2022.09.23

水車生そば@天童 ~ 元祖鳥中華

Suisyakisoba002

 天童駅から温泉街へ向かって徒歩20分弱。ほぼ8年ぶりの再訪。早い時間帯から地元の方々を中心に賑わっていました。
 
 屋号&外観どおりバリバリの蕎麦屋ですが、一番の人気商品は「元祖鳥中華(830円)」。昔は地元の方が「鳥中華」を食べていて、観光客は蕎麦を食っている方が多いという感じでしたが、今や観光客にも「鳥中華」のほうが有名になってしまったようで。
 
 でも「鳥中華」は蕎麦メニューの片隅にちょこんと載っているだけで、「鳥中華」はほんらいまかない食であり、口コミで一部の人にだけ提供していた裏メニューだったという出自を表しているような気も。店は依然として蕎麦屋であることに拘っているようで、ほぼ「冷しらーめん」専門店になってしまった蕎麦屋とは違う!!と言わんばかり(苦笑)。

Suisyakisoba001

 丼から溢れんばかりのたっぷりのスープ。そして表面には揚げ玉がびっしり。中華麺を使っているので「中華」を名乗ってはいるものの、スープは限りなく蕎麦つゆそのまんまの和風仕立てでやや甘め。まるでたぬきそばのように揚げ玉を大量投入したためコクもマシマシに。また全然しょっぱくないのでついついぐいぐいとつゆを飲んでしまいました。
 
 麺は黄色い中太縮れ麺。つるつるした口当たりで、噛み応えもしっかり。でもスープとの相性はいたって良好。大盛を頼んでいる後客もいましたが、デフォルトだと量的に物足りないという訳でもなさげ。

 柔らか目の鶏肉がゴロゴロ。ただ味が超淡白というかなんか旨味が抜けちゃったような感じで、ここはもうひと頑張りして欲しいところ。他に刻み海苔といい、三つ葉といい、これでもかこれでもかと蕎麦っぽいテイストが満載。
 
 付いてきたたくあんはぬか漬けでちょっと苦手。

|

2022.09.22

仙台っ子 仙台駅前店 ~ 仙台っ子ラーメン

Sendaikko001

 仙台駅の北、PARCOの向かい辺り。アーケード街「ハピナ名掛丁」の入口近く。仙台を中心に店舗展開しているチェーン店です。
 
 券売機はなく、卓上のメニューを見て基本と思しき「仙台っ子ラーメン(750円)」を注文。終日ライス無料サービスあり。
 
 店内はくの字カウンター9席と4人掛けボックス席が5セット。カウンター席は一席置きに使用。卓上にはラー油、酢、醤油、ブラックペッパー、豆板醤、おろしニンニク。

Sendaikko002  

 屋号からは全く想像できませんが、ルックスで判る通り「仙台っ子ラーメン」は豚ガラ&鶏ガラベースの醤油味といっても「家系」を強く意識したもののよう。スープは若干とろみがかっていますが動物系出汁はともかく、かえしがかなり控えめ。首都圏で「マイルド」と評される家系の店よりもさらにライトな感じで、神田の「わいず」のようなガツンと来るタイプとはまさに対極。さすがにこれでは物足りないので早々と豆板醤とニンニク投入。
 
 麺は中太ほぼストレート。首都圏でよく見かける麺よりは心持ち細い気も。
 
 具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、刻みネギとこれまた家系にありがちなもの。

|

2022.09.20

栄屋本店@山形 ~ 冷しらーめん

Sakaeyahonten001

 空洞化著しい繁華街「七日町」の一番街内。山形駅から歩くと20分程度かかります。「冷しらーめん」の元祖として有名な店で結構な行列店と聞いていましたが、夕方の中途半端な時間帯に往訪したせいか、先客5、後客1と空いていました。北山形駅近くにある「栄屋分店」には10年以上前に行ったことがありますが、本店は初めて。
 
 券売機はなく、卓上のメニューを見て早速「冷しらーめん(935円)」を注文。後払い。 
 
 外観は明らかに蕎麦屋で、そば・うどんのメニューもあるにはあるのですが、実態はほぼ「冷しらーめん」の専門店。温かいらーめんもメニューのほとんどが休止扱いになっていました。

 店内は4人卓を壁に寄せて2人掛けにしたような卓が5つと8人卓×1。さらに店奥に座敷がありました。卓上には一味、酢、胡椒。水セルフ。

Sakaeyahonten002

 随分と賑やかなルックスで登場。一見ごくフツーの醤油ラーメンに見えるものの、スープが冷たくて氷すら浮いています。冷しても脂が固まらない工夫を施してあるのがミソ。
 
 牛出汁と聞いていましたが、冷たさにマスクされたせいか牛らしい甘さや癖はあまり感じられず、むしろ蕎麦つゆっぽい節系中心の和風の味わいが強く出ているように感じました。氷が溶けても良いように濃いめに作ってあるような気がしますがしょっぱくはなく、雑味がないすっきりした美味さにつられてぐいぐい飲んでしまいました。またスープの量はかなり多め。
 
 麺は中太ほぼストレートタイプでつるつる&もっちりした食感。とにかく麺が秀逸でつけ麺があると良いのに思うのですが・・・また麺の量も多め。
 、
 牛チャーシューは薄くてなんだかコンビーフみたいな味わい。きゅうり&茹でもやしとやたら水っぽい具が「冷し」を演出。他に薄切りメンマ、刻みネギ、かまぼこ、海苔。

|

2022.09.10

新京@伏見(名古屋) ~ ベトコンラーメン

Betokon003

 名古屋市地下鉄伏見駅5番出口を南へ。ファミマのある最初の交差点を左折してすぐ。半地下の店です。なかなかの人気店のようで、入店したところ中待ち3人。ただ回転は良くて5分ほどで着席。しかも一番混んでいる時間帯に来てしまったようで、退店時にはかなり空席が出来ていました。
 
 早速この店のウリである「ベトコンラーメン(800円)」を注文。またこの店の人気商品である「ちょいゲソ(200円)」も付けて見ました。「ベトコン」といえば「南ベトナム解放民族戦線」という死語というか歴史的な用語を思い出しますが、「ベトコン=ベストコンディション」という意味だそうで。なおランチタイムはライス一杯サービス付き(セルフサービス)。
  
 ランチメニューは「ベトコンラーメン」の豪華版である「国士無双」の他、サッポロラーメン(醤油)、オーメン(塩)など。
 
 店内は居酒屋風で手前にテーブル席、中がカウンター、店奥に掘りごたつ式の座敷といった塩梅。強烈にニンニク臭い(でも女性客もそこそこいます!)上、冷房の効きが良くなくて少々蒸し暑いのが難儀。また店員不足でテンパり気味で言わないと水も出てきません。

Betokon001

 炒めたもやしやニラの上にニンニクがごろごろ。そしてわずかに豚肉も。ビジュアルは、いわゆる「スタミナラーメン」っぽいんですが、鶏がらベースと思しきスープはかなりオイリーで、しかもピリ辛を少し通り越した辛さ。店の蒸し暑さも手伝って食べ進むと汗がダラダラ。それでも旨味は充分で辛さを堪えて飲み進みたくなるのが不思議。隣の兄ちゃんは恐ろしいことに全部飲んでいました!! ニンニクの茹で加減が面白くて、まるでサツマイモみたいなホクホクした食感。
 
 麺は細め&緩い縮れ入り。やや硬めで、水気の少なそうなチープでボソボソした食感。

Betokon002

 ちょいゲソは塩胡椒を濃いめにふりかけたもの。衣に厚みがあって、もっちりした食感は「餃子の王将(関西限定)」の海老の天ぷらにそっくり。でもラーメンのサイドメニューとしては特に頼まなくても良かったなぁ。
 
 なお「新京」は昔池袋に進出したものの、あまり長持ちしませんでした。試食した際も正直全然良い印象は受けなかったのですが、改めて名古屋で試食してみると全くの別物。池袋で出していたのは何だったのか・・・

|

2022.08.20

丸高中華そば 神戸二宮店@三ノ宮 ~ 中華そば(和歌山ラーメン)

Marutaka2207001

 三ノ宮駅から新神戸駅へと伸びる「フラワーロード」を北へ。加納町3丁目交差点を右折してすぐ。三ノ宮駅からは徒歩10分弱。「和歌山ラーメン」がウリの店で先客6、後客9。客層が実に幅広く、店外までスープの匂いが漂ってくる店にも関わらず神戸らしいおしゃれなお嬢さんもやってきます。

 店内のタッチパネル式券売機で「中華そば(750円)」を注文。タッチパネルのデフォルトが「ランチセット」になっていて、ご飯や半チャーハンなどとのセットものを頼む方が多いのかも。

 店内は縦長L字型カウンター9席と4人卓×3。卓上にはラー油、胡椒、一味、しお、餃子のたれ。水セルフ。

Marutaka2207002

 茶濁したスープはややとろみががっていますが、豚骨出汁とかえしのバランスが実に良い。見た目と違って全然しょっぱくなく、いたずらに味が濃いわけでもなく、ちょっと甘目&出汁の旨味にぐいぐいと惹き込まれました。

 麺は中細ストレートで心持ち硬めの仕上がり。スープとの相性、絡みも文句なし。

 バラ肉チャーシューは薄く、メンマも薄め。他に刻み青ネギ、ナルトと具は多くなく、これだとご飯のおかずには厳しそう。量的に物足りない時は半チャーハンがベターかと。

|

2022.08.03

一元本店@御門台(静岡) ~ もやし味噌ラーメン

Itigen_kusanagi002

 静岡鉄道御門台駅から北へ。新幹線のガードをくぐってすぐ。駅から3分ほど。どう見ても自宅の1階を改装したような店ですが地元民には人気はあるようで、先客5、後客11。退店時には外待ち4。昨年7月に「ケンミンショー」で紹介されてことを契機に往訪してみました。

 券売機はなく、店内のメニューをみて「もやし味噌ラーメン・並(1000円)」を注文。この店の人気メニューで、先客・後客ともそれを注文している方が目立ちました。
 
 メニューは他に醤油ベースや塩ベースのラーメンも用意。

 店内は壁際にカウンター3+2席と4人卓×1、2人卓×2。卓上にはラー油、酢、醤油、一味、ソース、胡椒。おしぼりサービス付き。水ではなく緑茶が給水ポットでどーーーんと出てくるのがいかにも静岡。

Itigen_kusanagi001  

 やたら広口の丼で登場。そしてもやしの上に味噌がべっとり。味噌を溶かす前にスープの味を確認してみましたが、正直動物系の出汁の味しかしませんでした。この感じだと龍上海@赤湯のように味噌をちびちび溶かして味わいの変化を愉しむ系ではなく、最初から豪快にかき混ぜるのが前提なのかも。

 また味噌は辛味噌ではなくごく普通の味噌。スープの量が多いせいか、全部溶かしてもあまりしょっぱくならず、味噌ラーメンにしてはかなりあっさり目。その辺はもやしがたっぷり入っているせいかも。やや物足りないので卓上のラー油や一味を投入。

 麺は味噌ラーメンでは極めて異例なことに極細ストレート!!でもスープには全く負けていません。スープがあっさり目なのに合わせた麺なのでしょう。なお並でも量多め。

 チャーシューは細かい千切り。噛み締めると旨味が出てきます。他に刻み青ネギ、白ゴマ。

|

2022.08.01

カレーらーめんブラック@幸楽苑

Kourakuen001

 低価格のラーメンチェーン店「幸楽苑」に来るのは超久しぶり。大昔に赤坂店(閉店)に行って以来かなぁ?
 
 今回再訪する契機となったのは2022年7月21日~9月8日の期間限定で「カレーらーめんブラック」と「カレーらーめんホワイト」を販売していることに気づいたこと。
 
 訪れたのは川口上青木店。ファミレスみたいなテーブル席だらけの店でカウンターはたった7席のみ。注文はこれまたファミレス然としたタッチパネル式で、早速「カレーらーめんブラック(750円)」を注文。

Kourakuen002  

 「スープは、仔牛の肉と牛骨、香味野菜を丹念にローストしじっくり煮込んだフォンドヴォーと、岩手県産鶏から煮だした旨味の強いチキンエキスを加えたコクのあるスープをベースに、爽やかなスパイスの香りと旨味が後を引くおいしさが魅力的」というのが「カレーらーめん ブラック」に関する幸楽苑のウリ文句。
 
 でも「それぞれ数種類のスパイスをオリジナルでブレンドしたカレー粉」こそしっかり感じられるものの、コクとか旨味とか深みとかが乏しくて、なんか薄っぺらくて飲み進みたくなる誘因に欠けるような・・・
 
 麺は中細ほぼストレートタイプ、つるつるした食感でやや柔らかめの仕上がり。
 
 チャーシューは薄くて旨味が抜けきったようなパサつき加減。白髪ネギと水菜が多めに入っていて、しゃきしゃきした食感は嬉しいもののカレーとの相性は正直疑問。ただ半熟玉子はぶっちぎりに美味でした。
 
 低価格のラーメンチェーン店として似たような位置づけの「日高屋」と比べるとラーメンは五十歩百歩。でも日高屋は定食が充実しているのと、麺類では冬の絶対王者「チゲ味噌」がある分、個人的には日高屋優位です。

|

2022.07.26

きらり@中書島(京都) ~ 魚介豚骨つけ麺

Kirari2206001

 京阪電鉄中書島駅北出口から徒歩2、3分。駅の西側を走る大通り沿い。このエリアではかなりの人気店のようで、11時の開店10分前に到着したところなんと先客9、開店までに後客1。その後もひっきりなしに客がやって来て常に満席状態をキープ。退店時には外待ち3。日陰がないので炎天下での並びはきつそう。ローソンなど近所の店に行列で迷惑がかからないように店員が非常に気を使っていました。
 
 店内の券売機を見て基本と思しき「魚介豚骨つけ麺(900円)」を注文。並(200g)・大(270g)同値段なので大にしました。ランチサービスなし。
 
 メニューは多彩で、辛つけ、海老つけ(限定15食)、カレーつけなど。どこからどう見てもつけ麺推しの店ですが、一応「らぁめん」も用意。
 
 店内は縦長L字型カウンター11席のみで席間はやや狭め。卓上にはすだち酢、一味、胡椒。水セルフ。割りスープは卓上のポットから

Kirari2206002

 つけ汁は麺が沈まないレベルの高粘度で、非常にわかりやすい魚介豚骨ですが、魚粉のざらつきはあまり感じません。味がかなり濃いめで、麺はどっぷり浸けずに半分くらいで収めるのが良さげ。

 麺は太麺ストレートタイプ。口当たりはツルツルしていますが、食感はもっちりと形容するにはちょっとコシが甘いかな?個人的にはもうちょっと噛み応えががしっかりしてるほうが好みですが、「硬め」を注文してる客は見かけないところを見るとこのエリアの好みがこんな感じなのかも。

 麺の上には大ぶりのメンマ、海苔、固茹での味玉半個。つけ汁には角刈りのチャーシュー、刻みネギ。割りスープはちょっと生姜を効かせているのかな?

 典型的なふた昔前の「またお前か」なつけ麺ですが、そうはいっても無難なのが人気の秘訣なのかも。

|

2022.07.04

壱八家 スカイビル店@横浜 ~ (家系)らーめん

Itihatiya002

 横浜駅東口、そごう隣の「スカイビル」の10階。11時の開店10分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客4、開店後4人と早い時間帯から賑わっていました。神奈川県下で多店舗展開しているようですが、ここが初往訪。
 
 店内の券売機ボタンを見て「らーめん(790円)」を麺硬めで注文。ランチサービスなし。
 
 屋号通り家系の店ですが、赤味噌、塩、煮干しと家系の店にしてはメニューが多彩なのが特徴。
 
 店内は縦長カウンター10数席と店奥に4人卓×1。卓上には白ゴマ、酢、醤油、ラー油、胡椒、おろしニンニク、豆板醤。

Itihatiya001

 若干とろみがかったスープは「背ガラとげんこつを惜しげもなく使用し、職人がその日の状態を見極め炊き上げております。秘伝の醤油ダレとの絶妙なバランスにより、濃厚でコクがありながら、後味のスッキリとした味わい深スープに仕上がっております。」というのが店のウリ文句。
 
 ややかえしがきつめですが、ご飯がないと食べづらいほどではなく、飲む気がうせるほどでもなし。また油少なめを頼む後客が複数いましたが、特にデフォルトで油多めとは感じず。ガツンとくるくるハードパンチャーでもなく、マイルドタイプでなく、良い意味で中庸で万人受けしそうな出来。

 麺は長多屋製麺製の中太ストレートタイム。硬めだとわずかに粉っぽい感じがしたので、普通で良かったかも。

 具に味玉半個が入っているのはちょっと嬉しい。他にチャーシュー、ほうれん草、海苔、刻みネギ。

|

2022.06.24

岡本中華@中田(小松島) ~ 中華そば肉入り小

Okaototyuuka001

 JR牟岐線中田駅から北へ徒歩10分ちょっと。徳島市の南、小松島市にある人気店でほぼ5年半ぶりの再訪。昼飯時にやって来たら外待ち客多数。ウェイティングリストを見て11人待ちに接続。その後もゾロゾロ客がやってきましたが、到着した頃がピークだった模様で、退店時にはウェイティングリストはなくなっていました。
 
 客層は実に幅広く、子ども連れのママ友やカップル、はては若い女性の一人客も。
 
 店内の券売機で「中華そば肉入り・小(850円)」を注文。
 
 メニューは中華そば一本ですが、トッピングの玉子は「生玉子」か「味付玉子」かを選べるようです。

 店内は窓際にカウンター3席と壁ぎわに7席。さらに4人卓×4、2人卓×3。卓上には胡椒のみ。感染症対策としてフルに詰めないように運用しているのか、単に接客が追いついていないのか、外待ち客がいるのに空いているテーブルが目立ったのが不思議でした。

Okaototyuuka002

 「徳島ラーメン」といえば「いのたに」や「ラーメン東大」のような茶色っぽいスープが有名ですが、それは徳島ラーメンの中で「茶系」と言われるもの。「中華岡本」は白系の老舗として知られ、確かにルックスが全然違います。
 
 ルックスはともかく、「茶系」同様、豚骨醤油スープであることには違いなく、やはり甘辛い味わい。ただ「茶系」ほどかえしの自己主張は強くなくやや甘目にベクトルを振り、しかも全体に豚骨の旨味を殺さない範囲内にかえしを抑えている感じでしょうか。それでもスープを飲むにはちょっと味が濃すぎるかな? なお前回試食時はちょっとスープがぬるいと感じましたが、それは厳冬期でたまたまだったみたいで、今回はその弊はなし。
 
 麺は並太ストレートタイプ。若干ざらつきのある口当たりでコシもそれなりに。それなりにコシあり
 
 この店で出色なのはバラ肉チャーシュー。肉の旨味を活かした煮込み加減に留まっていて、茶系にありがちなようにご飯がないと食べづらいほど味が濃いわけではありません。これだと個人的には生玉子の出番はなさげ。具は他に青ネギ、海苔、細モヤシ。箸休めにもうちょっとモヤシがあったほうが嬉しいのですが、それはオプション(+60円)で頼んでくれということなのかも。

 正直白系のほうが茶系より万人受けするのではないかと思うのですが、徳島県外ではまず食べられないのは残念です。
 

|

より以前の記事一覧