2020.10.19

とくちゃんぽん@リンガーハット

Tokuchan002

 リンガーハットが「創業祭」として2020年10月8日から期間限定で販売中の「とくちゃんぽん(690円+税=759円)」を試食。

 「とくちゃんぽん」は、「特製のとんこつ醤油スープと豚の背脂、たっぷりの国産野菜を組み合わせました。こってりとしながらも野菜の甘みが溶け込んだ、優しい味わいのちゃんぽんです。押し麦入りの特製肉味噌を溶かすことで味の変化をお楽しみいただけます。」というのがリンガーハットのウリ文句。

Tokuchan001

 ちゃんぽんなので具沢山のせいか配膳時の見た目では判りにくいのですが、思いのほか背脂が多くてかなり脂っぽいのが最大の特徴。それゆえリンガーハットのメニューとしては珍しくかなり食べ手を選びそうな一杯だと思います。どこが「優しい味わい」なのでしょうか・・・ そしてこの脂のせいか、総カロリーはレギュラーの長崎ちゃんぽんの倍近くに跳ね上がっています(苦笑)。

 特製肉味噌を溶かす前にベースとなるスープを確認したところ、普段のスープよりは多少豚骨強めといったところでしょうか。醤油はあまり自己主張せず。

 で、押し麦入りの特製肉味噌をちびちび溶かしてみましたが、全部溶かしても全体が味噌味に支配されるほどではなく、やや甘目にシフトする程度。これだとスープに溶かさず、味にアクセントをつけるべくちょっとずつ箸につけながら食べたほうがマシだったと思うも時すでに遅し。

 具はキャベツやもやし主体に、ニラ、かまぼこ、さつまあげ、コーン、ニンジン、キクラゲ、ほんのちょっとだけ小エビ&豚肉とお馴染みの品々。麺もこれまたいつもの中太ちゃんぽん麺。

 総じてハズレではないがレギュラー化を期待したいとも思わず、といったところでしょうか。

 なお「とくちゃんぽん」は10月31日まで販売予定とのこと。

|

2020.10.06

安福亭本店@長岡 ~ 老麺

Anfuku001

 長岡駅大手口を出て駅前のアーケード街を直進。大手通り交差点を南へ。途中「小嶋屋本店」の前を通過。駅から1kmくらい離れているので地元民で歩いてくる人はまずいないかも(苦笑) 7年半ぶりの往訪ですが、その間に外観・内装とも改装した模様。

 11時の開店10分前に到着したときは店先にこそ先客はいませんでしたが、駐車場の車の中で待機している人がちらほら。後客数え切れず。退店時にはカウンターとテーブル席がほぼ埋まった感じ。

 店内の券売機でボタン先頭の「老麺(800円)」を注文。ランチサービスなし。ただフツーに「老麺」を頼んでいる人はあまりおらず、「大油入り」とか「大盛」とか「チャーシュー」とか「メンマ」とか、果ては「油抜き」など何がしかのオプションを付ける客が非常に目立ちました。

 店は郊外店らしくゆったり、かつテーブル席主体。店中央に島式カウンター14席、店左側に4~6人掛けテーブルが6卓、右側にの小上がりに4人卓×3、6人卓×1。「案内された席から動くな」との注意書きは健在。水セルフ。

 卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、餃子のタレ、醤油、酢、ラー油、おろしニンニク、ニンニクチップ。なおネギ取り放題なのがこの店の特徴だったのですが、そのサービスはなくなったようです。

Anfuku002

 表面に背脂がびっしり浮いており、デフォルトでも脂の量がかなり多め。食べ始めは若干かえしがうるさいかな?と思いますが、それはすぐに慣れて大過なし。ただ残念なことに出汁がイマイチになった様な・・・昔は煮干しの香り&味わいがもっとしっかりしていたような気がしましたが、現状はむしろ豚骨が前に出たような感じで、しかもその効きが強くなくて、正直なんだか物足りない。やむなく卓上のニンニクチップを早々と投入。

 麺は太めの緩い縮れ入りでつるつるした口当たり。もっちりと形容するにはちょっとコシが甘いかなぁ・・・ でもスープの出来がイマイチなせいか、この麺でもスープに対してやや強い印象を受けました。量はデフォルトでも多く、個人的には大盛にする必要皆無。

 チャーシューは薄くて柔らかめですが良くも悪くも特徴なし。他に細いメンマが少々と白髪ねぎ。

 ちょっと思い出補正が強すぎたかな?

|

2020.10.05

青島食堂 曲新町店@宮内(長岡市) ~ 青島チャーシュー

Aoshima002

 信越線と上越線の合流点=宮内駅から東へ徒歩5分強。長岡農業高校の先。駅の真ん前にある駅前店は6年前に行ったので、今回は少し離れたところにある曲新町店を往訪。

 11時の開店にちょうど間に合うように往訪したところ、なんと先客が10人強もいて、しかも早くも食べている人もいたので実態は11時よりもかなり前を店を開けているのでしょう。往訪日は駅前店が定休日だったので、こちらが混んでいる関係もあるのかも。後客もゾロゾロやってきて店内はほぼ満席になりましたが、回転が良いこともあって外待ちが出来るには及ばず。

 前回駅前店を訪れた際に客のほとんどがチャーシューメンを頼んでいたのを思い出して、店内の券売機で「青島チャーシュー(900円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは「青島ラーメン」との2種類のみ。

 店内は厨房に向かって縦長L字型カウンター10席ちょっとと壁際に2~4人掛けのテーブルがずらずらっと。但しテーブル席といっても通路側には椅子がないので事実上カウンター席10席ちょっとといった感じ。卓上にはミル入りのブラックペッパーと缶入りの胡椒。摺りごま。

Aoshima001

 スープは豚骨など動物系ベース。かえしとのバランスが非常に良く、しかも旨み十分で表面の脂の層が目立つ割には全然くどく感じませんでした、見た目が黒々としている割にはしょっぱくもなく、ぐいぐいと飲み進められます。「青島食堂」といえば生姜が効いているイメージがありましたが、ここはやり過ぎ感が出ない程度、万人に好まれる範囲に抑えられていました。

 麺は並太のごく緩い縮れ麺。どういうわけか硬めの仕上がりでしたが、それでもスープとの相性は良好。麺量は175gとやや多め。

 チャーシューは肉の旨味を殺さない、程よい煮込み加減で気に入りました。他に青菜、刻みネギ、ナルト、メンマ、海苔。

 相変わらず飽きが来ない日常食として非常に良く出来た逸品だと思います。

Aoshima003

 ちなみに曲新町店の向かいに宮内店があり、駅前店と合わせて小さな街、しかも至近距離になんで3軒も同系列の店があるのか非常に不思議。宮内店は「製麺部」と表示されているので、それがメインなのかもしれませんが。

|

2020.09.26

牛乳屋食堂@芦ノ牧温泉 ~ ミルクみそらーめん

Milk001

 会津鉄道芦ノ牧温泉駅を出てすぐ。国道との突き当り手前に立地。11時の開店10分前に到着したところ、なんとウェイティングリストには先客14人!! 退店時にも外待ち多数。向かいの涼しい土産物屋で待たせるのは良いのですが、店外になぜか下水の臭いが・・・

Milk003

 店のパンフレットによると元々は屋号通り牛乳屋でしたが、近くに住む中国人にラーメンの作り方を教わり食堂として現在に至ったようです。

 開店後5分強で案内され、メニューを見て店一番人気の「ミルクみそらーめん(900円)」を注文。麺は会津中太麺と極太手打麺があるようですが、「中太麺で良いですか?」と力強く念押しされたので、流れでそれに。ちなみに極太手打麺は70円増し。後払い。

 メニューは案外多く、ラーメン、みそラーメン、ゴマ辛担々麺、ピリ辛つけ麺、夏季限定で冷し中華など。また煮込みカツ丼やソースカツ丼なども売り出しています。

 店内は店手前がテーブル席(4人卓×1、3人卓×1、10人卓×1)で、店奥が小上がり(4人卓×3、2人卓×2)。ここもコロナ対策で相席を避けているようなので、10人卓は使い勝手が悪くていつも3~4人しか座っていない感じ。卓上にはラー油、酢、ブラックペッパー、一味、醤油。

Milk002

 「ミルクみそらーめん」は、会津若松を中心に売り出し中の、会津の牛乳を使った「会津白べこラーメン」の一つのようです。スープにとろみやざらつきはほとんどなし。牛乳入りの味噌ラーメンといえば青森の「味の札幌 大西」を思い出しますが、あれよりは全然乳臭くないのが個人的には好印象。牛乳入りではなくミルク入りゆえかな?

 ただ味噌も含めて味わいはかなり甘め。またニンニクや生姜をがっつり効かせ、旨味過多とも言える味噌ラーメンに慣れると食べはじめは少々物足りないかもしれませんが、食べ進むと味噌にしてはマイルドで優しめの味わいの良さが判ってきます。

 麺は水気の多そうな強い縮れ麺。つるつるもちもちした食感は悪くないのですが、スープに対してやや強い感じ。これだと極太麺はまず合わないと思います。また量が少ないわけではないので、ソースカツ丼とのセットはちょっとキツそう。でもそのセットを頼んでいる方が何人も!

 チャーシューは煮込み加減にムラがあるようでイマイチ。他にコーン、メンマ、刻みネギ、刻みニラ、糸唐辛子。穴あきレンゲ付きなのはありがたい。

|

2020.09.25

まこと食堂@喜多方 ~ 中華そば

Makoto001

 喜多方市役所の裏あたりの川沿い。喜多方駅から徒歩20分程度。喜多方で早朝から「朝ラー」が楽しめる店の一つで、8年半ぶりの再訪。観光客らしき方は見かけませんでしたが、出勤前と思しきオッサン達が三々五々やって来てます。

 左側の入口から入ったところテーブル席はみんな塞がっていたので、右側の座敷席へ案内されました。コロナ対策のためか相席は極力避け、朝から広い客席を目一杯活用している模様。

 着席して早速「中華そば(700円)」を注文。といっても麺類メニューは基本これだけで、むしろ煮込みカツ丼とかソースカツ丼とかカツライスとかご飯もののほうが目立つくらい。後払い。

 店は左側のテーブル席に4人卓×4、右側座席席に4人卓×6。さらに店奥にも座敷席がある模様で、後客はそちらにどんどん案内されていました。卓上には胡椒と一味のみ。

 最初に空のボウルとレンゲが出てきてびっくりしましたが、単にレンゲを最初に出しただけみたいで。前回往訪時はレンゲはデフォルトでは付いてきませんが頼めば出してくれる方式でしたが、なんでレンゲだけ先に出すようにしたのか不思議。

Makoto002

 ベースは豚骨のようですが、煮干も少々合わせている様子。醤油とのバランスもいたって良好。前回試食時は喜多方のらーめんとしては脂っぽくてずっしりと重い印象を受け、スープももっと濁っていたはずですが、超久しぶりに食べてみると「朝ラー」でも特に問題はない程度の重さに留まっていました。ひょっとすると朝ラー仕様なのかもしれませんが。

 麺は並太の平打ちっぽい強い縮れ麺。つるつる、もちもちっとした食感が楽しく、スープとの相性&絡み具合も文句なし。

 バラ肉チャーシューはちょっと旨味が抜けた感じで残念。他に細メンマ、刻みネギ。

|

2020.09.24

うえんで 山鹿店@会津若松

Uende001

 会津若松城の西、バカでかい竹田綜合病院の近く。会津若松駅から歩くと30分程度かかります。到着すると炎天下にも関わらず外待ちが出来ていて、ウェイティングリストを見ると待ち客6人でした。後客11。 ただ一番混んでいる時間帯に来てしまったようで、退店時には外待ちはすっかり解消されていました。なおコロナ対策なのか、あるいは単にホール係が足りていないのか、店は絶えず2/3くらいしか埋まらないように運用していました。

 芦ノ牧温泉駅近くにある本店では「中華そば」を試食済なので、今回は「会津山塩らぁ麺・手打麺(880円)」を注文。麺は中太縮れ麺の「普通麺」と極太縮れ麺の「手打麺」とを選べますが、手打麺は普通麺より並で80円高。券売機はなく後払い。

 メニューは案外多彩で、他に塩らぁ麺、味噌らぁ麺、鶏油そば(まぜそば)、つけ麺など。さらに夏季限定で冷やしらぁ麺、塩つけ麺など。

 店内はコの字カウンター10数席。卓上にはホワイトペッパー、一味、酢、ミル入り山椒。

Uende002

 スープは豚メインと思われる動物系ベースでしょうか、見た目よりは若干重め。しょっぱいと感じるほどではありませんが、やや塩がうるさいのが難。「会津山塩」を前面に打ち出したせいかもしれませんが、こういう趣向はあまり好みではありません。

 麺は平打ちっぽい強い捻じれ入り。つるつるした口当たりは悪くないのですが、吉田うどんほど極端ではないものの、硬いうどん食べているような味わい&食感で正直スープに対して強すぎる印象を受けました。食べ進むうちに麺もスープに馴染んでゆきましたが、スープとの相性を考えれば普通麺が正解かも・・・ 大盛りを頼んでいる客もいたが、麺量は並程度。

 しっかりに煮込まれたバラ肉チャーシューが単調になりがちな塩ラーメンに程よいアクセントに。他に穂先メンマ、刻みネギ。

|

2020.09.23

大一@会津若松

Daichi002

 会津若松駅からワシントンホテルの建つ白虎通りを東へ徒歩15分程度。隣にマクドあり。先客6、後客9。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「会津山塩らーめん(750円)」を注文。後払い。

 メニューは多彩で、他に地鶏醤油らーめん、山椒らーめん、会津山塩たんめん、味噌野菜たんめん、麻婆らーめん。また夏季はつけ麺も。客の注文は「会津山塩らーめん」が多いようでした。

 店内はカウンター4席と4人卓×2、2人卓×2。さらに個室に6人卓×1。卓上には酢、ブラックペッパー、七味、ラー油、ホワイトペッパー。

Daichi001

 透明度抜群のスープは会津地鶏、豚骨、焼アゴ、鰹節、香味野菜がベースとのことですが、味わいは鶏が支配的かな? ただ鶏出汁だけでは実現できないコク深さを併せ持っています。「裏磐梯大塩の温泉水を薪で煮詰めた最高級の塩」を使っているそうですが、その塩が変に尖らずに出汁の美味さをより一層引き出しているようで、塩味なのにむしろ甘みさえ覚える不思議な感覚。

 麺は水気の多そうな平打ちっぽい中太縮れ麺。つるつるした口当たりで、若干柔らかめの仕上がり。スープが絡みまくり&啜り心地も良好。

 バラ肉チャーシューは案外厚みがあり、かつスープを壊さないようにあっさり目の煮込み加減。それでも全体が超あっさりなので実に良いアクセントに。逆に大ぶりのメンマは筋っぽいわけではないものの、バランス的にちょっと違和感あり。他に刻みネギ。

 文句なしの一品!!!

|

2020.05.21

龍上海@赤湯 ~ 赤湯からみそラーメン

Ryusyanhai002

 山形新幹線赤湯駅から温泉街へ向けて歩いて15分強。南陽郵便局の近く。ほぼ10年ぶりの再訪。その間に本店が建て替えられていて(建物の向きすら変わっている!)、暖簾くらいしか昔の名残はないかも。夕方のヒマヒマな時間帯に往訪したつもりでしたが、先客7、後客3とそこそこの客入り。

 早速ウリものの「赤湯からみそラーメン(880円)」を注文。券売機はなく、後払い。醤油ベースの「赤湯ラーメン」を注文している客もいました。

 店内は店中央に8人掛けくらいの円卓が二つ、4人卓×3、L字型カウンター5席。卓上には胡椒のみ。

Ryusyanhai001

 辛味噌を溶かす前にどんよりとした色合いのスープの味を確認。ベースは「赤湯ラーメン」と同じく鶏ガラ・豚ガラ・魚介かな? 悪くはありませんが、これだけだとちょっと物足りないのも確か。見た目通り油も多めで結構こってり。

 そして肝心の辛味噌を溶かすと味わいが一変!! 店内に漂うニンニク臭からも想像がつきますが、ニンニクの味わいがスープを全面支配。最初から辛味噌を全部溶かさずにちょっとずつ溶かして味わいの変化を楽しめれば良いのですが、少量でもニンニクの主張が強烈なので溶かし進みが難しい。なお全部溶かしても辛さはは許容範囲内。むしろ味噌の自己主張が強いゆえに水を飲みたくなります。

 麺は自家製の太め&手揉み縮れ麺でつるつるした口当たり。もっちりというよりはコシが強め。スープとの相性は文句なし。

 具はバラ肉チャーシュー、刻みネギ、ナルト、細メンマ、青のり。

 首都圏でも龍上海風の辛みそラーメンを出す店が増えましたが、赤湯本店のはまだまだ別格かも。

|

2020.04.28

英@白河 ~ ワンタンメン

Hanabusa001

 東北本線白河駅から徒歩15分くらい。白河ラーメンの有名店は悉く車がないと行きづらい郊外にあるのが難儀ですが、この店は旧市街地内にあって一応駅から徒歩圏。先客9、後客10人強と近在の方で賑わっていました。屋号は「はなぶさ」と読みます。

 券売機はなく、卓上のメニューを見て「ワンタンメン(800円)」を注文。ランチタイムは半ライスサービスあり。後払い。着席すると紙おしぼりのサービス付き。また麺類にはデフォルトで細切りのタクアンがついて来ます。

 ラーメンはしょうゆ、塩、味噌を用意。他にざる中華と(夏季限定)冷しラーメンを用意。

 外観は単に自宅の一階を改装したような感じですが、店は意外にもでかくて、小上がりに4人卓×3、2人卓×3、2人掛けテーブル×3、さらに縦長カウンター6席+L字型カウンター5席と結構なキャパシティー。卓上にはラー油、酢、醤油、ブラックペッパー、ホワイトペッパー。

Hanabusa002

 スープは鶏ガラベース&脂っ気がほとんど感じられない超あっさり味。醤油が出しゃばらないのも良い。たださすがに途中で物足りなくなって胡椒を少量投入。

 麺は平打ちの心持ち太め&緩い縮れ入り。若干ざらつきのある口当たりはともかくなぜか硬めの仕上がり。これが仕様なのか、たまたまのブレなのかは判りませんが、スープに対して麺が明らかに強すぎて参りました。スープの絡みも良くありません。

 ワンタンの飴が案外ででかくて満足。他にチャーシュー、青菜、ナルト、海苔、メンマ、ゆで卵半個。

 スープは上出来なのに、麺とのバランスが悪すぎて期待外れの一杯でした。

|

2020.04.27

けんちんそば@水戸駅常磐線上りホーム

Kentin001

 水戸駅常磐線上りホームにある立ち食い蕎麦屋。屋号らしきものが見当たらず、NRE系の蕎麦屋なのか地元業者なのか、全く判りません。

 店は「から揚げそば」を推しているようですが、その手のは我孫子駅「弥生軒」で卒業(苦笑)したので、ここでは冬季限定の「けんちんそば(560円)」を注文。客の目の前で、給茶器みたいなマシンで丼に汁をドバドバ注いで出されるのはチト興ざめ。

Kentin002

 駅の立ち食い蕎麦にしてはやや値段が張るだけのことはあり、見ての通り大根・にんじん・ごぼう・鶏肉・里芋・刻みネギと具沢山!! 関東の蕎麦の割には汁が真っ黒ではないことも相まって、なおさら具が映えます。さすがに麺や汁の味わいは立ち食い蕎麦屋のそれに過ぎませんが、冬季限定なのが非常に惜しまれます。

|

より以前の記事一覧