2017.11.20

いちまる@長岡 ~ 越後長岡生姜醤油ラーメン

001_2

 長岡駅東口を出て、駅前ロータリーの先を南へ進んですぐ。ラーメン屋兼業の居酒屋といった感じの店ですが、ちょうど下校時間帯に当たるせいか先客、後客とも女子高生だらけでした。先客5、後客3。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「越後長岡生姜醤油ラーメン(700円)」を注文。メニューは多彩で、他にあっさり味噌、豚骨白湯、こってり味噌、豚骨背脂燕三条系など。ランチタイムにはご飯一杯無料サービス。

 居酒屋兼業ゆえ店内はテーブル席主体で4人卓×4と小上がりに4人卓×2。カウンターは壁沿いに6卓と店奥に8卓くらい。

006_2

 「生姜醤油」を謳っていますが、生姜はほんのり効かせている程度。生姜は味わいにこそしっかり作用するものの、表面の脂が案外多いせいかあまりスッキリ感はしません。もっとも生姜を効かせ過ぎてやたらスースーするよりはよほどマシですが。かえしも割と抑え目で、動物系出汁の旨味がじっくりと味わえます。

 麺は若干細めの縮れ麺(メニューにはなぜか「中太麺」と表記)。スープがよく絡み、すすり心地もなかなか。

 チャーシューはやや硬めで若干ぱさつき加減。他にほうれん草、ナルト、海苔、刻みネギ、メンマ。

 飽きがこない、いたって無難な一杯です。

| | トラックバック (0)

2017.11.15

気むずかし家@長野 ~ 鶏白湯ラーメン

002

 長野駅東口から徒歩10分弱。長野朝日放送の先。いかにも開発途上の駅裏然としたところに立っています。先客1、後客2。

 券売機はなく、卓上のメニュー先頭の「鶏白湯(720円)」を注文。さらにWebサイトのクーポンで味玉を付けてもらいました。ランチサービスはなし。

 メニューは多彩で他に昭和中華そば、つけ麺、気む二郎、王様中華そば等。またラーメン専門店というではなく定食類も用意。

 店内は小上がり主体で6人卓×3。テーブルが4人卓×3、さらに店奥にカウンター3席。

008

 ややとろみがかったスープは判りやすい鶏白湯ベースながら魚介交じりのようで、節系の味わいが案外強いのが特徴。かなり甘目ですがくどい感じはせず。ただ味玉を入れたのが良くなかったのがスープがぬるくて全体の心象は良くありません。

 麺は並太ほぼストレート。いかにも水気の少ない少々ごわつきのある麺で硬めの仕上がり。どう考えてもスープに対して強すぎでしょう、これは。

 味玉は固ゆで。他にチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギ。

 春日の「信濃神麺 烈士洵名」がここのグループ店と聞いて往訪しましたが、正直期待外れ。長野ではやっぱり蕎麦にしておくべきだったと反省するも時すでに遅し。

| | トラックバック (0)

2017.11.11

鯉次@東三条 ~ 背脂らーめん

001

 信越本線東三条駅から徒歩約5分。駅前通りを直進し、最初の信号を右へ。先客1、後客7。いかにも地方の郊外店らしい広々とした店です。

 券売機はなく卓上のメニュー先頭の「背脂らーめん(700円)」を注文。さらに平日ランチタイムに格安で売っている「チャーシュー丼(100円)」を付けてみました。後払い。

 メニューは豊富で他に生姜醤油、塩、味噌、魚介えびつけめん等。他客の注文を見ると背脂と生姜醤油で人気を二分していました。

 店内は小上がり主体ですが、ランチタイムは一人客が多くて6席しかないカウンターだけがやたら混雑。

006

 大き目の丼に並々とスープが注がれて登場。本来ラーメンとはこうあって欲しいもので、これだけで随分と好印象。

 表面に背脂がびっしり浮かんでいますが、見た目と違って油の層はさほど厚くはなく、脂ギトギトではありません。たっぷりと刻みタマネギが添えられているのが、脂っぽさをかなり緩和しているのかもしれませんが。また煮干しもやり過ぎ感が出ない程度。かえしもあまりきつくなく、全体のバランスが非常に良いのでついついぐいぐいと飲み進んでしまいます。

 麺は太めの縮れ麺。つるつるした口当たりでやや硬めの仕上がり。スープとの相性はまずまず
 
 チャーシューは若干脂多めで、醤油ダレにちょっと浸かりすぎという気もしますが悪くはありません。他にメンマ。

 チャーシュー丼は正直値段相応の出来で、チャーシューが寂しすぎ。これなら頼まなくても良かったかと。

 総じて万人ウケする出来で、燕三条背脂ラーメンとしてはとんがったところがないのでマニア受けはしないでしょうが、こういうラーメンのほうが飽きずに長続きするんでしょうな、たぶん。

| | トラックバック (0)

2017.11.07

らーめん極@天王寺 ~ 白とんこつ

001

 天王寺駅から近鉄前の歩道橋を越え、大阪環状線沿いの大通りを西へ徒歩5分ほど。大阪市立大病院の向かい辺り。先客9、後客1。

 店外の券売機ボタン先頭の「白とんこつ(750円)」を注文。細麺/太麺が選べ、さらに麺の硬さも調整できるので「細麺・硬め」で注文。メニューは他に「かつお節とんこつ」「黒とんこつ」「鯛塩」など。

 店内は狭く、左右の壁沿いにそれぞれカウンター5席のみ。水セルフで、しかも入口近くに給水器があるだけ。卓上には白ごま、紅生姜、高菜、ラー油など。

 厨房内には兄ちゃん一人しかいない上に、たまたまグループ客がどっと入った後だったようで結構待たされました。

005

 若干とろみがかったスープは豚骨臭を全然感じない割には豚骨出汁はしっかり出ていて食べ始めは美味いと思ったのですが、かえしもそれなりに強く、また見た目以上に背脂も多いのか、食べ進むにつれて味が濃すぎでしつこい印象を受けました。当然ながら飲み進む気は起こらず。背脂の量も調整できるようなので、「少な目」にしたほうが良かったかもしれませんが、時すでに遅し。

 麺は極細のストレート。「硬め」で注文したはずなのにたいして硬くなくて残念。量も少ないので「半替玉(80円)」を「バリカタ」で注文したところ、「バリカタ」で一般的な「かため」程度かなと思いました。また濃いスープに合わせるとなると「太麺」を選択したほうが良かったなぁ・・・

 具は薄いチャーシュー、青ネギ、きくらげ。

 先客の様子を見ていると、「チャーライ」というご飯ものを頼んでいる客が多く、この店はむしろそれが売り物なのかも。

| | トラックバック (0)

2017.10.20

源来軒@喜多方

007

 喜多方駅から徒歩5分程度。駅正面から伸びる通りを直進。最初の信号を右へ。喜多方の有名ラーメン店の中ではかなり駅に近い部類ですが、ほとんどの客は車でやってくるみたいで隣の駐車場はひっきりなしに車が出入り。外観は中華料理屋ですが、実態はラーメン専門店です。

 「蔵の街」など喜多方の観光スポットからはちょっと離れたところにあるので空いていると思ったのですが、観光シーズンのランチタイムを甘く見過ぎていました。1階は満席で即座に2階に案内されましたが、こちらも程なく満席に。着席して早速「チャーシューメン(800円)」を注文。

 1階は4人掛けテーブルが7卓、さほど広くもない店内にぎっしり。2階は座敷に大きな丸テーブルが5~6卓と廊下に4人掛けテーブル2卓。2階はオバハン一人で接客に当たっていましたが、水セルフなことを全然案内しないのは困りもの。

005

 透明感のあるスープは鶏ガラベースで煮干し混じりといったところでしょうか。脂っ気がほとんど感じられないあっさり、すっきりした味わい。かえしが若干強めで最初はほんのり甘目かと思いましたが、飲み進むにつれてしょっぱく感じられるような塩梅。

 麺は喜多方らしいつるつるした平打ち並太の緩い縮れ入り。次から次へとやってくる客を大量に捌くためか、やや麺が緩くなってるのが残念でしたが、もっちりとした食感は残っているので許容範囲。スープの絡みは良好。終盤飽きたところで、卓上のコショウを微量投入。

 チャーシューはあっさり目の味付けなのはともかく、ちょっとパサつき加減。これならわざわざチャーシューメンにする必要はなかったなと反省。他にメンマ、ナルト、刻みネギ。

 これだとハズレではないけれども、再訪したくなるインセンティブもない感じ。近所にある「なまえ」のほうが格段に好みでした。

| | トラックバック (0)

2017.09.05

黒亭@熊本・二本木口電停 ~ 玉子入ラーメン

001

 熊本市電二本木口電停のすぐ北にある横断歩道を渡って東へ。熊本朝日放送を超えた先にあります。市電の乗客はひと駅手前の熊本駅前でほとんど降りてしまい、二本木口で降りる数少ない乗客のうち観光客風な人はだいたいこの店に吸い込まれるようです(苦笑)。

 9年ぶりの再訪で夕方の中途半端な時間帯にも関わらず先客8、後客8とそこそこの入り。いつもはシンプルな「ラーメン(680円)」を注文していましたが、今回は店お勧めの「玉子入ラーメン(900円)」を注文。店お勧めといってもいかにも観光客向けっぽいメニューで、地元客風の方はほとんどもっとシンプルなメニューを注文していました。

 店内はL字型カウンター7席と4人卓×4、2人卓×2。超人気店なのにテーブルが空いていると一人客でもテーブルを使わせる辺りが珍しい。店内には豚骨臭が強く立ち込めています。

019

 卵黄がなんと2個も乗った派手なビジュアル!自家特製ダレで炊いたチャーシューも4枚乗っていてなかなか賑やか。海苔が水没してぐだぐだになっているのはさすがにどうかと思いますが。

 ここのスープは豚骨ベースながら、焦がしにんにく油を多めに効かせて独特の渋みと香ばしさを出しているのが特徴。もっともスープ自体はビジュアルに反して意外にあっさり目。

 麺は若干細めのストレートで、心持ち硬めの仕上がり。スープの絡みは文句なく、刻みネギ、もやし、きくらげ、そして時折チャーシューも齧りながらまずは基本の味を一頻り堪能。

 店では卵黄をいきなりスープにかき混ぜて食べるのではなく、れんげで卵黄をすくってれんげの中で卵黄を割り溶き、そこに麺などを浸けて食べるのを推奨しています。まるですき焼きのようですが、こうすることで基本の味と卵でマイルドになった味の違いを楽しめます。もやしだけを麺に絡めると、これまたあっさり目の味わいに変わってこれまた一興。

 熊本も地方都市の通弊として美味いラーメン店が郊外に散在しがちになってしまいましたが、味は文句ない上に熊本駅からも気軽に歩いて行けるこの店は非常にありがたい存在です。

| | トラックバック (0)

2017.08.21

にとりのけやき すすきの本店 ~ 味噌ラーメン

007

 すすきの交差点から3ブロック南へ。飲み屋街のど真ん中にあるにも関わらず、観光客に合わせてか10時半から開いています。開店10分前に到着したところ既に先客3。開店までに一人やって来て、さらに後客3。

 ここは味噌ラーメン専門店で、店内の券売機で基本の「味噌ラーメン(870円)」を注文。めっちゃ、観光地価格やん(>_<)

 店内はカウンター10席のみ。しかもかなり席間が狭くて難儀。厨房内には兄ちゃんが二人。接客は全くそつなし。

004

 炒め物が乗っているせいもあってスープはかなり脂っぽいもののドロドロ系でないどころか、とろみは全くなし。しかも超熱々。「豚のゲンコツや背脂、放し飼いで育てた新潟産の鶏、数種類の野菜やシイタケなどが原料」との触れ込みですが、残念ながら出汁の旨味はさほど感じられず、ひたすら味噌っぽいだけ。スープが熱すぎるのが味わいの上で災いしているのかもしれませんし、場所柄飲んだ後の一杯を想定してしつこくならないように作っているのかもしれませんが。

 「さがみ屋」の麺箱が見える麺は並太の強い縮れ麺で、やや硬めの仕上がり。一般的な味噌ラーメンの麺よりは細いように見受けられましたが、スープが強くないのでこれでも差し支えないのでしょう。

 炒め物はひき肉ともやしがほとんどで、その上に白髪ネギ。

 スープの不出来はたまたまの下ブレなのかもしれませんが、具のしょぼさを勘案すると正直ただの割高なラーメンとしか思えませんでした。

| | トラックバック (0)

2017.08.14

鳳蘭@函館・松風町電停 ~ 塩ラーメン

002

 函館駅から「ボーニモリヤ」のある通りを直進。パチンコ屋「マルハン」の向かいあたり。函館駅より松風町電停のほうが若干近いかと思いますが、電車に乗るほどの距離ではありません。中途半端な時間に往訪したためか、先客・後客ともゼロ。

 券売機はなく、メニュー先頭の「塩ラーメン(550円)」を注文。正油ラーメン、味噌ラーメン等ラーメンにありがちなメニューを一通り揃えてはいますが、ラーメン専門店ではなく、焼きそばやカレーライスも用意。

 店内は奥行きが深く、縦長カウンター8席と4人卓×5、2人卓×1。暇な時間帯のためか、オッチャン&オバハンの二人だけで切り盛り。

007

 透明度の高いスープ。見た目通りあっさり、すっきりした味わい。スープは野菜を使わず、豚と鶏がらのみで作っているそうですが、旨みに溢れていてついつい惹き込まれてしまいました。途中で胡椒を微量加えてみましたが、ベースがシンプルなだけに胡椒が微量でも良い刺激になってこれもまた良し。

 麺は並太のストレート。つるつるとした食感で、実にすすり心地が良い。

 チャーシューは堅くて旨味も抜けちゃった感じでしたが、この辺は値段相応でしょう。他にメンマ、刻みネギ。

 ランチでこれ一杯だとさすがに物足りなく、どちらかといえば飲んだ後の一杯向きだと思いますが、函館駅周辺って夜は寂しいところだからなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2017.07.25

ケンちゃんラーメン@酒田

001_2

 酒田駅の西側を南北に走る幹線道路の近く。「かっぱ寿司」の西隣。駅から北へ歩いて20分くらい。看板がなかったらどう見てもただの民家ですが、先客5、後客ゾロゾロ。相当な人気店で退店時には外待ち3。スーツ姿やら作業着姿やら、果ては制服姿の女子高生までやって来て、狭い店内はあっという間にぎゅうぎゅう詰めに。

 券売機がないどころか、メニューはなんと「中華そば」のみ。大盛・普通・小盛とありますが、量が多いと聞いていたので恐れをなして「小盛(650円)」で注文。他の客の様子を見ても小盛の人が案外多く、大盛を頼む猛者は見受けられず。後払い。

 また「うす口/こい口」「油ぽく/油ぬき」という注文も出来るようですが混んでいるせいかあまりオプションをつける人はおらず、一人「油ぬき」を注文した人がいたくらい。

 店内は厨房に向かってカウンター5席と店右手側に小さな小上がり席が2卓。さらに中央に島式カウンター8席。島式カウンターというよりはただの狭いテーブルなので注意しないと対面の人と額がごっつんこしそう。また水セルフなのはともかく、レンゲが給水器とは離れたところに一カ所にまとめて置いてあるのはかなり面倒。あまりレンゲを使わない人が多いのかもしれませんが。

006

 普通盛とは丼の大きさを変えているためか、小盛でもスープがなみなみと注がれてボリューム感を演出!! スープは豚骨・鶏ガラの動物系に煮干しを若干合わせた感じでしょうか。丼の縁が脂でヌルヌルしているのにはちょっと引いてしまいましたが、スープ自体はさほど脂っぽくなく、むしろあっさり目な味わい。これで「油ぬき」というオプションがあるのが不思議で、出来のブレがでかいのかも。また出汁よりややかえしが前に出てはいますが、徒に自己主張するほどではありません。

 麺は平打ちの細かい縮れ入りでつるつるした食感。これならスープの絡みが悪かろうはずがありません。ただ堅めの茹で上がりで、スープに合わせるならもうちょっと茹でても良いような気がしました。もっとも茹ですぎて「赤いきつね」みたいな麺になってしまうと困りものですが。ボリュームは小盛でも十分すぎるくらいで、途中飽きが来てしまい、卓上のコショウを投入。

 チャーシューは小さめでわずかにパサつき加減ながら程よく旨味を保っていてまずまず。細切りのメンマがたっぷり。他に刻みネギ、海苔。

 安くてボリュームがあって、そこそこ美味い。流行るラーメン屋の王道を歩む文句なしの良店です。

| | トラックバック (0)

2017.07.22

らーめん 有頂天 EVOLUTION@山形 ~ げそ天みそらーめん

001

 山形市南郊を東西に走るバイパス沿いに立地。当然ながら周囲はロードサイド店だらけ。村山総合支庁舎のすぐ南。山形駅から歩いて25分くらい。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て店イチ推しっぽい「げそ天みそらーめん(850円+税=918円)」を注文。麺は中太or太麺が選べるそうで、中太麺で。

 味噌らーめん専門店ではなく、しょうゆ、みそ、塩、つけめん等々幅広にラインナップ。

 店は郊外店らしくゆったりとした構えで、店左に小上がり席、右側にボックス席を配し、さらに中央に島式カウンター12席。

005

 メニュー等を撮影していると、あっという間にラーメンが出て来てびっくり!うーん、茹でおき疑惑が・・・ 真ん中に辛味噌が添えてありますが、それを溶かす前にスープを一口、二口。魚介類がベースのようですが、あまりコクが感じられず、これだけではラーメンのスープとしてはいかにも弱い。

 辛味噌を溶かしてやっとラーメンのスープたりうるというかニンニクをたっぷり効かせた辛味噌でなんとか持たせている感じ。辛味噌は全部溶かしてしまうとピリ辛を通り越した辛さに。また食べ進むにつれてげそ天から染み出してくる脂がスープに程よく馴染んで面白い味わいに。ただスープ自体は見た目と違ってさほど脂っ気はありません。

 麺は平打ちやや太めで、つるつるとした食感。やや堅めの茹で上がりでしたがスープとの相性は悪くありません。ただ玉になっていて食べにくいところがあったのは残念。また中太麺でこの感じだと、太麺はスープに対して強すぎる気がしました。

 巨大なげそは食べ始めはサクサク。スープに浸かっているうちにぐだぐだになり、しかも衣がすぽっと抜けがちに。もっともぐだぐだになったらなったでスープにコクが増すのだから悪い組み合わせではありません。

 他にチャーシュー、メンマ、ナルト、茹でキャベツ、刻みネギ、わずかに青海苔。ゲソ天以外の具は正直かなりしょぼいかと。

 龍上海インスパイア的な辛味噌がウリのラーメン屋は首都圏にも散在しているので、蕎麦屋で「げそ天そば」を食べたほうが正解だったかも。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧