2019.11.30

京一本店@京都・四条大宮 ~ 中華そば

002_20191011101101 

 阪急京都線大宮駅から北西へ進んですぐ。「餃子の王将」1号店の並び。先客5、後客ゼロ。

 往訪して驚いたことに純然たるラーメン屋ではないどころか、うどん&そば、さらに各種丼ものもある大衆食堂的な店でした。おまけにぜんざいなどもあって喫茶店的な使い方もできるようです。

 券売機はなく、後払い。店では「カレー中華」や「あんかけ中華」を推していましたが、最もシンプルな「中華そば(730円)」を注文。

 店はテーブル席のみで、縦長の店に4人卓がずらずらっと並んで計60席くらい。卓上にはコショウ、一味、山椒、七味。全席喫煙可みたい・・・

006_20191011101101

 スープは豚骨&鶏ガラがベースのようですが、丼の縁にうっすらと魚粉らしきものも。それはともかく、このスープが妙に甘い。出汁は美味そうなのに、甘さが邪魔になってどうにもいけません。ラーメンスープというより、甘いきつねうどんの汁に寄った感じかなぁ・・・ 売り物の「カレー中華」や「あんかけ中華」向けにスープを最適化した結果なのかもしれませんが。

 麺は並太ストレート。水気少なめの心持ちごわついた食感で、スープの絡みはもう一つ。

 チャーシュー薄くてパサつき気味。スープが移ったせいかチャーシューも甘くなっていました。他にかまぼこ、青ネギ多目。

|

2019.11.26

くにまつ 本店@広島・立町電停 ~ 汁なし担々麺

007_20191031144701

 広島電鉄・立町電停から北へ200mくらい。向かいがYMCA。官公庁街の一角に店を構えています。11時の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店後10人ほど三々五々やってきました。

 店内の券売機ボタンは最上段は「汁なし担々麺(580円)」。0辛~4辛とも同値段なので、店お勧めの「3辛」で注文。さらにミニライス(30円)と温泉玉子(50円)を付けてみました。

 汁なし担々麺の激辛版が「KUNIMAX」、超激辛版が「deathMAX」。。汁なし担々麺がウリものの店ですが担々麺専門店ではなく、屋号に「中華そば」を冠しているようにメニューには中華そばや塩ラーメンもあり、実際中華そばを注文している客もいました。

 店内は縦長カウンター7席と4人卓×3、2人卓×2。卓上には酢、担々麺のタレ、一味、そして鎮江香酢(黒酢)。

005_20191031144701

 びっくりするくらいあっという間に登場。しかも麺が玉になっているだけでなく、少々ごわついた状態で出てきたので「なんじゃこれ?」と思いましたが、麺とタレとをまぜまぜしているうちに、タレを吸って麺がほぐれ、しんなりして来ていい塩梅に。タレはたっぷり目に入っていたはずなのに、どんどんなくなって行きます。

 痺れはたいしたことなく、辛いというか口内のヒリヒリ感が強いタイプ。個人的には「3辛」でも許容範囲内。

 麺はストレート&細目で、しかもぱっと見まるでカップ焼きそばのようにチープで頼りない麺ですが、ちゃんとコシはあって悪くはありません。具は肉みそと刻みねぎだけと値段相応にシンプル。この辺は首都圏で出てくるナッツ類やら干しエビやらゴテゴテと入った汁なし担々麺とはかなり違います。

 そこで味わいに変化をつけるために、温泉玉子がマストアイテム。これで味わいがぐっとマイルドに。玉子の旨味も加わって良い味変になります。店では薄いと思う方は卓上のタレを加えるよう勧めていましたが、特に薄いとは思えず。

 最後にミニライスを投入すると、温泉玉子も含めてきれいさっぱり美味しくいただけます。というか、麺の量が少なめなのでライスは必須かと。

 美味いことは美味いのですが、汁なし坦々麺は「広島つけ麺」ほど地方色が強くないので、観光客がわざわざ食べに行くにはちょっと微妙かなぁ・・・

|

2019.11.17

ビックワン@佐賀 ~ 野菜ラーメン

001_20191002142201

 佐賀駅北口を出て高架沿いに東へ進んですぐ。先客2、後客ゼロ。

 店内の券売機ボタンを見ると、シンプルなラーメンならなんと580円と激安!!さすがにこれでは具がしょぼかろうと思い、「野菜ラーメン(680円)」を注文しました。

 なお佐賀のラーメンは生卵入りをウリにしているところが多いようですが、生卵を入れてスープがぬるくなってしまうのが嫌いですし、そもそもスープを全部飲むわけでもないのに生卵を入れるのもなんかもったいないので生卵は割愛。

 店は案外でかくてコの字型カウンター20席くらい。卓上には胡椒のみ。店内には強烈なトンコツ臭が漂っているので要注意。

005_20191002142201

 スープはわずかにトロミがありますが味わいは意外にあっさり。しかし、それでいて店内の臭いから来る期待感を全く裏切ることのない豚骨出汁の美味さが際立つ不思議さ。

 麺は細目のストレートタイプで、心持ち柔らかめ。量は並程度あるせいか替え玉はやっていないようです。でもいきなり大盛にすると麺がヘタレそう。

 具は細もやしとキャベツ中心にかまぼこ、ちくわ、わずかに豚肉と具沢山で、豚骨ベースのちゃんぽんに見えないこともないのですが、麺が全然ちゃんぽんとは違います。

 「安くてそこそこ美味い」というラーメンの王道を行く文句なしの良店です。

|

2019.11.07

やまびこ本店@寺田(城陽市) ~ 肉うどん

001_20191011133301

 近鉄京都線寺田駅を東側へ出て、線路沿いに徒歩5分弱。京都サンガの練習場が近いせいか、駒井選手などサンガ出身の選手達がガチ推しているだけでなくそもそも結構な人気店のようで、13時半過ぎという昼飯のピーク時を過ぎているであろう時間帯でも店内はほぼ満席。辛うじて空いていたカウンターの一角に座らさせてもらいましたが、その後も客がゾロゾロ。

 人気の「すじうどん」を楽しみにしていたのですが、なんと早々と売り切れてしまいがっかり。やむなく「肉うどん(550円)」を注文。券売機はなく後払い。蕎麦はやっていない純然たるうどん屋で、しかもメニューを見る限り冷たい麺は「ざるうどん」しかなさげ。

 店内は横長カウンター6席と4人卓×1、2人卓×4。さらに店奥に座敷席がある模様。さして広くもない店に目一杯席を設けた感じていたって手狭。しかし接客に当たっている大学生バイト2人が超有能で実に小気味よく客を捌いていて好感が持てました。卓上には七味とご飯用のふりかけのみ。

005_20191011133301

 透明感のある関西らしい出汁の中に麺が顔をのぞかせていますが、これまた関西らしく麺はかなり柔らかめ・・・ うーん、こういうのはあまり好みではないんだよなぁ・・・ まだ出汁自体はしっかり効いているものの、塩っ気がややきつめで出汁の美味さを少々損なっているような気がしたので、飲み進む気は起らず。

 具は牛しぐれ肉とかまぼこ、青ネギ。

|

2019.11.05

麺対軒@京都・四条堀川 ~ 醤油ラーメン

001_20191011101101

 京都・四条堀川交差点を東へ進んですぐ。阪急京都線大宮駅と烏丸駅のほぼ中間。先客ゼロ、後客7。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「醤油ラーメン・並(750円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に生姜ラーメン、マーラー麺など。客に観光客らしき姿はなく、近隣のサラリーマンだらけでしたが、ほぼ全員ご飯ものとのセットメニューを頼んでいました。

 店内はL字型カウンター6席+縦長カウンター6席、さらに2人卓×2。2階へ通じる階段がありますが、往訪時は封鎖されていました。卓上にはコショウ、酢、豆板醤、おろしニンニク、ラー油、醤油、一味、ヤキメシ用ソース。

007_20191011101101

 豚ベースと思しきスープは真っ黒ですが「ブラックラーメン」のようにやたらしょっぱいというわけではなく十分飲める範囲内。但し、醤油からくると思しき酸味がうるさくて、飲み進む気にはなれず。

 麺は並太ストレートで、水気少なめの心持ちごわついたような麺。やわ麺の多い京都にしては硬いほうで、個人的には好み。

 チャーシューは薄くて旨味が抜け切ったような感じ。他に茹でもやし、青ネギ。

 ラーメンの出来と言い、ヤキメシとのセットメニューを推している点といい、新福菜館の強い影響を受けているようです。遠くから張り切って行くような店ではありませんが、近所の方の普段使いには重宝されそう。

|

2019.10.03

中央軒@鳥栖駅5・6番ホーム ~ ごぼう天うどん

001_20191002135601

 久しぶりに鳥栖駅ホームの「中央軒」で「ごぼう天うどん(450円)を賞味。もちろんデフォルトで「かしわ」入り。往訪したのは5・6番ホーム売店。なお改札口脇の売店は営業していましたが、3・4番ホーム売店は閉まっていました。

002_20191002135601

 博多のうどんはコシがなくてヘナヘナなのが個人的にはどうにも苦手ですが、ここのはホーム売店という性格上、麺にちゃちゃっと湯を通すだけなのが幸いしてか、ここのはかなりマシなほう。こうなると立ち食いうどんとは思えなくレベルの出汁の美味さが際立ちます。

|

2019.09.28

老郷@平塚 ~ タンメン

005_20190830070301

 東海道本線平塚駅を北側へ出て、駅から西へ伸びる商店街も尽き、怪しい店が並ぶ一角に立地。2時過ぎという中途半端に往訪したので、先客10、後客1といかにもランチタイムもおしまいといった感じの客入りでした。屋号は「ラオシャン」と読むようです。

 店内の券売機ボタンを見ると、なんとはメニューはタンメン、みそ麺、ギョウザの3種類しかありません。しかも餃子はともかく、麺類にも7人前までボタンがあるのが謎過ぎ。とりあえず「タンメン(600円)」を注文。

 店内は縦長コの字型カウンター15席と4人卓×1、2人卓×1。卓上には酢と自家製っぽいラー油のみ。繁忙期も過ぎたせいか、店は大将と婆さんの二人だけで切り盛りしていました。

0041_20190830070301

 この店は「タンメン」といっても一般的な野菜たっぷりの「タンメン」とは何から何まで違っていて、まず丼一面を覆うワカメがとにかく目立ちます。

 しかもスープが非常に個性的。化学調味料不使用なのはともかく、なぜか酸味が効いているのが特徴。その酸味にマスクされてベースはよく判りませんでしたが、酸味も鼻に突くほどではないせいか、全体のバランスが取れていてなかなかの完成度。

 ただ残念ながら麺を絡めて食べ進むにはいささか弱い。そこで大活躍するのが卓上のラー油。配膳時に婆さんが「ラー油入れて食べてください」と一声かけていましたが、ラー油を入れることで酸味が後退し、スープの旨味やコクが一気に前に出てくるような気がしました。ラー油の底に溜まっている「何か」の効果なのか、香ばしさすら加わりますし、とにかくラー油を加えることで初めて麺のスープとして完成する感じ。

 麺がこれまたユニーク。並太ストレートですが、かん水不使用だそうで、しかも柔らか目で白っぽいせいかまるで冷麦みたいな感じ。見た目通りつるつるかつしなやかな食感が特徴です。

 具は大量のワカメの他、刻み玉ねぎ、メンマ。値段が値段なのでチャーシューなと肉類はなし。

 ユニークさでは右に出るものがない珠玉の一杯でした。

|

2019.08.30

牛・がっつりまぜめん@リンガーハット

001_20190729134301

 リンガーハットのゲテモノメニューの一つ「牛・がっつりまぜめん(740円+税=799円)」を、毎月29日「肉の日」に100円引きで販売していることを知って、試食に出かけました。

 往訪したのは国道122号線沿いの川口末広店ですが、残念なことに「肉の日」を積極的に宣伝してはおらず、また受付の子も不慣れなためかうっかり定価で販売しそうになる始末。こちらから「肉の日100円引き」をアピールし、店長が出てきて末にようやく一件落着。

002_20190729134301

 「すきやき味の牛肉とちゃんぽんめんが、新感覚の絶妙マッチ。がっつり!肉盛り150g。」とリンガーハットは謳っていますが、すきやき味の牛肉というよりは、はっきり言って牛丼の牛肉。牛肉と共に甘く煮込まれた玉ねぎ、そしてご丁寧なことに紅生姜まで付いてくることもあってか、味わいは完全に牛丼(すき家っぽいかな?)のそれ。

 ニンジンや刻み青ネギはともかく、わずかにかまぼこが入っている辺りに「遠いご先祖様はちゃんぽんだった」という矜持を感じさせます。

 牛丼ライクな具の下にちゃんぽん麺が隠れています。「まぜめん」と称しているので、一頻りまぜまぜして食べましたが、牛丼をビビンバのように混ぜてから食べる習慣はないので、ルックスがなんだか微妙すぎてなぁ。でも混ぜないと味わいのバランスが悪そうだし。

 なお「冷やしちゃんぽん」と違って「ちゃんぽん」とは一言も書いてないだけあって、豚骨ベースのスープ等ちゃんぽん的な要素は先述のかまぼこくらい。ゲテモノメニューと割り切れば悪くはありませんが、再食したいとも思わず。

|

2019.08.26

ひらこ屋@津軽新城(青森市) ~ とんこつ煮干しそば

001_20190726085101

 奥羽本線津軽新城駅から北へ徒歩10分ほど。青森市郊外の国道7号線沿いにあり、駅から歩いてくる客なんて全く考えていなさそうな立地ですが意外にも駅から徒歩圏内。ただグーグルマップを頼りに細い急坂を登る羽目になります(苦笑)。夕方の中途半端な時間帯でも先客6、後客4とそこそこ賑わっていました。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「こいくち・中(700円)」を注文。「こいくち」とは「とんこつ煮干しそば」と注釈が付いています。メニューは他に「あっさり(煮干し中華そば)」「せあぶら(背脂煮干しそば)」「バラそば(煮干しバラ肉そば)」。さらに夏季限定で「つけそば」「肉つけそば」「山葵辛つけそば」も。後払い。

 店内は厨房に向かって横長カウンター4+4席と小上がりに6人卓×3。卓上には胡椒、しょうゆだれ、一味。

017_20190726085102

 スープは見た目と違ってザラザラ、ドロドロ系ではありませんが、弘前の「たかはし」よりは明らかに味が濃い目。店のWebサイトによれば「カタクチ、鯵干しをブレンドした強烈な煮干しスープで、徹底的にうまみを出したダシに、昆布、トンコツスープをプラス」とのことですが、やや魚臭さがあり、また酸味よりは煮干しらしい苦みが前に出ている気もするので、少々食べ手を選びそう。

 煮干出汁を感じてもらうために予め醤油ダレを少な目にしてある旨の注意書きがありましたが、かえしが弱いなんて微塵も感じられず、これで必要にして十分すぎるくらい。「しょっぱめ」がお好みの方は卓上のしょうゆだれで調整できますが、それじゃせっかくの煮干出汁が台無しになりますな、確かに。

 麺は自家製で、やや太めのストレート。若干柔らかめの仕上がりで、つるつるした口当たり、もっちりした食感からちょっとうどんに寄った印象を受けました。この辺りは「まるかい」とちょっと似た感じ。濃い目のスープには合っていますが、あっさりだと麺が強すぎに感じるかも。

 チャーシューは薄めと若干厚切りのものが一枚ずつ。薄いほうは淡白な一方、厚めの方はしっかりと煮込まれていました。他にメンマ、刻みネギ。

 

|

2019.08.25

たかはし@撫牛子(弘前市) ~ 中華そば

002_20190726085101

 奥羽本線撫牛子駅から南へ徒歩5分弱。弘前市郊外の県道沿いに建っています。11時の開店から10分くらいしか経っていないのに店前の駐車場にはずらずらっと車が並んでおり、先客20人くらい。たぶん開店前から来てたんでしょうなぁ・・・ 店がでかいので待ち行列が出来るほどではありませんでしたが、その後もひっきりなしに客がやってきました。

 店内の券売機でボタン先頭の「中華そば(750円)」を注文。メニューは極端に絞り込まれていて、他はチャーシューメンとざる中華のみ。

 店内は厨房に向かってL字カウンター10数席と壁に向かってカウンター4席。4人卓×5と小上がりに6人卓×3と結構なキャパ。卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、一味。

017_20190726085101

 魚粉が薄っすらと丼の縁に付いていますが、スープは見た目と違ってザラザラ、ドロドロ系ではありません。魚粉が底に沈んでいるせいか、スープ自体はむしろサラッとした印象。豚骨をベースに煮干しをがっつりと効かせたものですが、魚臭さもなければえぐみ・苦みもなく、食べ始めに若干酸味強めに感じるくらい。変な癖がなく、食べ手を選ばない出来。

 麺は並太縮れ麺。水気が少なそうな麺でややざらつきがある口当たり。「麺硬め」を頼んでいる客がいましたが、デフォルトでも心持ち硬めで「硬め」を頼む必要は全く感じられず。若干量多い気がしたので、飽きてきたところで卓上のブラックペッパー投入。これが実によく合います。

 薄くて大きめのバラ肉チャーシューはやや醤油に浸かりすぎかな? メンマは逆に少々甘め。他に刻みネギ。

 早い時間帯から大人気も頷ける一杯でした。

|

より以前の記事一覧