2021.04.20

ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店@下諏訪

Halpin001

 長野県諏訪エリアのローカルラーメンチェーン「ハルピンラーメン」。本店は諏訪インター近くにあって車が無いと行きづらいので、下諏訪駅に近い下諏訪町役場前店を往訪。下諏訪の温泉街や諏訪大社とは真逆の中央本線の南側にあり、店名通り下諏訪町役場の斜向かいにあります。

 店に到着したところ、店内に待ち客4。その後も入れ替わり立ち代わり客がやって来て、退店時には待ち客6と大盛況。テーブル席の空き待ちをしている二人客、三人客をすっ飛ばして、一人客を先に空いているカウンターへ案内するような運用をしていないみたいなので、一人客でも結構待たされました。

 券売機はなく、着席してメニューを見て基本の「ハルピンラーメン(税別690円)」を注文。ランチタイムは小ライス無料サービス付き。後払い。

 メニューは他に担々麺、つけ麺など。また最近「生姜たれこくラーメン」というのを始めた模様。

 店内は横長カウンター7席と4人卓×4。卓上には酢、ラー油、醤油、醤油たれ、コショウ。

Halpin002

 スープを店では「味噌でも醤油でもない唯一無二の味」と謳っていますが、どちらかと言えば味噌寄り。但し、味噌ではなく出汁由来っぽい甘味を強く感じるので味噌ラーメンっぽくはなく、おまけにデフォルトでピリ辛なので「唯一無二の味」というのは判らなくもありません。幾種もの食材とニンニクを特製醤油に4年間漬け込んだ「寝かせダレ」が秘訣だそうで。なお店内の貼り紙によるとその寝かせダレは本店とそれ以外の店ではちょっと違うようです。

 卓上には濃い味好みの方のために醤油たれが置いてありましたが、デフォルトでそんなに薄味とは思わず。

 麺は細めの縮れ麺。見た目はスープに対して少々頼りないものの全くスープに負けておらず、最後までちゃんとコシを保っていました。

 具は薄いチャーシュー、メンマ、モヤシ、刻みネギ、海苔。

 なお帰りがけに「タレは底に沈みやすいので、底から麺を持ち上げて絡ませるように食べるべし」との趣旨の貼り紙があることに気づきましたが、時すでに遅し。でも自然体で食べていても旨さ十分、地元で大人気なのも納得の一杯でした。

|

2021.04.19

岐阜タンメン 今伊勢店@石刀(愛知県一宮市)

Gifutanmen001

 岐阜県や愛知県に店舗展開し、幅広い層からの人気を誇る「岐阜タンメン」。かなり前にケンミンショーで紹介されたのを契機に試食してみました。

 如何せん田舎のチェーン店なので車が無いと行きづらい店が多く、往訪したのは駅から徒歩圏内にある今伊勢店。愛知県一宮市にある名鉄名古屋本線石刀駅という各駅停車しか停まらない小駅から徒歩5分足らずのところにありますが、駅出口そばの踏切を渡った先にあり、しかもその踏切が名鉄&JR計4本もの線路を渡るという半ば「開かずの踏切」で、歩いている時間よりも踏切待ちしている時間のほうが長いかも。先客4、後客ゼロ。

 メニューは非常にシンプルで、麺類メニューは「岐阜タンメン」しかなく、注文は、
①単品かセットを選ぶ
②辛さを選ぶ
③トッピングを選ぶ
ただそれだけです。券売機はなく、着席すると店員が伝票をもってやってきます。後払い。

 辛さのレベルは、
・辛さなし:全く辛くない。初めはこれから
・1辛:素材の甘みをひきたてる辛さ
・2辛:口の中がピリピリ、ちょい辛
・3辛:汗だらだら。目が覚める
・4辛:内蔵ドキドキ。口から火がでそう
・5辛:足ガクガク。明日まで覚悟
の5段階。但し3辛以上は別料金。

 今回は一番人気の「半チャンセット(960円)」を2辛で。「トッピングはどうしますか?」と聞かれましたが、何がしかトッピングを付けるのが普通なのかなぁ? なお岐阜タンメン単体だと780円。

 店は横長カウンター7席と4人卓×2。卓上には酢もやしのみ。厨房がゆったりしているためか、外観の割には座席数が少ない店です。水セルフで、しかも入り口近くに給水器が置いてあるだけですが、コップが馬鹿でかいのが特徴。何度も水を汲みに行かなくても良いようにとの考えなのかな?

Gifutanmen002

 配膳時に強烈なニンニク臭ががが!!! スープは「豚肉、白菜、キャベツ、にんにくから旨みを抽出し、塩だしのスープと合わせた」とのことで、辛さはもっぱら上にちょこんと乗っている辛味タレで調整しているようで、スープ自体は全く辛くありません。そして辛味タレを溶かしても正直ピリ辛にすら至らず、少々拍子抜け。

 それは別に構わないのですが、塩ダレがきつすぎてかなりしょっぱいのは困りもの。「豚肉と野菜からくる甘味」なんてほとんど判らずじまい。辛さではなく、しょっぱさゆえにデカいコップが役に立つとは・・・

 このままでは塩気が強すぎて食べづらいので、途中から卓上の酢もやしを大量に投入。酢もやしといっても酢はわずかに効いているだけで、ほぼ茹でもやし。これでこれでぐっと食べやすくなりました。

 麺は細めストレートタイプ。「福岡県の老舗製麺所にパツパツとした歯切れの良さが特徴の低加水平打ち細麺」とのこと。見た目は頼りないものの、デフォルトでもスープに負けてる感じはせず、終盤までコシをしっかり保っていました。先客の様子を見ていると「バリカタ」など硬さの調整も受け付けているようです。また替玉があるのも特徴。

 具はキャベツ、白菜と豚バラの細切れなど。値段の割にはちょっとしょぼいかなぁ・・・

 チャーハンは写真を撮る前にれんげでうっかり崩してしまう失態を犯してしまいました(苦笑)。こちらはタンメンとは対照的に割と薄味。

|

2021.04.15

にこり@湯河原 ~ 中華そば

Nikori002

 JR東海道線湯河原駅から駅前の通りを東へ。坂を下って徒歩10分程度。湯河原郵便局の先。湯河原の超人気店「飯田商店」の姉妹店ですが、夕方の暇な時間帯だったせいもあってか先客ゼロ、後客2と閑散。

 券売機はなく、メニュー先頭の「中華そば(830円)」を注文。後払い。

 メニューは他に背脂中華そば、つけそば等。さらに往訪時は期間限定で背脂煮干しそばなども用意。

 店内はカウンター3+4席と6人卓×3、4人卓×3、さらにテラスに4人卓×2。いかにも観光地っぽい店構え&内装ですが、全敗にかなりゆったりしています。卓上に調味料類はなし。

Nikori001

 スープは「たくさんの食材(鶏ガラ、鶏肉、昆布、干ししいたけ、焼アゴ、煮干し、かつお節、さば節、野菜など)で作った」とのことで、見た目通りに脂っ気を全く感じない、心持ち甘目ながらも総じて無化調らしいあっさりすっきりした味わい。かえしが妙な邪魔をせず、出汁の旨みにぐいぐい引き寄せられます。

 麺は自家製の手もみ薄めの縮れ麺。水気が多そうなつるつるピロピロした口当たりで、スープの絡み、持ち上げも抜群。

 チャーシューは薄くて柔らか。メンマが筋っぽいのが惜しまれます。他に海苔、刻みネギ。

 「毎日でも食べられる、身体に優しい”しあわせ中華そば”を目指しています。」という言葉通りの珠玉の一杯。そんなラーメン屋が毎日は来ない観光地にあるというのは皮肉なものです。

|

2021.04.14

四川@上大井 ~ (小田原系)担々麺

Shisen002

 JR御殿場線上大井駅から駅前の通りを国府津方面へ歩いて15分ほど。「小田原系担々麺」の源流と言われる人気店で、11時の開店20分前に店に到着したところ、店先のウェイティングリストに先客5。開店時までさらに20人くらいやって来ました!! 平日でも非常に混みあうようです。

 席に案内されて早速「坦々麺(900円」を注文。辛さはA(甘口)からD(スペシャル辛口)まで4段階選べるようなので、一般向けのBで。他の客はC(辛口)を注文する方が目立ちました。

 ここは担々麺専門店で、他につけ麺の担々麺や冷やし担々麺も用意。またテイクアウトにも受け付けているようです。

Shisen003

 店内は2人卓×5と6人卓×2。但し時節柄6人卓も衝立で細かく仕切って事実上全席2人卓のような形で運営されていました。卓上には酢のみ。おしぼりサービスあり。出来上がりまでにチャーシューを食べている客もいましたが、みんな車で来ているのでビールが飲めないのね・・・でもビール無しでチャーシューだけ食べてるって不思議な感じ。

Shisen001_20210320094601

 何といってもルックスが非常に奇怪!! スープの上に麺が浮いています。「沈まぬ太陽」ならぬ「沈まぬラーメン」。一応あんかけラーメンの範疇には入りますが、あんがかかってないところが無いどころか、スープとあん、そして大量のひき肉が混然一体となってもはやスープとは言い難い、とろみが強いスープどころかもはや「ゾル状の何か」に変質。麺はその「ゾル状の何か」の上に浮いている格好です。

 従ってまずは麺と「ゾル状の何か」をひたすらかき混ぜて一体感を出すところから。屋号が「四川」なので一般向けでも結構辛いと思いこんでいたのですが、意外にもBだとピリ辛にも程遠いレベルで拍子抜け。これだとCを頼む客が多いも納得。その代わりにニンニクが結構効いているので、Bだと坦々麺というよりはスタミナラーメンに近い感じかも。ただスタミナラーメンというにはニラがなくて、わずかに刻みネギが確認できる程度と具がシンプルにすぎるかな?

 麺は自家製の中太縮れ麺でややもっちりした食感。替え玉やライスを頼む客もいましたが、デフォルトでも量が少ないとは感じず。「ゾル状の何か」が麺に絡みまくってどんどんなくなってゆきますし、替え玉も直ぐには出来そうにないので、量的に物足りないなら大量のひき肉を活かすべくライスを注文したほうが良さげ。

 「ゾル状の何か」まで含めて一気に完食。店では酢を入れることを推奨してましたが、美味さの余り完全に失念レストラン。

 とにかくユニークな一杯。しかもユニークなだけでたいして美味くはないラーメンも数多ある中、ここのは味わいも上々。人気店でもおばちゃん達の接客もこなれてて心地よく、全く奢りも感じられず、文句なしの一杯でした。。

|

2021.04.07

東横 駅南店@新潟 ~ みそラーメン

Yoyokomiso002

 新潟駅南口を出てビッグスワンへ向かう道を直進。ドンキの先、ローソンの手前を左折。駅から徒歩10分くらいかな? 超濃厚味噌ラーメンを出す店として有名で、本店はビッグスワンも近い紫竹山。店のWebサイトによると駅南店は元の本店を親族に貸しているものだそうで、そのせいか姉妹店という位置づけになっていますが、細かいことは気にしない方向で。なんと12年半ぶりの再訪。

 先客11、後客9。純然たるラーメン店ではなく鶏の唐揚げや炒めもの、餃子などを頼んでがっつり飲んでいる客もいますし、小上がりがあるので小さい子供を連れた家族客もやってきます。

 早速ウリものの「みそラーメン(700円)」を注文。意外にもここは味噌専門店ではなく、醤油や塩もあります。券売機はなく、後払い。

 店内は4人卓×3と2人卓×3、小上がりに4人卓×3、店奥にカウンターが3席だけ。卓上には酢、ラー油、一味、醤油、ブラックペッパー。暖かいおしぼりサービス付き。

Yoyokomiso001

 すり鉢みたいな丼で運ばれきました。超濃厚な味噌スープが売り物。あまりにも濃すぎて、そのままではスープを飲むどころか麺に絡めるのも辛いレベル。そこで薄めるためのスープがついてきます。ただなんでスープを注ぎやすいような容器に入れずボウルで、しかもバカでかいレンゲ付きで出すのか謎すぎます。

 割りスープを半分くらい入れて個人的にはちょうどいい感じに。それでもスープは若干とろみがかっています。味噌自体は案外甘く、スープの旨味も十分。割りスープも含めて出汁が良いのか、濃厚にも拘らずスープを飲み進む気になります。

 麺はそのままつけ麺に転用できそうな太麺ほぼストレートタイプ。つるつる&もっちりした食感ですが、太麺なのでスープには全く負けていません。

 具はキャベツとモヤシが多めに入っていますが、不思議なことにひき肉どころか肉類が一切ありません。そのためかスープは脂分がほとんど感じられず、悪く言えばコクなり深みなりがもうひとつかなぁ・・・ メニューをよく見ると「ニンニク、背脂無料」とあるので、それらを投入するのが正解だったかも。あるいはチャーシューが乗った「特製(880円)」を注文すべきだったと思うも時すでに遅し。

|

2021.04.02

みやご食堂@群馬藤岡 ~ 中華そば

Miyago002

 JR八高線群馬藤岡駅から徒歩10分程度。先客8、後客7。

 着席して早速「中華そば(600円)」を注文。後払い。

 麺類メニューは基本「中華そば」だけ。屋号通りラーメン専門店ではありませんが、「食堂」といってもご飯ものはカレーライス、玉子丼、親子丼、チャーシュー丼があるだけです。

 店内はテーブル席のみで、4人卓×4と小上がりに2人卓×2。卓上には一味、コショウ、酢、醤油。わさびふりかけ。

 テーブル席に衝立のある席とない席があるのが不思議でしたが、衝立のない席は相席になる場合だけ店員が後から衝立を立てていました。さらに一人客は衝立のある席や2人卓が空いたらこまめにそちらへ移動させていました。いかにもwithコロナなラーメン屋の光景です。

Miyago001

 スープは鶏ガラ&煮干しベースのあっさり味。脂っ気はほとんど感じられず。また醤油が下手にでしゃばらず、出汁の旨味でついついぐいぐいと飲み進んでしまいました。

 麺は太くて強い捻じれ入り。自家製の手打ち麺だそうですが、しかもいかにも麺の密度が高さそうな噛み応えが強い硬めの仕上がり。これはこれで面白いのですが、優しいスープに対して麺が強すぎて、かなりバランス悪い印象を受けました。正直小麦の塊を食ってるような気が・・・ また量はデフォルトでも多め。

 「中華そば」でも十分太麺なのに「太麺中華そば」というメニューが別にあり、後客が食べているところを見ると幅が広めの平打ち麺の厚みがあるっぽい感じでした。

 なるとに厚みがあるのも特徴。チャーシューは硬くてパサつき加減で、旨味が抜けたような感じ。他に多めのメンマ、青菜、海苔。
のり

 スープはダントツに美味いし、麺も面白いのですが、如何せんそのバランスがなぁ・・・ちょっと勿体ない。つけ麺ないしまぜそばがあると嬉しいのですが。

|

2021.03.02

元祖博多だるま 博多デイトス店@博多

Daruma02

 博多駅「博多めん街道」内。デイトスのお土産売り場を抜けてエスカレーターを上がってすぐという「めん街道」で一番良い場所に位置。ほぼ5年ぶりの再訪。往訪時はほぼ満席でしたが、後続はパラパラといった程度。かつてはいつも観光客と出張族が店外に行列を成していましたが、ここもコロナ禍は免れないようで。ただそれでもここと向かいの「博多一幸舎」はまだマシで、他の店は恐ろしいほどガラガラでした。

 店外の券売機で基本の「ラーメン(700円)」を麺堅めで注文。5年前から値上げしていないのには感心。

 店内は横長カウンター6席(従来の10席から大幅減)と4人卓×3、2人卓×1。卓上には紅しょうがだけで、辛子高菜や白ゴマは見当たらず。

Daruma01

 わずかにとろみがついたスープからは結構な豚骨臭。そしてその香りを裏切ることのない濃厚豚骨出汁。総じてこってりしていて、あっさりした長浜ラーメンとは対照的。チャーシューの脂身が目立つのがこってり感に拍車をかけているのかもしれません。ただこってりした印象の割にはスープに重さ、くどさを感じることなく、また体調が良いせいかほとんど胃にもたれず、なんだかんだとスープを飲み進んでしまいました(苦笑)

 麺は極細ストレート。ただ硬めで頼んだはずなのに、出てきたのせいぜい並堅といった程度だったのにはがっかり。替玉(150円)をバリカタで頼んでやっと硬めかなといった感じ。でもスープとの相性・絡み具合は文句なし。

 チャーシューはペラペラではありませんが、語るほどのこともなし。他にきくらげ、刻み青ネギ。

|

2021.02.13

なんつっ亭@川崎 ~ (黒マー油豚骨)らーめん

Nantsu02

 川崎駅併設の駅ビル「アトレ」の地下1階。ラーメン屋ばかり5軒集めた「ラーメンSymphony」の一角。あちこちにあった「なんつっ亭」ですが、都内は池袋・御徒町・品川と相次いで閉店し、今や秦野本店とここ川崎店しか残っていないとはびっくり!! 先客4、後客4。

 今回は基本メニューの「らーめん(820円)」を注文。一年半前に御徒町で食べた時から70円も値上がり。ランチサービスなし。

 メニューは他に「辛味噌らーめん」「つけ麺」「ぼくの空(魚介豚骨醤油)」等々。トッピングでいろいろバリエーションを付けているので券売機ボタンは非常に賑やか。

 店内は店手前にコの字型カウンター16席(但し隔席で使用)、店奥に4人卓×2。卓上には醤油、一味、ブラックペッパー、ラー油、酢。また頼めばニンニクを出してくる模様。

Nantsu01

 豚の頭と鶏ガラのみからとったとされるスープの表面を「7段階に揚げ分けたニンニクに、揚げ油とごま油を調合して作る真っ黒なマー油」が覆っているのがこのラーメンの最大の特徴。最初はマー油の渋みが支配的ですが、そのうちその下のマイルドかつクリーミーなスープと合わさって面白味のある味わいに。にんにく臭はほとんどありません。

 麺は細めのほぼストレート麺で、若干ごわごわぼそぼそした食感。ただこれも食べ進むにつれてスープに馴染んでごわごわ感が解消。

 チャーシューは御徒町で食べた時は厚みがあり、肉質もしっかりしていたはずですが、残念ながら薄くて崩れやすいタイプに変わってしまった模様。でも味付けは程よい感じ。しゃきしゃきっとした細めのモヤシが良い箸休めになって最後まで飽きることなく楽しめました。他に九条ネギ、海苔。後乗せの具が多いせいか、スープがちょっとぬるくなりがちな難点は相変わらず。

 御徒町で食べた時は具沢山の割に安めでそこそこ美味いという評価でしたが、値上げしたためにコスパの良さという利点はなくなって値段相応に。まぁいかにもバイト然としたオバチャン二人で切り盛りしている割にはそれなりのクォリティーを保った品を出してくる辺りは評価したいと思いますが。

|

2021.02.02

桂花ラーメン 本店@熊本城・市役所前電停  ~ 太肉麺

Keika02

 熊本市役所の南、下通アーケード街から2筋程西側の飲食店街に立地。7年半ぶりの再訪。コロナ禍にあってもそれなりに賑わっている下通とは対照的に、この店があるエリアは飲み屋が多いためか休日の昼間は人影まばらでした、それにしても先客ゼロ、後客5と客足が激減しているのにはびっくり。

 タッチパネル式の券売機で、ウリものの「太肉麺(1050円)」を注文。うーーーん、地元熊本ですらとうとう千円超えになってしまったか・・・

 店のキャパシティーは非常にでかく、入口の近くにU字型カウンターが15席くらい。店奥に4人卓×5、2人卓×3。卓上にはコショウのみ。

Keika01

 スープは豚骨と鶏がらを合わせた白湯ですが、あっさりではなく、かといって極端にこってりでもなく、良い意味で中庸な、食べ手を選ばない味わい。それに若干渋みのあるマー油がアクセントを加えています。ただ生キャベツなど後乗せの具が多いせいか、厳冬期にはスープが少々ぬるくなってしまうきらいも。

 麺はやや太目のストレート麺。昔は堅くて生煮えじゃないの?と思わせるくらいだったような記憶がありますが、久々に食べてみると堅いことは堅いけれども十分許容範囲内。

 売り物の太肉(豚バラ肉の角煮)は味付けが濃くて、しかも甘めで。ただ以前はもっと味が濃くて脂も多くて、そこを生キャベツが上手く中和してくれたような記憶がありますが、久しぶりに食べてみるとこってり度は程よい範囲内に収まっており、その代わりに生キャベツがちょっと浮いた感じに。他に味付玉子半個、メンマ、茎ワカメ、わけぎ。

|

2021.01.11

龍鳳 大門横丁店@函館

Ryuhou02

 函館駅近くの屋台村「大門横丁」内。観光的には完全にシーズンオフですし、近所の百貨店「ボーニモリヤ」も閉店して衰退感に拍車がかかったエリアの屋台村で昼から営業しているのが不思議なくらいで、先客・後客ともゼロは致し方ありません。

 券売機はなく、メニューを見てウリものらしき「黄金塩ラーメン(750円)」を注文。後払い。

 屋台に毛の生えたような店なので当然ながら店内は非常に狭く、コの字型カウンター6席のみ。卓上には一味と胡椒。暇すぎる時間帯のせいか、店はバイト然としたねーちゃんが一人で切り盛りしていました。結構な有名店なのか、店内には色紙がベタベタと。

Ryuhou01

 スープは最初鶏ベースかな?と思ったのですが、どうも鶏だけではなく豚骨など他の出汁とのバランスを取った感じ。全然しょっぱくないのは気に入りました。また「一羽の丸鶏からわずか100gしか抽出されない鶏油をさらに数日間熟成させて黄金色になったものを使用」というのがこの店のウリのようで、それが多めに添えられていますが、油が古くなったような香りがちょっとして、なんか悪影響でしかないような。従ってでもぐいぐい飲みたくなるほどの訴求力は無し。

 麺は並太緩い縮れ入りでつるつるした口当たり。やや柔らかめの仕上がりで、もっちりとも言い難い食感でしたが、スープに合わせればこんなものでしょう。

 チャーシューは2種類入っていますが、共に薄めで旨みも抜けてしまった感じ。他に青菜、ナルト、メンマ、刻みネギ。

|

より以前の記事一覧