2018.12.09

丸信ラーメン 駅前店@福島 ~ 醤油ラーメン

005

 福島駅東口から徒歩5分弱。「中合」の斜向かい辺りの飲食店街の一角。外観がラーメン屋らしくないので案外分かりづらいかも。先客3、後客5。

 券売機はなく後払い制。店内に掲げられてメニューを見て、基本と思しき「醤油ラーメン(600円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に塩ラーメン、つけめんなど。

 店内は厨房を囲むコの字型カウンター20席のみ。席間や座席の背後はやや狭め。水セルフ。卓上にはブラックペッパー、酢、ラー油、おろしニンニク、豆板醤。オッチャン&オバチャンの二人で切り盛り。

004

 醤油ラーメンは「二層のスープになっている」のがウリみたい。見かけはまるで塩ラーメンのような透明感がありますが、どうも醤油ダレが底に溜まっているだけの模様。「ますたに」の3層構造みたいに、食べ進むうちに味わいがはっきりと変わってくるという仕掛けは感じられず。

 よって表面はベースとなる鶏ガラ主体のスープだけみたいで、ほんのり塩味がするものの、さすがにこれだけでは物足りません。脂っ気も全くなくかなりあっさりした味わい。それでも食べ進むうちに醤油ダレが混じってゆき、ようやく醤油ラーメンらしい味わいに。オバチャンからニンニクや豆板醤を勧められましたが、醤油は控えめで出汁で押してくるこのスープにはちょっと刺激がきつすぎそうで、ブラックペッパーがせいぜいかと。

 麺は太め平打ち麺。水気の多そうなつるつる、もっちりとした食感が楽しめるもの。

 チャーシューは程よく醤油ダレに浸かっており、かつ脂も適度に差してなかなかの出来。やや単調さは否めないスープをチャーシューの旨味で上手くカバーしている気も。限定商品として「Wチャーシューメン」を出しているのも納得。

 メンマはサクサクっと歯ごたえよし。他に刻みネギが多め。

018

福島駅前では休日らしいイベントが。

021

伊達家はもともと福島出身だから、福島県でも政宗推しなのかなぁ・・・ ものすごく無理があるような・・・

| | トラックバック (0)

2018.11.24

新三@酒田 ~ (動物魚介系)味玉らーめん

004

 羽越本線酒田駅の駅裏近く。最近はかなり大きな駅でも高架化ないし橋上駅化が進んだため、駅本屋側にしか改札口がなく、駅裏には暗くて狭い地下道を通らないと抜けられないような駅は少なくなりましたが、酒田駅は国鉄時代となんら変わり映えがありません。

 酒田駅裏はいきなり住宅地ですが、店は早い時間帯から先客6、後客9と賑わっていました。駅員も制服姿でやってくるところを見ると近所の方々に根強く支持されている店なのでしょう。

 店内の券売機を見て、人気No.1の「味玉らーめん(780円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他にゆず塩らーめん、マー油らーめん、つけめんなど。

 店内は入口近くに小上がり4人卓×2、店奥に縦長カウンター10席。卓上には胡椒、一味、酢、そして変わったことにジャスミン茶の濃縮液が置いてありました。水セルフですが、そこそこ広い店なのに入口近くに給水器があるだけなのが少々鬱。店は兄ちゃん二人で切り盛り。

003_3

 スープは動物系出汁主体の魚粉混じりですが、魚粉は底のほうに少々ざらつきを感じる程度で、粘り気はほとんどありません。少々甘ったるい上に脂も多めなせいか、食べ進むと急速に胃もたれが。その割にコクがもう一つで、つけ麺のつけ汁を伸ばしてつくったような感じすらします。

 麺はやや太めのストレート系。心持ちざらつきのある口当たりですが、噛み応えはあってまずまず。最初はスープに対して少し強い印象を受けましたが、すぐに馴染んでゆきました。

 豚バラチャーシューは程よく脂が差し、かつ濃いめの味付け。他に半熟味玉、メンマ、刻みネギ、そして最初から倒れてスープに没している海苔。

 まぁ端的に言ってひと昔前の「またお前か」ですが、無難といえば無難な味わい、いつでも安心して食べられる味わいゆえ。地味に人気があるのもよく判ります。

| | トラックバック (0)

2018.11.22

すみたに@秋田 ~ から麺・中辛

006

 秋田駅西口前の広大なバス乗り場を挟んで「秋田オーパ」の斜向かい、秋田西武の手前あたり。先客6、後客2。

「末廣ラーメン」の姉妹店ですが、こちらは辛いラーメン「から麺」が売り物。券売機を見ると辛さはゼロ辛から100辛まで選べるようですが、辛さ耐性は特に高くないので「中辛(3辛:800円)」を注文。辛さを増すにつれて値段も上がるようです。

 店内は縦長L字型カウンター10数席。卓上には酢のみ。

005

 「から麺」の名の通り、真っ赤なルックス。スープは鶏ガラベースかな? 3辛だと麺を絡めるだけなら辛さ自体はさほどのことはなく、痺れは一切なし。辛さよりもしょっぱさが気になってスープを飲む意欲を削がれました。

 挽肉・卵・ニラ・モヤシ・白菜といった具が目立つので見た目は「蒙古タンメン中本」に似ていますが、こちらはとろみはほとんどなく、また「中本」の旨辛よりもストレートに辛いほうにシフトしたような気も。ニンニクがないためかもしれませんが。

 麺は若干細目のストレート。水気の少なそうなごわついた食感が特徴で、かつやや硬めの仕上がり。麺自体の量は若干少ない気がしますが、その代わりに具が多く、具を麺に絡めながら食べていると結構なボリュームに。当然サルベージに穴あきレンゲが大活躍。量的に物足りないなら大盛よりご飯を付けたほうが良さげ。

 この店は北国に付き物のの入口の風除け室がなく、引き戸を開けるたびに外気が直接店内に入ってくるのが難で、入口近くの席に案内されたので寒くて参りました。でも寒い夜にこそ嬉しい一杯だと思います。

| | トラックバック (0)

2018.11.01

マルタマ@横手・十文字 ~ 中華そば

026

 全国的な知名度は高くありませんが、秋田県南部の横手市十文字地区はちょっとしたラーメンどころ。十文字駅は首都圏から遠い上に新幹線沿線でもなく、おまけにローカル列車しか止まらない小駅ですが、その周辺に特徴豊かなラーメン屋が点在しています。

003

 当初は駅に比較的近い「丸竹」を予定していましたが、なんと臨時休業に遭遇。致し方なく駅から10分ほど歩く「マルタマ」へ転進しました。夕方近くの中途半端な時間帯ゆえ店はガラガラで、先客2、後客2。

 先払い制で基本と思しき「中華そば(500円)」を注文。激安です。メニューは味噌や塩、さらには焼肉中華やたぬき中華といった変わり種も。

 店内は4人卓×6、店奥の小上がりに6人卓×3、さらにコの字型カウンター10席程度。ガラガラなのに一人客は律義にカウンターに座るあたりは土地柄なのかどうか。卓上には胡椒と一味。

009

 いやぁ、スープは見た目通り超あっさり、超クリア。煮干し等魚介系出汁がベースのようですが、かえしもかなり抑え気味にしたせいか、よく言えば優しい味わい、悪く言えばかなり物足りない気がします。だからといって不用意に卓上の胡椒を入れると、微量であっても胡椒が悪目立ちして全体のバランスをぶち壊しがち。

 麺は細目の緩い縮れ入りで、手もみっぽい食感。超あっさりスープに合わせるにはこれしかないでしょう!!

 チャーシュー自体はごくありふれたものですが、このスープだとチャーシューの旨味が引き立ちます。チャーシューの旨味でスープの物足りなさを補いながら食べ進むのが吉。具は他に大きな麩、メンマ、刻みネギ、カマボコ、海苔。

 やたら味が濃い今時のラーメンへのアンチテーゼとして一度食べる価値はありますが、好きかと言われると個人的にはちょっと微妙・・・

| | トラックバック (0)

2018.10.29

まるかい@青森 ~ 醤油らーめん

0011

 青森市街でも港に面した巨大な三角形で一際目立つ青森県観光物産館「アスパム」の目の前。青森駅からは徒歩7,8分程度。早い時間帯から常時10数人程度の客で賑わっていました。

 場所柄観光客の利用が多いのか、ラーメン屋らしからぬバカでかい店である一方、メニューは極端に絞り込まれていて、なんと「醤油らーめん(中/大)」と、「おにぎり」しかありません。「醤油らーめん・中(600円)」を注文。

 前払い制ですが券売機はなく、店奥にいる厳めしい面のオッサンに注文を出すと食券というかプラスチックの札を渡されます。そしてその札をテーブルに置いて待機しているとやがてらーめんが出てくるというシステム。

 先述のようにやたらでかい店で、入口に近い側に10人掛けの大テーブル×1、4人卓×4、2人卓×1、カウンター6+2席。さらに店奥に4人卓×3、2人卓×3。卓上には胡椒と醤油? 水セルフ。ラーメンにレンゲが付いてこないのを不思議に思っていたところ、給水器横にレンゲが積んでありました。

007

 入口近くまで煮干しの香りが漂ってきますが、スープはそこから来る期待を裏切らない煮干しを前面に押し出したタイプ。但し、動物系出汁を合わせない点に特徴があり、それゆえ味わいは超あっさり、超すっきりのこれぞまさに淡麗系! ただ煮干しだけではさすがにスープとして成り立たないのか、醤油が案外きついのが気になりました。

 麺は心持ち太めの緩い縮れ入り。硬くはないのですが、いかにも小麦がみっちりつまっていそうな噛み応えのある麺です。うどんに近い食感で悪くはないのですが、正直スープに対してこの麺は強すぎる印象を受けました。このスープに合わせるなら細麺でも良さそうなものですが・・・

 チャーシューは薄くて、旨味が抜けたようなパサつき加減。他にメンマ、刻みネギ。

 この出来だと、青森駅近辺では個人的には「くどう」や「長尾中華そば」のほうが好み。

| | トラックバック (0)

2018.10.09

白龍 フェザン分店@盛岡 ~ じゃじゃ麺

019

 盛岡名物「じゃじゃ麺」の発祥店とされる老舗の人気店「白龍」。本店は盛岡城址近くにあって駅から距離があるのが難点でしたが、駅ビルリニューアルに伴って「おでんせ館」1Fに白龍の分店が出来たと聞いて早速往訪。

 開店時間は11時ですが、週末は混みあうためかそれよりも早く店を開けているようで、先客6、後客ゾロゾロ。退店時には店外に7人待ち。

 じゃじゃ麺しかないせいか、着席するといきなり麺の量とちいたんたんの要否だけ聞かれます。「じゃじゃ麺・中(600円)」と「ちいたんたん(50円)」を注文。

 店内はL字型カウンター10席と4人卓×4、2人卓×2。

0031

 店内には「13分茹で時間をいただきます」と張り紙があり、実際隣の後客はしっかりそれくらい待たされていましたが、当方のはどういうわけかさほど待つことなく登場。うーん、ランチタイムは茹で置きにあたることもあるのか・・・ 麺が結構熱を持っているため、皿が思いのほか熱いので注意。さほど量がないようにも見受けられますが、皿中央がへこんでいるので中でも十分な量があります。

 うどんと良く似たもちもちの麺の上に、肉味噌とネギとキュウリ、それに紅生姜を添えただけのシンプルな構成。肉味噌は「味噌をベースにひき肉、胡麻、椎茸 その他十数種類の材料を混ぜ込んで炒め寝かせた」ものだそうで、肉味噌が均一に麺に行き渡るようにぐちゃっぐちゃにかき混ぜて食べるのがおいしく食べるコツ。

 ただ麺の量に比べて肉味噌が少なく、せっせとまぜまぜしてもえらく薄味。やむなく卓上のにんにくやラー油、さらに味噌までぶち込んで味を調える羽目に。油そば同様、最初から客が自分で味を調整することを前提に薄味にしているのかな??

 麺はうどんに似ていますが硬くもなく、柔らかくもなく、コシも微妙。ただ肉味噌+にんにくの「しつこい2トップ」をしっかり受け止めるには個性のない麺がかえって相応しいのかも。さらにキュウリ。冷やし中華とは正反対のこってり系なのに同じようにきゅうりがついてくるのは初めはやや不可解でしたが、終盤になるときゅうりが箸休めとして効いてきます。

 残り麺一口二口になったら、丼に生卵を割り入れ、軽く混ぜてから、店員さんに「ちいたんたん」を所望。当然ながらこれもデフォルトでは超薄味なので自分で塩コショウで味を調整。

 「じゃじゃ麺」は少々しつこく、かつ最後は単調になりがちなのは否めないので連食には向きませんが、盛岡に来たら欠かせない味であることは間違いありません。

| | トラックバック (0)

2018.10.07

柳家 フェザン2号店@盛岡 ~ キムチ納豆ラーメン

014_2

 JR盛岡駅東口から伸びる地下通路「めんこい横丁」内。「柳家」の本店は駅から東へ15分ほど歩いた商店街内にありますが、日も暮れようとする時間帯に遠出するのも億劫になってこちらで妥協。先客5、後客10。なお盛岡駅ビル「フェザン」はいつの間にか大改装され、駅内にも「柳家」の支店があります。

 早速この店最大の売り物である「キムチ納豆ラーメン(950円)」を注文。だいぶ前に「ケンミンショー」で紹介されて以来、気になっていたものです。メニューはやたら豊富で、駅近の店らしく「はやぶさ(濃厚醤油)」「こまち(担々麺)」「SLブラック」といった当店メニューも。

 店内はカウンター4席と4人卓×2、6人卓×2。卓上にはラー油、一味、胡椒、酢。おしぼりサービス付き。

006

 このラーメン、とにかく納豆の自己主張が凄い!!特に納豆の香りが!! さらに味わいも相当なもの。納豆らしき粒々は見受けられず、すり潰してスープに溶け込ませているのかもしれません。それゆえ納豆が粘りつくわけでもありませんが。

 一方キムチは入ってるのは確認できますが、唐辛子等の辛みがスープで洗われてしまうせいか、存在感ははなはだ希薄。発酵界の日韓対決は日本のボロ勝ちです。スープは納豆が混ざることを前提としているのか、スープ自体はあまり濃くありませんし、脂っ気もあまりなく、総じてやや甘め。

 またもやしの上に生卵が鎮座していますが、自然体で食べている間にどこかへ流れて消えてしまいました。生卵をどう食べるのが正解なのかよく判りませんが、単にビジュアルが賑やかなだけで少々無駄・無意味な存在のような気がします。

 麺は自家製の並太ストレートで、やや硬め。店では「”ゆきちから”を、加水率40%の多加水麺に仕上げているので、中太の麺はモチモチ」と謳っていますが、全然もちもちという印象は受けず。

 そして具がめちゃくちゃ多い! 大量のもやしに加え、豚肉、コーン、サイコロ状に小さくカットされた大根等々がどっさり。なんとかもやしをやっつけて満腹になったところでようやく麺が現れるみたいな。夜には「小(850円)」で十分でした。

 ユニークな一品で、まあこういうのもありかなとは思いますが、この店でシンプルなメニュー頼んだらどうなんだろう??という気も。また具沢山の割にはラーメンがえらく早く出てくるのも気になりました。

| | トラックバック (0)

2018.10.06

満月@仙台・勾当台公園 ~ ワンタンメン

022

 仙台市地下鉄勾当台公園駅から定禅寺通りを西へ。酒田の人気店が仙台に出店したもので、正午過ぎに到着したところ、小雨の中なんと外待ち10人。さらに店内にも数人並んでいる模様。着席まで25分くらいかかりました。店の誘導・案内はいたって的確で、混んでるのに食べ終わってもなおぐだぐだしている高校生たちを巧みに追い出していましたw

 店内の券売機でこの店の売り物である「ワンタンメン(780円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に中華そば、つけめんなど。

 店内はコの字型カウンター9席のみ。卓上には胡椒、七味、ご飯用のごま塩。

014

 店内の香りから期待された通り、スープは煮干し出汁が程よく効いた雑味のないあっさり、すっきり系。煮干しと鶏ガラを合わせて炊いたものだそうですが煮干しがかなり前に出ているような気がします。もっともあっさり過ぎて途中で物足りなくなり、やむなく胡椒を微量投入。

 麺は細めのごく緩い縮れ入り。若干柔らかめで、優しいスープに実に合いますし、スープの絡みも良好。

 で、売り物のワンタン。正直普段ワンタンは好んでは食べないので比較は難しいのですが、ここのワンタンは超極薄かつ非常に柔らかく、箸でつまむとツルンと滑り落ちそう。当然ながら崩れやすく飴が分離しがちで、いきおいワンタンだけズルズルすすっている感じに。まぁ好きな人はすきなのでしょう。

 チャーシューは薄くてやや硬めでスープを邪魔しない淡白な仕上がり。他にメンマ、刻みネギ。

 どちらかといえば年寄り向けのラーメンで、夫婦で来てる方が目立ちました。

| | トラックバック (0)

2018.09.29

吉山商店@川口そごう・北海道物産展 ~ 焙煎ごまみそらーめん

004

 川口そごう「秋の北海道物産展」にイートイン形式で出店されたもの。この手のイートインって概して割高だし、設備の制約や食材のコンディションの違い等により本店で出されるものと同等のクオリティーなのかどうか確信が持てないのでこれまで全然興味がなかったのですが、超近場での開催ですし、ささやかながら先日の震災の復興支援を兼ねて往訪。

 出店していたのは札幌に本店がある「吉山商店」ですが、恥ずかしながら初耳。先払い制で、基本と思しき「焙煎ごまみそらーめん(800円+税=864円)」を注文。基本は「焦がししょうゆ」との2本立てのですが、なぜか「スープカレー」も用意。まぁこの手の催し物向けなのでしょう。
 
 川口そごう「秋の北海道物産展」自体はあまり大きなものではありませんが、イートインコーナーは案外広くて紀伊国屋書店の前に20数席も用意。早い時間帯から結構賑わっていました。

0031

 スープは表面の脂が結構きつくてかなりこってり。奥から中華鍋を叩く音が聞こえることから、玉ねぎやもやし等の炒め物とスープを炒め合わせる「札幌スタイル」なのでしょう。味噌自体はやや甘目。また豚骨等動物系出汁の出来が良いのか、この手のスープには珍しく飲み進む意欲が湧いてきました。

 ただ「焙煎ごまみそ」とわざわざ掲げるほどの強い個性はないような・・・わずかに渋みがあるあたりは「焙煎」っぽいのですが、「ごま」は散らしてあるだけのような・・・

 麺は札幌味噌ラーメンにありがちな、黄色い並太タイプの強い縮れ入り。デフォルトでも若干硬め。

 チャーシューは小さめでやや崩れやすいタイプ。他に刻みネギ、きくらげ、メンマ。本当は小ライスがあるといいのですが、そこはイートインなのでやむなし。

 川口そごう「秋の北海道物産展」は10月1日(月)まで。

| | トラックバック (0)

2018.08.26

杭州飯店@西燕 ~ (燕三条背脂)中華そば

001

 弥彦線西燕駅から徒歩10分くらい。いうまでもなく「燕三条背脂ラーメン」を代表する店です。駅から徒歩圏ですが、電車の本数が少ないので車がないのと非常に行きづらいのが難(といっても新潟のラーメン店では電車でも行けるだけマシなほうですが)。夕方の暇な時間帯に往訪したせいか入店時は先客4とガラガラでしたが、その後ゾロゾロと後客10数人。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て先頭の「中華そば(800円)」を注文。後払い。なおアイドルタイムはメニューを絞って営業しているみたいで、17時になった時点でメニューを差し替えていました。「飯店」との屋号通り、差し替え後は中華のご飯ものも登場。

 店内はテーブル席のみで8人卓×2、4人卓×2、6人卓×2。さらに店右側に増築したような小上がり席があり、そちらに8人卓×3、4人卓×2。最初はテーブル席だけで営業していましたが、混んできたのを見計らって小上がりを開放。卓上にはコショウ、一味、しょうゆ。水セルフ。

 出来上がりに非常に時間がかかり、なんと後客が頼んだ餃子のほうが先に出てきました。さらに10杯くらいまとめてどーんと出てきたところを見ると、オペレーションの関係でちょっと出来不出来のばらつきがありそう・・・

007

 スープが丼から溢れんばかりに目一杯注がれて登場。スープの表面には背脂がびっしり!! 煮干しがかなり強めに効いていますが、それでもかろうじて動物系出汁とのバランスを逸しない範囲内。やりすぎて食べ手を選ぶような愚を避けている感じ。醤油も妙な自己主張はせず、全体に酸味がちょっと強いかなといった程度。

 ただ見た目通り脂の量は結構なもの。「大油」を頼んでいる客もいましたが、デフォルトでこれから脂マシなんて頼んだ日には一発で腹壊しそう・・・箸休めとすべく「玉ねぎマシ」を頼む客がいたのも理解できます(100円増しは高いと思いますが)。ただそんな脂の量にも関わらず、スープをついつい飲み進んでしまうのはよほどベースの出来がいいのでしょう。

 麺は平打ちっぽい極太麺で、わずかにざらつきのある食感。ただ柔らかめでコシが弱いのが甚だ残念で、好みから遠く外れていました。このスープに合わせるならもうちょい弾力性の欲しいところ。この辺がアバウトっぽいオペレーションからくる出来不出来のバラツキなのかもしれませんが。

 具はチャーシュー、メンマ、玉ねぎとシンプル。ここは岩のりなし。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧