの「ゴーゴーカレー」と共に出店しています。往訪時はちょうど昼飯時で外待ちこそできないものの店内はごった返していました。

 メニューを見て、先頭の「野菜ラーメン(604円)」を注文。味噌・塩・醤油・とんこつ・バター風味から選べるようで、店員に尋ねると人気は「味噌」か「塩」。今回は「塩」にしてもらいました。他に野菜醤油とんこつ、唐麺、野菜担々麺、季節限定の酸辣湯麺、野菜五目らーめんなど。何かと「野菜」を冠するメニューが目立ちます。

004_3

 スープは鶏ガラベースと思しきあっさり味で、炒め物を乗せている割には脂っ気はほとんどありませんが、やや塩ダレがきつい。またいかにもチェーン店らしい平板な味わいなので、途中で胡椒を入れてアクセントをつけてみました。

 麺は並太縮れ麺、つるつるした食感で、心持ち柔らかめですがスープがよく絡んで相性は良さげ。

 そして麺の上にはキャベツがたっぷり。他にわずかににんじん、もやし。「野菜」を謳う店ではやたらモヤシが多いのが通例ですが、ここはキャベツがメインで、これが実に美味い。ややしょっぱいスープはシャキシャキ感の残るキャベツを美味しくいただくことを主眼に調整しているのかも。野菜スープに麺が付いてくるみたいな。

 チャーシューは薄くて小さめなのが一枚。他にメンマ、そして「8」が記されたかまぼこ。

 特に美味いとは思わないけれども、どこにでもあって気軽に食べられるラーメン界の「北陸の雄」。なぜか吸い込まれてしまいます。

| | トラックバック (0)

2018.01.24

ゴル麺。野毛店@桜木町 ~ 醤油豚骨ラーメン

003

 JR/地下鉄桜木町駅から野毛大通りを南へ。「ちぇるる野毛」の1F。先客ゼロ、後客1。

 券売機はタッチパネル式でメニューの全貌が判りづらいのが難儀。ボタン配置から「つけ麺」推しっぽい感じもしましたが、無難そうな「醤油豚骨ラーメン・並(780円)」を麺硬めで注文。ライスが無料サービス。

 外観の割には案外狭い店で、厨房に向かってカウンター4席と壁際に2人卓×5。卓上には豆板醤、おろしにんにく、胡椒等。

002

 屋号からは判りにくいものの、内容はほぼ家系。豚骨臭は全くないものの、豚骨の旨味はそれなりに出ているマイルドタイプ。食べ始めはそうでもなかったものの、食べ進むにつれてしょっぱさが気になりだしましたが、ご飯がないと食べづらいというほどでもなく、いろんな意味で癖がなくて万人受けする範囲内。

 麺は家系らしい太目かつ短めのストレート。指定通りちゃんと硬めで登場。並だと心なしか量が少な目な気がしたので、ここはライスがあったほうが無難。ただそのライスが茶碗一杯分あって不必要にでかい。半ライス程度でいいのに。

 バラ肉チャーシューはちょっと残念な感じ。他に海苔3枚、うずら卵、メンマ、ほうれん草、刻みネギ。

 「なんちゃんって家系ラーメン」よりはマシですが、明らかに一線を画しているレベルでもなく、まぁこんなもんかなといったところ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧